• 関連の記事

「マザーボード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
自作PC - ITmedia PC USER
質問!CPU・メモリ・マザーボード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でCPU・メモリ・マザーボード関連の質問をチェック

34歳の現役アイドル、不妊治療の末に第1子妊娠「産休できるアイドルユニット最高!」 同僚にはシングルマザーも
2023年10月にアイドルデビュー。(2024/3/2)

広瀬アリス、大門剛明の小説『完全無罪』をドラマ化 監督はドラマ「MOTHER マザー」などの大森立嗣
7月からWOWOWで放送、配信されます。(2024/2/25)

Innovative Tech:
“牛乳”でマザーボードから「金」を取り出す方法 純度90%以上金塊22カラット相当の抽出に成功
スイスのETH Zurichに所属する研究者らは、牛乳を利用して古いコンピュータのマザーボードなどの電子廃棄物(E-waste)から金やその他の金属を抽出する方法を提案した研究報告を発表した。(2024/2/15)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
好調なGeForce RTX 4070 Ti SUPER搭載カードでも目立つ“白人気”
NVIDIA GeForceの新しいGPUを搭載したグラフィックスカードが出そろい、おおよその反響が見えてきた。中でもRTX 4070 Ti SUPERが好調だが、とりわけ白モデルの売れ行きが目立っている。その傾向は、マザーボードでも同様らしい。(2024/2/12)

シングルマザーの“ゴミ屋敷”を掃除したら…… ピカピカに一変する様子に驚きの声 「あなたは素晴らしい」
しかも無料だとは。(2024/2/7)

エッジAI対応デバイスを迅速に開発できる「AMD Embedded+」アーキテクチャ登場 Ryzen EmbeddedとVersal Adaptive SoCを活用
エッジAIへのニーズの高まりを受けて、AMDがRyzen EmbeddedとVersal Adaptive SoCを併載することで高パフォーマンスと効率性を両立できるソリューションを発表した。マザーボードはODMメーカーを通して提供されるという。(2024/2/6)

古田雄介の週末アキバ速報:
CPUとセットで200万円! 「Ryzen Threadripper PRO 7000WX」に対応するAMD WRX90マザーが登場
最大96コア192スレッドのワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO 7000WX」のフル性能が発揮できるAMD WRX90マザーが初めて売り場に並んだ。(2024/1/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パソナ「淡路島移転」はどうなった? 3人のシングルマザーが語った「仕事」「教育」「島民の気質」
パソナグループが2020年に淡路島へ本社機能を一部移転すると発表して大きな話題を呼んだ。その後、続々と「移住」が進み、進化を遂げているようだ。実際にU・Iターンした人に話を聞いた。(2024/1/26)

ASUS、“誤表記”で発売が延期されていた「ROG MAXIMUS Z790 HERO EVA-02 EDITION」の発売日が確定
ASUS JAPANは、「エヴァンゲリオン」とコラボレーションしたマザーボード「ROG MAXIMUS Z790 HERO EVA-02 EDITION」の発売日をアナウンスした。(2024/1/25)

17歳出産の“シンママ”モデルじゅんな、3歳娘の手を引いて成人祝いへ 幼なじみが称賛「同じ年代としてすごいなって尊敬」
価値観の違いから離婚を決意し、現在はシングルマザーのじゅんなさん。(2024/1/21)

2023年のアキバまとめ【後編】:
立体での「映え」を意識する潮流が生まれた2023年
1年を通して振り返ると、とりわけショップ内の様相が大きく変わったのはPCケース売り場かもしれない。10万円超のマザーボードが増え、96コアのCPUも登場した。年の瀬に2023年のアキバ自作街を振り返ろう。(2023/12/27)

千葉県で人気の観光スポット 3位「マザー牧場」、2位「鴨川シーワールド」、1位は?
千葉県で人気が高い観光スポットはどこか。「今後行ってみたい」と思う人が多い場所とともに、調査結果が明らかになった。(2023/12/24)

“AI美少女”藤咲凪、ヤバいと指摘の“白い掻き傷跡”に「古いもんなんで」「消せないし消そうとも思ってない」
2児のシングルマザーと告白したことでも話題に。(2023/12/21)

