• 関連の記事

「ベンチャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ITmedia News:ベンチャー人
質問!起業→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で起業関連の質問をチェック

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
デジタル化の2周目対応に失敗すると撤退も、もっとも好ましい対応は創造型の両利き――早稲田大学 ビジネススクール 根来龍之教授
マクロ的には既存企業は強いが、常に少数の企業は破綻している。一方、急成長する少数の新興企業も存在する。2000年以後の破綻企業は、デジタル化への対応失敗企業が多く、全企業が切迫度は異なるがデジタル化対応を求められている。(2022/7/4)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
富士山が噴火!? その時、日本は――“災害DXベンチャー”がSFで描く未来 無人航空機が果たす役割とは
もし富士山が噴火したら――こんな想定のSF小説があります。これはSFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」の実践例です。自治体の災害対策をテクノロジーで支援するテラ・ラボの事例を紹介します。(2022/6/24)

最大で100万円相当:
投票でポイント贈呈 JX通信社、参院選の投票率アップへ「ポイ活」キャンペーン実施
報道ベンチャーのJX通信社は、6月22日に公示された第26回参院選の投票率向上に向けたキャンペーンを始める。(2022/6/22)

認知症ケアに役立つ“音”、落合陽一さんのベンチャー企業と塩野義製薬が共同開発 
ピクシーダストテクノロジーズと塩野義製薬は、脳の特定のリズム活動(ガンマ波)を強める可能性のある音を用い、家庭の認知症ケアに役立つ製品やサービスを開発すると発表した。(2022/6/21)

既存小型船をR2-D2のように自動操縦 船舶ドローン化ユニットをベンチャーが開発
帆船型ドローンを開発してきたベンチャーが、今度は既存の小型船を自動操縦のドローンにできるユニットを発表した。(2022/6/20)

オープンイノベーションのベストプラクティス:
オープンイノベーションを成功に導く7箇条 日本企業に足りない考え方とは?
企業がオープンイノベーションを成功させるにはどうすればいいのか。北米ベンチャー企業との協業における失敗例を振り返り、そこから逆算して7つのベストプラクティスを導き出す。(2022/6/16)

停止時も自立・安定! ホンダ発ベンチャーの電動小型モビリティ「Striemo」年内発売へ
スイスイ走れそう。(2022/6/15)

社内ベンチャー:
ホンダ、“転びづらい”電動キックボード「Striemo」を年内発売 「靴を履いて出掛けるような」移動手段に
本田技研工業は、同社の新事業創出プログラム「IGNITION(イグニッション)」から、2社目となるベンチャー企業「ストリーモ」を設立した。1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「Striemo」(ストリーモ)」を開発。2022年中に日本国内で、23年に欧州での発売を予定している。(2022/6/14)

電動化:
電動キックボードの“汚名返上”、ホンダ発ベンチャーが立ち乗り三輪モビリティ
ホンダ発のベンチャー企業であるストリーモは2022年6月13日、電動三輪マイクロモビリティ「ストリーモ」を発表した。(2022/6/14)

スマートシティー:
マンションにEV充電機器を“無償提供”する「Terra Charge」、Terra Motors 徳重会長の狙いは?
急速に電気自動車の普及が進むインドで、電動三輪車のトップシェアを獲得しているベンチャー企業「Terra Motors」。2022年4月にはEV充電インフラ事業に新規参入し、既設マンション向けの機器導入サービス「Terra Charge」がスタートした。機器の設置費用から施工、その後の管理まで、全てを無償で提供する利益度外視な新規事業によって、国内EV市場の活性化を目指す。Terra Chargeのサービスが「起爆剤になって欲しい」と、取締役会長の徳重徹氏は語る。(2022/6/13)

