• 関連の記事

「経営者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

植物工場の夜明け:
米国のイチゴ工場、200億円の資金調達 NTTや安川電機が認めた「日本人経営者」
米国で「イチゴ工場」を運営する日本人経営者が、シリーズBで200億円を調達した。投資家の期待の大きさが数字に表れている。世界初となる「植物工場でのイチゴの量産化」に成功したOishii Farmの古賀大貴CEOに話を聞いた。(2024/3/1)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(94):
セキュリティへの関心が低い経営者の考えを180度変える方法
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。セキュリティへの関心が低い経営者に対策の必要性を理解してもらうには、それが経営上のリスクになり得ることをしっかりと認識してもらう必要がある。今回はその説得に役立つレポートを紹介する。(2024/2/26)

今日のリサーチ:
AI導入でも雇用はそのままか、むしろ増える グローバル調査で経営者とITリーダーの6割以上が回答
AvanadeはAI導入への備えに関するグローバル調査を実施しました。(2024/2/25)

高賃金化:
「大事なのはお金じゃない」 経営者が考えてはいけないこと
経営者であれば「会社の収益をもっと高めて、社員の給与をもっと上げてあげたい」というマインドを持つべき。しかし……。(2024/2/24)

高賃金化:
なぜ給与が上がらないのか? 残念な“ハリボテ経営者”に4つの特徴あり
日本の会社で給与がなかなか上がらない大きな原因は何か。「経営者」「幹部層」「社員」という3つの観点で見ると……。(2024/2/22)

CISOたちが激論、「経営者はセキュリティに理解がない」は言い訳か?
ISC2が開催したパネルディスカッションで現役CISOや元CSOら3人が、今後求められるCISOの役割や経営者とのうまい付き合い方などについて激論を交わした。(2024/2/9)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ドラッカーに学ぶ「部下に成果を上げさせるために、上司が果たすべき2つの責任」とは?
著書『マネジメント』などで知られ、国内外の多くの経営者やリーダー層に影響を与えてきた経営学者のピーター・ドラッカー。このドラッカーの理論で経営チームのコンサルティングを行う山下淳一郎氏に、ドラッカーの教えに基づいた部下に成果をあげさせるための方法を学ぶ。(2024/2/7)

d払い決済1日600回「異常」通報で発覚 不正利用疑い、ベトナム食料品店の男再逮捕
他人名義のスマートフォンで、NTTドコモの電子決済サービス「d払い」を不正利用して架空決済を繰り返し、カード会社から約1千万円をだまし取ったとして、大阪府警国際捜査課などは、電子計算機使用詐欺などの疑いで、大阪市生野区新今里のベトナム食料品店の実質経営者、レ・ドゥック・ロン被告を再逮捕した。(2024/2/5)

SNSで注目集めた「能登からの漂着物」の今 白丸区の太鼓は無事保管が決定、同時期発見の「サウザンドサニー号」はどうなったのか
新潟県の旅館・サウナ経営者が発見からの経緯をSNSに投稿し話題になっていました。(2024/2/3)

サイバーセキュリティ:
「建設業がサイバー犯罪のターゲットになる脅威は増加」 日建連が情報セキュリティ強化呼びかけ
日本建設業連合会は政府の「サイバーセキュリティ月間」(2024年2月1日〜3月18日)に合わせ、会員企業に情報セキュリティ対策の強化を呼びかけた。新たに作業員/社員向けの情報セキュリティ啓発ポスターや、経営者向けの教育/研修用動画を公開し、協力会社への指導も含めた協力を要請した。(2024/2/1)

Cybersecurity Dive:
Cisco、Splunkに続きeBPF技術を提供するIsovalentを買収 その狙いを考察
CiscoはSplunkの買収に続き、OSSのネットワーキングおよびセキュリティオブザーバビリティベンダーIsovalentを買収することを明らかにした。Isovalentの共同経営者が指摘するその狙いとは。(2024/1/28)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
神社参拝で幸福度向上 経営者やリーダー層が神社に参拝すべき理由とは
初詣や厄除け、厄払いなど、何かと神社に参拝する機会は多いもの。実はその神社参拝が、幸福度の向上や仕事の成功に結びついているのかも……。社会心理学者の八木龍平氏が、神社参拝で得られる“ご利益”について話す。(2024/1/23)

