• 関連の記事

「イスラエル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イスラエル」に関する情報が集まったページです。

Googleオフィスに警察、社員50人超を解雇 抗議デモ対応が見せつけた“IT界の巨人”の変貌ぶりとは
米Googleがイスラエル政府と結んだクラウド契約に反対して、社員がオフィスで抗議デモを展開した。デモ隊を排除するため警察が社内に立ち入って参加者を逮捕し、Googleは50人あまりを解雇した。(2024/5/17)

Innovative Tech:
生成AI搭載アプリを狙うマルウェア「Morris II」 Gemini ProやGPT-4搭載アプリを介して個人情報窃取に成功
米Cornell Tech、イスラエル工科大学、米Intuitに所属する研究者らは、生成AIが組み込まれたアプリケーションを攻撃するマルウェアを提案した研究報告を発表した。(2024/4/5)

Innovative Tech:
他人がGPT-4とやりとりしたテキストを盗む攻撃 成功率50%以上 イスラエルの研究者らが発表
イスラエルのネゲヴ・ベン・グリオン大学に所属する研究者らは、大規模言語モデル(LLM)を活用したAIチャットbotが生成するテキスト回答を復元するサイドチャネル攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/3/21)

現地取材で見えてきた「イスラエルAIベンチャーの今」 データ駆動は社会をこう変える
イスラエルではガザや爆撃といったキーワードで報道されることも多いものの、実はイスラエルビジネスは従来通りにきちんと機能している。現地取材で見えてきた「イスラエルAIベンチャーの今」をお届けする。(2024/1/17)

欧州連合、X(旧Twitter)のDSA調査を開始 イスラエル関連の偽情報拡散を受け
EUの欧州委員会は、Xがデジタルサービス法(DSA)に違反した可能性があるとして正式な調査を開始したと発表した。イスラエル・ハマス関連の偽情報の拡散に十分に対処しなかった可能性があるとしている。(2023/12/19)

“ハリウッドの王子様”、イスラエルとハマスの紛争を“コント”化して大炎上 「面白いと思った?」「ウクライナとの違いに驚き」
自殺を冗談にしているとの批判も。(2023/11/13)

フォロワー4億3000万人のセレーナ・ゴメス、イスラエル・パレスチナに“言及せず”で大炎上 擁護派はあぜん「この人たちは病んでる」
「投稿で世界は変えられない」と悲観。(2023/11/3)

パレスチナルーツのジジ・ハディッド、イスラエル非難は「反ユダヤではない」 声明に政府アカウント「あなたの言葉には何の価値もない」
パレスチナ出身の父を持つジジ。(2023/10/20)

EU、MetaとTikTokにもイスラエルとハマスの戦争関連の偽情報対策を正式要請
EUの欧州委員会は、MetaとTikTokに対し、イスラエルとハマスの戦争関連の誤情報対策を報告するよう要請した。報告期限は10月26日。EUは両社がDSA(デジタルサービス法)を順守しているかどうか検討する。(2023/10/20)

この頃、セキュリティ界隈で:
イスラエル・ハマス衝突でサイバー空間も戦場に ハッキングで“偽の核攻撃アラート” SNSはデマだらけ
パレスチナ自治区ガザのイスラム勢力ハマスとイスラエルの戦闘が、サイバー空間でも激化している。(2023/10/18)

Intel、Towerの状況は:
イスラエルとハマスの衝突、半導体業界への影響は
イスラエルにはIntelやTower Semiconductor、IBM、Apple、ソニーグループなど約500社の多国籍企業が研究開発センターや生産拠点を置いている。イスラエルとハマスの紛争は、半導体/エレクトロニクス業界にも影響を与えている。(2023/10/13)

EU、Xのマスク氏にハマスのイスラエル攻撃関連の偽情報対策を要請
EU欧州委員会のティエリー・ブルトン委員は、Xのオーナー、イーロン・マスク氏に対し、プラットフォーム上に拡散するハマスのイスラエル攻撃関連の偽情報に適切に対処するよう要請する書簡を送り、それをXにポストした。(2023/10/11)

