• 関連の記事

「ディーラー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディーラー」に関する情報が集まったページです。

高根英幸 「クルマのミライ」:
リアの羽からディフューザー、ストレーキ……クルマのエアロパーツは本当に効果があるのか?
エアロパーツと聞くと、自動車メーカーが販売しているオリジナルのボディに追加するアフターマーケットのドレスアップパーツをイメージする人も多いのではないだろうか。見た目のスピード感やスポーティさ、豪華さを演出するという意味では、クルマ業界のビジネスとしてなかなかのウエイトを占めているようにも見受けられる。果たしてエアロパーツとは、クルマにとってどんな意味を持つものなのか、考えてみたい。(2022/6/27)

「タイヤ値上げ、嫌?」 夏タイヤは「グレードを下げて安く」したい人が30代で2割に GfK Japan調査
「安ければOK」な人も多くなっていますね。(2022/6/25)

ステップワゴンを全面刷新:
ホンダが“乗り物酔いしづらい”車を開発 きっかけは社員も酔ってしまった3列目
ホンダが「STEP WGN(ステップ ワゴン)」を7年ぶりに全面刷新した。新型ステップワゴンは「乗り物酔いをしづらくする工夫」を施したという。なぜホンダは乗り物酔いに注目したのか。(2022/6/28)

フランス発ユニコーンのMiraklが日本に進出:
AmazonでもD2CでもないEコマース第3の選択肢「オンラインマーケットプレイス」とは?
フランス発のユニコーン企業Miraklが日本での事業展開をスタートした。既存のマーケットプレイスとの違いは何か、日本法人の社長に聞いた。(2022/6/24)

自動車業界向けAI活用入門(前編):
AI活用が進む自動車業界、その継続的な運用に必要な「MLOps」とは
AIの活用が進む自動車業界だが、その使いこなしという意味では課題も多い。本稿は前後編に分けて、自動車業界が抱えるAI活用の課題を取り上げるとともに、その解決策として「機械学習モデル管理の重要性」(前編)と「コネクテッドデータの活用」(後編)という2つの観点で解説する。(2022/6/21)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ステップワゴンが予告から半年も売らなかったワケ ホンダ、ロング・ティーザーの狙い
5月27日に、ホンダのミニバンである「ステップワゴン(STEP WGN)」が発売となりました。しかし正直なところ、「やれやれ、ようやく発売になったのか」というのが筆者的な感想です。それは新型登場の予告が半年も前に行われていたからです。(2022/6/21)

15キロの高性能爆薬にも耐える!? トヨタ「ランドクルーザー」VIP向け防弾仕様車の安全テストが激ヤバ
さすがの耐久性。(2022/6/17)

【何これかっこいい!】英国発の新スクーター「スコマディ」が日本上陸 レトロスタイルだけどスポーティ、ギミックも満載
へぇぇ! ベスパやランブレッタみたいでちょっと違う、レトロスタイルでチューンドスクーターの雰囲気が漂う聞き慣れない125ccスクーターが日本上陸。早速乗ってみました!(2022/6/10)

製造業IoT:
秒間2万点のデータを遅延なく可視化、アプトポッドは5G時代のIoT通信見据える
IoTデバイスを通じて動画や音声など多種多様な通信データをリアルタイムに取得したいというニーズの高まりとともに、データ通信量の大容量化も進んでいる。この中でリアルタイムなデータ通信を実現するIoT基盤を用意するかが課題になるが、アプトポッド 代表取締役は「当社は4G時代から備えてきた」と応える自信を見せる。(2022/6/9)

DXによる製造業の進化(1):
DXとは何か? その本来の意味と4つの進化形態
国内企業に強く求められているDX(デジタルトランスフォーメーション)によって、製造業がどのような進化を遂げられるのかを解説する本連載。第1回は、そもそもDXとは何なのかを説明する。(2022/6/6)

ホンダ、「N-BOX」など8車種22万台リコール 燃料ポンプに不具合、エンストの可能性
国土交通省は本田技研工業から「N-BOX」など8車種計22万台のリコールに関する届け出があったと発表した。燃料ポンプ内の樹脂製の羽根(インペラ)に不具合があり、最悪の場合、エンストする可能性があるという。既に68件の不具合が発生している。(2022/6/2)

