• 関連の記事

「車検」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!車検→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で車検関連の質問をチェック

車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
立派な美猫さんになりました。(2024/4/13)

導入事例:
建設現場の移動車を「eKクロス EV」に置き換えで年間1.67tCO2削減、東急建設ら3社
東急建設は、建設現場への移動車両を電気自動車に置き換え、建設現場の温室効果ガス削減に取り組む。EV導入にあたって三菱オートリースとエネチェンジが、車両導入と充電器の提供をサポートする。(2024/4/4)

Yahoo!カーナビ、マイカー登録車種の「横幅」に合った検索が可能に
LINEヤフーは、カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」へ「マイカー登録」を行った車種の横幅に適した「ルート検索」機能を提供開始。車幅の広い車には優先的に広い道、車幅の狭い車にはより近いルートを提案する。(2024/4/3)

やさしいデータ分析:
[データ分析]重回帰分析による予測(線形回帰、多項式回帰) 〜 年式、走行距離、排気量から中古車の価格を予測
データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第15回。複数の説明変数を基に目的変数の値を予測する重回帰分析について、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。カテゴリーなどの数値ではないデータを説明変数として利用する方法や、二次関数などの多項式を基に回帰分析する方法も紹介します。(2024/2/22)

孫泰蔵がシリコンバレーで見た自動運転車の未来 「移動にお金を払う時代」は終わる
連続起業家の孫泰蔵氏は「ほぼ日」の株主ミーティングに参加し、講演した。「AIによってこれから大きく世の中が変わる」と語った講演の内容をお伝えする。(2024/2/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
実現すれば世界初? 特急車両に水素エンジンを載せる? JR東海と組んだベンチャーに聞く
JR東海が2023年12月、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を公開した。鉄道の脱炭素の多くが燃料電池方式で、水素エンジンは鉄道業界では初耳。JR東海は、この水素エンジンをi Laboと開発するという。i Laboとはどんな会社か、さらに水素エンジンの仕組みと可能性などを取材した。(2024/2/16)

やさしいデータ分析:
[データ分析]単回帰分析による予測(線形回帰、指数回帰) 〜 排気量から中古車の価格を予測しよう
データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第14回。既知のデータから未知の値を「予測」する回帰分析の式の可視化や、求め方、実際の予測を、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。直線の式だけでなく指数関数の式での予測や時系列分析についても触れます。(2024/2/1)

SUBARU、新車サブスクに参入 トヨタグループのKINTOと協業
トヨタ自動車グル−プのSUBARUは、新車を定額で乗り換えられるサブスクリプションサービス「KINTO ONE(SUBARU)」を2024年初夏にスタートする。(2024/1/16)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントが見た学生フォーミュラ2023:
マネジメントやスポンサー集め、技術継承……社会人顔負けの学生フォーミュラ
筆者は学生フォーミュラにも参加する静岡大学で、工学部大学院の客員教授を2011年から務めています。2023年からは、ECOMの社外取締役の立場を生かしてスポンサー企業として静岡大学のチームを支援することにしました。(2023/12/28)

Appleのサイドローディング問題、独占制限の新法は誰のための法案か
2023年は、AppleやGoogleなどのアプリストアに関する「サイドローディング」問題の動きが継続的に話題に上った。その最新の動向を林信行氏がまとめた。(2023/12/28)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
気になるテスラの「電気代」「整備費」 丸2年乗ったモデル3オーナーの、ランニングコストの総額は?
TeslaのModel 3に乗り始めてから2023年9月の時点で2年が経過しました。今回は消費電力や整備費用など、家計簿的な目線でこの2年を総括します。(2023/12/24)

ヒロミ、愛車「スカイラインGT-R」の車検を切らしたと告白 「気づいてみたら切れていた」「なかなか乗るタイミングが」
「きれいにしている自分が好き」ともコメント。(2023/12/20)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜクルマは高くなってしまったのか 高額化に恩恵を受ける人も
自動車の価格がどんどん高くなっている。製造コストや開発コストの増大に加えて、先進装備の充実や安全性向上も求められているからだ。メーカー、ディーラー、そしてユーザーにとって、高額化はどのような意味があるのか。(2023/12/15)

伊藤かずえ、“人命救助”買って出た交通事故の被害者に「無事だといいんですけど」 二次被害防いだ対応に賛辞「素晴らしい」
消防車が到着するまで交通整理したという伊藤さん。(2023/12/11)

クルマを乗り換えた理由 3位「決めていた年数になった」、2位「故障」、1位は?
自家用車を乗り換える人は、どんな理由が背景にあるのか。乗り換えまでに乗った期間などとともに調査した結果が発表となった。(2023/12/2)

