• 関連の記事

「WAN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Wide Area Network

SASEの最初の一歩は何か【前編】
SD-WANは「もう当たり前」 企業ネットワークはどう変わったのか?
SASEの構成要素であるSD-WANは既にさまざまな企業が導入していることが判明した。SD-WANによって企業ネットワークはどのように変わってきたのか。(2024/6/19)

無線/有線LAN/クラウドを一気通貫で管理・運用
回線を安定化 通信コストも下げるセキュアSD-WAN
SD-WANを導入すれば既存のネットワーク資源を有効管理でき、バラ色の世界が手に入ると語られることも少なくない。だが、SD-WANには特有の課題も残る。そのような課題を解決するにはどうすればよいのだろうか。(2024/3/29)

SD-WANの自動化は何をもたらすのか【後編】
「SD-WAN」がより賢くお得になる? 意図を理解する“AIネットワーク”の利点
SD-WANをベースにしてネットワーク関連の業務の自動化を進めることで、コスト抑制など複数の視点からメリットが得られるようになる。AI技術を用いることで将来的にはより自律したネットワークを構築できる。(2024/2/22)

SD-WANの自動化は何をもたらすのか【前編】
SD-WANから始める次世代ネットワーク 自動化に欠かせない手法とは?
2025年までに25%の企業が、ネットワーク関連業務の半分以上を自動化するという予測がある。自動化の基礎となるのはSD-WANであり、これはより高度な自動化に取り組むための最初の一歩にもなる。(2024/2/8)

日本企業のニーズにきめ細かく対応:
PR:中堅中小企業で深刻化するネットワーク管理やセキュリティ対応の課題、解決策とは?
中堅中小企業におけるネットワーク管理の悩みがますます深まっている。この状況の打開に貢献する、WAN、LAN、Wirelessを統合管理可能なネットワークソリューションが登場した。これは、特に日本の中堅中小企業におけるニーズに応えるべく開発された、クラウド管理サービスだ。(2023/12/18)

“あの衛星通信”が変える働き方【後編】
5Gではなく衛星通信が「本当に使える無線WAN」なのはなぜ?
多様な働き方を実践することが企業にとっての優先事項になる中で、企業は「無線WAN」に関心を寄せるようになった。5Gよりも優先的な回線になる可能性がある、人工衛星による通信を解説する。(2023/12/6)

“あの衛星通信”が変える働き方【前編】
無線WANの革命児は「5G」ではなく「人工衛星」である理由
5Gエリアの拡大や、4Gの低廉化によって企業が「無線WAN」に注目し始めている。ただし、無線WANの回線部分としては意外な通信方法も進化しており、選択肢は5Gと4Gだけではない。(2023/11/27)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(70):
オムロンがSD-WANでグローバルネットを刷新、「見える化」と「コスト削減」を実現
オムロンがSD-WANによるグローバルネットワークの刷新を進め、2023年12月に導入が完了する予定だ。高機能なSD-WANの特徴や導入効果を見てみよう。(2023/10/30)

「自宅よりもオフィスの回線が遅い」問題にどう対処する?:
PR:「Web会議がカクカクする」「セキュリティが心配」 10Gbpsサービスでどう解決するか
オフィス回帰が進む一方で、コロナ禍で普及したWeb会議やクラウドサービスの利用が縮小することはなく、WAN回線の逼迫に悩む声が上がっている。ネットワーク環境の見直しを迫られる中、10Gbpsという先進的なサービスが注目を集めている。(2023/10/25)

Netskope Japan株式会社提供Webキャスト
無制限のテクノロジー導入で発生するリスク、その解消にSD-WANが有効な理由とは
リモートアクセスやワイヤレスWAN、マルチクラウドなどの多くのテクノロジーを採用したことで、ネットワークの管理運用はかつてないほど複雑化した。この状況を改善するには、SD-WANの導入が有効であるという。その理由を解説する。(2023/10/24)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「VPNの課題とSD-WAN」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/10/16)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「ネットワークインフラとSASE/SD-WAN」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/10/10)

