• 関連の記事

「環境省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「環境省」に関する情報が集まったページです。

「エアコンは“設定温度”28度が推奨」はよくある勘違い ダイキン「“室温”が28度になるよう調整を」
ダイキンに適切な設定方法を聞きました。(2022/6/30)

不要不急の外出は避けて 「熱中症警戒アラート」、東京都では今年初 全国的にも注意必要
環境省と気象庁は6月30日、東京都に今年初めて「熱中症警戒アラート」を発表した。(2022/6/30)

都内で119番つながりにくく、通報多数 東京消防庁が注意喚起 救急車の出場率は一時95%を突破
119番通報がつながりにくくなっているとして東京消防庁が注意を呼び掛けた。通報が相次ぎ、午前11時15分時点で救急車の出場率が95%を突破。305台の救急車で対応しているものの、通報を受けてから到着するまで時間がかかる場合があるという。(2022/6/27)

茨城県・埼玉県に「熱中症警戒アラート」発表 関東甲信地方では今年初
いつも以上に熱中症予防を。(2022/6/25)

Hitachi Social Innovation Forum 2021 JAPAN:
“スマートビル”の先に見据える持続可能な街づくり 日立×東京建物の協創戦略
コロナ禍への対応、SDGsへの関心、生産年齢の人口減――街(都市)を取り巻く環境は刻々と変化している。そうした現状では、竣工時に魅力のピークが到達する従来型の街づくりからの脱却が求められている。街が持続的に魅力的であり続けるために必要なこととは何か。ビルのソリューションプロバイダーとして業界をリードする日立のビルシステムビジネスユニットと、持続可能な街づくりを通してESG経営の高度化を推進する東京建物が展望を語った。(2022/6/24)

「早朝、川でスゴイの撮れた」 野生の“オオサンショウウオ”とみられる生物が、悠々と泳ぐ姿に驚きの声続々
すげぇ。(2022/6/15)

全12棟:
“星空のまち”長野県阿智村に、新グランピング施設 特徴は?
リゾートグランピングドットコムは、長野県下伊那郡阿智村に開業するグランピング施設「mokki 〜stardust luxury glamping achi village〜」の予約受付を開始したと発表した。(2022/6/14)

チップ装着義務化でペットの値上げも 改正動物愛護法が施行
ペットの繁殖や販売業者に対し、販売前の犬や猫に飼い主の情報が登録されたマイクロチップの装着を義務付ける改正動物愛護管理法が施行された。ペットの迷子対策や安易な飼育放棄を防ぐ効果が期待される一方、装着費用がペットの販売価格に転嫁される可能性もある。(2022/6/6)

犬・猫へのマイクロチップ埋め込み義務化 きょうから 無責任な飼育の抑止など見込む
政府が、ペットの犬や猫へのマイクロチップ装着を義務化する改正動物愛護管理法を施行した。ブリーダーなどは販売する犬・猫へのマイクロチップ埋め込みが必須に。犬や猫を買う人も、マイクロチップと自身の個人情報をひも付ける必要がある。(2022/6/1)

批判の声:
電気使い過ぎ企業に「罰金」検討 識者「政治責任を企業に押し付けている」
岸田文雄政権のエネルギー政策に疑問が浮上している。電力需給の逼迫が見込まれる今冬に大規模停電の恐れが高まった場合、大企業などを対象に「電気使用制限」の発令を検討しているのだ。(2022/5/31)

第6回 ジャパンビルド−建築の先端技術展−:
“非建設分野”の収益を全体の約35%へ、カーボンニュートラルに向けた清水建設の挑戦
清水建設は、「スマートイノベーションカンパニー」のスローガンのもと、2030年におけるレジリエント、インクルーシブ、サステナブルの3つのキーワードを実装する社会実現を目指している。その先進事例としては、石川県金沢市の同社北陸支店の新築や東京都中央区本社の改修工事などが挙げられる。(2022/5/26)

