• 関連の記事

「文化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文化」に関する情報が集まったページです。

絶滅危機:
熱海温泉の新たな名物になるか 「熱海ラムネ」販売開始
伊豆半島の伝統文化や希少な食材を再発掘する「伊豆半島」はこのほど、熱海温泉の新たな魅力を発信するため「熱海ラムネ」の販売を開始した。(2022/5/21)

金沢「百万石弁当」(1350円):
駅弁、そして郷土の食文化を次の世代へつなぐために今すべきこと 金沢駅弁・大友楼に聞く
子どもたちへ「駅弁文化」「加賀料理の伝統」を伝えていくために、江戸時代創業の老舗駅弁店が考えている「駅弁の未来予想図」とは……。(2022/5/15)

エンジニアにとって「理想の環境」を与えてくれそうな企業ランキング 2位はGoogle 1位は?
エンジニアたちにとって、理想的な環境を提供しているイメージがある企業はどこか。日本CTO協会は633人の技術者にアンケートを実施し、エンジニアとしての生産性を高めるための技術やチーム、企業文化などの「開発者体験」が良いと思う企業ランキングベスト30を発表した。(2022/5/11)

ドイツのビール文化と日本のコスプレ文化が融合!? ドイツのアニメファンイベント「aniMUC」に行ってきた
オクトーバーフェストですか? いいえ、アニメのイベントです!(2022/5/8)

駅食文化を牽引:
駅弁の「発祥の地」は? JR姫路駅の歴史を振り返る
かつては鉄道の長旅に欠かせなかった「駅弁」。そんな駅弁の「発祥の地」は、今のJR姫路駅なのだという。姫路駅に育まれた姫路発の駅弁文化は今も進化を続けている。(2022/5/2)

庵野秀明さんが紫綬褒章を受章 コメント全文
カラー代表で映画監督の庵野秀明さんが紫綬褒章を受章した。芸術文化に関わる功績での受章という。(2022/4/28)

「書店の文化を残すため」三省堂書店本店が一時閉店 “第二章”に向けた「巨大しおり」が話題
ネットで買うのもいいけど書店で買うのもいいですよね。(2022/4/26)

福岡「焼き鳥弁当」(900円):
老舗駅弁屋さんの系譜を受け継ぐ博多の新しい焼き鳥駅弁、そのこだわりは?
福岡には水炊き、かしわめし、筑前煮、全国的な知名度がある鶏肉料理がいっぱい。そんな食文化に寄り添った博多の新しい焼き鳥駅弁をいただきました。(2022/4/23)

2025年3月開業予定:
JR東日本、高輪ゲートウェイシティの概要を発表 隈研吾氏がデザインを手掛けた外観イメージも
JR東日本高が輪ゲートウェイシティの概要を発表した。文化創造棟のデザインには建築家の隈研吾氏を迎え、街のシンボル化を目指す。オフィス、住宅では外国人ビジネスワーカーの誘致を強化。(2022/4/21)

「メタバース推進協議会」発足 文化形成とルール作り目指す 業界団体は乱立状態
任意団体として活動していた「メタバース推進協議会」一般社団法人として正式に発足した。メタバースを巡る文化やコミュニティーの形成とビジネス促進に向けた業界ルール作りを目指す。(2022/4/19)

メタバース普及へルールづくり検討 推進協会見
3次元の仮想空間「メタバース」の国内普及を目指し、22の企業・団体の参加で3月末に発足した一般社団法人「メタバース推進協議会」が18日、東京都内のホテルで記者会見を開いた。代表理事に就任した医学者、解剖学者の養老孟司氏をはじめ、建築家の隈研吾氏、元観光庁長官の溝畑宏氏らが役員として参画。メタバースによる新たな文化圏、経済圏のあり方、ルールづくりを検討していくことを強調した。(2022/4/19)

コンテナ基盤のハードルを下げる:
レッドハットの2022年度、DXコンサルティングの強化と値下げで垂直、水平の市場拡大狙う
レッドハットが2022年度の事業戦略を発表した。組織文化の変革やアジャイル人材の育成で、顧客企業との関わりを深める一方、通信基盤やエッジの市場開拓に注力する。また同社は、興味深い値下げをしたことを明らかにしている。(2022/4/15)

5月20日に開業:
星野リゾート「OMO5金沢片町」を開業 地域と連携し、街を楽しむ旅を訴求
星野リゾートは「OMO5金沢片町 by 星野リゾート」を5月20日に開業する。コンセプトは「あっぱれ!味のかたまち」。金沢の豊富な食材・食文化を体験できる滞在を提案していく。(2022/4/14)

