• 関連の記事

「WAN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Wide Area Network

ハイブリッドワーク時代に必要な対処とは
ローカルブレークアウトを取り入れたい SD-WAN製品をどう選ぶ?
リモートワークからハイブリッドワークへ――。ここであらためて、WAN回線逼迫への対処が必要になる。根本的な解決策はインターネットブレークアウトだと分かっている。問題は、具体的にどうやるかだ。(2022/7/19)

セグメンテーションも可能:
AWS、クラウド上に企業のWANを構築できる「AWS Cloud WAN」の一般提供を開始
AWSが、クラウド上に企業のWANバックボーンを構築できる「AWS Cloud WAN」の一般提供を開始した。クラウド管理コンソールで設定でき、セグメンテーションも可能。(2022/7/14)

愛犬目線を追及:
全棟プライベート空間、愛犬同伴型リゾートホテルが九十九里浜に
愛犬同伴型リゾートホテル「&WANグループ」は新施設として、「Asovillage"アソヴィレッジ"」をオープンする。どんな施設なのかというと……。(2022/6/10)

WANを捨てるべきか、生かすべきか【後編】
VPNどころかWANを捨てる時がきた――求められる発想の転換
企業が必要とするネットワークは、テレワークが広がったことで変わった。コストも運用の手間もかかる拠点間のWANは、廃止の対象になる。今後はどうなるのか。(2022/6/10)

多様化するIT活動にどう対応する?
SASEやゼロトラストも視野に、SD-WANで作る「これからの企業ネットワーク」とは
DXやクラウド戦略を考える上で、カギとなるネットワークとセキュリティ。テレワークなどで企業内の通信が大きく変化し、SASEやゼロトラストの実現も求められている。そこで注目したい、SD-WANの活用方法を紹介する。(2022/6/6)

SD-WANとクラウドネットワーキングの進化(1):
あらためてSD-WANを基礎から知り、その本質を考える
日本に入ってきてから8年近くになるSD-WAN。クラウド利用が本格化するいま、どのような意味を持つのでしょうか。あらためて基礎から解説し、その本質を探ります。(2022/6/3)

WANを捨てるべきか、生かすべきか【前編】
VPNなんて要らない――企業がWANを捨てる4つの事情
企業の間でWANの必要性を見直す動きがある。VPNなど拠点間WANを廃止すればコストも手間も削減できる可能性がある。どのような点を検討しているのか。(2022/6/3)

本格普及期を迎えた「無線WAN」【後編】
急速発展する「無線WAN」に企業が関心を寄せる理由
テレワークの普及、5GやSDNなどのネットワーク技術の台頭が「無線WAN」の発展を促している。企業にとって無線WANとは何を意味するのか。なぜ企業は無線WANに関心を寄せるのか。(2022/5/2)

本格普及期を迎えた「無線WAN」【中編】
無線LANでもMANでもない「無線WAN」とは何か?
ネットワーク分野には類似するさまざまな用語がある。「無線WAN」もそのうちの一つだ。無線WANとは何なのか、企業がなぜこの用語を知っておくべきなのかを考える。(2022/4/25)

SD-WAN=ローカルブレークアウトが誤解なわけ
今もう一度確認しておきたい、SD-WANのメリットとは
「SD-WAN」の利用が広がってきている。SD-WANは、中堅・大企業の情報システム部にとって一度は検討すべきものであることは間違いない。では、あらためてSD-WANとは何なのか。どのようなメリットがあるのだろうか。(2022/4/28)

本格普及期を迎えた「無線WAN」【前編】
地球規模に広がった「無線WAN」とは何かの疑問
オフィスで無線LANが広く使われているのと同じように、「無線WAN」の利用も勢いづいている。無線ならではのメリットを引き出す無線WANとは、具体的には何なのか。(2022/4/18)

必要なのは「選択の自由度」
回線選択、セキュリティなどの自由度が高いグローバルWANを迅速に構築せよ
海外に事業展開している企業にとって「素早くグローバルWANを構築すること」はビジネスの成長において欠かせない要素だ。だが、現地のネットワークサービスを調達するのに半年以上かかるなど難易度は高い。簡単に実現する方法はないのか。(2022/4/12)

通信の可視化でネットワーク最適化
「次世代SD-WAN」で通信トラブルを根本から解消 製品選びのポイントは?
テレワークによってインターネットやクラウドサービスへの接続が増え、企業はネットワークの見直しを余儀なくされている。そうした中「SD-WAN」に注目が集まるものの、実は“落とし穴”がある。それは何なのか。どう解決できるのか。(2022/3/31)

