• 関連の記事

「テレワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

産業動向:
東京23区の大規模オフィスビル供給量に関する調査結果を公表
森トラストは、東京23区の大規模オフィスビル供給量に関する調査結果を公表した。2021年の大規模オフィスビルの供給量は61万m2となっており、過去20年で最も少ない。(2022/8/9)

大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
再会したときの笑顔が最高です。(2022/8/9)

「テレワークの経費」をどう考える?【第2回】
Amazonに「テレワークの通信費を払って」と従業員が訴え 訴訟の行方は?
Amazon.comの従業員は同社に対し、コロナ禍のテレワークで発生した通信費や電気料金を払い戻すよう訴訟を起こした。識者が予想する、この訴訟を取り巻く今後の動きとは。(2022/8/9)

持ち出しPCのセキュリティも向上
横河電機がテレワークPCの管理性とセキュリティを一挙に高めた“ある選択”とは
テレワークをこれからも続けたい企業にとって、「持ち出しPCの運用管理」と「セキュリティの向上」は喫緊の課題だ。IT部門も一般の従業員も、PCのメンテナンスのために出社せずに済む方法は。(2022/8/10)

産業動向:
矢野経済研究所が住宅リフォーム市場に関する調査を実施
矢野経済研究所は、2022年4月〜2022年6月、住宅リフォーム関連事業者などを対象に国内住宅リフォーム市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。2021年の住宅リフォーム市場規模は前年比5.7%増の6.9兆円、2022年は6.5兆円と予測した。(2022/8/8)

テレワークで学びの機会は増加:
テレワーク普及で“学習できない理由”が消えたーーリクルートが会社員の学びに関する実態調査
リクルートマネジメントソリューションズは、「リモート下の会社員の学びに関する実態調査」の結果を発表した。テレワーク下での学びの機会は増加傾向にあることが分かった。同社は、テレワークに、意欲の高い会社員の学びを促進する効果があるとしている。(2022/8/8)

IT企業デスクツアー:
noteで働くみんなのデスク環境 デザイナー・ITエンジニアの机を写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。ITエンジニア、デザイナーなどがどんな環境で働いているかチェックする。今回はnoteで働く人のデスク周り。(2022/8/8)

SCSKとNECが描く革新的なデータセンターの在り方:
PR:日本企業のDXを加速させるインターコネクテッドエコシステムとは何か
SCSKとNECがデータセンター事業でタッグを組む。この取り組みは単なるデータセンター共同運営ではない。日本企業のIT施策の課題を知り尽くした両社が仕掛けるのは、ハイブリッド/マルチクラウド時代を見越したオンプレミス、クラウド領域における新しいシステムインテグレーションだ。(2022/8/10)

東京圏に住む若者に聞く:
「理想の地方暮らしができそう」と思う都道府県 3位は「山梨県」、2位と1位は?
トラストバンク(東京都渋谷区)が、東京圏に住む15〜29歳の男女1009人を対象に「若者の地方暮らしに対する意識調査」を行った。(2022/8/5)

「ERPを導入しても人事管理業務が改善しない」の声に解決策はあるか
パーソルP&Tは、「人事業務におけるERPシステム導入企業の実態調査」の結果を発表した。ERPシステムの導入によって人事業務の「課題を解決できた」との回答が約半数に上る一方で、課題を解消できない企業もあることが分かった。課題が解決しないのはなぜか。(2022/8/8)

「不真面目」DXのすすめ:
「ゼロトラスト」の真の目的はセキュリティ強化じゃない
「ゼロトラスト」は最近メディアでよく見かけるキーワードですが、このゼロトラストに基づくセキュリティ対策の目的を、単なるセキュリティ強化と考えていませんか。筆者が考える“真の目的”は、セキュリティという目に見えないものの価値をどう評価するかの指標の一つになるはずです。(2022/8/5)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(130):
Microsoftのクラウドサービスに接続できない場合、確実な情報を得る方法は?
突然、Microsoft TeamsやMicrosoft 365、Microsoft Azureに接続できなくなったら、どうしますか。企業のシステム管理者やエンドユーザーは、第三者から情報ではなく、Microsoftの「サービスの正常性」を確認できる場所に最初にアクセスする方が確実です。今回は、Microsoft AzureとMicrosoft 365についてその方法を紹介します。(2022/8/5)

CIO Dive:
“強気”のSlack、収益増加に伴い「Proプラン」の値上げを発表
Slackはサービス開始以来初めての価格体系の変更を発表した。これに伴い、Proパッケージの月額契約者を対象に値上げが発生する見込みだ。(2022/8/4)