NVIDIA、テルアビブでのAIサミット開催中止 ハマスのイスラエル攻撃で
NVIDIAは、10月15日からテルアビブで開催予定だった「AI Summit」を中止すると告知した。8日に始まったハマスによるイスラエル攻撃を受けたものだ。(2023/10/10)

X(Twitter)で画像や動画を非表示にするには? センシティブなコンテンツを避ける方法
イスラエル情勢に関連して、暴力的な映像が出回っているとの指摘が寄せられています。(2023/10/9)

イスラエル在住の日本人ボディビルダーが無事を報告 研究目的で渡航も「帰国も考えなければいけない」
「爆撃音で目が覚めました」(2023/10/8)

Social Media Today:
X(旧Twitter)有料化はいいことずくめ? イーロン・マスク氏の狙いは……
イーロン・マスク氏がイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相との対談の中で、X(旧Twitter)の有料化の可能性について言及した。実現すれば広告主視点ではどんなメリットがあるのか。(2023/9/21)

野菜を刻む“トントン”音に“ピクッピクッ”と反応する猫 まるでダンスのような動きがかわいい【イスラエル】
気になっちゃうのかな〜。(2023/9/21)

X(Twitter)オーナーのイーロン・マスク氏「Xシステム利用に少額の月額課金をする方向」と発言
イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相との会談で言及。(2023/9/19)

イーロン・マスク氏、X(旧Twitter)を有料化する「方向に移行中」と語る
X(旧Twitter)のオーナー、イーロン・マスク氏は、イスラエルのネタニヤフ首相との対談で、Xを有料化する方向に移行中だと語った。X Premiumだけでなく、全ユーザーから少額のサブスク料金を徴収する考えだ。(2023/9/19)

保護した子猫たちをお世話するワンコ お乳を求める子猫たちに愛情を注ぐ姿がグッとくる【イスラエル】
優しいなあ……。(2023/8/2)

自分のマルウェアに感染して情報漏えい サイバー犯罪者の正体がバレる
イスラエルの脅威情報企業Hudson Rockは、自身のマルウェアに感染したサイバーセキュリティ脅威者「La_Citrix」の正体を特定したと報じた。今後同様の事例の増加する可能性が指摘されている。(2023/7/21)

Innovative Tech:
スマホ周辺機器の“電源ランプ”から「暗号化キー」を盗む攻撃 16m先からカメラで撮影し盗む
イスラエルのネゲヴ・ベン・グリオン大学に所属する研究者らは、スマートフォンと接続する周辺機器などの電源LED(電源ランプ)をカメラで撮影し、その映像を解析することでその機器から暗号化キーを盗む攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/6/21)

Intel、イスラエルに新半導体製造工場建設で250億ドル投資へ ネタニヤフ首相が発表
Intelはイスラエルに最先端の半導体製造工場を建設する。ネタニヤフ首相が発表した。Intelはこの工場に250億ドル投資する。(2023/6/19)

Innovative Tech:
デスクライトの“電球の光”から盗聴する攻撃 話し声で生じる振動を利用
イスラエルのネゲヴ・ベン・グリオン大学とワイツマン科学研究所に所属する研究者らは、デスクライトの電球から音を復元するサイドチャネル攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/6/19)

Innovative Tech:
どんな物体も“ステルス”加工できる技術 東大などが開発 形状の再帰性反射を最小化
東京大学梅谷研究室とイスラエルのライマン大学、オーストリア科学技術研究所に所属する研究者らは、元の形状を保持しつつ表面の再帰性反射を最適化することで物体をステルスデザインに変形するフレームワークを提案した研究報告を発表した。(2023/6/9)

ベンチャーニュース:
イスラエルの3Dプリンティング向けソフトウェア開発企業に出資
旭化成は、産業用3Dプリンティングソフトウェアを手掛ける、イスラエルのCastor Technologiesへの出資に参画する。両社の技術を組み合わせ、高度なシミュレーションの自動化を進める。(2023/5/26)

Innovative Tech:
“13歳少女”のなりすましbotで、子供狙う大人の動向を検証 ほとんどがWebカメラへ誘導
イスラエルのHebrew University of Jerusalemと米ジョージア州立大学に所属する研究者らは、作成した複数の児童に扮したチャットbot(ハニーポット)に対して大人たちがどのようなアプローチを仕掛けてくるかを調査した研究報告を発表した。(2023/5/18)

