• 関連の記事

「介護」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!介護→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で介護関連の質問をチェック

関連キーワード

全国初の「認知症チャットボット」導入へ、京丹後市が2025年度に
京都府京丹後市が来年度から、認知症のある人や家族の支援ツールとして生成人工知能(AI)を活用した自動会話(チャットボット)を導入する。認知症に関する相談に特化したチャットボットの導入は全国初という。市の担当者は「相談しやすい環境を整備することで、早い段階で適切な対応につなげることが可能になり、認知症の改善や進行防止などが期待できる」としている。(2024/6/24)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「面接と話が違う!」 部下の“残業拒否”を、受け入れる義務はある?
先日、新しく入った中途社員の部下から「面接で聞いていた残業時間と違う。残業を拒否したい」と申し出がありました。部下の残業拒否は聞き入れるべきでしょうか。(2024/6/24)

受けたカスハラの内容、2位「暴言、罵声」、1位は?
HiClubは、20〜39歳の男女を対象に「カスタマーハラスメント」に関する調査を実施した。カスタマーハラスメントを受けた職業で最も多かったのは「サービス業」で52.9%と半数を超えた。(2024/6/19)

「息子のように沢山話しかけて」 野々村真がAIキャラに、介護施設での活用狙う実証実験がスタート
AIマコトだこれ……!(2024/6/17)

NTT、スマホの回転で「器用さ」を見える化 スポーツトレーニングやリハビリへの貢献に期待
NTTは、手や足の「器用さ」を見える化する技術を開発。運動のばらつきに注目し、短時間スマホを一定の動きで回すと手軽に計測できるという。スポーツのトレーニング効果や、運動リハビリの回復過程把握などに期待できるとしている。(2024/6/17)

業界別のフィッシング詐欺「ヒット率」が明らかに 高リスク業界はどこか
KnowBe4はフィッシング詐欺に対する脆弱性を分析する2024年度版レポートを発表した。どの業種が危険なのか。(2024/6/17)

海外医療技術トレンド(108):
ICT先進国エストニアのバイオバンクとクラウドネイティブ技術
本連載第30回および第96回で、デジタルヘルス先進国エストニア発のICTの事業展開を紹介したが、今回はバイオバンクの取り組みを取り上げる。(2024/6/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「育休はなくす、その代わり……」 子なし社員への「不公平対策」が生んだ、予想外の結果
出生率が過去最低となり、東京都ではついに「1」を下回ったことが大きく話題になっています。結婚や出産を希望する人が、安心してその未来を選べるようにするために、企業ができることは何か。「育児休暇をあえてなくした企業」の事例をもとに、社員を疲弊させない経営戦略について考えます。(2024/6/14)

今日のリサーチ:
カスハラ被害 サービス職の35.5%が「経験あり」――パーソル総合研究所調査
カスハラ被害経験者3000人を対象にした調査から、「カスハラに強い組織づくり」のための具体的な施策が見えてきました。(2024/6/13)

産業動向:
大和ハウスの非住宅再生ブランド「BIZ Livness」本格始動 2026年度に売上高4000億円
大和ハウス工業は、老朽化が進む非住宅分野のオフィスや工場、医療施設、商業施設などの再生需要に応えるべく、新たな事業ブランド「BIZ Livness」を本格始動させた。グループ内4社の総合力で、自社施工物件だけでなく、他社施工も含め、建て替えやリノベーション、買い取り再販、ZEB化などで、2026年度に売上高4000億円を目指す。(2024/6/11)

四肢欠損症のママタレント、第2子巡って決断「正直諦めました」 迷いの果てに一時は「頭の隅に世間体も考えてしまって」
現在4歳の娘を持つ佐野有美さん。(2024/6/11)

飛べなくても、目が見えなくても…… “生きる意思”を強く見せたセキセイインコ、穏やかな最期に「たくさんありがとう、大好きだよ」
「ペットの介護エピソード」第12回はセキセイインコのきみちゃんです。(2024/6/8)

事故で歩けなくなった兄、妹の結婚式に出席できず…… 妹からの感動的なサプライズに涙が止まらない【ギリシャ】
普段からとても仲のいい兄妹。(2024/6/7)

