• 関連の記事

「文化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文化」に関する情報が集まったページです。

経産省の資料に「MAD」「星街すいせい」「SiM」「ゲッターロボ」…… 音楽ビジネスレポート「興味深い」と話題
済産業省が公開した、音楽ビジネスに関するレポートが話題だ。「MAD」「星街すいせい」「SiM」「ゲッターロボ」など、現在進行形で人気を集めるアーティストの名前やネット発の文化を名指しで取り上げており、ネットでは「国が認知しているのは興味深い」といった声が出ている。(2024/7/19)

令和の無駄学:
私たちはもてあそばれている? 「本の帯」がもたらす“あざとい”3つの効果とは
本の帯って実は海外ではみられない日本特有の文化だということをご存じでしょうか? 一説によると、本の帯が最初に付けられたのは大正3年だそう。今回は、読書が好きな生活者や消費行動の専門家へのインタビューも交えながら、本の帯がもたらす効果について、その実態をひもといていきます。(2024/7/16)

「日本文化を理解し過ぎた日本語学習者」の“あいさつ”和訳回答がある意味難解 「万能すぎる」「これはこれで全部正解な気が」
汎用性が高すぎる。(2024/7/14)

クラファンの存在意義はどこへ向かう? 寄付から物販、「地下Vtuber」を推す場へ変わる今
すっかり定着したクラウドファンディングという文化だが、ここで繰り広げられるプロジェクトに変化が起きていることをご存じだろうか。(2024/7/10)

ボカロ文化の祭典「ボカコレ2024夏」延期 ニコニコへのサイバー攻撃の影響で
ドワンゴは26日、ニコニコへのサイバー攻撃の影響で、「ボカコレ2024夏」を延期すると発表した。(2024/6/26)

「ばかげてる」 英国人が“米国式紅茶のいれ方”を見たら…… 「死んじゃうよ」と次々悲鳴が上がる事態に
文化の違い……なのか?(2024/6/22)

予防的措置と発見的統制を両立させる:
PR:内部不正を防止する仕組みと文化を無理なく構築する手法を専門家が語る
内部不正の問題が深刻化している。その対策として予防的措置と発見的統制がポイントになるが、これらをどのように実践すべきか。(2024/6/17)

「Amazonにはセキュリティ文化がある」 AWSがAI時代のクラウドセキュリティを改めて強調
AWSはセキュリティを最優先にしていると説明するとともに生成AIの導入を支援する新機能を発表した。(2024/6/14)

ミセスの新曲MV、非公開に 事務所は謝罪 「歴史や文化的な背景への理解に欠ける表現が含まれていた」
人気バンド、Mrs. GREEN APPLEが6月12日にリリースした新曲「コロンブス」とそのMVがネット上で物議を醸し、13日にはMVが非公開となった。(2024/6/13)

事業統合・再編を支えてきた業界リーダーに聞く:
PR:変化し続ける組織を支えるために話し、学び、理解する――MS&ADシステムズ 執行役員 西川佳織氏
業務を支えるITシステムは企業文化と密接に結び付いている。組織体制が変化すれば、ITシステムもそれに呼応した変化を求められる。保険業界における巨大グループ企業の再編を幾度も乗り越えてきた女性リーダーにその体験を聞いた。(2024/6/10)

ボカコレ運営、投稿者による交換条件としての相互「いいね」に注意喚起 「本来の主旨とは外れたもの」
ボカロ文化の祭典「The VOCALOID Collection」を運営するドワンゴは6月4日、投稿者同士が、投稿作品の内容に関係なく交換条件として互いの作品に「いいね」などのリアクションをする行為を確認したとして注意喚起した。(2024/6/5)

Gartner Insights Pickup(353):
データ/アナリティクスリーダーに求められるチームのリスクに対する文化の醸成
効果的なリスク管理はビジネスレジリエンスに不可欠であり、リスクに取り組む文化を必要とする。リスクは避けるべきものと考えられるのではなく、ビジネスの意思決定の判断材料として活用される。持続可能でデータドリブンな企業には、機会、リスク管理、文化の適切なバランスが必要だ。(2024/5/31)

