• 関連の記事

「コクヨ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コクヨ」に関する情報が集まったページです。

見てるほうも緊張するわ! コクヨ、三菱鉛筆、ゼブラ……有名文具メーカー社長が知育玩具で“ガチ対決” 令和の名勝負に「全てがおもしろい」
仲良しな社長たち。(2024/6/19)

コクヨ、音漏れを少なくしたスピーカーを開発 アフターコロナのオフィスに対応
コクヨは、背景音をコントロールするスピーカー「スポットサウンドマスキング」を6月下旬から発売する。昨今、リモートワークによる出社率低下やビル空調設備の高性能化でオフィスが静かになっている。その結果、「周囲の音が聞こえやすい」「話している人の声が目立つ」といった課題があった。(2024/5/13)

マステでアレンジしたキャンパスノート「発想が天才」「かっけぇ」と話題 コクヨ公式も反応
真似したくなるアイデア!(2024/4/28)

ファミマ、コンビニエンスウェアから「文具」を発売 環境に配慮した素材を使用
ファミリーマートは、コクヨと共同開発した「コンビニエンスウェア」の文具ライン35アイテムを発売する。(2024/4/23)

世の中の在宅勤務率はどのくらい? コクヨが調査
在宅勤務のメリットやデメリットなどについても調査した。(2024/4/19)

ファミマの「コンビニエンスウェア」から文具が新登場 コクヨと共同開発、数量限定キャンパスノートや“ファミマソックス”の消しゴムなど
シンプルなデザインのハサミやホッチキスも。(2024/4/18)

コクヨ、ハラカド内に「COPY CORNER」オープン 広さ5.5坪の特徴は?
コクヨが運営する「YOHAK DESIGN STUDIO」は、アイデアを出力し日用品の新たな価値を提案するファクトリー+プリンティングレーベル「COPY CORNER」をオープンする。(2024/4/10)

コクヨ、新ブランド「KOKUYO HibiFull」立ち上げ 商品パッケージの決定に「AI」を利用
コクヨはこのほど、新ブランド「KOKUYO HibiFull(コクヨ ヒビフル)」の立ち上げをを発表した。ブランドコンセプトは、「ちょっとした『くふう』で、はたらく場所をちょっと『ここちよく』」で、掃除用品や衛生用品などを展開する。(2024/2/23)

コクヨから猫モチーフのノートが再び登場 「茶トラ」「サバトラ」の2種類、おそろいの猫耳ふせん付き
ぷにぷにのソフトリングを肉球に見立てたキュートなノート。(2024/2/1)

コクヨ、新ライフスタイルブランド「SAUNA BU」発足 サウナポーチなど発売
コクヨは11月23日、新ライフスタイルブランド「SAUNA BU(サウナブ)」の立ち上げを発表。11月26日(いい風呂の日)から、サウナのおともとして使えるサウナポーチを含む全6種類のプロダクトの発売を開始した。(2023/11/30)

コクヨ、研究現場のニーズを汲んだ「リサーチラボペン」発売 アルコールで文字が消えにくいインクを採用
結露や凍結した容器にも筆記が可能です。(2023/11/11)

“研究者向けペン”コクヨから 実験容器へのメモに特化 アルコールで消えにくいインク採用
コクヨが、理化学系の研究者向け筆記具「リサーチラボペン」を発表した。実験・研究用容器に手書きで情報を書き込む用途を想定し、アルコールで消えず、水に混ざりにくいインクを採用。薬品を扱う場面などでも使いやすくしたという。11月15日に396円で発売する。(2023/11/8)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
4400円もするインクペンがクラファンで大人気──滑らかな書き味の秘密、コクヨに聞いた
コクヨが、あえて高級筆記具に乗り出した製品が「WP」シリーズ。この価格4400円のペンが、クラウドファンディングで大ヒットしたのは、とてもうれしいニュースだ。(2023/9/29)

