• 関連の記事

「イスラエル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イスラエル」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ゲームや映画に出てきそうなバギースタイルの装甲車「WILDER」イスラエル企業が開発 遠隔操作にも対応
運転席は車体の中央に置かれています。(2022/6/19)

車載電子部品:
ミリ波レーダーの進化版「4Dイメージングレーダー」、自動車と介護の見守りに提案
「4Dイメージングレーダー」を手掛けるイスラエルのVayyar Imagingの日本法人Vayyar Imaging Japanは2022年6月15日、日本での事業戦略を発表した。Vayyar Imagingは2022年2月に日本法人を設立。日本では、介護での見守りと自動車用の2つに注力する。(2022/6/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
ロシア系ハッカー集団の手口はどうなっているのか? まるで“会社員”のように動く
ウクライナ侵攻に絡んでいるとされる、ロシア系サイバー攻撃集団の「Conti(コンティ)」。イスラエル発のセキュリティ企業「KELA」などへの取材を通じて、その実態に迫る。(2022/5/19)

車載向けの高速インタフェース:
「MIPI A-PHY」準拠のチップセット、Valensがサンプル出荷
コネクティビティチップを手掛けるイスラエルのファブレス半導体メーカーValens Semiconductor(以下、Valens)は2022年5月17日、車載向けの高速インタフェース規格である「MIPI A-PHY」に準拠したチップセット(シリアライザおよびデシリアライザ)「VA7000」シリーズのエンジニアリングサンプル出荷を開始した。同社はそれに併せて日本のメディア向けに記者説明会を開催した。(2022/5/18)

藻類が原料のスモークサーモン、イスラエルの新興企業が開発 味や香りの再現にも挑む
将来、サーモンの代替品となるかも?(2022/5/3)

Intelが半導体製造で本領発揮?【後編】
半導体不足の中でIntelが出した戦略は冒険なのか、手堅いのか?
新戦略を掲げるIntelは、イスラエルのファンドリー企業を買収するという攻めの一手を出した。半導体の供給不足の中で発表されたこの買収で、同社が狙う業界ポジショニングが見える。(2022/4/4)

日本とイスラエルのサイバー協力、可能性は無限大 駐日大使寄稿
サイバーやAI、先端医療などハイテク産業でイスラエルは2021年に前年比2.5倍となる250億ドルもの投資を集めた。世界経済が新型コロナウイルス禍で打撃を受ける中、新興企業が新技術を開発し世界をけん引している。(2022/3/30)

エネルギー密度、電力、寿命が向上:
EV向け固体電池など開発へ、「3D電極技術」の新興企業
二次電池を手掛けるイスラエルの新興企業Addionicsは、独自の電極技術を中心に電池構造を再設計する取り組みを進めるため、2700万米ドルの資金を調達した。電極の形状を従来の2次元から3次元(3D)に置き換えた「スマート3D電極」の開発に注力している。同社のCEO(最高経営責任者)兼創業者であるMoshiel Biton氏によると、このアプローチによってエネルギー密度と電力が向上する上に、バッテリー寿命も延びるという。(2022/2/28)

ドローンなどの新興市場にも攻勢:
買収で製品群はさらに豊富に、ルネサスの産業事業は新たな成長段階へ
2021年8月に英Dialog Semiconductorの買収を、そして同年12月にはイスラエルCeleno Communicationsの買収を完了したルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)。これらの買収により、ルネサスでは産業向け事業がさらに強化されることになった。ルネサスのIoT・インフラ事業本部(IIBU)でエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるSailesh Chittipeddi氏に、買収によるシナジーや、同事業本部の戦略について聞いた。(2022/2/21)

IntelがTower Semiconductorを総額54億ドルで買収 アナログ半導体の生産拠点を入手
米Intelは、イスラエルのファウンドリ企業Tower Semiconductorを買収すると発表した。買収価格は1株当たり53ドル。総額54億ドル(約6250億円)になる。(2022/2/17)