導入事例:
大規模土工事の無人化に向け福島県の盛土工事で建機の遠隔操作などの実証開始、大林組
大林組は、福島県相馬郡飯舘村で施工中の「令和2・3・4・5年度飯舘村長泥地区環境再生事業盛土等工事」で、建設機械の遠隔操作、自動・自律運転による盛土工事の現場実証をスタートした。(2022/5/20)

知らないと損?業界最前線:
パナ、ダイキン2強体制に異変? 2022年最新エアコントレンド
シーズン本番前に、エアコンの最新事情と昨今のエアコンを取り巻く状況などを解説する。また家庭用エアコンは、長くパナソニック、ダイキンを2強として、三菱電機や日立、富士通ゼネラルがそれに続いていた。しかし、近年注目を集めているのは新しいメーカーだ。(2022/5/17)

クラウドサステナビリティ、温室効果ガス排出量測定、電力網管理:
Gartner、2025年までに3つの環境サステナビリティ技術が主流として普及し始めると予測
Gartnerは、「クラウドサステナビリティ」「カーボンフットプリント(温室効果ガス排出量)測定」「高度なグリッド(電力網)管理ソフトウェア」という3つの環境サステナビリティ(持続可能性)技術が、1〜3年以内に主流として普及し始めるとの見通しを示した。(2022/5/11)

ボロボロの野良猫→室内飼いでモフモフの幸せ猫に! 猫の完全室内飼いを呼びかけるビフォーアフターに「広まってほしい」の声
外の暮らしの過酷さがわかる……。(2022/5/3)

法制度・規制:
再エネ普及の課題「地域との共生」、必ず知っておきたい関連法令と今後の展望
再生可能エネルギー電源の導入拡大に向けて、現在大きな課題となっている「地域社会との共生」。適切な導入や管理手法の確立に向けて、政府は「再エネ発電設備の適正な導入及び管理のあり方に関する検討会」を立ち上げた。今回はその第1回の内容を紹介する。(2022/5/2)

アンバサダーに武井壮さんが就任:
人の動きで抗菌する繊維「PIECLEX」、製品化が軌道に
繊維製品の開発、製造、販売を手掛けるピエクレックスは2022年4月26日、同社のブランドアンバサダーに就任した武井壮さんの就任式を開催するとともに、製品や技術を紹介する記者説明会を行った。(2022/4/27)

知らないと損?業界最前線:
もはや1兆円規模のサブスク市場、パナ参入で家電も本格化
コロナ禍の巣ごもり需要でさまざまな家電が注目を集めたが、アフターコロナ、ウィズコロナの気運が高まる中、家電市場に訪れている大きな変化の1つがサブスクの広がりだ。22年度以降の市場規模は1兆円を超えるとされ、いろいろな家電製品がサブスクで利用できるようになっている。(2022/4/27)

環境省の事業が始動:
月額2000円でエアコンのサブスク、埼玉県戸田市がモデル事業を実施
埼玉県戸田市は、エアコンを月額2000〜3700円で利用できるサブスクリプション事業を開始すると発表した。高齢者世帯と子育て世帯を対象に、4月25日〜5月13日の期間に募集する。(2022/4/22)

動き出したエアコンのサブスク 戸田市は富士通ゼネラルの最上位機種で月額2000円から
高齢者世帯の熱中症対策を主な目的としたエアコンのサブスクリプション事業が動き出した。戸田市の場合は月額2000円(税込)から。(2022/4/21)

導入事例:
福島県・浪江町で国内初の水素供給ネットワーク最適化に向けた実証運用を開始、大林組
大林組は、福島県双葉郡浪江町で取り組んでいる「既存の再エネを活用した水素供給低コスト化に向けたモデル構築・実証事業(環境省委託事業)」の一環として、水素を複数の拠点に運搬する際の搬送効率向上を目的とした1年間の実証運用を開始した。実証では、町内施設への水素供給により、搬送コストの低減効果を検証するとともに、実利用を通じて水素の魅力を伝えることで、需要の喚起と拡大を図れる。なお、エネルギーマネジメントシステムを用いて水素供給ネットワークを最適化する実証運用は国内初だという。(2022/4/21)