カスハラ被害が多い職種は? カスハラ経験と離職の関係
パーソル総合研究所は「カスタマーハラスメントに関する定量調査」を行った。顧客折衝があるサービス職のうち、35.5%が過去に顧客からのカスハラ・嫌がらせを受けた経験があると答えた。(2024/6/6)

働き方の見取り図:
「もっと働け」と強いる“女性活躍推進”のむなしさ 男女の格差なぜなくならない?
海外と比較しても大きいと言われる日本の男女間の賃金格差。女性活躍をさらに推進することで解決できる問題なのか?(2024/6/6)

病で倒れた父の笑顔を取り戻す“池の再生DIY”に感涙 想像を超える結末に「池が生き返りましたね」「お父様もお喜びでしょう」
念願の池復活!(2024/6/5)

基本給30%増でも「転勤受け入れられない」 総合職正社員の約4割弱
転勤がある会社への応募・入社を回避する就活生・社会人は約半数――。そんな実態が、パーソル総合研究所(東京都港区)が就活生・社会人を対象に実施した調査で分かった。(2024/6/4)

育休社員の「同僚に最大10万円」──三井住友海上、話題の制度がもたらした“想定外の効果”
育児休暇を取得した社員の同僚に対し、最大で10万円を支給する──三井住友海上が打ち出したユニークな人事施策が、大きな話題を呼んだのは2023年10月のこと。育休社員ではなく、フォローする同僚にフォーカスするこの施策を、実際に運用してみてどのようなことが分かったのだろうか?(2024/6/3)

「これは欲しい」 夢のパワースーツが1万円台!? 腰の負担を“43%軽減”するワークマンの新商品が育児にも買い物にも使えそう
色んなところで活躍してくれそう。(2024/6/2)

2種類の「非常口」標識の違いを知っていますか? 救命や緊急時に役立つ豆知識
いつ見舞われるか分からない災害や事故では、知識の有無が、人の命に関わることもある。警視庁災害対策課はX(旧ツイッター)で、なるべく力を使わずに倒れた人を助け起こす方法や、腕などから出血した際、身の回りにあるもので止血する方法を伝えている。(2024/5/30)

企業の「制服」市場がジリ貧なのに、なぜ? 福井発「ユニフォームネクスト」が成長を続けているワケ
縮小を続けていた企業制服市場だが、時代の変化に合わせて新たな役割が生まれつつある。同業界で好調を続けるユニフォームネクストの取り組みなどにも触れながら、その現状を解説していく。(2024/5/30)

ディープラーニング技術を活用して負荷を削減:
PR:「運用はもう限界」専任担当がいない医療機器メーカーがセキュリティ対策を刷新できた理由
中堅中小企業であってもセキュリティ対策が欠かせない時代になった。しかし、ほとんどの企業で人手が不足している現状では、製品選定や導入後の運用も容易ではない。そうした課題を抱えていた医療機器メーカーの事例を基に、課題解決の糸口を探る。(2024/5/29)

異動・配属を「手挙げ」中心に移行すべき、これだけの理由
ジョブ型人事制度やキャリア自律への関心が高まる中、人事異動・配置はどのように変わっていくのだろうか。今後は社内公募などの「手挙げ」異動を増やしていけばよいのではという企業の声が聞かれるが、それだけでは十分ではない(2024/5/29)

担当者に聞いた:
22万円以上もするのに、なぜ? LIXILの「ボディハグシャワー」が前年比2倍の理由
LIXILが2022年6月に発売した「ボディハグシャワー」が、売れている。商品の特徴は? ヒットの理由は? 同社の担当者に聞いたところ……。(2024/5/27)

京葉線ダイヤ改正、通勤時間などに「悪い影響」8割 千葉市が調査
千葉市は、今春のJR京葉線のダイヤ改正の影響について、沿線住民に行ったアンケートの速報結果を発表した。主に通勤・通学などで京葉線を利用する1万3727人から回答があり、利用全般に対して「悪い影響があった」という回答は81%に上った。(2024/5/23)