迷い犬を「鼻紋」で特定 AIで解析「NoseID」アプリ公開 登録増えるほど精度アップ
一頭ずつ異なる犬の鼻の紋様(鼻紋)をAIで識別することで、迷い犬を探し出すスマートフォンアプリ「NoseID」のβ版をベンチャー企業が公開。「迷子になった1頭でも多くのわんちゃんが、飼い主の元へ戻れることを切に願っています」(2022/6/10)

次世代のインターコネクト:
米新興企業、光I/OチップレットでNVIDIAと協業へ
米国カリフォルニア州に拠点を置く新興企業Ayar Labsは、同社のチップ間光通信技術を中心としたエコシステムを構築するという。NVIDIAとの協業により、光I/O技術を適用した次世代アーキテクチャの開発に取り組んでいるところだ。(2022/6/10)

他人由来のiPS血小板 1人目の移植成功 京都のベンチャー
他人由来のiPS細胞から血小板を作り、血液の病気の患者に血液製剤として輸血し移植する世界初の治験を、再生医療ベンチャー「メガカリオン」が実施したと発表した。拒絶反応など、有害な現象は起きず成功したという。(2022/6/10)

「GMO Web3株式会社」設立へ Web3ベンチャー支援専門CVC
GMOインターネットは、Web3ベンチャー支援に特化したハンズオン型コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)として、新会社「GMO Web3株式会社」を6月下旬に設立する。(2022/6/9)

Nothing初のスマートフォン「phone(1)」、7月13日0時に発表へ
Nothing Technologyが、7月13日0時に同社初のスマートフォン「phone(1)」を発表する。同社のWebサイトで発表会のライブ配信を行う。Nothingは、中国のスマートフォンメーカーOnePlusの共同創業者、カール・ペイ氏が2020年に英国で立ち上げた新興企業。(2022/6/9)

まだ間に合う「目指せ起業家世界一」 スタートアップW杯
米ベンチャーキャピタル(VC)大手のペガサス・テック・ベンチャーズ(カリフォルニア州)は8日、起業家を対象とした世界最大規模のビジネスプランコンテスト「スタートアップワールドカップ」の日本予選を7月21日に東京で、世界決勝戦を9月30日に米サンフランシスコで開催すると発表した。(2022/6/9)

リテール&ロジスティクス:
福岡市で延べ14.7万m2のマルチテナント型物流施設を開発、東京建物
東京建物は、東急不動産や西日本新聞社、丸紅とともに、福岡県福岡市のアイランドシティで用地を取得した。今後は、東京建物を中心とした4社から成るジョイントベンチャーにより、今回の用地でマルチテナント型物流施設「(仮称)T-LOGI 福岡アイランドシティ」を開発する。(2022/6/9)

人工知能ニュース:
パナソニックのエッジAI基盤「Vieureka」が独立分社、JVCケンウッドなどが出資
パナソニック ホールディングス(パナソニックHD)、JVCケンウッド、米国ベンチャーキャピタルのWiLの3社は、パナソニックHDの研究開発部門の傘下で実績を積み重ねてきたエッジAIプラットフォーム「Vieureka(ビューレカ)」を提供する新会社「Vieureka株式会社」に共同出資すると発表した。(2022/6/8)

「量子超越性」を持つ光量子コンピュータ、AWSで利用可能に スパコン富岳で9000年かかる計算を36マイクロ秒で
カナダの量子ベンチャーXanadu(ザナドゥ)は、特定のタスクで世界最高性能のスーパーコンピュータの計算速度を上回るとする光量子コンピュータ「Borealis」をAmazon Web Services(AWS)上で提供すると発表した。(2022/6/3)

宇宙と地上、レーザー光で通信 筑波大発ベンチャーが世界初の商用化へ
防災や軍事・安全保障などさまざまな分野で活用が期待されており、将来は月と地球を結ぶ光通信の実用化も目指している。(2022/6/1)