事前対応で被害コストを低減できる:
サイバー攻撃の平均対応コストは435万ドル、しかしゼロトラスト導入で100万ドル削減可能――IBM調査
IBM Securityはデータ侵害の経済的影響に関する年次調査レポートを発表した。データ侵害後の対応コストは過去最高となった。さらに侵害を受けた組織の約60%が侵害後に販売する商品やサービスの価格を引き上げていた。重要インフラの大部分でゼロトラストの導入が遅れていることも分かり、インシデントレスポンスチームがないことも合わせて対応コストを引き上げていた。(2022/8/3)

テレワークしながら農業体験 秋田・八峰町、参加者募集
世界自然遺産の白神山地の麓、秋田県八峰町で農作業とテレワークという「半農半X」生活を体験する県の事業への参加者募集が始まった。岸田内閣の「デジタル田園都市国家構想」を地で行く試みとして注目を集めた事業の第2弾。(2022/8/3)

大津市が「持ち運べる市役所」化 NAS導入で職員の働き方やデータのバックアップ環境はどう変わるのか
滋賀県大津市は、行政DXの基盤構築に「Dell PowerScale」を採用した。庁内のNAS40台を1台に集約し、市民サービスを向上させ、業務を効率化する「電子市役所」の実現を図る。災害対策業務を効率化し、サイバーセキュリティも強化したとしている。(2022/8/3)

コールセンターのKDDIエボルバが社内の電話対応を完全撤廃したワケ
KDDIグループのKDDIエボルバは、米Microsoftのコミュニケーションツール「Microsoft Teams」を活用し、社内の電話対応を撤廃した。コールセンター事業の同社が、社内とはいえ電話対応を撤廃した理由には「コミュニケーションのデータ分析」があった。(2022/8/3)

プロジェクト:
テレワーク対応の新築分譲マンションを横浜市で開発、JR西日本プロパティーズ
JR西日本プロパティーズは、大和地所レジデンスとともに、神奈川県横浜市で開発を進めている新築分葉マンション「プレディア横濱山手パークヴィラ」の販売を2022年7月1日にスタートした。(2022/8/3)

「CMS」クラウドサービス移行の成功術【第1回】
クラウドCMSを選ぶならこれだけは外せない「必要最低限」の機能とは?
テレワークの定着とともにクラウドサービスの採用が活発化している。「CMS」(コンテンツ管理システム)もその例外ではない。クラウドCMSへの移行を決めたら、どのような視点で選定すればよいのか。(2022/8/3)

「テレワークの経費」をどう考える?【第1回】
「テレワークの通信費」を経費で落とせる人、落とせない人を分ける条件
テレワークの光熱費や通信費は企業が負担するか否か――この問題を公平に解決するのは難しい。コロナ禍が始まったばかりのころに、さまざまな企業が直面した「ダブルスタンダード」とは。(2022/8/3)

3分インタビュー:
「夏場のリュック、蒸れるし暑い……」 開発者の経験から生まれた「COOLOOP アイスメッシュフレーム」とは?
厳しい暑さが続くなか、通勤時の暑さ対策グッズが好調だ。ネッククーラー、手持ち扇風機などの商品が並ぶ中、リュックの暑さ対策グッズを発見。「COOLOOP アイスメッシュフレーム」を開発した経緯を聞いた。(2022/8/3)

テレワークで変わるストレージ運用【後編】
「テープ」も「クラウド」も使えない 怒りの大学が下した決断とは?
テレワークに移行したことを機に、バックアップシステムを見直した米国の2年制大学MVCC。同校のITインフラの責任者は、ある理由からテープにもクラウドストレージにも不満を持った。最終的に下した決断とは。(2022/8/3)

テレワークで変わる「発言しない従業員」【後編】
「Web会議は“オワコン”」「Genius Barを社内に」 トヨタ系幹部の発言の真意
テレワークの普及で、従業員の働く環境の選択肢が広がった。こうした変化は、社内向けのコミュニケーションツールにも変化を促す。何がどう変わるのか。トヨタ系金融サービス事業TFSの経営幹部に聞いた。(2022/8/3)

テレワークを危険にする「PC放置」問題の対処法【後編】
「テレワークは危ない」と考える人が恐れている“あのセキュリティ問題”とは?
MicrosoftやGoogleは自社のオフィススイートに、テレワーク時の情報漏えいリスクを減らす機能を提供している。こうした機能が熱望される背景にある変化とは。(2022/8/2)

テスラが浮き彫りにしたテレワークのリスク【第5回】
「テレワークをやめるか、続けるか」の終わらない論争 何が“正解”なのか?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が落ち着きを見せる中で、企業の間でテレワークを継続するか、終了するかの検討が活発化し始めた。その中身はさまざまだ。(2022/8/2)

