• 関連の記事

「賞味期限」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「賞味期限」に関する情報が集まったページです。

約1万人に聞いた:
好きな「汁物・スープ」ランキング 3位は「コーンスープ」、2位は「豚汁、けんちん汁」、1位は?
マイボイスコムは、「スープ・汁物」に関する調査を行った。好きなスープ・汁物は何か聞いたところ、1位は「みそ汁」が選ばれた。また、スープを食べる頻度や理由などを聞いた。(2022/1/16)

スマートリテール:
IoTタグで「冷蔵庫の中身」を可視化、食品ロス削減目指す実証実験開始
日本総合研究所は2022年1月11日、同社が設立した「SFC(スマートフードコンサンプション)構想研究会」の参画企業らで、生産者、小売店舗、消費者からなるフードチェーン各領域での食品ロス削減に向けた実証実験を開始すると発表した。IoT(モノのインターネット)タグなどの活用で、小売店舗だけでなく、消費者の自宅内でも食品ロス軽減に向けた取り組みを展開する。(2022/1/12)

マウスコンピューター×オプテージ:
PR:快適ゲーミングPC&デバイスを定額利用! 3年で最新デバイスに乗り換えもできるサービス「Gaming Neo」の魅力
PCでゲームを満喫したいけど、ゲーミングPCは高価でなかなか踏ん切りが付かない……。そのような悩みを抱えている人にお勧めなのが、オプテージの「定額ゲーミングデバイス(Gaming Neo)」だ。サービスの内容を細かくチェックしよう。(2022/1/12)

YouTuber経由の告発で発覚:
セブン-イレブン、賞味期限切れのおでん販売で謝罪 全店舗、一斉調査へ
セブン-イレブン・ジャパンが一部店舗で賞味期限切れのおでんを販売していたとして謝罪した。同社は所管の保健所に一連の経緯を報告した上で、販売個数など詳細について調査を進めている。現時点で健康被害は確認されていないという。(2022/1/7)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
「ホテルの賞味期限は10年」 インバウンド向けに急増したホテルが直面する“厳しすぎる”現実
 コロナ禍で意外に堅調だったカップル需要。コロナ禍前であればレジャー(ラブ)ホテルが十八番とされていたが、過去にさかのぼると、伝統的な高級ホテルでも午後チェックイン/深夜にチェックアウトというケースは散見されたという。(2022/1/5)

タリーズコーヒーで「ECO割」開始 閉店間際のフード商品が20%オフに
店舗でのフードロス削減のため。(2021/12/18)

フードロス削減:
タリーズ、閉店2時間前にドーナツやスイーツを20%オフで販売 「ECO割」スタート
タリーズコーヒージャパンは12月17日、閉店2時間前をめどに当日消費期限を迎える一部商品を20%オフで提供する「ECO割」を開始した。(2021/12/17)

秋葉原でコミュニティ通貨「アキコ」導入へ ゲーム感覚で獲得・利用できる「まちのコイン」
来年1月26日からサービススタート。(2021/12/15)

デジタル防災を始めよう:
立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」
頻発する地震が気になっている人も多いだろう。それをきっかけに、災害対策を考えてみよう。(2021/12/13)

約1万人に聞いた:
自宅で食べる「好きなパスタの種類・ソース」 2位は「ナポリタン」、1位は?
マイボイスコムは、「パスタソース」に関する調査を行った。自宅で食べる好きなパスタの種類・ソースを聞いたところ、「ミートソース、ボロネーゼ」という回答が6割を超えた。(2021/12/12)

製造IT導入事例:
しょうゆメーカーの海外現地法人がB-EN-Gのクラウド型国際会計ERPを導入
ビジネスエンジニアリングのクラウド型国際会計・ERPサービス「GLASIAOUS」を、ヤマサ醤油のタイ現地法人YAMASA ASIA OCEANIAが導入した。業界や同社特有の取引に対応し、受発注関連業務をシームレスに連携したことで業務全体が効率化した。(2021/12/8)

