「Surface Pro」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Surface Pro」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「Windows 11」へのアップグレード可否をチェックする【第2回】
「Windows 11は使えるか、使えないか」が分かる「PC正常性チェック」の使い方
利用中のPCが「Windows 11」のシステム要件を満たしているのかどうかを確認するための手段として、Microsoftが提供している「PC正常性チェック」がある。その使い方を解説しよう。(2022/5/8)

仕事がはかどる「Windows 11」の機能【前編】
“古いWindows”では使えない「Windows 11」の「Teams」便利化機能
Microsoftは「Windows 11」に、「Microsoft Teams」を使ったWeb会議中の効率化に役立つ機能を追加した。どのような機能なのか。仕事にどう役立つのか。(2022/3/19)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「M1 Ultra」という唯一無二の超高性能チップをAppleが生み出せた理由
M1 Maxで最大と思われていたAppleの独自チップだが、それを2つ連結させた「M1 Ultra」が登場した。半導体設計、OSと開発ツール、エンドユーザー製品の企画開発、その全てを束ねるAppleだからこそ生み出せた唯一無二のチップだ。(2022/3/13)

Core i5のWi-Fiモデルがベース:
「Surface Pro 7+」の個人向けモデルが登場 タイプカバー付きモデルを数量限定で先行発売
日本マイクロソフトが法人向けに販売している「Surface Pro 7+」に個人向けモデルが登場することになった。第11世代Core i5プロセッサを搭載する構成をベースとしており、数量限定でより手頃なタイプカバーセットを先行発売する。(2022/1/27)

「Reddit」に喜びの声
「OneDrive最高」 M1搭載Macで使える「OneDrive」アプリ登場に歓喜する人々
Armプロセッサ搭載の「Mac」や「Windows」搭載PCで、「OneDrive」のネイティブアプリケーションが利用できるようになる。待ちわびていた人々は、ソーシャルメディアで喜びの声を上げた。その背景には何があるのか。(2022/1/22)

エレコム、最新Surfaceでも使えるMPP2.0対応のアクティブタッチペン
エレコムは、筆圧と傾き検知をサポートしたMPP2.0対応のアクティブタッチペン「P-TPMPP20BK」を発表した。(2022/1/11)

「Surface Go 3」のLTEモデルは1月11日発売 個人向けモデルは10万7580円
日本マイクロソフトが、Surface Go 3のLTEモデル、Surface X Proの法人向けWi-FiモデルとSurface Pro 8の法人向けモデルを発売する。Surface Go 3のLTEモデルについては個人向けの販売も行われる。(2022/1/7)

Windowsフロントライン:
2022年のMicrosoftハードウェアを考える
2022年最初の連載として、Surfaceシリーズを始めとしたMicrosoftのハードウェア製品について、予測を含めて見ていこう。(2022/1/3)

iPad液タブ化の理想型がここに? 「Luna Display for Windows」レビュー
Astropadの「Luna Display for Windows」が正式にリリースされた。マルチプラットフォームプロダクトへの転換を実現した同製品を、プロイラストレーターのrefeia氏が試した。(2021/12/23)

iFixit、Microsoft公認「Surface」修理ツール提供開始
「修理する権利」を謳うiFixitがMicrosoftと提携し、修理しにくいことで知られる「Surface」シリーズのための修理ツールキットを発売した。Microsoft公認の修理業者向けだ。(2021/12/14)

FOX STOREが期間限定セール開催 「OtterBox」「LIFEPROOF」ケースを最大79%オフ
FOX STOREが、12月31日まで期間限定セールを開催している。「OtterBox」「LIFEPROOF」ケースなど1000商品以上を最大79%オフで販売する。(2021/12/9)

障がいのある人もより快適なPCライフを――日本マイクロソフトがSurface用「アダプティブキット」を12月14日発売 税込み1870円
Surfaceシリーズ用に開発された「アダプティブキット」が、全世界で発売されることになった。日本でも12月14日に1870円で販売を開始する。主に視覚や手に障がいのある人のアクセシビリティを改善することが期待される。(2021/12/8)

Qualcomm、Apple Siliconに匹敵するWindows PC向けSoCを2023年までに送り出すと予告
Qualcommは投資家向けイベントで、2022年中にArmベースの新たなPC向けSoCをリリースすると発表した。1月に買収したNuviaのチームが設計する。NuviaはAppleのMシリーズプロセッサの設計に携わったチームが立ち上げた企業だ。(2021/11/17)

