• 関連の記事

「テスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テスト」に関する情報が集まったページです。

働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(20):
脆弱性を突いたサイバー攻撃にも有効な予行演習――ペネトレーションテストとゼロトラストセキュリティ
デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、ゼロトラストによるセキュリティ構築を進めている状況でも非常に有効なペネトレーションテストについて解説する。(2022/7/6)

シフトレフトやSCA、SAST、SBOMが役立つ:
ゼロトラストをアプリ開発にも適用、オープンソース脆弱性管理はどうする?
アプリケーションセキュリティベンダーのMendが、アプリケーションセキュリティをゼロトラストで実現する6つのステップを解説した。セキュリティのシフトレフトを最初に進めるべきだが、ソフトウェア構成分析と静的アプリケーションセキュリティテストの組み合わせやソフトウェア部品表なども役立つという。(2022/7/5)

13.3型の新型「VAIO S13」は第12世代Coreプロセッサを搭載 どれだけ“強く”なった?
VAIOの13.3型ノートPC「VAIO S13」に約5年ぶり(ビジネスモデルベースで考えると約1年ぶり)の新モデルが登場する。第12世代Coreプロセッサを搭載して“現代っ子”になった同機は、どんな仕上がりになったのだろうか。試作機を先んじてチェックする機会に恵まれたので、そのテスト結果を交えて見ていこう。(2022/7/5)

Meta、テスト中のデジタルウォレット「Novi」を終了へ
Metaは、2020年に立ち上げたデジタルウォレット「Novi」を終了する。パイロットプログラム参加者に対し、9月1日までにアカウントの残高を引き出すよう告知した。同社の暗号通貨「Diem」は今年1月に終了している。(2022/7/4)

Snapchatもサブスク版「+」開始 月額3.99ドル
Snapchatを手掛けるSnapは、サブスクリプション版「Snapchat+」を発表した。月額3.99ドルで特別機能やテスト段階の新機能を利用できる。日本ではまだ提供しない。(2022/6/30)

「rose」「ant」「melancholy」を漢字で書いて! “ある意味世界一難しい英語のテスト”がレベル高すぎ
問題見ただけで憂鬱。(2022/7/4)

スマホの充電端子、なぜ「USB Type-C」に統一? iPhoneはどうなる?
欧州議会と欧州理事会は6月7日(現地時間)、あらゆる電子機器に充電用ポートとしてUSB Type-Cの搭載を義務付けるという無線機器法の改正案について暫定合意に達したと発表しました。早ければ2024年秋以降にEU圏内で発売されるスマートフォンやタブレットはUSB Type-Cの搭載が必須となります。Appleは反発していますが、既にUSB Type-Cを搭載したiPhoneをテストしているといううわさもあります。(2022/6/28)

Twitter、字幕のオン/オフ切り替えボタンの一般提供開始
Twitterは動画投稿の字幕の表示/非表示を切り替えるボタンの提供をロールアウトした。4月からテストしてきたものだ。iOSおよびAndroidアプリで利用できる。(2022/6/24)

Instagram、ユーザー年齢をAIで推定する機能のテストを開始
Meta傘下のInstagramが、登録年齢を確認する機能のテストを米国で開始した。セルフィー動画を送ってAIで推定させるなど、3つの方法から選べる。(2022/6/24)

テクニカルライターの日常業務で検証
画像加工も難なくこなすノートPC「VersaPro UltraLite タイプVC」の実力は
ビジネスPC「VersaPro UltraLite タイプVC」の新モデルは、CPUの刷新によってどれほどの性能を発揮できるようになったのか。ベンチマークテストの結果や、テクニカルライターが実際に外出先で作業して実感した印象は。(2022/6/24)

Twitterが2500ワードまでの長文を投稿できる「Notes」機能のテストを開始 Twitter内でブログを書けるようになるかも?
公開後に編集もできます。(2022/6/23)

6月27日から:
ロッテ、お酒のクーリッシュ発売 球場や音楽フェスでテスト販売
ロッテは、飲むアイスの「クーリッシュ」から初のアルコール分5%お酒「クーリッシュ フローズン レモンサワー」「クーリッシュ フローズン グレフルサワー」を、6月27日から、店舗・ECサイト・球場・音楽フェスでテスト販売する。(2022/6/23)

