• 関連の記事

「キュレーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キュレーション」に関する情報が集まったページです。

Social Media Today:
テレビの“オワコン”化が止まらない? 米国で消費者が「TikTok」や「YouTube」に費やす時間はテレビと互角
最新レポートによると、米国におけるSNS動画の視聴時間はテレビと同じくらいになっている。テレビからSNS動画へのシフトは若者ほど顕著だということだ。ブランド広告主はこのトレンドをどう捉えるべきか。(2022/2/18)

IDCが発表:
顧客獲得力向上のために投資すべきものとは? 「2022年のインテリジェンスの未来に関する予測」10項目【更新あり】
IDCは、インテリジェンスの未来に関する10項目の予測を発表した。企業がインテリジェンスに投資することで、財務や業績、製品やサービスの成果がどう変化するかが明らかになった。(2022/2/8)

Marketing Dive:
対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業にとって逆風ではあるが、彼らもただ手をこまねいているわけではない。(2022/1/28)

品質問題に揺れるマクアケ1Q決算、営業益74%減 「審査人員を強化」
クラウドファンデイングサイト「Makuake」を運営するマクアケの第1四半期決算は、売上高が伸びたが、人員採用などのコストが増加し、営業利益は74.6%減に落ち込んだ。(2022/1/26)

今春を予定:
GINZA SIXが開業5周年、「DIOR」の期間限定ショップなど19店舗がオープン
銀座の商業施設「GINZA SIX」は、開業5周年を記念して新店舗をオープン。4〜5階フロアを中心に、旗艦店6店を含む19店舗が入店する。(2022/1/7)

いまさら聞けない自動車業界用語(19):
2020年以上に大変だった、コロナ禍2年目の自動車業界を振り返る
一難去ってまた一難、2020年以上に苦しくなった1年でした。自動車業界では一体何が起きていたのか。実際の現場視点で、この1年をまとめます。(2021/12/28)

いまさら聞けない自動車業界用語(18):
高齢者とクルマの運転、技術は何をできるのか妄想してみよう
皆さんは将来の自動運転車の在り方や、高齢者の移動問題がどのようになると思いますか。運転が好きな方は、自分の身体機能や認知機能が衰えたときに未練なく免許を返納できるでしょうか。それとも、いつまでも運転できる方法を探すでしょうか? 今の技術や社会から、ちょこっと妄想してみませんか。(2021/12/17)

タイムアウト東京のオススメ:
ミッキーマウスの現在と未来を表現した展覧会が渋谷パルコで開催中
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/11/30)

「NewsPicks」運営のユーザベース、2022年4月に本社移転へ 六本木→丸の内に
「NewsPicks」などを運営するユーザベースは、2022年4月に本社を港区六本木から千代田区丸の内に移転すると発表した。同社は本社移転を契機に「新たな知の融合・新たな事業創出の契機を増やすことを目指す」としている。(2021/10/19)

いまさら聞けない自動車業界用語(17):
トヨタ系、日産系、ホンダ系……「ケイレツ」の今とこれから
今回は日本自動車業界の特徴の1つ、「ケイレツ」について解説します。(2021/10/4)

「Google ニュースショーケース」日本でも開始 40以上の報道機関が参加、一部の有料記事を開放
Google Japanが報道機関を支援する取り組みとして「Google ニュースショーケース」を日本で始める。40以上の報道機関が参加。媒体ごとに記事が並ぶ新しいUIパネルを採用し、配信する記事やデザインを報道機関側が制御できる。さらに、Googleが負担する形で、一部の有料コンテンツにもアクセスできる。(2021/9/16)

Instagramは多くの若者にとって有害との内部調査結果をWSJが暴露
Wall Street Journalが、「FacebookはInstagramが若者にとって有害だと知っていたことが社内文書で明らかに」という記事を掲載。これに対しInstagramは調査の一部をネガティブに紹介していると反論し、対策していると主張した。(2021/9/15)

