• 関連の記事

「生物多様性」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生物多様性」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

データ活用、接客 韓国のIR「インスパイア」に見る“LTV向上の要点”とは
投資額2200億円、敷地面積430万平方メートルと広大な韓国の統合型リゾート「インスパイア」。客に何度も訪れたいと思わせる施設をいかにして作り出し、顧客生涯価値(LTV)を高めているのか。インスパイア・エンターテインメント・リゾートのCMOに聞いた。(2024/6/7)

そんなことある!? 水族館で遭遇した“無限1up”なシチュエーションに「すごい!」「3-1」と大反響
亀さん逃げて!(2024/6/5)

小寺信良のIT大作戦:
そろそろ「日本語入力」にもAIパワーを注入してみないか?
AIの活用が十分になされていないのではないかと思われる分野が、「日本語入力」だ。OS標準の入力変換エンジン以外にも、Google日本語入力やATOKといった選択肢もあるが、AIの華々しい進化の恩恵にあずかっているようには思えない。「AIが自然な言葉で受け答え」も結構だが、まずは同音異義語の正しい選択や誤変換はどうにかならないのか。(2024/5/25)

カツオが食べられなくなる? 水産資源の「獲りすぎ」防ぐサプライチェーンの最前線
水産資源の乱獲が問題になっている。世界で漁業資源とされる業種のうち、資源量に余裕があるとされるのは全体の1割以下だ。水産資源の「獲りすぎ」を防ぐ、サプライチェーンの最前線を解説する。(2024/5/21)

ンマァァァァァァ!!! カワイイネェェェェェェェ!!!!! 有明海最強の珍奇生物に「ぼた餅が動いてる」「こんなにおいしそうな名前と見た目の生物がいるとは」と驚きの声
触ってみたい……!※追記あり(2024/5/16)

緑化:
大東建託が首都圏で生物多様性に配慮した外構事業を開始 まずは賃貸住宅向けに
大東建託は1都3県の賃貸住宅を対象に、生物多様性に配慮した外構事業を開始した。在来種を確保する他、鳥や蝶が回遊する潤い豊かな空間づくりを進める。(2024/5/16)

愛らしいしぐさが人気の“絶滅危惧種”ラッコ その生態に迫るムック『ラッコのすべて』が発売
国内で飼育されているラッコは現在3頭のみ。(2024/4/27)

BIMを軸とした建設業の未来像 Vol.1:
建設業がBIMで目指すべき“サステナビリティ”への道 世界最古の規格協会BSIが提言
国内でもBIMの国際規格「ISO 19650」を取得する企業が増え、BIM=情報マネジメントの概念が浸透してきている。ISO規格の策定や認証サポートを国内外で展開するBSI(英国規格協会)は、BIMが作業効率化や建設生産プロセスの全体最適化だけでなく、環境負荷の軽減やエネルギー効率の向上など、サステナビリティ推進の基盤にも成り得ると提案する。(2024/4/25)

「総務」から会社を変える:
自然光に観葉植物……「自然を取り入れたオフィス」がはやる、納得の理由
皆さんのオフィスに、観葉植物はあるだろうか。何気なく置かれているかもしれないが、そこには深い理由が存在する。本コラムでは、観葉植物を置くことで期待される効果や、「公園のようなオフィス」を構築すべき理由について解説する。(2024/4/25)

「アースデイ」のGoogleロゴは地球の航空写真から集めた文字で
4月22日は「地球の日(アースデイ)」。Googleの検索ページのロゴが、地球上でアルファベットに見える航空写真を集めたものになった。(2024/4/22)

カーボンニュートラル:
愛三工業の新工場新築で、大林組が環境配慮型工場の実現へ
大林組は、愛三工業の安城新工場(仮称)新築工事で、帯水層蓄熱空調システムなどの導入により、環境配慮型工場の実現を目指している。(2024/4/17)

サンシャイン水族館が「カワウソに破かれたシャツ」を展示 → その“衝撃の意図”に「説得力半端ない」「インパクトある」
なんというパワー。(2024/4/11)

パタゴニアが味噌や日本酒を売る真意 農業は脱炭素の切り札になるか
(2024/4/9)

ロックフェラー家当主も推進するブルーシーフードが救う 海洋大国ニッポンの課題
ロックフェラー家の当主でロックフェラー・キャピタルマネジメント取締役のディビッド・ロックフェラー・ジュニア氏などが推進しているのが「ブルーシーフード」だ。SDGsの目標「海の豊かさを守ろう」のために、日本企業が取り組むべきことは?(2024/3/24)

