• 関連の記事

「スキン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スキン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

暗闇で光るiPhoneスキンシール「GLOW」 Makuakeで先行販売
ゼンの運営するApple製品用スキンシールブランド「ZENN PRODUCT(ゼンプロ)」は、暗闇で光る蓄光機能を備えたiPhoneスキンシール「GLOW」を応援購入サービス「Makuake」で先行販売。通常より20〜40%オフで購入できる。(2024/5/20)

帰って来た“平成時代の青春コスメ”、期間限定でスプレータイプ登場 「肌水 スキンローション スプレー」3月6日発売
2022年に新生「HADASUI」としてリバイバル。(2024/3/9)

まさかのイメチェンすぎる 「四千頭身」都築、丸刈りからヘアカットした“アフター”に「オシャレ住職かよw」の声
まさかのスキンヘッド。(2024/2/26)

スキンヘッドから髪を“1年間”放置した結果…… 二度見したくなる変化に「もはや別人」【海外】
どの髪形もよく似合う!(2024/2/13)

スキンヘッドの男性が髪の成長を“1000日間”撮影したら…… 驚きの変貌ぶりに「素晴らしい」「よくやり抜いた!」
スキンヘッドから驚きの変化。(2023/12/30)

「マネスキン」とこれからのロックの話をしよう ネットの荒波を乗りこなす、Z世代No.1バンド2度目の来日を振り返ってみる
3000人規模で1回限りの来日公演→1万5000人規模の会場で複数回へと急成長。(2023/12/23)

「スイカゲーム」クリスマス仕様に ダウンロード数は500万を突破
Aladdin Xは21日、Nintendo Switch用ソフト「スイカゲーム」でクリスマススキンの提供を始めた。(2023/12/21)

アイドル、電車内で“スキンヘッドのおじさん”から突然ローキックされたと訴え 「弱そうな私をストレスの吐口にしたんだ」
「スキンヘッドのおじさんがこちらを睨みつけている!」(2023/11/16)

あなた誰……? スキンヘッド芸人、新幹線での私服姿が“恐い”と反響 「オーラ消すの上手い」「ちょいイキった感」
すごみはどことなくある。(2023/11/14)

「スイカゲーム」のスイカがカボチャに 期間限定「ハロウィーンスキン」配布開始 
Aladdin Xは24日、Nintendo Switch用ゲーム「スイカゲーム」で、スイカがカボチャに変わるハロウィーンスキンの提供を始めた。ユーザーは無料でダウンロードできる。(2023/10/24)

ARグラス新モデル「XREAL Air 2」10月発売 より薄型軽量化、5万4980円
日本Xrealは、ARグラスの新モデル「XREAL Air 2」の予約販売を開始。先着1000人にAppleギフトカード(2500円分)、XREAL Kaleido Kit-グラススキン(1500円)、レンズフレームクーポン1000円割引の特典を付与する。(2023/9/22)

中村獅童、“スキンヘッド&刺青”のガラ悪ビジュアルが恐怖モノ 「お子さん泣いちゃう」「パパとは気が付かない」
ドラマ「ケンシロウによろしく」のオフショット。(2023/9/14)

Z世代トップロックバンド「マネスキン」が『BEASTARS』と再コラボ 日本アニメの大ファンだけに「ついに実現して、すごくハッピー!」
板垣巴留先生「日本の美味しいものを食べて下さいね」(2023/6/20)

息子が眉なし&スキンヘッドの反抗期も「家族写真」を撮り続けたら…… 結婚式から37年間撮り続けた記録に「泣ける」の声
愛が写っている。(2023/6/15)

がん再々再発の古村比呂「まつ毛&眉毛が更になくなって」 髪脱毛開始時にはバリカンでスキンヘッドに
抗がん剤治療で腫瘍が縮小したことを伝えていました。(2023/6/6)

がん再々再発の古村比呂、息子が仕上げた“スキンヘッド”に反響集まる 「後光さしてます」「清々しくて良い」
アフロも似合ってる。(2023/3/9)

食道がんから復帰の秋野暢子、入院中のスキンヘッドは“勘違い”がきっかけ 「徹子の部屋」で真相明かす
まさかの。(2023/2/13)

似合うってどういうことだよ! 橋本環奈、“スキンヘッド”姿に衝撃の声「同じ人間とは思えない」「顔が綺麗なことを再確認」
共演の吉沢亮さんも絶賛。(2022/12/24)

スキンヘッドだった秋野暢子、伸びてきた髪をカラーリング 「綺麗すぎてうっとり」「パリジェンヌのよう」
がん闘病で自ら髪を剃っていました。(2022/11/25)