投資ファンドによる買収が及ぼすCitrix製品への影響【後編】
CitrixはロードバランサーやSD-WANを見限るのか?
Citrixが投資ファンドに買収され、BIベンダーのTIBCO Softwareと合併する。買収後の同社の戦略は。現状の製品はどうなるのか。(2022/3/25)

NTT Comが中小企業向けセキュリティプラットフォームを提供開始 ゼロトラスト機能を導入から保守まで一元的に提供
NTT Comは、ゼロトラスト型セキュリティプラットフォーム「WANだふる VxGPlatform」の提供を開始した。セキュリティ担当者を配置できない中小企業を対象に、ゼロトラストを中心とした機能を導入から保守までを一元的に提供する。(2022/3/3)

ハードウェア製品も発表:
ジュニパーが SD-WANの統合管理対応を完了、機械学習/AIを生かしたトラブルシューティングも実現
ジュニパーネットワークスがSD-WAN製品「Session Smart Router」で、機械学習/AIを活用する同社のネットワーク管理サービス「Mist AI」との統合を完了したと発表した。(2022/2/3)

行政向けネットワーク「LGWAN」で全国的な通信障害 自治体メール、証明書コンビニ交付サービスなどに影響【一部復旧】
「LGWAN」で全国的な通信障害が発生している。地方公共団体が利用するメールシステムや、コンビニでの証明書交付サービスなどに影響があり、地方公共団体情報システム機構が復旧を急いでいる。(2022/1/26)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
高度に分散したIT環境をセキュアに接続、次世代SD-WANが満たすべき10項目
リモートワークやクラウド利用の急速な浸透により、IT環境は高度に分散し、複雑化を極めている。組織は新たなネットワーク体制を構築する必要に迫られているが、そのために満たすべき要件は10項目にわたる。それぞれを詳しく解説する。(2022/1/7)

AWS re:Invent 2021まとめ(1):
ネットワークからKubernetesまで、AWS re:Invent 2021におけるインフラ関連の発表7つ
AWS re:Invent 2021における多数の発表を、2回に分けてまとめてお届けする。第1回は SD-WAN、Macインスタンス、新たなLocal Zones、Kubernetesサービスの新機能など、インフラ寄りの発表を7つにまとめてみた。(2021/12/8)

Ciscoが複数製品のアップデートを発表 合計20の脆弱性を修正
Ciscoから複数製品のセキュリティアドバイザリが発行された。特に「IOS XE SD-WAN Software」に関する脆弱性は深刻度が重要(High)に分類されており注意が必要だ。(2021/10/23)

特選プレミアムコンテンツガイド
「無線LAN」と「Wi-Fi」を混同してはいけない理由
「無線LAN」と「Wi-Fi」は同じ意味で使われがちな言葉だが、それぞれの指す意味は異なる。無線LANとWi-Fiの違い、無線LANと同じく主要な無線ネットワークである「無線MAN」「無線PAN」「無線WAN」を解説する。(2021/8/19)

ネットワークの重点投資分野【後編】
ネットワーク投資で「5G」「スマートNIC」「SD-WAN」に着目すべき理由
ネットワークの注目すべき投資分野として、専門家は「5G」や「スマートNIC」「SD-WAN」などを挙げる。その理由を紹介する。(2021/7/14)

特集:ゼロトラスト/SASEが問うIT部門の役割(2):
コロナ禍でネットワーク再構築計画を前倒したライオンの事例に見る、SASE導入の効果
旧来型のWANアーキテクチャをクラウド中心に再構築する。老舗メーカーのライオンで同プロジェクトの準備を始めた矢先、世界中を襲ったのが新型コロナウイルス感染症のまん延だ。感染対策の一環で社員の多くが在宅勤務に移行する中、新しい働き方と現行のWANアーキテクチャの間でますます広がる“ズレ”。急きょリモートワーク環境を整えながら、前倒しで次期ネットワーク構築を進めることとなったライオン。その一部始終を、「@IT NetworkWeek 2021」の特別講演「SASEをネットワークの柱にした目的と効果」で、統合システム部 主任部員の木場迫栄一氏が語った。(2021/7/8)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【後編】
“次世代「SD-WAN」”に欠かせない「AI技術」「5G」「クラウド」との関係
SD-WAN製品はITのさまざまな変化を受けて変わってきた。今後はどのような機能強化があるのだろうか。4つのポイントを紹介する。(2021/6/24)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【中編】
“次世代「SD-WAN」”の理解に欠かせない「SASE」「SD-Branch」とは?
ベンダーはSD-WAN製品の機能強化を継続的に進めているため、企業がSD-WAN製品に関して知っておくべき事柄も多様になっている。「SASE」や「SD-Branch」との関係を紹介する。(2021/6/17)