世界のCEOは生成AIに“楽観的” 経営者が注目するメリットとリスク
PwCが「第27回世界CEO意識調査」の結果を発表した。自社ビジネスの存続を懸念するCEOが増える中、生成AIに対しては楽観的な見方が強いようだ。(2024/1/17)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「会計の民主化」で中小企業の業績向上に貢献 弥生の前山社長が描く日本と弥生の未来
コロナの5類感染症変更以降も、経済状況や社会情勢の激変は続いている中で、IT企業はどのような手を打っていくのだろうか。大河原克行氏による経営者インタビュー連載の弥生 後編をお届けする。(2024/1/11)

働き方の「今」を知る:
「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。(2024/1/4)

2024年の飲食店トレンド 経営者は「どの街」に注目?
「街と食トレンド」に関するアンケート調査を実施した。飲食店経営者・運営者に調査したところ、2024年の注目すべきグルメタウンや、外食トレンドが見えてきた。(2023/12/25)

経営者グラドル、ぷろたんの「女性127人リスト」入り→本人が事実と認める「いい感じだったときが」 現在の関係性も言及
ぷろたんさんと元恋人・やぎさんの騒動から飛び火。(2023/12/14)

経営者500人に聞いた:
求められるマーケ人材スキル 「デジタル広告」「SNS動画マーケ」上回る1位は?
経営者や役員は、どんなスキルを持ったデジタルマーケティング人材を求めているのか。(2023/12/12)

インフルエンサー兼経営者が酒気帯び運転→現行犯逮捕 本人認め謝罪 「取り返しのつかないことをしてしまった」
「心から申し訳なく思っています」(2023/12/8)

日本企業でイノベーションが進まない理由 7カ国の経営者調査から探る
日本企業が抱えるイノベーションについての課題を、Miroの日本法人ミロ・ジャパンの五十嵐光喜代表執行役社長に聞いた。(2023/12/8)

中小経営者の8割「DX・GX人材の採用や育成に取り組めていない」 何が問題?
中小企業経営者の半数以上が、DXやGXに積極的に取り組もうとしている──中小企業のDX・GX実態調査を手掛けるフォーバル GDXリサーチ研究所が実施した調査で、そんな結果が出た。(2023/12/6)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(10):
町工場の経営改革、どこから着手する? 中小製造業の経営者が対談
本連載では、厳しい環境が続く中で新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は、製造業の経営改革に取り組む2社、影山鉄工所と藤恵工業の対談をお届けします。(2023/12/6)

社長就任は突然に 文明堂の婿経営者はいかにして老舗企業を変革したのか
老舗企業を「婿経営者」として承継し、複数社の経営統合やコロナ禍での売り上げ減という問題に立ち向かった文明堂東京の宮﨑社長が、内田洋行が開催したイベント「UCHIDA ビジネスITフェア2023」に登壇し、変革の舞台裏について語った。(2023/12/1)

マネジメント力を科学する:
第20回:これからの経営者・リーダーが、組織を率いるために発揮すべき力、使うべき言葉
経営者やマネジメント、リーダーには2つの「描く力」が必要だ。(2023/11/28)

働き方の見取り図:
「今何してる?」束縛系上司がどんどん時代遅れになるワケ
人口減少が進み、職場環境も大きな変容を遂げている。経営者や管理職はこれからの会社組織を率いていくために、どんなマネジメントが求められるのか。(2023/11/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
宝塚パワハラ事件 経営者の醜い責任逃れは、なぜなくならないのか
「確認できなかった」「知らなかった」──企業の不祥事が起こるたびに、こうした経営者の言葉が繰り返されてきた。なぜ、経営者の醜い責任逃れをするのか。ハラスメントはどうしたらなくなるのか。(2023/11/24)

中小企業の経営者・バックオフィスの約半数「DXという言葉知らない」 Chatwork調べ
中小企業の経営者・バックオフィス担当者の約半数がDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉を知らない──Chatworkがこんな調査結果を発表した。(2023/11/14)

コロナで「売り上げが伸びた・落ちた飲食店」 どんな差があったのか?
「コロナ前後で売り上げが伸びた飲食店と減った飲食店の違い」の調査によると、売り上げが伸びた経営者の約3割は「大幅に増加」と回答した。売り上げが減少した飲食店の経営者は、どのような部分で差がついたと考えているのだろうか?(2023/11/9)

