• 関連の記事

「企業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「企業」に関する情報が集まったページです。

Cybersecurity Dive:
セキュリティ人材にいま“本当に必要なスキル”とは何か?
ITやセキュリティの急速な技術の進展はスキルギャップを招き、結果として人材の慢性的な不足につながっている。企業はスキルギャップを解消するためにどのようなアプローチを取ればいいのか。また、今セキュリティ人材に求められるスキルとは。(2024/7/13)

整備済みノートPCの魅力
新品でも中古でもなく「再生ノートPC」を使う理由とは?
英国のケント州議会は再生品を手掛ける企業と提携し、ノートPCの再生品を調達する取り組みを進めている。新品と比べて性能や外観に見劣りはないのか。どのような利点があるのか。(2024/7/13)

万博にあわせ24時間運行も ライドシェアのnewmo、大阪で出発式
一般ドライバーが有償で乗客を送迎するライドシェアのスタートアップ(新興企業)、newmo(ニューモ、東京)は12日、大阪市などでのサービス開始に合わせ、車両の出発式を万博記念公園(大阪府吹田市)で行った。青柳直樹最高経営責任者(CEO)は、需要増が見込まれる2025年大阪・関西万博の成功に向け「全力で努力する」と述べ、運行時間などをめぐる規制が万博に合わせて緩和されれば、1日24時間体制でサービスを提供する考えを示した。(2024/7/12)

三菱UFJ銀行、万博レガシー創出へスタートアップ支援に30億円寄付 時価総額20兆円に
三菱UFJ銀行の早乙(そうと)女(め)実副頭取が産経新聞のインタビューに応じ、2025年大阪・関西万博のレガシー(遺産)としてのスタートアップ(新興企業)支援に向けて、大阪府に30億円の寄付を行うことを明らかにした。大阪市内に設置している同銀行系のスタートアップ支援拠点の事業を拡大する方針も示した。(2024/7/12)

事業中断の想定リスク、「サイバー攻撃」が「自然災害」に次ぐ2位に浮上 帝国データバンク調査
BCP(事業継続計画)の策定意向がある企業は、どんな事態をリスクと想定しているのか──帝国データバンクが調査結果を発表した。今回は1位の「自然災害」に次いで「情報セキュリティ上のリスク(サイバー攻撃など含む)」が2位に。相次ぐサイバー攻撃への警戒感が浮き彫りになった。(2024/7/12)

プライムデー目前、Amazonかたるフィッシングも増加 セキュリティ企業が注意喚起
アマゾンの大型セール「プライムデー」の開催が7月17日に控えている。それに伴い、アマゾンをかたるフィッシング攻撃も増加していると、イスラエルのセキュリティ企業チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが注意喚起した。(2024/7/12)

モノづくり最前線レポート:
DXで成果が出ている企業は34.8%、取り組んでも成果が出てない企業は29.5%
MONOistはオンラインセミナー「できるところから始める製造業DX 2024 春」を開催し、132人の来場者にアンケートを回答いただいた。その一部を抜粋しリアルな課題感を紹介する。(2024/7/12)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
なぜIT部門は先進技術にチャレンジできないのか? 「忙し過ぎ」以外の理由を考える
IPAの調査によると、AIを導入している日本企業はいまだに2割弱にとどまるといいます。誰もが気軽に先進技術を試せるようになったにもかかわらず、筆者は「IT部門の多くは先進技術にチャレンジできていない」と見ています。その背景にある事情とは。(2024/7/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
中小企業は「もう不要なのか」 “人手不足スパイラル”で深刻化する、企業規模格差
「人手不足倒産」が相次いでいます。価格転嫁ができない、人手が欲しいのに雇えない、長時間労働はさせられない……“人手不足スパイラル”の中で苦しむ中小企業が多い中、大手企業では賃上げが進み、企業規模格差の深刻さは年々深まるばかりです。中小企業の未来、そして中小企業を買いたたく大企業が見落としていることとは――?(2024/7/12)

給与はそこそこ:
ニトリはなぜ「就職ランキング」で1位なのか 見落としてはいけない“会社の数字”
「就職企業人気ランキング」を見ると、「ニトリ」が1位になっているデータも。人気の総合商社や金融機関を押しのけて、なぜニトリが上位にランクインしているのか。会社のデータを見ると……。(2024/7/12)

「有給休暇が無制限」はありか、なしか?【前編】
究極の働き方「休み放題」で“社員も会社も幸せになる”のはなぜ?
有給休暇を無制限にする制度を取り入れる動きがある。この制度の導入に歓喜する従業員はいるはずだ。企業側にはどのようなメリットがあるのか。なぜこの制度が従業員と企業に受け入れられるのか。(2024/7/12)

