• 関連の記事

「東レ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東レ」に関する情報が集まったページです。

4月発売の「REON POCKET 3」:
ソニーの「着るエアコン」“バカ売れ” 猛暑追い風に「想定以上で推移」
連日の猛暑が続く中、ソニーグループ(ソニーG)が4月に発売した、充電式の冷温デバイス「REON POCKET 3」(レオンポケット3)の売れ行きが好調だ。同製品は「着るエアコン」とも呼ばれており、ビジネスパーソンを中心に売り上げを伸ばしている。(2022/6/27)

FAニュース:
TSMCはなぜ台湾外初となる3DICのR&D拠点をつくばに設立したのか
台湾の半導体受託製造大手であるTSMCは2022年6月24日、茨城県つくば市の産業技術総合研究所つくばセンター内に設置した「TSMCジャパン3DIC研究開発センター」の開所式を行った。同センターでは半導体微細化の限界が予想される中、後工程の3次元パッケージ技術の量産を可能とするための技術開発を日本の材料メーカーや装置メーカー、研究機関との共同研究で実施する。(2022/6/27)

医療機器ニュース:
従来比100倍の速さで不活化する抗ウイルス粒子を開発
東レは、従来の金属系抗ウイルス剤と比べて、ウイルス不活化速度が約100倍以上となる、即効性に優れた新たな抗ウイルス粒子を開発した。危険有害度が低く、耐変色性、耐腐食性にも優れている。(2022/6/16)

安全性の向上と長寿命化を可能に:
東レ、空気電池用イオン伝導ポリマー膜を開発
東レは、リチウム空気電池のセパレーターに向けた「イオン伝導ポリマー膜」を開発した。開発したポリマー膜を適用することで、リチウム空気電池の安全性向上と長寿命化を可能にする。(2022/6/3)

脱原油 ごみ・植物・廃油から化学品、環境負荷を削減 最大手ら技術開発急ぐ
化学大手が、植物をはじめとするバイオマス原料から樹脂などの化学品を作る技術の開発を急いでいる。(2022/4/20)

医療機器ニュース:
ストレッチャブルデバイスの回路基板に適用できる伸縮性フィルムを開発
東レは、高い復元性と耐熱性を維持しつつ、抵抗値安定性に優れ、回路への実装が可能な新グレードの伸縮性フィルム「REACTIS」を開発した。医療用生体センサーなど、ストレッチャブルデバイスの回路基板に適用できる。(2022/4/19)

CAEニュース:
予測を踏まえて変形対策を提案する、樹脂成形シミレーションソフト発売
東レエンジニアリングDソリューションズは、変形を抑制する設計の提案機能を追加した、樹脂成形シミレーションソフト「PD Advisor 3.0」を開発した。成形時の変形に対する最適設計を、予測を踏まえて提案する機能を搭載する。(2022/4/7)

胃がんステージ4のバレー日本五輪代表・藤井直伸、リーグ戦4位の自軍祝福 病を克服し「必ず元気にコートに帰ります!」
2月末にがんを告白した際にも復帰を宣言。(2022/4/4)

高い復元性と耐熱性で抵抗値安定性に優れる:
ストレッチャブルデバイスの回路基板向けフィルム開発
東レは2022年3月24日、高い復元性と耐熱性を持ち、抵抗値安定性に優れる回路実装を実現する新しい伸縮性フィルムを開発したと発表した。すでにサンプル品の提供をはじめており、「早期実用化を目指して研究、技術開発を進めていく」(同社)とする。(2022/3/28)

自然エネルギー:
水素でコーヒー豆を焙煎する新装置も、UCCがカーボンニュートラルなコーヒー製造を実現へ
UCC上島珈琲は2022年3月2日、水素を熱源としたコーヒー焙煎を可能にする水素焙煎機や、太陽光・水力などの再生可能エネルギーを活用する「UCC山梨焙煎所」を山梨県笛吹市に新設すると発表した。完成は2024年上期を予定している。(2022/3/3)

胃がん公表のバレー・藤井直伸、同期が“Team藤井募金”を設立 「彼の選択肢を拡げるためにも皆様のお力を貸してください」
保険加入直前に告知されていたことも明かしています。(2022/3/2)

バレー日本代表・藤井直伸、胃がん公表から一夜明け「元気、勇気をいただきました!!」 同期選手は“丸刈り”でエール
みんな応援しています。(2022/2/28)

バレー日本五輪代表・藤井直伸、ステージ4の胃がん公表 盟友らがエール「絶対乗り越えられる!」「ずっと待ってるよ」
2021年末から目の不調を感じていたとのこと。(2022/2/28)

