• 関連の記事

「アプリケーションストア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

Amazon、Fire 7タブレットの第12世代モデル投入 6980円で1000円Kindleクーポン付き
出荷予定日は6月29日。同社の最初のタブレットである「Kindle Fire」から12世代目に当たる。(2022/5/19)

ノーコードでアプリを開発するヤプリが明かす:
PR:「成果をたたき出す」企業アプリの共通点
企業の公式アプリは、うまく運用すればブランドのファンとのつながりを深め、購買額や購買回数を上昇させることが可能だ。「成果を出す」企業アプリの共通点はどこにあるのか。また、開発のためのリソースを持たない小売事業者がアプリを制作する手だてはあるのだろうか。(2022/5/16)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
14個のスピーカーを組み込んだTesla Model 3は空間オーディオ、ハイレゾを楽しめる?
Tesla Model 3 ロングレンジは14個のスピーカーを搭載している。これらを駆使してどのようなサウンドを奏でることができるのか、ご紹介しよう。(2022/5/9)

「Sonos Beam(Gen2)」で自宅のサウンド環境を手軽にグレードアップ! ビデオ会議にも使える?
各社からサウンドバーが相次いで登場している。Sonosの「Sonos Beam(Gen2)」は、TVのサウンドを迫力ある物にするだけでなく、Dolby Atmos対応コンテンツで立体サウンドを満喫することも可能だ。(2022/5/6)

Xbox Cloud Gamingで「フォートナイト」を無料でプレイ可能に
Microsoftはゲームストリーミングサービス「Xbox Cloud Gaming」(β)で「フォートナイト」を無料でプレイできるようにした。MicrosoftアカウントがあればiPhoneやAndroid端末のWebブラウザ経由でプレイできる。(2022/5/6)

「スマホOSの寡占」問題 政府の思惑は「日本独自OS」を作ることではない
日本政府が、スマートフォン用OSの寡占状態を懸念している。そこから、「日本政府が独自OSを欲している」との解釈も広がっている。結論からいうとその解釈は正しくない。(2022/4/28)

SaaS導入で従業員の休みが増えた 人不足の地方中小がクラウド活用で変わった話
事業拡大の一方、人不足による業務の属人化と、情報共有の不備に課題を抱えていた中小企業。複数のSaaSを導入し業務改善を図ったところ、従業員の負荷を減らし、休みを増やすこともできたという。成功のカギはSaaSを使わざるを得ない仕組み作りにあった。(2022/4/28)

豊富なテンプレートであらゆる業種に対応:
スモールビジネスにこそアプリを 「Yappli」に低価格の新プランが登場
ヤプリがスモールビジネスの成長をサポートする新プラン「Yappli Lite」を提供開始。(2022/4/27)

Alphabet決算は増収減益、クラウドは好調もYouTube広告が鈍化
Googleを傘下に持つAlphabetの1〜3月期決算は、増収減益でアナリスト予測を下回った。クラウドは好調だったが、YouTube広告が鈍化した。設備投資や研究開発コストも増加した。(2022/4/27)

チップからクラウドに至るまで保護機能を提供:
Microsoft、ゼロトラストの原則に基づいたWindows 11の新しいセキュリティ機能を紹介
Microsoftは、Windows 11の今後のリリースでは大規模なセキュリティ更新によって、チップからクラウドに至るまで保護機能を提供することを明らかにした。(2022/4/21)

Netflix、人気ゲーム「Exploding Kittens(こねこばくはつ)」のモバイルゲームとアニメを共同開発
Netflixは、人気カードゲーム「Exploding Kittens」ベースのモバイルゲームとアニメの公開を発表した。ゲームとアニメの共同開発の第一号になる。モバイルゲームは既にあるが、Netflixユーザー向けに特別カードなどを用意する。(2022/4/19)

Google、iPhoneからAndroidに乗り換えしやすくする「Androidに移行」アプリ公開
Googleが、iPhoneからAndroidに乗り換えるためのアプリ「Androidに移行」をApp Storeで“非表示公開”した。リンクからたどってインストールできる。Appleは2015年に「iOSに移行」を公開している。(2022/4/14)

Spotify、「Greenroom」を「Spotify Live」に改称しメインアプリでも聴けるように
Spotifyは、昨年6月に開始した「Clubhouse」のようなライブオーディオサービス「Greenroom」を「Spotify Live」に改称した。単体アプリ名も変わった。また、Spotifyアプリでもライブを聴けるようになった。(2022/4/13)

