• 関連の記事

「4G LTE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「4G LTE」に関する情報が集まったページです。

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
動かせない「5Gホームルーター」 Androidスマホの「有線LANテザリング」を使えば問題解決?
大手キャリアが販売している5G対応のワイヤレスホームルーターには“動かせない”という大きな問題があります。Android 11以降を搭載するAndroidスマホの「イーサネット(有線LAN)テザリング」を使えば、スマホをルーター代わりに活用できるかもしれません。(2022/8/17)

KDDIと沖縄セルラー電話が7月の障害に伴う「返金案内」を開始 8月16日から対象ユーザーに“URLのないSMS”で通知
KDDIと沖縄セルラー電話の携帯電話で7月2日から4日にかけて発生した通信障害について、両社が返金対象を確定した。povo2.0を除くSMSを送受信できる対象の携帯電話には、8月16日から約1週間をかけてSMSによる告知を行うという。(2022/8/15)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【8月7日最新版】 オンラインでの割引が充実
8月になり、日中はとても外に出る気になれない猛暑日が目立ってきた。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/8/7)

携帯3社で通信障害 北陸・東北豪雨で 支援措置も
北陸・東北地方で続く豪雨の影響で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯3社で通信障害が発生した。山形県と福島県で通信サービスが使いづらい状態になり、5日正午の時点でも一部で障害が続いている。(2022/8/5)

Japan Drone2022:
「通信の力でドローン機能を拡張」KDDIスマートドローンが狙う5つの領域
LTE上空利用で、ドローンの可能性を広げるKDDIスマートドローンのサービス。Japan Drone2022では、「物流」「測量」「点検」「監視」「未来の技術」の5領域での同社の挑戦と、それを支える機体を披露した。(2022/8/5)

MVNO各社が返金対応、KDDI通信障害受け IIJmio、mineo、nuroモバイルなど
KDDIが7月に起こした通信障害を受け、MVNO各社が返金対応を発表している。返金を予定している各社の対応をまとめた。(2022/8/3)

IIJmio、au回線の音声SIMユーザーに200円を返金 KDDI通信障害を受けて
IIJが、au回線を用いた音声SIMのユーザーに200円を返金する。2022年8月の利用料金から減額し、ユーザーの手続きは不要。対象のユーザーには、後日メールで連絡をする。(2022/7/29)

ドローンがもたらす建設業界の“ゲームチェンジ”:
【独占】ドローンセキュリティガイドを公開した「セキュアドローン協議会」に聞く(前編)―“レベル4”で高まるドローンリスク
2022年度中に人口密集地(DID)での目視外飛行(レベル4)が解禁されることを見越し、建設業界でも活況を呈する日本のドローン産業。本格的な社会実装を目前に、測量や点検などで活躍の場が広がる建設業も含めて、ドローンに従事する者がいま心構えておくべきこととは何だろうか。(2022/7/21)

auの「Pixel 6a」は5万3270円 スマホトクするプログラムを使うと実質2万7830円
KDDIと沖縄セルラー電話が販売する「Pixel 6a」の価格が決まった。Googleストア(メーカー直販)よりも若干安い設定で、残価設定型の24回払いも利用できる。(2022/7/21)

第12世代Core採用でハイブリッドワークに最適化した14型モバイルPC「Let's note FV3」を使って分かったこと
パナソニック コネクトの人気モバイルPC「Let's note FV」シリーズに、第12世代Coreを採用した新モデル「Let's note FV3」が加わった。直販のプレミアムモデルをチェックした。(2022/7/11)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【7月9日最新版】 XperiaやGalaxyをお得にゲット
全国的に平年より早い梅雨明けで、暑い日が続く7月。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/7/9)

KDDIの通信障害なぜ長期化した? 過去の障害で得た知見も通用せず
KDDIが7月4日20時に、2日から発生している通信障害について、現状と復旧の見通しを説明した。通信障害の原因はVoLTE交換機の輻輳(ふくそう)だが、負荷低減を行ったにもかかわらず、音声通話が利用しにくい状況が続いていた。調査をしたところ、KDDIが運用しているVoLTE交換機18台のうち、6台が加入者データベースに不要な過剰信号を送信していることが判明した。(2022/7/4)

KDDIが携帯電話ネットワークの通信障害を謝罪 完全復旧は7月3日17時30分以降見込み
au/UQ mobile/povo携帯電話において7月2日深夜から続く通信障害について、KDDIが緊急会見を実施し謝罪した。障害の復旧は、西日本エリア(静岡県/長野県/富山県以西)は7月3日11時以降、東日本エリアは同日17時30分以降を見込んでいる。(2022/7/3)

