• 関連の記事

「モータースポーツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!モータースポーツ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でモータースポーツ関連の質問をチェック

関連キーワード

自動車業界の1週間を振り返る:
初めての市販車発売の翌年にF1初参戦、60年前に思いをはせる
週末です。1週間お疲れさまでした。今週末は個人的に特別です。なぜならF1のシーズンスタートだったからです。(2024/3/3)

サーキットを爆走するF1マシンの空撮映像がド迫力すぎる! レッドブルが開発した時速350キロで飛ぶドローンで実現
F1ドライバーの世界がよくわかる……!(2024/2/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「トヨタグループ」連続不正への提案 なぜアンドンを引けなかったのか
2022年の日野自動車を皮切りに、4月のダイハツ工業、明くる1月の豊田自動織機と、トヨタグループ内で不祥事が続いた。立て続けに起こった不正はなぜ起こったか。そして、その原因を考えていくと、トヨタにはこの問題を解決できる素晴らしいソリューションがあるではないか。(2024/2/26)

Microsoft、「Copilot」1周年アップデートで新モデル「デュカリオン」搭載など
MicrosoftはCopilot生誕1周年を祝すアップデートを発表した。新たな微調整モデル「Deucalion」(デュカリオン)を採用して回答を改善し、ページのデザインも変更した。(2024/2/8)

建築設計×コンピュテーショナルの現在地:
落合陽一氏の万博パビリオンを手掛けた「NOIZ」が語る「フィジカルとデジタルの境界に浮かぶ未来の建築設計」
大阪・関西万博で、テーマ事業プロデューサーの落合陽一氏が企画するパビリオン「null2」の設計を手掛ける「NOIZ」は、建築のフィジカル要素とコンピュテーショナルデザインなどのデジタル技術との融合で、新しい建築設計の可能性を模索している。null2で具現化を目指す、未来の建築デザインをNOIZの設計担当者に聞いた。(2024/2/7)

EVレーシングカーの改良【後編】
デジタルツインで進化する「フォーミュラE」はF1並み――開発者が語る魅力とは
電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」には、F1とは違うフォーミュラEならではの面白さがある。Jaguarのレーシングチームのエンジニアにその魅力を聞いた。(2024/1/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ラリーで鍛えたらどうなったのか “真顔”のアップデートを遂げたGRヤリス
そのモータースポーツで活躍するためのラリーウェポン、GRヤリスがマイナーチェンジした。アホみたいな数の改善ポイントが列記されている。少量生産の特殊モデルにこんなに手をかけるマイチェンは見たことがない。(2024/1/15)

自動車業界の1週間を振り返る:
ダイハツの軽商用EVが販売延期、トヨタやマツダはエンジン開発に注力
2024年も話題が盛りだくさんになりそうですね。(2024/1/13)

「頭おかしい」「変態すぎるだろ」 トヨタ世界初公開の新車、衝撃のオプション装備でSNSをざわつかせる事態に→トレンド入り
マジか。(2024/1/12)

EVレーシングカーの改良【中編】
車体ではなく「デジタルツイン」がレースの勝敗を分ける――その開発の裏側
電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」出場チームのエンジニアは、「デジタルツインが勝敗の鍵を握る」と話す。デジタルツインでどのように高速化を実現するのか。(2024/1/12)

17歳女子高生レーサーJuju、日本人女性初&最年少のスーパーフォーミュラ参戦 チーム代表も評価「非凡な才能」「ここからが本当の戦い」
すごい!(2024/1/10)

トヨタ「GRヤリス ラリー2」、FIAホモロゲ取得 初号車は豊田章男会長「ルーキーレーシング」の元へ
ラリー・モンテカルロには4チームがGRヤリス ラリー2で出場予定。(2024/1/5)

EVレーシングカーの改良【前編】
電気自動車のF1「フォーミュラE」の進化が“意外なほど”に面白い理由
電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」の出場チームは、デジタルツインなどの技術を活用して車体の改良を重ねている。EV特有の技術条件などを解説する。(2024/1/5)

豊田章男、タイでレース参戦&完走 直前にはトヨタがファン感開催「タイのお客様に笑顔になっていただく事を目指す」
3台全車が完走。(2023/12/25)

公式が投稿、F1角田裕毅のエモいヘルメットにファン反響 恩師へ最後にささげた力走 「鳥肌が立つ」「泣かせるぜ」の声
角田選手は自身初となる「ドライバー・オブ・ザ・デイ」を獲得。(2023/11/29)

石川温のスマホ業界新聞:
スポーツイベントの「動画SNS投稿禁止」はアリかナシか――SNS全盛時代に無視できない配信権問題
11月16日から19日まで開催された「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」では、KDDIが「新しいラリーの観戦スタイル」を提案する取り組みを行った。この取材で改めて思ったのが「レギュレーション(制限/制約)」がもたらすリスクだ。(2023/11/26)

自動車業界の1週間を振り返る:
スズキと「リン酸鉄系」リチウムイオン電池
今週は興味深いニュースがありました。スズキがリチウムイオン電池のメーカーと業務資本提携を結んだ件です。(2023/11/19)

