• 関連の記事

「東レ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東レ」に関する情報が集まったページです。

プロダクトInsights:
「洋服の青山」がビジネス向けのポロシャツ発売 汗によるべたつきや不快感に対応
青山商事は5月22日、吸汗速乾性が高い「#すご 秒乾ポロシャツ」を発売した。カラーはホワイト、ネイビー、ブラック(いずれも無地)の3種類で、価格は各4290円。全国の「洋服の青山」および公式オンラインストアで販売している。(2024/5/25)

ロボット開発ニュース:
ゴム人工筋肉に身をゆだね、ゆだねられる!? 無目的空間「Morph inn」が開業
ブリヂストンの社内ベンチャーであるソフトロボティクス ベンチャーズが、東京・表参道のイベントスペース「seeen」において、同社のゴム人工筋肉を用いた柔らかいロボット「Morph」を用いた都市の無目的室「Morph inn」を開業している。(2024/5/17)

レーザーを“優しく速く”照射する新手法:
PR:今まで見えなかったSiCの不良を「見える化」! パワー半導体の開発を加速させる不純物解析
次世代パワー半導体の研究・技術開発に欠かせないSiC/GaNウエハーの不良解析が大きく進展しようとしている。サーモフィッシャーサイエンティフィック製のICP-MSとガルバノ光学系搭載フェムト秒レーザーアブレーションシステムを組み合わせた新しい元素分析装置「ガルバノ光学系搭載フェムト秒LA-ICP-MS」は、ウエハーに含まれる微量の不純物元素を高精度かつ高感度で解析する装置だ。既存の分析手法では得られなかったデータを活用できるようになり、次世代パワー半導体の開発や製造に大きく貢献する可能性がある。(2024/5/17)

リサイクルニュース:
使用済み自動車の精緻解体による再資源化プロセスの技術実証を開始
デンソーら16の企業と大学が合同で、使用済み自動車の精緻解体による再資源化プロセスの技術実証を開始した。自動車部品における再生材の利用拡大や、持続可能な自動車部品解体プロセスの社会実装を目指す。(2024/4/24)

マイクロLEDディスプレイ分野で:
アドバンテストと東レエンジが製造関連技術で提携
アドバンテストと東レエンジニアリングは、ミニ/マイクロLEDディスプレイの製造分野で、戦略的パートナーシップを締結した。製造工程で必要となる検査や転写、実装および、データ解析といった技術を組み合わせ、ディスプレイメーカーに提供していく。(2024/4/12)

電子ブックレット(素材/化学):
「nano tech 2024」の注目素材まとめ 、超薄板ガラスなど
MONOistに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集しました。今回は「nano tech 2024 第23回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」で展示された注目素材を取り上げた記事をお送りします。(2024/3/27)

材料技術:
耐薬品性を2倍に向上し交換頻度とCO2排出量を半減したRO膜を開発
東レは、工場廃水の再利用や下水処理などの厳しい環境で、高い除去性を維持したまま、長期間安定して良質な水を製造できる高耐久逆浸透(RO)膜を開発したと発表した。(2024/3/26)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
新型スマホ「買う買う詐欺」は、まだ続く
だらだらしているうちに「iPhone 16」が発売されてしまいそうです。(2024/3/25)

2028年にも量産開始へ:
ハイブリッドボンディング対応の新たな絶縁樹脂材料を開発、東レ
東レは、ハイブリッドボンディング(微細接合)に対応した絶縁樹脂材料を新たに開発した。今後、材料認定を受け2028年にも量産を始める予定。半導体高密度実装における収率と信頼性向上を目指す。(2024/3/19)

材料技術:
ハイブリッドボンディングに対応した絶縁樹脂材料を開発、2028年に量産
東レは、半導体やディスプレイ向けの絶縁樹脂材料として事業を展開しているポリイミドコーティング剤(セミコファインおよびフォトニース)をベースに、ハイブリッドボンディング(微細接合)に対応した新規絶縁樹脂材料を開発したと発表した。(2024/3/19)

リテールテックJAPAN 2024:
塗布型でRFIDタグのコスト削減へ、東芝テックが東レとタッグ
東芝テックは、「リテールテックJAPAN 2024」において、塗布型RFIDタグシステムを参考出展した。東レの塗布型RFIDタグに対応するRFIDリーダーの開発を東芝テックが進めており、2025年度のサンプル出荷を目指す。(2024/3/14)

