• 関連の記事

「危機管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「危機管理」に関する情報が集まったページです。

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
「土下座で済むならいいじゃないか」 迷惑客への土下座を促した店長はパワハラ?
顧客がトラブルの末、従業員に土下座を要求。従業員の報告に店長は「土下座で済むならいいじゃないか」と取り合いませんでした。カスタマーハラスメントをする顧客から従業員を守らず、部下に対して土下座を促す行為は、パワハラでしょうか。(2022/7/26)

オリックス サテライトオフィスやフリーアドレス化で環境整備 オンラインで海外子会社と強固な一体感
職場のIT化や新型コロナウイルスの流行でテレワークが進み、海外拠点や取引先とのオンラインミーティングを推進する企業が増えている。電話やメールだけでは得られない一体感がスムーズなビジネス展開に結び付くケースは多い。(2022/7/25)

湯之上隆のナノフォーカス(52):
実はシェアが急低下、危機の入り口に立つ日本の前工程装置産業
高い成長予測が続く半導体市場。半導体製造装置で高いシェアを占める日本メーカーだが、詳しく分析してみると、そのシェアは急速に低下しつつあることが判明した。これはどういうことなのだろうか?(2022/7/11)

【全文書き起こし】安倍元首相への銃撃受け、官房長官が会見 「今回のような蛮行は許されるものではない」と非難
官邸対策室を設置し、対応に当たるとのこと。(2022/7/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
KDDIの通信障害、政府は「叱る」前に何をすべきか
最大3915万回線に影響を及ぼしたKDDIの大規模通信障害。KDDIの高橋誠社長が行った会見など対応が話題となったが、筆者は「少しやり過ぎではないか」と感じた。その理由は――。(2022/7/7)

危機管理広報のプロに聞く:
KDDI高橋社長の緊急会見 「賞賛」と「炎上」の分かれ道はどこにあったのか
大規模な通信障害を起こした通信大手のKDDI。総務省に早期の情報公開を促されて記者会見を開くなど、初動の遅れに批判が集まった一方で、会見で見せた高橋誠社長の説明にはネットユーザーを中心に評価の声が上がる。KDDIの緊急会見から、企業が教訓として学べることは何なのか。(2022/7/7)

スピン経済の歩き方:
「KDDIの会見、やらなくてよかったんじゃね」問題 どう考えるべきか
KDDIの大規模な通信障害を受けて、興味深い問題が持ち上がっている。原因がよく分かっていない状況の中で、「会見を開く必要はあったのか」という指摘がある一方で、「早ければ早いに越したことはない」という意見もある。果たして、どちらが“正しい”対応なのだろうか。(2022/7/5)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
「社員旅行の余興で踊らされた」パワハラと新入社員が主張 人事はどう対応すべき?
新入社員に「社員旅行の宴会での余興としてダンスを披露してほしい」と依頼し、実際に披露してもらいましたが、後日、新入社員から「あれ以来職場に来るのが辛い。パワハラでは」と相談されました。余興をさせるのは、ハラスメントにあたるのでしょうか?(2022/6/24)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
富士山が噴火!? その時、日本は――“災害DXベンチャー”がSFで描く未来 無人航空機が果たす役割とは
もし富士山が噴火したら――こんな想定のSF小説があります。これはSFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」の実践例です。自治体の災害対策をテクノロジーで支援するテラ・ラボの事例を紹介します。(2022/6/24)

湯之上隆のナノフォーカス(51):
「IMW2022」3D NANDの最前線 〜EUV適用から、液体窒素冷却の7ビット/セルまで
半導体メモリの国際学会「International Memory Workshop2022(以下IMW2022)」から、筆者が注目した2つの論文を紹介する。Micron Technologyとキオクシアの論文で、いずれも3D NAND型フラッシュメモリに関する発表である。(2022/6/15)

サイバーセキュリティのプロに聞く:
情報漏洩を半年後に公表 「スイパラ」に批判の声 どこで対応を誤ったのか
飲食店「スイーツパラダイス」を運営する井上商事(大阪市北区)は6月7日、同社通販サイトが第三者から不正アクセスを受け、顧客7409人分のクレジットカード情報が流出した可能性があると発表した。自体の把握から約半年後の公表となったことに、利用客からは批判の声があがる。(2022/6/9)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
元社員が"退職エントリ"でパワハラを暴露 会社はどう対応すべき?
当社を退職した元社員が、「退職エントリ」と称した個人的なブログを公開しました。その中に数年前の話として「当時の上司は、企画書が出来上がらないと終電の時間になっても帰してくれなかった」「できないと、何時間でも怒鳴られ続けるハードな環境だった」との記述がありました。(2022/5/25)