第4回 建設・測量生産性向上展:
次世代の中型ホイールローダー「Cat 966」国内初披露、“生産性は正義”で脱炭素施工と両立
Cat製品を製造するメーカーの日本法人キャタピラ―ジャパンは、燃費効率やメンテナンスコストの低減だけでなく、一見すると相反しそうな生産性も両立させた次世代ホイールローダーを日本市場に投入した。(2022/5/26)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
いまだに新車でボディーコーティングしてるの!? 現場のプロに聞くペイントプロテクションフィルム最新動向
西川善司さんによる国産高級スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」連載、今回は前回に続き、車体の保護について。(2022/5/18)

75歳以上の「運転技能検査」新設:
改正「道路交通法」が施行 “スタイリッシュな電動車いす”に商機か
5月13日、改正道路交通法が施行された。この改正では、75歳以上のドライバーの免許更新手続きが変更。一定の違反歴がある場合、運転技能の検査が義務となった。これを受け、電動車いすなどの近距離移動を助ける製品の需要が高まると考えられる。(2022/5/13)

売却も入金もアプリからリアルタイムで:
Embedded Paymentsとは? 急成長Lithiaのサービスから読み解く
U.S.BankとLithia Motorsが共同で中古車売買のユーザー体験を変えるアプリを開発した。自宅にある自動車をオンラインで即売却でき、リアルタイム決済を通じて即時入金も実現する。(2022/5/13)

データで導くプライシングの技術(3):
「ぼられている」と感じさせない値付けのロジックはどう組むか〜考え方と採算管理の実践方法
愛用品の部品交換に来た顧客から「ぼられている」と疑いの目を向けられるのは値付けロジックが正しく機能していないからかもしれない。常時変化する市場の状況に対応しながら関係者との合意をうまく取り付けるための値付けと採算管理の関係を見ていく。(2022/5/27)

材料技術:
割れた自動車用ガラスを再び自動車用ガラスに、新車採用に向けて試験生産
Audi(アウディ)とReiling Glas Recycling、Saint-Gobain Glass、Saint-Gobain Sekuritは2022年4月25日、破損した自動車用ガラスを自動車用ガラスにリサイクルするパイロットラインを立ち上げたと発表した。さまざまなプロセスを経て接着剤などガラス以外の不純物を除去し、新たな自動車用板ガラスを生産する。パイロット生産が成功すれば、将来的にEV(電気自動車)「Q4 e-tron」のガラスに採用する。(2022/5/10)

バットマンの愛車が5200万円で買える!? 超精工なレプリカ「タンブラー」が売出し中 トヨタ製V8エンジンを搭載
現在はカザフスタンに保管されているそうです。(2022/5/4)

ハンドルから手を放せる「プロパイロット 2.0」を体験! 日産本気の新型BEV「アリア」に試乗してみた
普段はガソリン車を運転し、EVはカーシェアでしか運転していない筆者がアリアを体験しました。静かな車内とプロパイロット 2.0の組み合わせはすごかった!(2022/5/1)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

3Dプリンタニュース:
積層痕の美を生かすeスポーツ用インテリアの実現に向けて超大型3Dプリンタ活用
ExtraBoldは、前田技研のMG東京ファクトリーと共同で、eスポーツ専用インテリア「GT EXPERIENCE CONCEPT」の開発と製作を行った。D-WEBERの自社プロジェクトブランド「4DESIGN by DW」の取り組みとして企画されたもので、自動車フォトグラファーの北畠主税氏がプロデューサーを務め、D-WEBER 代表取締役の水野健一氏がデザインを担当。コンセプトモデルの製作には、ExtraBoldの大型3D付加製造機「EXF-12」が用いられた。(2022/4/27)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
フィアットの新型EV「500e」 が有望な理由 デザインにポイント
フィアット初のEVである「500e(チンクエチェント・イー)」が6月25日より日本で発売となります。確信しました。これはヒットすると。なぜ、そう思ったのか。それはデザインがいいから。(2022/4/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの世界戦略車 CX-60全方位分析(1)
前回の予告通り、今回からはCX-60の詳細な解説に入っていく。まずはマツダはなぜラージプラットフォームを開発したのか。その狙いはどこにあるのかが最初のテーマである。(2022/4/25)

データで導くプライシングの技術(2):
実は難しい「値付け」の力学〜納得感と収益の妥当なバランスを決める決定要因
「スペックウォーク」(Spec-Walk)や「モデルウォーク」(Model-Walk)を駆使しても、それだけで値付けを決定できるわけではない。特にBtoB商材で長期間利用される商品のサポートサービスは値付けを決定する際に検討すべき要素が複数あり、売り切り商品と比べても合理的な価格決定が難しい。この問題をデータを駆使して解決するには、理解しておくべき前提知識がある。(2022/5/18)