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(5):
【総括】日本のモノづくり再浮上のために――目指せ、製造業発のクールジャパン
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。同氏が見る世界の製造業の現在とは? 今回は最終回として、これまでの連載内容を総括する。(2022/2/18)

レインコートや半袖シャツも投入:
ワークマンが「ワークスーツ」第3弾を発表 シワになりにくい生地で“見栄えを重視”
ワークマンは2月10日、ワークスーツの新製品となる2022年モデルを発表した。(2022/2/10)

はるやま、ハンガーや棚も“サステナブル”にこだわった「#サスビズプロジェクト」始動 業績回復の一手になるか
はるやまが商事が「サステナブル」に着目した新たな取り組みをスタートさせた。商品だけでなく、販売資材までサステナブル素材を使用した「 TOKYO RUN SASTAINABLE BIZ (#サスビズ)」プロジェクトだ。(2022/2/10)

FAニュース:
MLCC製造工程で使用するPETフィルムのリサイクルシステムを構築
TDKは、積層セラミックコンデンサーの製造工程で使用される、PETフィルムを再利用するシステムを構築した。これまで焼却処分されることが多かったPETフィルムを再利用することで、廃棄物や二酸化炭素排出量の削減に貢献する。(2022/2/8)

16:10ディスプレイ採用で使い勝手向上 Z世代を意識した軽量モバイルPC「LAVIE NEXTREME Carbon」登場
NECパーソナルコンピュータが、コンシューマー向けPCのプレミアムブランド「LAVIE NEXTREME(ラヴィ ネクストリーム)」を立ち上げる。その第1弾は、LAVIE Pro Mobileの事実上の後継となる軽量モバイルノートPC「LAVIE NEXTREME Carbon」だ。(2022/2/1)

リサイクル品の使用比率を20%に:
TDK、MLCC製造用のPETフィルムをリサイクル化
TDKは、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の製造工程で用いられるPET(ポリエチレンテレフタラート)フィルムを再利用するためのリサイクルシステムを構築した。今後、リサイクルPETフィルムの使用率を高め、廃棄物やCO2排出量のさらなる削減に取り組む。(2022/1/19)

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(3):
航空産業で高いポテンシャルを秘めるサプライヤーとしての日本企業
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。同氏が見る世界の製造業の現在とは? 今回は「航空宇宙産業」に光を当てる。(2021/12/8)

PR:VAIOストアで買うとメリット多し! 新型「VAIO SX14」「VAIO SX12」特別仕様モデルの実力をチェック
VAIOが新型モバイルノートPC「VAIO SX14」「VAIO SX12」を発売した。同社が直営する「VAIOストア」で購入できる2つの特別仕様モデル「ALL BLACK EDITION」と「勝色特別仕様」の実力をベンチマークテストを通して確認してみよう。(2021/11/5)

2021最新ライディングシューズ&ブーツカタログ〈XPD X-ROAD H2OUT〉
XPD X-ROAD H2OUT2021最新ライディングシューズ&ブーツ。(2021/10/25)

VAIO Zの技術を適用した新型「VAIO SX12/14」登場 よりパワフルになって10月22日発売 VAIO Zの「勝色」も
VAIOの12.5型/14型モバイルノートPCがモデルチェンジする。基本的なデザインテイストは先代から引き継いでいるが、2021年2月に登場した「VAIO Z」で採用された新技術などを盛り込むことでパフォーマンスや使い勝手を大幅に改善している。【追記】(2021/10/13)

スピン経済の歩き方:
経済事件を予言? ビジネスパーソンこそ『ゴルゴ13』を読むべき理由
すご腕スナイバー、ゴルゴ13ことデューク東郷の活躍を描く漫画『ゴルゴ13』の作者、さいとう・たかを氏がお亡くなりになった。政治家や官僚など幅広い層に支持されているわけだが、筆者の窪田氏は「ビジネスパーソンこそ読むべき」だという。どういう意味かというと……。(2021/10/5)

工場ニュース:
東レがマレーシアでABS樹脂の生産増強、グループで年産42万5000トンに
東レのマレーシア子会社Toray Plasticsは、「ABS樹脂トヨラック」透明グレードの生産能力を増強し、本格生産を開始した。既存の東レ千葉工場と合わせると、東レグループ全体の生産能力は年産49万7000トンまで拡大した。(2021/9/2)