経済の「雑学」:
コクヨの「集合住宅」ってどんなところ? 9月にオープン、ほぼ満室
コクヨは、新事業として集合住宅「ザ・キャンパス フラッツ トゴシ」を東京都・戸越にオープンした。いつかやりたかったことを試せる「プロトタイプする暮らし」がコンセプトだというが、どんな住宅なのか。(2023/9/27)

コクヨがサイバー攻撃の被害に アスクルの顧客情報に影響か
アスクルは、商品直送サービスを担うコクヨが2023年6月にサイバー攻撃を受けたと発表した。「ASKUL」「ソロエルアリーナ」「LOHACO」の顧客情報が流出した可能性がある。(2023/9/20)

コクヨの子供見守りIoTは家族コミュニケーション活性化に着目 スマホと連携する画面付き卓上型デバイスも登場
保護者のスマートフォンに音声やメッセージなどを送信できる子供向けのIoTデバイス「はろもに」「はろぽち」の2製品をコクヨが発表した。(2023/9/12)

コクヨが語る「成果を最大化する」オフィスのつくり方 社員を巻き込むコツとは?
「出社したら席が空いてない」「荷物がそのまま放置」「ごみが常にいっぱい」──居心地の悪いオフィスを改善し、社員が気持ち良く業務に集中してもらうには、どんな取り組みをするべきなのでしょう。(2023/6/30)

コクヨがランサムウェア攻撃を受けたと発表 影響範囲は調査中
コクヨは2023年6月8日、ランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたと発表した。影響範囲や情報流出の有無は調査中としている。(2023/6/9)

コクヨがランサムウェア被害に 影響範囲は確認中
コクヨグループのシステムがランサムウェアを使った攻撃を受けた。影響範囲や情報漏えいの有無は確認中。対策本部を立ち上げて調査と復旧を急ぐ。(2023/6/8)

「着用する」過半数:
プライベートよりも外しづらい? 「職場でのマスク」、今後はどうするのか
コクヨの子会社で通販事業を展開するカウネット(東京都港区)は、「政府方針変更(3月13日)以降の感染症対策」について調査を実施した。その結果、マスクの着用は個人の判断とするいわゆる「マスク解禁」後に「職場で着用する」と回答した人は過半数を占め、プライベートでの着用意識を上回った。(2023/4/28)

従来品もリニューアル:
「ハサミ、時々カッター」 コクヨが2Wayのハサミ「ハコアケ」発売
コクヨは、カッターとしても、ハサミとしても使用できる2Way携帯ハサミ「ハコアケ」を、3月15日から発売する。また、発売中の2Wayハサミ「ハコアケ」もバージョンアップし、同日発売する。(2023/3/6)

つけ替え可能:
コクヨ、「四角い」液体のり発売 丸タイプの不満解消
コクヨは3月1日、四角いスポンジヘッドで角まで塗れる液体のりを発売する。2019年1月に発売し、国内累計出荷数880万個(22年12月末時点)を突破した「GLOO」シリーズの新商品だ。(2023/2/28)

ラインアップは50種類:
「種類が多すぎて選べない」の声に着目 コクヨ、シンプルを突き詰めた文具シリーズ発売
コクヨは2月8日から、白を基調にシンプルなデザインに統一した新シリーズ「GOOD TOOLS」を発売する。統一感のある新シリーズ発売で、春からの新生活に向けた需要を取り込む狙い。(2023/2/2)

日本文具の入り口に:
羽田の新商業施設に「コクヨの直営店」がオープン 興味を持つきっかけに
コクヨが羽田空港直結の新商業施設「羽田エアポートガーデン」に、直営の文具ショップ「KOKUYODOORS」をオープンする。店舗の特徴は……。(2023/1/29)

ふっくらビスケット型吸音パネル「bisketta」、コクヨが発売 「オフィスの魅力高める」
コクヨがビスケットのような形をした吸音パネル「bisketta」(ビスケッタ)を発表。価格は1枚当たり税別3万2400円からで、10日に発売する。オフィスでの利用を想定し、法人向けに提供する。(2023/1/7)