Twitter、長文(2500文字)コンテンツ投稿「Twitter Notes」のテスト開始
Twitterは、画像やツイートを含む長文(2500文字まで)コンテンツを作成、投稿する機能「Twitter Notes」のテストを開始した。NoteはTwitterのタイムライン上にカードとして表示され、タップ(クリック)して開いて読める。Noteは投稿後の編集も可能だ。(2022/6/23)

ITワード365:
【ITワード365】多要素認証/フレイキーテスト/MRAM/MLOps/データセンター/ライブコマース/マイニング
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/6/23)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年6月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/6/21)

デジタル庁の“オンライン引っ越し手続きサービス” 実証実験の参加自治体発表
デジタル庁が、2022年度内に実施予定のマイナポータルを使った引っ越し手続きサービスについて、実証実験に参加する自治体を発表した。サービスのUI・UX開発や申請のテストを行う。(2022/6/20)

容積8Lで拡張性も十分:
新ベアボーンをテスト! ASRock DeskMeet B660/X300を試す【後編】
さまざまな小型ベアボーンPCを用意しているASRockから、拡張性とメンテナンス性に優れた「DeskMeet」シリーズが6月24日から国内で発売される。2モデルにパーツを組み込んでテストした。(2022/6/20)

教育ITニュースフラッシュ
中野第一小学校が導入した「AI教育アプリ」とは? 漢字テストの成績向上
中野区立中野第一小学校のAI教育アプリケーション導入事例や、多摩大学のAIチャットbot事例など、教育ITに関する主要ニュースを紹介する。(2022/6/20)

15キロの高性能爆薬にも耐える!? トヨタ「ランドクルーザー」VIP向け防弾仕様車の安全テストが激ヤバ
さすがの耐久性。(2022/6/17)

ルネサスが「VLSI 2022」で発表:
混載MRAMの高速読み出し/書き換え技術を開発
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2022年6月16日、スピン注入磁化反転型磁気抵抗メモリ(STT-MRAM、以下MRAM)の高速読み出し/書き換え技術を開発したと発表した。同技術を適用した32MビットのMRAMメモリセルアレイを搭載したテストチップでは、150℃の接合温度でランダムアクセス時間5.9ナノ秒、書き換えスループット5.8Mバイト/秒を達成。(2022/6/17)

“一瞬で穴埋めテストが作れるツール”が画期的! 「便利すぎる」「こういうの欲しかった」と絶賛の声
編集部でも実際にテストを作成してみました。(2022/6/17)

「テストベッドの聖地」山梨県、新たな実証実験を募集 最大750万円を支援
山梨県は15日、最先端技術を持つスタートアップなどの実証実験を支援するプロジェクトを始めた。補助金は経費の最大4分の3、最大750万円と「全国トップレベル」という。(2022/6/15)

AdobeがPhotoshopの無料Web版をカナダでテスト提供開始
米Adobeが、Web上で無料で利用できる「Photoshop」のテストをカナダで開始した。(2022/6/15)

ベルトのバックルにディスプレー:
入試に忍び寄る? ハイテク“カンニング機器”
大学入試で相次ぐ不正行為を受け、大学入学共通テストを運営する大学入試センターはスマートフォンの禁止を厳格化するなど対策を強化する。だが、その隙をついた新たな不正が生まれる可能性も否めない。(2022/6/15)

穴埋め問題を簡単に作れるWebサイト、「試験勉強に役立つ」と話題に 教育系IT企業のCTOが作成
マウスやタッチ操作で直観的に穴埋め問題を作成できるWebサイト「テストメーカー」が話題だ。Twitterでは「個人学習や試験勉強に役立つ」などの声が上がっている。(2022/6/14)

キーサイト・テクノロジー PD1550A:
最大1360V、1000Aのテストが可能なパワーデバイスアナライザー
キーサイト・テクノロジーは、パワーデバイスアナライザー「PD1550A」を発表した。最大1360Vおよび1000Aのパワーモジュールをテストできる。(2022/6/14)