総合職も「仕事によって給与を変える」べき? 誤解だらけの「職務給」3つのタイプ
務内容を給与にひも付ける「職務給」への関心が高まっており、導入を検討する企業が増えています。しかし、メディアで極端な事例ばかりが取り上げられがちなせいか、人事部や経営者にも日本における職務給導入企業の実態があまり正確に伝わっていません。例えば「ジョブ型を導入すると解雇しやすくなる/されやすくなる」と思っていませんか? また「職種や担当業務が変わると給料が変わる/職種や担当業務が変わらないと給料が変わらない」と思っていませんか?(2023/11/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
一流のチームは一日にして成らず――『易経』が教えるブレないリーダーの心構え
経営者や研究者、医師、スポーツ選手……名だたるリーダーたちが愛読する中国の古典『易経(えききょう)』。どんなことが書いてあるのか。なぜ、人々は魅了されるのか。時代を超えて読み継がれてきた名著のエッセンスを、易経研究家・小椋浩一さんがお話しします。(2023/11/2)

いま起こっている変化の本質とは:
PR:生成AIで企業はどう変わる? 経営者が押さえたい“基礎知識” 日本IBMに聞く
生成AIの登場で、AIの活用が急速に広がっている。企業はAIにどう向き合い、そのメリットをどう享受すべきか。企業向けAIの先駆け「Watson」で市場を牽引してきたIBMの日本法人に、いま起きている変化の本質を理解するポイントを聞いた。(2023/11/1)

持続可能な街作り:
行政に任せるな 伝説の経営者に聞く「寂れた街の再生術」
熱海の「ホテルニューアカオ」や「寺田倉庫」、「台湾のコングロマリット企業2社の百貨店部門」の経営改革を手掛け、「伝説の経営者」とも呼ばれるACAO代表取締役・CEOの中野善壽さんに、民間主導の地方創生について聞いた。(2023/10/28)

2024年問題:
建設業の経営者、「人手不足を実感」7割超 理由は?
M&Aキャピタルパートナーズ(東京都千代田区)は、建設業の経営者104人を対象に、建設業経営者の意識調査を実施した。(2023/10/23)

仙石惠一の物流改革論:
経営者に物流コストを「直視」させる方法
批判を恐れずに言わせていただくと、日本の企業は物流に無関心だ。サプライチェーンにおける企業活動では、ほぼ100%物流が発生する。しかし、その物流をコントロールする人材を十分に配置していなければ、育成もしていない。ならば、物流におけるコストを「見える化」しよう。そうすれば、まともな経営者だったらアクションを取らざるを得ないだろう。(2023/10/18)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
カリスマ上司に罵倒され成長……パワハラとプレッシャーの境目はどこに?
カリスマ経営者のパワハラ問題が週刊誌で報道された。優秀な指導者による厳しい指導やプレッシャーにより組織や個人が成長することは少なくない。では、パワハラとプレッシャーの境目はどこにあるのだろうか。(2023/10/13)

IT経営者の本棚:
179億円調達の法務SaaS企業、経営陣の本棚を覗き見  愛読書は?
今をときめくIT・Web関連企業の経営者の本棚や愛読書をのぞき見。現代社会で戦うIT経営者たちがどんな考え方に影響を受けているのか、ヒントを探る。今回は、法務向けSaaSを手掛け、10月までに179億円の資金を調達しているLegalOn Technologies経営陣の本棚や愛読書をのぞき見る。(2023/10/11)

実際の裁判事例も紹介:
大事な会議の日に有休 部下の申請、断れる? 経営者が使える武器とは
重要な会議の日にいつも有給休暇を申請してくる部下がいます。会議に参加してほしいのですが、有休取得は権利なので強く言えずにいます。有休取得を断ることはできるのでしょうか?(2023/10/5)

社長が15人の会社も!?:
糸井重里74歳、ほぼ日は「僕の最高の作品」 創業した会社をどう残していきたいか?
キャッチコピーからゲーム、メディアから手帳まで多様な作品を生み出してきた糸井重里さんが「最高の作品」と評するもの。それが会社としてのほぼ日だ。「経営者・糸井重里」とは一体どんな人物なのか。糸井さんと、ほぼ日取締役の小泉絢子さんに聞いた。(2023/10/4)

最初は注目されなかった:
ノーベル賞受賞のカリコ氏が語る「苦難と信念」 コロナワクチン開発に貢献した開拓者精神とは?
ノーベル生理学・医学賞に、コロナワクチンの開発に貢献した独ビオンテック社のカタリン・カリコ上級副社長と、米ペンシルベニア大学医学大学院のドリュー・ワイスマン教授が選ばれた。その背景には、苦難の研究者人生があった。困難にめげず信念を貫いて道を切り開いた姿勢は、多くの経営者のヒントになるだろう。(2023/10/3)