声優・八代拓、“車検切れ”車両で事故起こし謝罪 被害者へ「深くお詫び申し上げます」 人気アニメに多数出演中、新作参加も発表
事故後は“体調不良”として仕事をキャンセルしていた八代さん。(2023/11/20)

寒冷地でも暮らせる「タイニーハウス」登場、特徴は?
YADOKARIは、寒冷地での滞在に特化したタイニーハウス「ROADIE」の販売を開始した。(2023/11/2)

ダレノガレ明美、納車間もないトヨタ・アルファードがまさかの被害でぼうぜん 「駐車場にないんですが」「どういうこと?」 
なんてことだ……。(2023/10/23)

三菱商事、GSを輸入EVディーラーに、3年後に全国で100店規模で本格展開
三菱商事は、米テスラや韓国ヒョンデなど海外電気自動車メーカーのディーラー事業を全国のガソリンスタンドで展開する。(2023/10/20)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜガソリンの価格は分かりにくいのか 値引きの仕組みが複雑な理由
ガソリンスタンドの価格が分かりにくい。店の看板がいくつもあったり、値引きも複雑であったり。なぜこのような仕組みになっているのかというと………。(2023/10/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの未来を全部見せます
トヨタ自動車は、国内のメディアを招待し、愛知県内の3つの工場、貞宝工場、明知工場、元町工場で、トヨタの未来技術とその考え方を公開した。具体的にいえば、デジタル技術を軸とし、個々の製造技術の大幅な刷新がそれに加わるとどうなるかを示したものだ。(2023/10/16)

DXを失敗させないための基本【第6回】
老舗小売業者がAzureと“あのツール”でDXを始めた理由
DXを通じて顧客の満足度を高めるとともに、企業として成長を続けるためには、どのような取り組みから始めればよいのか。英国の小売業者の取り組みを紹介する。(2023/9/25)

DX 365 Life(9):
導入事例から学ぶ、他社のDXの取り組み状況(Microsoftのビジネスアプリケーションー導入事例/「ONE TEAM」編)
Microsoftのビジネスアプリケーションを活用し、さまざまな企業がDXを推進しています。本稿ではそれら企業の一部を紹介します。(2023/8/31)

産業動向:
“ビッグモーター”業績悪化の波及は「建設業」にも 建築・内装などでサプライチェーン全体の4割超
帝国データバンクは、不祥事に揺れる「ビッグモーター」が業績悪化に陥った場合、サプライチェーン企業に与える影響を調査し、その結果、建設関連が全体の4割超となる171社に上ることが判明した。(2023/8/21)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「ビッグモーター」不正のウラに何があったのか 長年の“不文律”も一因か
中古車の買取販売大手のビッグモーターが世間を大きく騒がせている。次々に不正が明らかになっているが、なぜこのようなことが起きたのか。中古車販売のビジネスモデルにも問題があって……。(2023/8/14)

ビッグモーターの“制服”? メルカリで出品相次ぐ ロゴ入りブルゾンには「除草、防寒に最適」の説明も
すでに売り切れているものも。(2023/8/10)

26枚3500円も:
「ビッグモーター」オイル交換無料券、メルカリで出品相次ぐ
ビッグモーターの「オイル交換無料券」に関して、フリマサイト「メルカリ」への出品が相次いでいる。同社の一連の不正を受けて、利用者が出品しているとみられる。(2023/8/1)

【漢字パズル】□に入る漢字はなんでしょう?
4つの熟語が成立する漢字を入れよう。(2023/7/30)

働き方の「今」を知る:
「謝罪会見のNG例」となったビッグモーター 何が炎上を加速させたのか?
(2023/7/28)

「レインボー」池田直人、145万円した亡父の“形見”が初車検 ピッカピカなレクサス「CT200h」は「快適アップ!」
お父さんも喜んでいそう。(2023/7/25)

スマホをドライブレコーダーとして使う方法と注意点 役立つ機能はコレだ
自宅に使っていないスマホが眠っている人も少なからずいるだろう。そんなスマホの活用例として、ドライブレコーダーがある。古いスマホは画質が低く難しい面もあるが、近年発売されたハイエンド機なら暗がりも正確に撮影できて便利だ。(2023/7/24)

学生フォーミュラ:
2023年の学生フォーミュラは国際大会として再出発、EVでの参戦拡大
自動車技術会は「第21回学生フォーミュラ日本大会2023ーものづくり・デザインコンペティションー」の開催概要を発表した。(2023/7/21)

電動化:
EVと循環型社会の主役になるのは「オートリース会社」
ディー・エヌ・エー(DeNA) フェローの二見徹氏による講演「EV普及の鍵を握るデータ活用と流通システムの革新」の内容を紹介する。(2023/7/6)

助手席に“お米”を載せたら…… 自動車の親切機能により生まれたシュールな光景に「うちもなった」「かわいい」
どこかお米も満足気。(2023/7/2)

