• 関連の記事

「ライセンスビジネス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ライセンスビジネス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

磯部孝のアパレル最前線:
安さが売りだった「しまむら」を変えた! 子ども服「バースデイ」のあなどれない実力
出生数の減少に歯止めが止まらない中、ベビー・子ども服関連で快進撃を続けているチェーン店がある。それが、しまむらグループのバースデイだ。(2022/3/8)

詳説探究!DBエンジニアが征く(3):
企業が「NewSQL」を採用するメリットは? PingCAP CTOに聞く「TiDB」開発の理由
分散SQLDB「TiDB」をOSSで公開し、開発を進めているPingCAPでCTOを務めるEd Huang氏と対談。TiDBの開発を始めたいきさつや、企業はRDBからNewSQLに移行すべきなのかなどについて聞きました。(2022/2/24)

製造マネジメントニュース :
「パナソニックに足りないのはスピード」CNS社CTOに就任した元MS榊原氏
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は2021年12月1日、同年11月1日に同社CTO兼イノベーションセンター所長および知財担当に就任した榊原彰氏に対するメディア懇談会を開催し、報道陣の取材に応じた。(2021/12/3)

石川温のスマホ業界新聞:
欧州委員会がスマホ充電端子を「USB Type-C」に統一へ――アップルはLightningを辞めるのか。それともMagsafeにシフト?
欧州委員会が、スマートフォンの充電端子をUSB Type-Cに統一する法案を上程した。この法案が成立すると、ヨーロッパ連合(EU)加盟国で販売されるスマホの充電端子は全てUSB Type-Cとすることが義務付けられる。この法案に対して、独自のLightning端子を採用するAppleが反発している。(2021/10/1)

Gartner、IDCに聞く「半導体不足がPC市場に与える影響」【後編】
「Windows」PCが「Mac」並みの“高級品”ばかりになり得る切実な事情
部品価格の高騰を完成品価格に反映させない――。製造業のこうした企業努力には限界がある。PCベンダーも同様だ。半導体品薄に直面するPCベンダーが、製品価格の値上げという苦渋の選択をせざるを得ない理由とは。(2021/9/5)

「鬼滅の刃」便乗商品を「鬼退治グッズ」などと称して販売、4人逮捕
不正競争防止法違反(周知表示混同惹起行為)の容疑で経営者ら4人が逮捕されました。(2021/7/28)

“メゾピアノの香水”が17年ぶりに帰ってきた! 「エモい」「懐かしすぎてもだえる」と話題の復刻経緯をブランドに聞いた
あの頃の女児の心がときめく。(2021/5/26)

NVIDIAによる混迷の「Arm買収劇」【後編】
NVIDIAのArm買収で広がる波紋 「Armアーキテクチャ」制限の事態も?
NVIDIAがArmを買収することに対して強い懸念が生じている一因は、世界のさまざまな企業がArmのライセンスを受けているからだ。仮に買収が成立した場合、どのような影響が出るのか。(2021/5/21)

NVIDIAによる混迷の「Arm買収劇」【中編】
Arm買収に打って出たNVIDIA ライセンス事業のオープンさを維持できるのか?
Armの買収が成立した場合、NVIDIAには難しいかじ取りが求められる。“オープン”さが特徴であるArmのライセンス事業と、“クローズド”なNVIDIAのGPU事業は両立するのか。(2021/5/14)

NVIDIAによる混迷の「Arm買収劇」【前編】
NVIDIAのArm買収にGoogleもMicrosoftも反発 その理由は?
NVIDIAはArmを買収することで、新たな市場開拓が可能になるだろう。だが業界から懸念の声が出ており、話は簡単には進まない。何が問題なのか。(2021/5/7)

チャールズ・ゲシキとジョン・ワーノックが拓いたデスクトップとデジタル、2つのパブリッシング革命を振り返る
Adobe創設者の一人である故・チャールズ・ゲシキ氏の業績をまとめた。(2021/4/27)