「Xperia 10 IV」と「Xperia Ace III」はどちらが買い? スペックから使い勝手までを徹底比較
ソニーの2022年夏商戦向け5Gスマートフォンから、「Xperia 10 IV」と「Xperia Ace III」を比較する。Xperiaシリーズの従来機からの買い換えにあたり、有力候補となりうる2機種の実力を検証した。(2022/6/27)

ソフトバンク、7月上旬〜8月下旬に富士山頂で「SoftBank 5G」提供
ソフトバンクは、7月上旬〜8月下旬の富士山頂の登山期間にエリア対策を実施。山頂や山小屋などに「SoftBank 5G」や「SoftBank 4G LTE」などの通信設備を設置する。(2022/6/24)

富士山頂で「au 5G」を7月上旬〜8月下旬に提供 無料Wi-Fiサービスも用意
KDDIが、7月上旬〜8月下旬の期間限定で富士山頂を5G/4G LTEのエリアとする。山小屋や登山口/登山道も4G LTEでのエリア化が実施される。同社子会社のワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)も、7月〜9月上旬に無料のWi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」を富士山の山小屋を含む46カ所で提供する。(2022/6/23)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
「Rakuten UN-LIMIT VII」徹底解説 「0円廃止」でも楽天モバイルに残るべきユーザーは?
楽天モバイルが7月1日から提供する新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」が話題です。その多くは「月額0円から」を取りやめることに集中していますが、それ以外にも注目すべきポイントはあります。過去のプランを振り返りつつチェックしていきましょう。【訂正】(2022/6/16)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【6月11日最新版】 最新スマホをお得に購入せよ
梅雨入りし、携帯電話メーカーが夏モデルの準備を始めている。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/6/11)

月990円で“低速使い放題” mineoの「マイそく」はどこまで実用的か
mineoの新プラン「マイそく」は、速度で選ぶ使い放題型の料金プランだ。リーズナブルな料金でどれだけ使えるのか、実力を検証した(2022/6/16)

PR:「業務PCというより文房具の代わり」 “クラウド時代”のいま使いたいノートPC 使った人しか分からない満足感とは?
(2022/5/26)

ユーザーには順次メールで告知:
楽天モバイルがau 4G LTEエリア向け「データチャージ」を1GB当たり660円に値上げ 7月1日から
新プランへの移行に合わせて、楽天モバイルがau 4G LTEエリア向けの「データチャージ」の料金を1GB当たり550円から660円に値上げする。海外エリア用のデータチャージの料金に変更はない。(2022/5/18)

au、6月1日から「ケータイプラン」提供 音声通話のみで月額1265円
KDDIは、6月1日から、4G LTEケータイ向け料金プラン「ケータイプラン」を提供開始する。基本使用料は音声通話は月額1265円(税込み、以下同)、音声通話+データ通信(300MB)は月額1595円。(2022/5/17)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【5月最新版】 最新スマホもお得に入手
職場や学校で新年度を迎えてバタバタした月も終わり、身の回りの整備を始めることも多い5月。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/5/15)

楽天モバイルの「月額0円」廃止、なぜ既存ユーザーにも適用? 三木谷氏が釈明
楽天モバイルは新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表した。従来の段階制プランを踏襲しつつ、月間1GB以下の「月額0円」は廃止された。(2022/5/13)

ドコモ2022年夏モデルの5G/4G LTE対応周波数帯・バンドまとめ【訂正】
NTTドコモが2022年夏モデルとして投入した5Gスマートフォン8機種、4G LTEケータイ1機種について、5Gおよび4G LTEの対応周波数帯・対応バンドをまとめた。(2022/5/13)

「AQUOS R7」実機レポート、“じゃじゃ馬”だった先代の弱点克服で死角なし?
シャープは9日、フラグシップモデル「AQUOS R7」の実機レポート。1インチカメラ&高性能ディスプレイは維持しつつ、前モデルの弱点を補い、魅力を高めている。同日開催されたメディア向け体験会から、実機の仕上がりをレポートする。(2022/5/10)

au Online Shop、機種変更で最大2万円還元のクリアランスセール 5月11日まで
KDDIは、4月28日〜5月11日に「au Online Shop クリアランスセール2022GW」開催。機種変更で対象機種を購入すると、6月下旬以降にau PAY 残高に最大2万円相当(不課税)還元する。(2022/4/28)

