• 関連の記事

「円安」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「円安」に関する情報が集まったページです。

22年秋冬は据え置き:
ワークマン、23年春夏で「価格の見直し検討」 円安や原料高に対応
作業服大手のワークマンが、2023年春夏商品の価格見直しを検討していると明らかにした。(2022/8/10)

物価上昇、95%が値上がり実感 8割以上が今後の家計に不安
 お金のオンライン相談サービス「お金の健康診断」を運営する400F(東京都中央区)は、お金の健康診断ユーザーを対象に「円安・物価上昇による家計意識」に関するアンケート調査を実施した。その結果、約95%が食品やサービスなどの値上がりを実感していると回答し、約87%が今後の家計に不安を抱えていることが分かった。(2022/8/10)

製造マネジメントニュース:
三菱重工は円安効果及ばず減益に、石炭火力の欧州拠点縮小でも費用かさむ
三菱重工業(以下、三菱重工)は2022年8月5日、2023年3月期(2022年度)第1四半期の連結業績を発表した。受注高が好調な事業もあったが、原材料や燃料費の高騰やサプライチェーンの混乱に加え、円安影響によって、事業利益は前年同期比で減益となった。(2022/8/8)

古田雄介の週末アキバ速報:
「円安を感じないでPCを組めるかも」――値下がりと特価の目立つ自作街
今週は夏休みシーズンに入り、20万円切りのGeForce RTX 3090 Ti搭載カードや、8万円切りのGeForce RTX 3070 Ti搭載カード、2万円強のDDR5-4800 32GBキットなどが買える。(2022/8/6)

毎月1万円の手当:
「インフレ手当」は広がるか あらゆる商品の値段が上昇
ロシアによるウクライナ侵攻や円安によりインフレ(物価上昇)が進む中、社員の暮らしを守るため「インフレ手当」を導入する動きが企業の間で広がっている。日々の生活に対する従業員の不安を取り除き、仕事へのモチベーションを高める狙いがある。(2022/8/4)

100均を貫けるか セリア勝負の年
セリアは7月29日、2023年3月期第1四半期の決算(非連結)を発表した。巣ごもり反動、人手不足、円安、原材料高、業界の寡占化という環境下で、増収(微増)減益だった。業界内では脱100均の動きは強まるだろうが、セリアは「おしゃれ」「オリジナリティ」で商品開発を進める。100均を貫けるか、セリアにとって勝負の1年だ。(2022/8/2)

10月の増税はどうなる?:
JT、ロシア事業の売却検討を継続 12月期は円安を受け上方修正
日本たばこ産業(JT)は7月29日、2022年12月期通期の連結業績予想(国際会計基準)について上方修正した。(2022/8/1)

Googleさん:
円安下の良心価格「Pixel Buds Pro」は家の中でも活躍できそう
先代よりちょっと太った「Pixel Buds Pro」を少し使ってみました。キッチンシンクの水流音も消してくれるノイキャンやPCとPixelのマルチポイント接続が便利です。(2022/8/1)

製造マネジメントニュース:
日立がAstemoとGLSにてこ入れへ、為替影響を加味し2022年度通期業績は上方修正
日立製作所が2022年度第1四半期の決算を発表。同年度第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比9%増の2兆5698億円、利益指標のAdjusted EBITAが同4%減の1548億円。急激に円安が進んだ為替影響などにより増収となったが、白物家電などの生活・エコシステム事業、自動車部品事業を手掛ける日立Astemoが減益の要因となった。(2022/8/1)

円高へ揺り戻し、一時132円台に 2週間で7円上昇
長く続いてきた円安に、揺り戻しの動きが見えてきた。7月29日、急速に円高が進み、一時132円50銭に達した。16時30分現在、132円70銭前後で推移している。(2022/7/29)

iPhone値上げで気になる次期モデルの価格 iPhone 13よりも高価になる?
Appleや通信キャリアが、7月に入ってiPhoneを値上げしました。20%の円安は企業努力でどうにかなるものではないので、値上げは仕方がないところでしょう。次期iPhoneは、iPhone 13よりも100ドル高くなるのではと予測するアナリストもいます。(2022/7/28)

Googleさん:
円安にあらがう「Pixel 6a」の新機能、カメレオンのように隠す「カモフラージュ」ってどんなもの?
Googleの新しいオリジナルスマートフォン「Pixel 6a」は米国で449ドル、日本では5万3900円と円安の中がんばっています。Tensorチップ搭載で使える新AI機能「カモフラージュ」をご紹介。(2022/7/24)