“モリゾウ選手”こと豊田章男会長、発売前のホンダ車に直接サイン→ネット沸く 「オチャメ」「実はホンダ党なのでは」
豊田会長「ホンダで〜す!」(2023/11/14)

F1角田裕毅、元同僚から愛あるイジり 意外な“抱きあげショット”に「とてもかわいい」「最高の2人」
いい顔してる。(2023/11/14)

電動化:
水素エンジンの改良続く、ハイエースに搭載した走行実証も
トヨタ自動車はスーパー耐久シリーズ2023の最終戦に、液体水素で走行する「水素エンジンカローラ」と、カーボンニュートラル燃料で走行する「GR86 CNF Concept」で参戦した。(2023/11/13)

金属3Dプリンタ:
群馬から金属3Dプリンタによるデジタルモノづくりを広げるGAMの挑戦
本稿では「ITmedia Virtual EXPO 2023秋」において共和産業 代表取締役社長で群馬積層造形プラットフォーム(GAM) 代表理事の鈴木宏子氏が行った「群馬発世界へ、GAMが金属3Dプリンタで進めるデジタルモノづくり」をテーマとした講演を紹介する。(2023/11/10)

島しょ国で起きたネットワーク変革
クック諸島の小学校が入れ替えたネットワークは「島国ならでは」だった
南太平洋の島国であるクック諸島にある一部の小学校は、通信衛星を介したネットワークを利用していた。しかし、通信衛星ではオンライン教育に十分な性能のネットワークを提供できなかった。(2023/11/1)

キュートな軽量FRスポーツ「ビジョン コペン」、ダイハツに聞くデザインのこだわりと製品化の可能性
初代「コペン」を思わせるコンセプトカー「VISION COPEN(ビジョン コペン)」を出品したダイハツ。FFの軽オープンカーだったコペンの未来に新しい可能性が生まれた。(2023/10/30)

クルマ同士で激しくぶつかり合う“モータースポーツのCM”をAIに作らせた結果…… 爆誕してしまった“とんでもない映像”に「脳が破壊される」の声
とんでもない世界観。(2023/10/27)

異色のタッグ:
ディズニープラスがHuluと組む狙い パートナー戦略はSVOD業界の“標準”になるか
動画配信サービスのディズニープラスとHuluは7月、月額制で両サービスを視聴できるプラン「Hulu | Disney+ セットプラン」の提供を開始した。なぜ、ディズニーはHuluと“異色”のタッグを組んだのか。両社の経営層に聞いた。(2023/10/26)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
新生「東京モーターショー」開幕直前 4年ぶり開催で見えるクルマの未来とは
10月26日から「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」がスタートします。「東京モーターショー」から名前を変え、“モビリティ”のショーへの変化を宣言しました。開幕直前の今、ショーから見えるクルマの未来を探ります。(2023/10/25)

ワークステーション導入事例 サード:
PR:モータースポーツを担う技術者に最適な環境を提供するワークステーションとは
スポーツカー人気が再燃する日本。スポーツカーのカスタムパーツを手掛けるサードでは、高性能ワークステーションを使った製品開発を行っている。モータースポーツの将来を担うエンジニアに最適な環境を提供するワークステーションとは?(2023/10/20)

ジャパンモビリティショー2023:
水素エンジン車がダカールラリーに、二輪4社の研究組合が参戦
技術研究組合水素小型モビリティ・エンジン研究組合は「ダカールラリー」に水素エンジン車「HySE-X1」で参加する。(2023/10/19)

ジャパンモビリティショー2023:
カーボンニュートラル時代のスポーツカーの選択肢は、トヨタが提案
トヨタ自動車は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」で出展するコンセプトカーの一部を発表した。(2023/10/17)

日産「デイズ」、仕様変更で年内発売へ 安全性強化
日産自動車が「デイズ」をマイナーチェンジし、年内に発売する。デザイン変更や安全性能の向上を実施した。これに加え、系列企業の日産モータースポーツ&カスタマイズ(神奈川県茅ヶ崎市)は「デイズ」の特別仕様車「ハイウェイスター アーバンクロム」、カスタムカー「ボレロ」をマイナーチェンジし、年内に販売する。(2023/10/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
まだ面白さや魅力を知らない人に、それをどう伝えるか
今週ではなく先週の話題ですが、先日鈴鹿サーキットに行ってきたときのことを紹介します。(2023/9/30)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第5回】
IT業界で活躍する女性の中で「殿堂入り」を果たす人物の活動とは
IT業界における女性の地位向上を目指し、目覚ましい活躍を見せる女性を表彰する「Most Influential Women in UK Technology」。今回は金融やメディアで活躍する2人の女性を紹介する。(2023/9/27)

日本GPのタイトルスポンサー:
レノボ・ジャパン社長に聞く「F1を通じたPR戦略」 グローバルな観客層に訴求
レノボは9月22〜24日に三重県鈴鹿サーキットで開催中のF1日本GPのタイトルスポンサーになった。レノボ・ジャパンの檜山太郎社長に、F1を通じた事業戦略などを聞く。(2023/9/23)

