• 関連の記事

「買収」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「買収」に関する情報が集まったページです。

「第4のメガバンク」構想の行方は:
“限界地銀“を食い物に? SBI「地方創生トライアングル戦略」の中身の薄さ
SBIホールディングスの北尾吉孝社長が5月の決算発表の席上、新生買収の大きな目的でもある“限界地銀”再生策としての「地方創生トライアングル戦略」を公表した。内容とともに、浮き彫りになったSBIの思惑を考察する。(2022/6/25)

BroadcomによるVMware買収 その影響は【後編】
“宝石のようなヴイエムウェア”はブロードコムに買収されて本当に幸せか?
BroadcomによるVMware買収は、VMwareにとって、またVMware製品のユーザーにとって幸せなことなのか。もしそうではないとすれば、それは誰のため、何のための買収なのか。アナリストの見解は。(2022/6/24)

Reddit、機械学習のSpell買収
Redditは、SaaSベースの機械学習プラットフォームを手掛けるSpellを買収した。製品や広告に機械学習機能を統合していく計画だ。(2022/6/17)

リコー、PFUの株式取得を延期 「公取委の審査が終わり次第」
リコーは、PFUの買収について、7月1日だった予定を延期する。「公正取引委員会における企業結合審査に要する時間を考慮した結果」という。(2022/6/17)

イーロン・マスク氏、Twitterで初のオンライン全社会議で「ユーザーを10億人に」
Twitterの買収に合意したイーロン・マスク氏が、オンライン全社ミーティングに参加した。約1時間、用意された従業員からの質問に答えた。(2022/6/17)

公取委、Microsoftの米ゲーム大手買収について意見募集 結合審査に際し情報求める
公正取引委員会が、米Microsoftと米ゲーム大手のActivision Blizzardが統合を計画している件について意見募集を始めた。同委員会は同件が競争に与える影響について審査中。郵送とメールで統合に関する情報や意見の提供を求めている。(2022/6/16)

製造マネジメントニュース:
脱炭素化などエネルギー変革が追い風、大型買収でさらなる成長を図る
日立製作所(以下、日立)は2022年6月13日、オンラインで開催した投資家向け説明会「Hitachi Investor Day 2022」において、新たに発足した「グリーンエナジー&モビリティセクター」の事業戦略を説明した。(2022/6/16)

Marketing Dive:
イーロン・マスク氏のTwitter買収は広告にとって「吉」か「大凶」か
TeslaのCEOは「言論の自由」を守ることを使命とし、有害だと不評を買っているTwitterのコンテンツモデレーションポリシーを緩和すると述べている。(2022/6/15)

TechTarget発 世界のITニュース
GoogleがセキュリティベンダーMandiantを巨額買収 その狙いは?
GoogleはセキュリティベンダーのMandiant買収を発表した。MandiantがFireEyeと分離してから、1年も経たないうちの買収となる。GoogleとMandiantの狙いは何か。(2022/6/13)

プロセッサベンダーが競う次の分野【前編】
CPU限界説を「DPU」「スマートNIC」がひっくり返す?
AMDはPensandoの買収によって「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入した。IntelやNVIDIAと競合することになる。プロセッサ分野は今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/10)

AIoTソリューションを強化:
ルネサス、組み込みAI技術企業Reality AIを買収
ルネサス エレクトロニクスは2022年6月9日、組み込みAIソリューションを提供するReality Analytics, Inc.(以下、Reality AI)を買収すると発表した。買収は現金で行い、2022年中に買収を完了させる予定。(2022/6/9)

Twitter、イーロン・マスク氏に“firehose”(全公開ツイートデータ)提供か──Washington Post報道
Twitterはイーロン・マスク氏にfirehoseへのアクセスを提供すると報じられた。マスク氏は「botの正確な割合を調べるデータを提供しなければ買収を中止するかもしれない」とTwitterに警告した。firehoseは膨大なツイートのデータだ。(2022/6/9)

IBMが“ハッカー企業”の買収計画を発表 ポートフォリオはどう強化されるか
IBMは、攻撃対象領域の調査に強みを持つRandoriの買収計画を発表した。企業におけるIT環境が複雑化し、攻撃対象領域が拡大していることから、これを支援するポートフォリオを拡充する予定だ。(2022/6/9)