コロナ禍で閉店:
浅草で142年続く「すき焼き店」を事業承継 老舗が決断に至った背景とは?
外食事業会社WDI GROUPは、創業142年を誇る浅草のすき焼き店「ちんや」の暖簾(のれん)を承継した。新型コロナウイルスの余波が経営を直撃し、21年8月に閉店を余儀なくされた。しかし、伝統あるすき焼き文化を絶やしてはいけないとWDIが事業を受け継ぎ、場所を移転して再オープンすることとなったのだ。(2022/4/22)

製造マネジメントニュース:
三菱電機が品質不正の再発防止に向け「骨太の方針」を策定、組織風土改革へ
三菱電機が品質不正の再発防止策として取り組みを進めてきた3つの改革のうち「組織風土改革」の指針となる「骨太の方針」を策定した。2022〜2025年度にかけて具体的な施策を計画的に実行しながら、「骨太の方針」に基づく組織風土が新しい企業文化として定着するまで継続していくという。(2022/4/11)

Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第5回】
アクセンチュアやガートナーが伝授 ハイブリッドワークに合った企業文化の変え方
オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を成功に導く鍵は「企業文化」だと専門家は話す。米国企業がテレワーカーとオフィスワーカーの結束を高めるために取った方策を紹介する。(2022/4/7)

看板や音も再現した「バーチャル秋葉原」公開、アキバ文化を世界に発信 「オンラインメイド喫茶」も
AKIBA観光協議会と大日本印刷は4日、秋葉原の街を再現したメタバース「バーチャル秋葉原」を公開した。アニメやゲームの情報発信やグッズ販売の場として活用する。(2022/4/4)

みずほ・Googleが戦略的提携 「人材交流でどこまで文化を吸収できるかが分水嶺」
グーグルとDX分野での戦略的提携を発表したみずほフィナンシャルグループ。グーグルの技術を生かした商品提案のほか、人材レベルの交流も行う。同社で相次いだシステム障害の問題とは無関係だというが、提携で何が生まれるのか。(2022/3/25)

フェアフィールド・バイ・マリオット・奈良天理山の辺の道:
マリオットと積水ハウス、奈良・天理に“旅の拠点となるホテル” 道の駅に隣接で「文化を発信」
積水ハウスとマリオット・インターナショナルは3月21日、奈良県天理市に「フェアフィールド・バイ・マリオット・奈良天理山の辺の道」を開業した。(2022/3/24)

「地球の歩き方」から『世界のカレー図鑑』登場 世界各地のカレーを食材から文化に至るまで徹底解説
読むだけでおなか減っちゃう。(2022/3/20)

ウクライナ影響:
大阪名物「粉もん」はどうなる? 値上げピンチ
ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、お好み焼きやたこ焼きといった関西の食文化「粉もん(粉もの)」への影響が懸念されている。(2022/3/14)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
井の中の蛙「コロナ感染、菓子折りで謝罪せよ」――日本のおかしな組織文化
新型コロナウイルスによる隔離後、職場で菓子折りを配らなかったら上司や同僚から指摘を受けた――そんな内容のニュースがネット上で話題となった。なぜ、こうしたウェットな組織文化が生まれてしまうのか。350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織や業務の改革支援を行ってきた沢渡あまね氏が、解説する。(2022/3/10)

Z世代がターゲット:
くら寿司、"映え"スイーツのテークアウトを開始 食べ歩き需要に応える
くら寿司 原宿店は、人気スイーツのテークアウト販売を開始する。原宿という土地の食べ歩き文化やお客からの要望を受けての対応。スイーツテークアウトレジを導入し、スムーズな店舗運営を目指す。(2022/3/7)

やはり社内文化に問題
「仕事は快適&興味深い」のに退職者が多いIT業界の闇
IT企業は社内文化に致命的な欠点を抱えているようだ。IT業界での仕事を快適、興味深いと感じているにもかかわらず、多くの若者がIT業界を去ろうとしている。(2022/3/4)

SNSで話題:
新潟県、遅刻する"おむすび"少女の動画を公開 低迷するコメ需要の拡大を狙う
新潟県が「遅刻するおむすび少女」の動画を公開した。「遅刻する食パン少女」ではなく、「遅刻するおむすび少女」という新しい文化をつくることを目指す。減少を続けるコメの消費を向上できるか。(2022/3/1)