「サポート詐欺」「ランサムウェア」「偽Wi-Fi」に要注意:
「サイバー攻撃の被害は警察署に通報を」――警視庁が解説する最新の脅威動向、セキュリティ対策の基本
サイバー攻撃の脅威を対岸の火事と捉える経営者は珍しくない。だが現実は、企業規模を問わず、脆弱性のあるシステムを標的にサイバー攻撃が仕掛けられ、システムを使用していた自社はもちろん、取引先にまで影響を及ぼすケースが起きている。東京商工会議所が主催したセミナーに登壇した警視庁の担当者が、最新の脅威動向、サイバーセキュリティ対策の基本を解説した。(2023/9/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成功している経営者はなぜ神社好きが多いのか?
経営者が特に神頼みに積極的なのは、データから明らかだ。これだけ行く人が多いと、神仏の力を頼るのは経営の裏技といっていいかもしれないが、いったい神社やお寺で何を願っているのだろうか?(2023/9/21)

対談企画「CEOの意志」:
マネックス清明CEOに聞く 日本企業で女性経営者が増えない決定的な理由
マネックスグループの清明祐子CEOは6月、女性としては初めて金融グループのトップに就任した。日本では女性経営者がなかなか生まれないのが現状だ。その背景や問題点を清明CEOに聞く。(2023/9/21)

Z世代が選ぶ憧れの経営者 2位「ないこ」(VOISING)、1位は?
憧れの経営者は誰ですか? Z世代に聞いたところ……。(2023/9/16)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(109):
IT人材ゼロでDX!?  お悩み中小企業のためのDX推進が分かる無料の電子書籍とは
人気過去連載を電子書籍化し、無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第109弾は、DXをどのように進めたらよいか分からず、焦りを覚えている中小企業のDX担当者や経営者のモヤモヤを吹き飛ばし、DX推進の一歩目を踏み出すことを後押しする連載「IT人材ゼロから始める中小企業のDXマニュアル」のまとめです。中小企業がDXを進めるためにどうすればいいのか、高度AI時代に何をすべきか、そのヒントが分かります。(2023/9/15)

Cybersecurity Dive:
なぜ経営者にリスクが正しく伝わらないのか? セキュリティリーダーに必要な“コミュ力”を磨こう
セキュリティやリスク責任者がデータに関するリスクを意思決定者に正しく伝えるためにすべきことは何か。コミュニケーションが効果的に機能するための3つのステップを紹介しよう。(2023/9/2)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
サイバーセキュリティ連盟の調査で判明――日本企業のサイバー防御力、ギャップを埋める鍵はセキュリティ意識の変革から
サイバーセキュリティ対策の重要性が高まりつつあるが、それでも、対策にかけたコストに見合う成果が得られるのか、セキュリティ事故はそうそう起きないのではないか、といったマインドの経営者はまだまだ存在する。どのように対策を進めればいいのだろうか。(2023/8/16)

孫正義も驚嘆:
社員のメールもSlackも「AI監視」 不正横行を防ぐ“最強のツール“とは?
ビジネスコミュニケーション上の不正を、AIの技術によってリアルタイムで監視するサービスを提供している企業が、米ニューヨークに本社を置くビヘイボックス。創業者に、高い精度での監視を実現する戦略と、経営者によるリスク把握の重要性を聞いた。(2023/8/4)

IT企業デスクツアー:
ラクスルで働くみんなのデスク環境 グループまるっと経営者からエンジニアまで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、ラクスルグループで働く人に注目。ラクスルやその子会社であるハコベル・ノバセル社員のデスクを探る。(2023/8/3)

「なぜ必要か?」から具体的な運用方法まで:
「経営者への説明付き」のSBOM導入手引書を公開 経済産業省
経済産業省は「ソフトウェア管理に向けたSBOMの導入に関する手引」を策定したと発表した。SBOMを導入する利点や実際に導入するに当たって実施すべきポイントをまとめた。(2023/8/3)

パンデミック後のZoomの業績【後編】
「パンデミック後でも事業は堅調だ」とZoom経営者が語る理由は?
Zoomの法人ユーザー数が増加している。2024年度の見通しも前向きだ。財務状況と同社CEOによる分析を踏まえて、同社の今後の展望を紹介する。(2023/7/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。