STEM分野における女性活躍の現状【第3回】
COBOL誕生に“あの通信技術”まで? 女性エンジニアがつくったITの歴史
企業のシステムを支えるCOBOLや通信技術が誕生した背景には、女性エンジニアたちの活躍があった。ITの常識として知っておきたい女性エンジニアを紹介する。(2024/7/12)

今日のリサーチ:
中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りになりました。(2024/7/11)

ワークスとIFSが戦略的業務提携 製造業のERPリプレース需要をねらう
重工業を中心にグローバル企業での導入実績が多いIFSが、日本市場での事業拡大に本腰を入れる。日本固有の商習慣への対応強化と販路拡大に向け、国内ベンダーとの協業も強化するという。(2024/7/11)

「JOINT」の取り組みを海外展開:
次は米国で勝負 レゾナックらが次世代パッケージコンソーシアム設立
レゾナックは2024年7月8日、次世代半導体パッケージング分野において、日米の半導体材料/装置メーカー10社によるコンソーシアム「US-JOINT」を設立すると発表した。拠点はシリコンバレーで、半導体メーカーや大手テック企業といった顧客との連携を深める狙いだ。(2024/7/11)

目指すはARR100億円超 ラクス「楽楽請求」ローンチの勝算
インボイス制度導入を機に、DXが急激に拡大してきている請求書受領サービス市場。SaaS企業の雄であるラクスも参入を発表した。数年でARR100億円超を目指すという、勝算の根拠とは?(2024/7/11)

カーボンクレジットの「リスクとチャンス」 企業はどう見極めればいいのか
CO2排出削減の手段として、カーボンクレジットが注目を集めている。その「リスクとチャンス」を知って、有効に活用する方法を解説する。(2024/7/11)

オンプレミスインフラ再始動?【前編】
「オンプレミス回帰」「オンプレミス復権」が“もはや常識”になる理由
クラウドサービスが企業のITインフラとして定着しつつある一方で、オンプレミスインフラが再び注目を集めている。企業のインフラ戦略は、どのように変化しているのか。(2024/7/11)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/7/10)

IT系上場企業の平均年収を業種別にみてみた 2024年版 ネットベンチャー、ゲーム、メディア系
ネットベンチャー、ゲーム、メディア系企業の平均年収を有価証券報告書から調査。(2024/7/10)

OpenAI Startup Fund、ハフィントン氏の新AIヘルスコーチ企業に投資 CEOに元Google幹部
サム・アルトマン氏のベンチャーファンドOpenAI Starup Fundとハフィントン・ポスト創設者のアリアナ・ハフィントン氏のメンタルウェルネス企業Thrive Globalは、AIヘルスコーチ企業Thrive AI Healthの立ち上げを発表した。CEOにはGoogleのウェアラブル製品マネジャーを引き抜いた。(2024/7/10)

安全衛生:
作業者の体調変化をスマートウォッチで検知、危険予知に活用 大成JVの工事現場で採用
ユビテックが提供する、スマートウォッチを使用した作業者の安全見守りサービス「Work Mate」が、大成・佐藤・岩田地崎特定建設工事共同企業体(JV)の「成瀬ダム原石山採取工事(第2期)」に導入された。(2024/7/10)

AIビジネスのプロ 三澤博士がチェック 今週の注目論文:
LLMを自社特化にする「RAG」を使いこなすには 具体的な実装パターン2選
多くの大企業がこの夏までに生成AIのPoC(概念検証)を終え、生成AIの実運用を見据えたときのさまざまな課題を見つけています。課題の一つは検索拡張生成(RAG)の最適化です。今回はRAGの精度をより高める実装方法についてまとめた論文を解説します。(2024/7/10)

「スタートアップで働く」とはどういうことか
エンジニアが「スタートアップに転職」してから後悔する“4つの理由”
大企業からスタートアップ企業への転職を検討するなら、それぞれの違いについて適切に理解すべきだ。「こんなはずじゃなかった」と後悔しがちな4つの理由とは。(2024/7/10)

「塩漬け」では立ち行かない基幹システム問題:
PR:安定稼働とデータ活用を見据えたSAPモダナイズはどうあるべきか
キンドリルがSAPシステムのモダナイズや運用支援を本格化させている。自らが約2年でモダナイズを成功させた経験を基に、日本企業固有の問題を含む移行の障壁の解消とモダンなアプリケーション運用を提案している。(2024/7/4)