イーロン・マスク氏、「Twitterがbot情報を提供しないなら買収しない」とCLOに書簡
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏が、Twitterが契約に違反するなら買収をとりやめる可能性があると公式書簡で警告した。botアカウントの割合を示すデータの要求をTwitterが拒否しているとマスク氏は主張する。(2022/6/7)

Wordleのオリジナルサイトからのリンク、6月9日に無効に
英単語推測ゲーム「Wordle」のオリジナルサイトから現行サイトへのリンクが6月9日に無効になる。2月にゲームを買収したThe New York Timesがツイートで告知した。(2022/6/6)

フードデリバリーの米DoorDash、同業のWoltを買収完了 日本は引き続きWoltとして展開
フードデリバリー大手の米DoorDashは、フィンランドに本社を置くWolt Enterprises Oyの買収手続きが完了したと発表した。これにより、DoorDashは米国を含む27カ国で事業を展開する。(2022/6/1)

アナリストからは懸念も:
BroadcomがVMwareを610億ドルで買収へ
2022年5月、新たに大規模な買収案件が登場した。Broadcomが、VMwareを610億米ドルで買収するという。(2022/5/31)

VMwareにとってのメリットは?:
なぜBroadcomはVMwareを買収したいのか、そこにシナジーはあるのか
BroadcomがVMwareを買収するという発表は、業界関係者を驚かせた。なぜBroadcomはVMwareを買収したいのか。Broadcom、VMwareのそれぞれにとってどんなメリットがあるのか。シナジーはどこにあるのだろうか。(2022/5/31)

BroadcomがVMwareを買収した理由 実は双方にメリットあり
半導体メーカーの動向に詳しい大原雄介さんに、BroadcomがVMwareを買収した背景について解説してもらった。(2022/5/30)

TechTarget発 世界のITニュース
HPがビデオ会議のPolyを買収 “ハイブリッドワークの主役”になれるのか?
HPは、ビデオ会議システムを手掛けるPolyを買収する。テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が注目を浴びる中、HPはPoly買収で何を目指すのか。(2022/5/30)

マスク氏支持のTwitterの取締役、株主投票で再任否になるも再任することに
Twitterの株主総会の投票で再任に必要な過半数を取れなかったSilver Lake幹部のイーゴン・ダーバン氏が再任することになった。再任の条件は、ダーバン氏が取締役を務める上場企業を5社に減らすこと。同氏はイーロン・マスク氏による買収取引の立役者だ。(2022/5/28)

インフラ技術企業としてマルチ/ハイブリッドクラウド時代に対応:
Broadcom、VMwareを約610億ドルで買収
半導体およびインフラソフトウェア大手のBroadcomが、仮想化大手のVMwareを約610億ドルで買収すると発表した。買収完了後、Broadcomのソフトウェア部門がVMwareとして再ブランド化される。(2022/5/27)

Broadcom、VMwareを610億ドル(約7.8兆円)で買収
半導体メーカーのBroadcomは、クラウドコンピューティングや仮想化技術を手掛けるVMwareを買収すると発表した。買収総額は約610億ドル(約7.8兆円)。VMwareのCEOは「優れた企業向けソフトウェアプレーヤーの誕生」と語った。(2022/5/27)

BroadcomによるVMware買収が正式に発表 VMware製品群の今後はどうなるか
数日来米国のメディアが報じていた通り、BroadcomがVMware買収を正式に発表した。これからのデータセンターやオペレーションに影響はあるだろうか。(2022/5/27)

BroadcomによるVMware買収 その影響は【前編】
“謎”の半導体企業「ブロードコム」とは? ヴイエムウェア買収合意で脚光
仮想化大手VMwareを買収するBroadcomは、「半導体企業」という説明に引きずられると実態を把握しにくい。大手ベンダーの買収を続けてきた、Broadcomの歴史を簡単に振り返る。(2022/5/27)