次世代iPhoneでもAppleがUSB-Cを採用しない理由
「Appleはいい加減、Lightningを止めればいいのに」という意見は多いが、Appleにはそうしない理由があるようだ。(2021/3/3)

組み込み開発 インタビュー:
独自メッシュWi-Fi技術がスマート工場で高評価、成長軌道描くPicoCELAの挑戦
ベンチャー企業のPicoCELA(ピコセラ)は、Wi-Fiを網の目のように張り巡らせる「メッシュWi-Fi」の独自技術をさまざまな産業向けに展開している。同社 社長の古川浩氏に創業の背景や現在の事業展開を聞くとともに、工場のスマート化などで注目を集めるローカル5Gをどのように見ているかを説明してもらった。(2020/12/25)

独自マイコンの開発期間も短縮へ:
ルネサス、「IPユーティリティー」を提供開始
ルネサス エレクトロニクスは、ルネサス製IPを活用して、顧客が独自のマイコンなどを容易に開発することができるソリューション「IPユーティリティー」の提供を始めた。IP製品のライセンス事業を拡大するのが狙い。(2020/12/14)

Windowsフロントライン:
最新の四半期決算にみるMicrosoftとWindowsとPCの関係
新型コロナウイルスの影響で好調な決算を残したMicrosoft。クラウドシフトが反映された結果だが、Windowsの行く末が今後の同社を左右するという。その理由は?(2020/11/9)

グリー、ゲーム事業を子会社に承継 「ユーザーへの影響はない」
グリーがアプリゲーム事業とライセンス事業を、完全子会社のファンプレックス承継させると発表した。(2020/10/27)

小学館集英社プロダクション、「Oracle Fusion Cloud EPM」で予実管理を効率化、事業部別収益の横断管理を実現
小学館集英社プロダクションは、Oracleの経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud EPM」を導入して、属人的かつ煩雑になっていた予算・実績管理業務を刷新。事業部別収益の横断管理を実現した。予実管理業務の標準化、効率化を図り、担当者の生産性向上や残業時間の短縮にもつながった。(2020/10/12)

KAMIYAMA Reports:
菅新首相と投資の話題
現時点で最大の話題は「いつ総選挙を行うか」だろう。菅首相は自民党総裁を安倍前首相から9月に引き継いだが、2021年9月にいったん総裁の任期を迎える。菅首相は、その時期までにもっとも良いタイミングで解散・総選挙を行い、総裁・首相としての政治基盤を固めようとするだろう。(2020/9/25)

ソフトバンクG、ArmをNVIDIAに約4兆円で売却
ソフトバンクグループがうわさどおりArmをNVIDIAに売却する。NVIDIAが公式に発表した。買収総額は約4兆2500億円。ソフトバンクグループはNVIDIAの主要株主でもある。(2020/9/14)

障壁は大きい:
NVIDIAによるArm買収、実現すれば「業界の大惨事」
NVIDIAがArmの買収に向けて交渉しているという報道が、エレクトロニクス業界を駆け巡った。破竹の勢いで成長するNVIDIAといえど、Armを取り込むことは難しいのではないだろうか。この報道を、アナリストとともに考察する。(2020/8/28)

「衝撃」「ショックでかい……」 セシルマクビーが店舗事業から撤退 SNSに驚きが広がる
「ショップバッグ」「ミラー」を懐かしむ声も。(2020/7/20)

萌えキャラを腐らせたくない 「東北ずん子」運営会社がAI向け学習データを無料公開、その狙いは
萌えキャラの運営会社が、AI研究向け学習データを無料で公開している。自社の収益には直接つながらないが、「AIの研究を促進する」「腐らないコンテンツを作りたい」「女の子の声になりたい」など、無料公開にはさまざまな理由があった。(2020/7/14)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
9000億超の赤字 結局、ソフトバンクの経営は本当に危ういのか
ソフトバンクが巨額の企業買収や投資を行う場合、デットファイナンス、つまり借入金によって資金を調達してきた。なぜソフトバンクは年間数千億円にもなる利息を支払いながら、株式ではなく有利子負債によって買収や投資を進めるのだろうか。(2020/5/8)