PR:世界中で急速に普及中の「Chromebook」 ソフトバンク×レノボでおトクにデビューしよう!
ソフトバンクがレノボ・ジャパンとタッグを組んで「Lenovo 300e Chromebook Gen 3(Cellularモデル)」の販売を開始した。そもそも、Chromebookとはどのようなものなのか。そして、このモデルのメリットはどこにあるのか、徹底的にチェックしていこう。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2022/4/28)

PR:旅行や出張の必須アイテム! 330円で24時間データが使い放題になる「povo2.0」の魅力に迫る
料金とデータ容量で納得感があり、かつ、通信品質も高いキャリアがいい。そんなわがままな要望をかなえてくれるのが、「povo」だ。現行プランの「povo2.0」では、基本料金0円から利用でき、データ通信や通話定額をトッピングという形で自由に組み合わせられる。(2022/4/28)

ドコモ、au、ソフトバンクの「ホームルーター」を比較する どこがお得?
4月1日にソニーワイヤレスコミュニケーションズが「NURO wireless 5G」のサービスをスタートした。ローカル5Gを利用した通信方式で、集合住宅に専用のアンテナを立てて利用する。しかしこの性質上、サービスが広がるには時間がかかる。ではMNO3社のホームルーターを使うのはどうだろうか。(2022/5/2)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルが全47都道府県を順次、自前回線エリアに――プラチナバンドはいつ手に入るのか
楽天モバイルが、都道府県で自前回線への切り替えを開始した。同社は2023年度中にau(KDDIと沖縄セルラー電話)の4G LTEネットワークへのローミングを原則として終了したいとしているが、現状では厳しい面もある。いわゆる「プラチナバンド」を手に入れることが重要となるだが、うまく行くかどうかは未知数だ。(2022/4/17)

iOS 11の一部iPhoneで4G使用不可に ソフトバンクとY!mobileがアップデートを呼びかけ
iOS 11を搭載した一部のiPhoneと一部エリアで4G回線が使えなくなるとして、ソフトバンクとY!mobileが各ユーザーに注意を呼びかけている。iOS 12以降にアップデートすればSoftBank 4G/SoftBank 4G LTEを継続利用できるともいう。2月にも同じ内容をアナウンスしていたが、案内文の一部を案内当初の「4月以降に順次、利用できなくなる」から「6月以降に順次、利用できなくなる」に改めた。(2022/4/15)

ソフトバンクが「Lenovo 300e Chromebook Gen 3」のLTEモデルを販売 税込み5万7600円で4月22日発売
ソフトバンクが、レノボ・ジャパンのChromebook「Lenovo 300e Chromebook Gen 3」のコンシューマー向けLTEモデルを独占販売する。直営のソフトバンクショップにおける販売価格は5万7600円で、ソフトバンクのスマートフォンとセット購入すると1万80円引きで購入できる。(2022/4/14)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【4月】 スマホをお得に手に入れよう
新年度になり、新しくスマホを持つ家族が増えたり、機種変更を行う人は多いだろう。キャリア変更を行うこともある。では、4月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/4/14)

スマホの「対応Band」はどうやって決める? 大手キャリアが説明
総務省の「競争ルールの検証に関するワーキンググループ」において議論の1つに取り上げられた「スマホの対応Band」。その決定過程に関する大手キャリアへのヒアリングが行われた。キャリアの立場からすると、あくまでも「メーカーの判断」という答えになるようだ。(2022/4/12)

「GalaxyのSIMフリースマホ」投入のワケ、Amazonの強い後押しで実現
国内初となるGalaxy Mシリーズは「Amazon専用で開発した」という。フラグシップスマホのSIMフリー展開は継続して検討する。最上位タブレットTab S8 Ultra「ファンの声」受けて、急きょ追加で投入することが決まった。(2022/4/12)

軽量薄型で長時間駆動! ハイブリッドワークに適したプレミアムモバイルPC「VersaPro UltraLite タイプVG」(VG-B)を試す
NECの「VersaPro UltraLite タイプVG」(VG-B)は、ビジネス向けノートPCの最新モデルで、スリムかつコンパクトなボディーが特徴の1台だ。内部スペックを改め、アスペクト比16:10の液晶ディスプレイを採用するなど、見どころの多い本機を試した。(2022/4/7)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
ソニーのワイヤレスインターネット「NURO Wireless 5G」が始動 大手キャリアの5Gホームルーターと何が違う?
ソニーネットワークコミュニケーションズが、ローカル5Gを活用したホームインターネットサービス「NURO Wireless 5G」の提供を開始しました。大手キャリアの5G対応ホームインターネットサービスとは何が違うのか、分かっていることをもとに解説します。(2022/4/6)