宇宙と地上、レーザー光で通信 筑波大発ベンチャーが世界初の商用化へ
筑波大学発の宇宙ベンチャー企業が、レーザーを用いた宇宙における光通信ネットワークサービスを、早ければ2024年冬に始めると発表した。防災や軍事・安全保障などさまざまな分野で活用が期待されている。(2022/6/1)

小学館、3Dアバターベンチャーと資本業務提携
人体の3Dスキャンから生成したアバターをSDKで提供する事業を行うベンチャー企業VRCが、小学館・博報堂DYが資本業務提携。(2022/5/31)

新資本主義計画案全容判明 イデコ、65歳以上に引き上げ
政府が6月上旬に決定する「新しい資本主義」の実行計画案の全容が30日、分かった。公的年金に上乗せする私的年金の一つ「個人型確定拠出年金」の「iDeCo(イデコ)」について、加入対象年齢を現行の64歳以下から65歳以上に引き上げる。成長のエンジンとなるスタートアップ(新興企業)の支援策をまとめた「5カ年計画」についても、年末までに策定する。(2022/5/31)

BMWとPasqalが協業:
自動車の設計に量子コンピューティングの適用を目指す
自動車メーカーのBMWと、量子コンピューティング技術の開発を手掛けるフランスの新興企業Pasqalは、協業の新たなフェーズに入った。その中で両社は、金属成形のアプリケーションモデルに対する量子計算アルゴリズムの適用性を分析することを目指す。(2022/5/30)

マイナビ、メディアの原稿作成を自動化 東大発ベンチャーELYZAのAIを活用
マイナビは自社のメディアで、原稿を自動生成する実証実験を行うと発表した。東京大学・松尾豊研究室発のAIベンチャーELYZAが開発したAIを使い、求人原稿などの草案を自動作成する。(2022/5/30)

オランダ新興企業が開発:
小型で40TOPSのインメモリコンピューティングチップ
AI(人工知能)チップの新興企業であるオランダAxelera AI(以下、Axelera)は2022年5月、同社のインメモリコンピューティングチップである「Thetis Core」のテストおよび検証に成功したと発表した。(2022/5/26)

高度33kmの成層圏へ気球を放出、通信に成功 「宇宙遊覧飛行」目指す
気球を使った「宇宙遊覧飛行」の実現を目指すベンチャー企業がある。岩谷技研は5月、無人の気球で高度33kmからの通信に成功。早ければ2023年の有人遊覧飛行実現に向けて取り組みを加速させている。(2022/5/25)

就職面接の“デキ”をAIが評価 ベンチャーが練習アプリ開発
AI動画解析技術を手掛けるエフィシエントと就職支援のジェイックが、面接練習アプリ「steach」をリリースした。面接練習を録画するとAIが動画を解析し、表情や声、身振りなどを評価する。(2022/5/23)

物流のスマート化:
日本の倉庫事情に“ローカライズ”、中国新興企業のACRが国内展開加速
近年、国内メーカーだけでなく、中国など海外企業による日本国内市場への参入が活発化している。中国深センに拠点を置くスタートアップ、HAI ROBOTICSもその内の1社だ。同社製品のデモを見学できる「HRJテクニカルセンター」を取材した。(2022/5/18)

ウクライナ避難民に「翻訳マスク」 開発のベンチャーが120個寄付へ
マスクをして話した言葉を翻訳して伝えられる「翻訳マスク」を開発したベンチャー企業が、日本に避難したウクライナの人々を支援するため製品120個を寄付する。国外避難したウクライナ国民は、避難先で会話ができないなどの課題を抱えている。(2022/5/17)

360度視聴可能 「自由視点」をスマホで ベンチャー、映像圧縮技術を独自開発 低価格化も
自由視点映像に注目が集まっている。スポーツ中継で採用が進むが、多数のカメラで撮影する必要があるなど、コスト面でのハードルは高い。ベンチャー企業のMasterVisionsが映像圧縮技術とカメラを独自開発し低価格化に挑んだ。(2022/5/12)