Innovative Tech:
写真を抽象的なスケッチに変換するAI 対象物の本質を最小限に表現
スイスのチューリッヒ工科大学(EPFL)とイスラエルのTel Aviv University、イスラエルのReichman Universityは、写真内に写る対象物から、抽象的なスケッチを生成するシステムを開発した。(2022/2/17)

イスラエルWeebitとCEA-Letiが開発中:
ReRAMによる「インメモリエネルギー」技術
次世代メモリ技術の開発を手掛けるイスラエルのWeebit Nanoとフランスの研究機関であるCEA-Letiは、抵抗変化型メモリ(ReRAM)技術の開発における進展を報告した。この中には、CEA-Letiが“最新の手法”と呼ぶ、印加電圧に応じて、ReRAMデバイスをメモリとしてだけでなくエネルギーストレージ素子としても動作可能にする技術も含まれている。(2022/2/3)

Innovative Tech:
動画中の顔を「若返らせる」「常に笑顔にする」編集技術 イスラエルチームが開発
イスラエルのテルアビブ大学の研究チームは、実写映像内の人物の顔を編集できる深層学習を使った技術を開発。元動画の動きのまま、その顔のアイデンディティを維持しつつ年齢を変えるなどの編集ができる。(2022/1/25)

TechTarget発 世界のITニュース
Appleがスパイウェア「Pegasus」開発のNSO Groupを提訴 3つの要求とは?
AppleはイスラエルのIT企業、NSO Groupを提訴した。スパイウェア「Pegasus」によってAppleユーザーが監視されたという。Appleは何を要求しているのか。(2022/1/19)

Innovative Tech:
映像を自由にデコる編集技術 物体が動いても引っ付いて離れない 米Adobeらが開発
イスラエルのWeizmann Institute of Scienceと米Adobe Researchの研究チームは、映像内の動く領域にぴったり貼り付いているかのように画像などを合成できる編集技術を開発した。歩く人のワンピースに花柄を付け加えたり、ベンチを虹色にしたりを後から編集できる。(2022/1/17)

Innovative Tech:
1枚の顔写真から過去や未来の姿を生成 各年齢のしわや頭部をAIが予測
イスラエルのTel-Aviv Universityの研究チームは、1枚の顔写真から、その人物のアイデンティティーを維持したまま、異なる年齢の顔画像を合成する手法を開発した。頭部の形状やシワなどの肌質感の変化をリアルに再現した、年齢変換タスクを実行する。(2021/12/15)

イスラエルの新興企業:
NeuroBlade、PIMを搭載した専用アプライアンスを発表
PIM(Processing-in-Memory)技術への関心は高まり続けている。イスラエル・テルアビブに拠点を置く新興企業NeuroBladeが、データアクセラレーターの出荷を開始したと発表した。同社のCEO(最高経営責任者)であるElad Sity氏は、「メモリ内部の処理機能を統合することにより、データの移動と、それによって生じるボトルネックを軽減することが可能だ」と述べている。(2021/12/13)

Apple、iPhoneスパイウェア「Pegasus」のNSOを提訴
Appleは、スパイウェア「Pegasus」を提供するイスラエル企業NSO Groupを提訴した。iPhoneの脆弱性を悪用し、ユーザーを監視したとして、NSOによるApple製品とサービスの使用を禁止する恒久的差止命令を求めている。(2021/11/24)

製造マネジメントニュース:
富士通と配車マッチングベンチャーが戦略的提携、物流課題解決を目指す
富士通は、配車マッチングプラットフォームの技術を持つ、イスラエルのAutofleetと戦略的提携に合意した。両社の知見を組み合わせ、物流産業の労働力不足、環境問題といった社会課題の解決に向けた物流ソリューションの開発を進める。(2021/11/11)