「シリーズ 企業革新」日立編:
日立、米IT「1兆円買収」でどう変身? 文化の違いを“シナジー”に変えた手腕
「シリーズ 企業革新」日立編の4回目は、Lumada事業をさらに成長させている取り組みとして、2021年に約1兆円を投じて話題になった米GlobalLogic買収のその後に迫る。(2024/5/30)

マクドナルド、“懐かしのガラケー文化”を再現! 「時代を感じる」「メル画懐かしすぎる」と反響
「『もものヨーグルトフラッペから来たメール』の創作」ってどういうことよ……。(2024/5/28)

娘の日本移住に反対だったエジプト人父→「僕の話を聞かずに日本を選んで正解でした」 初来日で文化の違いにびっくり
おとうさんが安心してくれて良かった!(2024/5/22)

レンタルビデオ→書籍→? 「SHIBUYA TSUTAYA」オープンのCCC、二度のピーク経て変化を続けるビジネスモデルに迫る
渋谷の店舗を刷新して「新しい文化の聖地」を目指すSHIBUYA TSUTAYAがオープンした。レンタルで一世を風靡してきたTSUTAYAは今、どのような成長戦略を描いているのか。(2024/5/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
原宿は若者と文化を取り戻せるか 新ランドマーク「ハラカド」に足を運んで分かったこと
原宿の新たなランドマークとして東急不動産がオープンした「ハラカド」。実際に足を運び、その魅力や注目のポイントを解説していく。(2024/5/5)

xR:
過疎化の進む郊外の団地をデジタル技術で活性化、大和ハウス工業が実証実験
大和ハウス工業は、過疎化が進む郊外型住宅団地で、空間拡張システムを用いたコミュニティー活性化に関する実証実験を開始した。リラックス効果のある映像/音響の共有体験や、遠隔地の食や文化などの魅力を一緒に疑似体験できる機会を住民に提供する。(2024/4/26)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(10):
Simulation Governanceの文化カテゴリー「経営層」と「組織文化」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第10回では、文化カテゴリーの「経営層」と「組織文化」にフォーカスする。(2024/4/22)

新製品開発に挑むモノづくり企業たち(3):
発熱する繊維で食材を「チン」! 画期的なポータブルバックで狙う食文化の革命
本連載では応援購入サービス(購入型クラウドファンディングサービス)「Makuake」で注目を集めるプロジェクトを取り上げて、新製品の企画から開発、販売に必要なエッセンスをお伝えする。第3回はWILLTEXの「WILLCOOK PACKABLE」を取り上げる。(2024/4/19)

セキュリティニュースアラート:
強力なセキュリティ文化を作るには何が必要なのか? KnowBe4が調査レポート
KnowBe4 Japanは2024年度版セキュリティ文化レポート「2024 Security Culture Report」を公開した。セキュリティ文化の形成に苦労している組織の実態やセキュリティ文化スコアが高い業界などが明らかになっている。(2024/4/10)

マスコミ業界へのマイナスイメージ 「昔ながらの文化」「全国転勤」を抑えた1位は?
キャムコムグループのインタツアー(東京都港区浜松町)が「業界別イメージ調査 マスコミ業界編」の結果を発表した。学生はマスコミ業界についてどのようなイメージを抱いているのか。(2024/4/9)

基礎解説:
いまさら聞けない 製品設計と設備設計の違い【後編】
社会や現場課題を解決するためのアイデアを考え、それを具現化する「機械設計」の仕事ですが、実は「製品設計」と「設備設計」で文化や仕事の進め方が大きく異なります。【後編】では、製品設計と設備設計における「予算配分」「求められる知見」の違いに触れるとともに、「製品設計と設備設計のこれから」について言及します。(2024/4/5)

アクセシビリティー改善に役立つ6つのヒント【後編】
「分かりやすいコンテンツ」を作るなら悩むより“あれ”を活用すべし
アクセシビリティー(利用しやすさや分かりやすさの意味)への配慮は、文化背景や制約、条件を問わず「誰でも読めるようにする」という点で重要だ。読者のために「これだけはやるべき」というヒントを紹介する。(2024/4/5)

エンタメ×ビジネスを科学する:
鳥山明はその生涯で何を成し遂げたのか ドラゴンボールが果たしたある「機能」
日本の漫画・アニメ文化、そして日本の歴史にもたらした功績はあまりにも大きい。(2024/3/29)