米ゴールドジム、新型コロナの影響で経営破綻 CEO「フランチャイズ店は影響受けない」
フランチャイズ店には影響なしとしています。(2020/5/5)

5Gスマホの需要増で:
新型コロナの影響は不透明でもQualcommは安泰か
現在、「コンポーネント需要は、2020年後半に回復する」とされていた期待が徐々に薄れつつあるが、こうした中でQualcommは、例外的な存在となりそうだ。(2020/3/26)

松本零士、イタリア緊急搬送から完全回復を報告 「いよいよ描くべき物語に挑むときがきた」と新作執筆に意欲
新作楽しみ!(2020/1/25)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
MIPS Openの終焉、好対照のRISC-V
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2019年11月の業界動向の振り返りとして、昨今のオープン化の動きを考察する。(2019/12/23)

三越伊勢丹「アナスイ」事業撤退でSNSに衝撃 もう日本で買えなくなるのか聞いてみた
コスメやお財布……どうなるの?(2019/11/15)

7nm対応のSRAMやTCAMなどを追加:
ルネサス、IPライセンスビジネスを強化
ルネサス エレクトロニクスは、IP(Intellectual Property)ライセンス事業を拡充する。最新プロセスや新規格に対応したIPを追加し、顧客への提供を始めた。顧客の半導体開発を支援するためのサービスも新たに開始した。(2019/10/30)

CEATEC2019:
夜明け前の“ワイヤレス給電”技術 目指すは「電気って何?」と言われる世界
「ワイヤレス給電には『ガラスの天井』(Glass Ceiling)がある」——ワイヤレス電力伝送実用化コンソーシアム(WiPoT)の篠原真毅代表(京都大学教授)は、CEATEC2019の講演で空間伝送型ワイヤレス給電技術の現状を語った。(2019/10/16)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(16):
「バスNAVITIME」Google Kubernetes Engine移行時の5つのチャレンジ――プロビジョニング期間を約60分の1に短縮
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。ナビタイムジャパンの事例では、Google Kubernetes Engine移行時のポイントを中心にお届けする。(2019/10/9)

DisneyのアイガーCEO、Appleの取締役を辞任 競合する「Disney+」と「Apple TV+」のスタート前に
Appleの取締役を2011年から務めてきたWalt Disneyのボブ・アイガーCEOが、Appleの取締役を辞任した。Appleは9月10日、Disneyが11月12日に月額6.99ドルで提供開始する「Disney+」と競合する「Apple TV+」を11月1日に月額5ドルで提供すると発表した。(2019/9/15)

水や空気や男を美しく磨く新素材? ソニーの電池開発から生まれた「トリポーラス」とは
ソニーが新素材「Triporous」(トリポーラス)のライセンスビジネスを本格化した。製品の第一弾は男性用ボディーソープ。ソニーは一体、何を作ったのか?(2019/8/14)

RISC-Vに対する対抗策?:
Arm、ライセンス供与なしでIPを使えるモデルを発表
Armが、新しいプログラム「Arm Flexible Access」を発表した。これによりSoC(System on Chip)開発メーカーは、Armの幅広い種類のIP(Intellectual Property)を、ライセンス供与なしで使用することができるため、実験や評価を行ったり、さまざまなプロジェクトに着手したりすることが可能になる。(2019/7/22)

海外展開に挑む:
ガンダムとハローキティがそれぞれ「ハリウッド映画」作る――サンリオと創通の仕掛け人が明かす「世界制覇の勝算」
機動戦士ガンダムの版権管理などを手掛ける創通の田村烈常務取締役と、サンリオの下村陽一郎取締役がITmediaビジネスオンラインの取材に応じ、「機動戦士ガンダム」と「ハローキティ」の海外展開の展望を明かした――。(2019/6/6)

ITはみ出しコラム:
Appleがまさかの“3日連続”新モデル発表 25日のイベントはどうなる?
Appleが自ら告知したスペシャルイベントの開催前週に、3日連続でハードウェアの新モデルを発表してしまいました。3月25日のイベントは一体どうなるのでしょうか。(2019/3/24)