古田雄介の週末アキバ速報:
オーバークロック特化のギガバイト最強マザーボード最新版が12万円でデビュー
ギガバイトからオーバークロック特化の「Z790 AORUS TACHYON X」が登場し、ASRockからは本邦2品目となるRyzen Threadripper 7000対応マザーボード「TRX50 WS」が売り出された。(2023/12/16)

MINISFORUM、第13世代Core i9を搭載したMini-ITXマザーボード「AR900i」
中国MINISFORUMは、第13世代Core i9を標準搭載したMini-ITXマザーボード「Minisforum AR900i」を発表した。(2023/12/8)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
最大96コア192スレッドで約186万円! AMDの新型CPU「Ryzen Threadripper 7000」シリーズが登場!
AMDの新型CPU「Ryzen Threadripper 7000」シリーズの販売が始まった。週末には対応マザーボードも出回ったが、争奪戦の様相を呈している。(2023/11/27)

ASUS、“エヴァ”コラボ第2弾マザーボードの誤表記について謝罪 新発売日は1月中旬以降
ASUS JAPANは、11月に国内出荷予定としていたマザーボード「ROG MAXIMUS Z790 HERO EVA-02 EDITION」に印字ミスがあったことについて告知を行った。(2023/11/20)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
第14世代Core向けの実売20万円マザーが2モデルデビュー!/HDDを8台積めるMini-ITXケースも
第14世代Core向けの最高級マザーボードが、ギガバイトとMSIからほぼ同時に登場した。「Z790 AORUS XTREME X」と「MEG Z790 GODLIKE MAX」で、価格はともに20万円弱だ。(2023/10/30)

シングルファーザー&マザー、新たなる門出 漫画連載「育児戦隊ワンオペジャー」(最終回)
いろいろと不安を抱えつつも、人生は続く。(2023/10/29)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
「DARK HERO」や「Nova」に注目! 第14世代Coreプロセッサに合わせて新型マザボが続々登場!
デスクトップ向けの第14世代Coreプロセッサの登場を受けて、ASUS JAPANやMSIがIntel Z790チップセットを搭載するマザーボードの新モデルを投入した。Wi-Fi 7に対応するモデルも多く、注目を集めているようだ。(2023/10/23)

悪の幹部もまた乳飲み子を抱えるシングルマザー 漫画連載「育児戦隊ワンオペジャー」(3)
正義の味方も悪の幹部も、抱える問題は同じようで……。(2023/10/8)

Minisforum、Ryzen 7 7745HXを搭載したMini-ITXマザーボード PCI Express 5.0 x16スロットも利用可能
Minisforumは、プロセッサとしてRyzen 7 7745HXを標準搭載したMini-ITXマザーボード「BD770i」を発売する。(2023/10/3)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
未発表の「次世代Intel Coreプロセッサ」対応マザボが登場/奥行きを抑えた「GeForce RTX 4070 Ti」グラボにも注目
「第13世代と次世代Intel Coreプロセッサ対応」をうたうGIGABYTE(ギガバイト)のZ790マザーボードが、週末の秋葉原に並び注目を集めている。「次世代Coreプロセッサ対応」の文言は、他社のマザーボードでも見られるようになってきた。(2023/9/25)

東京ゲームショウ2023:
「ホワイトPC」「540Hz対応ディスプレイ」「次世代マザボ」と盛りだくさん! マザボや周辺機器も熱い東京ゲームショウを見てきた
PCゲーミング関連の展示が増えている「東京ゲームショウ2023」だが、マザーボードを始めとするパーツ類や、ディスプレイを始めとするPC周辺機器の展示も増えている。筆者的に気になった製品をご紹介しよう。(2023/9/25)

シンママの青木菜花、22歳で急逝した梶田冬磨さんの1周忌にブログ開設 娘との見つめ合いショットで「パパもお空で見守っていて」
突然幼い娘を抱えたシングルマザーとなった青木さん。(2023/9/20)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
自由度の高い広々PCケースで魅せる構成も可能! 自作しがいのあるパーツが話題に
420mmラジエーターを3基組み込め、マザーボードなどの配置まで変えられる拡張性が高いPCケースや、120mmファンを2連で備えるトップフロー型のCPUクーラーが各ショップで注目を集めていた。(2023/9/19)

