• 関連の記事

「創業者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「創業者」に関する情報が集まったページです。

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
トヨタグループ不正 謝罪会見の「創業者は苦労する母を楽にしたかった」話は意味あるのか
相次ぐ不正問題でゆれるトヨタグループ。豊田章男会長は1月30日、会見で一連の不祥事を謝罪した。その中で語られた「グループとしてのビジョンを掲げる」「次世代が迷った時に立ち戻る場所を作る」といったメッセージや、創業時の逸話に意味はあるのだろうか。(2024/2/9)

YugabyteDBを検証した7社の参加者とディスカッションも:
データベース移行をどう支援する? 今後のロードマップは? Yugabyte創業者がラウンドテーブルで語ったこと
「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介していきます。今回は、Yugabyteの共同創業者で製品開発を担当しているKannan Muthukkaruppan氏に話を伺いました。(2024/2/8)

X代替なるかSNS「ブルースカイ」、招待制廃止で誰でも利用可能に
ツイッター(現X)の共同創業者、ジャック・ドーシー氏が開発した新たなSNS「ブルースカイ」が6日(日本時間)、従来の招待制を廃止し、誰もが登録可能になった。日本語対応も果たし、SNS上では「招待制廃止」「招待コード不要」などの言葉がトレンドに上がった。(2024/2/7)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
ニトリ、ニデック、幸楽苑……相次ぐ「創業者の出戻り」 業績が改善しても、手放しに喜べないワケ
ニトリホールディングス(HD)は、創業者である似鳥昭雄氏が10年ぶりに社長に復帰することを発表した。国内企業でのこうした”出戻り劇”は珍しくない。創業者の采配で業績を回復させるケースも少なくないが、しかし手放しに喜ぶことはできない。(2024/1/26)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
大正製薬、創業家による「7000億円超のMBO」に、投資家の批判が集まるワケ
大正製薬ホールディングス(HD)は2023年11月24日、日本企業としては過去最大の経営陣主導の買収(MBO)を実施すると発表した。このMBOにおいて、創業家が代表を務める企業が株式公開買い付け(TOB)を実施することで市場から株式を買い集める。その総額は約7100億円に達する見込みだ。(2024/1/19)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
組織改革したくば、まず味方を探せ タニタ3代目が明かす“幹部との全面対決”
社員の個人事業主化など、さまざまな働き方改革を進めているタニタ。創業家3代目の谷田千里氏に、社長就任後に勃発した幹部との全面対決の真相を聞いた。(2024/1/15)

Instagram創業者のAIニュースアプリ「Artifact」、2月で終了
Instagram創業者が立ち上げたAI採用のニュースサービス「Artifact」が約1年で終了する。既に投稿できなくなっており、2月末には完全に終了する見込みだ。(2024/1/14)

Google、音声アシスタントやAR部門で大規模リストラ FitbitのパークCEOも退社
Googleは、Pixel、Nest、Fitbitなどを担当するハードウェア部門、AR部門、「Googleアシスタント」担当部門を再編すると、複数のメディアに認めた。その一環で、Fitbitの2人の共同創業者も退社する。(2024/1/11)

アラクサラとの融合も強調:
Fortinetが考える「1つのOSで守る」という手法
フォーティネットジャパンは2023年12月1日、同社のイベント「Accelerate Japan 2023」に合わせて記者説明会を開催。Fortinetの創業者、取締役会会長 兼 CEOのケン・ジー氏と、2023年7月からフォーティネットジャパン 社長執行役員に就任した与沢和紀氏が登壇し、事業戦略を語った。(2023/12/7)

インスタ創業者が作ったニュースアプリ「Artifact」、AIのおすすめが的確すぎて驚いた
Inatagramの共同創業者が立ち上げたことでも話題になった「Artifact」(アーティファクト)。要するにAIがニュースを選んでおすすめしてくれるアプリですが、使ってみたところ、とても驚いたので報告したいと思います。(2023/11/29)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ジョブズは10年かかったのに……アルトマン氏がOpenAIに“爆速復帰”できたシンプルな理由
「ChatGPT」で知られる米OpenAIの創業者、サム・アルトマン氏が解任されてわずか5日後、同社はアルトマン氏のCEO復帰に向けて方針転換したことを発表した。“追放”された創業者の復帰━━米アップルの故ジョブズ氏は10年かかったが、なぜアルトマン氏は5日で実現できたのか。(2023/11/24)