洗脳手法:
鬼マナー研修や地獄の特訓に参加させる企業が、経営的無能な理由
激しい言葉でスタッフを叱責したり、泣かせる「指導」がテレビでも放映されます。昔からある地獄の特訓的スパルタ社員教育はなぜ存在するのか。そもそもそうした指導は意味があるのか、人事と経営視点で考えます。(2022/5/23)

行けば何かある:
ローソンの「売り場」「冷凍食品」改革が奏功 どのように?
コンビニ大手のローソンは2020年、竹増貞信社長を委員長とする「ローソングループ大改革実行委員会」を立ち上げた。「ローソンに行けば何かある」と推薦される「レコメンドNo・1」企業を目指す。(2022/4/28)

コロナ禍で大量離職:
背景にあるブラック企業の実態 知床観光船事故の背景に何が
北海道・知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU I」が浸水した事故。重大事故の背景には、運航会社が強引な出港をしていた可能性が指摘される。船長はSNSで「ブラック企業で右往左往」ともらしていた。(2022/4/25)

スピン経済の歩き方:
「生娘をシャブ漬け戦略」で大炎上! なぜ吉野家の役員は“暴言”を吐いたのか
吉野家の常務取締役企画本部長が、女性向けマーケティング施策を「生娘をシャブ漬け戦略」などと表現して、大炎上している。それにしても、なぜ大手企業の役員がこのような“暴言”を吐いたのだろうか。筆者の窪田氏は……。(2022/4/19)

地政学リスクも顕在化:
人材不足よりサイバー攻撃より「自然」が怖い? デロイト トーマツが企業のリスク管理に関する調査結果を発表
デロイト トーマツは、2021年版の「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」の結果を発表した。国内企業が優先的に対処すべきと考えているリスクの第1位は「異常気象、大規模な自然災害」だった。(2022/4/14)

責任は経営者にあり:
なぜ吉野家とスイス時計は“大混乱”に陥ったのか いまだにこんなことが起きる背景
吉野家のヘビーユーザー向けに、オリジナル名入り丼がもらえるキャンペーンが炎上。スウォッチがオメガとコラボした特製モデルを発売したところ、大混乱に。なぜこんなことがいまだに起こるのだろうか。(2022/4/6)

初めて地震を経験した子猫、先輩ワンコの上から離れなくなり…… 優しい犬たちと子猫のやりとりにほっこり
怖かったんだねぇ。(2022/4/2)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
「テレワークなんだから、土日にもメールを返せ」 部長の要求はパワハラ?
当社の部長が、部下に対して「テレワークなんだから、定時後や土日もメールを返せ」と要求したことが問題になっています。部下が休日に受け取ったメールに返信しなかったところ、部長が叱責しました。これはパワハラにあたりますか?(2022/3/31)

社内会議に「もぐる」サイバー犯罪者集団Lapsus$ Microsoftが被害を告白
Microsoftはサイバー犯罪者集団「Lapsus$」によるサイバー攻撃を受けて、ソースコードが窃取された事実を認めた。流出したデータには顧客情報は含まれておらず、ソースコードを閲覧されたとしてもリスクはないと説明する。(2022/3/25)

多くの学生が苦戦:
高偏差値大学は有利なのか エントリーシート通過率を考える
かつて経団連ルールと言われた「就活広報解禁」は、今、文科省ルールと名を変えましたが、就活学生にとっての最も大切な日であることに変わりありません。一方、すべての応募が上手く行く学生などほとんどいるわけではなく、誰もが苦戦するのが就活です。今、何をもって自身の進め方を顧みるべきか考えます。(2022/3/21)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
深まる災害対策とITの関係 スマホとモビリティは強い味方 いざという時のためのデータ保管術
3月16日に発生した宮城県で震度6強の地震。関東でも大きな揺れが伝わり、改めて防災意識が高まるきっかけとなった。2人の編集者が切っても来れない縁になった防災とITを振り返る。(2022/3/18)