経営者は「裸の王様」?:
社長メッセージ、8割弱が「忖度で理解したフリ」 納得できない理由は?
クリエイティブパートナー事業を提供するレンズアソシエイツ(名古屋市中区)は、経営者に関する実態調査を実施した。経営者から「組織の方向性」に関して、明確にトップメッセージが発信されていると思う人は72.2%だった。一方、トップメッセージに納得していない理由を尋ねたところ、「現場のことを理解していないように感じるから」(88.9%)が最多となった。(2022/8/1)

Weekly Memo:
Googleのワークスタイルにみる「ニューノーマル時代の新しい働き方」とは
ニューノーマル時代の新しい働き方が今、関心の的となっている。キーワードは「ハイブリッドワーク」だが、それをどう“磨き上げる”か。Googleのワークスタイルから解き明かしたい。(2022/8/1)

NTT、居住地自由のテレワーク 出社マストの職種に不公平はないのか?
NTTは2022年7月から「リモートスタンダード」を導入した。リモートワークがデフォルトで、居住地の制限を設けないことが特徴だ。グループ全体での対象者は3万人とのことだが、出社マストの職種に不公平はないのだろうか?(2022/8/1)

説明上手になる秘策【前編】
「話をちゃんと聞け」と嘆く人こそ見直すべき“駄目な話し方”とは?
伝え方を少し工夫するだけで、職場の「情報共有」がぐっと効率的になる場面がある。チャットでも対話でも役に立つ、「興味を持って聞いてもらえる説明の仕方」のこつは。(2022/7/30)

「夏に最も気になる他人のニオイ」ランキング 3位「タバコ」、2位「口臭」、1位は?
NEXERは、ハル・インダストリと共同で、全国の男女を対象に「夏に気になるニオイ」について調査した。夏に一番気になる他人のニオイは何か聞いたところ、1位は男女ともに「汗のニオイ」だった。(2022/7/29)

“未来の教室”ってどんなの? 「GIGAスクール」が定着した教育現場の姿 体験して分かった価値と課題
GIGAスクール構想の取り組みが進み、対象の小中学校の約96%が学習用端末を使い始めた。EdTech(エドテック=教育×テクノロジー)が定着した教育現場の姿はどうなるのか。教育の最新動向を紹介する「NEW EDUCATION EXPO」をレポートする。(2022/7/29)

挑戦すべきMicrosoftクラウド認定試験4選【第1回】
Microsoftが認定資格「MCSA」「MCSD」「MCSE」を廃止 その“深い狙い”とは?
ベンダー各社が用意する認定資格は、IT担当者の知識獲得に役立つ。Microsoftは主要な認定資格だった「MCSA」「MCSD」「MCSE」を廃止した。その背景には何があるのか。(2022/7/29)

クラウドのスピード感を落とさないセキュリティ
「AWS」もオンプレも保護できる 手間のかからないセキュリティ対策とは
クラウド向けのセキュリティ対策はオンプレミスシステム向けのセキュリティ対策とは仕組みや構造が異なるため、クラウド活用のハードルになりやすい。従来のセキュリティに関する技術やノウハウを生かしながらクラウドを保護する方法とは。(2022/7/29)

国も見直し提言:
JR東、ローカル35路線すべての区間で赤字 収支を初公表したワケは?
R東日本は7月28日、利用客が極めて少ないローカル線を対象に、区間ごとの収支を初めて公表した。公表されたのは35路線66区間で、すべてが赤字だった。人口減少や近年の新型コロナウイルスの流行で鉄道利用者が激減し、存続が危ぶまれている路線も数多い。(2022/7/28)

3分インタビュー:
ロゴス初の「キャンプ場」はどんなところ? 担当者に聞いた
アウトドアブランドを展開するロゴスコーポレーションは4月、高知県にキャンプ場をオープンした。同社にとって初めての試みになるが、どのような特徴があるのだろうか。ターゲットのことを考えながら、設計していて……。(2022/7/28)

切ない事態を招かないために:
「つながらない権利」を守るために、企業がすべき3つのこと
テレワークの普及にともなって、「つながらない権利」を耳にする機会が増えてきた。業務外の時間に、会社からメールや電話への対応を拒否する権利のことだが、日本ではまだまだ整備が進んでいない。こうした状況の中で、企業はどのように対応すればいいのだろうか。(2022/7/28)

コロナ禍のIT活用促進術【第5回】
「IT企業からの転職組」が非IT企業を辞めたくなる理由
米国では人材の流動化が進む中、IT企業とそれ以外の企業間の転職が活発化している。伝統的な企業が、先駆的なIT企業からエンジニアなどの人材を獲得する場合、特に手厚いケアが必要だ。その訳とは。(2022/7/28)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ウイズコロナ時代のサイバーセキュリティ、完璧を目指すより実践的で高い費用対効果を追求すべき――情報通信研究機構 伊東寛氏
コロナ禍によりテレワークが常態化している現在、サイバーセキュリティ上のリスクはさらに増大し、また、その対策はこれまでにも増して難しくなりつつある。より実践的で効果的なサイバーセキュリティを追求するためのヒントとは。(2022/7/27)

