• 関連の記事

「モータースポーツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!モータースポーツ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でモータースポーツ関連の質問をチェック

スウェーデンから学ぶ「スマートシティー」構築術【後編】
北欧都市がスマートシティーでかなえた「高速無線LAN」以上に重要な変革とは
「スマートシティー」化に取り組んでいるスウェーデンのボロース市。新しいネットワークの構築において同市が追求したのは、通信の高速さだけではない。もう一つの重要な要素とは何か。(2022/6/28)

EV化 動く関西企業 チャンス到来 培った技術、得意分野で広がる商機も
EV化で見込まれる自動車部品の減少で部品メーカーが生き残りを模索する一方、商機を見いだそうという企業もある。培ってきたモノづくりの力をEVにどう生かすか。自動車産業以外の産業も巻き込み、ビジネスチャンスをうかがう動きが活発化している。(2022/6/23)

3Dプリンタニュース:
製造領域での3Dプリンタ活用に向けて舵を切るストラタシス、CEOが戦略説明
米Stratasysの日本法人であるストラタシス・ジャパンは、Stratasys CEOのYoav Zeif(ヨアブ・ザイーフ)氏の来日に併せて、東京本社でメディアラウンドテーブルを開催。Stratasysの事業戦略や日本市場での展開について説明した。(2022/6/23)

「新型フェアレディZのセーフティカーができるまで」の裏側がかっこいい! 回転灯ギラリ、中も想像以上にガチチューン
「お願いだから納車も頑張ってくれー」「パトカー制式採用も」の声も♪(2022/6/21)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
コンパクトでも本格派 キヤノン「EOS R7」試作機を速攻レビュー
とうとう登場したAPS-Cサイズセンサーの「EOS R」。その第1弾である「EOS R7」はどんなコンセプトを持って登場したのか、試作機をいじることができたので探っていく。(2022/6/21)

I'll be back:
「ターミネーター」のモト・ターミネーターを、2022年のテクノロジーで解説しよう(後編)
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2022年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」。「ターミネーター」後編は、3と4を中心に解説する。(2022/6/14)

トップ直撃:
「宿命付けられて生まれてきた」 アパグループの社長兼CEO
「『宿が命』と書いて宿命」と話すのは、アパホテルなど国内外でホテルチェーンを展開するアパグループの元谷一志社長兼CEO。幼いころから父で創業者の元谷外志雄会長の後継者として育てられ、経営者への道も宿命だと感じているという。創業51年の会社と同じ年に生まれた新CEOは、4月からの新たな経営体制で、「より良いホテル」へ進化を続けると意気込む。(2022/6/7)

スウェーデンから学ぶ「スマートシティー」構築術【前編】
Wi-Fi 6が市内どこでも利用可能に 北欧都市「ネットワーク改革」の衝撃
市民が快適に暮らせる「スマートシティー」には安定した高速ネットワークが欠かせない。スウェーデンのボロース市はネットワークを刷新し、スマートシティーをどう推し進めるのか。(2022/6/7)

自動車業界の1週間を振り返る:
スクーター、子ども用のカート、ラジコンカー……小さな水素タンクを思い返す
さて、今週末は2022年スーパー耐久シリーズの第2戦となる富士24時間耐久レースが開催されます。バイオディーゼルエンジンや水素エンジンなどが市販車に近い状態で走るので、カーボンニュートラルに向けた各チームの試みが見どころの1つではないでしょうか。(2022/6/4)

2022年秋ごろから:
トヨタ、新型「GRカローラ RZ」世界初公開 「コモディティ化したくない」と豊田社長
「GRカローラ RZ」「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開した。「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」を実践。ずっと走っていたくなる走り心地を実現した。(2022/6/2)

モータースポーツ超入門(14):
次世代燃料、バイオ素材……国内モータースポーツで加速する脱炭素
国内で行われている3つの最高峰レースカテゴリー「スーパーフォーミュラ」「スーパーGT」「スーパー耐久」において、カーボンニュートラルの実現に向けた取り組みが活発になっている。合成燃料や環境配慮素材の採用、次世代パワートレインの先行投入など、将来に渡って持続可能なレースシリーズの構築をめざす動きが急速に進んでいる。(2022/5/30)

キヤノン、APS-Cミラーレス「EOS R10」投入 RFマウントのエントリー機 約12.8万円
キヤノンは、「EOS R」シリーズで初めてのAPS-Cミラーレスカメラ「EOS R10」を発表した。同社はR10と同時にハイエンドAPS-Cミラーレス「EOS R7」をお披露目している。(2022/5/24)

マギー、大雨のフォーミュラカーで恐怖のスピン 荒ぶるマシンに「怖かった」「……今日はもう乗りません」
それでもガチで乗っちゃうことがまずすごい〜。(2022/5/16)