ウクライナ侵攻、SNSが情報戦の最前線
ロシアによるウクライナ侵攻のニュースが、TwitterやFacebookといったSNSで大きな関心を集めている。過去の多くの戦争・紛争と異なり、日本をはじめ世界が「生の情報」を共有する状況を作っている。(2022/3/14)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
継続的な情報収集により脆弱性を正しく理解し、適時判断するのが危機対応のポイント――Armoris 取締役専務 CTO 鎌田敬介氏
危機対応にはベストプラクティスは存在しない。国内外の企業で実際に起きたサイバー危機対応事例をベースに、組織的な対応としてどのようなポイントが課題となりやすいのか、平常時にはどのような備えが必要なのだろうか。(2022/3/14)

国際的に対露批判:
日本企業「ロシア離れ」加速 操業・輸出停止など
ウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアでの事業について、現地工場の操業や同国への製品輸出を止める日本企業が相次いでいる。(2022/3/12)

凸版印刷 部活動からeスポーツ参入 社会人対象のeスポーツリーグを2020年に開始
長引くコロナ禍で「eスポーツ」が注目されている。遠隔で対戦もでき、社内外のコミュニケーション強化の一環として導入する企業が急増。凸版印刷でも2020年に社会人のeスポーツプレイヤーを対象としたeスポーツリーグが立ち上がった。(2022/3/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
1000人のハイパフォーマが育った G-POPマネジメント
変化が大きな現代に最も必要な「自律自転する」ハイパフォーマや組織を作るには(2022/3/3)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第3回】
リスクが測れない事業継続管理者はいらない スキルをどのように生かすか
リスクを測るスキルや危機管理スキルは、事業継続管理者に必要不可欠だ。これらの能力を生かすと、災害が起こる前にどのような準備ができるのか。準備の際にどのような要素を重視するといいのか。(2022/3/3)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
「バレンタインのチョコ、くれるよね?」 メッセージだけの“触らないセクハラ”、法的には?
50代の男性社員が勤務中、他部署の20代女性社員に「バレンタインのチョコレート、くれるよね?」「どんな男性がタイプなの?」などとメッセージしていました。身体的接触がなくても、セクハラとして認められるのでしょうか?(2022/2/28)

講談社「紛争でしたら八田まで」のウクライナ編を無料公開 リスク管理の専門家が監修する地政学まんが
講談社は「Dモーニング」で連載している「紛争でしたら八田まで」のウクライナ編全6話を無料公開した。(2022/2/24)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第2回】
BIA、プロジェクト管理、そしてIT知識が事業継続管理者を助ける理由
次世代の事業継続管理者は、変化に適応しつつ的確にリスクに対処する力を求められる。ビジネスインパクト分析(BIA)、プロジェクト管理、ITに関する知識や経験は大きな力になる。その理由は何か。(2022/2/24)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第1回】
次世代の事業継続管理者に必須な“あのスキル”とは
パンデミックや未曽有の自然災害など、事業継続、災害復旧対策の策定時に想定すべき事態が多様化している。変化に対処できる事業継続管理者になるにはどのようなスキルを身に付けることが望ましいのか。(2022/2/17)

コロナが変えた会社のカタチ:
小田急電鉄、徒歩圏内の暮らし充実目指した「下北線路街」計画 コンセプトは?
新型コロナウイルスの感染拡大で、生活の中心が自宅周辺となり、最寄りの商業施設などの関心が高まっている。(2022/2/13)

断る勇気:
患者は“神様”なのか カスハラから医療を守るために
埼玉県で発生した訪問診療医師射殺事件。コロナ禍でも在宅医療に取り組む貴重な医療人を、一方的で独善的なクレームを寄せるカスハラ(カスタマーハラスメント)が、殺人にまで至るという究極の終末を迎えてしまいました。(2022/2/6)

製造マネジメントニュース:
半導体不足の影響は2022年末まで、「夏から秋にかけて“援軍”が来る」
デンソーは2022年2月2日、2021年度第3四半期(2021年4月1日〜12月31日)の決算を発表した。売上収益は前年同期比14.3%増の4兆90億円で過去最高を達成、営業利益は同284.6%増の2563億円、当期利益は同348.9%増の1934億円で増収増益を確保した。(2022/2/3)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
「弱い酒でいいから飲め」 お酒に強いが「飲まない主義」の部下に言うのはアルハラか?
アルコールには強いが、匂いや味が苦手で飲酒しないという社員A。飲み会の席で「飲めるんだから飲め」と社員Aに対して言い、飲酒を強要したB課長の言動は、ハラスメントにあたるのでしょうか。(2022/1/28)