Arm版Windowsのx64アプリエミュレーションは「Windows 11」でのみ可能に
Microsoftは、ARM64環境でx64アプリをエミュレーションするには「Windows 11」へのアップデートが必要だと語った。つまり「Windows 10」では対応しないということだ。(2021/11/17)

「ドライブの最適化」の基礎知識【前編】
いまさら聞けない、Windows 10の「ドライブの最適化」は何のためにあるのか?
長くPCを使用していると、PCの動作の安定性や速度が低下することがある。その際に役立つのが、「Windows 10」が標準搭載する「ドライブの最適化」だ。ドライブの最適化はどのような役割を果たすのか。(2021/11/7)

海洋プラスチックを20%配合 「Microsoft Ocean Plastic Mouse」クイックレビュー
Microsoftが新しいSurfaceと一緒に発表した「Ocean Plastic Mouse」は、その名の通りボディーに海洋プラスチックを約20%配合した環境配慮製品だ。シンプルなマウスとしての使い勝手も秀逸なので、簡単に特徴を紹介しようと思う。(2021/11/5)

「Windows 11」×「Surface」の実力は【後編】
Windows 11搭載「Surface Pro 8」の気になる中身 PC市場の起爆剤か?
「Windows 11」の登場は、PCベンダー各社による新製品ラッシュを引き起こした。「Surface Pro 8」をはじめとするWindows 11搭載の「Surface」シリーズは、PC市場にどのような影響をもたらすのか。(2021/11/5)

「Windows 11」×「Surface」の実力は【前編】
Windows 11のためのSurface「Surface Laptop Studio」は“あれ”がすごい
「Windows 11」は、「Surface」シリーズにどのような変化をもたらすのか。Microsoftは「Surface Laptop Studio」をはじめとするWindows 11搭載機種を通じて、その方向性を示そうとしている。(2021/10/30)

「Thunderbolt」初採用の新Surface
ハイスペ機「Surface Laptop Studio」と16時間動く「Surface Pro 8」、買うならどっち?
MicrosoftのSurface新製品「Surface Laptop Studio」と「Surface Pro 8」は、同社で初めて「Thunderbolt」ポートを搭載しただけでなく、それぞれ異なる特徴がある。気になる両者の違いとは。(2021/10/23)

Tech TIPS:
【Microsoft公式情報+α】互換性チェックを回避してWindows 11にアップグレードする方法
Windows 10からWindows 11へ無償アップグレードするには、プロセッサやTPMのサポートなどの条件を満たす必要がある。そのため、十分な性能がありながらも要件を満たさない場合がある。そうしたPCに対して、レジストリキーを編集することでアップグレード可能にする方法をMicrosoftが公開した。その手順を紹介しよう。(2021/10/13)

キーワードは「チップからクラウドまで」:
PR:テレワークで従業員が“ハッピー”になる、PC選びの決め手はどこにある?
新たに導入するPC機種選定はスペック表にあるCPUやメモリなどの数字だけを見比べていないだろうか。特にセキュリティは「後付け」で対応すればいいとなおざりにされがちだ。テレワークが普及した今、PCの選び方もアップデートすべきだ。(2021/10/11)

Windows 11がついにリリース!:
主要PCメーカーのWindows 11プリインストールPCまとめ
約8年ぶりとなる新OS「Windows 11」がついにリリースされた。ここでは、Windows 11をプリインストールした各社の最新PCをまとめた。(2021/10/5)

Windowsフロントライン:
正式リリース前のWindows 11事情まとめ
10月5日に一般リリースされるWindows 11だが、最低動作要件を満たさないPCはどうなるのか、今後どのくらいのペースで増加していくのか、現時点で見えていることをまとめた。(2021/10/4)

新型Surfaceは画面がひっくり返って「液タブ」に クリエイター向け「Surface Laptop Studio」登場
米Microsoftは9月22日(現地時間)、同社のモバイルデバイス「Surface」シリーズの最新モデル「Surface Laptop Studio」を発表した。クリエイター向けに位置づけられており、ディスプレイが180度回転することで、液晶ペンタブレットのように使うことができる。(2021/9/23)