2027年の市場規模は約1.9倍に:
「ローカルブレークアウト」に注目する企業が市場をけん引 IDCが国内SD-WAN市場予測を発表
IDC Japanは、国内SD-WAN市場の予測を発表した。2022年の市場規模は、対2021年比34.8ポイント増の117億5100万円。2022〜2027年の年間平均成長率は13.9%で、2027年の市場規模は2022年の約1.9倍に当たる225億300万円になると予測する。(2023/10/5)

ネットワークニュースフラッシュ
ポケモンカード制作会社が無線LAN管理に「Cisco Meraki」を選んだのはなぜ?
ポケモンカードゲームの制作を手掛けるクリーチャーズや、出版社のプレジデントの無線LAN導入事例、国内法人向けWANサービス市場の動向など、ネットワークに関する主要なニュースを紹介する。(2023/9/30)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「ネットワーク課題とSD-WAN」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2023/10/2)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(69):
SD-WAN一択ではない! 進化した国産ルーターでWANを作る
ここ最近、WANの更新に当たってSD-WANを選択する企業が増えている。だが、それは唯一の選択肢ではない。進化した国産ルーターでどんなWANができるか見てみよう。(2023/9/25)

セキュリティニュースアラート:
FortinetがSD-WANの新サービスを発表 専門知識や予算、リソース不足の企業を支援
FortinetはSD-WAN向けの新たなサービスを発表した。スキルや予算、リソースがない企業にパフォーマンス監視やプライベートアクセス構築ソリューションを提供する。(2023/8/29)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第5回】
無線LANよりも勢いづく「無線WAN」とは? 台頭し始めた“納得の理由”
オフィスのネットワークとして無線LANの採用が進む中、もう一つの無線ネットワークの利用が広がり始めている。それは「無線WAN」だ。そもそも無線WANとは何なのか。普及の背景とは。(2023/8/12)

5年で4兆以上の成長を見込む:
「5G」「4G/LTE」市場、2027年には55億ドル規模に成長 IDC予測
IDCは全世界における「5Gおよび4G/LTEエンタープライズワイヤレスWAN」市場の予測を発表した。(2023/6/5)

ポストコロナの国際WAN再構築、どんなネットワークをどう作る?
ポストコロナは「SD-WAN」と「ローカルブレークアウト」だけでは足りない
世界的に事業を展開する企業は「ポストコロナ」のWANの再構築を迫られている。SD-WANの導入を進める企業が増えてきたが、それだけでは十分とはいえない。では、どのようなネットワークをどう作ればいいのだろうか。(2023/5/23)

世界的飲料メーカーが「SD-WAN」を採用した理由【後編】
M&Aも難なく進んだ「SD-WAN」による“ネットワーク変革”の舞台裏
M&Aでは、合併した企業同士や、買収される企業のIT資産をいかに1つのネットワークに接続するかが課題になる。飲料メーカーのJDEは、拡張性の高いネットワークインフラで、M&A後のIT資産の統合を迅速に進めた。(2023/5/19)

「2022年 企業ネットワークサービス利用動向調査」:
コロナ禍を経て、企業はWANに何を求めているのか IDC
IDC Japanは、「2022年 企業ネットワークサービス利用動向調査」のWANに関する結果を発表した。WANを利用している企業は、リモートアクセスなどのWANのオプション機能を有用だと考えていることが分かった。(2023/5/18)

クラウド移行や在宅勤務拡大はどう影響している? WANの利用動向をIDCが調査
企業のクラウド移行や在宅勤務の拡大はWANやSD-WANの利用動向にどのような影響をもたらしているか。IDC調査で明らかになった。(2023/5/16)

世界的飲料メーカーが「SD-WAN」を採用した理由【前編】
100カ国に進出する飲料メーカーが選んだ「SD-WAN」とは?
飲料メーカーのJDEは、拡張性の高いオーダーメードのネットワークを求めていた。世界各国に跨る大規模ネットワーク構築に役立ったのがSD-WANだった。(2023/5/12)

SD-WANを採用する理由は? 管理レベルは?:
ほとんどの組織ではSD-WAN展開に少なくとも1年かかる――世界のSD-WAN利用状況調査で分かったこと
市場調査会社のTeleGeographyは、世界のエンタープライズ利用におけるSD-WANの調査を発表した。(2023/4/17)