Twitterが通報の方法を新しく テストでは「通報の50%以上が実用的」
ルール違反報告の方法を刷新。(2022/6/10)

Twitter、米国でテストしてきた報告ツールの改善をグローバルに提供
Twitterは、問題ツイートの報告ツールをグローバルに改善した。誰にとってどんな問題なのかを選択しやすくなった。テスト段階では、新たな方法による報告の50%以上が実用的なものだったとしている。(2022/6/10)

Twitter、新製品発売予告ツイートにリマインダーボタンを付けられるテスト開始
Twitterは、新製品発売予告ツイートに発売日のリマインダーボタンを付ける新機能「Product Drops」のテストを米国で開始した。ツイートを見て製品を欲しいと思ったユーザーは発売日に通知を受け取り、買い逃さずに済みそうだ。(2022/6/9)

Google、「Android 13 Beta 3」公開 “プラットフォームの安定版”段階に
Googleが次期モバイルOS「Android 13」の「Beta 3」をリリースした。「プラットフォームの安定版」になり、開発者はアプリの最終的なテストが可能だ。7月に「Beta 4」が出て、正式版は今秋の計画だ。(2022/6/9)

山市良のうぃんどうず日記(233):
Microsoft Edgeの更新で出現した謎の挙動と更新エラー、これで解消できました
先日、とあるWindows 10のPCの1台(実際にはテスト用仮想マシン)でMicrosoft Edgeを最新バージョンに更新しようとしたところ、それまでそのPCでは起きなかった謎の挙動と、更新エラーを目にしました。同様の更新エラーにお悩みの方のために、筆者はこうして解消できましたということを参考として紹介します(同様の問題が同じように解消できるとはお約束できません)。(2022/6/8)

海外企業に学ぶテスト自動化(終):
肥大化し続けるソフトウェアをどうテストする? アジャイル時代のソフトウェアテストに必要な考え方
海外の先進的企業の事例を基にテスト自動化に使われる手法を解説する本連載。最終回は、アジャイル開発におけるテスト自動化において重要な考え方とは何かを解説する。(2022/6/23)

Android版「Amazon」「Kindle」アプリで電子書籍の購入が不可に Googleのポリシー変更は受け入れられる?
Android版の「Amazon」アプリや「Kindle」アプリから電子書籍の購入ができなくなりました。Googleが、Google Playで配布する全てのアプリは、Google Playの課金システムを利用しなければならないとGoogle Playのポリシー改定したため。一方で、サードパーティーの課金システムを利用するテストも行っています。(2022/6/5)

梅雨に備えて! JAF、大雨・集中豪雨時の注意喚起 「実験検証JAFユーザーテスト」映像公開
車体内外の水圧の差で、ドアが開かなくなることも。(2022/5/31)

ハノーバーメッセ2022:
産業オートメーション用TSNの共通適合性テスト開発へ、CC-Link協会など5業界団体
CC-Link協会(CLPA)をはじめとした5つの業界団体は2022年5月30日、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」で共同記者会見を行い、「IEEE/IEC 60802 TSN Profile for Industrial Automation」の共通適合性テストプランを共同開発すると発表した。(2022/5/31)

アドバンテスト EXA Scale EX:
SoCテストシステム用小型テストステーション
アドバンテストは、小型のテストステーション「EXA Scale EX」を発表した。限られたスペースにも設置可能で、半導体の量産工場をはじめ、スタートアップやデザインハウスといった環境にも適する。(2022/5/31)

次世代車載イーサネット規格に対応:
テレダイン・レクロイ、テストソフトウェアを発表
テレダイン・レクロイは、次世代車載イーサネット規格「MultiGBase-T1(IEEE 802.3ch)」に対応した自動コンプライアンステスト・ソフトウェア「QPHY-MultiGBase-T1」を発表した。(2022/5/27)

ペネトレーションテストは手動か自動か【第4回】
「ペネトレーションテストは手動か、自動か」の比較は無意味である可能性
ペネトレーションテストには、手動と自動のどちらを選択すべきなのか――。その問いに答えるのは簡単ではない。そもそも両者は比較すべきものではないとの声もある。企業はどうすればよいのか。(2022/5/27)