Microsoftが2021年Surfaceイベントで発表したことまとめ
Microsoftが恒例秋のSurface新製品発表イベントを開催。「Windows 11」搭載の4端末と、折りたたみAndroid端末「Duo 2」などを発表した。Windows端末は10月5日発売の予定だ。(2021/9/23)

Microsoftが「Surface Pro 8」「Surface Go 3」発表 Windows 11をプリインストール
Windows 11のリリースに合わせて、Surface ProとSurface Goの新世代製品が登場する。特にSurface Proは設計を刷新し、Thunderbolt 4ポートを備えたことが特徴だ。【更新】(2021/9/23)

Windows 10 The Latest:
【10/5 提供開始】Windows 11の登場で、どうなるどうするWindows 10
Windows 11の正式提供が2021年10月5日に始まることが発表された。当日から、Windows 10からWindows 11への無償アップグレードも段階的に開始されるという。すぐにWindows 11へ移行した方がいいのか、Windows 11のメリット/デメリットをWindows 10ユーザーの視点でまとめてみた。(2021/9/9)

Microsoft、Surface関連オンラインイベントを9月22日開催
Microsoftが9月22日にオンラインイベントを開催する。告知ツイートの画像からSurface関連になるとみられる。日本時間の9月23日午前0時スタートだ。(2021/9/2)

Windowsフロントライン:
Windows 11のリリースは10月5日! プリインストールPCは? Windows Updateでの提供は?
Microsoftの次期OS「Windows 11」の一般提供開始が10月5日から行われる。Windows Updateでの提供はいつなのか、Windows 11搭載PCはいつ頃登場するのか、関連情報を整理した。(2021/9/1)

iPhone、Apple Watch、そのライバル製品はどうなる? 2021年秋以降のITガジェットを予測する
製品ラッシュとなるはずの9月はすぐそこ。AppleやGoogleの新製品を西田宗千佳さんが予想する。(2021/8/31)

Windowsフロントライン:
最小要件を満たさない旧型PCでもWindows 11が利用可能な意味
米Microsoftが次期OS「Windows 11」について要件緩和を発表し、話題を集めている。その背景を考えてみた。(2021/8/30)

PCメーカー各社のWindows 11対応状況をチェック! アップグレード情報まとめ
Microsoftの新OS「Windows 11」が発表され、各PCメーカーからは対応状況などが公開されつつある。その現状をまとめた。(2021/8/20)

5G搭載!“ARM版Windows 10”特集 第四弾:
PR:「HP Elite Folio」はニューノーマル時代を支えるデバイスになり得るか? 製品コンセプトをベンダー自らが解説
(2021/7/26)

Windowsフロントライン:
Windows 10とWindows 11のアップデート提供は今後どうなるのか
ついに「Windows 11」が正式にお披露目された。現時点のWindows 11やWindows 10に関する今後の情報をまとめた。(2021/7/1)

Windows 10 The Latest:
Windows 11のリリースで、どうなるWindows 10
Microsoftが次期Windows OS「Windows 11」の発表を行った。Windows 11の提供開始で、Windows 10のサポートはどうなるのだろうか。また、同時に発表されたWindows 10からWindows 11への無償アップグレードの条件は、どんなPCでもクリアできるものなのだろうか。(2021/6/30)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」番外編:
どうしたMicrosoft、どうなるWin 10? 「Windows 11」説急浮上の背景と“モヤモヤ”を解説しよう
「Win 10は最後のメジャーアップデート」って言ったじゃないか――! と、心の中で叫んだユーザーは多いのではないでしょうか。Win 10運用の課題や疑問を解説する本連載、終了したはずでしたが、急きょ番外編をお届けします。Microsoftは、ここに来て一体何をしようとしているのでしょうか? 6月25日の“Xデー”を前に、予想してみましょう。(2021/6/23)

モバイルディスプレイの道:
じか付けスタンドで縦置きも可能な15.6型モバイルディスプレイ「VG1655」を試す
さまざまな液晶ディスプレイを取りそろえているビューソニックジャパン(ViewSonic)から、15.6型のモバイルディスプレイが登場した。本体背面にスタンドを備えた「VG1655」を試してみた。(2021/5/20)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【後編】
COBOLも使える無料エディタ「Visual Studio Code」 M1搭載Macでも利用可能に
Microsoftが無償提供するオープンソースのソースコードエディタ「Visual Studio Code」は、利用可能なプログラミング言語や動作可能なデバイスを拡充させている。現状を整理しよう。(2021/5/16)