MLPerfの推論スコア:
新興企業Syntiant、tinyMLベンチマークで圧勝
エンジニアリングコンソーシアムのMLCommonsが最近、機械学習の業界標準ベンチマーク「MLPerf」の推論(Inference)ラウンドのスコア結果を発表した。MLPerf Tinyでは、米国の新興企業Syntiantが、キーワードスポッティングのレイテンシとエネルギー消費量のベンチマークでトップの座を獲得している。一方NVIDIAとQualcommは、エッジ/データセンターのカテゴリーにおいて再び激しい争いを繰り広げた。(2022/5/6)

Google、AR端末向けディスプレイ技術を手掛けるRaxiumを買収
GoogleはAR端末向けディスプレイ技術のRaxiumを買収したと発表した。Appleなども開発しているマイクロLEDを手掛ける新興企業だ。Googleは「Project Iris」下、2024年にはAR製品をリリースするとみられる。(2022/5/5)

藻類が原料のスモークサーモン、イスラエルの新興企業が開発 味や香りの再現にも挑む
将来、サーモンの代替品となるかも?(2022/5/3)

ニコニコ超会議を前に:
「iモードがなければスマホは誕生しなかった」――KADOKAWA夏野剛社長が語る「日本の経営者にいま必要なもの」とは?
「ニコニコ超会議」を主催するドワンゴを率いるのは、NTTドコモが運営していたサービス「iモード」の生みの親とされる夏野剛社長だ。国内屈指のIP企業が、宇宙ベンチャー起業に出資した理由を聞いた。(2022/4/29)

内視鏡AIでがん見逃しゼロへ:
ソフトバンクG、医療ベンチャー「AIメディカルサービス」に出資 国内3例目
AIを用いた内視鏡診断システムを開発する医療スタートアップ、AIメディカルサービス(東京都豊島区)は4月26日、ソフトバンクグループのビジョン・ファンド2をリード投資家とし、総額80億円の資金を調達したと発表した。同ファンドから出資を受ける国内企業は3例目。(2022/4/26)

ホリエモン×夏野剛(1):
iモード生みの親・夏野剛が斬る「オールドスペースからは日本の宇宙産業は何も生まれない」
KADOKAWAは、ホリエモンこと堀江貴文氏が取締役を務める宇宙開発ベンチャー、インターステラテクノロジズに出資する。なぜ、出版をはじめとした総合エンターテインメント企業が宇宙開発に出資したのか。4月には都内のIST東京支社で、堀江氏と夏野氏が対談。日本の宇宙開発ISTをはじめとする日本の宇宙開発ベンチャーに賭ける思いを明かした。(2022/4/25)

対談企画「CFOの意思」:
「上場時に、うちの株を全部売ってほしい」──“IPO革命”は、なぜ実現できた? ラクスル永見CFOに聞く
ラクスル上場前にベンチャーキャピタル(VC)に株を売却してもらう、上場に海外投資家も巻き込む──などの革命的な手法は、どのようにして編み出したのか? ラクスル永見CFOとグロース・キャピタル嶺井CEOの対談の模様をお届けする。(2022/4/22)

ガラスに貼れる透明な吸音パネル、落合陽一さんのベンチャー企業とイトーキが共同開発
イトーキは19日、ガラスに貼れる透明な吸音パネル「iwasemi HX-α」を発表した。落合陽一さんがCEOを務めるピクシーダストテクノロジーズと共同開発した。(2022/4/19)

高さ14センチの“動くフィギュア”、スピーシーズが発売 9万5000円
ロボットベンチャーのスピーシーズは12日、高さ14cmのロボット「フィギュア3.0クレア」の受注を始めると発表した。(2022/4/12)

ウクライナのIT人材活用 18歳女性副社長が就労支援
ロシアによる軍事侵攻で困窮するウクライナ人を支援しようと、大阪のベンチャー企業がウクライナ人起業家とともに、避難先でも可能なIT関連の仕事を避難民に紹介する事業を始めた。息の長い支援につながる可能性もあり、注目が集まっている。(2022/4/11)