12月下旬に竣工:
東急池上線の長原駅が“木になるリニューアル” フードロス削減に向けたイベントも
東急電鉄と東急は、池上線長原駅改修プロジェクト「木になるリニューアル」を12月下旬に竣工すると発表した。(2021/12/7)

まとめてみた:
「値下げ商品教えます」 大手家具店に無印良品や野菜・電車も
原油高や原材料高を背景に電気料金やガソリン価格、食品など身近な商品の値上げが相次いでいる。家計が逼迫する冬場となるが、よく探してみると値下げ品や割安な商品も少なからずある。(2021/12/6)

社員の独断を強調、組織的関与は否定:
進々堂、冷凍パンの賞味期限を最大2カ月書き換え コロナ禍で生産抑制中、「欠品させたくなかった」
老舗ベーカリー「進々堂」を展開する進々堂は社員2人が業務用の冷凍パンの賞味期限を書き換えていたとして謝罪した。社員が独断で、賞味期限を最大2カ月間延ばしていた。同社は今後、QRコードを使った在庫管理システムの導入などで再発防止に取り組む方針。(2021/12/2)

メニューを拡大する「2つ」の理由とは?:
ローソン、冷凍食品のメニューを拡大 ラーメンなど12品目追加で、売り上げ5倍を目指す
ローソンは、新たに12品目の冷凍食品を11月30日から順次、発売すると発表した。コロナ禍で需要が増大した冷凍食品を強化していく。売り上げ目標については、2025までに20年比5倍とした。どのような商品を新しく発売するのかというと……(2021/11/25)

【漫画】「ハムの日に結婚した伊藤さん」が、記念に「生ハムの原木」を買ったら最高だった話
ビッグなおいしさ、堪能したい!(2021/11/24)

「もろ昨日の私」「毎日これ」 ダイエットをめぐる“あるある漫画”が「そっちかw」「分かる」と話題に
毎日これでしかない。(2021/11/24)

4000人に聞いた:
賞味期限を気にする食べ物 3位「ヨーグルト」、トップ2は?
プラネットは、「エシカル消費(賞味・消費期限)に関する意識調査」を行った。賞味期限・消費期限が切れる前に食べ切る工夫をしている人は47.2%だった。(2021/11/15)

フードロス削減:
ブックオフ、賞味期限が近い“ワケあり”加工食品の販売開始
「ブックオフ」を展開するブックオフコーポレーションは、食品ロス削減に向け、賞味期限が近い加工食品の取り扱いを開始した。(2021/11/11)

ドトール、店舗でのフードロス削減を目的に11月11日より一部商品の割引販売を導入
活用したい。(2021/11/11)

出先で妻の好物を発見! テンションが上がりすぎてしょんぼりな結果になった夫の漫画がカワイイ
うれしくてつい。(2021/11/11)

ドトール、消費期限間近の商品を最大3割引きに フードロス削減で
ドトールコーヒーはフードロス削減を目的に、消費期限が近い商品を最大3割引きで販売する取り組みを、全国のドトールコーヒー店舗と、エクセルシオールカフェの一部店舗で11月11日から始める。対象商品はデニッシュ、焼き菓子、サンドイッチなどの袋詰め商品。(2021/11/10)

キリン、缶コーヒー約90万本を自主回収 中身が変質の恐れ
キリンビバレッジが、缶コーヒー「キリン ファイア 関西限定ミルクコーヒー 245g缶」を自主回収すると発表した。(2021/10/29)

ドコモ、食品ロスの削減でポイントがたまる「ecobuy」提供
NTTドコモは、食品ロスの削減でポイントが貯まる「ecobuy」を提供開始。ecobuy加盟店が消費/賞味期限が近い対象商品へシールを貼り、対象商品を購入した消費者が写真を送るとポイントが付与される仕組み。(2021/10/20)

IT起業家がパン屋に:
焼き立てパンは置いていません! パン屋の”当たり前”をくつがえす「時をとめるベーカリー」は、なぜ生まれたのか?
パン屋の魅力といえば、焼き立ての香りが充満する空間でおいしそうにテカテカと光るパンを選ぶことといっても過言ではないだろう。神奈川県・瀬谷駅直結のパン屋「時をとめるベーカリー」はそんなパン屋の常識をくつがえす。「うちには焼き立てパンは置いていません」。どういうことなのだろうか? パン屋の魅力をとっぱらった店はなぜ生まれたのか?(2021/9/30)

