• 関連の記事

「プロジェクションマッピング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロジェクションマッピング」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「時は金なり」を立体化したら?:
アート作品「時間を買える貯金箱」が話題 ダイソー時計と“ラズパイ”を活用 制作者の思いを聞いた
「時間を金で買う行為を立体化した」とするアート作品がTwitterで注目を集めている。制作者に作品に込めた思いを聞いた。(2022/6/23)

スポーツDXと3つのIT 上林功・追手門学院大准教授
スポーツにおけるDXは、新たなビジネス創出やコンテンツの充実に不可欠だ。4月にはスポーツエコシステム推進協議会が設立され「スポーツDXファクトブック」が公開された。新しいスポーツの興行や環境整備について触れられている。(2022/5/30)

「歌舞伎でヒーローショーをやりたい」 中村獅童+初音ミクの超歌舞伎「永遠花誉功」ができるまで ニコニコ超会議統括プロデューサーに聞いた
ひさしぶりにリアル上演された超歌舞伎。今回はこれまでの超歌舞伎を壊して作り直したという。どこがどう変わったのか。(2022/5/27)

地球を掘り、恐竜と遭遇し…… 万博コラボイベント「デジタル遊園地」で見えた未来
1970年に「日本万国博覧会」が開かれた万博記念公園で「やってみた展〜カラダで学ぶ遊園地〜」が開かれている。VRやAIなどを活用したコンテンツで、科学を体で感じてもらおうという試み。(2022/4/19)

タイムアウト東京のオススメ:
アートアクアリウム美術館が銀座三越に移転オープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/4/19)

東京タワーの足元にeスポーツをテーマにしたアミューズメント施設、20日開業 特別ライトアップも
東京eスポーツゲートは東京タワーに「日本最大規模」をうたうeスポーツ施設「RED゜TOKYO TOWER」を4月20日にオープンする。(2022/4/18)

予約が殺到:
ドバイ万博「日本館」、展示部門で金賞!
博覧会国際事務局(BIE)は30日夜(日本時間31日未明)、アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のドバイ万博に出展されたパビリオンのうち、日本政府の「日本館」が展示部門で金賞を受賞したと発表した。(2022/3/31)

磯部孝のアパレル最前線:
“恐竜”が出迎えるイトーヨーカ堂の新フロアが面白い! エンタメは大型商業ビジネスの切り札となるか
住みたい街ランキングの上位にランクインしたこともある「武蔵小杉」にある商業施設「グランツリー武蔵小杉」。そこで今、子どもたちを夢中にさせている売り場がある。2021年11月に登場した「TOYLO PARK(トイロパーク)」だ。(2022/3/31)

オープンは4月29日:
パソナ、淡路島に世界最大のりんご型展望シアター「ハローキティアップルハウス」をオープン
パソナは淡路島に「ハローキティアップルハウス」をオープンする。360度のドームシアターで、播磨灘の海を一望できる展望デッキも併設。淡路島の魅力を発信し、地域産業の活性化を目指す。(2022/3/29)

クリエイターを包括的に支援:
インテルがオンラインイベントで明らかにした「Blue Carpet Project」への意気込みとこれから
インテルが、PCメーカー/パーツベンダーを始めとして、さまざまな教育機関やクリエイティブカンパニーと連動して、クリエイターを包括的に支援する「インテル Blue Carpet Project」を展開する。ここでは、第1回イベントの模様をお届けしよう。(2022/3/23)

3700坪超の専門店:
新宿東口「Alpen TOKYO」4月1日オープン ヤマダ LABI東口館跡地
アルペンは、アルペングループ史上最大の旗艦店舗「Alpen TOKYO」を4月1日にオープンする。20年10月に閉店したヤマダデンキ LABI新宿東口の跡地で、地下2階、地上8階の全10フロアに入店する。(2022/3/1)

ガンダムがみなとみらいを染める「GUNDAM PORT YOKOHAMA」開幕 ラストシューティングの巨大バルーン、ホワイトベースの実物大キャプテンシートなど
うおおお!!(2022/2/19)