トロイの木馬化したjQueryがGitHubやCDN経由で拡散 米セキュリティ企業が警告
米セキュリティ企業のPhylumが、JavasScriptライブラリ「jQuery」の特定バージョンがトロイの木馬化され、GitHubなどで拡散していると警告した。(2024/7/9)

26年卒750人に聞いた:
出社 VS. リモート 入社意欲が上がる勤務スタイルは?
フルリモートや居住地自由といった、出社しない働き方を前提にする企業も一般的となった一方、最近ではオフィス回帰の動きも見られている。そのような中、2026年卒の学生は「勤務形態」をどのように捉えているか。学情(東京都中央区)が調査を実施した。(2024/7/10)

SAPジャパンの偽サイト「sapjp.com」に注意 過去に保有していたドメインを第三者が取得、なりすまし被害に
SAPジャパンは、同社が以前保有していたサイトが第三者企業によって取得され、なりすましサイト化している事例を確認したと発表した。(2024/7/9)

売上高4兆円超:
町工場から世界トップの空調メーカーに 創業100周年のダイキンが乗り越えた2つの壁
今年10月に創業100周年の節目を迎えるダイキン工業。大阪の町工場から始まった企業が、いまや売上高4兆円を超える世界トップの空調メーカーとなった。しかし、その道のりは常に順風満帆だったわけではない。(2024/7/9)

ワークプレース:
オフィス家具をIoT化、イトーキのオフィス運用コンサルを高度化へ RFルーカスに出資
イトーキは、RFIDのロケーションテック企業RFルーカスに出資した。RFルーカスが提供するRFID位置特定技術を活用してオフィス家具をIoT化するとともに、家具の所在を迅速に把握できるアプリケーション「Office Asset Finder(仮称)」を共同開発し、高度なアセットマネジメントを支援する新サービスの実現を目指す。(2024/7/9)

「なぜウチのDXは進まないのか」 その原因を探り、解決策を見つけるITmedia主催イベント今日から開幕
デジタル戦略を立案して実行することで、事業の拡大や企業の成長を目指すことはここ数年変わらないトレンドになっている。情報処理推進機構(IPA)の「DX白書2023」によると、日本企業がDXに取り組む割合は増加しているものの「成果の創出において日米差は依然として大きい」状況だ。なぜか。原因と解決策を探るITmedia主催イベントが開幕する。(2024/7/9)

セキュリティニュースアラート:
AI時代なのに…… 15%の企業はセキュリティにAIを「一切導入していない」
Check Point Software TechnologiesはサイバーセキュリティにおけるAI活用の現状に関する調査結果を発表した。91%はAI導入を優先するが実際に計画段階に進む企業は61%にとどまっており、完全に受け入れている企業は少ないことが明らかとなった。(2024/7/9)

セキュリティソリューション:
SASE導入に悩むパートナー企業を支援 Cato NetworksがCato MSASEの日本提供を開始
Cato Networksは日本のパートナー企業向けに「Cato MSASE パートナープラットフォーム」の提供を開始する。パートナー企業はこれを利用することで、Catoの支援を受けながらCato SASEクラウドや各種関連サービスを顧客に提供できるようになる。(2024/7/9)

採用担当の空回りで、会社のイメージは“むしろ低下”──優秀な人材が見切りをつけるポイント
優秀な人材の採用に苦戦している企業は、自社の採用手法を見直した方が良いかもしれない。採用プロセスにおけるコミュニケーションで企業に失望し、見切りをつけてしまう候補者がいると、企業にとっては大きな損失だ。(2024/7/9)

デジタル社会関連事業をさらに拡大:
日本ガイシ、台湾のスタートアップ企業に出資
日本ガイシは、台湾のスタートアップ企業「PanelSemi」に出資した。NGKグループは新事業化品で2030年に1000億円以上の売上高を目指す計画を掲げており、今回の出資もその一貫。(2024/7/9)

製造マネジメントニュース:
日米の企業10社から成る次世代半導体パッケージのコンソーシアムを設立
レゾナックは、次世代半導体パッケージ分野の材料/装置などに関連する日本と米国の企業10社から成るコンソーシアム「US-JOINT」を米国のシリコンバレーに設立する。(2024/7/9)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/7/8)

ハイスペックな「AI PC」の真価とは【前編】
「AI PC」が「普通のWindows端末」より生産的ではない“皮肉な理由”
AI関連のタスクをデバイス内で実行する「AI PC」に関するさまざまな発表が続いている。エンドユーザーや企業のIT担当者は、AI PCの価値をどう受け止めるべきか。(2024/7/9)

