• 関連の記事

「システムキッチン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「システムキッチン」に関する情報が集まったページです。

約1万人に聞いた:
マンションに住みたい理由 2位「設備のメンテや清掃の負担が少ない」、1位は?
マイボイスコムがマンションに関する調査を実施。マンションに住みたい理由や、知っているマンションブランドなどを聞いた。(2022/6/19)

イケア渋谷店がリニューアル:
一番人気は「サメのぬいぐるみ」 3店舗しかない“都心型イケア”は何が違うのか
イケア渋谷店(東京都渋谷区)が4月25日、リニュアルオープンした。利用客の要望を受け、個人向けだけでなく、ビジネス向けのアイテムやルーム展示を拡充。フォーマルなオフィス空間と自宅のアットホームな空間の融合を図るなど、北欧家具を扱うイケアならではのビジネス空間を提案する。(2022/4/29)

4月22日〜6月20日:
ニトリ「生活応援キャンペーン」 最大425アイテムを限定値下げで“値上げの春”に対抗
ニトリは4月18日、「生活応援キャンペーン」の実施を発表した。実施期間は4月22日〜6月20日。家具とインテリアを合わせて最大425アイテムを期間限定で値下げする他、家具の配送料に関するキャンペーンも行う。(2022/4/18)

業界動向:
リフォーム需要拡大を見据えた施工力増強で、タカラスタンダードが「横浜トレーニングベース」開設
タカラスタンダードは、リフォーム需要拡大に備えた施工力増強のため、神奈川県横浜市にエンジニア育成拠点「横浜トレーニングベース」を新設した。(2022/3/29)

「内覧してて死ぬかと思った」 不動産営業マンが遭遇した“ヤバイ物件”に“26万いいね”
危ないっ!(2022/2/25)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
2030年度に売上高5500億円を目指す、パナソニック ハウジングシステム事業部の3つの成長軸
住宅だけでなく、最近は非住宅の領域でも、外装材や建具などの建材を市場に供給しているパナソニック ハウジングシステム事業部は、2022年に事業会社化するのに伴い、2030年度に売上高5500億円を目指す、3つの軸から成る新たな戦略を打ち出した。(2021/11/10)

【漫画】「自由な時間を買ったと思ってる」「自分で洗うよりきれい」 食洗機を導入したらメリットがありすぎた話
この便利さ、1度使ったら手放せない!(2021/10/14)

本社敷地内に:
カインズが自社のハウススタジオを建設 よりスピーディーなSPA体制に
ホームセンターチェーン「カインズ」が、本社敷地内に自社のハウススタジオ3棟を建設したことを発表した。これまでは自社商品などの撮影に外部のハウススタジオを活用してきたが、本社敷地内のハウススタジオを利用することで、商品の開発から販売までにかかる期間を短縮、よりスピーディなSPA(製造小売)体制を構築するのが狙いだ。(2021/9/3)

新建材:
夫婦や親子が共にコンロで調理するキッチンを開発、パナソニック
パナソニックは、適切な距離感で夫婦や親子が横に並んで一緒に調理できる「フラットワイドコンロ」を搭載した「Idobata スタイル II型プラン」と「Idobata スタイル U型プラン」を開発した。両製品の発売日は、II型プランが2021年5月7日、U型プランが2021年6月17日。(2021/6/18)

100均グッズで作る“おままごとキッチン”が本格的 「おしゃれ!」「真似したい」と称賛の声 
まな板を置くスペースもあるー。(2021/5/23)

VRニュース:
x gardenがNTTドコモと協業、ニトリのショールーム向けにMRアプリを開発
x gardenはNTTドコモと協業し、ニトリのショールーム向けにMRグラス「Magic Leap 1」で体験できるMRアプリケーションを開発した。同アプリの導入により、ユーザーはカラーや素材、サイズなど多様な商品パターンをその場で試すことができる。(2021/3/15)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
仕事とプライベートを切り替え可能な“間”を設けた戸建て住宅、パナソニック
パナソニックは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、テレワークを行う労働者が増えたことを踏まえて、居住者が、建物の中心に配置したスペース「間」で、気持ちを整理して、プライベートと仕事の時間を切り替えられる「間のある家」を開発した。(2020/11/24)

