• 関連の記事

「ロシア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ロシア」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
欧米で警戒されるロシア製ソフト、日本政府が使用していた どんなリスクがあるのか
日本の中央省庁などの公的機関が、欧米で警戒されているロシア製ソフトウェアを使用していることが分かった。日本各地の国土情報や、港湾などの施設情報が国外に漏れる可能性もある。リスクを放置せずにしっかりと対応するべきだ。(2024/3/29)

Computer Weekly日本語版+セレクション
標的型攻撃が外交官を狙う 「BMWの格安中古車」でだます手口とは
ウクライナで働く外交官を標的にしたサイバー攻撃が活発化している。ロシアの攻撃者によるものとみられる攻撃の手口とは。(2024/3/25)

「店の看板がなくなった」「戻してほしい」 ロシア料理店、30年近く使った看板が行方不明で切実な訴え → 無事発見されて感謝
見つかって良かった……。(2024/3/18)

ハッカー集団の「終わらない攻撃」
Microsoftに続き、HPE従業員のメールが“丸見え” なぜ侵入できたのか?
2023年5月からロシア系サイバー犯罪集団「Cozy Bear」がHPEのメールシステムに侵入していたことが判明した。これはMicrosoftが受けた攻撃と類似している。その手口とは。(2024/3/13)

セキュリティニュースアラート:
Microsoft、Midnight Blizzardにより「機密情報」が漏えいしたと認める
Microsoftはロシア国家が支援する脅威アクター「Midnight Blizzard」によるサイバー攻撃の調査結果を発表した。顧客の「機密情報」が流出した他、窃取されたデータによって不正アクセスの試行が確認された。(2024/3/12)

新たな歴史刻む北陸新幹線延伸終着駅の敦賀 かつては「東京ーベルリン」への経由地だった
16日に北陸新幹線が延伸され、東京と直結する福井県敦賀市。明治時代から戦前まで「欧亜国際連絡列車」が発着し、ウラジオストク(ロシア)への定期航路が出ていた同市は「鉄道と港のまち」として知られ、その歴史を学べるのが、敦賀港の近くにある「敦賀鉄道資料館」。(2024/3/5)

ロシア監獄で急死したナワリヌイ氏の妻、InstagramとTelegramで発信 Xはアカウント停止後再開
ロシアの監獄で突然志望した反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の妻は、InstagramとXで夫の遺志を継ぐと語る動画を投稿した。Xのアカウントは一時停止されたが、3時間後復活した。(2024/2/21)

ウクライナ侵攻で手足失った人に義手・義足を 日本企業、3Dプリンタ使用で安価
ロシアがウクライナに軍事侵攻してから約2年となるが、ウクライナでは多くの人が手足を失っており、その数は1万人以上といわれる。こうした状況を変えようと、日本のベンチャー企業や自治体が支援に乗り出している。(2024/2/19)

OpenAIとMicrosoft、AIを攻撃に悪用するロシアや中国のアカウント停止
MicrosoftとOpenAIは、LLMなどのAIツールがロシアや中国などとつながる脅威アクターに悪用されているという調査結果を発表した。両社はこれらの脅威アクターに関連付けられているすべてのアカウントと資産を無効にしたとしている。(2024/2/15)

ウクライナ軍部、ロシア占領軍によるStarlink使用を報告 マスクCEOは否定
ウクライナの国防情報局は、ロシアの占領軍がSpaceXのStarlink端末を使っていると発表した。イーロン・マスクCEOはこれを「誤報」とし、「われわれの知る限り、Starlinkが直接あるいは間接的にロシアに販売されたことはない」とポストした。(2024/2/13)

テキストを復号するユーティリティツールが、裏でバックドアを構築:
Google、PDFで政府要人を狙うロシアの脅威グループ「COLDRIVER」の手口を報告
Googleは、ロシアの脅威グループであるCOLDRIVERによる最新の手口を報告した。(2024/2/6)

“シベリアン・ハスキー”は寒さに強いはずが……? 最強寒波に挑んだ“結果”に「故郷に帰れませんね」
こたつから出てるお尻がかわいい。(2024/2/4)

セキュリティニュースアラート:
Microsoftに攻撃を仕掛けたMidnight Blizzard 攻撃を防ぐためにできることは?
Microsoftはロシアが支援する脅威アクター「Midnight Blizzard」についての調査結果を公表した。同社はMidnight Blizzardによる攻撃を受けて、この組織の優れている点やリスクを低減する方法を解説した。(2024/1/31)

