• 関連の記事

「リモコン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リモコン」に関する情報が集まったページです。

製造業IoT:
家電リモコンの赤外線データベース、エアコン9724機種や照明1196機種などに対応
SMKは、家電機器のリモコンで用いる赤外線データのクラウドデータベース「SMK IRライブラリ」について、無償トライアルサービスの提供を開始した。同ライブラリにより、さまざまな家電機器をスマートフォンやAIスピーカーなどで操作できる。(2022/6/28)

Bluetooth活用で設定をシンプル化、ラトックがスマートリモコン「スマリア」発売
ラトックシステムは23日、スマートリモコン「RS-WBRCH1」を発表した。スマートスピーカー非対応の家電も声で操作できるようになる。(2022/6/23)

ライブラリーをクラウド上に構築:
SMK、IRデータの無償トライアルサービスを開始
SMKは、家電製品のリモコンより送信される赤外線(IR)データを「SMK IRライブラリー」としてクラウド上に構築し、無償でIRデータを取得できる「トライアルサービス」を始めた。ライブラリーを活用すれば、スマートフォンなどから既存の家電機器を操作するシステムの開発が容易になる。(2022/6/14)

リモコン操作にも対応 「チョロQ」モータープルバックで進化 引いた回数で走り方が変化、走行パターンのプログラミングも
別売りのコントローラーで、リモートコントロールも可能。(2022/6/11)

iOS版「Google Play ムービー& TV」アプリも「Google TV」アプリに改称 スマホのリモコン化も可能に
GoogleはiOSアプリ「Google Play ムービー& TV」を「Google TV」に改称し、新機能を追加した。Androidアプリも更新し、スマートフォンをスマートテレビやChromecast接続テレビのリモコンとして使えるようになった。(2022/6/2)

「超音波リモコン」で操作できる昭和のテレビに驚きの声 自動でダイヤルが回る仕組みに「心霊現象みたい」
要は高い音に反応する仕組みなので、鈴の音などでも動きます。(2022/5/13)

「絶対に妖怪がいるだろ」 牛乳とトイレットペーパーとリンスが無くなるの早すぎる問題の“犯人”に納得しかない
リモコンを隠す妖怪もいますよね。(2022/4/28)

本体にも付属へ:
「Fire TVシリーズ」の第3世代リモコンに「ABEMAボタン付き」登場 2980円
Amazonの映像デバイス「Fire TVシリーズ」に対応する音声認識リモコンに、Amazon Musicボタンの代わりに「ABEMA(アベマ)ボタン」が搭載されたものが登場する。ボタンを押すと「ABEMA」アプリが一発起動するもので、Amazon.co.jpや家電量販店ではこのリモコンが付属するFire TVシリーズも順次発売される。(2022/4/15)

Amazon Fire TVシリーズのリモコンに「ABEMAボタン」付きバージョン リモコンの単体販売も
Abema TVは15日、「Amazon Fire TV」シリーズのリモコンに「ABEMA」ボタンが搭載されたと発表した。ワンタッチでABEMAが起動する。(2022/4/15)

人目が気にならない“セルフ写真館”、キタムラが新宿にオープン 「コスプレ割」も
キタムラは12日、「セルフ写真館」をうたう「PICmii」の予約受付を始めた。カメラの設定、照明などはスタジオ側が準備。リモコンを操作して利用者が撮影する。(2022/4/12)

電力価格高騰で「採算性の担保が困難」――新電力「Natureスマート電気」終了へ 6月30日で供給停止
スマートリモコン「Nature Remo」などを手掛けるNatureは4月11日、電力小売サービス「Natureスマート電気」を終了すると発表した。(2022/4/11)

Nature、スマートリモコン「Nature Remo」用アプリをアップデート Apple Watchからの操作に対応
Natureは、同社製スマートリモコン「Nature Remo」専用アプリのアップデートを発表した。(2022/4/1)

Spotify初のハードウェア「Car Thing」、90ドルで発売
Spotifyが同社初のハードウェア製品「Car Thing」を米国で発売した。車のダッシュボードに取り付けるSpotify専用リモコンのようなもので、価格は89.99ドル(約1万円)。Spotify Premiumアカウントとモバイルアプリ搭載スマートフォンが必要だ。(2022/2/23)

CloseBox:
寒い夜は人をダメにするリモコンで読書寝落ちしよう
布団から手を出さずにページをめくれる、人をダメにするリモコンの登場である。(2021/12/14)

【Amazonブラックフライデー】スマートリモコンのエントリーモデル「Nature Remo mini」が2000円オフ スマートホーム関連セールまとめ
今ある家電はそのままで、自宅をスマートホーム化できる優れもの。(2021/11/28)