ガンダム最終回のラストシューティング、全高17mのバルーンで再現 横浜ランドマークタワーで19日から
アニメ「機動戦士ガンダム」のラストシューティングを再現した全高17mのバルーンをが横浜ランドマークタワーに登場する。「みなとみらい線」各駅で関連イベントを行う「GUNDAM PORT YOKOHAMA」の一環。(2022/2/10)

ガンダムの「ラストシューティング」を実写で再現! 横浜ベイエリアにフリーダムガンダムなどが降臨する企画が開催
見られるぞ!私たちにもあの名シーンが見られる!(2022/2/10)

Innovative Tech:
動く物体と背景に張り付くプロジェクションマッピング 東工大などが開発
東京工業大学などの研究チームは、動く対象物だけでなく、動く背景の奥行きも追従し画像投影する深度考慮型ダイナミックプロジェクションマッピングを開発した。例えば、前景の顔だけでなく、背景の布地も動きに応じた画像投影をマーカーレスで行う。(2022/2/9)

PR:大塚 愛のオンラインライブ、演出担当は“AI DJ”!? 無類のステージを作るエイベックス×ネイキッドの挑戦
(2022/1/31)

プロジェクト:
野村不動産らが東京・六本木で商業施設を開業、店舗情報の伝達にNFCを活用
野村不動産と野村不動産コマースは、東京都港区六本木で、商業施設「GEMS 六本木」を2021年11月10日にオープンした。GEMS 六本木は、来館者への店舗情報の伝達手段として「NFC(近距離無線配信)非接触ICチップ」を活用し、エントランスのプロジェクションマッピングでは街との一体感を醸成している。(2022/1/21)

ICT:
プロジェクションマッピングを利用した墨出し技術を開発、大成建設
大成建設は、プロジェクションマッピングにより原寸大図面で墨出しを行う技術「T-iDigital MARKING」を開発し、実証試験でその有効性を確認した。今後は、土木と建築分野の全建設工事で必要となる墨出しで、積極的に適用していく。(2022/1/18)

2022年のさっぽろ雪まつり、リアル会場とオンラインのハイブリッド開催に
リアル会場は規模縮小となります。(2021/11/28)

ミニ四駆が光の軌跡を描いて走る! プロジェクションマッピング駆使したデジタルサーキットが未来感すごい
プロジェクションマッピングの光がマシンに追従。(2021/11/24)

LED:
夜の二条城で光の饗宴、パナソニックの照明演出「アフォーダンスライティング」で幻想空間へいざなう
パナソニック エレクトリックワークス社が、施設の夜間照明やイベント照明で提案するパナソニック製LED投光器を活用した照明演出「アフォーダンスライティング」に、新たな手法として人の行き先を光で示す「誘導」が加わった。京都・二条城で催されている「光と食」の夜会に試験導入されたことに合わせ、現地見学会で光の演出が人の行動にどう影響するのか、その有用性を体験してきた。(2021/11/24)

超大迫力の恐竜に大絶叫! 目の前に恐竜が現れる「ディノアライブ ・プレミアム・タイムダイバー」を体験してきた
こんな近い距離に恐竜が……!(2021/11/7)

Innovative Tech:
煮えたぎる食品サンプルで注文増 カレーのグツグツをプロジェクションマッピングで
カレーの食品サンプルにプロジェクションマッピングを施すことで注文は増えるか否か。(2021/10/26)

製造マネジメントニュース:
東京2020大会を彩った「世界最高輝度」のパナソニック製プロジェクター
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会において、同社技術や製品がどのように活用されたかを紹介する説明会を開催した。(2021/10/13)

Innovative Tech:
超音波で顔や手を“浮かべて”ビデオ会議 遠隔地からジェスチャーを反映
ビーズを浮かせる仕組みを簡単に構築できるシステムを活用。(2021/10/11)