CCCマーケティング調べ:
今後取り組みたいスポーツ 「ウォーキング」「筋トレ」「ヨガ」が上位に
CCCマーケティング(東京都渋谷区)が手掛ける「CCCマーケティング総合研究所」は、スポーツの実施状況とスポーツ観戦・視聴について調査を実施した。スポーツ・運動の実施率は、この1年で51.9%から58.3%に増加した。(2022/5/11)

本田宗一郎の“先見の明” ……53年前の初代ダックスから新型「ダックス125」が受け継いだもの
23年ぶりに復活したかわいすぎる注目の新型バイク「ダックス125」! 初代ダックスの誕生には、あの本田宗一郎氏が当然深〜く関わっています。初代ダックスをデザインしたレジェンドに話を聞きました。(2022/5/7)

「鬼龍院はぇぇ!」 武田真治、ゴールデンボンバー鬼龍院と白熱本気の「カートレース」でボロ負けする
負けられない戦いだったのですが……。(2022/5/6)

「タイバニ」のダブルチェイサーをダンボールで再現した工作がすごい ほぼ等身大で迫力ある!
企業スポンサーのプレイスメントも貼ればカンペキ。(2022/4/29)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(8):
トポロジー最適化の実践 〜いろいろな“形の創造”事例〜
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第8回では、トポロジー最適化の適用による、いろいろな“形の創造”事例を紹介する。(2022/4/25)

創業から現在、そして未来へ 歴史がぎっしり詰まった「マツダミュージアム」5月23日から一般公開
オンラインマツダミュージアムも開設。ドローンの迫力ある映像などが見どころ。(2022/4/22)

電動キックボード開発者が“免許不要”のリスクを指摘 「後で大きなしっぺ返しが来る」
最高速度が時速20km以下の電動キックボードは16歳以上であれば免許不要で乗車できるようになったが、これについてSNS上ではさまざまな意見が飛び交った。中でも、ある電動キックボード開発者の投稿がTwitter上で話題となっている。(2022/4/22)

熱いぜ! あの「マツダスピード」再来か 「スピードを楽しむ」新ブランド、マツダが開始
また、マツダスピードアクセラみたいなクルマ出してほしいなー♪ 謎の「マツダ製スポーツ自転車」も爆誕、な、何これー!(2022/4/15)

次世代自動車の鍵となる半導体【前編】
あのフェラーリが半導体のクアルコムと提携する理由
近年、自動車分野におけるデジタル技術の活用が顕著だ。半導体ベンダーのQualcommは、自動車メーカーのFerrariと組み、新たな取り組みに着手した。何を実現しようとしているのか。(2022/4/15)

バイオ燃料使用のレーシングカーを初公開 マツダが「オートモビル カウンシル2022」に出展
楽しみすぎる〜!(2022/4/8)

レーシングドライバー・脇阪寿一 「10kgはヤバいですよ!」 レーシングドライバーに求められることとは?
脇阪寿一氏に聞く「レーシングドライバーになるための道」とは……?(2022/4/3)

自動車業界の1週間を振り返る:
「クルマを好きになって」「おかしいと思ったら声を上げて」、入社式のメッセージ
新年度がスタートしました。環境に大きな変化があった方も、変わりのない方も、1週間おつかれさまでした。4月1日には多くの企業で入社式が開かれたかと思います。新卒の新入社員のキラキラした様子をまぶしく感じた方も多いのではないでしょうか。(2022/4/2)

また楽しそうなのクルー! トヨタ、新型の「GR」スポーツカー発表を予告 4月1日に世界同時公開
「GRカローラだ!」海外では既に話題のようです。(2022/3/29)

クルマ体験・体感イベント「モーターファンフェスタ」3年ぶりに富士スピードウェイで開催 4月24日
当日のD1グランプリ観戦も無料〜!(2022/3/22)

モータースポーツ超入門(13):
F1の2022年シーズンが開幕、技術規則の大幅改定で空力性能が変わる
2022年シーズンから技術規則(テクニカルレギュレーション)が大幅に改訂され、車体底面の空気の流れを利用してダウンフォースを生み出す「グラウンドエフェクト」が復活する。同時に、ホイールサイズが大径化、バイオ燃料も採用されるなど、かつてない大きな変更が加えられる。(2022/3/22)

東京タワーにヤベー施設できる! 「RED゜TOKYO TOWER」がガチレーシングシミュだらけでめっちゃすごそう 「夢のような空間だ」
わぁぁ何ですかここはあぁぁ!(2022/3/21)

Google、マクラーレンF1チームのスポンサーに エンジンカバーにドロイドくん
McLarenのF1チームはGoogleと複数年にわたるパートナーシップを結んだ。今年のF1マシンにはAndroidのマスコットのロゴが付き、ホイールカバーはChromeの4色仕様に。チームはシーズンを通してAndroid端末とChromeブラウザを使う。(2022/3/17)

元AKB48の平嶋夏海、モトジムカーナでガチなバイク運転テク見せつける 初挑戦の4輪アクセルターンもお見事
ひょぇぇ〜さすがのバイクテクです。(2022/3/8)