製造業IoT:
ローカル5Gにおける無線区間でのスライシング技術の検証に成功
NTTコミュニケーションズは、ローカル5GにおけるRANスライシング技術の検証に成功した。5GネットワークからWANまでのE2Eスライシング検証で、異なるネットワーク要件が必要な複数の端末でQoS制御が可能となった。(2023/4/14)

SD-WANで変化に強いビジネス環境を構築する
これまでのWANではもう限界、ならば何をどう変革していけばよいのか
企業のネットワーク担当者には、発想の転換が求められている。事業や業務環境が変化する時代には、硬直したネットワークでは対応できないからだ。そこで重要になるキーワードが「SD-WAN」だ。だが導入には注意すべきこともある。(2023/4/10)

特選プレミアムコンテンツガイド
SD-WANを進化させる「SASE」「SD-Branch」とは? AI、5G、クラウドとの関係は
「SD-WAN」(ソフトウェア定義WAN)製品の利用が広がる中で、ベンダー各社は自社製品の機能を拡充しつつある。SD-WAN製品はどう進化するのか。主要なキーワードを基に“次世代SD-WAN”の実像に迫る。(2023/3/16)

Microsoft、AzureやMicrosoft 365などで起きた大規模障害の原因報告 WAN内の全ルータが再計算状態に突入し、パケット転送が不可に
Microsoftが、1月25日午後に発生した世界規模の障害についての報告書を公開した。同社のワイドエリアネットワークに対して行われた設定変更が原因という。(2023/2/2)

Microsoft 365の大規模障害 原因はWANルーターのIPアドレス変更
2023年1月25日にMicrosoft 365のサービスが数時間にわたって不具合を起こし、多くの企業に影響を与えた。Bleeping Computerは全世界における大規模障害の原因についてWANルーターのIPアドレス変更だと伝えた。(2023/1/31)

米プロ野球のネットワーク活用術【後編】
米マイナーリーグが「SD-WAN」など“最新ネットワーク技術”導入に踏み切る理由
米プロ野球のMiLB(マイナーリーグベースボール)はネットワークベンダーのExtreme Networksと提携し、球場へのネットワーク技術の導入を進める。MiLBはなぜ技術導入に踏み切ったのか。(2023/1/10)

QNAP、10GbEおよび2.5GbE SD-WAN対応のQHoraルーターを発表
QNAPは、NASおよびIoT環境に安全なネットワーキング体験を提供する、次世代10GbEおよび2.5GbE SD-WAN QHoraルーター「QHora-322」「QHora-321」を発表した。(2022/12/26)

ネクストノーマルのハイブリッドワーク時代に
クラウド成長とSD-WAN成長の関係性
従業員が利用するクラウドサービスが増加し、働く場所も選択できるようになった今、ネットワークは複雑化し、ネットワークトラフィック量も急激に増加している。差し迫ってくる変化への対応、最適なネットワーク環境を実現するためにはどうすればよいのか。(2022/12/23)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「ネットワーク課題とSD-WAN」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2022/12/20)

5G対応「VAIO Z」に認証外の電波発射する可能性 アップデートを
5G対応WAN搭載「VAIO Z」シリーズの一部に、電波法の認証を受けた周波数帯以外の電波を発射する可能性。ファームウェアアップデートを。(2022/11/8)

デジタルトランスフォーメーションに最適な通信回線とは?:
PR:料金固定、通信障害時も安心な法人向け4G/5G接続サービスの新たな選択肢
企業から「WAN回線やインターネット回線にモバイル通信を活用したい」という声が高まっているものの、コンシューマー用のモバイル接続サービスを企業が使うにはパフォーマンスやサポートの面でさまざまな課題がある。だが、こうした課題に応える法人向けモバイル接続サービスが登場したという。どんなサービスなのか。(2022/11/15)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「SD-WANやSASE」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2022/12/23)

ITワード365:
リスキリングとは? 【ITワード365】事業者間ローミング/エッジAI/TPM/Wear OS/SD-WAN/エンドポイント
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/10/20)

定額課金、通信障害対策も:
「帯域保証」の法人向け4G/5G接続サービスが登場、どういう仕組みなのか
Coltテクノロジーサービスは、 定額課金、帯域保証などの特徴を持つ、法人向け4G/5G接続サービスを販売開始したと発表した。クラウド接続やSD-WANによる拠点間通信に適しているという。(2022/10/11)