韓国発の「ホカンス」とは?:
ホテルニューオータニ、「サウナホカンス」プラン発売 ナイトプールとテントサウナで密回避
ホテルニューオータニ(東京)が「ナイトサウナ」と宿泊をセットにした、泊まってととのう「サウナホカンス」プランを発売。(2021/9/14)

Innovative Tech:
“玉”も“打つやつ”も全てARなエアホッケー 動的プロジェクションマッピングで
エアホッケーをAR化するに当たってこれまでできなかったこと。円盤を打つときに使う「あれ」。(2021/9/7)

PR:恐竜展の舞台裏 クリエイティブカンパニーNAKED, INC.が「DAIV」を選ぶ理由
(2021/9/9)

これが近未来のポーカーか……! サミーが本気で作ったポーカーハウス「m HOLD'EM目黒」に行ってみた
日本でもブーム到来中のテキサスホールデムが遊べるお店が8月27日にオープン!(2021/8/26)

Innovative Tech:
ドミノ倒し、どう並べるべき? リアルタイム“配置図”生成、プロジェクションマッピングで投影
(2021/8/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
花火商戦に“異変” 遊べる場所が減り続けていた「家庭用」が息を吹き返したワケ
コロナ禍で打ち上げ花火が苦戦している。一方、家庭用の手持ち花火などは好調だ。「SNS映えする」「近所迷惑にならない」といった現代風の工夫が支持されている。(2021/7/28)

MONOist 製造業×品質セミナー(前編):
カメラによるインライン検査やIoT活用、デジタル技術による「品質向上」最新事情
MONOistは2021年6月3〜4日、オンラインで「品質」をテーマとしたセミナー「製造業×品質、革新するモノづくりの在り方」を開催した。同セミナーでは検査不正や品質問題に立ち向かうべく、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)といった新たな技術を「品質改善」にどのように組み込むべきかを紹介した。本稿では「3D DATAを活用した設計品質向上とIT活用インライン検査」をテーマとした、ロジ 代表 小田淳氏の基調講演を含む「Day1」の様子をダイジェストで紹介する。(2021/7/6)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(8):
量産部品の設計に必要な知識と品質に関する考え方
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する連載。第8回は、量産部品を設計するために必要な知識と配慮すべき具体的な事項、さらには品質との関係を取り上げる。(2021/6/16)

月刊乗り鉄話題(2021年5月版) 「小田急ロマンスカー」まめ知識(3):
【知ってる?】ロマンスカー10000形 HiSEの「Hi」の意味は?
これを知っておくとロマンスカーミュージアムをもっと楽しめちゃう「小田急ロマンスカーまめ知識」。え? HiSEのHiはハイデッカーじゃない……の? 20000形RSEには「実は双子の兄弟」がいるそうです……!(2021/5/23)

Innovative Tech:
動く腕にぴったり貼り付いて映像を投影 東工大が開発
ダイナミックプロジェクションマッピングの新たな展開。(2021/4/6)

動きに貼り付く映像技術「ダイナミックプロジェクションマッピング」の変遷
これまで何度か紹介してきたダイナミックプロジェクションマッピング技術。その変遷をまとめた。(2021/3/31)

「調子に乗って出したアイデア」 女性タレントをブタに見立てた五輪演出統括、謝罪文全文を公開
チームメンバーの批判を集め、撤回していたといいます。(2021/3/18)

Innovative Tech:
拡張現実をさらに拡張する「AAR」 頭上のプロジェクターからARで見えているものを投影
HoloLensの上にプロジェクターを装着してできる拡張拡張現実とは。(2021/3/12)

USJの任天堂エリア、18日開業 整理券などで入場者数を調整
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を3月18日に開業すると発表した。(2021/3/8)

VR:
“脱モデルルーム”が実現するクラウド型VR内覧、関内の新築マンションギャラリーで採用
日鉄興和不動産は同社初となる新築マンションの「体験型VRモデルルーム」に、スタイルポートのクラウド型VR内覧システム「ROOV walk」を採用した。モデルルームを作って見せるという既存のマンション販売の在り方を変革し、非接触が求められるコロナ禍でも有効な販売戦略の一つと位置付けている。(2021/3/3)