Microsoft、ロシアが支援するNobeliumによる攻撃で社内メール盗難
Microsoftは、ごく一部の従業員のメールアカウントが侵害され、メールが盗まれたと発表した。同社がロシア国営攻撃者とするMidnight Blizzard(Nobelium、APT29、Cozu Bear)の攻撃としている。(2024/1/21)

Cybersecurity Dive:
ロシアの脅威アクター、大手ケチャップメーカーを攻撃したと言い張る
ランサムウェアグループが攻撃への関与を主張する中、クラフト・ハインツは「潜在的な攻撃は廃止されたマーケティングサイトに関するものであり、社内システムは正常に動いている」とコメントした。(2024/1/20)

外交官を狙った「Cozy Bear」の攻撃【前編】
「BMWの格安中古車」はまさかの偽物だった? 外交官を狙った巧妙な手口
ロシアが侵攻したウクライナで働く外交官を標的にした攻撃活動が活発だ。攻撃者はロシア政府が絡むCozy Bearだ。高級車を餌にして、標的をわなに掛ける方法とは。(2024/1/15)

村田製作所やパナソニック、ロシア兵器に部品使用のウクライナ政府発表に戸惑い
ロシアの無人機やミサイルなどの兵器に一部日本企業の部品が使われていたとされる問題で、製造元の企業が対応に苦慮している。ウクライナ政府によると、日本の部品で見つかったのは集積回路(IC)やエンジン、カメラなど136個。(2024/1/11)

これがシベリア流…… 凍った魚をナイフで削り出す極寒の地ならではの魚の食べ方が興味深い
「ストロガニナ」という伝統的な料理です。(2023/12/27)

近大のチョウザメ研究で「メスだけを生む“超メス”」選抜に成功 養殖キャビアの生産効率向上に期待
ロシアチョウザメは外見では雌雄を見分けられないため、生殖腺が発達するまでの数年間はオスも飼育する必要があるという課題の解決に期待。(2023/12/15)

露情報機関、英政官界に大規模サイバー攻撃
英政府は、ロシア情報機関「連邦保安局」(FSB)が英国内の政治家や公務員、記者、民間団体関係者らを標的に大規模なサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。英政府はFSB傘下のハッカー集団の構成員ら2人を制裁対象にしたほか、駐英ロシア大使を呼び出して「深い懸念」を表明したとしている。(2023/12/8)

ロシア系ハッカー集団「Storm-0978」の手口【後編】
Microsoft製品が狙われる――対策に使えるWindowsの“あの機能”とは?
多彩な攻撃手法を用いるロシア系サイバー犯罪集団「Storm-0978」は、Microsoft製品の脆弱性を悪用している。Storm-0978による攻撃に有効なセキュリティ対策とは。(2023/11/26)

2024年の注目キーワード 3位「人手不足」、2位「物価」、1位は?
企業が2024年に注目しているキーワードは1位「ロシア・ウクライナ情勢」(73.2%)で、2位「物価(インフレ)」(64.7%)、3位「人手不足・人材確保」(63.6%)だった。(2023/11/22)

ロシア系ハッカー集団「Storm-0978」の手口【前編】
WordなどMicrosoft製品を悪用する「Storm-0978」の恐ろしい手口とは
2023年夏頃からロシア系サイバー犯罪集団「Storm-0978」の攻撃活動が盛んだ。特に注意が必要なのはMicrosoft製品のユーザー企業だ。Storm-0978はどのような攻撃を仕掛けているのか。(2023/11/17)

Cybersecurity Dive:
「中国は米国の最大敵対国」 CISAは国家主導の脅威アクターにどう対抗する?
CISAはロシアとウクライナの戦争に関連するリスクに重点を置いていたが、現在は中国を最も重要な国家レベルの脅威と見なしている。(2023/11/11)

中東のサイバー攻防激化 ガザ情勢受けて欧米や日本にも飛び火
イスラエル軍とイスラム原理主義組織ハマスの大規模戦闘が続く中、親パレスチナや親ロシア、親イランのハッカー集団がイスラエルへのサイバー攻撃を強めている。攻撃の対象はイスラエルの自衛権を支持する欧米諸国や、イスラエルとサイバー協力を進める日本にも拡大。サイバー空間上の攻防が紛争の激化につながる恐れも懸念されている。(2023/11/6)

『通販生活』カタログハウスからの「お詫びの言葉」、駐日ウクライナ大使が公開
カタログハウスは表紙について、ロシアの侵攻に「ケンカ」は「不適切な言葉」だったと謝罪していました。(2023/10/31)