製品動向:
大和ハウスが新保障サポート、住宅設備機器を10年間無償保証
大和ハウス工業は、同社が販売する分譲マンションの購入者に向けた新たな保証サポート「D’s(ディーズ)10年サポート」を提供開始した。(2020/4/8)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
パナソニック LS社が東南アジアでハウジング事業を本格化、2030年度に売上450億円を目指す
パナソニック ライフソリューションズ社は、東南アジアでハウジング事業を本格化している。現地における市場の成長度合いに合わせ製品を展開していくとともに、“工業化”“高齢化”“高機能化”をテーマにした商材でパートナー企業を開拓している。2030年度における海外売り上げ目標である1000億円のうち、450億円を東南アジア市場の売り上げが占める。(2020/2/19)

住宅市場:
積水ハウスの”億邸”、品川展示場でチーフアーキテクトのこだわりを見た
積水ハウスは、都心でのプライベート居住空間をコンセプトにした新ブランドの販売をスタートさせた。「億ション」ならぬ「億邸」(1億円を超える新築戸建て)という高額なブランドラインを開発した意図やその住宅性能について、全国にまだ2棟しかない品川シーサイド展示場のモデルハウスで取材した。(2020/1/29)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
施設に開放感を与える“空をつくる窓”を開発
パナソニック ライフソリューションズ社 ライティング事業部は、パナソニック製スポット型プロジェクター「Space Player 」のショールーム「Space Player LAB」の展示物を拡充している。2019年2月には、天窓を人工的に再現する空間演出システム「天窓照明」が加わり、来場者に注目されている。(2019/12/26)

水曜インタビュー劇場(滞在公演):
なぜ他人の別荘に泊まる人が増えているのか 一休のバケレンがバケた
他人の別荘などに宿泊する人が増えていることをご存じだろうか。宿泊サイトを運営する一休がサービスを始めたところ、施設数と取扱高が伸びているのだ。海外ではこのようなスタイルを楽しむ人は多いが、なぜ日本でもじわじわ増えているのか。担当者に話を聞いたところ……。(2019/9/25)

スマホと連携する日立のIHクッキングヒーターがWi-Fi対応に ソフトウェアアップデートも計画
日立がWi-Fiに対応したIHクッキングヒーターを発表。スマホアプリでレシピを検索、調理設定を転送できる。ソフトウェアアップデートも予定している。(2019/8/1)

VR:
パナVR、システムキッチンから未来を体験できる空間を紹介
パナソニックは2019年5月23日、技術セミナー「VRシミュレーション技術の取り組み」を開催。これまでのVR技術開発の変遷に加え、2019年4月に開業したマンションセンター「HARUMI FLAG パビリオン」に導入しているVR設備の特徴などを紹介した。(2019/5/27)

設備開発:
コンビニサイズ、システムキッチンのような医薬品製造設備「iFactory」の研究開発が加速
大成建設ら3社は2019年4月、NEDOのプロジェクトに採択された医薬品のモジュール型製造設備「iFactory」の研究開発に参画した。(2019/5/9)

スマート工場最前線:
総計2300機種もの異品種少量生産、パナソニック佐賀工場が生み出す価値とは
パナソニック コネクティッドソリューションズ社(CNS社)の直轄工場である佐賀工場は、2カンパニー、6事業部、17カテゴリーにわたる約2300機種もの生産を行っている。この異品種少量生産が最大の特徴となる佐賀工場は、CNS社がモノづくりソリューションを生み出すための課題発見の場にもなっている。(2018/11/14)

建設×VR/AR/MR:
サービス付き高齢者向け住宅の販売センターにVRシステム導入、入居検討者に仮想空間で住まい提案
兵庫県西宮市で建設が予定されている国内最大規模のサービス付き高齢者向け住宅「エレガーノ西宮」の販売センターに、福井コンピュータアーキテクトが開発した高性能VRシステムが導入された。販売センターには、サービス付き高齢者向け住宅では全国初となるVR体験スペースを常設し、入居検討者やその家族にVRを活用して住まい提案の支援を行っていく。(2018/9/19)