AppleのクックCEOが政策立案者とプライバシー・コミュニティーに訴えかけた未来
ワシントンD.C.で開催された「IAPP Global Privacy Summit 2022」において、Appleのティム・クックCEOが基調講演を行った。その模様を林信行氏がレポートする。(2022/4/13)

請求書受領サービスBill One、freee会計とAPI連携開始
Sansanが提供するBill Oneが4月12日、freee会計とAPI連携を開始した。受け取った請求書からBill Oneが作成した仕訳データを、freee会計へ連携させることで経理業務をスムーズに行えるようになる。(2022/4/12)

イーロン・マスク氏、なぜツイッターの筆頭株主に? 過去ツイートから分析
米スペースXとテスラのイーロン・マスクCEOが米ツイッターの取締役就任を辞退した。マスク氏は株式取得の経緯や取締役辞退の理由を明らかにしていないものの、筆頭株主の地位は変わらず、経営や事業展開など今後の同社の意思決定に一定の影響力を行使するものとみられる。マスク氏はなぜ世界的なSNSプラットフォームの筆頭株主になったのか。過去のツイートを紐(ひも)解き、分析する。(2022/4/12)

Google、密かに個人情報を収集するSDK入りアプリをアプリストアから複数削除
Googleはアプリストアから、数十本のアプリを削除した。ポリシーに違反して個人情報を収集するSDKが組み込まれていたため。開発者はこのSDKをアプリに組み込む対価を得ていた。(2022/4/7)

デジタル市場におけるビジネスチャンスを可視化:
data.ai(旧App Annie)が「App IQ」と「アプリ内課金SKU」を提供
デジタル市場におけるビジネス機会を見つける新機能を提供。(2022/4/6)

コロナ後を見据え跳躍:
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」5周年 ブシロード木谷会長が明かす「ゲームとライブビジネスの両輪経営」
音楽活動に青春を燃やす女子学生たちを描いた『BanG Dream!(バンドリ!)』。東証マザーズに上場するエンタメ企業・ブシロードグループが展開するメディアコンテンツで、2015年から16年にかけて展開された同名の漫画や小説を原案に、アニメやゲーム、そして音楽ライブなど多岐にわたるエンタメビジネスを展開している。(2022/4/2)

6月まではログイン不要:
「NHKプラス」がスマートテレビ対応を試行 Android TVやFire TVで“見逃し視聴”が可能に
NHKのオンライン動画配信サービス「NHKプラス(NHK+)」が、スマートテレビやセットトップボックス(STB)における見逃し視聴の試行を開始した。Android TVまたはFire OS(Fire TV)を搭載するスマートテレビやSTBにアプリをインストールすれば誰でも試行に参加できる。IDの取得は6月30日まで不要である。(2022/4/1)

EU、ビッグテック規制の「Digital Markets Act(DMA:デジタル市場法)」に合意
欧州連合(EU)は、2020年12月に欧州委員会が発表したビッグテック規制法案「DMA」に合意した。アプリストアでの支払い方法の選択や、メッセージングアプリの相互運用性、企業買収に関する法案だ。発効すれば、Apple、Google、Meta、Amazonなどに大きく影響する。(2022/3/28)

仕事がはかどる「Windows 11」の機能【後編】
Windows 11で「Android」アプリを動かす“夢”がついに現実へ
米国では「Windows 11」の2022年2月の累積更新プログラムで、「Android」アプリケーション実行機能のパブリックプレビュー版が利用できるようになった。どのような機能なのか。(2022/3/25)

Google、アプリストア以外でのサブスク料金支払オプションのテスト開始へ まずはSpotifyと
GoogleがSpotifyと提携し、サブスク料金の支払い方法のオプションを提示するテストを開始する。アプリ上でGoogle Play以外での支払いを選択できるようにする。(2022/3/24)

Google、ウクライナでAndroid端末に空襲警報システム展開
Googleはウクライナ政府の要請と支援を受け、ウクライナのAndroid端末向けの空襲警報システム「Air Raid Alerts」の展開を開始した。Androidに統合されており、アプリなどをインストールせずに利用できる。2020年に地震検知システム向けに開発した低遅延アラートメカニズムを採用した。(2022/3/11)

Instagram、「IGTV」より前に単体アプリ2本をひっそり終了していた
Meta(旧Facebook)傘下のInstagramが、2本の単体アプリを終了していた。2014年リリースの「Hyperlapse」と2015年リリースの「Boomerang」。同社は2月末に、単体アプリ「IGTV」の終了は発表した。(2022/3/8)