Social Media Today:
Googleが切り開く「検索→購入」の近道 クルマ販売でも実施へ
進化する検索トレンドに対応すべく、Googleが新たに「車両広告」を提供開始。自動車販売業者にとって福音となるか。(2022/4/15)

【実際にやってみた】バイクの高速料金半額開始! 手続きはとても面倒だったけど、裏技も発見……
バイクは普通車の半額に! 高速道路の「休日二輪車割引」がついにはじまりました。注意点、条件、想定利用シーンを実際に利用して検証しました。(2022/4/15)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ホンダ、中国でアキュラ生産中止 EV化に乗れず衰退する日系メーカーの象徴との声も
ホンダの中国合弁会社・広汽本田汽車が今月8日、高級車ブランド「アキュラ」の生産を年内で終了すると発表した。ホンダは2030年以降、中国での新型車は全て電動車とする方針で、その一環。しかし中国の消費者からは、日本車メーカーの衰退を象徴する“撤退”とも受け取られている。(2022/4/14)

房野麻子の「モバイルチェック」:
ドコモも参入の中古スマホ販売、各社あの手この手の保証やサポート
MM総研の調査によると、中古スマホ市場は右肩上がり。2020年度の中古スマホ販売台数は185万台、前年度比13.5%増で過去最高を記録したが、25年には販売台数が268万台に上る見込みだという。そんな中、NTTドコモは3月23日から、同社認定リユース品「docomo Certified」の取り扱いを開始した。(2022/4/8)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高くなるクルマ コスト高は本体価格だけではない
この20年、サラリーマンの給料が上がらないといわれているにもかかわらず、クルマの価格は上昇していく一方だ。軽自動車でも200万円が当たり前の時代。クルマを買い替えよう、あるいは新たに購入しようと思った時、感じたことはないだろうか「クルマって高くなったなぁ」と。(2022/3/31)

モビリティサービス:
カーシェアリングにステランティスが4ブランドを登録、新型車にじっくり試乗
Stellantisジャパンは2022年3月28日、DeNA SOMPO Mobilityが運営するカーシェアリング「Anyca(エニカ)」に正規ディーラー148店舗が参加し、合計150台を登録すると発表した。36都道府県で、取り扱いブランドであるアバルト、アルファロメオ、フィアット、ジープの正規ディーラーが参加する。(2022/3/29)

社員9人で米ナスダック上場 日本のベンチャーWarranteeが進める“無料保険”とは何か
東京証券取引所を飛び越して、2月に米ナスダック市場に上場申請を行った日本企業がある。庄野裕介氏がCEOを務めるWarranteeだ。社員はわずか9人。フリーインシュアランス、つまり無料保険について国際特許を申請しており、ナスダック上場の知名度を武器に、世界展開を進める。(2022/3/15)

ロシア在住の日本人YouTuberが伝える現地情報がリアル 「みんな、手元の現金を車に変えてる」
森さん夫妻の生活に大きな変化はないようですが……対応対策を様々に進め、覚悟も決めている、とのことです。(2022/3/11)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタがEVメーカーになることを待望するヒトに欠けている視点と残念な思想
トヨタのバッテリーEV戦略に関する説明会では、トヨタの底力を見せたのは間違いない。しかし、あれを見て「トヨタもBEVに注力するのか」と思った人は多かったようだ。そう思わせるのが目的だとはいえ、この見方はあまりにも単純すぎる。(2022/3/1)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
新車買ったらペイントプロテクションフィルムを ボディーコーティング、スマホの保護フィルムとはここが違う
西川善司さんによる国産高級スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」連載、今回は車体の保護について。スマートフォンで一般的になりつつあるフィルム保護のようなことを、車にも施すのである。(2022/2/28)

「旧車×ローカルフード」の新ドラマ、チャンネルNECOで放送 「ガソリンで走るクルマが愛おしい」
旧車と地元グルメを一緒に堪能って……何このぜいたく。目も心もおいしそう〜。(2022/2/25)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaはこうやって買う(前編) 試乗からグレード選択、充電設備、納車前の諸手続きまで
購入ガイド的な内容を前後編の2回に分けてお届けします。(2022/2/25)

ロボットの活用事例:
しゃぶ葉やガストが導入する「配膳ロボ」の実力は?  最先端、中国のロボット事情
2021年10月、すかいらーくグループは、全国2000店舗に中国製の配膳ロボットを導入すると発表。中国では、配膳ロボットのほか、レベル4の自動運転技術を備えた業務用掃除ロボットも導入が進む。中国ロボットの総合代理店を務める日本のテクトレ社と、すかいらーくグループにロボット活用事例を聞いた。(2022/2/23)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
マツダ・ロードスターが玄人受けする理由 マイナーチェンジで大絶賛
改良された「ロードスター」が、びっくりするほど好評です。試乗会を実施しました。そのレポートを見てみれば、どれもこれも好評、というか、ほぼ絶賛の嵐といった具合。いったい、そこにはどんな理由があるのでしょうか?(2022/2/21)