「ホロライブ×Among Us」が夢のコラボ! ぺこら・マリンなどホロライブメンバー10人が限定スキンに
値段は$9.99。ゲームプレイを通じて、アンロックするとスキンを使用できます。(2022/9/21)

食道がんの秋野暢子「さっぱりスキンヘッドにしてみました」 頭そり上げた姿に「命かけての戦闘モード」「潔い」と反響集まる
強い。(2022/7/15)

大地真央、大胆スキンヘッド姿を公開 元宝塚トップスターの広すぎる振れ幅にファン脱帽「お見事です!」
さすがっす!(2021/11/5)

Samsung、「Wear OS(仮)」+「One UI Watch」の新「Galaxy Watch」を予告
SamsungはMWC開催に合わせたオンラインイベントで、次期「Galaxy Watch」搭載の当たらな統合プラットフォームとそれに合わせて開発した「One UI Watch」を発表した。これらのOSとスキン搭載の新スマートウォッチは今夏後半にデビューする。(2021/6/29)

モデルの相川結、スキンヘッドに挑戦し反響 「めっちゃかっこいい」「頭の形も綺麗」
「せっかくならスキンヘッドにも挑戦したい!」との思いから。(2021/5/15)

100均の「ロディ」14個が合体した可動式ロボがまさかのかっこよさ 「ジョジョのスタンド」「フォートナイトのスキンっぽい」
ゴゴゴゴゴ。(2021/4/6)

医療技術ニュース:
皮膚感覚に影響を与えない極薄スキン圧力センサーを開発
東京大学は、皮膚に直接貼り付けても皮膚感覚に影響を与えない、極薄のスキン圧力センサーを開発した。溶解した材料から紡糸する電界紡糸法を用いて、4つのナノメッシュ層を重ね合わせて作製している。(2020/12/10)

人気バトロワ「Fall Guys」にゴジラ襲来 マシュマロ体形のコラボスキンがかわいい
11月3日よりコラボ開始。(2020/10/28)

手の甲などへの情報表示が可能に:
東京大ら、フルカラーのスキンディスプレイ開発
東京大学の研究チームと大日本印刷は、薄型で伸縮自在の「フルカラースキンディスプレイ」を開発した。手の甲に直接貼り付けることができ、表示内容はBluetooth Low Energyを介し外部から制御することが可能である。(2020/7/20)

ウェアラブルニュース:
薄型で伸縮自在なスキンディスプレイがフルカラーに、耐性試験100万回も達成
東京大学 教授の染谷隆夫氏の研究チームと大日本印刷が、薄型で伸縮自在なフルカラーの「スキンディスプレイ」と駆動・通信回路と電源を一体化した表示デバイスの製造に成功したと発表。皮膚上に貼り付け可能で、無線通信で外部から送られた画像メッセージを表示でき、新たなタイプのコミュニケーションシステムになる可能性があるという。(2020/7/14)

「皮膚に貼れるディスプレイ」がフルカラー化 スマホと連携、肌にハートや「いいね」マークを表示
東京大学と大日本印刷が皮膚に貼り付けできる「スキンディスプレイ」のフルカラー化に成功。ハートマークや「いいね」マークを皮膚上でカラフルに表示できる。(2020/7/13)

どうして似合ってしまうんだ! 倉科カナ、突然のスキンヘッド姿でファンをビビらせる「真の美人や」
ツルピカ。(2020/6/29)

「ザビエルの反抗期」「戦闘機に轢かれた頭上」 あばれる君、10日間伸ばした髪を染めた姿にまたも“あだ名大喜利”が始まる
頭頂部のみのスキンヘッドを隠す試みでした。(2020/5/27)

Innovative Tech:
こんにゃくに学ぶ、400%伸びるスキンセンサー トロント大学などが開発
ヒドロゲルを組み込んだセンサーをウェアラブルデバイスに組み込むことを検討している。(2020/1/24)

「ホント別人にしか見えなかった!」 狩野英孝、特殊メイクのスキンヘッド姿が面影ゼロ
ど、どちらさまでしょうか……?(2019/10/30)

「初めて知った…!」 iPhoneの一部の絵文字、長押しすると色違いが選べることに驚く声上がる
スキントーンが5種類の中から選べます。(2019/3/1)

懐かしの音楽プレーヤー「Winamp」、公式サイトが突如復活 クラウドやストリーミングに対応の最新バージョンを2019年に提供
スキンに凝ったあのころが再び?(2018/10/16)