ワークマン、15万着が“即完売”したワークスーツの第2弾を投入 100万着の生産体制を整える
通常のワークスーツのほか、電熱ヒーター付きスーツと蓄熱ビジネスコートも展開する。(2021/8/11)

FAニュース:
検査アルゴリズムにAIを融合した、半導体ウエハー検査装置を本格販売
東レエンジニアリングは、半導体ウエハー検査装置に「AI−ADC」を搭載した「INSPECTRA AI−ADC搭載タイプ」の本格販売を2021年8月から開始する。検査アルゴリズムにAIを融合している。(2021/8/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「VAIOは成し遂げたい人のブランドに」 設立7年の到達点とこれからをVAIO Z総責任者に聞く
設立7年を迎えたVAIO。その到達点とも言えるフラッグシップモデル「VAIO Z」を投入し、これからどこへ向かおうというのか。PC事業を率いる取締役執行役員の林薫氏に話を伺った。(2021/7/8)

ウェアラブルニュース:
シャツ型センサーによる暑熱環境下での体調不良予兆検知サービスを開始
NTTテクノクロスは、シャツ型センサーにより、暑熱環境下での体調不良の予兆を検知する「hitoe暑さ対策サービス for Cloud」を発売する。予兆がある場合は、スマートフォンを介してシャツ型センサーの着用者に休憩を促す。(2021/6/30)

“IoTシャツ”とセンサーで熱中症予防 NTT子会社が法人向けに
電極入りのシャツと専用センサーで体温や心拍数の変化を測り、熱中症の危険をモニタリングする法人向けのサービスをNTTテクノクロスが7月1日から始める。(2021/6/23)

組み込み開発ニュース:
車載ディスプレイの低反射化と指紋耐性を向上する技術を開発
日本航空電子工業は、車載タッチパネル用にセンサー部の反射を抑える低反射技術と、指紋の目立ちやすさを定量化した耐指紋技術を開発した。ディスプレイの視認性や操作性の向上に貢献する。(2021/6/8)

FAニュース:
TSMCが産総研内に評価用ライン構築、経産省の次世代半導体技術支援で
経済産業省は2021年5月31日、「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」の「先端半導体製造技術の開発(助成)」における実施者として、「高性能コンピューティング向け実装技術」に関するTSMCなど、5件の採択を決定した。(2021/6/1)

車載電池の発熱による劣化を抑制:
東レ、CFRPの放熱性を向上させる技術を開発
東レは、炭素繊維複合材料(CFRP)の放熱性を、金属並みに高めることができる高熱伝導化技術を開発した。車載用電池の発熱による劣化抑制や電子機器の性能向上が可能となる。(2021/5/20)

医療機器ニュース:
微量血液から多項目のアレルギーを同時測定できる検査用バイオチップを開発
東レは、微量血液から複数のアレルゲン特異的IgE抗体を同時かつ高精度に測定できるアレルギー検査用バイオチップを開発した。早期の体外診断用医薬品の認証申請を目指す。(2021/5/17)

「お子様用空調服」、子ども服ブランドのグラソスから セフト研究所と共同開発
セフト研究所は、電動ファンが付いた子ども服「お子様用空調服」を発表した。ナルミヤ・インターナショナル傘下の子ども服ブランド「グラソス」と共同開発。価格は1万890円(税込)。(2021/5/11)

商品数を5倍に増加:
青山商事の「首枕になるジャケット」が人気 仕事中のリラックスタイムに商機
青山商事が販売している首枕として使える「ネックピロージャケット」がコロナ禍で人気を博しているという。(2021/4/9)

大坂なおみの姉・まりが現役引退を発表 「全ての思い出とサポートに感謝」と新たな道へ
おつかれさまでした!(2021/3/10)

EV用電池寿命がCNT比1.5倍に:
東レ、極薄グラフェン分散液で流動性と導電性を両立
東レは、高い流動性と導電性を両立した極薄グラフェン分散液を開発した。早期実用化を目指すとともに、電池材料や配線材料、塗料などの用途に提案していく。(2021/3/10)

磯部孝のアパレル最前線:
ユニクロ・ワークマン参入で危機 AOKIの“4800円スーツ”は起死回生の一手となるか
リモートワークの普及とともに「常時オフィス出勤」というこれまでの常識が通じない現在、ビジネススーツ業界にも新しい潮流がうまれて来ている。(2021/3/10)

“軽い”だけではない! 新型「VAIO Z」を徹底解説(前編)
VAIOノートPCのフラグシップモデルが、約4年ぶりに一新される。カーボン素材を使ったボディーによってハイスペックながらも軽量設計であることが特徴だが、単に「強いCPUを積んだ」「軽いノートPC」というだけではない。この記事では、外観や機構を中心に新モデルの詳細を紹介する。(2021/2/19)