海辺で拾い集めた大量廃棄の巻貝を集めて、調理してみたら…… 手間暇かけた一品に「拾ったらたべてみたい」「無限の可能性を秘めている!」
2品できあがりました。(2024/3/18)

PR:【クイズ】フラミンゴは本来赤くない。ではなぜ赤いの?→「●●を食べているから」
実は人間の美容や健康にも役立つ「ある緑の生き物」を食べています。(2024/3/6)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スポーツカーはいつまで作り続けられるのか マツダ・ロードスターに見る作り手の矜持
スポーツカーが生き残るのが難しい時代になった。クルマの楽しみ方の多様化や、規制の厳格化が背景にある。一方、マツダ・ロードスターの大幅改良では、規制対応だけでなく、ファンを納得させる改善を実施。多様化が進む中でビジネスもますます複雑になるだろう。(2024/2/25)

ネオンが“楽器”になるってどういうこと!? 幽玄なネオンの声を聞く「ネオン笛」を見てきた
果たしてネオンの声とは……。(2024/2/23)

「デッ」「貝と認識できるサイズを超えている」 関東で発見された“デカすぎる二枚貝”に驚きの声
絶滅危惧II類(VU)に分類された貝のようです。(2024/2/23)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
売れ続けるマツダ「ロードスター」 あえてフルモデルチェンジしない理由
売れ行きが好調なマツダ「ロードスター」。前回のフルモデルチェンジから約9年が経過する中、マツダがあえて商品改良したのには、ある理由がありました。(2024/2/21)

エネルギー管理:
製品のGX価値評価に新指標、新たに登場する「削減実績量」の定義と運用方法とは?
脱炭素に貢献する「GX価値」を持つ商品が適切に評価される環境の構築に向け、政府では新たな評価指標として「実際に自社の排出量を削減した施策に基づく製品単位のGHG排出削減量」を意味する「削減実績量」(仮称)を導入する方針だ。(2024/2/15)

看板屋の書く“お弁当”の手書き文字が見入ってしまう見事さ 「ずっと見ていたい」「これが職人技」
職人芸に大きな反響。(2024/2/4)

「自由に使って壊せる環境」が日本のITを救う?:
PR:SoftEtherの登 大遊氏が語る、「日本のITエンジニアに迫る危機」とは
SoftEtherの開発や中国の「グレートウォール」のハッキングで知られる登 大遊氏は、ゲットイット主催のWebセミナーで、日本のITエンジニアに求められる「トライ&エラーの思考法」について語った。(2024/2/2)

サステナビリティ規制「ISSB」が変える、企業の財務情報開示 日本企業はどう備える
2023年6月に発表された「ISSB基準」によって、企業の財務情報開示はどう変わっていくのでしょうか? TCFDとの違いや、対応が迫られる日本企業がやるべきことを解説します。(2024/1/31)

令和No.1キャバ嬢・ひめか、“集大成”完了&休止後のキャバクラ活動は「何かしらの形でやる」「後ろめたいものにしちゃうのが嫌」
他の活動と並行して行っていくもようです。(2024/1/18)

妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
子どものパパは「トワイライト」ロバート・パティンソン。(2024/1/17)

緑化:
東急建設、生産地が分かる緑化樹木をECサイトで販売 多摩川流域、関東圏から
東急建設は建物の外構向けに、生産地の確かな在来種の緑化樹木「チイキツリー」を販売するECサイトを開設した。事業者はチイキツリーを購入することで在来種の樹木による緑化が可能になり、生物多様性に貢献する姿勢をステークホルダーにアピールできる。(2024/1/18)

アラフィフロコドル、ひざの負傷で無念の活動休止「やはり年齢には勝てない」 つんく♂との関係も深い平均年齢49歳のグループ
「悩みや心配をもつ方々の勇気と希望になるよう全力で努めたい」とあくまで前向き。(2024/1/17)

第1子妊娠中の鷲見玲奈、妊娠線巡る“一言よけいな絡み”を一蹴 「自分が気になるの」「男性のためにやってる訳ではない」
同様の意見がいくつかあったもよう。(2024/1/17)

「練習頑張りました」 柳原可奈子、脳性まひの4歳長女が歩行器で大奮闘 たくましく成長する娘に「リクエストできるほど言葉も増えて」
「力強く生きる彼女に私も力強く応えたいです」(2024/1/17)

50歳で逝去した米昼ドラ俳優、死因は“ショットガン”と発表 アダム・サンドラーら共演者も追悼
ご冥福をお祈りいたします。(2024/1/17)