NISMO、プロメカニックの愛用工具をドーンと公開 「MACは意外」「これ総額いくらなんだー!」の声
わぁぁ〜、クルマ・バイクイジりが好きな人は必見です。(2022/3/4)

うぉぉ〜楽しそう!! ビジネスバイクの頂上決定戦「CUB-CUP日本GP」富士スピードウェイで開催 「ピザ」「新聞」「おそば」などでクラス設定
はたらくバイクが本気を出すぜ〜!(2022/3/2)

なぜ撤退した「G'zOne」が復活したのか KDDIとカシオに聞く「G'zOne TYPE-XX」誕生秘話
カシオ計算機がデザインを担当、京セラが製造する4G LTEケータイ「G'zOne Type-XX」。さらにauが販売する3社のコラボによって生まれた「異例」のケータイは、いかにして発売にこぎ着けたのか。KDDIの企画担当者と、カシオ計算機のデザイナーに開発秘話を聞いた。(2022/2/27)

3Dプリンタニュース:
ベントレーが本社工場のAM設備強化に向けて300万ポンドを投資
Volkswagenグループ傘下のBentley Motorsは、同社の全モデルを製造する英国クルーの本社工場におけるアディティブマニュファクチャリング(AM)設備の生産能力強化について発表した。(2022/2/21)

自動車業界の1週間を振り返る:
1+1が2にならなかったサプライヤーの企業統合の行方は
さて、今週は心配なニュースも流れてきました。サプライヤーのマレリホールディングス(マレリ)が、経営再建に向けて私的整理である事業再生ADRを申請する、とメディア各社が報じました。(2022/2/19)

モータースポーツ超入門(12):
2週間で砂漠を疾走するダカールラリーは、電動化技術を磨く過酷な実験室に
1月1〜14日に行われた2022年大会では、世界的な脱炭素化の流れを受け電動マシンが初登場し、大自然を舞台にするダカールラリーは新たなステージに入っている。(2022/2/18)

1700万円の札束ドン! マギー、“日本に50台”のメルセデスAMG「CLS53」を現金一括購入
キャッシュでドン!(2022/2/12)

「魔改造スーパーカブ」はここまで速い! レーサーバイクとガチバトルして全員ぶち抜く快挙
ぷぉぉぉぉぉぉ! カブ、は、速ぇぇ!(2022/2/4)

DAZNの新戦略「DAZN JAPAN 2.0」の正体とは? NFT参入も示唆、会見から見えた“次の一手”
「DAZN」の運営元が新戦略の一部を発表した。会見では価格改定以外にも、幹部がNFT参入を示唆する場面もあった。会見内容を詳しく振り返る。(2022/1/29)

国内Aライセンスを取る方法:
モータースポーツの入口って意外と簡単! 鉄道ライターが「国内Aライセンス」取っちゃいました
富士スピードウェイを快走〜。皆さんもやってみませんか?(2022/1/22)

最新スーパーEV「E-RA」世界初公開 「東京オートサロン2022」スバルのブースレポート S4やレヴォーグのSTI仕様コンセプトカーも
東京オートサロンに出展したスバルのブースレポート。(2022/1/20)

「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
スーパーGTの日産系チーム総監督を務めた柿元邦彦さんもTwitterで反応。(2022/1/16)

ガチすぎフルチューン「GRMN ヤリス」が発表 ラリーとサーキットの2種を「東京オートサロン2022」で初披露
お値段はベースグレードが731万7000円から。(2022/1/16)

ル・マン24h優勝マシンも! 競技車両やトロフィーがずらり「東京オートサロン」トヨタのブースレポ 「GRNM ヤリス」「GR GT3 コンセプト」など展示
GRNM ヤリスに熱い視線が集まっていました。(2022/1/15)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマが文化としていつまでも豊かなものでありますように
これを書いている金曜日は、千葉の海風に吹かれて凍える思いをしていました。海風に吹かれながらどこに行ってきたかというと、この週末に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれる「東京オートサロン2022」です。(2022/1/15)

フルチューンモデル:
トヨタ、GRMNヤリスを初公開 500台限定で22年夏発売
TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は1月14日、東京オートサロン2022で「GRMNヤリス」を初公開した。(2022/1/14)

コレは一体何だぁぁ! スバル、東京オートサロン2022で謎のスポーツカー「STI E-RA CONCEPT」世界初公開
「STI」エンブレムがキラリ! あれ、謎のクルマは「2台」あるようですね!【更新】(2022/1/14)

レーシングカーもネットワークもスピード発揮
自動車レースNASCARが「Wi-Fi 6」をサーキットに導入した“あの狙い”とは?
NASCARは12カ所のサーキットに「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN製品を導入し、高速通信を可能にする。ファンがスマートフォン片手に、レースをより楽しめるようにするためだという。どういうことなのか。(2022/1/12)

何かやばそうなやつが来るぞぉぉ! トヨタ、オートサロンで「GR GT3 Concept」「フルチューンGRヤリス」初公開
このヤバそうなのは一体何だ!?(2022/1/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。