「クックパッド・アライアンス」事業責任者に聞く:
クックパッドの「脱広告モデル」に向けた新事業 食関連中小企業のバリューチェーン全体をデータ活用で支援する
クックパッドが2021年にローンチした新規事業「クックパッド・アライアンス」は何を目指すのか。B2B事業責任者に聞いた。(2021/9/29)

川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
鎧塚さん「毎日が法要と思い女房への感謝の気持ちを伝えていきたい」。(2021/9/26)

3分インタビュー:
“はがれにくい”けど“はがしやすい” なぜ業界トップのアヲハタは2年かけて「のり」を開発したのか
アヲハタジャムのラベルが剥がしやすいらしい。なぜ?(2021/9/22)

廃棄食品を減らす:
スープストックトーキョー、賞味期限が近い冷凍スープをアウトレット価格で販売
スープストックトーキョーは、廃棄食品を減らすための取り組みとして、賞味期限が近い冷凍スープをアウトレットとして販売することを発表した。(2021/9/16)

郵便ポストに入る和菓子の詰め合わせ 榮太樓總本鋪から「ポストインケース」
羊羹や飴がセットになった和菓子セット。(2021/9/4)

Catch&Go:
ダイエーとNTTデータが“レジ無しスーパー”オープン 退店時は自動で決済
ダイエーとNTTデータが、レジを通すことなくキャッシュレス決済が可能なウォークスルー店舗「Catch&Go」をオープンした。(2021/9/7)

全日空、機内食のネット販売100万食突破
新型コロナ禍で飛行機による旅行が難しい中、機内食で雰囲気だけでも楽しみたいとの需要に加え、常備食として保管できる便利さも好評の理由という。(2021/9/7)

全日空、機内食のネット販売100万食突破
「旅気分を味わえてうれしい」「温めてすぐに食べられるので便利」。全日本空輸は、2020年12月からインターネット通販で一般向けに販売している機内食の販売数が100万食を突破したと明かした。新型コロナ禍で飛行機による旅行が難しい中、機内食で雰囲気だけでも楽しみたいとの需要に加え、常備食として保管できる便利さも好評の理由という。(2021/9/7)

変革への危機意識:
販売数は34万個超え! 静岡名物「わさび漬け」の老舗メーカーが、ヒット商品「わさビーズ」を開発できた理由
「わさび漬けの会社」から「総合的なわさび専門店」に生まれ変わろうとする田丸屋本店。その足がかりとなるのが、2018年秋に発売した「わさビーズ」だ。SNSなどで大きな反響を呼び、しばらくは品薄が続いた。新商品開発に込めた思いを同社に聞いた。(2021/8/20)

ダイレクトな人々 第9回:
BAKE創業者の新たな挑戦「CHEESE WONDER」 酪農から始まる“発明的チーズケーキ”作りの舞台裏
話題のD2Cブランドと、そのオーナーの思想について考察するこの連載。第9回はチーズケーキブランド「CHEESE WONDER」のオーナーである長沼真太郎さんに取材しました。(2021/8/16)

JR東日本都市開発、PayPayで払える無人自販機「EKIPICK MART」実証実験
 ジェイアール東日本都市開発は8月13日、無人販売サービス「EKIPICK MART」(エキピックマート)の実証実験を実施すると発表した。8月16日から9月30日まで、「シャポー本八幡」(JR総武線本八幡駅直結)で実施する。(2021/8/16)

1万人に聞いた:
自宅で食べる「ご飯のおとも」1位は納豆 白米や玄米を食べる頻度は?
「自宅でご飯(白米、玄米などプレーンなもの)を食べる頻度はどの程度か」や「おかずの品数」を調査。ご飯のおともとして1位になったのは納豆だった。自宅の「ご飯」事情はどうなっているのか。(2021/8/14)