事前商談、既に開始 2022年ミニバン大注目モデル「新型ステップワゴン」商談レポート
5月に正式発表、発売予定の2022年の注目ミニバン「新型ステップワゴン」。実は事前商談がもう始まっています。ホンダ販売店を訪問して分かった気になる価格は……?(2022/2/20)

スマホで3Dスキャンする新手の“データ泥棒”にワンフェス運営は警戒感 注意喚起と対策へ
スマホで展示品を3Dスキャンしていたのではないか? ワンフェス会場でのある入場者達の行動に、出展者や実行委員会が神経を尖らせている。(2022/2/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
【自動車メーカー7社決算】ものづくりのターニングポイントがやってきた
内自動車メーカーの第3四半期決算が出揃った。しかし、今年の第3四半期決算は少し趣が違う。どう違うかを解説する前に、まず第2四半期までの状況を振り返っておこう。(2022/2/14)

1700万円の札束ドン! マギー、“日本に50台”のメルセデスAMG「CLS53」を現金一括購入
キャッシュでドン!(2022/2/12)

「クルマの寿命かなぁ」と思う時期、最多は「10年以上」 走行距離は?
廃車・事故車買取専門のはなまる(大阪市)が、「車の乗り換え・廃車」に関する調査を行った結果、廃車理由の約7割は「老朽化や経年による経年廃車」ということが分かった。(2022/2/11)

電気自動車:
現代自動車がEVとFCVで日本再参入、アリアbZ4Xソルテラの競合モデルを展開
Hyundai Motor(現代自動車、ヒョンデ)は2022年2月8日、乗用車で日本に再参入すると発表した。同社は2009年12月に日本の乗用車市場から撤退していた。2022年5月から電気自動車(EV)「IONIQ 5」(アイオニック5)と燃料電池車(FCV)「NEXO」(ネッソ)の受注を開始し、同年7月から納車する。(2022/2/9)

日本トレンドリサーチ調べ:
車の買い取り査定依頼は「1社」が最多 複数社への依頼で満足度はどう変わる?
日本トレンドリサーチが「車の売却」に関するアンケートを実施し、買取査定の満足度について調査した。(2022/2/8)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
離島でTeslaは使いものになる? 一太郎の父と母、浮川夫妻に聞いてみた
「一太郎」「ATOK」の生みの親で、現在はMetaMoJiを経営する浮川和宣・初子夫妻は、Tesla Model 3オーナーで、沖縄県の宮古島で利用しています。(2022/2/3)

リテール&ロジスティクス:
千葉県市川市の物流センター内で化粧品物流用の危険物倉庫が竣工、NTTロジスコ
NTTロジスコは、千葉県市川市の千葉物流センター内で開発を進めていた化粧品物流専用の「千葉物流センター危険物倉庫」が竣工したことを公表した。千葉物流センター危険物倉庫は、一般倉庫と離れた立地で運営される通常の危険物倉庫とは異なり、一般倉庫と同じ敷地内に併設することで、製品の横持配送コストを削減するとともに、一般倉庫で危険物以外の製品と同梱を行うことで、エンドユーザーへの配達でかかるリードタイムの短縮や配送コストの低減を実現する。(2022/2/2)

【新連載】「自動運転未満」なクルマとドライバーの関係:
クルマのUXはキケンな過渡期 最近のクルマはコクピットドリルで説明しきれない問題
自動車という工業製品のUI/UXについて語る新連載です。(2022/2/1)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
逆境のマツダ 大型FR導入で息を吹き返せるか?
今年、目の離せないメーカーがあります。それがマツダです。実のところ、コロナ禍でのマツダのビジネスは散々なものでした。しかし、歴史を振り返れば、マツダは、これまで何度も、もっと辛い状況を耐え、そして、そこから復活してきたメーカーでもあります。(2022/2/1)

ハーレーダビッドソン、2022年モデルの全18車種を一挙発売 全カテゴリーの特徴まとめてチェック
ハーレーダビッドソンが2022年モデル全18車種を発表。やっぱかっこいいなぁぁ! それぞれのカテゴリーの特徴と変更点をチェックしていきましょう。(2022/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。