自動車業界の1週間を振り返る:
カギ代わりのスマホアプリにトラブル、新しい機能や装備の満足度を高めるには
さて、先週の土曜日、テスラのオーナー向けスマートフォンアプリで障害が発生したと報じられました。アプリがサーバに接続できず正しく動作しなかったため、車両とアプリの接続もうまくいかなかったようです。その結果、リモコンキーを持ち歩かずアプリを鍵代わりにしていたユーザーは、クルマに乗れなかったり、始動したりできなかったとのこと。(2021/11/27)

エレコム、リモコン付きスマホ向けVRゴーグル 7型スマホまで対応
エレコムがリモコン付きスマホ向けVRゴーグルを発売する。7型までの大型スマホにも対応し、専用のリモコンでカーソル操作や再生/一時停止も可能だ。(2021/11/10)

PS5用「torne(トルネ)」アプリ11月24日より配信へ 動作はよりスムーズに、メディアリモコンにも対応
待ってた!!!(2021/11/10)

新登場の「Fire TV Stick 4K Max」 4Kの視聴環境がない人でも選ぶべき理由
Amazonが新たに発売した「Fire TV Stick 4K Max」は、Fire TVシリーズとしては初めてWi-Fi 6接続に対応し、メモリ増量で処理パフォーマンスアップ、リモコンも最新版に改められた。実際の使い勝手をチェックしよう。(2021/10/27)

「お風呂がわきました」が流れる“給湯器リモコン”のガシャポン登場 1回400円で全4種
耳慣れたメロディーをいつでも楽しめる。(2021/10/19)

1回400円:
「もうすぐお風呂がわきます」 給湯器のサウンドを搭載したカプセルトイが登場
バンダイは、ノーリツが製造販売する給湯器のリモコンのサウンドが流れるカプセルトイを10月第5週に発売する。全4種類。(2021/10/18)

「おふろがわきました」 ノーリツの給湯器リモコンがガシャポンに 音声案内を再現
ノーリツは18日、バンダイとのコラボレーションにより音声案内や音楽が流れる給湯器リモコンのカプセル玩具が登場すると発表した。(2021/10/18)

Androidにこの秋追加予定の13の新機能 TVリモコンや「Camera Switches」など
Googleが今秋追加予定のAndroidの新機能を13個紹介した。既にPixelシリーズでは使えるものが多い。「Google TV」アプリが日本でも公開され、Android TV対応テレビをスマートフォンでつけられるようになる。(2021/9/24)

HomePod miniがApple TVのスピーカー、音声リモコンに Apple、「HomePodソフトウェア 15」を配布開始
HomePodに続き、HomePod miniでもApple TV 4Kのステレオスピーカーにすることが可能になった。(2021/9/21)

「Fire TV Stick 4K Max」登場 Wi-Fi 6対応+40%パフォーマンスアップで6980円 新リモコン付き
Amazonが、4K対応映像デバイス「Fire TV Stick 4K」の後継モデルを発売する。Fire TVシリーズとしては初めてWi-Fi 6接続に対応したことが特徴で、処理パフォーマンスも最大で40%改善する。(2021/9/9)

文鳥「とうもろこしーー!! とれねー!?」 リモコンの黄色ボタンをもぎ取ろうとする必死な姿がかわいい
いっぱいとうもろこしをあげたくなる。(2021/8/26)

飼い主「リモコン取って」犬「は〜い」 お願いしたら持ってきてくれるワンコが賢い!
助かる……。(2021/8/20)

「キッズにリモコンで叩かれ」山田優、顔面負傷の痛々しい写真公開 「子供の動きはよめない」「リモコン渡すとろくなことが」
3児のママ。(2021/7/12)

Nature、スマートリモコン「Remo mini」にブラックカラーのプレミアムモデル
Natureは、同社製スマートリモコン「Remo mini」をベースにしたプレミアムモデル「Nature Remo mini 2 Premium」を発売する。(2021/6/24)

オウルテック、リモコンマイク付きのiPhone向けLightningイヤフォンを発売
オウルテックは、Lightningコネクターを搭載したステレオイヤフォン「OWL-EPLT02」を発売。ハンズフリー通話やビデオ会議にも使用できるリモコンマイクを備え、周囲の音が聞こえるセミオープンデザインを採用している。(2021/6/16)

Innovative Tech:
リモコン付きラケットで自在に魔球 東大と東工大が超音波卓球「Hopping-Pong」開発
オーグメンテッドスポーツの一つの形だという。(2021/6/16)

エレコム、Bluetoothリモコン付き三脚&自撮り棒を発売
エレコムは動画配信やビデオ通話に便利な三脚と、自撮りに便利な手持ちの二通りで使えるBluetoothリモコン付き三脚&自撮り棒「P-STSR02」シリーズを発売する。(2021/5/18)