OpenAIのCEOを解任されたサム・アルトマン氏、2日後に米Microsoftに入社
共同創業者であるグレッグ・ブロックマン氏もMicrosoft入り。(2023/11/20)

ChatGPT創業者、OpenAIサム・アルトマンCEOが“電撃”退任 理由は?
米OpenAIはサム・アルトマンCEOが退任すると発表した。同社の最高技術責任者(CTO)であるミラ・ムラティ氏が暫定CEOに就任する。(2023/11/18)

OpenAIのブロックマン社長も辞任 Microsoftは「今後も提携は続く」
OpenAIがサム・アルトマンCEOの辞任を発表した数時間後、社長には留任するとされていた共同創業者のグレッグ・ブロックマン氏が社長を辞任すると発表した。同社に数十億ドル投資しているMicrosoftは「今後もパートナー関係は続く」という声明文を出した。(2023/11/18)

OpenAIの取締役会、サム・アルトマンCEOを解任 「取締役会の責任を果たす能力に支障をきたしている」
OpenAIの取締役会は、共同創業者でCEOのサム・アルトマン氏が辞任したと発表した。同氏が「取締役会とのコミュニケーションにおいて一貫して率直でなく、取締役会の責任を果たす能力に支障をきたしているとの結論に達した」としている。ミラ・ムラティCTOが暫定CEOに就任する。(2023/11/18)

スタートアップシティーつくばの可能性(4):
筑波大発の水中ドローンスタートアップは“海のストリートビュー”を目指す
筑波研究学園都市としての歴史を背景に持つ茨城県つくば市のスタートアップシティーとしての可能性を探る本連載。第4回は、水中ドローンのスタートアップFullDepthの創業者である伊藤昌平氏へのインタビューから、地方都市とスタートアップ産業の関わりを探る。(2023/11/16)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
ARの未来とビジネス活用の道筋 「XREAL」の共同創業者、ペン・ジン氏に聞く
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。今回はインタビュー企画です。(2023/10/27)

「ウドー」創業者、有働誠次郎さん逝去に米ロック界の超大物も反応 「まさに唯一無二の存在」と“Mr. Udo”を追悼
日本の地下鉄で撮った思い出の写真も。(2023/10/24)

「インシデント対応管理というシンプルなアイデアで始まった」:
PagerDutyの共同創業者が語る、リーンスタートアップが歩んできた道
インシデント管理ツールとして人気のPagerDuty。日本でメルカリ、LINE、NTTドコモ、JCBなど、数々の企業に使われている。そのストーリーはまさにリーンスタートアップを地で行くものだ。共同創業者のアレックス・ソロモン氏に、PagerDutyのこれまでとこれからを語ってもらった。(2023/10/11)

「HP」という社名は創業者の“コイントス”で決まった――シリコンバレー生誕の地「HP Garage」で知る、意外な逸話
HPとHPE(Hewlett Packard Enterprise)のルーツは、米カリフォルニア州パロアルト市にある民家とガレージにある。現在そこは「HP Garage」としてHP/HPEの顧客向けのミュージアムとして運用されている。その展示内容と、HPが社名を決定するまでの“逸話”を紹介しよう。(2023/10/5)

OnePlusが間もなく発売の初の折りたたみ端末をピーター・ラウ氏がYouTubeでチラ見せ
OnePlusの創業者で傘下のOppoのCPOも務めるピーター・ラウ氏は人気YouTube番組に登場し、間もなく発売するOnePlus初の折りたたみ端末を披露した。アウトカメラ部分は隠されているが、ヒンジの構造などがアップで紹介されている。(2023/10/3)

「このミス」大賞を起業家が受賞 東大発AIベンチャー・PKSHA創業者の作品
「このミステリーがすごい!」大賞に、AIベンチャー・PKSHA Technologyの共同創業者の山田尚史氏(34)の作品が選ばれた。」(2023/10/3)

システム開発と生成AI【後編】
生成AIでもローコードでもない「システム開発の本命」とは何か?
生成AIやローコード開発ツールが使われるシステム開発には、今後何が求められるのか。ローコード開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOが解説する。(2023/9/28)

東京ゲームショウ2023:
新型ARグラス「XREAL Air 2」を東京ゲームショウで体験してきた 創業者のチー・シューCEOが語るARグラスの未来
千葉・美浜区の幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2023」で、日本Xrealは、新しいARグラス「XREAL Air 2」と「XREAL Air 2 Pro」の新製品発表会を開催した。初来日となる創業者兼CEO チー・シュー氏の語るARグラスの未来とは?(2023/9/22)