押印のためだけに印刷…… 企業の“ハンコ文化”描いた創作漫画の「河野太郎さんに来てほしい」に河野さん「行こうか」 まさかの本人反応に作者「驚きしかありません」
「わざわざ紙にする必要あります?」(2022/2/25)

転勤の引越件数も戻りつつある:
3〜4月に引越予定の400人に聞いた 2022年春の引越トップシーズンは?
アート引越センターのシンクタンクである「0123引越文化研究所」が、春の引越大予測調査を行った結果、今年の引越トップシーズンは、3月26日〜4月3日と予測されることが分かった。(2022/2/25)

市場の拡大を受けて:
サントリー、ノンアルワインを発売 「0.00%のお酒」という新たな文化を創る
サントリーはノンアルコールワインを発売する。国内ノンアル市場の拡大を受けて、さらなるユーザー獲得を狙う。同社は「アルコール0.00%のお酒」という新しい文化の創造を目指すとする。(2022/2/21)

今年こそ、旅するように働きたい!:
PR:サイバーエージェントのとあるワーケーション風景 群馬県の湯治文化が仕事にもたらす“効能”とは?
「観光地でテレワークをしながら休暇をとる」という、ワークとバケーションを組み合わせた造語「ワーケーション」。夢のような取り組みであるにもかかわらず、「本当に効果があるのか」「逆に生産性が落ちるのでは」という声が根強く、なかなか浸透するに至っていない。しかし、本当にそうなのだろうか。サイバーエージェントのワーケーションに密着し、その答えを探った。(2022/2/15)

営業視点のカスタマーサクセス【第2回】:
日本のカスタマーサクセスが世界に後れを取る2つの理由
日本のカスタマーサクセスは米国と比べて3〜5年の後れを取っているとされる。「おもてなし」の文化を持つ日本人はカスタマーサクセスの重要性を肌で理解しているはずだ。それなのに具体的な取り組みが進まないのはなぜか。(2022/2/14)

神戸の名物駅弁「肉めし」のネーミングに隠された食文化とは?
神戸と言えば、神戸牛っ先に思い出す食べ物は「牛肉」。そんな神戸名物の牛肉をいち早く駅弁化したのが淡路屋さんです。牛めしではなく「肉めし」、その理由は……?(2022/2/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
「飲みニケーション」は日本の“文化”なのか 海外の事情
海外では日本人のような「飲みニケーション」は本当にないのだろうか。書籍『超入門 データセキュリティ』の内容から、国際的に活躍できるビジネスパーソンについて考察していく。(2022/2/10)

「仕事から離れる権利」を尊重するには【中編】
“働き過ぎる文化”にメスを ZoomやTeamsが「仕事から離れる」機能を加えた訳
ITベンダーは「従業員の燃え尽き症候群」の解決に向けた機能拡充に取り組んでいる。一方で専門家は「過重労働を是とする企業文化やマインドセットの問題は、ITツールだけでは解決できない」と警鐘を鳴らす。(2022/2/8)

IT業界は手が届かない!?
多様性欠如、社内文化への嫌悪感――若年層に嫌われるIT業界
多くの若者が、IT業界を目指すのは手遅れだと感じているという。さまざまなネガティブなイメージも持っている。若者に機会を提供する取り組みもあるが、それも別の問題を発生させている。(2022/2/7)

モデルナは救世主となるか【後編】:
コロナワクチンのモデルナ、日本法人の女性トップ「日本でメッセンジャーRNAワクチンを作れるようにしたい」
2010年に米国で創業したモデルナは、コロナワクチンの普及によって一躍有名になった。21年11月に日本法人モデルナ・ジャパンのトップに着任した鈴木蘭美社長(医学博士)にインタビュー。後編では鈴木社長のキャリアやモデルナの文化などを聞く。(2022/2/4)

Gartner Insights Pickup(243):
サイバーセキュリティ攻撃を招く可能性のある8つの原因
文化やシステムの問題が、組織を脆弱(ぜいじゃく)にしている可能性がある。(2022/2/4)

日本文化に特化したNFTマーケットプレイス「ORADA」、グローバルサービス開始
 NFTマーケットプレイスの開発や運営などを行うORADA(東京都渋谷区)は1月25日、日本文化に特化したNFTマーケットプレイス「ORADA」のグローバルサービスを開始した。(2022/1/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「東急ハンズ」はなぜ追い詰められたのか コロナ前からの“伏線”と、渋谷文化の衰退
東急ハンズ売却のニュースは大いに話題になった。追い詰められた背景には何があるのか。コロナ前からの“伏線”に迫る。(2022/1/27)