製品動向:
ニューマチックケーソン工事の掘り残し部の掘削状況を可視化するシステム、清水建設
清水建設は、ニューマチックケーソン工事における掘り残し土の掘削状況を可視化するシステム「ケーソン版SP-MAPS」を開発した。今後、システムの改良を図り、実工事での適用を目指す。(2021/2/19)

イノベーションのレシピ:
屋内飛行向け“羽根のない”ドローン、マイクロブロアで静音性と安全性を実現
NTTドコモがオンラインで開催した展示会「docomo Open House 2021」で、同社が研究開発中の「羽根のないドローン」が出展された。風船型の機体でマイクロブロアによる空気噴出によって飛行する。通常のドローンと異なりプロペラや翼を持たないため、高い安全性と静音性を実現。主に、屋内飛行での運用を想定する。(2021/2/9)

オフィスの最新コロナ対策が結集:
安全で快適な“人起点”の働きやすさを追求したパナソニックの“ライブオフィス”、技術の粋を汐留で体感
パナソニック ライフソリューションズ社(LS社)が2020年に開設したライブオフィス「worXlab(ワークスラボ)」では、従来の建物起点ではなく、人起点の考えに基づくオフィス空間のソリューションを多角的に展開している。そのなかには、会議中のコロナ対策として、ダウンフロー気流でエアロゾルの滞留を抑制する最先端技術が体感できるなど、現在のオフィス空間に欠かせない、さまざまなアイデアが盛り込まれている。(2021/2/8)

Innovative Tech:
触れてはいけない場所を赤く染めて警告 Microsoftの新型コロナ感染予防システム
Kinectの深度センサーを活用し、COVID-19感染の危険性がある場所を指し示す。(2021/2/2)

Innovative Tech:
「重なっても影ができない」プロジェクションマッピング 東工大が開発
プロジェクションマッピングの新たな提案。今回は4台の高速プロジェクタを使っている。(2021/1/28)

Innovative Tech:
スクリーンが動いても高速追従 液体レンズを使ったAFプロジェクションマッピング
動的なプロジェクトマッピングで課題となっていたフォーカス問題を解消する。(2021/1/28)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
デジタルサイネージ配信管理クラウドの新バージョンは空間演出や遠隔接客を実現
パナソニック システム ソリューションズ ジャパンは、プロジェクションマッピングのような空間演出やデジタルサイネージを用いて接客が行える配信管理クラウド「AcroSign Version 3.0」を開発した。(2021/1/28)

組み込み開発ニュース:
ニューノーマル時代のデジタルサイネージは空間演出へ、IoTセンサーとも連携
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)がデジタルサイネージソリューション「AcroSign(アクロサイン)」の新バージョン「AcroSign Version 3.0」の開発と販売開始を発表。パナソニックが得意とするプロジェクターを用いた空間演出が可能になり、IoT(モノのインターネット)センサーなどとの連動も行えるという。(2021/1/26)

製造業IoT:
PR:Lumadaと5Gの融合で何が起こるのか、社会イノベーションが加速する
商用サービスが始まった5Gだが、その価値はコンシューマー向けのみならず製造業や公共、社会インフラといった分野のデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現についても期待されている。日立グループは、デジタルイノベーションを加速するソリューションLumadaと5Gを融合したLumada×5Gによって、クラウドとエッジに分散するデータから価値を創出し、生産・運用の効率化や安全・快適な移動、暮らしやすい街づくりなどを実現していく。(2021/1/20)

USJ「スーパー・ニンテンドー・ワールド」開業延期 緊急事態宣言受け
USJの「スーパー・ニンテンドー・ワールド」が開業延期。大阪府に緊急事態宣言が出たため。2月4日にオープン予定だったが、宣言解除後にオープンする。(2021/1/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。