対談企画「CEOの意志」:
金融グループ初の女性CEO誕生の裏側 マネックス松本大からいかにしてバトンを受け取ったのか
6月に、女性として初めて金融グループのトップに就任したマネックスグループの清明祐子CEO。創業者でありカリスマ的な存在だった松本大氏から、どのようにグループを引き継いだのか。サクセッションの裏側に迫る。(2023/9/21)

システム開発と生成AI【中編】
システム開発の“あの問題”が「生成AI」で悪化するかどうかを分ける条件
システム開発における生成AIの活用が広がる一方で、課題が浮上している。どう対処すればいいのか。ローコード開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOが解説する。(2023/9/21)

システム開発と生成AI【前編】
「生成AI」と「ローコード」がむしろ“開発者不足”を招く現実 その理由は?
生成AIの登場は、システム開発にどのような変化をもたらしたのか。ローコード開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOが解説する。(2023/9/15)

東京商工リサーチ、ジャニーズグループの取引先数を調査 「ガバナンス不全と捉えられる」と警鐘
東京商工リサーチは13日、創業者の性加害問題に揺れるジャニーズ事務所とグループ会社13社の取引先は、間接取引を含め226社という調査結果を発表した。(2023/9/14)

「電卓使うなと言っているようなもの」 Duolingo創業者、チャットGPTの学生利用懸念にもの申す
自動で文章や画像などを作る生成AIの「チャットGPT」は大学でも活用が広がる一方で、不正利用を警戒し、規制する学校も相次いでいる。(2023/9/14)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
将来は「脳と結合するARグラス」も――XREAL創業者×SF作家が語る未来の“リアル”
未来では、AR技術で「無数のリアリティーのバージョン」が存在する――ARグラス「XREAL Air」を世に送り出したXREALの創業者はこう語ります。SF作家とテクノロジーの未来について語った様子をお届けします。(2023/9/8)

「知らなかった」から一転:
ジャニーズ事務所、性加害「あった」 東山紀之新社長が謝罪「人生かけて取り組む」
「ジャニーズ事務所」創業者の故ジャニー喜多川氏による性加害問題で、同社が記者会見を開き、性加害の事実を認めた。新社長に就任した東山紀之氏は被害者に謝罪した上で「人生をかけてこの問題に取り組む」と話した。(2023/9/7)

「ジャニーズ事務所」新社長に東山紀之氏 前社長は「当面の間」代表取締役で残留
ジャニーズ事務所が新社長に東山紀之氏が就任すると発表。前社長の藤島ジュリー景子氏は、「ジャニーズ事務所」創業者の故ジャニー喜多川氏の性加害問題の経営責任を取る形で辞任した。(2023/9/7)

ジャニーズ事務所会見、ニコニコ動画などで配信 性加害問題巡り
9月7日午後2時から始まる、ジャニーズ事務所による記者会見。創業者である故ジャニー喜多川氏の性加害問題についての対応を明らかにする予定で、テレビ朝日など民放各社がテレビ放送に加えてYouTubeでも配信する予定。ニコニコ動画でも生中継が実施される。(2023/9/7)

経済の「雑学」:
慶應107年前の優勝投手のその後…… トヨタ正規販売店第1号創業
慶應義塾高校の107年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた、今年の全国高校野球選手権大会。前回優勝時の胴上げ投手を調べると卒業後、トヨタ自動車の正規ディーラー1号店の創業者だったことが分かった。(2023/8/26)

Adobe創業者・ワーノック氏、死去 82歳
米Adobe創業者の一人であるジョン・ワーノック氏が8月19日に亡くなった。82歳だった。(2023/8/21)

ジャック・ドーシー氏、Instagramアカウント「@jack」を放出
Twitter(現X)の共同創業者、ジャック・ドーシー氏がInstagramのアカウントを削除した。Instagram創業時に作ったアカウントは「@jack」。「このアカウントがどうなるか楽しみだ」とNostrに投稿した。(2023/8/18)

経済の「雑学」:
「コメダ珈琲店」は略称だった 創業者の思いが詰まった正式名称とは?
人気カフェチェーンの「コメダ珈琲店」。実は正式名称ではありません。創業者の思いが詰まった正式名称とは?(2023/8/11)

フリークアウト、UUUMにTOB実施へ 連結子会社目指す 創業者も買い付けに応募
広告・マーケティング事業などを手掛けるフリークアウト・ホールディングスは8月10日、YouTuberなどのマネジメント業務を手掛けるUUUMに対し、株式公開買い付け(TOB)を実施。連結子会社化を目指すという。(2023/8/10)