Apple Pencilを鉛筆にする方法
Apple Pencilを個性的に変えられるスキンシール「Apple Pencil Wraps/Skins」が楽しい。(2018/10/11)

Android版「フォートナイト」のβ、Galaxyユーザーに先行提供
Galaxyシリーズユーザーは、Android版「フォートナイト」(β)を8月9日からプレイできるようになる。「Galaxy Note9」を予約すると特別スキンがもらえる。(2018/8/10)

男前なのバレちゃった! ムロツヨシ、スキンヘッド姿で“市川海老蔵似”のイケメンに変身する
二重幅スゴい。(2018/7/7)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Google Home」が和風に変身? ドレスアップできるスキンシールを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はサンワサプライから発売された「Google Home」用のスキンシールを紹介する。(2018/6/23)

UNiCASE、薄くしなやかなカウスキン使用のカラフルなiPhoneケースを発売
UNiCASEは、生後6カ月以内の仔牛の皮・カウスキンを使用したiPhoneケース「SIMPLEST COWSKIN CASE」を発売。iPhone 8/7用、iPhone 8 Plus/7 Plus用、iPhone X用をラインアップし、9パターンのカラーを取り揃えている。(2018/6/15)

東京大学 大日本印刷 スキンディスプレイ:
薄型で伸縮自在なスキンディスプレイに表示できるセンサーシステム
東京大学と大日本印刷は、薄型で伸縮自在なスキンディスプレイの製造に成功。スキンセンサーで計測した心電波形の動画を、皮膚上に貼り付けたスキンディスプレイに表示できるセンサーシステムを開発した。(2018/3/30)

ウェアラブルニュース:
薄型で伸縮自在なスキンディスプレイに表示できるセンサーシステムを開発
東京大学と大日本印刷は、薄型で伸縮自在なスキンディスプレイの製造に成功。スキンセンサーで計測した心電波形の動画を、皮膚上に貼り付けたスキンディスプレイに表示できるセンサーシステムを開発した。(2018/3/13)

皮膚に貼れ、伸縮自在な「スキンディスプレイ」東大など開発
東京大学は、大日本印刷と共同で、皮膚に貼り付けて使う薄型・伸縮自在な「スキンディスプレイ」を開発したと発表した。「スキンセンサー」で計測した心電波形の動画を、スキンディスプレイに表示できたという。(2018/2/20)

皮膚に密着、手軽に健康管理:
薄型で伸縮自在、スキンディスプレイを開発
東京大学と大日本印刷は、薄型で伸縮自在なスキンディスプレイを共同開発した。スキンセンサーなどと組み合わせることで手軽に健康管理が行える。在宅ヘルスケアなどへの応用を見込んでいる。(2018/2/20)

ロボット開発ニュース:
ロボットスキンに応用可能な触覚動作を認識するセンサーシステム
NEDOとJAPERAは、高精細/高感度な圧力センサーと、これをロボット・スキンに応用するシステムを開発した。なでる、たたく、もむなどのさまざまな触覚動作をロボットに認識させることができる。(2017/10/25)

省エネビル:
ガラス壁面に最適なダブルスキン、トヨタと旭硝子が共同開発
旭硝子とトヨタ自動車は、省エネ性能が高い二重ガラス「上吊型ダブルスキンシステム」の共同開発を開始。自動車販売会社のショールームやオフィスビル向けの製品として、2018年春の販売を目指す。(2017/10/5)

Casetify、iPhoneの形状を生かせる厚さ0.45mmのスキンケースを発売
テックアクセサリーブランド「Casetify」は、厚さ0.45mmのスキンケースを発売。iPhoneの形状をそのまま生かしたスリムなフィット感を実現し、手になじむマットな仕上がりとなっている。対応機種はiPhone 6/6 Plus、iPhone 6s/6s Plus、iPhone 7/7 Plus。(2017/8/23)

UNiCASE、iPhone 7/7 Plus向けハンドメイドケース「COWSKIN Diary」発売
スマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」は、5月下旬に「COWSKIN Diary for iPhone 7/7 Plus」を発売。キメが細かく柔らかい仔牛の皮「カウスキン」を使用し、職人がハンドメイドで美しく仕上げている。(2017/5/15)

Spigen、iPhone 7/7 Plusの新色「(PRODUCT)RED」に合わせたケースを発売
SpigenがiPhone 7/7 Plusの「(PRODUCT)RED」に合わせたカラーの保護ケースを発売した。「エアースキン」「シン・フィット 360」「ウルトラ・ハイブリッド2」など6製品からスタートし、順次追加していく予定だ。(2017/4/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。