デジタルファブリケーション:
コクヨがデジファブ事業を始動 VUILDの木材加工機「ShopBot」で木素材の内装空間や家具を提案
コクヨは、東京品川オフィス内に新たな協創の場となる実験スタジオ「(0,0,0)studio genten」をオープンし、木素材をメインにしたデジタルファブリケーション技術を活用した新事業をスタートさせた。デジファブ事業では、米国製の木工用加工機(CNCルーター)「ShopBot(ショップボット)」を活用し、多様化するワークスタイルに応じた家具や内装造作などを制作し、「働く空間」の新たな価値創出を目指す。(2022/12/8)

医療機器ニュース:
香りが職場のコミュニケーションに変化を与えるか、検証開始
コクヨとテックファームは、職場のコミュニケーションにおいて、香りが行動変容のトリガーになり得るかを検証する実証実験を開始した。場に適した香りを提示することで、話者の偏りの是正や会議の活性化などが可能かを検証する。(2022/11/22)

メカ設計ニュース:
デジファブ技術を活用した新事業で、快適なオフィスづくりを支援
コクヨは、デジタルファブリケーション技術を活用した新事業を開始した。また、同技術を活用してオフィスの家具や内装のオーダーメイドに対応するスタジオ「(0,0,0)studio genten」を開設した。(2022/11/14)

ルーズリーフ派が増加中:
「あとが残る」「シワになる」を解決 コクヨ、「きれいに消えてなめらかに書けるルーズリーフ」発売
コクヨは、消しゴムで消した際の芯あとが残りにくく、なめらかな書き心地の「きれいに消えてなめらかに書けるルーズリーフ」(350円)を11月9日から発売する。(2022/11/8)

「宿題が冒険になる」 コクヨ「しゅくだいやる気ペン」アプリ刷新、カード収集要素も
「日々の宿題が冒険になる」――“IoT文具”「しゅくだいやる気ペン」のアプリがアップデート。すごろく形式で世界を冒険したり、カードを集めたりできる要素を追加。(2022/11/7)

学校の机を5センチ拡張する「つくえ+」、コクヨが発売 PCやタブレットの落下防止にも
コクヨは4日、児童・生徒用の机に取り付けるだけで天板の奥行きを5センチ拡張し、タブレットなどの落下防止にもなるツール「つくえ+(つくえたす)」を発表した。価格は1個6100円(税別)から。(2022/11/4)

コクヨがこだわりがすごいノートを発売 書き心地を「ツルツル」「さらさら」「ザラザラ」から選べる
装丁や製本にもこだわりを感じます。(2022/10/13)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
“正直”に徹したら「何かすごそう」なハサミができた コクヨの「HASA」
コクヨの「HASA」は2000円台半ばという一般用としては高級なはさみのシリーズだ。しかも見るからに何かすごそう。その高級感と切れ味の秘密を探ろうとコクヨを訪ねた。(2022/10/5)

コクヨ、スリムなポール型筐体を採用したオフィス向け電源タップ
コクヨは、ポール型筐体を採用するオフィス向け電源タップ「エナジーポール」を発表した。(2022/9/21)

全3種類:
段ボールもザクザク切れる! コクヨが高級ハサミを発売
コクヨは10月12日、切り心地とシンプルな機能美を両立した高級ハサミ「<HASA>」を発売する。ラインアップは3種類で、希望小売価格は2450円から。(2022/8/31)

揺れ動く「オフィスで働く意味」 ハイブリッドワーク時代の最適解は 試行錯誤を重ねるコクヨの考え
在宅勤務の普及で揺らぐオフィスの在り方。ハイブリッドワークを採用する企業も増える中で、オフィスに見いだすべき価値とは。働き方に関する実験施設を開設するなど、試行錯誤を重ねるコクヨに考えを聞く。(2022/8/31)