Qualcomm、自動車向けチップのAutotalksを買収 「Snapdragon Digital Chassis」に統合へ
QualcommはイスラエルのV2XチップメーカーAutotalksを買収すると発表した。Autotalksのチップセットは自動車の衝突事故防止や運行状況改善に貢献する。QualcommはAutotalksのV2X技術を「Snapdragon Digital Chassis」に統合する計画だ。(2023/5/9)

無人搬送車:
製造業ならではのAI展開を目指す武蔵精密工業、その2つの挑戦(後編)
自動車部品メーカーの武蔵精密工業は、イスラエルのSIX AIとの協業により、「モノづくり×AI」による新たな価値創出に取り組んでいる。後編では、自律搬送ロボットソリューションを展開する634 AIの取り組みを紹介する。(2023/5/2)

製造現場向けAI技術:
製造業ならではのAI展開を目指す武蔵精密工業、その2つの挑戦(前編)
自動車部品メーカーの武蔵精密工業は、イスラエルのSIX AIとの協業により、「モノづくり×AI」による新たな価値創出に取り組んでいる。外観検査装置を展開するMusashi AIと、自律搬送ロボットソリューションを展開する634 AIの取り組みを紹介する。(2023/4/26)

“サイバー傭兵”によるiPhoneスパイウェア「KingsPawn」についてMicrosoftとCitizen Labが解説
iPhone向けゼロクリックマルウェア「KingsPawn」についてMicrosoftが解説した。イスラエルQuaDreamが開発し、国家政府向けに販売した。主にiOS 14搭載iPhoneを狙い、カレンダー招待状を悪用して配信され、音声や位置情報等を盗む。(2023/4/12)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(3):
宇宙のロボット技術で農業を楽にしたい、東北で挑むイスラエル生まれの起業家
本連載では、厳しい環境が続く中で伝統を受け継ぎつつ、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は農業向けAIロボットを開発する「輝翠TECH」を取材しました。(2023/4/11)

音楽制作ツール「Waves」、買い切り版の終売を取り消し 「既存ユーザーへの配慮が不足していた」と謝罪
イスラエルWaves Audioは、サブスクリプション形式での製品提供に向けて終了した買い切り版ソフトウェアを4月中旬から再販すると発表した。(2023/3/30)

Innovative Tech:
「宇宙船や洞窟を永遠に高速移動するシーン」を生成するAI テキスト指示で映像作成
イスラエルのWeizmann Institute of ScienceとNVIDIA Researchに所属する研究者らは、テキスト入力だけから高速に移動する永久シーンを生成する学習ベースのモデルを提案した研究報告を発表した。(2023/3/7)

IT企業デスクツアー:
Wix.comを支えるみんなのデスク環境 イスラエル・アイルランド・日本オフィス勤務者の机が大集合
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。転職先の雰囲気を把握したい人に向け、ITエンジニアなどさまざまな社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回はWebサイト作成サービス「Wix.com」を手掛けるイスラエルWix.comで働く人のデスク周りを探る。(2023/3/6)

Innovative Tech:
映像内の犬を猫に変えられるAI テキストのみで動画編集が可能 Googleなど「Dreamix」開発
Google ResearchとイスラエルのThe Hebrew University of Jerusalemに所属する研究者らは、テキストに応じた動画編集ができる拡散モデルを提案した研究報告を発表した。(2023/2/13)

ラックのサイバー救急センター、イスラエルの企業と業務提携
ラックはイスラエルのセキュリティ企業Sygniaと業務提携し、「サイバー救急センター」のインシデントレスポンス対応を強化する方針だ。(2023/2/9)

赤外線ベースの独自技術:
「遠隔ワイヤレス充電」技術を大幅に向上、Wi-Charge
ワイヤレス充電技術を開発するイスラエルのWi-Chargeは最近、ワイヤレス充電をより多くのガジェットやアプリケーションに提供するために、自社技術を大幅に向上したと発表した。(2023/2/1)