M2 MacBook Air、いいんだろうけど高すぎる問題を考える ならばM1 MacBook Airを買う選択はアリなのか?
本来ならばものすごく安いはずのM2 MacBook Airが、円安のせいで日本での価格がだいぶ高止まりしてしまった。なら前世代のM1にする選択肢もありなのか? 両モデルをレビューした村上タクタさんが購入戦略を考える。(2022/7/22)

物価上昇率見通し2.3%に引き上げ 金融緩和は維持 日銀政策決定会合
日本銀行は21日、金融政策決定会合を開き、四半期に1度公表する「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、令和4年度の物価上昇率見通し(中央値)を4月時点の前年度比1.9%から2.3%へ引き上げた。原油など原材料価格の高騰や円安の進行に伴う輸入コストの上昇を反映させた。一方、物価高に賃上げが追い付いていないことから、大規模な金融緩和策は維持することを決めた。(2022/7/21)

ドル円一時139円に ネットの反応は?
7月14日、ドル円相場は一時139円を突破し、24年ぶりとなる円安の更新が続いた。(2022/7/14)

auのiPhoneとiPadも値上げ iPhone 13 Pro Max(1TB)は27万円台に
KDDIが、7月15日からauとUQ mobileで取り扱っているApple製品の価格を改定する。円安の情勢を踏まえたものだと思われ、いずれのモデルも値上げとなっている。iPhone 13 Pro Maxの1TBモデルは27万3540円となる。(2022/7/13)

ドコモオンラインショップが7月15日に「iPhone」「iPad」を値上げ 7月19日には「Apple Watch」なども
ドコモオンラインショップが、7月15日と19日の2日間に分けてApple製品の値上げを実施する。昨今の円安傾向を受けた措置と思われるが、予約分の購入確定が済んでいない場合、価格改定後に確定すると値上げ後の価格となってしまうので注意しよう。(2022/7/12)

ソフトバンクとY!mobileが「iPhone」「iPad」「Apple Watch」の価格を改定 7月13日から
ソフトバンクが、「ソフトバンク」「Y!mobile」の両ブランドを通して販売しているApple製品の価格を値上げする。昨今の円安を受けた価格改定であると思われる。(2022/7/12)

モノづくり最前線レポート:
半導体産業に絡む円安の思惑、日本の半導体政策に掛かる期待
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは2022年7月7日、オンラインとリアル会場のハイブリッドでセミナー「Infineon MCU Partner & Solution Day」を開催した。基調講演にはOmdia シニアコンサルティングディレクターの南川明氏が登壇し、「新たな成長期に入ったエレクトロニクス/半導体市況展望」と題して、今後の半導体産業に関する見通しなどを披露した。(2022/7/12)

ペットロボ「LOVOT」5万円値上げ、約40万円に 「材料価格上昇・円安の影響」
家庭用ロボット「LOVOT」が10月3日から5万円値上げ。材料価格上昇と急激な円安の影響。(2022/7/11)

円安進む 1ドル137円突破、24年ぶり安値更新
7月11日の為替は円安ドル高が進んだ。日本時間9時過ぎに円安が加速し、一時137円前半となり24年ぶりの安値を更新した。11時現在も137円台で推移している。(2022/7/11)

購入時の要注意ポイント:
iPhone値上げで、中古スマホ市場に異変 「SIMフリー製品なのか確認が大事」
円安や物価高、世界的な半導体不足を背景に中古のスマートフォン市場が活況だ。メイン端末として中古のスマホを利用する回答者が初めて全体の1割を超えたという調査もある。(2022/7/10)

石川温のスマホ業界新聞:
アップル製品が円安影響で大幅値上げ――求められる「スマートフォン買いやすくする販売方法」
Appleが7月1日から既存製品の多くを“値上げ”した。昨今の円安傾向を販売価格に反映したものと思われるが、同社を含む多くのメーカーやキャリアも新製品の製品価格を値上げせざるを得ない状況になるだろう。となると、より買いやすくするための“工夫”も検討すべきではないだろうか。(2022/7/10)

セブン&アイ、今期の売上高予想を10兆円超に上方修正 実現すれば国内小売業で初 円安が追い風
セブン&アイ・ホールディングスは7日、令和5年2月期の連結業績予想を上方修正し、売上高に当たる営業収益が前期比19.0%増の10兆4130億円になる見通しだと発表した。(2022/7/8)

円安でも安くAWSを使う方法 SaaSスタートアップが弾き出した意外な試算
急激に進む円安。その影響は、AWSなどクラウドサービスの利用料金という形でもIT業界に波及している。コスト節約にはどんな工夫が必要か。コストのコントロールに取り組むアンドパッドに聞く。(2022/7/4)