テレワークを危険にする「PC放置」問題の対処法【前編】
Microsoft 365で使える「アイドルセッションタイムアウト」とは 利用するには
テレワークに慣れた時期に起こり得る“あるインシデント”を防ぐために、Microsoftは「Microsoft 365」の機能追加を進めている。その一つが「アイドルセッションタイムアウト」だ。どのような機能なのか。(2022/7/27)

テレワークで変わるストレージ運用【中編】
「テープ」の厄介な問題とは? 大学のIT責任者“嘆き”の理由
テープをバックアップ用として使用することには、メリットもデメリットもある。米国の2年制大学MVCCもテープを使用してきたが、同校のITインフラの責任者は、ある理由からテープへの不満と怒りが噴出した。(2022/7/27)

7月のテレワーク実施率16.2% コロナ禍で最低に 生産性本部調査
日本生産性本部の調査で、テレワークを実施していると答えた人の割合が前回調査より3.8ポイント低い16.2%となり、2020年5月の調査開始以来最低だったとわかった。(2022/7/26)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ビジネスパーソンに「睡眠」が重要視されるわけ――スリープコーチ 角谷リョウ氏
皆さんは、睡眠を改善するために、なにか工夫や投資をしているだろうか。オリンピック選手、日本代表選手の睡眠改善もサポートした睡眠のプロに、ベストな睡眠を手に入れる方法を学ぶ。(2022/7/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
変化の時代のセキュリティ対策で重要なのは、情報収集と分析、コミュニケーション、人材の確保――オリックス銀行 鈴木智之氏
コロナ禍でテレワークが常態化する中、サイバーセキュリティのリスクはさらに増大し、一般的な境界防御型のセキュリティでは対策が困難になりつつある。より実践的で効果的なサイバーセキュリティを追求するためのヒントとは。(2022/7/26)

ハイブリッドワークのITサポート【前編】
テレワークで深刻化したITサポート問題 従業員が求める変化とは?
1Eの調査によると、テレワークの普及とともに働き方が変わったことで従業員体験価値(DEX)の在り方にも変化が生じている。企業が注目すべき従業員デジタル体験価値(DEX)とは。(2022/7/26)

「Microsoft 365」の管理機能との組み合わせが鍵
「ハイブリッドワーク」を成功させるデバイス管理とノートPC選びのこつ
ハイブリッドワークを採用する企業では、従業員は基本的にオフィスの外にいることを前提として、PC選びと情報漏えい対策を見直す必要がある。ユーザーの利便性とIT管理効率を高めるツール選びのヒントは。(2022/7/29)

データを守らなければ、ビジネスを継続できない:
PR:7割近い日本企業が「データ保護が不十分」――ランサムウェアからデータとビジネスを守るポイントとは何か
ビジネスはデータから成り立っている。データを暗号化し、金銭を要求するランサムウェア攻撃には必ず備えなければならない。しかし、データをバックアップするだけではランサムウェアに対抗できない。攻撃に対して「特定、防御、検知、対応、復旧」という一連の仕組みがなければビジネスの素早い復旧は難しいからだ。ではどうすればよいのだろうか。(2022/7/20)

業務を効率化させるために今必要なこととは?
Microsoft 365を使いこなせば働き方は格段に変わる
テレワークには、複数のコミュニケーションツールでタスクが飛び交い、管理が煩雑になることで、逆に負荷を生むなどの課題が付き物だ。このような課題を解消し、業務効率化ツールを浸透させ、どのような働き方でも同等の成果を出す秘策は。(2022/8/5)

テスラが浮き彫りにしたテレワークのリスク【第4回】
「テレワークは甘え」が世界の“常識”になる日
テレワークの継続を希望する従業員の声に応えたい――。こう考える企業がいくら努力をしても、状況が変化すれば継続が難しくなる可能性がある。テレワーク継続を阻むリスクとは。(2022/7/26)

テスラが浮き彫りにしたテレワークのリスク【第3回】
「対面にこだわる経営者」こそテレワークを禁止してはいけない“納得の理由”
対面でのやりとりこそが成長の鍵――。こう考える経営者は、コロナ禍が落ち着きを見せる中でテレワークを終了しようと息巻いている可能性がある。だがテレワークは安易に終わらせない方がよい。その理由は。(2022/7/19)

オリックス サテライトオフィスやフリーアドレス化で環境整備 オンラインで海外子会社と強固な一体感
職場のIT化や新型コロナウイルスの流行でテレワークが進み、海外拠点や取引先とのオンラインミーティングを推進する企業が増えている。電話やメールだけでは得られない一体感がスムーズなビジネス展開に結び付くケースは多い。(2022/7/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。