10の予測:
デジタルマーケターの求人ニーズはなお高い ヘイズが2022年の転職市場におけるトレンドを発表
外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが2022年の転職市場における10の求人トレンドを発表。(2021/12/23)

履歴書指導の意味:
美大はどんな「人材」を送り出しているのか 「普通の会社」で働くために
文系とも理系とも違うナゾの暗黒大陸、美大とそこで学ぶ学生の人材バリュー。決して美術やデザインだけに限らないことを知っていただきたいと前稿を書いたところ、予想外にアクセスをいただきました。調子に乗って第2弾、美大はどんな人材を送り出しているかを書きたいと思います。(2021/12/23)

海外医療技術トレンド(78):
「欧州NIS指令2」で注目される医療機器メーカーのCSIRT/PSIRTの役割
本連載第33回で取り上げた「欧州NIS指令」だが、現在、改訂版の施行に向けた作業が急ピッチで進んでいる。(2021/12/17)

この頃、セキュリティ界隈で:
ランサムウェア身代金、“どうしても”のときの値切り方 13億円超の要求額を1.7億円に減額させた交渉術
データを人質に取って身代金を要求するランサムウェアの被害では、やむを得ず要求に応じる企業も少なくない。その際、交渉次第では犯行グループが身代金の減額に応じることもあるという。(2021/12/14)

企業の「オペレーショナルレジリエンス」を高める方法【後編】
「オペレーショナルレジリエンス」を向上させる24個の“やることリスト”
ビジネス活動の回復力「オペレーショナルレジリエンス」を高める取り組みを実施する企業がある。これから始める企業が参考にすべきトレーニングプログラムの施策リストを紹介する。(2021/12/13)

人材バリュー:
美大生の進路はどうなっている? キャリアの実態
世間の人は美大生にどんなイメージを持っているでしょうか? 芸術に何の素養も持たない私ですが、秋田県にある秋田公立美術大学において、美大生のキャリア教育を担当してきました。 結論から言えば……。(2021/12/12)

【まとめ】もしものための災害対策Webサイト、Twitterまとめ 家庭での備えや災害情報発信SNS、ハザードマップ検索など
情報は随時追記していく予定です。【12月10日13時00分更新】(2021/12/10)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
2021年の忘年会、どこからアウト? 「幹事をやって」はハラスメントか
2021年末に全社的な忘年会を開催する予定です。社長が社員Aに「忘年会の幹事をやってくれ」と言ったところ、ハラスメントにあたるのではないかと社員Aが反発し、騒動になりました。(2021/12/10)

研修とは“真逆”のアプローチ:
研修で不正は防げない!──「コンプラなんて他人事」の社員を変えるものとは
研修を実施し、社員のコンプラ意識を向上させる──多くの企業が実施しているコンプラ施策だが、これだけでは、不正を必ずしも防ぎきることはできない。社員を変える、研修とは“真逆のアプローチ”とは。(2021/12/8)

企業の「オペレーショナルレジリエンス」を高める方法【前編】
「オペレーショナルレジリエンス」向上の肝は “回復力”を高める秘策
ビジネス活動の回復力「オペレーショナルレジリエンス」を高める施策に取り組む企業は、どのような施策を打てばいいだろうか。従来の危機管理対策のみにとどまらない、オペレーショナルレジリエンス向上策を探る。(2021/11/29)

キャリアニュース:
50代の社員本人よりも、20〜40代社員は50代を評価
フォー・ノーツが、「50代社員に関する意識調査」の結果を発表した。20〜40代の社員は、50代社員の会社への貢献度や期待する能力について、50代自身よりも評価していることが分かった。一方で、課題と感じている点には世代間でギャップがあった。(2021/11/25)

100人が退職の意向:
沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ閉館 会長が説明した理由とは?
沖縄県那覇市前島の複合ビル「とまりん」内に入居するホテル「沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ」が10月31日、閉館した。経営する沖縄県内ホテル大手「かりゆし」の平良朝敬会長は……。(2021/11/2)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
「無能ハゲのくせに」 パワハラ被害者が、加害者をネットで中傷 処分はどうなる?
ハラスメント被害者が、上司からのパワハラについてSNSに書き込むほか、加害者を「無能ハゲのくせに」などと中傷していました。これを考慮し、加害者の処分を軽くするなどの対応は必要でしょうか?(2021/10/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。