イオン伝導度はこれまでの10倍:
次世代電池用イオン伝導ポリマー膜、東レが開発
東レは、イオン伝導度をこれまでの10倍に高めた次世代電池用イオン伝導ポリマー膜を開発した。金属リチウムを負極に用いた全固体電池や空気電池などの実用化に弾みをつける。(2024/3/14)

リサイクルニュース:
プラスチック素材を対象としたライフサイクル管理システムの試作品を開発
NECは、プラスチックなどの素材のライフサイクルを管理し、かつ国内外で利用可能なプラスチック情報流通プラットフォームの試作品を開発した。2027年度までの社会実装化と200社の利用を目指す。(2024/3/13)

材料技術:
イオン伝導度が従来比10倍の次世代電池用イオン伝導ポリマー膜を開発
東レは、イオン伝導度を従来開発品と比べ10倍に向上させた次世代電池用イオン伝導ポリマー膜を開発したと発表した。(2024/3/12)

材料技術:
ステンレスと同等の強度のポリエチレンフィルムを開発、フッ素樹脂代替で展開
東レは「nano tech 2024 第23回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」に出展し、超高強度を有する超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)フィルムを披露した。(2024/2/2)

MONOist 2024年展望:
2024年は品質不正撲滅に“待ったなし”、「不正ができない」体制をどう作るか
2023年は品質不正の問題が製造業を大きく揺るがした。ここ数年続いている品質不正についての問題はいまだに収まる兆しは見えず「日本品質」の陰りにつながっている。「透明性」に問題を抱える日本のモノづくり現場において同様の問題が今後も続くのは明らかで、早期に抜本的な取り組みが必要だ。(2024/1/5)

CES 2024:
注目ポイントはキーボードとタッチパッド!? Core Ultra搭載でAI PCに進化した「ThinkPad X1ファミリー」の2024年モデルが登場
IntelがCore Ultraプロセッサを発売したことに合わせて、Lenovoが「ThinkPad X1ファミリー」の2024年モデルを発表した。AI PCであることはもちろんなのだが、長年のThinkPadユーザーには“見逃せない“見逃せない変化もある。(2023/12/15)

組み込み開発ニュース:
三菱電機がサブ6対応の透明アンテナを開発、電波の放射効率は従来比で2.3倍
三菱電機は5Gのサブ6に対応する透明アンテナを開発したと発表した。窓ガラスに設置する場合には非接触給電が可能なため、外観を損なう非透明な給電ケーブルが不要になるとともに、電子レンジ扉部の電波シールドに用いられるパンチングメタルと置き換えれば庫内視認性の向上も可能だという。(2023/10/25)

CEATEC 2023:
日本航空電子の透明フィルムヒーター、車載タッチパネル向け技術の応用で実現
日本航空電子工業は、「CEATEC 2023」で、開発中の透明フィルムヒーターと既に販売している車載用タッチパネル用を披露した。(2023/10/19)

がん逝去の藤井直伸さん、バレー男子代表がパリ五輪出場の喜び分かち合う “3番”のユニフォーム姿で「共に行こう!」
関田誠大選手が藤井さんのユニ2023フォーム姿に。(2023/10/9)

電子ブックレット(素材/化学):
注目リサイクルニュース8選(2023年6〜8月)
MONOistに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集しました。今回は、MONOistで2023年6月1日〜8月31日にかけて掲載したリサイクル関連のニュースの中から、注目の記事をお送りします。(2023/9/28)

材料技術:
世界初、100%VOCフリー水なしEBオフセット印刷を用いた食品包装を実用化
東レは、マレーシアペナン州のITP Foodsとともに、東レの独自技術となる「VOC(揮発性有機化合物)フリー・CO2排出削減を実現する水なしEBオフセット印刷システム」を適用した食品包装材を実用化する予定だと発表した。(2023/9/26)

材料技術:
炎の貫通を防ぐ遮炎/難燃材、EVのバッテリー向けも開発中
東レは「エヌプラス2023」で火にさらされても穴が開いたり破れたりせず炎の貫通を防げる遮炎/難燃材「GULFENG」を紹介した。(2023/9/25)

リサイクルニュース:
2027年の実用化を目指しナイロン樹脂の水平リサイクル共同実証を開始
ホンダは東レと使用済み自動車から回収したナイロン6樹脂の水平リサイクルに関する共同実証を開始したと発表した。(2023/9/20)