買収総額は約360億円:
ルネサス、Wi-Fi 6/6Eチップの新興メーカーを買収
ルネサス エレクトロニクスは2021年10月28日、Wi-Fi用チップセットを展開するイスラエルの新興企業Celenoを買収し、完全子会社化することでCelenoと合意した発表した。(2021/10/28)

第2世代チップも開発中:
AIチップ開発の「ユニコーン企業」Hailoが1億3600万ドル調達
イスラエルを拠点とするAI(人工知能)チップのスタートアップHailoは、シリーズCの投資ラウンドにおいて1億3600万米ドルの資金を調達した。同社がこれまでに調達した資金は、2億2400万米ドルに達することになる。また同社は、ユニコーン企業(企業価値が10億米ドル以上で、非上場の民間新興企業)としての位置付けを獲得したと報じられている。(2021/10/25)

Oracle、イスラエルに地下データセンター構築へ ミサイルなどの攻撃から守るため
米Oracleが、イスラエルの首都・エルサレムにデータセンターを開設する。ミサイルなどの攻撃から施設を守るため、地下に構築するという。(2021/10/15)

研究開発の最前線:
富士通の新CTOが語る5つの技術的強み、インドなど海外研究拠点も新設予定
富士通は2021年10月12日、同年7月に富士通 執行役員専務 CTOに就任したヴィヴェック・マハジャン氏による技術戦略説明会を開催した。取り組みを強化する5つの技術的重点領域を紹介するとともに、インドとイスラエルに新しい研究拠点を開設する計画についても言及した。(2021/10/14)

多要素認証を導入しただけで満足していませんか? 認証が回避される4ケースを紹介
多様な働き方に対応した認証基盤の構築に向け、多くの企業で多要素認証の導入が進んでいる。だがこれを“導入するだけ”では不完全だ。イスラエルのセキュリティ企業が認証を回避する4つのケースを解説する。(2021/10/13)

スマートリテール:
「商品の使われ方」を把握可能にする電池レスのシート型IoTセンサー
サトーは2021年9月28日、電池レスのIoTセンシングデバイスなどを開発するイスラエルのスタートアップWiliotと、スマートリテール分野での戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表した。B2B2C領域での事業展開を加速する狙いがある。(2021/9/29)

イスラエル発ニュービジネス:
イスラエルに熱視線 NTTとソフトバンクが驚きの人事 前駐日経済公使と「モサド」元長官
NTTグループとソフトバンクグループが、ともにイスラエルで事業活動を活発化させています。NTTは前駐日イスラエル経済公使を、ソフトバンクはモサドの元長官を、それぞれイスラエルのビジネストップに就任させました。なぜでしょうか。(2021/9/10)

東京五輪とネット:
「完璧にフィットする」──3D足計測マシンが五輪選手に好評 ぴったりのサンダルをアシックスがプレゼント
五輪選手村で、3D計測したデータを基にスタッフが選んだスニーカータイプのサンダルを無料配布する取り組みが、選手に好評だ。複数の選手が専用機器で計測する一部始終を収め、TikTokに投稿している。イスラエルの選手は「Perfect Fit」とコメントしている。(2021/8/6)

東京五輪とネット:
「選手村ベッド破壊動画」で謝罪の五輪選手、熱海土砂災害の支援金を募りクラウドファンディング
選手村の段ボール製ベッドを破壊する動画で批判を集めて謝罪した、イスラエルのベンジャミン・ワンガー選手が、熱海土砂災害の支援金を募るクラウドファンディングを始めた。目標金額は3000ドルで、寄付金は全額熱海市に送られる。(2021/8/2)

東京五輪とネット:
選手村のベッド破壊動画が波紋も、メーカーは「SNSで発信してくれるのはありがたい」
イスラエルの五輪代表選手たちが選手村の段ボール製のベッドで飛び跳ね、破壊する動画が波紋を広げている。メーカーのエアウィーヴは「SNSで発信してくれるのはとてもうれしい」とツイートした。(2021/7/30)