無料の長期サポート版Javaディストリビューション:
Microsoft、Java 11ベースの「Microsoft Build of OpenJDK」プレビュー版を公開
MicrosoftはOpenJDKの長期サポート(LTS)ディストリビューション「Microsoft Build of OpenJDK」のプレビュー版を公開した。併せて今後のOpenJDKのロードマップも示した。(2021/4/8)

PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【中編】
Dell、HP、Lenovoの定額制PC「PCaaS」「Devices as a Service」の違いを比較
「PCaaS」(PC as a Service)と「Devices as a Service」の代表的なベンダーに、DellとHP、Lenovoがある。3社のサービス内容と特徴を説明する。(2021/4/7)

「仕事がはかどるタブレット」の条件【後編】
「Surface Pro 7」「Surface Go 2」「ThinkPad X1 Yoga」 仕事用で選ぶなら?
仕事に適したタブレットがあればモバイルワークがはかどる。「どのような作業に使いたいか」という目的に基づいて「Surface Pro 7」「Surface Go 2」「ThinkPad X1 Yoga」のスペックに注目し、それぞれの強みと弱みを探る。(2021/3/5)

座席で通話OK! 新幹線の「リモートワーク推奨車両」でWeb会議は現実的か? 乗って検証してみた
JR東日本は、東北新幹線「はやぶさ」103号盛岡行きの1号車を、2月1日から「リモートワーク推奨車両」として運用し始めた。サービス初日に記者が乗車し、本サービスの狙いを探った。(2021/2/1)

2021年のWindows【後編】
Microsoftの対Apple/Android戦略とArmサポートの強化が意味すること
Microsoftはマルチプラットフォーム対応を積極的に推し進めている。Apple製品やAndroidにどう対応するのか。強化されるArmサポートの動向とは。Microsoftの多方面作戦の状況を概観する。(2021/1/29)

CES 2021:
第11世代Coreプロセッサ搭載「Surface Pro 7+」――LTE対応モデルも
1月11日にMicrosoftが新しい「Surface Pro 7+」を発表した。時期は未定ながら日本でも発売する予定だ。(2021/1/12)

Surface Go 2およびSurface Pro 7をすべての山口県立高等学校と中等教育学校に導入
日本マイクロソフトは、山口県教育委員会が、2万5500台の「Surface Go 2」と「Surface Pro 7」とMicrosoft 365ライセンスを、山口県の全ての県立高等学校および中等教育学校に展開すると発表した。(2021/1/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2021年のパソコンはどう進化する? 注目はやはりApple、Intel、Microsoftのプラットフォーム変革
2020年は、AppleがMac向けの独自プロセッサで圧倒的な「電力あたりのパフォーマンス」を見せつけ、Intelが新しいプラットフォームでWindowsノートPCのさらなる進化を促した。2021年もプラットフォームをまたいだ競争に注目が集まりそうだ。(2021/1/3)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年)
AndroidとiOSのどちらが“正解”か? 「Zoom」以外のコロナ対策ツールは?
「スマートモバイル」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/12/31)

Windowsフロントライン:
「MicrosoftがArmベースの独自プロセッサを開発」報道を考える
Armベースの独自プロセッサを開発していると話題になった米Microsoftだが、実は以前から取り組んでいる流れの一環でもある。ここでは、この辺りの周辺情報を整理した。(2020/12/25)

商材をお探しの皆様へ、「Surface Laptop Go」と「Surface Pro X」は要チェック:
PR:リモートワーク需要に応え顧客の心をつかみたい企業必見! クラウドと最新デバイスの組み合わせが見逃せない理由
コロナ禍により、働き方が大きく変化した。それでも企業は新しい働き方を確立し、ビジネスを加速させ、新たな価値を提供していかなければならない。このニューノーマルな時代を生き残る“秘策”はあるのだろうか。(2020/12/23)

Microsoft、自社サーバやSurfaceシリーズ向けの独自プロセッサ開発か──Bloomberg報道
Microsoftが、Azureなどのクラウドサービス提供の自社サーバ向けにArmベースの独自プロセッサを開発しているとBloombergが報じた。オリジナルWindows端末「Surface」シリーズ向けプロセッサも開発している可能性があるとしている。(2020/12/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。