製造マネジメントニュース:
タイ子会社の非可食糖製造設備を増強、非可食糖由来原料の早期事業化へ
東レは、DM三井製糖と共同で設立した、Cellulosic Biomass Technologyへの増資を実施する。この増資により、非可食糖の製造能力を増強し、非可食バイオマス由来原料の早期事業化を図る。(2023/9/8)

材料技術:
ミリ波帯電磁波を高効率で吸収する薄膜軽量フィルムを開発
東レは、5G通信などに利用されるミリ波帯電磁波を高効率で吸収する、薄膜かつ軽量のミリ波吸収フィルムを開発した。搭載機器の軽量化や製品設計の自由度向上に寄与する。(2023/8/21)

電子ブックレット(メカ設計):
日本ものづくりワールド 2023 まとめ[メカ設計編]
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「日本ものづくりワールド 2023」の展示ブース取材記事を厳選した「日本ものづくりワールド 2023 まとめ[メカ設計編]」をお送りします。(2023/8/17)

猛暑に商機 「ひんやりグッズ」の狙い:
建設現場からバイク、ゴルフまで...... 水冷式の冷却服、猛暑で人気じわり
業界ではバッテリー駆動のファンで冷やすファン式の商品が大半を占める中、タンクに入れた水を循環させる冷却服が「猛暑対策展」で多くの人の注目を集めた。(2023/7/31)

ウェアラブルニュース:
リアルタイムに心電図を表示/保存するウェアラブル心電送信システム
NTTテクノクロスは、同社のヘルスソフトウェアとパラマ・テックの心電送信装置、東レ・メディカルの心電用電極を一式とする「hitoeウェアラブル心電送信システム」の販売を開始した。リアルタイムに心電図を表示し、保存できる。(2023/7/20)

知財ニュース:
繊維、紙、パルプ業界の特許けん制力ランキング、トップは東レ
パテント・リザルトは「繊維・紙・パルプ業界 他社牽制力ランキング2022」を発表した。1位が東レ、2位は東洋紡、同数3位が王子ホールディングスと帝人だった。同ランキングは、企業の技術的な先進性を判断する指標になる。(2023/7/19)

材料技術:
透明性を保持しながら赤外線を反射する、自動車向け高遮熱フィルムを開発
東レは、ガラス並みの透明性を保持しながら太陽からの赤外線を反射する、自動車向けの高遮熱フィルムを開発した。電波透過性を有し、自動運転に用いる第5世代移動通信システムに対応できる。(2023/7/13)

メカ設計メルマガ 編集後記:
数字で見る日本ものづくりワールド、「コロナ前に戻った」は本当か!?
気になって「日本ものづくりワールド 2018」までさかのぼって調べてみました。(2023/7/4)

日本ものづくりワールド 2023:
東レの3Dプリンタ用真球PA6の強みは「滑らかな表面」の実現! 最終製品のニーズも
東レは、「日本ものづくりワールド 2023」(2023年6月21〜23日、東京ビッグサイト)内の「第6回 次世代3Dプリンタ展」に出展し、3Dプリンタ用真球ポリアミド6「トレパールPA6 ガラスファイバー強化グレード」を披露した。(2023/6/30)

リサイクルニュース:
東レが廃棄ガラス繊維強化PPS樹脂のリサイクルプロセスを欧州で構築
東レは、欧州で射出成形工程により廃棄されるガラス繊維強化PPS樹脂のリサイクルプロセスを確立した。バージン原料で製造した射出グレードに比べて90%以上の機械強度を確保したほか、カーボンフットプリントを約45%削減できる。(2023/6/15)

リサイクルニュース:
東レらがモノマテリアルフィルム包装材/技術を開発、CO2排出量を80%削減
東レは、三井化学や熊谷と共同で、フィルム包装材製造工程での揮発性有機化合物のフリー化、従来品比でのCO2排出量80%削減、さらにはリサイクルにも対応する、人と環境にやさしいモノマテリアルフィルム包装材とその製造技術を開発した。(2023/6/8)

D2Wハイブリッド接合を可能に:
横浜国大ら、新たな半導体チップ集積技術を開発
横浜国立大学は、新たな半導体チップ集積技術を、ディスコおよび、東レエンジニアリングと共同で開発したと発表した。開発した仮接合技術を300mmウエハー上で検証し、加工時間や材料損失が削減できることを実証した。(2023/5/31)