新たな結晶育成技術と装置を開発:
貴金属るつぼを使わず、酸化ガリウム単結晶を作製
東北大学発ベンチャーのC&Aと東北大学金属材料研究所は、「貴金属るつぼ」を用いない新たな結晶育成手法により、最大約5cm径の酸化ガリウム単結晶を作製することに成功した。製造コストを抑えつつ高品質の結晶育成が可能となる。(2022/4/7)

エシカル・スピリッツ:
酒粕や廃棄ビールが“ジン”に! 担当者が「廃棄物の可能性は無限大」と語るワケ
酒類業界で再生型蒸留プラットフォームを目指すベンチャーがいる。それが「エシカル・スピリッツ」だ。廃棄素材の酒粕を使用したクラフトジンの生産など、酒類業界で長年廃棄処分されている原料に着目。それらを活用した酒造りを展開している。(2022/4/7)

日本とイスラエルのサイバー協力、可能性は無限大 駐日大使寄稿
サイバーやAI、先端医療などハイテク産業でイスラエルは2021年に前年比2.5倍となる250億ドルもの投資を集めた。世界経済が新型コロナウイルス禍で打撃を受ける中、新興企業が新技術を開発し世界をけん引している。(2022/3/30)

SAR衛星で災害リスク低減めざす:
宇宙ベンチャー「シンスペクティブ」119億円の大型調達
宇宙ベンチャーのシンスペクティブは3月29日、第三者割当増資で新たに119億円の資金を調達したと発表した。(2022/3/29)

キーワードからAIが文章生成 ニュース、メール、職務経歴書に対応 東大松尾研発ベンチャーがデモサイト公開
東京大学・松尾豊研究室発のAIベンチャーELYZAは、キーワードから約6秒で日本語の文章を生成できるAI「ELYZA Pencil」を試せるデモサイトを公開した。キーワードを数個入力すると約6秒で日本語のタイトルや文章をAIが自動で生成する。(2022/3/28)

創業6年で年商40億円:
日本のお菓子を海外に届けるサブスクが絶好調 後発のベンチャー企業が世界シェアトップクラスになった理由
都内の日系ベンチャーが手掛ける、日本のお菓子や雑貨を届ける海外向けのサブスクサービスが外国人の大きな注目を集めている。運営元のトップに取材した。(2022/3/24)

OnePlusの共同創業者の新興企業Nothing、今夏発売予定のスマートフォンを発表
OnePlusの共同創業者、カール・ペイ氏率いるNothingは、新スマートフォン「phone(1)」を発表した。AndroidベースのオリジナルOS「Nothing OS」で新たなエコシステムを創出する意気込み。4月には同OSのプレビュー版を公開する計画だ。(2022/3/24)

デンソー子会社主導の資金調達ラウンドで:
エッジAIチップベンチャーのQuadricが2100万ドル調達
コンピュータビジョンやAI(人工知能)アクセラレーション向けのアクセラレーターチップ開発を手掛けるスタートアップQuadricは、シリーズB資金調達ラウンドで2100万米ドルを調達した。同ラウンドは、日本のTier1車載部品サプライヤー、デンソーのグループ会社であるNSITEXEが主導し、既存の投資家と共にMegaChipsが追加投資した。Quadricはこれまでに、総額3900万米ドルを調達している。(2022/3/24)

DXリーダーに聞く エネルギー×DX:
エネルギー業界のDX、デジタルネイティブ企業はどう見る? 「エネルギーの無価値化」に取り組むデジタルグリッド【後編】
エネルギー業界で進むDXを追う本連載に初のベンチャー企業が登場する。デジタルネイティブ企業であるデジタルグリッドはエネルギー業界のDXをどう見るのか。そして、同社が取り組む「エネルギーの無価値化」とは何か。(2022/3/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。