スパイウェア「Pegasus」は世界中の記者や人権活動家の端末にインストール済みとの調査結果
イスラエルNSO Groupのスパイウェア「Pegasus」が、世界中の多数の記者や人権活動家のスマートフォンに密かにインストールされていると、Wahington Postなどのメディアが共同調査の結果を発表した。NSOはこれを否定している。(2021/7/19)

スワイプ1つで老眼鏡に変わるサングラス、イスラエルの新興企業が開発
サングラスのつるを指でスワイプすると老眼鏡に早変わり──液晶を使って焦点距離を変えるサングラスをイスラエルの新興企業が開発した。(2021/7/1)

イスラエルのVayyar Imaging:
次世代のADASを実現する“4D”レーダーチップ
現在さまざまなメーカーが、自動車業界によって定義された「レベル4」などの高度な自動化にも対応可能な、新しいセンサーの開発を進めているところだ。そのうちの1社であるイスラエルのセンサーメーカーVayyar Imagingが、新たにシングルチップ4Dイメージングレーダー「XRR」を発表した。(2021/7/1)

ひえぇ……! イスラエルの病院駐車場に巨大な穴 瞬く間に数台のクルマを飲み込む光景が怖すぎる
最終的に、穴はかなりの大きさに。(2021/6/10)

「ワンダーウーマン」俳優、イスラエルとパレスチナの武力衝突巡るコメントに物議 「虐殺行為の正当化だ」
パレスチナに言及せず。(2021/5/13)

製造現場向けAI技術:
カメラの焦点をAIが自動最適化、イスラエルベンチャーの画像処理検査装置
リンクスは2021年3月16日、イスラエルのスタートアップINSPEKTOのAI画像処理検査装置「Inspekto S70」を同年4月1日から販売開始すると発表。検査対象物に合わせて、AIが焦点の絞り値など検査用カメラのパラメータを自動調整する他、検査範囲の自動設定なども行う。(2021/3/18)

古い写真の顔をディープラーニングでリアルに動かせる「Deep Nostalgia」 無料で利用可能
イスラエルの家系図サービス企業MyHeritageが、顔写真をアップロードすると数秒間の自然な動画に変換できるサービスを開始した。5枚までは無料で変換できる。ディープフェイク防止のため、音声は追加できない。(2021/2/28)

ひっくり返った姿がシュールすぎる イスラエルで戦車が積み込み作業中に転落、事故の様子を捉えた映像が海外で話題に
事故を起こしたのは、イスラエル陸軍の「メルカバ」です。(2020/11/27)

Go AbekawaのGo Global!〜Yonatan Wexler編(前):
機械には世界がどう見える? イスラエルの少年はゲームより「認識」がお好き
人間ならすぐできるのにコンピュータには難しい、そこが面白い――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はOrCam TechnologiesのYonatan Wexler(ヨナタン・ウェクスラー)氏にお話を伺う。コンピュータで遊ぶより、コンピュータが持つ可能性に心引かれた同氏が「OrCam MyEye」を開発した理由とは。(2020/9/30)

メッシ選手がアンバサダーに:
イスラエルのユニコーン企業オーカム、障害者の“目”になるウェアラブル機器がもたらす未来
視覚障害を持つ人々ができる限り健常者と同じ自立した生活ができるよう、印刷物の文字を読み上げたり、服の色や紙幣の額を識別することができる小さなウェアラブルデバイス、オーカムマイアイ。衝突回避システムの先駆者であるモービルアイの創業者が立ち上げた、イスラエルのユニコーン企業オーカムが作り上げた。(2020/9/17)

イスラエルのWeebit Nano:
ReRAMを活用して自立型のAI学習性能を向上
次世代メモリ技術の開発を手掛けるイスラエルのWeebit Nanoは、シリコン酸化物(SiOx)抵抗変化メモリ(ReRAM)技術を活用した最新の研究成果を発表した。同社が開発した脳からヒントを得た人工知能(AI)システムは、学習タスクを監視せずに実行して、高精度な結果を提供することができるという。(2020/9/11)