小泉今日子、90年代を彩った“後輩アイドル”とカジュアル2ショット 50代でも輝く姿に「二人とも好き」「ステキすぎる!」
元「桜っ子クラブさくら組」の加藤紀子さん。(2024/1/17)

元KAT-TUN・田口淳之介、プロデュース店オープンで清潔感爆発の“マスター姿” 早くも来店報告「田口君見てお食事」「贅沢な時間」
東京・渋谷の一等地。(2024/1/17)

闘病→断酒→21キロ激痩せの「次長課長」河本準一、“10年ぶりのハイボール”がしみじみ感動もの「五臓六腑に染み渡る」「一気によみがえったわ」
大酒飲みから膵炎となり闘病していた河本さん。(2024/1/17)

“カバン芸”エスパー伊東さん、63歳での逝去に衝撃 「めちゃイケ」世代や共演者から追悼続々「寂しすぎる」「本当にありがとう」
「サンドウィッチマン」伊達みきおさん、狩野英孝さんらがコメントしています。(2024/1/17)

活動自粛の藤本敏史、電話では「大丈夫」と答えるも……近況知る人物は「元気じゃない」 引退説巡って相方「一番好きやからな」
LINEは即レスの藤本さん。(2024/1/17)

楽屋遠いからとりあえず……「X JAPAN」PATA、紅白本番前の“車イス姿”に騒然 ステージでは立って演奏も「なんでなの」「体調が思わしくない?」
心配だな……。(2024/1/17)

伊達公子、熟年再婚の“ハンサム夫”と結婚2周年 高級日本料理堪能するレアな夫婦ショットに「ステキなおふたり」「本当にお似合い」
ステキなご夫婦。(2024/1/17)

“天翔ける龍”のような絶滅危惧種の大群が目撃され話題 神々しい姿が「黒龍に見える」「素晴らしい」と650万表示
巨大な生き物に見えます。(2024/1/17)

“ギター神”エリック・クラプトン、ガザの子ども支援に反響は真っ二つ わが子亡くした大御所の善意に「失望した」「尊敬する」と相反する声
日本からもチケット購入可能です。(2024/1/16)

「KAT-TUN」中丸雄一、電撃結婚にファン動揺「リアルに声出た」「熱でそう」 お相手は元日テレアナと同社速報も
9歳の年の差婚。(2024/1/16)

「水ダウ」放送作家、交通事故で車が大破 心配の声集まるも……“現場画像”に物議「写真も出すの?」
大きなケガがなくて何より。(2024/1/16)

粗品、残高2000円に追い込まれ“通帳没収”のピンチ 吉本興業の英断に「支持します」「めっちゃ良い会社やん」
親みたいなことしてくれるんだ。(2024/1/16)

「フルハウス」“ジェシーおじさん”俳優に、元妻がチクリ「彼の本を売る手助けをしたくない」 自伝で結婚生活を大暴露されていた
怒りを感じる。(2024/1/16)

“10キロ減量”の菊地亜美、詐欺に加担させられ「みんな騙されないで!」 事務所も対応困難な悪質手口紹介し「訴えられますように」
「海外なので事務所もすぐ対処できないみたいでして」(2024/1/16)

土屋太鳳、産後初の雑誌撮影で“変わらぬ美スタイル”披露も……ママの悩み吐露に共感も「太鳳ちゃんでも努力してる」
『美的』3月号の表紙を飾り、ウエスト“チラ見せ”ショットも。(2024/1/16)

大谷翔平、愛犬・デコピンの“暴れん坊”ぶりを世界に公開 同日発表のニュースに反響「スポンサーに畜生行為」「飼い主に似てイタズラ好き」
かわいすぎるな。(2024/1/16)

「NiziU」RIMAの姉、母の中林美和と“顔出し”の初共演ショットが反響 姉妹ばりのそっくりぶりに「遺伝子強くて美しすぎ」「こんなに大きく」
44歳とは思えない中林さんの若々しさにも注目。(2024/1/16)

遠野なぎこ、摂食障害めぐる“心ない言葉”に悲鳴「入院すれば満足ですか?」 病のリアル告白で「これ以上追い詰めないで」
「誰が、痩せていく自分に酔っているというのですか?」(2024/1/16)

52歳・酒井法子、ミニ丈ワンピ衣装で大胆スタイル 年齢超越した姿に「ステキ!」「やっぱのりぴーだよ」
のりピーは今でものりピーだった。(2024/1/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。