蓄電・発電機器:
使用済みのEV蓄電池と太陽光パネルで自家消費システム、日東工業が実証導入
日東工業は2022年4月、電気自動車(EV)の使用済みリユースバッテリーと、リユースした太陽光パネルを活用した産業用自家消費システムを開発し、実証導入すると発表した。(2022/4/20)

気象庁「熱中症警戒アラート」27日から運用 去年は延べ613回
気象庁と環境省は19日、「熱中症警戒アラート」の運用を4月27日から始めると発表した。(2022/4/19)

国内初のグリーンボンド(環境債)発行へ 日本取引所や日立らがブロックチェーンを活用
日本取引所グループと日立製作所、野村證券、BOOSTRYの4社は、公募ホールセール向けグリーンデジタルトラックボンドの発行に向けて協業を開始する。同ボンドで調達した資金は、バイオマス発電や太陽光発電の設備に充当される。(2022/4/19)

製品動向:
断熱性能を向上させリニューアルした断熱玄関引戸を全国発売、LIXIL
LIXILは、従来品よりも断熱性能を向上させ、住宅の外観と合わせやすい木目カラーをラインアップし、リニューアルした断熱玄関引戸「玄関引戸JS」の全国販売を行っている。(2022/4/18)

太陽光:
太陽光だけで稼働するEVステーション、「カーポート+蓄電池」で実現へ
中国電力は太陽光発電のみの電力で運用する「完全自立型EVシェアリングステーション」の実証事業を開始すると発表した。太陽光発電の電力のみで運用するEV(電気自動車)の充電ステーションに、カーシェアリングサービスを組み合わせた世界初の取り組みになるという。(2022/4/15)

法人課税はどう変わったか:
【経理必見】令和4年度税制改正、経理業務への影響は? ポイントを解説
「令和4年度税制改正」では所得拡大促進税制の拡充や住宅ローン減税の見直しなどが目玉となりそうです。その他、少額減価償却資産の損金算入特例の見直しなども要注目です。2021年に公表された税制改正大綱から、経理担当者が押さえておきたい改正ポイントを解説します。(2022/4/12)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
「プラスチック新法」に対応したらアメニティーが“ごっそり”盗まれた? 対応に右往左往する現場のリアル
4月1日に施行された通称“プラスチック新法”。「ホテルの客室からアメニティーが無くなる!?」といったうわさがまことしやかに広がったが、実際はどうなのだろうか。ほぼ毎日ホテルに宿泊する筆者が現場を調査したところ……。(2022/4/8)

産業動向:
LIXIL、住宅の断熱に対する意識調査
LIXILは2021年12月、全国の20〜60代の計4841人に、住まいの断熱に関するインターネット調査を実施した。住宅の「断熱」と温室効果ガスであるCO2削減を関連付けている人は32%にとどまった。(2022/4/5)

蓄電・発電機器:
産業用蓄電システムの最新動向、これからの電力業界の展望を見据えた新製品も続々!
産業用の蓄電池市場に新たな動きが出始めている。自家消費やBCP対策としてはもちろん、VPPや蓄電池発電所など、これまでなかったニーズも顕在化してきている。「スマートエネルギーWeek2022 春展」より、注目のソリューションをピックアップ。(2022/3/30)

産業動向:
日鉄高炉セメントの本社に適用した低炭素型コンクリでJ-クレジットを取得、竹中工務店
竹中工務店は、「J-クレジット制度」を活用し、日鉄高炉セメントが福岡県北九州市で保有する本社ビルで、地下躯体部分のCO2削減に貢献する「ECMコンクリート」に置き換えたことにより、CO2排出削減量の64トン分についてクレジットを取得した。(2022/3/30)

