「VDI(Virtual Desktop Infrastructure)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

AI、エッジ向け、中小オフィス向けのラインアップも HPEの新サーバ
日本ヒューレット・パッカードはHPE ProLiant Gen11サーバー6機種の出荷を開始した。これらは第5世代インテルXeonスケーラブルプロセッサーを搭載し、パフォーマンス21%向上、メモリー速度とキャッシュ容量を大幅に強化している。(2024/2/14)

ポストコロナのIT事情【中編】
テレワーク継続なら「セキュリティはどうあるべきか」を再考すべし
ハイブリッドワークの普及でセキュリティの守備範囲は拡大し、IT部門だけでは守ることが困難になっている。具体的なセキュリティ対策について、必要になるツールや手法と共に解説する。(2024/2/8)

VMware製品を巡る今後【後編】
「VMware買収」の“全容”見えず VDI含む一部事業の行く先は?
Broadcomは、2023年11月に買収を完了させたVMwareの一部事業を売却する意向だと公表した。売却は本当に成立するのか。今後どのように進む見込みなのかを解説する。(2024/2/8)

ユーザーの利便性を落とさず、内部不正や情報漏えいを防ぐには?:
PR:セキュリティの新基準、Webブラウザから始めるセキュリティ強化のカギ
従業員のほとんどが最も使っているにもかかわらず、企業が望む形でセキュリティが保たれていないアプリケーションがある。それはWebブラウザだ。市場では企業向けに再構築されたWebブラウザを“エンタープライズブラウザ”と呼び注目され始めている。本記事では、エンタープライズブラウザが提供する、従来のセキュリティソリューションでは対応しきれなかった課題や解決策について紹介していく。(2024/2/5)

VMware製品を巡る今後【中編】
VMware製品群はどこへ? 買収に乗り出すのはやはり“あの企業”か
Broadcomが、2023年11月に買収を完了させたVMwareの事業に、「VMware Horizon」を含む事業がある。その売却の意向を表明した同社。買収に乗り出す企業、売却額などはどうなるのか。(2024/2/1)

VMware製品を巡る今後【前編】
VMware製品の“一部売却”は現実的か? 全貌見えないBroadcomの思惑
BroadcomはVMware を買収してから、今後に関する重要な方針を幾つか公表してきた。その中には事業売却の話も含まれている。VMwareの製品や技術のこれからの見通しとは。(2024/1/25)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
「確定申告書等作成コーナー」で不具合 Chromeでボタンを押せず/OpenAIが組織や企業向けの新有料プラン「ChatGPT Team」を提供開始
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、1月14日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/1/21)

無償版VMware ESXiも対象 VMware、サブスクリプション移行に伴い複数製品を販売終了
VMwareは複数の製品の販売終了を発表した。販売終了製品にはESXiの無償版であるVMware vSphere Hypervisorも含まれている。同社は永久ライセンスからサブスクリプションモデルへの移行を進めている。(2024/1/19)

Broadcomによる買収後のVMware
Broadcomが「VMware買収」をした真の結末とは? 生き残る製品、旅立つ製品
BroadcomがVMwareの買収を2023年11月に完了した。買収後も開発や提供が続く可能性が高いVMware製品、売却になる可能性のある製品は何か。VMware製品が今後どうなるのかを考える。(2024/1/18)

ハイブリッドワークに適した「今どきのVDI」は
VDIに描画性能は必須? 「手頃で快適なVDI」を手に入れる方法
ハイブリッドワークが広がり、技術の成熟度が進んだことで、「今どきのVDI」のシステム要件は変化した。従業員の働き方に適したVDIを構築するためのヒントを探る。(2024/1/17)

脅威を隔離するだけでは問題解決できない
「悪いものにはふた」では済まない時代、VDIのセキュリティはどうあるべきか
テレワークで多くの企業が導入したVDI。利便性とセキュリティに優れた技術だが、サイバー攻撃の巧妙化によって危機が訪れている。これまで“鉄板”と思われていた構成では脅威に対応し切れないケースが増えているのだ。(2024/1/11)

パススルーと仮想GPU【第3回】
「仮想GPU」を使い始めるには? インフラや準備の流れは?
仮想マシンでGPU(グラフィックス処理ユニット)のリソースを使う場合は、当然ながらそのための下準備が必要になる。GPUのリソースを使う2つの方法を基に、その準備の流れについて説明しよう。(2024/1/11)