「時速70キロでイノシシと激突」3億円のスーパーカーに課せられた過酷なテスト さまざまなシチュエーションを想定した安全性を追求
スーパーカー開発の裏側です。(2022/5/26)

オランダ新興企業が開発:
小型で40TOPSのインメモリコンピューティングチップ
AI(人工知能)チップの新興企業であるオランダAxelera AI(以下、Axelera)は2022年5月、同社のインメモリコンピューティングチップである「Thetis Core」のテストおよび検証に成功したと発表した。(2022/5/26)

Rustで始めるWebアプリケーション(1):
【サンプルコードあり】Rustで作るWebアプリケーション――データベース利用と自動テストの基本事項を押さえる
RustでWebアプリケーションを開発する際に基礎となる要素技術からRustの応用まで、Rustに関するあれこれを解説する本連載。第1回ではRustを使ったWebアプリケーション開発におけるデータベースと自動テストの位置付けとコード例を紹介する。(2022/5/26)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/5/24)

Apex Microtechnology:
ゲートドライバーを統合したSiCモジュール
Apex Microtechnologyは、SiC MOSFETを用いて性能と電力密度を向上させたデバイスファミリーを立ち上げた。同社は米国アリゾナ州に本社を構え、産業機器や計測/テスト、医療、航空宇宙/防衛、半導体製造装置といった幅広い分野向けに、アナログ/パワー製品を提供している。(2022/5/23)

96MBのL3キャッシュは効果あり? AMD 3D V-Cache搭載の「Ryzen 7 5800X3D」の実力をチェック!
AMDのデスクトップPC向けCPU「Ryzen 7 5800X3D」は、独自の「3D V-Cache Technology」を活用してL3キャッシュを従来比で64MB増量したことが特徴だ。条件によっては上位の「Ryzen 9 5900X」を上回るパフォーマンスを発揮するという同CPUの実力を、実際にテストを通してチェックしていこう。(2022/5/20)

安全システム:
米国向け「BRZ」がIIHSの安全性テストで最高評価獲得、アイサイト標準装備が貢献
SUBARU(スバル)は2022年5月18日、米国向けの「BRZ」「フォレスター」が米国IIHS(Insurance Institute for Highway Safety、道路安全保険協会)の安全性評価で最高評価となる「トップセーフティピックプラス(TSP+)」を獲得したと発表した。(2022/5/19)

車載電子部品:
e-Axleなど大型モジュールの試験体制を強化、OKIエンジニアリングの群馬拠点
OKIグループで信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリングは2022年5月17日、EV(電気自動車)、ADAS(先進運転支援システム)、自動運転向け車載電子機器や装置の信頼性試験サービスを大幅に強化した「eモビリティテストセンター」を稼働開始したと発表した。(2022/5/19)

山浦恒央の“くみこみ”な話(153):
テストでバグ発見!(11)機能追加した扇風機シミュレーターのバグを検出せよ【解答編】
提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」。今回は、前回出題した扇風機シミュレーターの機能追加開発におけるバグ検出についての解答編だ。(2022/5/18)

無料VPNサービス「Microsoft Edge Secure Network」発表 Canaryチャネルでテストを開始
米Microsoftが、無償のVPNサービス「Microsoft Edge Secure Network」を正式に発表した。まずは小規模なユーザーを対象に、プレビュー版として提供される。(2022/5/17)

ペネトレーションテストは手動か自動か【第3回】
「自動ペネトレーションテストツール」を過信してはいけない 専門家の懸念は?
テスト担当者やセキュリティアナリストの作業の一部を肩代わりする自動ペネトレーションツールには、利点だけでなく欠点もある。導入に先立って企業が把握すべき欠点や専門家の見解を紹介する。(2022/5/13)

早稲田大学を目指す小倉優子、育児&ハードな受験勉強で失敗「朝からぼけぼけ」 1週間にテストが“4回”も
小倉さんは3人の息子を子育て中。(2022/5/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。