モビリティサービス:
ホンダとソニーは2025年に何を発売? 他社と共同開発中のサービスとのすみ分けは
ホンダとソニーグループは2022年3月4日、会見を開き、共同出資会社を設立してEV(電気自動車)の共同開発や販売、モビリティサービスの提供に取り組むと発表した。ホンダが持つ自動車の開発や製造、アフターサービスの実績と、ソニーのイメージセンサー、通信、ネットワーク、エンターテインメント技術、センサーなどの強みを持ち寄り、モビリティとサービスを開発する。(2022/3/7)

公取委、アプリストアとアプリベンダーの取引実態を調査 “力関係”を聞き取り
公正取引委員会が、モバイルアプリを開発する事業社とアプリストアを運営する事業社との間の取引について、アンケート調査を始めた。(2022/3/4)

10.3型の電子ペーパー搭載タブレット「HUAWEI MatePad Paper」発表
HuaweiはE-Ink採用タブレット「HUAWEI MatePad Paper」を発表した。10.3型の電子ペーパー画面に「M-Pen」で文字やイラストをかける。欧州での価格は499ユーロ(約6万4000円)。(2022/3/1)

Microsoft Storeでゲームに偽装したマルウェアが見つかる 5000台以上のPCがすでに感染か
Microsoft Store経由でゲームを偽装したマルウェアが配布されていたことが明らかになった。すでに5000台以上のPCの感染が確認されている。SNSを制御される可能性があり、注意が必要だ。(2022/3/1)

小型軽量なのにガツンとした重低音を聞かせてくれる新生Shokzの骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」を試す
ワークアウト中やビデオ会議などで、長時間使えるイヤフォンやヘッドフォンはないものだろうか。Shokzの骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」は、新世代のチップも採用することで音質を大幅に改善させているという。早速、実機を使ってみた。(2022/2/21)

Windows 10トラブルシューティング基礎ガイド【第2回】
無料で使える、「Windows Updateに失敗する」「アプリが動かない」問題の解消ツール
「Windows 10」ユーザーが無料で使える標準トラブルシューティングツールは、さまざまな問題の解消に役立つ。「Windows Update」の問題など、3つの問題に対処できるトラブルシューティングツールを紹介しよう。(2022/2/20)

Windows 11、Androidアプリが実行可能に 米でアップデート配信開始 Web会議に便利なタスクバー新機能も
米Microsoftが、Androidアプリの実行に対応したWindows 11アップデータを米国でリリースした。タスクバーもWeb会議向けに機能強化している。(2022/2/16)

重さわずか200g! 5K対応の軽量VRヘッドセット「arpara Gamer 5K」を体験してきた
ARPARA GLOBAL TECHNOLOGYが、クラウドファンディングで展開している5K解像度の新型VRヘッドセット「arpara VR」シリーズ。日本での正式販売を前に、先行体験で「arpara Gamer 5K」を体験してきた。(2022/2/16)

Microsoft、「コール オブ デューティ」のソニーへの提供継続を確約 「Nintendo Switch」へのゲーム提供の可能性も
MicrosoftはActivision Blizzardの買収完了後も「コール オブ デューティ」を始めとするゲームタイトルをソニーのプレイステーションでもプレイできるようにすると確約した。また、「任天堂の成功したプラットフォーム」でも同様の措置を検討していると語った。(2022/2/10)

Microsoft、Activision Blizzard買収の承認獲得を狙った方針発表
Microsoftは、Windows上のMicrosoft Storeおよびゲーム用次世代マーケットプレイスに適用する“Open App Store Principles”を発表した。Activision Blizzard買収を世界中の規制当局に承認させる狙いだ。(2022/2/10)

VRブラウザ「Firefox Reality」終了 Igaliaの「Wolvic」に継承
MozillaはVRヘッドセット向けWebブラウザ「Firefox Reality」の提供を終了する。技術はオープンソース企業Igaliaが引き継ぎ、XRもサポートするWebブラウザ「Wolvic」を間もなくリリースする。(2022/2/4)

Alphabetの売上高と純利益、過去最高を更新 「Pixelの売上高も過去最高」とCEO
Googleを傘下に持つAlphabetの2021年10〜12月期決算は、2桁代の増収増益で過去最高を更新した。2021年通年の売上高は初めて5000億ドルを超えた。ピチャイCEOは「Pixelスマートフォンの売上高は過去最高でPixel 6の評価は高い」と語った。(2022/2/2)