Apple、イスラエルの写真AI企業「Camerai」を買収 2018年に
買収した技術は既にAppleのカメラに組み込まれている模様だ。(2020/8/21)

IoTセキュリティ:
IoT機器のセキュリティレベルを無償で診断、CCDSがイスラエル企業と提携
IoTセキュリティプラットフォームを展開するイスラエルのVDOO Connected Trustは、日本法人のビドゥジャパン株式会社の設立を発表。併せて、重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)と、日本国内の消費者向けデバイスのセキュリティを促進で提携することも明らかにした。(2020/6/23)

フラッシュメモリより1000倍高速
ReRAMはフラッシュメモリの後継の最有力候補となるか?
NAND型フラッシュメモリより1000倍高速で消費電力は1000分の1というReRAM。このReRAMを開発しているイスラエルのスタートアップ企業の取り組みを紹介する。(2020/6/22)

発表から約1年:
NVIDIAのMellanox買収、中国の承認取得で完了間近
NVIDIAは、データセンター向けインターコネクト企業であるイスラエルのMellanox Technologies(以下、Mellanox)を69億米ドルで買収する計画に対して、中国当局の承認を得たことを発表した。中国当局の承認の獲得は、この取引における最後のハードルとなっていた。(2020/4/22)

イスラエルの新興企業Hailo:
エッジAI向けチップの製品化に6000万ドルを調達
イスラエル・テルアビブに拠点を置くAI(人工知能)チップの新興企業であるHailoは、シリーズBの投資ラウンドで6000万米ドルを調達した。これにより、同社の資金調達総額は8800万米ドルに達した。(2020/3/10)

業務を効率化するITツールの最新事情:
イスラエル発の急成長企業、WalkMeが提唱する「DAP」とは?
従業員のアプリケーション操作におけるストレスを解決するDAPは生産性向上の特効薬になるか。(2020/1/28)

“5G前夜”、IoT機器への攻撃に備えよ 対策の鍵は「自動化」と「ゼロトラスト」
「5Gのロールアウトに伴ってつながるIoTデバイスの数は劇的に増加し、それがセキュリティ上の弱い鎖になり得る」──イスラエルのセキュリティ企業、チェック・ポイントが警鐘を鳴らしている。対策の鍵は?(2020/1/27)

オートモーティブ ワールド2020:
HDBaseTを使う車載通信用チップ、Valensが展示
イスラエルの半導体メーカーValens Semiconductor(以下、Valens)は「オートモーティブ ワールド2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)で、車載通信向けに、HDBaseTをサポートするチップセット(送信用チップと受信用チップ)「VA608A」を展示した。(2020/1/20)

イスラエルに学ぶビジネス:
優秀なベンチャー企業育成に成功するイスラエル 政府が果たした役割とは?
1970年代の「超LSI技術研究組合」は大成功し、日本の半導体産業は名実ともに世界のトップとなった。しかしそれに続く「第五世代コンピュータプロジェクト」や「情報大航海プロジェクト」の失敗は記憶に新しい。一方で、イスラエルでは政府が起業家・挑戦者を支援するような枠組みによって、大成功を収めている。この違いはどこにあるのだろうか?(2020/1/17)

イスラエルに学ぶビジネス:
デザートを先に食べるイスラエル人に学ぶスピード経営
それなりの肩書のある(権限のありそうな)日本企業幹部が海外ベンチャー企業を訪問し、その独自技術や強みの説明に興味を持ったとしても、その場で提携やPOC(Proof of Concept、日本的にはトライアル)へ進むことを意思決定する人はほぼいない。大半が「持ち帰って検討する」という反応を示すことは、シリコンバレーだけではなく、イスラエルでもよく聞かれる「日本あるある」である。(2019/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。