組織文化を壊すリスクも?:
日本企業に使いこなせるのか 過度な「優秀な人材」獲得競争に覚える違和感の正体
昨今、ビジネス環境の変化に伴い、「優秀な人材」の獲得競争が激化している。一方で、いわゆる優秀な人材を獲得するのがゴールではない点に留意が必要だ。ケースによっては組織文化を壊してしまうリスクもある。(2022/1/26)

「UC」は企業文化維持の救世主になるか
部下との“サシWeb会議”も有効 テレワークでも「社風」を維持するUC活用術4選
テレワークを導入すればおのずと、従業員同士が対面して協働する機会が減ることになる。組織の文化や交流を維持するために、ユニファイドコミュニケーションツールはどう役立つだろうか。(2022/1/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
両利きの経営でDXの推進を――早稲田大学 ビジネススクール 根来龍之教授
デジタル化により、既存企業はビジネスモデルの変化を必要としている。この変化を成功させるためには、組織文化や意思決定スピードなどを変える必要がある。しかし、多くの既存企業は、過去に縛られ、そう簡単に変革できない。どうすればいいのか。(2022/1/25)

松江「島根牛すき焼き煮切り丼」(1230円):
木次線「奥出雲おろち号」の旅! お供にしたい駅弁は? 松江駅弁・一文字家
木次線が走る奥出雲は「たたら製鉄」の繁栄とともに出雲の食文化を支えてきた地域。名物列車・奥出雲おろち号でいただきたい駅弁とは……?(2022/1/22)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマが文化としていつまでも豊かなものでありますように
これを書いている金曜日は、千葉の海風に吹かれて凍える思いをしていました。海風に吹かれながらどこに行ってきたかというと、この週末に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれる「東京オートサロン2022」です。(2022/1/15)

Social Media Today:
若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへの移行に備えつつ、来たるべきときまで若者をつなぎとめることも考えなくてはならないからだ。(2022/1/14)

スピン経済の歩き方:
会社のトップが大好きな「戦国武将に学べ」が、パワハラ文化をつくったと感じるワケ
NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がスタートした。SNS上で「おもしろい」と話題になっているが、時代劇の中でも「戦国武将」に目がない人たちがいる。経営者だ。筆者の窪田氏は「武将に学べ系コンテンツ」と「パワハラ」に微妙な関係があると見ていて……。(2022/1/11)

全く違う、ワークライフバランス:
「企業文化」になじめるか、TSMCアリゾナ工場の課題
TSMCのアリゾナ新工場が、従業員管理をめぐる問題に直面している。同社は台湾において、長時間労働やその経営文化のおかげで世界最大の半導体専業ファウンドリーへと成長したが、アリゾナ工場の従業員たちにとってはそれが不慣れなものであるためだ。(2022/1/11)

「スタートアップと同じやり方では勝てない」:
PR:既存資産を否定するから「強み」を見失う クレディセゾンに学ぶDXのヒント
DXの取り組みを進めている企業は増えているが「新たな価値を生み出す」ことに目を奪われてしまい、成果を挙げている企業は限定的だ。既存資産を生かしてDXに取り組んでいるクレディセゾンの小野氏に、企業におけるDXの進め方や組織文化を変えるヒントを聞いた。(2022/1/5)

2021年JC・JK流行語大賞を総括する 「第4次韓流ブーム」と「推し活」という2つのキーワード
2021年下半期、全国の女子中高生内で流行したトレンドを押さえた「2021年の流行語大賞」が発表された。消費文化論の視点から、ランキングから見えてきた2つのキーワードについて考察する。(2021/12/26)

ゼロから作るデータドリブン組織への道(3):
1人で始めた「脱Excel」が部門を越えたデータ活用に SUBARU 航空宇宙カンパニーを動かした熱い思い
現場から経営陣まで、ごく自然にデータを活用し、判断に生かせる文化を作りたい――。多くの企業が悩むデータドリブンな組織作りに自然な形で挑んでいたというのがSUBARU 航空宇宙カンパニーだ。1人の“熱い思い”に自然と周囲が共鳴したというが、それは一体何だったのか。(2021/12/23)

北米・英国の子どもの誕生日パーティー事情:
お子さんの誕生日会はいくらかかりましたか?
米国と英国で実際にかかっている子どもの誕生日会の費用を検証。なぜ、豪華な誕生日会が開かれているのか? 今後も「誕生日パーティー文化」は拡大していくのか? ニッセイ基礎研究所の研究員が解説する。(2021/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。