大企業と中小企業で「SD-WAN採用の目的」に違いあり IDCが国内SD-WAN市場を予測
IDCによると、大企業を中心とした企業ネットワーク再構築の動きがけん引し、2022年の国内SD-WAN市場は対前年比34.7%増と堅調に推移する見込みだ。同社は大企業と中小企業ではSD-WANを導入する目的は異なることを指摘し、「それぞれに合った機能を薦めるべき」と提言する。(2022/9/30)

環境変化に追従できるネットワーク環境へ
SD-WANで“ネットワーク渋滞”を回避、導入時に注意したい3つのポイントとは?
勤務場所が多様化するにつれ課題となってきた“ネットワーク渋滞”を解消するとして注目されるSD-WAN。ローカルブレークアウトやネットワークトラフィックの可視化など便利な機能を備える一方、導入時には、注意すべき点もあるという。(2022/9/30)

ネットワークの新時代思考【後編】
ネットワーク刷新か、レガシー続行か? 企業に残る“3つの遺産”とは
ネットワークを刷新しようとする場合、LANやWANを旧来の方法でしっかり管理してきた企業ほど困難に直面する可能性がある。その理由と、乗り越えるための視点とは。(2022/8/31)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(55):
WAN/LAN/Wi-Fiを5Gで置き換える「5G企業ネットワーク」を目指そう!
企業での5G活用は一向に進んでいない。ロボットを動かしたり、ドローンを飛ばしたり、映像のAI処理をしたりとPoCは多いのだが実用がほとんどない。そんな凝った使い方ではなく、単にWi-FiやWAN/LANを5Gで置き換えて「5Gオフィス」や「5G企業ネットワーク」を目指してはどうだろう。(2022/8/29)

ネットワークの新時代思考【中編】
「LANとWANが1つになる」の本当の意味 “脱レガシー”な思考とは?
企業のネットワークはLANとWANに分けて考えるのが普通だ。だがこれはレガシーな考え方になりつつある。その理由と、今後の新しい思考法とは。(2022/8/24)

ネットワークの新時代思考【前編】
LANでもWANでもない“第三のネットワーク”とは何か?
企業は従来、主に3つのネットワークを管理してきた。その物理的なネットワークが今後も必要であることに変わりはない。だがある転換点に差し掛かっている。今後は何が必要なのか。(2022/8/17)

ハイブリッドワーク時代に必要な対処とは
ローカルブレークアウトを取り入れたい SD-WAN製品をどう選ぶ?
リモートワークからハイブリッドワークへ――。ここであらためて、WAN回線逼迫への対処が必要になる。根本的な解決策はインターネットブレークアウトだと分かっている。問題は、具体的にどうやるかだ。(2022/7/19)

セグメンテーションも可能:
AWS、クラウド上に企業のWANを構築できる「AWS Cloud WAN」の一般提供を開始
AWSが、クラウド上に企業のWANバックボーンを構築できる「AWS Cloud WAN」の一般提供を開始した。クラウド管理コンソールで設定でき、セグメンテーションも可能。(2022/7/14)

愛犬目線を追及:
全棟プライベート空間、愛犬同伴型リゾートホテルが九十九里浜に
愛犬同伴型リゾートホテル「&WANグループ」は新施設として、「Asovillage"アソヴィレッジ"」をオープンする。どんな施設なのかというと……。(2022/6/10)

WANを捨てるべきか、生かすべきか【後編】
VPNどころかWANを捨てる時がきた――求められる発想の転換
企業が必要とするネットワークは、テレワークが広がったことで変わった。コストも運用の手間もかかる拠点間のWANは、廃止の対象になる。今後はどうなるのか。(2022/6/10)

多様化するIT活動にどう対応する?
SASEやゼロトラストも視野に、SD-WANで作る「これからの企業ネットワーク」とは
DXやクラウド戦略を考える上で、カギとなるネットワークとセキュリティ。テレワークなどで企業内の通信が大きく変化し、SASEやゼロトラストの実現も求められている。そこで注目したい、SD-WANの活用方法を紹介する。(2022/6/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。