アップル、iPhoneやiPadなどを大幅値上げ 円安が影響か
アップルは7月1日、iPhoneやiPadなど主力製品を値上げした。値上げの理由は明らかにしないものの、円安の影響を考慮したとみられる。(2022/7/2)

iPhoneが最大4万円増の値上げ iPadやAirPodsなどのApple製品も大幅値上げに
円安の影響との指摘も。(2022/7/1)

円安直撃、iPhoneにも Apple主要製品の新旧価格を比較した
他の製品と比較すると、Macの為替レートは割安感のあるものになった。(2022/7/1)

PR:ゲオで「iPhone SE2とiPhone Xが1円」!? 初心者にもオススメ、スマホ高騰時代に選びたい中古iPhoneを3分解説 〜店舗にも行ってみた〜
半導体不足×円安時代、大幅に高騰する恐れのiPhone相場に救世主……!?(提供:ゲオ)(2022/6/30)

今、ハイエンドスマホの価格が高騰している理由 約20万円は許容できる?
円安の影響もあり、スマートフォンの価格が高騰している。約19万円のXperia 1 IVは、2017年に発売されたフラグシップモデル「Xperia XZ Premium」と比較すると、2倍近い価格差となっている。背景には部品数の増加や高品質化、昨今の半導体不足が挙げられる。(2022/6/29)

ROG/TUF Gamingは7月1日から、Chromebookなどは8月1日から――ASUSが為替変動を受けて一部PCの販売価格を“値上げ”
円安基調が進む中、ASUS JAPANが2回に分けてPC製品の値上げを実施することになった。7月1日にはゲーミングPCの一部、8月1日にはその他PCの一部が値上げされるという。【追記】(2022/6/28)

円安加速、136円台に 背後に日本国債ショートの投資家の影
6月14日〜15日に米FRBが決定したFOMCでの0.75%利上げに続き、スイス、英国も利上げを決定。かたや日銀は超低金利政策を維持。ここにきて日本国債売り(ショート)を仕掛ける投資家も。日銀頼みの悪い円安加速への金融政策は通用しきれるか。(2022/6/27)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
2022年後半のドル円相場を展望する
6月10日に発表された5月の米消費者物価指数(CPI)では、市場予想を上回る物価の伸びが確認され、また、6月14日、15日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)では、大幅利上げによるインフレ抑制姿勢が明示され、多少の景気減速は止むを得ないとの考えが示唆されました。これを受け、三井住友DSアセットマネジメントでは6月20日、ドル円相場の見通しを、ドル高・円安方向に修正しました。(2022/6/24)

イオン、マヨネーズやティシューペーパーなど3品目を値上げ 原料やエネルギーの高騰、急激な円安が影響
3品目か〜。(2022/6/22)

PR:夏の買い換え/買い増しに最適な1台を探す 用途別おすすめモデルはこれだ!
行動制限が解除され、改めて仕事や学業などの動きが変わりそうだ。一方で極端な円安が進行するなど不安な要素も多い。そのような中で、改めて普段利用しているPCや周辺機器を買い直したり、新たに追加したりすることで、日々のライフスタイルを見直したいと考えている人に大きなきっかけとなるのがボーナスシーズンだ。今買うならどのようなモデルがお勧めなのかを、ポイントを絞ってまとめた。(2022/6/22)

最新iPhone、8割近くが買い替え意向なし 「高くても買いたい」は1割未満 ニューズドテックの調査
ニューズドテックは、6月21日に「円安・物価上昇に伴う支出意識調査」の結果を発表。今後発売となる最新iPhoneについて聞いたところ「買う予定なし」「興味がない」が77%となった。(2022/6/21)

止まらない円安、135円台に突入 6月に入ってから8円下落
円安への動きが止まらない。6月13日朝のドル円レートは、午前10時前後に1ドル135円台まで値下がりした。円相場が135円台となったのは、2002年2月以来、約20年4カ月ぶりとなる。(2022/6/13)

古田雄介の週末アキバ速報:
1.7万円で6コアの「Ryzen 5 4500」とシリーズ最安の「Ryzen 3 4100」が登場!
AMDから1万円台のCPU「Ryzen 5 4500」と「Ryzen 3 4100」が売り出された。円安の影響がじわじわと表に出てくる中で、どのような存在感を示すのだろうか。(2022/6/11)

Apple、Macのバッテリー修理交換サービス料金を値上げ 本体値上げに続き、円安打撃
M2 MacBookの発表と同時に、日本ではMac本体が値上げされた。実は一部で修理サービスの価格も上がっている。(2022/6/9)