休日に業務連絡「気になるけど返せない」が一番危険? 「つながらない権利」の実現性は
諸外国ではいわゆる「つながらない権利」、つまり業務時間外にメールや電話などの仕事の連絡を拒否する権利を法制化する動きが広まっている。日本はどうかというと、顧客第一主義が根強い上にサービス残業も横行する状態で、「時間外だから」といって上司や顧客からの連絡を無視などできない――そう考える人が多いだろう。日本において「つながらない権利」を行使できる社会を実現させるには、どうしたらよいだろうか?(2024/5/21)

海外医療技術トレンド(107):
欧州AI法やEHDSが進化を促すプライバシー強化技術の有力ディープテック
本連載第93回で、一般データ保護規則(GDPR)を起点とする欧州のプライバシー保護技術(PET)の標準化と産業創出支援活動を取り上げたが、AI法や欧州保健データスペース(EHDS)の本格施行を控えて、PETを担うディープテックの活動が加速している。(2024/5/17)

十人十色な「キャリア安全性」:
自分のキャリアに「納得」するために必要なものは?
「この職場で働き続けることは、果たして自分にとって幸せなのか?」──と考えたことのある人も少なくないだろう。自分のキャリアに「納得感」を持つためには、何が必要なのか?(2024/5/17)

Uber Eatsのサブスク「Uber One」に学割サービス 日本でも
Uberは年次イベント「GO-GET 2024」で、日本でも提供しているサブスクサービス「Uber One」の学割サービスを発表した。日本でも今年後半に提供を開始する予定だ。(2024/5/16)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
JR肥薩線は「235億円」で復旧、根室本線はすんなり廃止 ローカル線存続、何が明暗?
利用が少なくても、救いの手が差し伸べられて助かる鉄道。一方で、被災したまま力尽きる鉄道。ローカル線復旧・存続は、どこで道が分かれるのか。(2024/5/16)

店舗網急拡大も人口減見据え、新たなコンビニ像を模索
国内で本格的なコンビニチェーンが誕生して15日で50年を迎える。豊富な品ぞろえや24時間営業など利便性の追求で消費者の心をつかみ、コンビニは「社会インフラ」として瞬く間に店舗網を拡大してきた。(2024/5/15)

2025年卒大学生の6割超が「地元就職希望」、その理由は?
マイナビは2025年3月卒業予定の大学生、大学院生を対象に「2025年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査」を実施した。その結果、25年卒の学生が地元就職を希望する割合は6割超、その理由として最も多いのが「両親や祖父母の近くで生活したい」であることが分かった。(2024/5/13)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
北大阪急行延伸で「箕面」が激変 あえて“町外れ”に地下鉄を呼び込んだ、これだけの理由
北大阪急行電鉄(以下:北大阪急行)千里中央駅〜箕面萱野駅(約2.5キロ)間が、2024年3月23日に延伸開業した。箕面市に、はじめて地下鉄路線が到達したのだ。この延伸で「箕面」はどう変わるだろうか。(2024/5/11)

スピン経済の歩き方:
「外国人嫌いの国は経済が停滞する」は本当か いや、日本には当てはまらないシンプルな理由
米国バイデン大統領が「日本は外国人嫌いで移民を望んでいない」などと発言したが、日本の移民受け入れ状況は実際のところどうなのか。経済との関連性を見ると……。(2024/5/8)

子ども虐待の通報件数は9.2倍に増加、要保護児童数は4万人超も「受け皿が不足」 “もうひとつの待機児童問題”に挑む拠点建設プロジェクトが支援を募集中
さまざまな機能を持つ複合的な施設です。(2024/5/10)

滝川クリステル、“約半年”登場せずの「15歳の愛犬」を心配する声に反応 過去には“心配な症状”で寝たきりも
元気で良かった……!(2024/5/2)

「言う事を忘れてしまう」黒沢年雄、“急激に壊れた”妻・街田リーヌの病状巡りママ友だちの困る言動に「ストレスが溜まり悪化するだけ」
不要なダメージを与えないよう黒沢さんが代理で処理しているそうです。(2024/5/1)

製造マネジメントニュース:
国内DX関連市場、30年度に8兆350億円規模へ スマート工場への投資も増
富士キメラ総研は、DX関連の国内市場調査結果を発表した。同市場は2030年度に8兆350億円まで拡大する見込みだ。特に、製造や物流、交通、金融、医療、介護などの業種で伸びが注目される。(2024/5/1)