アニメ業界の労働時間、中央値は月225時間 アニメーターなどの回答323件を集計
アニメ業界の労働時間の中央値は月間225時間に──一般社団法人日本アニメフィルム文化連盟(NAFCA)は、こんな調査結果を発表した。(2024/3/27)

日本人カップルが着物姿でアメリカを観光していたら、現地の人がわざわざ話しかけてきて…… 伝統文化に対する海外の反応が話題
マネしてみたい。(2024/3/25)

基礎解説:
いまさら聞けない 製品設計と設備設計の違い【前編】
社会や現場課題を解決するためのアイデアを考え、それを具現化する「機械設計」の仕事ですが、実は「製品設計」と「設備設計」で文化や仕事の進め方が大きく異なります。今回は【前編】として、「設計対象物」「QCDの優先順位」「新規性の有無」をテーマに“製品設計と設備設計の違い”を分かりやすく解説します。(2024/3/18)

シヤチハタ社長インタビュー:
なぜ、”ハンコ屋”のシヤチハタが「よその会社のDX」を支援するのか? 社長に聞いてみた【後編】
かつてスタンプ型ネーム印「シヤチハタ」でビジネスシーンに大きな変化をもたらしたシヤチハタ。ハンコ文化にイノベーションを起こした同社は現在、中小企業を対象にしたDX支援を展開している。なぜ老舗文具メーカーが「よその会社」のDXを支援するのか。(2024/3/15)

ROIC経営が企業を変える:
古くて新しい「ROIC経営」 再注目の背景に、日本企業への“外圧”
2000年代初期に注目を浴びた、企業の資本効率や事業の収益性を表す「ROIC」が現在、古くて新しい経営管理手法として再び関心を集めている。理由を探ると、時代背景のほか、日本企業特有の経営文化が見えてくる。(2024/4/5)

シヤチハタ社長インタビュー:
なぜ、“ハンコ屋”のシヤチハタが「赤字のIT事業」を続けてきたのか? 社長に聞いてみた【前編】
かつてスタンプ型ネーム印「シヤチハタ」でビジネスシーンに大きな変化をもたらしたシヤチハタ。ハンコ文化にイノベーションを起こした同社は、デジタルの時代にどうビジネスを進めているのだろうか。(2024/3/14)

デジタル広告業界における女性活躍を語る【後編】:
「データドリブン」の文化が根付く企業ではなぜ女性の活躍が進むのか 香川晴代×松下恭子対談
プログラマティック/デジタル広告の領域で女性の活躍が進む理由の一つとして浮かび上がったのが「データ」を軸に意思決定が進む組織の在り方だ。ここには業界を越えて経営層が学ぶべきヒントがある。(2024/3/9)

エンタメ×ビジネスを科学する:
ゲームの海外展開で「文化や思想」どこまで配慮すべき? 法的にOKでも……
時にはファンから「余計なお世話」と迷惑がられてしまう、ゲームにおけるローカライズ。ゲーム開発会社はどう向き合うべきか。後編。(2024/3/6)

Go AbekawaのGo Global!〜テッテさんFromミャンマー(後):
私には「日本の文化」がインストールされている
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もMicoworksでマネジメントをしながらブリッジエンジニアとしても活躍するHtet Htet Lwin Thein(テッテ・ルウィン・ティン)さんにお話を伺う。「私がなりたいものは、私が選ぶ」。大学時代に身に付けたマインドセットの下、今日も彼女はチャレンジを続ける。(2024/3/12)

平祐奈、友人タレント一家の安産祈願で神々しい“神職姿” 「さすが」「コスプレ感が無い」 超達筆な“初写経”も話題に
平さんは國學院大學神道文化学部卒。(2024/2/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーこそDX人材になれ! 常識を壊す旭鉄工の経営
旭鉄工のDXは、製品やサービス、ビジネスモデルの変革、業務、組織、プロセス、企業文化・風土の変革を実現し、競争上の優位性を確立した。どのように進めたのだろうか。(2024/2/15)

仏人義母に初めて“酢豚”を作ったら…… 予想外のひと言と反応に妻びっくり「幸せな食卓ですね」「異文化コミュニケーションが最高」
今日のごはんは酢豚で決まり!(2024/2/11)