TechTarget発 世界のITニュース
Thoma Bravoが107億ドルでAnaplan買収 SAPやOracleとの競争力は高まるか?
IBP(統合事業計画)ソフトウェアベンダーのAnaplanは、投資会社に約107億ドルで買収される。SAPやOracleと競合するAnaplanの今後はどうなるのか。(2022/5/27)

VMwareの買収に向けて半導体メーカーのブロードコムが交渉中との報道
VMwareの買収に向けて、半導体メーカーの米Broadcomが米VMwareとの交渉に入ったとの報道が海外で相次いでいる。Broadcomは近年、ファイバーチャネルスイッチベンダ大手の米Brocadeや米CA Technologiesなど、買収による拡大路線を積極的に取り組んでいる。(2022/5/24)

Qorvo/UnitedSiCの第4世代品:
耐圧1200VのSiC FET、低いオン抵抗×面積を実現
SiCパワーデバイスを手掛けるUnitedSiC(現Qorvo)は2022年5月20日、同社の「第4世代(Gen4)SiC FET」となる耐圧1200VのSiC FETを発表した。なお、UnitedSiCは2021年11月にQorvoが買収し、現在はQorvoのパワーデバイスソリューションズ部門として事業を行っている。(2022/5/23)

Social Media Today:
超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも、イーロン・マスク氏の考え方は、あなたと異なるかもしれない。(2022/5/20)

Twitterの幹部3人が新たに退社 1人は「イーロンのせいではない」とツイート
イーロン・マスク氏が買収しようとしているTwitterから3人の幹部が退社した。いずれも自主的なものという。マスク氏は現在「買収を保留している」としている。(2022/5/18)

Twitter買収保留宣言のイーロン・マスク氏、「SECはユーザー数を調査すべし」
Twitter買収を保留するとツイートしたイーロン・マスク氏。「Twitterがスパムアカウントが5%以下だと言う根拠を示すまで取引を進めない」「SECはTwitterを調査すべきだ」などとツイートした。(2022/5/18)

TwitterのCEOの「スパムアカウントは5%未満」説明にマスク氏はうんこ絵文字でリプライ
イーロン・マスク氏が「スパムやbot率が確認できるまでTwitterの買収を保留する」とツイートしたことを受け、パラグ・アグラワルCEOがスパムアカウント率の測定方法を連投ツイートで説明。マスク氏はうんこ絵文字でリプライし、疑問を呈した。(2022/5/17)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
ツイッター買収で重要な役割を担うプライベート・デット市場
テスラCEOのイーロン・マスク氏によるツイッター買収は、プライべート・デット市場の存在感の強さも証明しました。(2022/5/17)

イーロン・マスク氏、「Twitterの買収を一時保留する」「でもまだ買うつもりだよ」とツイート
Twitterを約440億ドルで買収する契約書に署名済みのイーロン・マスク氏が、買収の手続きを一時保留するとツイートした。その2時間後には「まだ買収に取り組んでいる」とツイートした。契約書では一方的に破棄した場合、10億ドル支払うことになっている。(2022/5/14)

Social Media Today:
イーロン・マスク氏のTwitter買収に関する言い分、鵜呑みにしていいのか?
イーロン・マスク氏がTwitterを買収する理由として掲げる「言論の自由」が意味するものとは?(2022/5/13)

永久凍結「間違い」:
「道徳的に間違っており、とても愚かだ」マスク氏、トランプ氏排除を撤回
電気自動車大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は10日、買収合意した米短文投稿サイト大手ツイッターの運営をめぐり、トランプ前米大統領のアカウントを永久凍結した対応を撤回する考えを表明した。(2022/5/11)

イーロン・マスク氏、EUのデジタルサービス法(DSA)に賛意
Teslaのテキサス工場を訪れた欧州委員会のティエリー・ブルトン委員がイーロン・マスクCEOと語る動画をツイートした。ブルトン氏は「DSAについて理解していただけた」と語った。Twitterを買収するマスク氏もこの法案が「私の考えと一致する」と語った。(2022/5/11)

イーロン・マスク氏、「Twitterの買収が完了したらトランプ氏の永久凍結を解除する」
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏はインタビューで、トランプ氏のアカウント永久凍結は間違えだったと語った。買収が完了したらトランプ氏のアカウントを復活させるとも。(2022/5/11)