孫正義も驚嘆:
社員のメールもSlackも「AI監視」 不正横行を防ぐ“最強のツール“とは?
ビジネスコミュニケーション上の不正を、AIの技術によってリアルタイムで監視するサービスを提供している企業が、米ニューヨークに本社を置くビヘイボックス。創業者に、高い精度での監視を実現する戦略と、経営者によるリスク把握の重要性を聞いた。(2023/8/4)

林信行が見てきた「Twitter」の美学と信念 この十数年を振り返って
Tiwtterが大きく変わる転換点にある。サービスを当初から追い続け、Twitter創業者のジャック・ドーシー氏らとも言葉を交わしている林信行氏が、この十数年を振り返る。(2023/7/24)

Twitterの新ロゴ決定か? イーロン・マスク氏、プロフ画像を「X」に変更
Twitterのイーロン・マスク氏は、自身のTwitterアカウントのプロフィール画像を「X」のロゴに変更した。米国のアパレル企業Twin Birchの共同創業者で、米Teslaの投資家でもある、ソーヤー・メリット氏の投稿したロゴ案を採用した。(2023/7/24)

Intel創業者ムーア氏の半生【後編】
Intelが共同創業者の故ムーア氏から受け継いだものとは?
Intel創業者の一人であるゴードン・ムーア氏は、自身もCEOを務め、Intelおよび半導体産業の成長に寄与した。Intelには今もムーア氏の考えが根付いているという。(2023/7/21)

AIがマーケティングに貢献できること:
AIとファーストパーティーデータのコンビネーションがデジタル広告の未来を切り開く――Appier CEOに聞く
GoogleによるサードパーティーCookieのサポート停止を目前に、デジタル広告の在り方が大きく変わろうとしている。今後の鍵を握ると考えられるのがAI。台湾発のAIテクノロジー企業AppierのCEO兼共同創業者のチハン・ユー氏に話を聞いた。(2023/7/14)

Intel創業者ムーア氏の半生【前編】
「ムーアの法則」とIntel創業者の半生を振り返る
半導体ベンダーIntelの生みの親にして、半導体の進化の指標となった「ムーアの法則」を提唱したゴードン・ムーア氏が逝去した。ムーアの法則が生まれた背景を、同氏の半生と共に解説する。(2023/7/14)

つけ麺の麺だけ食べる行為に「意味ない」発言で物議 人気ラーメン店の創業者が謝罪
(2023/7/7)

“ABC予想証明”の欠陥発見に賞金1.4億円 ドワンゴ創業者の川上さんが設置
数学の未解決問題「ABC予想」を証明する理論の欠陥を指摘できれば賞金1.4億円──一般社団法人日本財団ドワンゴ学園準備会は、そんな取り組みを始めると発表した。(2023/7/7)

慶大生との対話を取材:
「ChatGPT過剰規制」への危機感 OpenAI創業者が“世界行脚に奔走”したワケ
ChatGPTを開発した米OpenAIのサム・アルトマンCEOが4月から6月にかけて、“世界行脚”に奔走した。その背景には何があるのか?(2023/6/23)

孫氏はChatGPTで毎日ブレスト、Y!mobileとLINEMOの統合は考えていない――ソフトバンク株主総会で語られたこと
ソフトバンクは6月20日、第37回定時株主総会を開催した。株主との質疑応答では、ChatGPTなどの生成AIの活用について、創業者の孫正義氏(ソフトバンクグループCEO/ソフトバンク取締役)が生成AIについて語る一幕もあった。(2023/6/21)

雇用とリスクへの見解:
ChatGPT創業者が慶大生に語る AIの進化で資本主義はどう変わるか?
ChatGPT開発企業である米OpenAI社のサム・アルトマンCEOが6月12日に来日し、慶應義塾大学三田キャンパスで学生たちの質疑に答えた。AIの進化によって資本主義経済はどう変わるのか。学生の前で語った真意に迫る。(2023/6/20)

NEWS Weekly Top10:
初代「一太郎」は5万8000円……12万8000円だったライバル「松」を蹴散らした
ワープロソフト「一太郎」が話題になった。一太郎を開発した、ジャストシステム創業者の一人・浮川初子さん(72)の記事を読売新聞オンラインが掲載。ITmedia NEWSでも「一太郎って誰が使っているの?」という趣旨の記事がランキングに入った。(2023/6/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。