『通販生活』在日ウクライナ大使館からの抗議に謝罪 ロシアの侵攻に「ケンカ」は「不適切な言葉」
発行元のカタログハウスは大使館に謝罪するとともに、読者に「つたない表現で誤解を招いてしまったことをお詫びします」と謝罪しました。(2023/10/31)

Microsoft製品の危ない欠陥【第1回】
ロシア系攻撃集団が狙う「Microsoft Office」の脆弱性 なぜ危ない?
「Microsoft Office」に脆弱性が見つかり、企業が攻撃を受けるリスクが高まっている。見つかった脆弱性はなぜ危険なのか。誰が悪用して攻撃を仕掛けようとしているのか。基礎情報を抑えよう。(2023/9/14)

一部で広告掲載NGも:
おせちの「数の子、いくら、サーモン」はどうなる? 百貨店がロシア産の扱いに苦慮 でも「使わないと成立しない」
「おせち料理」の予約商戦が本格化する中、ウクライナ戦争の影響でロシア産食材を使った商品の場合、広告掲載NGになるケースが発生しているという。ただ、「使わないと商品が成立しない」として、百貨店側が対応に苦慮している。(2023/9/3)

中国人100人に聞いた:
中国人が最も行きたい国 3位「シンガポール」、2位「ロシア」、1位は?
中国人はどの国に行きたいと思っているのだろうか。調査したところ……。(2023/8/18)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
“サイバー兵器”と化すDDoSやWeb攻撃 背景にはウクライナ・東アジア情勢などの緊張
ロシアのウクライナ侵攻や徐々に緊迫度を増す東アジア情勢などの地政学的なリスクの高まりは、引き続きサイバー攻撃のアタックサーフェス(攻撃対象領域)と攻撃の手法に変化をもたらしている。改めて企業や組織が取るべき対策を具体的に示す。(2023/8/9)

シベリアの永久凍土の線虫、4万6000年の眠りから覚醒 露・独の研究チームが発表
約4万6000年間、シベリアの永久凍土で休眠していた生物が目覚めた──ロシアとドイツの研究チームは、そんな研究成果を発表した。目覚めた生物は線虫の一種で、凍っていた状態から解凍したところ再び動き出したという。(2023/7/28)

施工:
熊谷組と住友林業が“ロシア産材の確保困難”で、KS木質座屈拘束ブレースに国産材含む2樹種を追加
熊谷組と住友林業は、共同で開発した「KS木質座屈拘束ブレース」に国産材を含む2樹種を追加し、新たに構造性能評価を取得した。(2023/7/6)

ロシアで広がるライセンス違反【後編】
ベンダー撤退のロシアで広がる「並行輸入」「ライセンス無視」の無法なIT利用
ウクライナ侵攻を機にロシア国内からIT企業を含むさまざまな企業が撤退した。同国政府は経済活動に関わる商品を入手できない事態を避けるため、並行輸入を認めた。企業は安心してIT製品を使えるのだろうか。(2023/6/15)

ロシアで広がるライセンス違反【前編】
ロシア企業にとって「ITベンダー撤退」が“完全な悲報”ではない裏事情
ウクライナ侵攻により、ロシアからIT企業が次々と撤退した。撤退に伴い、同国内の企業はライセンス期間の終了をもってIT製品やサービスを使用できなくなる。その対策に乗り出したロシア政府の答えは。(2023/6/7)

任天堂、ロシアでの事業を縮小 「経済予測を踏まえて」 アカウント作成を停止、決済情報は削除
任天堂がロシア支社での事業を縮小する。国/地域をロシアに設定したニンテンドーアカウントを新規開設できなくする他、アカウントにひもづけたクレジットカード情報などの決済情報は削除した。(2023/6/1)

ビジネス上の最大のリスクは「インフレ」:
44%のCEOが「インフレで上がったコストは顧客に転嫁すればよい」と考えている ガートナー
ガートナージャパンは、世界のCEOを対象に実施した調査の結果を発表した。同社は「米国や中国、ロシアなどの超大国に囲まれた日本の企業は、今後これらの国の企業とどのように付き合っていくべきか、決断を迫られている」と注意を喚起している。(2023/5/19)