Xilinx買収や旺盛な需要が後押し:
AMDの2022年売上高、前年比60%増と予測
AMDは、サーバ向けプロセッサの需要が力強く伸びていることや、FPGAメーカーXilinxを買収したことなどが後押しとなり、2022年の年間売上高が60%増加する見込みであることを明らかにした。(2022/5/9)

マスク氏、「Twitterの広告依存度を収益の50%未満に」など──NYTが入手したプレゼン資料より
Twitterを買収することで合意したイーロン・マスク氏が投資家に披露したプレゼン資料をNew York Timesが入手した。2028年までに収益を5倍にし、広告への依存度を収益の50%にするなどと予測している。(2022/5/8)

イーロン・マスク氏、Twitter買収資金71億ドル超をラリー・エリソン氏やサウジの王子などから調達
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏が、ラリー・エリソン氏などから買収資金71億4000万ドルを確保した。暗号資産取引所のBinanceも5億ドル出資する。(2022/5/6)

製造ITニュース:
PTCがアプリケーションライフサイクル管理ソフトウェア開発企業を買収
PTCは、アプリケーションライフサイクル管理ソフトウェア「Codebeamer」の開発、販売を手掛けるIntland Softwareを買収した。単体またはPLMソフトウェア「Windchill」や「Arena PLM」と組み合わせて提供する予定だ。(2022/5/6)

Google、AR端末向けディスプレイ技術を手掛けるRaxiumを買収
GoogleはAR端末向けディスプレイ技術のRaxiumを買収したと発表した。Appleなども開発しているマイクロLEDを手掛ける新興企業だ。Googleは「Project Iris」下、2024年にはAR製品をリリースするとみられる。(2022/5/5)

イーロン・マスク氏のTwitter買収で何が変わるのか? 問われる“自由”の意義
イーロン・マスク氏がTwitterを買収することが承認されました。マスク氏はTwitterを買収する理由について、言論の自由が危ういことを挙げています。マスク氏は「法律をはるかに超えた検閲に反対する」とも述べています。(2022/5/2)

製造マネジメントニュース:
リコーのPFU買収はベストマッチ、国内組み込みコンピュータ市場で圧倒的トップに
リコーが、富士通の子会社であるPFUの買収とその狙いについて説明。リコー 代表取締役 社長執行役員の山下良則氏は「リコーが提供するデジタルサービスを広げていく上で、ベストマッチといえる買収ではないか」と強調した。(2022/5/2)

Teslaのイーロン・マスクCEO、84億ドル相当のTesla株式を売却 Twitter買収資金か
Twitterを約440億ドルで買収することに合意したイーロン・マスク氏が、経営するTeslaの持ち株84億ドル相当を売却した。売却後も同氏はTeslaの筆頭株主だ。(2022/4/30)

イーロン・マスクが唱える「自由なTwitter」の功罪 買収がもたらす“変化”とは
イーロン・マスク氏が、Twitterの全株式を買収し、運営に携わることとなった。マスク氏は、Twitterを誰もが自由に話せるべき場所にしたい、と考えているようだが、この「自由」とはどんな意味を持つだろうか。(2022/4/30)

マスク氏による買収に合意したTwitterのQ1決算は増収増益 電話会見は開催せず
Twitterの2022年1〜3月期決算は増収増益だった。同社はイーロン・マスク氏による買収に合意しており、買収完了後は非公開企業になるため、これが最後の業績発表になる可能性がある。(2022/4/29)

イーロン・マスク氏によるツイッター買収は終わりの始まりか、あるいは何かの始まりなのか
イーロン・マスク氏によるTwitter買収が世界中で波紋を起こしている。彼が目指す自由な発言の場とはどういうことか。TwitterというSNSの特性から読み解く。(2022/4/28)

リコーが「HHKB」などキーボード事業に言及 「この事業を大切にしたい」
リコー コーポレート上席執行役員 リコーデジタルプロダクツビジネスユニット プレジデントの中田克典氏は、PFU買収に関する会見において、HHKBなどのキーボード事業について「大切にしたい」と発言した。(2022/4/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。