エド・はるみ、愛車から降りた際にADから言われた衝撃の一言に闘志むき出し 「ずっとずっと燃え続けているンです」
どういう意図なんだ。(2023/6/26)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
2年乗ったテスラ「Model 3」の下取り価格は? その乱高下っぷりとバッテリー劣化の関係
アンチTeslaな人たちの高笑いが聞こえてきそうです。というのは、Tesla Model 3のリセールバリューが急落しているからです。本当に二束三文になるかどうかはわかりませんが、少なくとも筆者のModel 3でいうと、昨年から今年にかけて価値が急落したことは確かです。(2023/6/24)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
絶好調のキャンピングカー業界 過去最高の売上を支えるクルマや購入層は?
今、キャンピングカー業界が絶好調です。日本RV協会が発表した「キャンピングカー白書2023」を基に、キャンピングカーがどれだけ売れているのか? どんなキャンピングカーが人気なのか? どのような人が、どのように使っているのか? などをひもといてみましょう。(2023/6/14)

電動化:
三井住友海上、EVベンチャーの整備ネットワーク構築を支援
三井住友海上火災保険はEVベンチャーのフォロフライと2023年7月から整備ネットワークの構築に向けて提携する。(2023/6/9)

伊藤かずえ、レストア後のシーマに点検で緊急事態 30年来の“相棒”に修理不能箇所で心配顔 「替えないといけないの!?」「やばぁ……」
大事になる前に見つかって良かった……。(2023/5/25)

「車検」取得できる:
自然の中で暮らせる「タイニーハウス」登場、特徴は?
YADOKARIは、自然の中で滞在することに特化したタイニーハウス「ROADIE」を発売した。特徴は……。(2023/5/24)

危機管理広報の重要性:
ジャニーズ騒動から考える、炎上時に「忘れてもらうまで待つ」策は、有効か否か
ジャニーズ事務所での性加害疑惑が大きな話題となっている。事務所による謝罪動画では、明確な回答をせずに事態をやり過ごそうとしている姿勢が見えた。こうした炎上時に「忘れてもらうまで待つ」策を講じる企業の事例が散見されるが、果たして有効な策なのだろうか。炎上トラブル対応の専門家が考察する。(2023/5/24)

ロフト付き:
低床タイプの「トレーラーハウス」が登場、特徴は?
YADOKARIは5月15日、トレーラーハウス「Tinys INSPIRATION」シリーズの新商品「One step trailer」を発売した。(2023/5/20)

電動化:
ヒョンデ日本再参入から1年、ユーザーの声を反映した年次改良モデル
Hyundai Mobility JapanはEV「IONIQ5」の年次改良モデルと限定仕様モデルを発売した。(2023/5/17)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜヘッドライトがまぶしく感じるクルマが増えているのか
夜間、クルマを走らせていて、対向車や後続車のヘッドライトがまぶしく感じることがある。その原因はどこにあるのか。大きくわけて3つあって……。(2023/5/4)

年間1900時間を創出 物流サービス企業がRPAツール「BizRobo!」を導入
松浦通運はRPAツール「BizRobo!」を導入し、フルタイム従業員1人分に相当する年間約1900時間を創出したとしている。「BizRobo!」導入の決め手は何か。(2023/4/26)

ノーコード開発、これだけは押さえて(2):
情報システム部は事業部門の「ITアレルギー」をどう防げばいいのか
ノーコード開発ツールの基礎と、ツール活用に必要な要素について解説する本連載。第2回は効率化にとどまらない、ノーコード開発ツールの“真のメリット”について解説する。(2023/6/1)

今日のリサーチ:
車のサブスク、シンプルな「定額制」が不満を生む要因にも――ADKマーケティング・ソリューションズ調査
車のサブスクの利用が拡大していくかどうかのポイントは、若年層を中心とした生活者に「月々の支払い」の意味合いを理解してもらえるかどうかにありそうです。(2023/4/10)

ココリコ田中、30年前製造の愛車・ボルボを披露 愛あるコメントに「まだ乗ってる」「大切にされてるのが伝わります」
コンビそれぞれの愛車を紹介。(2023/4/3)

電動化:
今の使い方でEVに乗り換えて走行距離は足りる? DeNAがシミュレーション技術
DeNAは、現在のクルマの使い方を基にEV(電気自動車)の実際の走行距離や導入効果を予測するシミュレーション「FACTEV(ファクティブ)」を開発した。(2023/3/28)

必要なのは、自走し、成長するエンジニア:
PR:「ガリバー」を運営するIDOMが採用したITエンジニア派遣というスタイル
必要なポジションに必要なスキルを持つITエンジニアを最速で。フロントエンド/バックエンドの分業体制にマッチしたのは、フロントエンドに特化したスキルと自走力を身に付けたエンジニアだった。(2023/3/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。