「SASE」の3大実装パターン【後編】
SASEの本命は「ネイティブSASE」か? “SD-WANだけ”の製品にはない魅力
GartnerによるSASEの提唱を受けてベンダー各社が生み出したのが「ネイティブSASE」だ。既存製品の寄せ集めとは何が違うのか。(2021/6/16)

「SD-WAN」の基礎から活用例まで【第4回】
「5G」を「SD-WAN」で生かす方法とは? IoTデバイスのセキュリティにも注目
「IP-VPN」「インターネット回線」「LTE」「5G」など、企業が業務に利用できるWANは多様だ。将来的に普及が見込まれる5Gをはじめ、多様なネットワークをSD-WANで運用することでどのような利点があるのか。(2021/6/24)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【前編】
コロナ禍で「SD-WAN」に起きた進化 注目のリモートアクセス機能とは?
企業のSD-WANに対するニーズは、今後も継続するだろう。これに伴い、ベンダー各社はSD-WANに関連する各種の機能を追加している。今後注目すべき動向を紹介する。(2021/6/11)

「SASE」の3大実装パターン【中編】
「SASE」を「SD-WAN」機能とセキュリティ機能の組み合わせで実現する利点とは?
「SASE」の実装パターンに、「SD-WAN」機能とセキュリティ機能の組み合わせがある。この実装パターンがもたらすメリットとは。(2021/6/9)

「SD-WAN」の基本から活用例まで【第3回】
「SD-WAN」によるコスト削減方法とは? 40%の大幅削減例も
「SD-WAN」のメリットはローカルブレークアウトによる負荷分散だけではない。導入の仕方によっては「コスト削減」も可能だ。どのような場合にコスト削減が可能になるのか。(2021/6/16)

「SD-WAN」の基本から活用例まで【第2回】
「SD-WAN=ローカルブレークアウト手段」は昔話? テレワークで起きた変化とは
「SD-WAN」がまず注目された理由は、特定のクラウドサービスのローカルブレークアウトができるからだった。テレワークの普及で、SD-WANへのニーズが変化している。どう変わったのか。(2021/6/9)

「SD-WAN」の基本から活用例まで【第1回】
「SD-WAN」の基本の基 WAN仮想化の全体像をざっくりとつかむ
テレワークの導入、クラウドサービスの利用拡大、IoTのような新たなアプリケーションの構築など、ネットワークの変更や調達が必要になる要素が多くなってきた。こうした中で「SD-WAN」が役立つ理由とは何か。(2021/6/2)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(39):
コロナ禍で進むSD-WAN導入と企業ネットワークのダウンサイジング
SD-WANが話題になり始めたのは2015年ごろからだ。最近まで導入事例はほとんど見られなかったものの、コロナ禍で企業ネットワークの状況は一変し、SD-WANの採用が増え始めた。(2021/4/28)

旭化成、ゼロトラストの実現に向けてSD-WANとSIGを用いた新WAN環境を導入
旭化成は、ネットワンシステムズの協力のもと、社内ネットワーク環境をSD-WANとSIGを用いた新WAN環境で刷新した。インターネットブレークアウトと社内システムへの閉域網通信も併用し、通信逼迫などの課題を解決しつつ、安全性強化とコスト最適化を図った。(2021/4/27)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
WAN環境の課題を一挙に改善できるSD-WAN、導入企業に実際のメリットを聞いた
複数の拠点を抱える企業にとって、WANの帯域幅不足やコスト増は大きな問題だ。その解決策として期待されるSD-WANは、どれほどの効果があるのだろうか。導入企業を調査したところ、問題解決にとどまらないメリットが見えてきた。(2021/4/19)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
SD-WAN運用の注意点、一貫したセキュリティを実現するための4つのポイント
エンタープライズWANが拡大するのに伴い、トラフィック急増に伴う遅延やコスト増が課題となっている。これを解消するとみられるのが「SD-WAN」だが、その運用においてはセキュリティが軽視される傾向にあるという。(2021/4/19)

無線ネットワーク主要4種を比較
いまさら聞けない「無線LAN」「無線MAN」「無線PAN」「無線WAN」の基本的な違い
無線ネットワークには「無線LAN」「無線MAN」「無線PAN」「無線WAN」の4種類があり、それぞれ用途が異なる。何が違うのか。(2021/4/18)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
レガシーSD-WANに現代ニーズとの明らかなギャップ、次世代化の基準は何?
COVID-19の流行拡大によりSD-WANへの関心の高まりに一層拍車が掛かることとなった。ただ、SD-WAN自体は利用され始めて10年近くが経過しており、現在のニーズとのギャップも生じている。その解消につながる次世代SD-WANの要件とは何か。(2021/4/19)