上下セットで4800円:
ワークマン 作業服にもなる「リバーシブルワークスーツ」発売 紳士服チェーンと差別化
ワークマンは2月16日、「SOLOTEXリバーシブルワークスーツ」を全国発売すると発表した。また3月には夏向きの「DotAirリバーシブルワークスーツ」も販売する。初年度で両モデル20万着を販売を目指すとしている。(2021/2/16)

FA 年間ランキング2020:
「国産マスク」にかつてない注目、COVID-19による混乱の影で進むスマート工場化
2020年に公開したMONOist FAフォーラムの記事をランキング形式で振り返ります。公開記事の1年間分のデータを集計した上位記事とそこから見えるFA業界の状況について紹介します。2020年のランキングは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を色濃く受けたものとなりました。(2020/12/24)

PR:白いカーボンで軽くて頑丈、しかもパワフル!「Yoga Slim 750i Carbon」で新次元の快適モバイルライフを手に入れよう!!
レノボ・ジャパンの「Yoga Slim 750i Carbon」は、インテル Evo プラットフォームに準拠した13.3型モバイルノートPCだ。見た目にも美しいムーンホワイトのカーボンボディーを採用することによって、約966gという軽量ボディーを持ちながらもMIL規格に準拠する耐衝撃性能を備えている。それでいて、性能面で妥協もしていない。その実像をチェックしていこう。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2020/12/15)

16:10液晶搭載:
白いカーボンボディーとアルミボディーから選べる レノボから13.3型ノートPC「YOGA Slim 750i」シリーズ登場
レノボ・ジャパンが、YOGA(ヨガ)ブランドの13.3型モバイルノートPCを投入する。全て第11世代Coreプロセッサを搭載し、Evoプラットフォームに準拠。特に白いカーボンボディーを採用する「YOGA Slim 750i Carbon」は、1kgを切る軽量さが光る。(2020/12/1)

スピン経済の歩き方:
アイデア募集したら不正告発! 「政商」群がる? デジタル庁は大丈夫か
「デジタル改革アイデアボックス」をご存じだろうか。菅総理肝いりで進めているデジタル庁の創設に向けて、みなさんからアイデアを募集しているが、そこに「内部告発」が届いたのだ。「デジタル庁は大丈夫なの?」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2020/12/1)

製造業のDX:
PR:化学・素材メーカーがDXを推進するには何が必要か、主要企業11社の“リアル”
DXが注目される中、中期経営計画に具体的に取り組みを盛り込むなど企業全体での活用を加速させているのが化学・素材メーカーである。では実際に化学・素材メーカーはどのようなことを考え、どのようなことに悩み、DXを進めているのだろうか。セールスフォース・ドットコムが主催し、主要な化学・素材メーカー11社が集まったディスカッションイベント「Salesforce Virtual Chemical Industry Round Table」から、議論の内容を紹介する。(2020/11/25)

Formnext Forum Tokyo 2020:
日本版Formnext、多彩な材料に対応する3Dプリンタが集結
2020年9月24〜25日の2日間、ドイツ・フランクフルト発の積層造形技術の見本市「Formnext」の日本版といえる「フォームネクストフォーラム 東京 2020」が東京都内で開催された。本稿では、展示ブースの模様を中心に同イベントの様子をレポートする。(2020/10/21)

製造マネジメントニュース:
「DX銘柄」35社と「DX注目企業」21社を発表、グランプリはコマツとトラスコ中山
経済産業省は2020年8月25日、東京証券取引所と共同で「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」を選定し、「DX銘柄2020」選定企業35社と「DX注目企業2020」21社を発表した。(2020/8/27)

ウェアラブルニュース:
暑さからの体調不良を検知するスマートシャツと通知サービスを提供開始
NTTテクノクロス、東レ、ゴールドウインは、心拍数と衣服内の温湿度を同時計測できるセンサーと専用ウェアを組み合わせ、暑さによる体調不良の予兆を検知する「暑さ対策用サービス」を開始する。(2020/8/25)

製造ITニュース:
NECと東レ、製品の品質検査情報をデジタル化する品質データ基盤を構築
NECと東レは、製品の品質検査情報をデジタルデータで収集、共有する品質データ基盤を共同で構築した。人手を介さずに情報が共有できるので、品質保証業務が効率化され、品質検査情報の信頼性も向上する。(2020/8/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。