古田雄介の週末アキバ速報:
裏配線マザーボードにも対応するmicroATXケースが売り場で話題に
ASUS JAPANのPCケース「ASUS A21 Case」が一部で注目を集めている。ただの大きめのmicroATXケースではなく、裏配線マザーボードに対応した仕様になっているところがポイントだ。(2023/9/2)

藤咲凪、2児を育てるシングルマザーと初告白「やっと言えた!」 隠し通すか悩むも“盗撮被害”などあり公表へ
子どもは3歳と1歳。(2023/8/20)

GIGABYTE製品への懸念に見る「環境寄生型」(LotL)攻撃の脅威【前編】
GIGABYTE製マザーボードに見つかった“バックドア的な動作”とは何だったのか
セキュリティベンダーEclypsiumが、GIGABYTE製マザーボードのファームウェア更新ツールに見つけたという「攻撃者がバックドアとして悪用し得る動作」とは何だったのか。Eclypsiumが指摘した内容を整理しよう。(2023/8/13)

古田雄介のアキバPick UP!:
いにしえからのファンレス需要に刺さるIntel N100オンボードマザーが登場
ASRockからIntel N100をオンボードするMini-ITXマザー「N100DC-ITX」が登場し、一部でヒット中だ。また、ギガバイトのAMD A620マザー「A620I AX」のようにショップの評価が高いマザーもデビューしている。(2023/7/3)

古田雄介の週末アキバ速報:
「1万円引き多発!」 Ryzenとマザーボードセット割が一部ショップで話題
ハイエンド構成なら1万円以上の割引になるとのことで、複数のショップでRyzenと対応マザーボードのセット割が話題となっている。また、PCIe 5.0対応SSDに最大容量の4TBモデルが加わった。(2023/6/17)

広末涼子の不倫、“ベストマザー賞”がトレンド浮上へ 2年連続の報道に「ジンクスでもあるのかな」「闇が深い」
2021年には篠田麻里子さんも受賞していました。(2023/6/15)

GIGABYTEはBIOS更新プログラムを公開へ:
GIGABYTE製マザーボードのファームウェア更新機能に中間者攻撃リスク 数百モデルに影響
サイバーセキュリティ企業のEclypsiumは、GIGABYTE製マザーボードのUEFIファームウェアやソフトウェアを更新する機能でバックドアに類似した仕組みが採用されており、サイバー攻撃に悪用される恐れがあることを明らかにした。(2023/6/6)

古田雄介の週末アキバ速報:
Sandy Bridge世代にささぐ! 4万円で超強化できるCore i3セットが話題に
パソコン工房 秋葉原BUYMORE店で、エントリー構成のCPUとマザーボード、メモリのセットが目立っていた。同店は「旧マシンからの乗り換えには狙い目のタイミング」という。(2023/5/20)

新山千春、ダンスのため単身渡米する16歳娘への思いを吐露 「ままは一生味方です!!」
約8年半前に離婚しシングルマザーに。(2023/5/16)

「ミスいちご2023」に台湾人気チアが就任 先輩チアのリン・シャンもエール 総勢15人の写真が発表
アイドル、プロレスラー、シングルマザーなど多彩な顔ぶれ。(2023/5/15)

古田雄介のアキバPick UP!:
2万円切りのRyzenマザー&1万円切りの10GbEカードが登場
青天井価格のハイエンドパーツが注目を集める中で、値頃感の強い新製品が人気を得ている。ASRockからは2万円を切るAMD A620マザーが、エアリアからは1万円切りの10GbEカードが登場した。(2023/5/1)

古田雄介のアキバPick UP!:
ASUS×NoctuaのRTX 4080カードと白いTaichiのRX 7900カードに人気集中
グラフィックスカードが全体的に潤沢に出回る中で、2つのハイエンドモデルが突出した反響を得ていた。他にも、NZXTから最新のマザーボードや冷却ファンが登場している。(2023/4/24)

古田雄介のアキバPick UP!:
SilverStoneのCPUクーラーにASUSマザーと新型Xeon環境が着々とそろう
LGA4677ソケットに対応する新型Xeon向けパーツが、着々と店頭に並んでいる。今週は、Supermicro製マザーボードの再入荷も確認できた。(2023/4/3)

シングルマザーのYouTuber・まあたそ、20代半ばで建てた一軒家をルームツアー 「たくましすぎる」「家広すぎ」と反響
アンティークな雰囲気のあるお家。(2023/3/28)