自社で農園を保有:
アパレル業界の「悪しき慣習」を打破? 「100%土に還る服」のサブスクが面白い
アパレル業界の大きな課題といえば、「大量生産・大量消費」を想像する人が多いのではないか。2018年、高級ブランドのバーバリーが42億円相当の売れ残り商品を焼却したことも話題になった。そんななか「100%土に還る服」をサブスクする企業があるという。どういう素材を使っているのだろうか? 採算は取れるのか? 気になるギモンをぶつけてみた。(2022/3/29)

順天堂大学大学院の調査:
花粉症持ちはどんな特徴があるのか? 花粉症症状の強さと関連する特徴も明らかに
順天堂大学大学院医学研究科 眼科学の猪俣武範准教授らの研究グループは、スマホアプリ「アレルサーチR」によるクラウド型大規模臨床研究を実施。その結果、花粉症患者の特徴、花粉症のある人の特徴や症状の重さに関連する特徴が明らかになってきた。(2022/3/28)

ピーク時は8カ月待ち:
百貨店が始めた「高級アパレルサブスク」 1万円超えなのに、申し込みが想定の7倍も殺到したワケ
大丸松坂屋百貨店は2021年3月、高級ブランド服のサブスクサービス「AnotherADdress」を発表した。初年度の目標を700%達成したが、実は一度「却下された」ビジネスだった。その理由は? また、なぜ7倍という驚異的な数字を達成できたのだろうか?(2022/3/25)

「殺処分を依頼して、笑顔で帰る飼い主がいる――」 高齢・病気の犬猫保護団体「フィリックス・アニマ」が支える命の現場
動物保護団体「フィリックス・アニマ」に取材しました。(2022/3/25)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
EVは電力不足の敵か救世主か
日本の電力供給体制の脆弱性を明らかにした昨日の電力ひっ迫。ここで気になるのがEVという存在です。電気で走るEVはどのような存在になるのでしょうか。ポジティブなのか、はたまたネガティブなのか?(2022/3/24)

導入事例:
西松建設らがLPWA無線技術とMFC式DOバイオセンサーを一体化、遠隔監視と省エネを実現
西松建設は、和歌山大学と群馬大学とともに、LPWA無線技術とMFC式DOバイオセンサーを一体化させた「LPWA-DOバイオセンサー」を開発した。MFC式DOバイオセンサーは、LPWAと一体化することで、連続計測値を遠隔監視することが可能になり、閉鎖性水域での計測やメンテナンス作業の効率化、省人化によるコストダウンが見込める。(2022/3/24)

東京ガールズコレクションと環境省、リアルとメタバースでコラボ 狙いは?
東京ガールズコレクション実行委員会は、3月21日に開催した「マイナビ 東京ガールズコレクション 2022 SPRING/SUMMER」で、リアルとメタバースの両空間で、環境省とコラボした。脱炭素社会の実現に向けた発信をすることによって、Z世代の注目が集まるTGCで若年層にアピールする狙い。(2022/3/22)

蓄電・発電機器:
国内初の商用スケールの「大型潮流発電」を実証、九電みらいが長崎県五島沖で
九電みらいエナジーが国内初となる商用スケールでの大型潮流発電システムの実証実験に取り組むと発表。環境省の実証事業の一環として実施するもので、発電開始は2024年度を予定している。(2022/3/18)

サプライチェーン×DX:
豊田通商とゼロボード、サプライチェーン全体の排出量算定と脱炭素ソリューションを提供
日本政府が2050年のカーボンニュートラル実現を掲げて以来、産業界で脱炭素化が進んでいる。企業にGHG排出量の把握と削減が求められる中、サプライチェーン全体の排出量算定と脱炭素ソリューション提供のワンストップ支援に向け、ゼロボードと豊田通商が協業を開始した。(2022/3/16)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaはこうやって買う(後編) 保険、ローン、最初の充電
前編は新車登録に必要な書類を揃えるところまでだったが、後編では納車とその後まで解説。(2022/3/15)