キレイな中古iPhoneに触れます 「にこスマ」のポップアップストアで新しい買い物体験
Belongが、中古スマートフォン「にこスマ」のポップアップストアを、西武渋谷店の「CHOOSEBASE SHIBUYA」にオープンした。実際に中古iPhoneの状態を確認しながら購入できる。ECサイトでQRコードを発行し、店頭のレジで読み取ってもらうことで決済する。(2021/9/5)

Appleが買収したクラシック音楽ストリーミング「Primephonic」でApple Musicはどう変わるか? レーベル運営者が分析
音楽ストリーミングサービスの中でもクラシックに特化した「Primephonic」。このサービスを愛用している山崎潤一郎さんが、なぜこのサービスをAppleが手に入れたのか、分析する。(2021/9/2)

没入感:
そごう・西武、西武渋谷店に開業するメディア型OMOストアの全容公開
そごう・西武は9月2日、西武渋谷店パーキング館1階にオープンするメディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベースシブヤ)」における会場構成を決定した。(2021/8/29)

いまさら聞けない自動車業界用語(16):
CO2排出削減だけじゃない、環境のためにやるべきこと
今回は近年、非常に注目されていて、自動車関連企業の各社が積極的に取り組んでいる「環境」について説明します。(2021/8/23)

“オタ活”のスケジュール作りを半自動化するアプリ「シカロ」登場 「呪術廻戦」「刀剣乱舞」など13作品に対応
エヌ・ティ・ティ・ソルマーレは16日、「オタク向け」をうたうスケジュール管理アプリ「シカロ」(iOS、Android)のサービスを始めた。(2021/8/17)

オタク向けスケジュール管理アプリ「シカロ」がサービス開始 “推し作品”を登録するとリリースや予約の情報を自動で表示
こんなの待ってた!(2021/8/17)

プロジェクト:
高さ212m・延べ14.6万m2の常盤橋タワーが大手町で竣工、三菱地所
三菱地所は、東京都千代田区大手町で計画を進めていた複合施設「TOKYO TORCH 常盤橋タワー」が2021年6月30日に竣工したことを発表した。常盤橋タワーは、地下5階/地上38階建てで、延べ床面積は約14万6000平方メートルで、高さは212メートルに達し、竣工時点でJR「東京」駅周辺で最も高いオフィスビルとなった。(2021/8/4)

タイムアウト東京のオススメ:
村上隆らのドラえもんが街を彩る、六本木アートナイトが開催
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/7/20)

Twitter、東京五輪のデマ対策は「2020年の米大統領選に近い形」か
Twitter Japanは7月13日、東京オリンピック・パラリンピックのデマ対策で2020年の米大統領選と同じ取り組みを行う可能性があると明かした。(2021/7/13)

タイムアウト東京のオススメ:
アーティストが世界の個性派料理を曜日替わりで出す定食屋が開店
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/7/13)

写真で解説するライカスマホ「Leitz Phone 1」 AQUOS R6との違いは?
ソフトバンクが7月以降にライカのスマートフォン「Leitz Phone 1」を発売する。Leitz Phone 1の背面にはガラスを採用しているが、実際に触れるとガラスとは思えないマットな質感で仕上げられている。センサーは「AQUOS R6」と同じだが、Leitz Phone 1独自のカメラ機能も備えている。(2021/6/18)

化学企業トップが目指す「グロース企業」カギを握るOODAカルチャーとは
「グロース企業の文化を見習え」――。半導体材料などで知られる化学メーカー、JSRの会長が語ったのは、成長の仕組みや戦略ではなく、企業文化の作り方だった。「脱PDCA」で飛躍を目指す。(2021/5/21)

Apple Music、ロスレスとDolby Atmos空間オーディオに対応 ハイレゾも追加費用なしで6月から提供開始
従来のプランのままで全カタログがロスレス対応。(2021/5/18)

Discord、6周年でマネタイズ機能や新ロゴを発表
6周年を迎えたDiscordが新機能や新ロゴを発表した。4月に発表したClubhouse的なサービスを“発見”したり、有料チケットでのマネタイズが可能になる。ロゴのClydeくんはフキダシから開放された。(2021/5/14)