ゴルフファンに訴求:
ユニクロ、アダム・スコット選手着用のウェア発売 速乾性ポロシャツなど
ユニクロは6月12日より、プロゴルファー、アダム・スコット選手が2023年4月以降の大会で着用したウェアの一部を、一部店舗およびオンラインストアで発売すると発表した。(2023/5/26)

材料技術:
非レアアースによる高耐久性ジルコニアボールの量産技術を開発
東レは、非レアアースによる高耐久性ジルコニアボールの量産技術を開発した。原材料の調達安定性の向上、対象物質の品質向上、顧客の製造コストダウンに貢献する。(2023/4/24)

ハノーバーメッセ2023:
金属3Dプリンタの活用進む欧州で探る機会、微細加工技術との組み合わせで強み発揮
東レ・プレシジョンは「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)2023」(2023年4月17〜21日:ドイツ時間、ハノーバーメッセ)において金属3Dプリンタを活用したワークを多数展示した。(2023/4/18)

材料技術:
非可食バイオマスを用いた糖製造技術の基礎を確立、持続可能な原料から樹脂を創出
東レは、DM三井製糖とともにタイで実証を行い、バイオマス原料を用いて、非可食植物由来の糖を製造する基本技術を確立したと発表した。(2023/4/18)

夏の定番シリーズ:
スノーピーク、通気性の高いシャツなど6点発売 アウトドアと日常使いを兼ねた幅広い需要を狙う
スノーピークは、高通気性と吸水速乾性を備えた「Breathable Quick Dry」シリーズから 、通気性がより向上したシャツ、Tシャツなどの9商品を発売する。(2023/4/12)

価格は据え置き:
ワークマン、ゴルフウェア本格進出 高機能・低価格にこだわる理由は?
ワークマンがゴルフウェア・グッズ業界に本格的に進出する。2023年春夏シーズンのゴルフグッズの品ぞろえをバッグ、ベルト、ボールに拡大。23年度は売上高20億円規模を目指す。(2023/3/30)

バレーボール日本代表の藤井直伸さん、胃がん転移での旅立ちを“盟友”が追悼 「お前は死なない」「同期で良かった」
多くの友人やファンに愛されていた藤井さん。(2023/3/13)

材料技術:
世界最高レベルの分解能を実現するシンチレータパネルが2024年に実用化
東レは、デジタル検出器システム(DDA)で、世界最高レベルの分解能を実現するシンチレータパネルを開発したと発表した。2024年の実用化を目指し、研究・技術開発を推進している。(2023/3/13)

胃がんステージ4のバレー・藤井直伸さんが逝去 2022年2月に病を公表、現役復帰目指し闘病に励む
所属するV1男子の東レアローズが公式サイトで発表しました。(2023/3/12)

nano tech 2023:
リチウムイオン電池からリチウムを高収率でリサイクル、東レがNF膜で実現へ
東レは、「nano tech 2023」において、使用済みリチウムイオン電池から高収率でリチウムを回収できるNF膜を披露した。(2023/2/17)

工場ニュース:
東レが韓国の子会社でPPS樹脂の生産能力を年産5000t増設、2024年12月に稼働開始
東レは、韓国の100%子会社である東レ尖端素材の群山工場において、PPS樹脂「トレリナ」の生産能力を年産5000t(トン)増設する。2024年12月の稼働開始を目指し、PPS樹脂の世界的な需要拡大に応じる。(2023/2/17)

東京の南2000kmの海底“は”ゴジラ、海上保安庁が発表 大きさは東京都の約3倍
海上保安庁は14日、世界の海底地形名を標準化するための国際会議で、日本が提案した「ゴジラメガムリオン関連地形名」14件が承認されたと発表した。(2023/2/16)

材料技術:
東レがCFRP製の航空機部材を高速かつ高強度で接合する熱溶着技術を開発
東レは、炭素繊維複合材料「Carbon Fiber Reinforced Plastics(CFRP)」製の航空機部材を、高速かつ高強度で接合する熱溶着技術を開発した。熱溶着された構造体は、現行航空機向けCFRP構造体の一体成形品と同等の接合強度を持つ。(2023/2/13)

工場ニュース:
自動車内装用途で需要拡大しスエード調人工皮革の生産設備増強、投資額は100億円
東レは、スエード調人工皮革「Ultrasuede」の生産設備を滋賀事業場と岐阜工場で増設する。設備投資額は約100億円で、2024年後半に稼働を開始する見通しだ。(2023/1/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。