AppleとGoogleは勧告を受け入れるか?
英国競争・市場庁がAppleとGoogleの市場支配に下した4つの勧告
英国の競争・市場庁はAppleとGoogleの市場支配を改善するため、両社に4つの勧告を行った。両社はこの勧告を受け入れるのか。しかし、この勧告の内容では……。(2022/2/2)

New York Times、人気ゲーム「Wordle」を買収 数億円規模か
The New York Timesがネットで人気の英単語推測ゲーム「Wordle」を買収した。今後もこれまで通り無料でプレイできる。Wordleの作者ウォードル氏は今後も運営に協力する。(2022/2/1)

Microsoft、「Windows 11」次期アップデートでAndroidアプリ利用可能に
MicrosoftのパネイCPOが年内に予定している「Windows 11」のアップデートについて説明した。Androidアプリのダウンロード機能は「公式プレビュー」として追加の予定。タスクバーやメモ帳なども改善される見込みだ。(2022/1/27)

MAXHUBがWeb会議用デバイスのラインアップを強化 狙いは?
従来は企業や教育機関向けの大型ディスプレイを中心に販売してきたが、中国CTVEの「MAXHUB(マックスハブ)」ブランドが、Web会議用のスピーカーやカメラのラインアップを強化する。その狙いはどこにあるのだろうか?(2022/1/26)

この頃、セキュリティ界隈で:
そのQRコードは大丈夫? 詐欺目的の利用増加、キャッシュレス決済の普及を逆手に
米国でQRコードを使った詐欺の手口が相次いで報告されている。非接触のキャッシュレス決済での利用など便利な反面、軽い気持ちで読み取ってしまいがち。そこに付け込み、悪用するケースが増えているとして、米連邦捜査局(FBI)などが注意を呼び掛けた。(2022/1/26)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
売り上げ1億ドル超えのメガヒットアプリ、2021年は233本 うち4分の3がゲーム
年間売り上げが1億ドルを超えるアプリが続出、世界の消費者から財布の中身と生活時間を勝ち取る。(2022/1/24)

「医療機器プログラム」規制を取り巻く動向【前編】
「医療機器プログラム」(SaMD)認証制度を英国政府が改正 重視するポイントは
英国政府は「医療機器プログラム」(SaMD)に関するパブリックコメントを募集し、規制の枠組みや医療機器分野のイノベーションを取り巻く変化について議論を進めている。規制当局が懸念を示すポイントは。(2022/1/21)

Fortnite、GeForce NOWのβ機能でiPhoneでのプレイが可能に
NVIDIAがゲームストリーミングサービス「GeForce NOW」のβ機能としてEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」のモバイル版の提供を開始する。これにより、いわゆる“Apple税”を巡る争いでAppleおよびGoogle Playストアから削除されたEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」をスマートフォンでプレイできる。(2022/1/14)

海外医療技術トレンド(79):
注目される2022年上半期EU議長国フランスのデジタルヘルス戦略
前回は、欧州NIS指令2の最新動向を紹介したが、同時に欧州各国レベルでは、さまざまなデジタルヘルス・イノベーション施策が進行している。今回はフランスを取り上げる。(2022/1/14)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
iPhoneが発表されてから15年経ったので、風化してしまった記憶を呼び戻してみた
iPhoneの2年前に発売された「iTunes携帯」、覚えていますか?(2022/1/13)

製造業DXが生む3つの価値(4):
ローコード開発が、環境変化に対応しやすく陳腐化しにくい基幹システムを作る
製造業でも多くの関心が寄せられている「DX」。本連載では、DX基盤を構築したその先で、具体的に「何が実現できるのか」を紹介する。最終回のテーマは「ビジネス環境への対応」だ。現場ニーズに即しつつ、ソースコードに極力手を加えずに基幹システムの追加機能を開発する上で、「ローコード開発」の意義に注目したい。(2022/1/13)

Apple、韓国App Storeに代替決済システム導入へ
韓国の「電気通信事業法の一部改正法律案」にAppleは従うことを表明したという。(2022/1/12)

Windowsフロントライン:
2022年後半のアップデートでWindows 11はどう変わる?
2021年にリリースされた新OSの「Windows 11」。今後の普及に向けて、2022年はどのように展開していくのであろうか。現状から見えることをまとめた。(2022/1/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。