NFTの本当の可能性は「8月12日の三河屋のコーラ」にあり
NFT(non fungible token)はあの漫画を知っている人は一発で理解できるだろう。(2021/4/16)

NewsPicks Studios金泉俊輔CEOに聞く【後編】:
40代で出版社からWebメディアにミドル転職 元週刊誌編集長がNewsPicksで追い求める新しいメディアの形
ビジネスパーソンを中心に500万人以上の会員を擁する経済ニュースメディア「NewsPicks」。他メディアのニュースを選別して配信する「キュレーション」のほか、独自で経済ニュースや経済番組を制作しインターネットで配信し、右肩上がりで有料会員を増やし続けてきた。独自のビジネスモデルやブランド戦略はいかにして成功したのか。NewsPicks執行役員で「NewsPicks Studios」CEOの金泉俊輔氏にインタビューした。(2021/3/5)

Facebook、Instagramのユーザー画像で自己教師あり学習したコンピュータビジョン「SEER」発表
Facebookが高性能の自己教師あり学習コンピュータビジョン「SEER」(SElf-supERvised)を発表。傘下のInstagramにユーザーが投稿した10億点の画像をトレーニングに使った。分類制度スコアは既存のAIモデルを上回る84.2%だった。(2021/3/5)

NewsPicks Studios金泉俊輔CEOに聞く【前編】:
“自前主義”で固有の世界観を創出 有料会員を増やし続けるNewsPicksの「垂直統合型ブランド戦略」とは
ビジネスパーソンを中心に500万人以上の会員を擁する経済ニュースメディア「NewsPicks」。他メディアのニュースを選別して配信する「キュレーション」のほか、独自で経済ニュースや経済番組を制作しインターネットで配信し、右肩上がりで有料会員を増やし続けてきた。独自のビジネスモデルやブランド戦略はいかにして成功したのか。NewsPicks執行役員で「NewsPicks Studios」CEOの金泉俊輔氏にインタビューした。(2021/3/3)

Google、オーストラリアでも「News Showcase」を開始 首相は「建設的に話し合った」
オーストラリアから「サービスを引き上げざるを得なくなる」としていたGoogleが一転、同国でメディア支援プログラム「News Showcase」を開始すると発表した。モリソン首相とピチャイCEOが「建設的な」話し合いを行った成果とみられる。(2021/2/5)

Twitter、ニュースレター配信のRevueを買収 クリエイターの収益化を支援
Twitterがニュースレター配信サービスを手掛けるRevueを買収した。TwitterとRevueがシームレスにつながることで、例えば多数のフォロワーを擁するクリエイターはRevueで長文のニュースレターを配信し、Twitter上で購読者を募ることができるようになる。(2021/1/27)

AIは“イケてる”ファッションを作れるか 「ダサいたま」の汚名返上? さいたま市とNECの挑戦
AIが“カッコいい”と判定したファッションを展示する「さいたまコレクション」が行われた。AIが本当に“イケてるファッション”を判定できるのか? プロジェクトメンバーに聞いた。(2020/12/25)

快挙続く「はやぶさ2」 持ち帰ったサンプルから分かることと旅路の先に見る“地球防衛”の可能性
日本の小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセルが地球に帰還し、JAXAは小惑星「リュウグウ」由来の黒い砂粒状のサンプルやガスを確認できたと発表した。今後詳細な分析が進む中、はやぶさ2にどのような成果を期待できるだろうか。(2020/12/18)

Googleさん:
Googleのくつろぎ製品パーティー「Launch Night In」はどんな様子だったのか
Googleが例年の「Made by Google」の代わりにバーチャルで配信したハードウェア発表イベント「Launch Night In」の30分をまとめてみました。ハードウェアだけでなく、「カメラ」アプリの新機能や11月の音楽イベントなども発表。(2020/10/3)

Google、世界のニュースメディアに10億ドル提供へ 新コンテンツサービス「News Showcase」で
Googleが6月に年内立ち上げを予告していた“新しいニュース体験”「News Showcase」をまずはブラジルとドイツで開始した。この取り組みで同社は世界のメディアに3年間で10億ドル(約1000億円)出資する。(2020/10/2)