Innovative Tech:
ネット接続していないPCをスマホでハッキング 壁越しでも2m離れた場所から無線で攻撃
イスラエルのBen-Gurion University of the Negevに所属する研究者は、ネットに接続していないコンピュータ(エアギャップPC)を離れた場所から無線でハッキングするサイバー攻撃を提案した研究報告を発表した。(2022/12/19)

DSRCとC-V2Xの両方式に対応:
村田製作所、V2X向け通信モジュール2品種を開発
村田製作所は、イスラエルAutotalks製チップセットを搭載したV2X向け通信モジュールとして「Type 1YL」と「Type 2AN」の2品種を開発した。(2022/12/19)

AIが作った画像が喋る 動画生成サービス「Creative Reality Studio」登場 「GPT-3」「Stable Diffusion」を利用
生成系AIの開発などに取り組むイスラエルのD-IDは、アバターが喋る動画を生成できるサービス「Creative Reality Studio」を開発したと発表した。プロンプトを基に、AIが画像や喋らせたい内容を生成。それらを自動合成し、動画として出力する。(2022/12/15)

“ハイスペPC”じゃなくても安定したライブ配信ができるクラウドサービス「easylive.io」
イスラエルに拠点を持つLiveU社の「easylive.io」は、スポーツ中継などさまざまな用途で利用できるクラウド型ライブ配信サービスだ。11月に開催された「Inter BEE 2022」の会場で、販売代理を手掛ける伊藤忠ケーブルシステムの担当者に話を聞いた。(2022/12/6)

Innovative Tech:
絵心がない線画を“いい感じの作品”に変える画像生成AI「Sketch-to-Image」 Googleなどが開発
Google ResearchとイスラエルのTel Aviv Universityに所属する研究者らは、落書きのようにざっと描いた絵を入力テキストに従って詳細な画像を生成する深層学習モデルを提案した研究報告を発表した。(2022/12/2)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
プロセッサの動作周波数が再び注目されるワケ
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は9月にイスラエルで開催されたIntelのプレス向けイベントを紹介しつつ、昨今プロセッサの動作周波数が再び注目されている点にフォーカスする。(2022/10/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
“技術大国”イスラエルから、日本企業が学べることはたくさんある
イノベーション国家・イスラエルの技術力を支えている政府機関「MAFAT」のベンチャーキャピタル責任者に先端技術などについて話を聞いた。同国から日本が学べることとは。(2022/10/3)

ワンコが長いしっぽをふりふり→子猫がキャッチ! 小さな前足でぎゅう〜っと握りしめる姿がかわいい【イスラエル】
必死でしがみつく姿がかわいい(2022/9/30)

第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)はなぜ速い? コア数とキャッシュ容量増加が意味すること
Intelがついに発表した「第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)」は、先代と同じくイスラエルの研究開発拠点が主導して開発された製品だ。同社はイスラエルの拠点を紹介するツアーにおいて第13世代Coreプロセッサの詳細を解説する説明会を開催したので、その模様をかいつまんでお伝えする。(2022/9/28)

イスラエルのIntelハイファラボで見た“ちょっと未来”のPC像
Intelはイスラエルに一大拠点を構えている。先日、報道関係者向けにその現状を伝えるツアーが開催されたが、今回は「Intel 8088」や「MMX Pentium」などを生み出したハイファにあるIDC(Israel Development Center)において実際に研究/開発された技術のデモンストレーションの様子をお伝えする。(2022/9/27)

チックタック復活ののろし:
最大6GHz駆動を実現! Intelが第13世代Coreに至る道のりをイスラエルで公開
Intelが“世界中の”メディアを集めてイスラエルの研究開発拠点「Israel Development Center(IDC)」の見学ツアーを開催した。その基調講演において、IDCが開発してきたCPUの歴史と、間もなく登場がうわさされる第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)の近況が解説された。(2022/9/13)

最もサイバー攻撃の餌食になりやすい業界は? 攻撃数は他業界の2倍以上
イスラエルのセキュリティ企業チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが、最もサイバー攻撃を受けやすい業界は「教育・研究分野」との調査結果を発表した。(2022/9/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。