「買収完了」でも安心できない
VMware製品が“消える”なんてあり得ない? Broadcom傘下での今後とは
VMware買収後のBroadcomはどう動くのか。喫緊の課題としては、VMware HorizonとCarbon Blackという2つの製品群の行方だ。(2024/1/9)

AWSの新しいシンクライアント【中編】
AWSの新しい「シンクライアント」はまるでFire TV Cube 仕事に使えるか?
AWSは新しいシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」を発表した。同シンクライアントを業務に利用するのは現実的な選択なのか。スペックを踏まえて詳しく説明する。(2023/12/29)

この頃、セキュリティ界隈で:
2024年に流行るサイバー攻撃は? 注目はやはりAI それ以上に押さえておくべき基本とは
2023年は「ChatGPT」のような生成AIが急激に台頭し、サイバー攻撃を仕掛ける側も防ぐ側も、AIの活用に注目した年だった。2024年はどのような手口が増えると予想されるか。サイバーセキュリティ各社がその予測をまとめている。(2023/12/26)

社内ルールだけではもう限界:
PR:有名無実化した「ローカル保存禁止」 セキュアなハイブリッドワークを実現する“秘密分散”の有用性は
(2023/12/20)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
当たり前のように使っている「VPN」の仕組みを学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第15回は「VPN」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/12/14)

3Dスキャナーニュース:
およそ1×1mの3Dスキャンに対応する工業用3Dスキャナーを発表
Creaformは大型部品向けの3Dスキャナー「HandySCAN 3D」に、工業用3Dスキャナー「MAX」シリーズを追加した。およそ1×1mの3Dスキャンに対応し、大きく複雑な表面を3D測定できる。(2023/11/14)

「アプリケーション仮想化」はどう役立つのか【後編】
“Windowsをやめた”ホテルチェーンが「Chromebook」を使い始めた理由
アプリケーション仮想化ツールの「Cameyo」とGoogleのクライアントOS「ChromeOS」を利用することで、「Windows」のアプリケーションを利用可能になる。この仕組みを導入したホテルチェーンの狙いとは。(2023/11/10)

DaaSとSaaSの比較【後編】
「DaaS」と「SaaS」の良さを損なわない“うまい使い分け方”は?
現代の企業にとって「DaaS」や「SaaS」といった「as a Service」は欠かせない存在だ。それぞれをどのような場面で併用したり使い分けたりすれば、よりメリットを十分に得ることができるのか。実例とともに紹介する。(2023/11/6)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
仮想デスクトップ導入時に解決したい4つの疑問とVDIセキュリティの“落とし穴”
デスクトップ仮想化はテレワーク環境の実現などさまざまなメリットをもたらす。その手法の代表例がVDI(仮想デスクトップインフラ)だ。企業が仮想デスクトップ導入に当たって解決しておきたい疑問と、VDIに潜む意外なリスクを紹介する。(2023/11/9)

DaaSとSaaSの比較【中編】
いまさら聞けない「SaaS」の利点と“やってはいけない”使い方
企業がIT管理を効率化し、変化するビジネスのニーズに応えるためには、「SaaS」などの「as a Service」の活用が鍵を握る。SaaSはどのようなシーンで役立つのか。「DaaS」がもたらすメリットとの違いはあるのか。(2023/10/31)

DaaSとSaaSの比較【前編】
いまさら聞けない「DaaS」とは何か VDIと比べたメリットは?
ビジネスの運営とIT管理を効率化する上で効果的なのが、「as a Service」の導入だ。「DaaS」(Desktop as a Service)の概要とメリット、使用例を紹介する。(2023/10/26)

仮想デスクトップの移行を考えるヒント【後編】
VDIからのDaaS移行に必要な作業とは? 「Azure Virtual Desktop」で考える
オンプレミス型VDIから「Azure Virtual Desktop」(AVD)といったDaaSに移行する企業は、仮想デスクトップの設定を見直し、変更を加える必要がある。具体的にはどのような作業が必要なのか、説明する。(2023/10/23)