VRニュース:
VRの歴史は意外と長く、学生たちは失禁やもちもち感を再現する
デルは2018年7月24日、都内で「VR研究会 第1回会合」を実施した。「VR研究会」は同社が2018年3月に設立した産業向けVRの普及を推進するための組織である。今回の特別講演には奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域 サイバネティクス・リアリティ工学研究室 教授 清川清氏が登壇。(2018/8/16)

TOTOが提供するトイレやキッチンのペーパークラフトが秀逸 フィギュアの暮らしを豊かにできそう
PDF形式で無料配信中。組み立てにはかなりの根気がいりそうです。(2018/5/16)

来週話題になるハナシ:
イケアはアマゾンに勝つことができるのか
世界最大の家具ブランド「IKEA(イケア)」が岐路に立たされている。業績は伸ばし続けているが、時代の波に飲み込まれそうになっているのだ。どういうことかというと……。(2018/2/26)

14業種のターゲティングに対応:
特定の業種に向けて広告を配信、Geolocation Technologyが「業種バナージャック」を提供
Geolocation Technologyは、IPアドレスを解析しユーザー属性を特定することで指定した業種からのアクセスに限定してバナー広告配信を行う「業種バナージャック」の提供を開始した。(2017/9/21)

「平野レミが暴れてもお手入れ簡単」 レミさんのワイルド料理でアピールするキッチンのPRが謎の説得力
作るのは「金粉ボーボージャングルバーグ」……さすがと言うほかない。(2017/8/17)

プロジェクターや完全ワイヤレスイヤフォンも――ソニーモバイルが「Xperia」のスマートプロダクトを広げる理由
(2017/3/26)

“握手券つきマンション”だと!? 「仮面女子」が暴挙コラボ、1億4500万円のファングッズを販売開始
握手券ついてくるなら仕方ないよな。(2017/3/16)

「レビュー主の母です」Amazonレビューに母降臨 料理下手をフライパンのせいにした息子のレビューを星5つに訂正させる
まさかの展開。(2017/3/10)

デジタルモノづくり:
3D CADで花開くパナソニックのデジタルモノづくり
2017年2月15〜16日に開催された「Manufacturing Japan Summit」では、パナソニック エコソリューションズ社 技術本部主幹の中谷光男氏が登壇。「可能性を広げる3次元化の実現に向けて」をテーマに講演した。(2017/2/27)

Zuken Innovation World 2016:
「従来の改善」では進歩なし、0から1への設計指向とは
電器事業において毎年約1500もの製品を企画開発するパナソニックは、どのようにしてリードタイム短縮を実現したのか。図研「Zuken Innovation World 2016」では同社の「デジタルものづくり」と“モノ作りにおける常識”を疑う必要性が語られた。(2016/12/6)

NEC 法人VRソリューション:
「法人向けVR」をセミオーダー、お試しは5万円からで法人需要を掘り起こし
NECがVR(Virtual Reality)環境とデバイスをセットで提供する「法人VRソリューション」を提供開始。VR利用環境のセミオーダー化によって価格を抑え、需要の掘り起こしを狙う。(2016/10/17)

VRニュース:
NECのVR体験キットは梱包作業がリズムゲームに、2週間で5万円から
NECは、法人向けのVR(仮想現実)技術の活用ソリューションを体系化した「法人VRソリューション」と、その評価パッケージとなる「VRお試しパック」の提供を始める。VRお試しパックの価格は、機材レンタルの費用が2週間で5万円から。梱包ライン作業の技能伝承や危険作業体験のVRコンテンツも無償で貸し出す。(2016/10/14)

話題のVRを企業はどう使う? NECが「お試しパック」を発売
ゲームで話題のVR(仮想現実)だが、企業や組織ではどんな使い方ができるのか。NECが2週間〜3カ月でVRの用途を検討できるセットを提供する。(2016/10/7)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「VRとARの違い」
2025年までにおよそ800億ドル(約9兆円)に達すると予測されるVR(仮想現実)とAR(拡張現実)の世界市場。さまざまな分野で活用が期待されるVRとARについて、その違いと特徴を整理しておきましょう。(2016/9/20)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
料理アシスタントロボットからディスプレイ付き冷蔵庫まで――欧州スマート家電の最新事情
「IFA2016」で見つけたスマート家電の数々をご紹介。シーメンスが展示したキッチンのアシスタントロボット「マイキー」くんは、一見すると大阪万博のあの方のようなルックスだが、実はHome Connectプラットフォームのコントロールセンターになる、予定。(2016/9/13)