日本企業のSASE認知度は53%、クラウド時代のネットワークセキュリティに遅れ
NetMotion Softwareが実地した企業のクラウド/ネットワークセキュリティに関する調査によると、日本企業のSASE導入率は60%で、海外4カ国の平均よりも14%低かった。SD-WANなど、その他のセキュリティ対策でも、日本企業は活用が遅れていることが明らかになった。(2021/4/6)

クラウド時代のネットワーク最適化【第4回】
Cisco、VMware、Silver PeakのSD-WAN製品を比較 クラウド高速化技術の違いは?
クラウドサービスとの接続の最適化に有効なSD-WAN製品。さまざまな製品が登場しており、それぞれ異なる特性を持ちます。ここではCisco Systems、VMware、Silver PeakのSD-WAN製品の特徴を見てみましょう。(2021/4/2)

TechTargetジャパンクイズ
「SD-WAN」の導入と運用の勘所が分かる6問クイズ
「SD-WAN」の基礎知識を確認できるクイズを掲載したブックレットを公開しました。TechTargetジャパン会員であれば無料でダウンロードできます。(2021/3/16)

「SD-WANの導入・検証」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/2/3)

クラウド時代のネットワーク最適化【第3回】
「SD-WAN1.0」「SD-WAN2.0」の違いは? “遅いMicrosoft 365対策”は基本の基
「Microsoft 365」などのクラウドサービスの動作が遅くなる問題を解消する策の一つが「SD-WAN」製品です。機能が多岐にわたるSD-WAN製品を理解するポイントを解説します。主要SD-WAN製品の一覧表も掲載しています。(2021/2/18)

クラウドサービスのトラフィック最適化【第6回】
“遅いMicrosoft 365”を解消する「SD-WAN」の利点と、見落とせない課題
「Microsoft 365」(Office 365)をはじめとするクラウドサービスを快適に利用するために、通信を最適化する手段として「SD-WAN」があります。そのメリットと注意点を整理します。(2021/2/15)

官公庁向けクラウド接続サービスに「Cisco SD-WAN」を導入 採用の理由は
NECは、「官公庁向けクラウド接続サービス」にシスコの閉域ネットワーク接続サービス「Cisco SD-WAN」を採用した。閉域ネットワーク接続を支える安全かつ効率的なサービス構築を支援するという。(2020/12/22)

PR:追加投資不要で使える! QNAPのSD-WANソリューション「QuWAN」と対応ルーター「QHora-301W」をお勧めする理由
急速なテレワークの普及に伴い、社内ネットワークのトラフィックに劇的な変化が生じている。QNAPのSD-WANソリューション「QuWAN」は、費用を抑えつつ急激なトラフィック増加に対応できるという。その特徴をチェックしつつ、同ソリューションに対応するQHoraルーター対応ルーター「QHora-301W」もチェックしていこう。(2020/12/9)

ゼロトラストセキュリティへの発展も視野に
テレワーク、SaaS活用のためには「MPLS」依存ではなく「SD-WAN」が最適な理由
テレワークの需要拡大に伴ってSaaSの利用が広がっている。だが現在の企業のネットワークはクラウドの利用に最適化されていない。インターネットがメインとなる新たな企業WANの構築、運用を簡素化し、最適化する方法とは。(2020/10/21)

VMware 提供ホワイトペーパー
Zoomアプリを識別して接続を最適化、高品質なユーザー体験を提供するSD-WAN
テレワークが浸透し、クラウドを活用したコミュニケーションやコラボレーションツールは、生産性の向上に欠かせないものとなっている。その代表的存在ともいえる「Zoom」向けに接続を最適化するSD-WANソリューションの実力とは。(2020/9/18)

VMware 提供ホワイトペーパー
企業WANの課題を解決、俊敏性とパフォーマンスを高める「SD-WAN」の実力とは?
高額なリース回線(MPLS専用線)やブロードバンドインターネット、LTE接続が混在し、複雑化した企業WAN。その俊敏性とパフォーマンスの向上は極めて困難なタスクといえる。そこで課題解決の鍵となるのがSD-WANソリューションだ。(2020/9/18)

テレワーク拡大で見えた「SD-WAN」の真価【後編】
“VPNで在宅勤務”の課題とは? 「SD-WAN」はどう解決するのか
在宅勤務などのテレワークを実施する手段として広く使われている「VPN」。テレワークが広がることで、表面化するVPNの課題とは何か。「SD-WAN」はその課題をどう解消するのか。(2020/8/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。