製造業IoT:
IoTデータの活用可能性を拡大 現場で使いやすいスマホのAIアシスタント
MODEは2024年4月25日、現場で取得したIoTデータを基に、現場作業者を大規模言語モデルで支援する「BizStack Assistant」を同年5月1日に提供開始すると発表した。(2024/4/26)

令和6年施行の支援策:
育休の社内負担に「最大125万円」の助成金 男性の育休取得進むか
「男性の育休取得率の低さ」が課題と指摘されるようになってから久しい。理由の一つである「同僚への申し訳なさ」を解消するための助成金があるのをご存じか。最大125万円給付される制度について解説する。(2024/4/25)

Mobile Weekly Top10:
便利だけど“心理的”に慣れるのが大変? ガストやバーミヤンなどで使える「テーブル会計」
ガストやバーミヤンを始めとするすかいらーくグループのレストランで、テーブル会計の導入が進みました。便利なのですが、心理的な障壁もあったりします……。(2024/4/20)

産業動向:
電設業界初、特定技能制度で外国籍社員を採用 関電工
関電工は、電気設備工事業界で初めて特定技能制度を活用し、フィリピン国籍の14人を屋内線技能職社員として採用した。(2024/4/19)

セキュリティニュースアラート:
大田区役所、2023年に発生したシステム障害の全貌を報告 NECとの和解の経緯
大田区役所は2023年10月に同区のシステムで発生した障害について、その原因と運用保守を委託していたNECとの和解のてん末を明らかにした。同障害は区民サービスに多大な影響を及ぼした。(2024/4/19)

海外医療技術トレンド(106):
医療機器よりも難題!? Non-SaMDに影響が及ぶ米国のIoTセキュリティ政策
米国では、本連載第98回で取り上げた消費者IoT製品向け認証/ラベリングプログラム「U.S.サイバートラストマーク」の導入準備など、非医療機器/Non-SaMD(Software as a Medical Device)を取り巻く動きが加速している。(2024/4/19)

新製品開発に挑むモノづくり企業たち(3):
発熱する繊維で食材を「チン」! 画期的なポータブルバックで狙う食文化の革命
本連載では応援購入サービス(購入型クラウドファンディングサービス)「Makuake」で注目を集めるプロジェクトを取り上げて、新製品の企画から開発、販売に必要なエッセンスをお伝えする。第3回はWILLTEXの「WILLCOOK PACKABLE」を取り上げる。(2024/4/19)

キャリアニュース:
介護や治療と仕事の両立支援制度、取得促進を「何もしていない」が約4割
月刊総務が「育児や介護、治療と仕事の両立支援についての調査」の結果を発表した。「介護」と「治療」については、両立支援制度の通知や取得促進を約4割が「何もしていない」と回答した。(2024/4/18)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
なぜ最近の新幹線駅は「巨大駐車場併設」が増えているのか 各地で見えてきた実情と課題
2015年に金沢市に、24年に敦賀市に到達した北陸新幹線は、マイカー用の駐車場だけでなく、クルマユーザーへの配慮が至る所で見られる。いまの時代はなぜクルマユーザー対応駅が求められているのか。まずは、実際に北陸新幹線・越前たけふ駅に行って検証してみよう。(2024/4/18)

突然別居発表の大場久美子、家族巡って痛烈な声も「一緒に住んだばかりなのに見放して」 家族会議の末に義父母は「見守りがあるところを見つけると」
義父母への思いは確か。(2024/4/17)

ウエルシア、突然のトップ辞任劇でどうなる? 経営統合にも影響か
私生活の不適正な行為により社長が辞任したウエルシアホールディングスは、直近の1年間(令和5年2月期)の売上高が1兆1442億、約2800店舗を展開するドラッグストア業界のトップを走る。(2024/4/17)

シェアサイクル「HELLO CYCLING」が急成長 ドコモから業界1位を勝ち取った舞台裏
HELLO CYCLINGは、いかにしてシェアを拡大し続けてきたのか。そこにはプラットフォーマーに徹し、積極的な協業型戦略を採る独自のビジネスモデルがあった。(2024/4/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。