IPビジネスからの移行:
MIPS、オープンソース化で「RISC-V」越えを狙う?
MIPSアーキテクチャのISA(命令セット)をオープンソース化する方針を発表したWave Computing。しかし、オープンソース化を実現するということは、長い間慣れ親しんできた既存のIP(Intellectual Property)ライセンスビジネスであるMIPSから、大きく移行することを意味する。(2019/2/25)

同人誌の“適正価格”ってあるの? 同人活動は「もうけちゃダメ」なの?
定期的に話題になるこのトピック。(2019/2/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの決算に見るWindows 10への移行とIntel製CPU供給量の関係
Microsoftが2019年度第2四半期の決算を発表した。そこから読み取れるWindows 10の現状と、当面は影響があると思われるIntel製CPUの供給量に関する部分を見ていこう。(2019/2/4)

Apple、iPhone伸び悩み減収減益 サービスのグロスマージンが63%
Appleの10〜12月期決算は、売上高は5%減の843億ドル、純利益は0.5%減の199億7000万ドル。この四半期からiPhoneの出荷台数を公表しなくなった。デジタルコンテンツなどの「サービス」が好調だと強調した。(2019/1/30)

組み込み開発ニュース:
ルネサスが半導体IPのライセンスを拡販、「RX」や「SH」をFPGAに組み込める
ルネサス エレクトロニクスは、半導体の設計情報であるIP(Intellectual Property)のライセンス販売を拡大する。従来は特定の大口顧客が要望する際のみに提供していたが、年率10%以上で成長しているIPライセンス市場に参入する。(2018/9/21)

企業動向:
エッジAIソリューションの提供でPALTEKとDMPが協業を発表
PALTEKは、GPUやAI技術などのライセンスビジネスを行うディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)と協業すると発表した。両社は、Xilinx製FPGAを活用したエッジAIソリューションを提供する。(2018/9/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
創業43年目で株価が最高値を更新中〜世界最大のソフトウェア会社、マイクロソフトに何が起きたか?
大変貌を遂げようとしているマイクロソフトは今、どんな取り組みを進めているのか。(2018/9/6)

Xilinx製FPGAを活用:
PALTEKとDMP、エッジAIソリューションで協業
PALTEKは、Xilinx製FPGAを活用したエッジAIソリューションを提供するため、ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)と協業する。(2018/9/3)

イータス 代表取締役社長 横山崇幸氏:
PR:車載ソフト開発に革新をもたらすイータス、セキュリティ製品に注力し22年に売上高2倍へ
「電気自動車(EV)」や「自動運転車/コネクテッドカー」など、自動車産業は大きな転換期を迎えている。ECUに搭載されるソフトウェアは複雑で、実装される量も桁違いに増える。ECUソフトウェア開発工程をトータルにサポートするETAS(イータス)。その日本法人で社長を務める横山崇幸氏は、「車載ソフトウェア開発の効率改善につながるソリューションを提供したい」と話す。(2018/8/21)

新連載:パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
ガス会社勤務だった女性が「世界最大級のデジタルコンテンツ会社」を率いるまで
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/8/7)

キティさんが仕事を選ばない理由は「人助け」? サンリオ株主総会の社長の発言が大反響
サンリオの広報課に取材しました。(2018/7/6)

Nokia、ヘルスケア事業をWithings創業者に売却へ
NokiaがWithingsから買収したスマートウォッチ、体重計などのデジタルヘルス事業が創業者の元に帰る。(2018/5/3)

「ウタエル」リリースも収益減:
人気アプリ「つみネコ」旧運営元が破産 音楽アプリ参入が裏目に
人気ゲーム「つみネコ」旧運営元のビースリー・ユナイテッドが破産。負債総額は約4688万円。同タイトルとライセンスビジネスで成長したが、音楽事業参入に伴う投資が大きな負担となり、資金繰りが悪化した。(2018/3/28)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
格闘ゲームの“古豪”復活へ SNKが増収増益
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/11/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。