縦でも横でもない:
「ナナメ仕切り」のペンケースが登場 コクヨが“見つけた”新構造
コクヨは10月12日、新構造のペンケース「<Nストレージ>」を発売する。斜め方向に仕切りを入れることで、一覧性の良さと収納物の取り出しやすさを実現した。(2022/8/30)

「すぐつく」シリーズ:
コクヨの工場から生まれた! 小学生の夏休みにピッタリな文具3種
コクヨグループのコクヨ工業滋賀は新ブランド「すぐつく」シリーズから、工場発のアイデア商品を発売した。どんな商品なのかというと……。(2022/7/24)

夏休みの勉強にもよさそう コクヨから「ひっ算ノート」「読書ノート」など“工場発アイデア文具”登場
「ひっ算ノート」「読書ノート」「三枚複写の新聞パッド」がラインアップ。(2022/7/23)

累計出荷数は65万個超:
コクヨの“キャンパスノート専用修正テープ”が人気! 「3個パック」発売でまとめ買い需要に対応
コクヨは6月29日、「キャンパスノートのための修正テープ」の3個パックを発売する。同商品の累計出荷数は65万個を超えており、ヘビーユーザーのまとめ買い需要に対応する。(2022/6/26)

テープカッターに「砂」が詰まってた!? パサパサな中身の真相、大手メーカーに聞いた
ニチバンとコクヨを取材しました。(2022/6/1)

「子供のやる気、親の花マルでアップ」データで判明 コクヨ「しゅくだいやる気ペン」
「花マルを日々もらっている子どもほど、学習の継続率が高い」――コクヨが「しゅくだいやる気ペン」のユーザー約1700人のデータから、こんな調査結果を発表。(2022/5/23)

コクヨ調査:
ほめられる子ほど学習の継続率が高い傾向に、IoT文具で見える化
コクヨは、親子のコミュニケ―ションと家庭学習習慣化の関係を調査。親に「花マル」を日々もらっている子どもほど、学習の継続率が高い傾向にあることが分かった。(2022/5/20)

ノートや便せん、製本しないで“紙だけ”販売 コクヨから「書き心地」選べる製品
おなじみのキャンパスノートから便せん、お店やオフィスで見る帳簿など、さまざまな紙の書き心地を味わう。(2022/5/19)

432通りの「書く体験」ができるイベント開催:
コクヨ、定番ノートを「紙」で販売 「書き心地の違い」を知って
コクヨは、キャンパスノートや複写簿に使用する中紙をパッケージにした「コクヨの紙シリーズ」を、5月20日から限定で発売すると発表した。(2022/5/16)

コクヨ、ワーキングチェア「ingLIFE」にACTUS店舗限定モデル
コクヨは、同社製ワーキングチェア「ingLIFE」にACTUS店舗限定の特別仕様モデルを追加した。(2022/4/4)

コクヨ、ノートPCにも対応したワークツール収納バッグ
コクヨは、「BIZRACK(ビズラック)」シリーズからワークツール収納バッグ「PC・ツール収納バッグ」を発表した。(2022/2/28)

産業動向:
コクヨと竹中工務店がオフィスワーカー6万人を調査、性格を5タイプに分類可能と判明
コクヨと竹中工務店は、20歳以上のオフィスワーカー6万人を対象に、性格と座席選択で重要視する点について調べるWebアンケートを行った。その結果、ワーカーの性格を「協調タイプ」「職人タイプ」「活発タイプ」「バランスタイプ」「主導タイプ」といった5つに分類できることが判明した。(2022/2/28)

コクヨ、”水も入れられる”ダンボール箱を発売 耐水・保冷・防湿の高機能を訴求
水も入れられるハイスペックなダンボール箱が発売された(2022/2/17)

水が漏れないダンボールで作った収納箱、コクヨが発売
コクヨは10日、機能性ダンボールを手がけるアイザックと共同開発した収納箱「CARTON 2.0」を発売した。食品の保冷などにも使える。(2022/2/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。