FinOpsとセキュリティの関係【前編】
結局「FinOps」とは何か? なぜコストにもセキュリティにも効果があるのか
クラウドサービスに関するコストの管理手法「FinOps」とセキュリティには、意外な関係性がある。両者の協業がもたらす効果と、企業のクラウド戦略における重要性とは。(2024/7/9)

Keeper Security APAC株式会社提供Webキャスト
パスワード管理の隠れたコストとセキュリティリスクを一掃、その方法とは?
普段の業務で頻繁に利用しているパスワードだが、パスワード管理には、無駄なコストや時間がかかっているという。また、パスワード管理に伴うリスクの解消策としてSSOやMFAを導入する企業も多いが、実際にはさまざまな問題がある。(2024/7/9)

Weekly Memo:
生産性向上を「個人」から「企業全体」に広げるためには Box CEOが語った施策から考察
デジタルの活用は業務における個人の生産性を上げつつある。だが、それが企業全体としての生産性向上につながっているのかどうか。Boxのアーロン・レヴィCEOの見解と施策から考察する。(2024/7/8)

町工場から世界トップの空調メーカーに 創業100周年のダイキンが乗り越えた2つの壁
大阪の町工場から始まった企業が、いまや売上高4兆円を超える世界トップの空調メーカーとなった。しかし、その道のりは常に順風満帆だったわけではない。(2024/7/8)

悲しい時にすり寄ってくるAIペットロボット、福島の企業ら開発へ
リビングロボットは、福島大学共生システム理工学類、日本大学工学部と共同で、人の感情やストレスの状態を読み取って動くペットロボットの開発に着手する。(2024/7/8)

ライドシェア 配車アプリの陣営図が明確に newmoはタクシー会社買収し今月サービスへ
4月に日本で始まった、一般ドライバーが有償で乗客を送迎するライドシェア事業で、サービスを提供する配車アプリ会社の陣営図が明確になってきた。タクシー大手、日本交通系のGO(東京)やウーバージャパン(同)などに続き、スタートアップ(新興企業)のnewmo(ニューモ、東京)がこのほど大阪のタクシー会社を買収。7月中の事業開始を計画する。(2024/7/8)

「Microsoft 365」新ライセンスへ移行か否か、企業の考えは? 読者アンケートデータ集
Microsoft 365のTeamsセット販売中止を受けて、ユーザー企業は現在契約しているライセンスを見直す計画はあるのだろうか。読者企業を対象に実施したアンケートの集計結果を本ブックレットにまとめた。(2024/7/8)

スキルギャップの正体【前編】
ネットワークエンジニアが「理想のスキル」を習得できないのはなぜ?
企業が求める人材と、エンジニアが持つスキルの差はなぜ埋まらないのか。背景には、エンジニアや技術に関する特有の事情がある。(2024/7/8)

100年後の社員とお客さまの幸せのために:
PR:CEO対談:日本電鍍工業が業界屈指のめっき工場に変化できた理由
企業を発展させる秘訣(ひけつ)は、変化し続けること。その変化に対応できるシステムが、企業の成長に欠かせないパートナーとなる。(2024/7/5)

年々重くなる、バックオフィスの作業負担
マンガで解説:紙での年末調整はもう限界、これだけある電子化の「削減効果」
年末調整手続きの電子化は2020年から可能となっており、電子提出できる控除証明書の種類も年々増えている。紙での手続きを続けている中小企業の業務は、電子化によってどれほどの削減効果を見込めるのか。(2024/7/8)

週末に「へえ」な話:
なぜSuicaのペンギンは愛されるのか ペンギンの顔をした「ベレー帽」が“激アツ”の理由
JR東日本「Suica」のキャラクターといえば、ペンギンである。企業キャラクターのショップ「ペンスタ」が上野と新宿に登場して、盛況のようだ。なぜ人気があるのかというと……。(2024/7/7)

「漏えい情報を削除したい人はカネ振り込んで」 サイバー攻撃で情報漏れた人狙う詐欺メール 警視庁が注意喚起
流出した情報を削除してほしい方は、口座に金を振り込んでください」──企業へのサイバー攻撃によって個人情報が漏えいしたとみられる人に対し、こんな詐欺メールを送る事例を複数確認したとして、警視庁生活安全部は7月5日、Xで注意を呼び掛けた。メールは弁護士などになりすまして送っているという。(2024/7/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。