Nature、スマートリモコン「Nature Remo」に電気代に応じて家電を自動操作できる新機能を実装
Natureは、電力小売サービス「Natureスマート電気」とスマートリモコン「Nature Remo」との連携に対応した自動操作機能「Nature Smart Eco Mode」の提供を開始した。(2021/5/18)

電気代が上がるとエアコンの設定温度を変えるリモコン 「Nature Remo」に新機能
Natureは、その時の電気代に応じて家電を自動操作する新機能「Nature Smart Eco Mode」の提供を始めた。エアコンから対応する。(2021/5/18)

Appleが新しい「Apple TV 4K」を5月後半に発売 プロセッサを強化して高速化 新しいリモコンも
Appleが、第2世代の「Apple TV 4K」を発売する。4K/60HzのHDR動画に対応した他、新しいリモコン「Siri Remote」を採用するなど操作性を向上している。(2021/4/21)

盗んだリモコンをくわえて走りだすコーギー 絶対に返してくれない愛犬との攻防に飼い主困惑
おいかけっこ楽しいワン。(2021/4/18)

「Fire TVシリーズ」に新しい音声認識リモコンが登場 どんな感じ?
Amazonの「Fire TVシリーズ」で使える音声認識リモコンに「第3世代」が登場する。果たして便利に使えるのだろうか。実物を使ってチェックしてみた。(2021/4/16)

給湯器リモコンがカプセルトイになったぞ! メロディや「お風呂がたまりました」などの音声も出る
メロディと音声も流れます。(2021/4/11)

Amazon、Fire TV用のAlexa音声認識対応リモコン新モデルの予約受付を開始
AmazonがFire TV専用の音声認識対応リモコン「Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)」の予約受け付けを開始した。(2021/3/25)

Amazon、「Fire TV」用3代目リモコン発売へ 4つのアプリボタン付き
Amazonが「Fire TV」シリーズ用の新しいAlexa対応リモコンを4月14日に発売する。単体で2980円だ。ライブ配信を一覧できる「番組表」ボタンと、予めプライムビデオなどが割り当てられた4つのボタン付きだ。(2021/3/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
反応速度は改善された? ラトックシステムのスマートリモコン「RS-WFIREX4」を試した
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はラトックシステムのスマートリモコンを細かくチェックした。(2021/3/19)

SMK 環境発電や無線給電のハイブリッド技術:
2系統電力を併用して製品を電池レス化する技術
SMKは、エナジーハーベスティングとワイヤレス給電の2系統電力を独自方式で組み合わせたハイブリッド技術を開発した。センサーやリモコンなどの電池レス化が可能となり、製品の薄型軽量化、メンテナンスフリー化に寄与する。(2021/3/11)

Nature、電気代“変動制”を採用した電力小売サービス「Natureスマート電気」 スマートリモコンとの連動もサポート予定
Natureは、電力小売サービス「Natureスマート電気」を提供開始を発表した。(2021/3/1)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
モデルチェンジしたスマートリモコン「Nature Remo mini 2」はどこが変わったのか
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、第2世代に進化した「Nature Remo mini 2」(Remo-2W2)をチェックした。(2021/2/26)

「ここは東京駅?」「リアルすぎて笑う」 給湯器リモコンを使ったガチ勢の「電車ごっこ」がハンパない
臨場感ありまくり〜!!(2021/2/16)

スマホカメラで一眼レフカメラのような操作感を実現 「Shutter Grip2」登場
ロア・インターナショナルは、スマートフォン向け小型シャッターグリップ「Shutter Grip2」をクラウドファンディングサービス「Makuake」で先行販売。遠隔操作用リモコンや三脚穴などを搭載している。(2021/2/15)

Nature、税込み6980円の小型スマートリモコン「Nature Remo mini 2」
Natureは、同社製の小型スマートリモコン「Nature Remo mini」の第2世代モデルを発表した。(2020/12/3)

「Chromecast with Google TV」日本での販売価格は7600円
Googleが9月に米国で発売した映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」を日本でも発売する。価格は7600円(税込み)。リモコン付きで「Google TV」を利用できる。(2020/11/18)

「ちょうど電源ボタンのところで……」 リモコンを枕に眠る猫ちゃんとテレビが見られない飼い主さんが面白い
むしろ枕になりたい。(2020/11/18)

ソニーが専用リモコン操作もできるIoTシーリングライトを発売
ソニーネットワークコミュニケーションズは、同社製ネットワークLEDシーリングライトの新モデル「マルチファンクションライト2」シリーズの販売を開始する。(2020/11/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。