太陽光:
太陽光パネルのリユース判断を簡単に、アイテスが小型の計測システムを開発
アイテス(滋賀県野洲市)は、太陽光パネルの再利用(リユース)の可否を簡易的に選別できる計測器を開発。大掛かりな設備や、専門知識がなくても簡易的に太陽光パネルのリユースの可否を判断できるという。(2022/3/15)

製品動向:
LIXILが熱流出を80%カットする高性能窓を発売、今ある窓を1日で取り換え可能
LIXILは、住居の改修に対応する窓「リプラス 高断熱汎用枠」とリフォーム玄関ドア「リシェント玄関ドア3 高断熱仕様 ハイグレードモデル」を全国で販売開始した。(2022/3/2)

カーボンニュートラル:
東急建設が建築資材のCO2排出量を算定するツールを開発
東急建設は、積み上げ式による建築資材のCO2排出量算定ツールを開発した。開発したツールによって、見積もり時に精度の高いCO2排出量を把握し、低炭素型資材の採用などが促され、建築工事のサプライチェーン全体でCO2削減量を可視化し、低炭素型資材の採用などが促進されると期待を寄せている。(2022/2/21)

製品動向:
アイカ工業がリグニンフェノール樹脂使用のメラミン化粧板を開発、バイオマス度は60%
アイカ工業は、植物由来のフェノール樹脂(リグニンフェノール樹脂)を使用したメラミン化粧板を開発した。今後は、フェノール樹脂を利用したメラミン化粧板のサンプルワークを行いながら、量産化に向けたスケールアップを展開していく。(2022/2/17)

製品動向:
LIXILが高性能ハイブリッド窓を発売、フレームをスリム化しガラス面積を約30%拡大
LIXILは、2021年5月に上市したアルミ窓「サーモスA」や2021年8月に発売した樹脂窓「EW」、2021年11月に販売開始したハイブリッド窓「サーモスII-H/L」に続く高性能窓として、トリプルガラスの高性能ハイブリッド窓「YW」を2022年2月に西日本で発売した。東日本では2022年4月の発売を予定している。(2022/2/16)

今年こそ、旅するように働きたい!:
PR:サイバーエージェントのとあるワーケーション風景 群馬県の湯治文化が仕事にもたらす“効能”とは?
「観光地でテレワークをしながら休暇をとる」という、ワークとバケーションを組み合わせた造語「ワーケーション」。夢のような取り組みであるにもかかわらず、「本当に効果があるのか」「逆に生産性が落ちるのでは」という声が根強く、なかなか浸透するに至っていない。しかし、本当にそうなのだろうか。サイバーエージェントのワーケーションに密着し、その答えを探った。(2022/2/15)

コーヒーを飲むだけで動物愛護:
ダレノガレ明美プロデュース JR東が新大久保駅に「ねこのいない、ねこカフェ」を開いた理由
JR東日本が「ねこのいない、ねこカフェ」を2月27日までの期間限定で営業している。プロデューサーにはダレノガレ明美氏を迎えた。この取り組みのビジネス的な狙いを追う(2022/2/11)

和歌山市沖の無人島:
「ラピュタの島」の海洋プラごみ生かせ ベンチや補強剤で新たな価値
明治時代に建造された旧日本軍の砲台跡が残る和歌山市沖の無人島・友ケ島。観光資源として打ち出す和歌山市が頭を抱えるのが、島に漂着する大量の海洋プラスチックごみだ。(2022/2/10)

6日間限定の開催:
「服を売らないアパレル」は何を売るのか? 西武渋谷店のポップアップをのぞいてみた
「服を売らないアパレル」と明言するブランドが西武渋谷店でポップアップ「CLOSETtoCLOSET」を開催した。どんな商品が置いてあるのだろうか? ブランドが掲げた「服を売らない」というメッセージの真意とは?(2022/2/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。