月7万円で買える「究極のオタク向け一人暮らし」 フィギュアを並べる隠し部屋まで付いた物件ブランド「RENATUS」で俺たちでもマイホームが持てそうな件【PR】
モテ部屋とオタク趣味を両立できる夢の物件。(2016/1/28)

製造マネジメントニュース:
構造改革が一段落し、業績安定化が進むパナソニック――第2四半期決算
パナソニックの2016年3月期(2015年度)第2四半期累計連結決算(2015年4〜9月)は売上高が3兆7604億円(前年同期比1%増)営業利益は2005億円(同13%増)税引前利益1641億円(同35%増)と増収増益となった。(2015/11/2)

Amazonでキッチンやトイレが買える「リフォームストア」 工事費込みのパッケージ価格で販売
Amazon.co.jpが「リフォームストア」を開設。システムキッチンやトイレなどを工事費込みのパッケージ価格で販売する。(2015/6/30)

教えて! 絵師さん:
揺れる髪から生まれるファンタジー またよしさん
どこかファンタジックな雰囲気が目を惹くまたよしさんのイラスト。こだわりは、繊細に描き込まれた髪の毛だそうです。(2015/3/3)

IoT:
スマートホームだと「お父さん今日のご飯何がいい?」とか聞かなくてもいい
三菱電機は研究成果披露会でスマートホームコンセプトを展示。センシング技術の活用により、「ココロとカラダ」の状態変化を家族で共有し、日々の生活のサポートとコミュニケーション機会の創出を実現するという。(2015/2/20)

製造IT導入事例:
パナソニックの住宅設備事業部、販売システムとPDMを連携し開発プロセス効率化
2011年春からシーメンスPLMソフトウェアのシーメンスPLMソフトウェア「Teamcenter」を導入。開発部門に点在する設計関連情報を集約・一元化し、販売システムと連携させることで、開発プロセスの自動化と効率化を進めてきた。(2014/5/12)

限界に来た家電量販店のビジネスモデル
大手家電メーカーの製品開発力と高率リベートに依存して伸びてきた家電量販店。そのビジネスモデルの限界が見えつつあり、その革新のための試行錯誤もまた注目される。(2013/7/3)

統合マスター機能を活用
【事例】LIXILグループが子会社105社の会計システムを統合、決断の決め手は
トステム、INAXなどが統合して生まれたLIXILグループは子会社の会計システムを統合することで経営スピードの向上を図った。大プロジェクト決断の背景を探る。(2012/12/11)

住宅購入時に親からもらうお金、平均は682万円
住宅購入時に親から援助金をもらった人は40.3%と、5人に2人。もらった金額は平均682万円だった。アットホーム調べ。(2012/10/24)

SoftBank World 2012:
高さ4メートル分のカタログをiPadに、情報共有で営業力向上も――iPad 6000台導入のLIXIL
カタログの電子化と物件情報の共有による即時対応、日報システムによる営業の効率化、289講座のeラーニングによるスキルアップ――。LIXILが導入した6000台のiPadは、経営のスピード化や現場の対応力強化に大きく役立っているという。(2012/7/12)

楽・安・旨のレシピ本が鬼売れ! 「給食系男子」イベントで料理のコツを学んできた
「1食100円未満、調理ステップはたったの3工程、調理時間は5〜20分」でヒットしているレシピ本「家メシ道場」。著者である給食系男子のイベントをリポートする。(2012/6/19)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
幸せと豊かさはキッチンからやってくる――オモシログッズを紹介
私たちの生活に欠かせない“食”を生み出すキッチン。より豊かな生活を送れるよう、そんなキッチンをオモシロクするグッズを紹介しよう。(2012/1/19)

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(3):
個別受注生産型企業が図面文化から脱却するには
個別受注生産企業の業務カイゼンはどうあるべきか。エンジニアリングチェーンから読み解くリードタイム短縮、競争力強化の処方箋を紹介する(2010/12/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。