メイドインジャパンの現場力(40):
トヨタの国内工場で進む「次世代EVの準備」と、「匠の技の継承」
トヨタ自動車は貞宝工場や元町工場、明知工場でのモノづくりの取り組みを発表した。(2023/9/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
非現実的な規制で庶民のアシが消滅する
法律でBEVの販売を義務付けられている今、Bセグメントのクルマは今後どうなるのか。自動車メーカー各社の取り組みは。(2023/9/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマに依存しすぎない街づくり、公共交通の充実と通行料
1週間お疲れさまでした。9月が始まりましたね。このままあっという間に年末に突入してしまう気がします……。今週は国内では75年ぶりとなる新設の路面電車「芳賀・宇都宮LRT」が栃木県宇都宮市と芳賀町で開業しました。通勤で早速使ってみたという方もいらっしゃるでしょうか?(2023/9/2)

ジャパンモビリティショー2023:
ジャパンモビリティショーのスタートアップピッチコンテストは、9月22日まで受付
日本自動車工業会は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」のチケットを発売した。(2023/8/31)

電動化:
ブリヂストンがEV向け技術を備えたタイヤをモータースポーツに初投入、MCN比率は63%
ブリヂストンは冠スポンサーを務めるソーラーカーレース「2023 Bridgestone World Solar Challenge」の概要について発表した。(2023/8/30)

躍動感のすごさに圧倒される! スポーツ写真のコンテストの受賞作品に息をのむ
まるで空の上でゴルフしているかのような写真が優勝。(2023/8/27)

自動車業界の1週間を振り返る:
脱炭素社会と循環型社会の両立は一筋縄ではいかない
まだまだ暑いですね。1週間お疲れさまでした。来週は台風が接近してくるようです。台風といえばお盆期間を台風が直撃した際、NHKでは台風の影響を逐一テロップで流していました。鉄道などの情報が主でしたが、物流に関しても言及があったのが印象に残っています。(2023/8/26)

電子ブックレット(オートモーティブ):
モータースポーツ超入門
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、知られているようで知らないモータースポーツでの技術開発競争を紹介する連載をまとめた「モータースポーツ超入門」をお送りします。(2023/8/24)

BEVが次世代車の“本流”にならない4つの理由 トヨタ「全方位戦略」で考える
トヨタが「ル・マン24時間」に、将来的に水素エンジン(内燃機関)車で参戦する方針を発表し、その試作車を公開。水素エンジン車の投入はトヨタの脱炭素戦略における水素エンジン開発の本気度を示している。(2023/7/31)

F1角田裕毅、8戦ぶりポイント獲得でマシンを“べた褒め” 「最高の車」「チームのみんなに感謝」
おぉ!(2023/7/31)

Wi-Fi 6時代のモータースポーツ観戦【前編】
レース場に「Wi-Fi 6」が必須だったのはなぜ? ファン12万人向けの無線LAN
モータースポーツ統括団体NASCARは、観客のために5カ所のカーレース場に無線LAN規格「Wi-Fi 6」のネットワークを導入した。観客が帯域幅の広いネットワークを欲する理由とは。(2023/7/18)

腕時計「ECB-40MU」:
「無限×EDIFICE」初コラボの時計が登場、特徴は?
カシオ計算機は、ホンダ車のブランド「無限」とコラボした腕時計「ECB-40MU」を8月10日に発売する。(2023/7/15)

Wi-Fi 6時代のモータースポーツ観戦【後編】
モータースポーツ団体が「Wi-Fi 6」をリアル会場に配備した“本当の目的”
観客にドライバーの映像や音声をリアルタイムで配信するために、モータースポーツ統括団体NASCARは「Wi-Fi 6」のネットワークやそれに関連するツールを導入した。その狙いはどこにあるのか。(2023/7/25)

パンダトレノをオマージュ 米トヨタ「GR86 トレノエディション」発表 「AE86」40周年を記念した特別モデル
860台限定生産となります。(2023/6/30)

バイク大好き大島由香里アナ、怒涛の勢いで総額10万円超のウェア類を“爆買い” 思い切りの良さに「なんて男前」「ジャケット似合う!」
勢いあるな。(2023/6/26)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
大ヒット「N-BOX」はF1から生まれた ホンダがF1に求める「名誉」以外のもの
5月24日、ホンダが「2026年からF1へ復帰する」と発表しました。ホンダのF1復帰は、これで都合4回目。ホンダがF1に挑戦し続けるのは、どのような理由があるのでしょうか。(2023/6/26)

中東と欧州がつながる日【後編】
モータースポーツ配信を低遅延に 「光ファイバー」を使った中東からの挑戦
モータースポーツの様子を配信するには安定したネットワークインフラが欠かせない。エンドユーザーに臨場感のある映像を届ける鍵となったのは光ファイバーケーブルだった。(2023/6/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。