全都道府県で切り替え開始:
楽天モバイルが自社エリアへの切り替え範囲を拡大 新たに8県で切り替えを開始 2県ではローミング終了予定を延期
楽天モバイルが、au 4G LTEネットワークのローミングを縮小するエリアを全都道府県に拡大した。うち10府県では2023年3月末までの原則としてローミングを終了する予定である一方で、2022年3月末までに原則終了する予定だった千葉県と神奈川県では当面の間ローミングサービスを継続することになった。(2022/4/4)

Mobile Weekly Top10:
auの3Gサービスがいよいよ終了
他社に先駆けて、KDDIと沖縄セルラー電話の3G通信サービス(CDMA 1X WIN)が終了しました。そのこともあってか、その注意点を改めて伝える記事がよく読まれました。(2022/4/2)

別れの季節、到来 「サンライズ」「潤羽るしあ」「auの3G」今日で最後を迎えるものたち
令和3年度をもって別れを迎えるものたちがいる。ITmedia NEWSで取り上げた記事の中から、5つ紹介する。(2022/3/31)

auの3G、31日に終了 使えなくなる端末一覧
KDDIは3G通信サービス「CDMA 1X WIN」を3月31日に終了する。iPhone 4sやPhone 5sなどの端末は使えなくなる。(2022/3/28)

間もなくauの3Gサービスが終了、あらためて注意点を整理 “ケータイ”を使うには?
auの3Gサービスが2022年3月31日に終了する。どんな機種が使えなくなるのかをあらためて整理。実はスマートフォンでも一部の機種が4月以降は使えなくなる。(2022/3/27)

KDDIとソニーが「5G SA」の技術検証 デモで分かったゲーム体験の違い
KDDIとソニーは、次世代通信技術「5G SA」を活用したゲームストリーミング技術の実証実験を公開した。実証実験では、5G SAのPSリモートプレイに特化したスライス(仮想的な専用回線)を作成。混雑する5Gエリアでも、PS5/PS4のリモートプレイを快適に実施する様子を見られた。(2022/3/24)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPad Air(第5世代)」を使って確かめた11インチiPad Proとの違い どちらを選ぶべきか
M1搭載の「iPad Air(第5世代)」を発売に先駆けて試用してみた。同じM1を搭載し、価格差が小さい11インチiPad Pro(第3世代)との違いは何か。実機を使ってみた上で、選び方のポイントを絞り込んでみた。(2022/3/17)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
自宅での固定回線代わりになる? 通信制限が緩和された「WiMAX +5G」を徹底的に試してみた
2月1日から通信制限が緩和されたUQコミュニケーションズの「WiMAX +5G」。本当に自宅の固定インターネット回線代わりに使っていいものかどうか、自宅の光回線とつなぎ替えて“いつも通り”に使うことで検証してみましょう。(2022/3/16)

スマホ料金プランの選び方:
MVNOにも広がる「段階制プラン」のお得な使い方とは?
使ったデータ分だけ料金を支払う段階制プランは、月によって利用するデータ量にばらつきがある人に便利だ。追加チャージをする必要もなく、無駄に多めのデータ容量のプランに入る必要もない。大手キャリアではおなじみだが、MVNOでも段階制プランが選べるようになってきた。(2022/3/13)

ドコモがLTE周波数帯の一部を5Gに転用 2024年3月までに5Gの全市区町村展開+人口カバー率90%達成を目指す
今までLTEから5Gへの「周波数転用」に消極的な姿勢を見せていたNTTドコモが、いよいよ周波数転用を開始する。転用対象の周波数帯は700MHz帯と3.4GHz/3.5GHz帯で、2022年春から順次5G用の帯域に変更される。(2022/3/11)

「窓を基地局化」ガラスアンテナ、4キャリアの5Gに1台で対応 AGC
窓に貼る透明のガラスアンテナに新製品。国内の携帯キャリア4社に割り当てられた5G Sub6帯全周波数に1台で対応した。(2022/3/11)

「iPhone SE(第3世代)」と「iPhone 12 mini/13 mini」を比較 今買うならどれ?
Appleは3月18日、新型スマートフォン「iPhone SE(第3世代)」を発売する。前世代モデルのフォルムを踏襲しつつ、初めて5Gに対応した。一方で、iPhoneの現行ラインアップには、5G対応でサイズ感の近い小型モデル「iPhone 12 mini」「iPhone 13 mini」もあるので、3機種を比較した。(2022/3/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。