Twitter、中露国営、NPR、BBCなどのメディアからラベル削除 「アイザックソン氏の提案」とマスク氏
TwitterはBBCやNPRに表示していた「政府出資メディア」というラベルを削除した。同時に、タス通信などロシアや中国のメディアの「国家当局関係メディア」も削除した。マスク氏はNPRに「これはウォルター・アイザックソン氏の提案だ」とメールした。(2023/4/23)

NATOを狙うDDoS攻撃【後編】
なぜ政府機関に「DDoS攻撃」? ロシアが支援するハッカー集団Killnetの狙いとは
親ロシアの攻撃集団「Killnet」は、政府へのDDoS攻撃を繰り返している。その攻撃手法と、政府を標的にする理由を解説する。(2023/4/3)

Apple、クラシック特化の音楽配信「Apple Music Classical」スタート ただし日本は対象外
米Appleは3月28日(現地時間)、クラシック音楽の愛好家向けに設計された、音楽配信アプリ「Apple Music Classical」を発表した。Android向けアプリは近日公開予定だが、日本、中国、ロシア、韓国、台湾、トルコでは利用できない。(2023/3/29)

ロシア国防省、日本海でミサイル発射 SNS「Telegram」で映像公開 100km先に2発直撃
ロシア国防省は、日本海でミサイルを発射したと発表した。(2023/3/28)

NATOを狙うDDoS攻撃【前編】
トルコ大地震の救助活動にも影響――NATOを狙った「DDoS攻撃」被害の実態は?
親ロシアのハッカー集団「Killnet」は、北大西洋条約機構(NATO)にDDoS攻撃を実施した。攻撃により、どのような被害が生じたのか。(2023/3/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「物価の優等生」は死語に!? エッグショック後も、価格が高止まりしそうな理由
卵の価格が高騰している。鳥インフルエンザやロシア・ウクライナ戦争の影響だが、エッグショック後も価格が高止まりしそうな理由とは?(2023/3/15)

サイバー攻撃の激化にどう対処する?
ウクライナ戦争は対岸の火事ではない 今そこにあるサイバー攻撃の危機
ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけにして、サイバー空間でもさまざまな攻撃が繰り広げられている。その実態と、日本企業が講じるべきセキュリティ対策とは。(2023/2/21)

製造マネジメントニュース:
AGCが過去最高の売上高を記録するも営業利益は低迷、不透明なロシア事業の譲渡を検討
AGCが2022年12月期通期業績を発表。売上高は前期比3385億円増の2兆359億円と過去最高記録した一方で、営業利益は前期比222億円減の1839億円となった。(2023/2/10)

「地獄を味わってる」オーストリア発ロシア風パンクバンドが解散 軍事侵攻以降ネット攻撃止まず、「戦争と無知の犠牲者」と話題に
メンバーにはロシア人とウクライナ人も。(2023/2/7)

製造マネジメントニュース:
2023年のサプライチェーン予測、不確実性と変動性の高い状況が継続か
インフォアジャパンは、「2023年のサプライチェーンに関する予測」を発表した。新型コロナウイルス感染症やロシアによるウクライナ侵攻などの影響により、サプライチェーンの課題は2023年も継続すると予測する。(2023/2/1)

Digi-Key Electronics APAC ビジネス部門バイスプレジデント Tony Ng氏:
PR:6000万件の製品データを持つ代替品提案システム。調達困難下の部品供給を最重要課題に据えるDigi-Key
長引く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大によるパンデミックに加え、ロシアのウクライナ侵攻や米中貿易戦争、急速に進むインフレなど業界全体が多くの課題に直面する中、米大手ディストリビューターのDigi-Key Electronicsは、2年連続で2桁成長と、かつてない飛躍を遂げた。今回、同社のAPAC(アジア太平洋地域)ビジネス部門バイスプレジデントのTony Ng氏が、予測困難な今後の市況にどう対応していくのか、同社の戦略について語った。(2023/1/12)

ウクライナ政府の「対ロシア」セキュリティ対策【後編】
ロシアのサイバー攻撃に全力対抗 ウクライナが生かした“準備期間”とは
ウクライナは活発化するロシアのサイバー攻撃にさらされながらも、抵抗を続けている。その背景には、ウクライナ政府にとっての“準備期間”の存在があるという。どういうことなのか。(2023/1/11)

Innovative Tech:
WordPressの“古いプラグインやテーマ”から侵入するサイバー攻撃、ロシアの企業が発表 標的のアドオンリストあり
ロシアのアンチウイルス製品を開発するDoctor Webは、WordPress CMSをベースとしたWebサイトをハッキングする悪意のあるLinuxプログラムを発見したと発表した。(2023/1/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。