「円安こわい」Macの価格が軒並み値上げ Appleファンに動揺広がる
米Appleが6月6日(現地時間)に開催した開発者会議「WWDC 2022」にて、新型MacBook Airと新型MacBook Proを発表したが、販売価格に大きな変化があった。昨今の円安を反映してか、Apple Storeの価格が新旧含め全体的に値上げされている。(2022/6/7)

新型「MacBook Air」登場 新デザインで“M2”搭載 4色展開で液晶は“ノッチ”付き 16万4800円から
米Appleは6月6日(現地時間)、自社チップ「Apple M2」を搭載した新型「MacBook Air」を発表した。7月発売予定。米国は1199ドルからなのに対し、国内価格は円安を反映してか16万4800円からとなる。(2022/6/7)

見直し:
日本の製造業に「国内回帰」の波、流れは逆転したのか
中国やロシアなど安全保障上のリスクや、感染症などへの対応、為替の円安基調を背景に、日本の製造業の「国内回帰」や「国内強化」が進んでいる。10年ほど前までの「超円高」時代には生産拠点を海外に移し、空洞化が進んだが、流れは逆転したのか。(2022/6/6)

値上げは食品だけじゃない 6月から価格が変わるハードウェア製品まとめ
円安や物流コスト高騰などにより、さまざまな企業が商品の値上げを発表している。価格変更の波は飲料・食品だけでなく、ハードウェア製品にも押し寄せてきている。本記事では、6月1日からハードウェアの価格を変更する企業の情報をまとめる。(2022/5/31)

SteelSeriesがゲーミングデバイスを値上げ マウスやキーボードなど 6月1日から
ゲーミングデバイスの製造販売を手掛けるデンマークSteelSeriesが、日本で販売するキーボードやマウスなどの価格を値上げする。原材料価格の高騰や円安の影響を受けた対応という。(2022/5/31)

BIGLOBE調べ:
お金に関する意識調査 物価上昇・円安でも「国内旅行したい」が約7割
BIGLOBEが最近の円安・物価上昇に関連し「お金に関する意識調査」を実施したところ、物価上昇・円安でも「国内旅行したい」という人は約7割、 「海外旅行したい」という人は約3割となった。(2022/5/28)

自動車メーカー生産動向:
自動車メーカー好業績の裏で、伸び悩んだ生産台数
2021年度の自動車産業は、半導体不足や部品供給網の混乱などに振り回された1年だった。日系乗用車メーカーの2021年度の業績はおしなべて好決算だったものの、円安の追い風による部分が大きく、生産台数は伸び悩んだメーカーも少なくない。(2022/5/27)

ドル円相場は円高に反発か? 為替を動かす要因を考える
急速に円高が進んだドル円相場に反発の兆しが見えている。5月24日のドル円相場は上昇し、1ドル127円前後まで円高が進んだ。4月末から5月頭には、一時131円を超える水準まで円安が進行したが、一服感も出てきた。ではこの後のドル円相場をどう見るか。(2022/5/25)

電動化:
円安、資材コスト、ロシア、エネルギー問題、脱炭素……自工会はどう見ているのか
日本自動車工業会(自工会)は2022年5月19日、会見を開き、新たな役員体制を発表した。スズキ 代表取締役社長の鈴木俊宏氏と、日産自動車 取締役代表執行役社長兼最高経営責任者の内田誠氏が自工会 副会長に就任した。(2022/5/20)

回転すし「10円戦争」時代:
価格よりおいしさ重視のスシロー、都市を攻めるくら寿司 「100円皿」危機の中、各社の戦略は
回転すしチェーン店の値上げ報道が続いている。水産資源の高騰や円安によるコスト増などから、かつて回転すしチェーン店の代名詞であった「100円皿」も存続が危ぶまれている。スシロー、くら寿司、はま寿司、かっぱ寿司はこの状況をどのように受け止め、どのような戦略を立てるのか。話を聞いた。(2022/5/19)

非公開化提案の公募も発表:
東芝の21年度決算、半導体など好調で増収増益
東芝は2022年5月13日、2022年3月期(2021年度)の連結業績を発表した。売上高は前年度比9%増の3兆3370億円、営業利益は同545億円増の1589億円、純利益は同807億円増の1947億円だった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)影響の緩和や円安の追い風があるなか、全事業セグメントで増収、半導体やエネルギー事業を中心に増益となったとしている。2022年度は、半導体不足や素材高騰の影響などを見込みつつも、営業利益1700億円を目指すとしている。(2022/5/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。