スマートファクトリー:
工場内プロジェクションマッピングがモノづくりを変える 山形カシオの実践事例
カシオ計算機はプロジェクター技術を生かした新規事業として組込プロジェクション事業を展開し、工場向けでの用途提案を強化している。その実践の場として、同社のマザー工場である山形カシオで、モノづくりの改善にプロジェクターを活用し、徐々に成果を生み出しつつある。その内容を紹介する。(2023/3/16)

LED:
2028年にCO2排出ゼロを掲げるパナソニック新潟工場、LED製品開発のマザー拠点を視察
パナソニックの新潟工場は、CO2排出ゼロを目指すプロジェクトを発足し、2028年の実現に向けて活動している。同工場は、省エネ性能に優れた一体型LED照明を生産するが、工場の省エネにも取り組む。工場全体としての省エネを通じて蓄積したノウハウを顧客の省エネ提案にも役立てる計画という。(2023/3/10)

古田雄介の週末アキバ速報:
「AMDはこうでなきゃ!」――8000円切りのAM4マザーがBIOSTARから登場
値上がりの話題が続くPCパーツ市場ながら、旧世代の部品を採用した割安モデルも新製品として登場している。今週はBIOSATRやギガバイトのマザーボードが目立っていた。(2023/2/18)

働く女の“いらいら”:
「子どもの急病で早退、周囲から白い目で見られてツライ」 ワーキングマザーが生き抜くための術とは?
職場で働く女性ならではの“お悩み”“イライラ”の要因やその解消法を解説する連載第4回。「子育てと仕事の両立」をテーマに、その難しさやストレスを軽減するためのポイントを解説。(2023/1/30)

前澤友作氏の「シンママ向けマッチングアプリ」批判受け1日で停止
前澤友作氏に監修でリリースされた、シングルマザーのためのマッチングアプリ「coary」(コアリー)が、「子どもへの虐待を目的とした男性による悪用の可能性がある」などと批判を受け、1日で配信が中止された。(2023/1/28)

Innovative Tech:
遠隔からCPUを数秒で破壊するサイバー攻撃 マザーボードのリモート管理機能をハック、過度の電気を注入
英バーミンガム大学に所属する研究者らは、サーバ用マザーボードに搭載する制御システムの欠陥を攻撃し、遠隔から必要以上の電圧を供給してCPUを破壊しコンピュータを無効にする脆弱性を指摘した研究報告を発表した。(2023/1/27)

古田雄介の週末アキバ速報:
1.5万円&0.8万円のSocket AM4マザーの入荷に「こういうのでいいんだよ」の評
1.5万円で買えるB550マザー「PRO B550M-P GEN3」や、8000円切りのA320マザー「PRIME A320M-A」が売り場に並んだ。高価なマザーボードが増えるなかで、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は注目株と強く推す。(2023/1/21)

特定のMSIマザーボードで、UEFIセキュアブートの設定が不適切だと判明
セキュリティ研究者がMSIマザーボードにおけるUEFIセキュアブートの設定について調査し、好ましくない設定がデフォルトになるように変更されていると指摘した。多くのマザーボードモデルが対象となっており、セキュアブートが本来の目的通りに機能していない可能性がある。(2023/1/19)

節約するなら「マザーボード」?:
Alder Lakeより前の人は今すぐアップデートすべき! ASUSの高コスパマザーボードで20万円以下の“使えるPC”を組んで分かったこと
為替レートの影響もあって、最近はCPUを始めとするPCパーツの割高感が増す傾向にある。「それでも、最新世代のCPUを使って自作PCを作りたい!」という人は、マザーボードに着目すると予算を節約できるかもしれない。この記事では、ASUS JAPANの「PRIME Z790-A WIFI-CSM」で“強くて手頃”な第13世代Coreプロセッサ搭載自作PCを作ってみようと思う。(2023/1/18)

古田雄介のアキバPick UP!:
一部で従来モデルと価格逆転も――第13世代Coreのラインアップが拡充
年明け早々、第13世代Coreシリーズのラインアップが拡充され、Core i3や低消費電力の末尾Tモデルが選べるようになった。対応するマザーボードもIntel H770やB760チップセットが加わり、選択肢は一気に拡大している。(2023/1/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。