PR:温泉、うなぎ、文化財! 熊本県は冬でもアツアツ→手作りの「KUMA-ATSU METER」で温度を測ってきた
第2弾は「人吉球磨」を旅します!(2024/2/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「真冬の5合目に電車で行ける」 富士登山鉄道に賛否両論
2013年に世界文化遺産に登録された富士山。登録時に指摘された課題の解決策のひとつとして、山梨県はLRT方式による「富士登山鉄道構想」を推進している。対して富士吉田市は電気バスを推している。それぞれのメリット・デメリット、そして観光地として、世界遺産としての富士山について考えてみたい。(2024/1/27)

“知らない人”に声をかけるイケイケ外国人→日本1年目と3年目の“変わりよう”に「日本人より日本人」の声
日本文化への順応ぶりがすごい。(2024/1/26)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
IT業界とモノづくり業界が「せめぎ合い」 自動車業界の“裏側”に迫る【前編】
自動車業界への“ITの進出”のスピードは加速する一方だ。「自動車の性能をソフトウェアが規定する」SDV時代の到来を前に、自動車業界の「安全を至上とするものづくり文化」とIT業界の「アジャイルを是とする文化」の落としどころは見つかるか?(2024/1/26)

Gartner Insights Pickup(335):
AIが組織文化とオペレーションに及ぼす影響を管理する方法
組織がAI導入を成功させるには「AIに仕事を奪われるのではないか」という従業員の不安に対処し、チェンジマネジメントをし、人材構成を改善する必要がある。(2024/1/26)

ダイハツ不正 トヨタ流が“上滑り”した理由 露呈したガバナンス不全
トヨタ自動車がグループガバナンスの危機に直面している。ダイハツ工業が車両安全の認証不正で国土交通省から是正命令を受け、日野自動車によるエンジン性能試験の不正に続き、子会社で、トヨタが最も重視する現場に根ざした改善の文化の欠如が露呈した。(2024/1/24)

「裸の王様だった」 サイバーエージェント新卒社長は挫折から何を学んだのか
新卒1年目に「社長」の役割を任せる企業がある。サイバーエージェントだ。新卒で子会社の社長となった若手は、当時を「裸の王様だった」と振り返ったが、何を学んだのか。同社の「任せる文化」に迫る。(2024/1/19)

文化遺産の屋外プール、完全に干上がる──能登半島地震の“海岸隆起”で 東大地震研が現地写真を公開
東京大学地震研究所は、令和6年能登半島地震で生じた海岸の地殻変動の調査結果を公開した。岩礁を切り下げて作った屋外プール「鴨ヶ浦塩水プール」が存在したが、地面が隆起し、完全に干上がった様子を確認したという。(2024/1/17)

タイムアウト東京のオススメ:
一般は非公開の文化財「九段ハウス」で観て買えるアートイベントが初開催
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/1/16)

「変化を捉えて未来を見通す分析を活用することが重要」:
政府、研究機関などのインテリジェンスを集約 NRIセキュアがインテリジェンスセンターを設立
NRIセキュアテクノロジーズは「NRIセキュアインテリジェンスセンター」を設立すると発表した。「経営、事業課題の意思決定」「インテリジェンス活用文化の構築」「セキュリティ対応力強化」などを支援する。(2024/1/11)

アバターで通える通信制高校が登場 文化祭もスポーツ大会もVRで
アオミネクストは9日、学校法人青叡舎学院の勇志国際高等学校に向け、アバターで通える通信制高校のシステムを構築したと発表した。勇志国際高等学校は「メタバース生」の募集を始めている。(2024/1/9)

Cybersecurity Dive:
Oktaが一連のサイバー攻撃について“猛省” セキュリティ文化の変革を宣言
Oktaは一連のサイバー攻撃への対処について、同社の決算報告会で改善することを誓い、セキュリティの甘さにつながる文化の変革に乗り出すとした。その具体的な取り組みとは。(2024/1/7)

1000人に聞いた:
「お年玉」もキャッシュレス時代? 賛否それぞれの見解は
家族の絆を深めたり、新年の幸運を願う文化として広く日本に根付いている「お年玉」。では、お年玉の相場はいくらなのか。ナビットが調査を実施した。(2023/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。