おいしいeco麺プロジェクト:
日清食品チルド、「ラ王」チルド麺の賞味期限延長 常温で50日間保存可能に
日清食品チルド(東京都新宿区)は、地球環境に配慮した商品を積極的に提案する「おいしいeco麺プロジェクト」について、「賞味期限延長」「エコ包装」の対象商品を2021年9月より拡大する。対象商品は「鍋焼 日清ラ王」の2商品と「日清のラーメン屋さん」ブランド全5商品。(2021/8/5)

サプライチェーン改革:
需要予測の高度化で食品ロス低減、食品メーカーに必要なサプライチェーンDX
インフォアジャパンは2021年7月21日、食品/飲料業界を取り巻くさまざまな課題の解説と、それらを解決し得る同社製品を紹介する説明会を開催した。需要予測の高度化などサプライチェーンのDXが食品ロス問題解決を促す可能性がある。(2021/7/29)

新神戸の駅弁「冷凍ひっぱりだこ飯(お取り寄せ版)」:
「冷凍駅弁」をお取り寄せ! 老舗駅弁業者が続々参入
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新神戸の駅弁「冷凍ひっぱりだこ飯」です。(2021/7/28)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
来年から「一部上場企業」は無くなります……呼び名変更「プライム」化で何が変わるのか
東京証券取引所は2022年4月4日に、これまでの「東証第一部」「東証第二部」「マザーズ」「ジャスダック」といった市場区分から、「プライム」「スタンダード」「グロース」という新たな市場区分へ移行する。「現在、東証一部に上場している銘柄がスタンダート市場に入ってしまうのか」という点と、「東証第一部に連動している株式指数のTOPIX(東証株価指数)はどうなるのか?」という点に注目したい。(2021/7/23)

相馬留美の「今そこにある商機」:
「消費期限1日」の魚を販売するネットスーパー その仕組みは?
「perrot(ペロット)」という、「消費期限1日」という足の早い生鮮品までが並ぶネットスーパーをご存じだろうか。2020年8月にサービスをローンチし、新鮮な魚介類が届くことを武器に人気を集めているのだ。生きたままのカニや魚の刺身が届く仕組みを取材したところ……。(2021/7/19)

カナダで“街1番のクレイジーな店”に行ってみた体験漫画が本当にクレイジー 怪しさ満点の店に「行ってみたい」「近くにほしい」の声
行ってみたくなる!(2021/7/4)

セブンなどで販売:
マルハニチロ、「かにぞうすい」約4万3000個を自主回収 乾燥剤混入の可能性
マルハニチロが、セブン-イレブンなどで販売している「かにぞうすい」4万3050個を自主回収すると発表した。(2021/7/2)

缶にケーキが入ってる! かわいいと話題の「ショートケーキ缶」、その狙いを聞いてみた
「24時間パティスリーのケーキを買える」がコンセプト。(2021/6/26)

初音ミクの“ねぎういろう”登場 「お菓子にするかおかずにするかで開発が難航」して完成
しっかりネギ味。(2021/6/25)

ローソンがAIを活用した値引きの実験 食品ロス削減目指して弁当やおにぎりなどで
実験結果をふまえ、2023年度中の全店導入を目指す。(2021/6/24)

コンビニ各社が「食品ロス」削減を目指す:
ローソン、AI活用した「値引き」実証実験 ファミマ、セブンの動向は?
ローソンが6月22日にAIを活用した値引き実験を、東北地区の一部店舗で実施すると発表した。ファミマも「エコ割」を発表。セブンの値引き導入も効果を出している。各社の動向を比較してみよう。(2021/6/22)

納品期限を過ぎたコーヒーやお菓子を値引き販売 ネスレ日本が無人販売機「食品ロス削減ボックス」
賞味期限1カ月前〜2カ月前までの自社製品を販売。全国5カ所に設置。(2021/6/22)

食品ロス削減:
ネスレ日本、賞味期限短い「キットカット」を”無人販売“ 流通先が限られる商品を消費者に直接提供
ネスレ日本が食品ロス削減を目的とした無人販売機「みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」の運用を開始する。(2021/6/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。