NAVERまとめ終了 「最後のまとめ」を限定公開 11年で180万本の記事、PVは合計1718億に
キュレーションサイト「NAVERまとめ」のサービスが9月30日で終了する。まとめ編集部は11年の歴史を綴った「最後のまとめ」を24時間限定で公開した。(2020/9/30)

記号化するCSIRTの本質「不要となることこそ理想の姿」阿部恭一×辻伸弘が語る
これまでの特集は、CSIRT内部の実情を詳細に聞いてきた。特集第4回となる最後は、識者の対談形式により、CSIRTを客観視することでその本質に迫る。(2020/9/23)

tsumug edge:
動揺か実装か、コロナに直面した電子国家エストニアと市民のメンタリティー
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けする。(2020/9/18)

「ハイジ」「カリオストロ」まで 米アカデミー映画博物館オープン記念に宮崎駿展が抜てき、国内外ファン「最上級のリスペクト」と歓喜
スタジオジブリが協力。(2020/9/11)

製品動向:
積水ハウスが7軒の家族ストーリーを設定したモデルハウスを「住まいの夢工場」で公開
積水ハウスは、居住者の家族構成や物件の場所などを設定して、内装などを手掛けたライフスタイル提案型のモデルハウス7軒「みんなの暮らし 7stories」を茨城県古河市にある関東住まいの夢工場で公開した。(2020/9/4)

登録不要サービス、翻訳、睡眠管理からホームオートメーションまで:
これがApple最新OSの描くニューノーマルだ──WWDC20まとめ
Appleが恒例の世界開発者会議「WWDC20」を開催した。初のオンライン実施などが話題になったが、その中身も多岐にわたって重要な発表が行われた。林信行氏が気になるポイントをまとめた。(2020/6/23)

Instagram、キューレーション機能「Guides」 まずは新型コロナ対策向けウェルネスから
Instagramの新機能Guidesは、クリエイターや組織がお勧めのコンテンツをキュレーションして提供するサービス。まずはウェルネス関連のGuidesがロールアウトしていく。(2020/5/19)

1カ月で3万件発生するバグを利用:
機械学習でMicrosoftがセキュリティバグを判定、高い精度が特徴
Microsoftは、教師あり機械学習を活用することにより、セキュリティバグの特定と分類の精度を大幅に向上させたと発表した。開発時、さらには運用後の改善にはセキュリティ専門家の協力を仰ぐことが不可欠なのだという。(2020/5/11)

レディオヘッド、多様なコンテンツを集めた「Public Library」開館 未公開楽曲も
英ロックバンドのRadiohead(レディオヘッド)が、コンテンツオンラインアーカイブサイト「Radiohead Public Library」を公開した。オンライン初公開の過去のEP楽曲や動画、Tシャツショップなどがまとまっている。(2020/1/21)

AI・機械学習の業界動向:
2020年の「AI/機械学習」界わいはこうなる! 10大予測
MLOps/AutoMLなどの自動化に、自然言語処理(BERTなど)、倫理問題/信頼と、2019年の「AI/機械学習」界わいの変化は止まらなかった。2020年はどう進化していくのか? 英語での情報を参考に、10個の大胆予測を行う。(2019/12/26)

タイムアウト東京のオススメ:
アートは無料で楽しむ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/12/10)

2019年の振り返りと2020年の抱負を幹部が語る:
Twitterにあって他の動画プラットフォームにない提供価値は「話題化」と「話題に乗る」
令和への改元やラグビーワールドカップ2019日本大会をはじめとする大イベントをはじめ、2019年も日本で圧倒的な存在感を示したTwitter。現況と2020年に向けたビジネス展開について幹部が語った。(2019/11/28)

Apple Musicを企業のBGMに Apple Music for Business始動
AppleはPlayNetworkと提携し、企業やブランド向けのBGMサービスを開始した。(2019/11/21)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
実はとっても相性がいい、美術とAIの“深イイ”関係
日本人は、世界で最も美術展に足を運ぶんだそうですよ。(2019/11/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。