仮想デスクトップの移行を考えるヒント【前編】
「Azure Virtual Desktop」(AVD)と「オンプレミスVDI」の違いを徹底比較
「Azure Virtual Desktop」をはじめとしたDaaSには、オンプレミスVDIとは異なるメリットと注意点がある。既存のオンプレミスVDIを使い続けるのか、新たにDaaSを採用するのかを判断するためのポイントを説明する。(2023/10/16)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
新Teamsアプリの一般提供開始 速度は2倍でメモリ使用量半減/「PlayStation 5」に新モデル登場 着脱可能なUHD BDドライブも用意
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、10月8日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/10/15)

VDIに起きた「ブレークスルー」とは:
PR:「日々の業務にこそGPUが必要」 VDIの生産性を爆上げするテクニックを解説
テレワークを実現させるためクラウドベースのサービスを導入した企業は多いだろう。ただ有識者によると近年「オンプレミスでのVDI」への回帰が始まっているという。鍵となるのは「FAT PCトラブル」と「NVIDIA vGPUの普及」だ。シンクライアントやVDIの豊富な導入実績を持つNECと「GPU+仮想GPUテクノロジー」の歴史を持つNVIDIAがタッグを組む意義とは何か。(2023/10/11)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「『日々の業務にこそGPUが必要』 VDIの生産性を爆上げするテクニックを解説」に関するアンケート 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/10/11)

生成AI(人工知能)の台頭、サーバレスアプリケーションの変化に注目:
ソフトウェアインフラ市場、2027年末には約2倍の3580億ドル規模に
英国の調査会社Omdiaは、世界のソフトウェアインフラストラクチャ市場の予測を発表した。2022年末時点で、ソフトウェアインフラ市場は約1670億ドル規模であり、2027年末には市場規模が推定3580億ドルに達すると予測した。(2023/10/5)

「VDI」はまだ役立つのか【第4回】
オンプレミスVDIをやめて「DaaS」に移りたくなるのはなぜ?
オンプレミスインフラで「VDI」(仮想デスクトップインフラ)を運用してきた企業が、「DaaS」に移行する動きがある。オンプレミスVDIにはなく、DaaSにはあるメリットとは何なのか。(2023/9/22)

「VDI」はまだ役立つのか【第3回】
VDI(仮想デスクトップインフラ)が古い技術なのに今でも求められるのはなぜ?
新しい技術ではないにもかかわらず、「VDI」(仮想デスクトップインフラ)へのニーズが消えないのはなぜなのか。VDIが企業から支持され続ける理由とは。(2023/9/15)

Windowsアプリケーション継続の是非を問う【第2回】
「Windowsアプリ」を「Webアプリ」に変える魔法のような現実解
従業員が利用するエンドポイントにどのようなデバイスを配備するかは、IT部門が頭を悩ませる点の一つだ。Windowsアプリケーションを利用するからといって、Windows端末に縛られることはない。それは本当なのか。(2023/9/12)

「VDI」はまだ役立つのか【第2回】
VDI(仮想デスクトップインフラ)が嫌われる“これだけの理由”
「VDI」(仮想デスクトップインフラ)にはメリットだけではなく、幾つかのデメリットが存在する。それは何なのか。主要なデメリットを整理しよう。(2023/9/8)

検証! Microsoft&Windowsセキュリティ(4):
Windows Server 2022 RDS×Windows 11仮想デスクトップは問題なく使えるのか? より安全なリモートアクセス環境を手に入れるには
Windows Server 2016以降、リモートデスクトップサービスの仮想マシンベースのデスクトップ展開では、サポートされるゲストOSにWindows 11が含まれていません。サポートの有無は別として、Windows Server 2022でWindows 11ベースのVDIを構築できるのかどうか検証してみました。(2023/9/6)

「VDI」はまだ役立つのか【第1回】
VDI(仮想デスクトップインフラ)が“なぜか愛される”のはなぜ?
「VDI」(仮想デスクトップインフラ)の導入効果を高めるには、採用前にVDIの特徴を十分に理解し、評価することが必要だ。そもそもVDIを利用するメリットとは何なのか。VDIの役割を整理しよう。(2023/9/1)

NEWS
長野県千曲市の小中学校13校が「ファイルサーバ」刷新で約30%のデータを削減
長野県の千曲市教育委員会内の小中学校は、成績や教職員名簿などの校務データ、教育コンテンツなどを管理するファイルサーバを刷新。GIGAスクール構想でデータが増える中、データを削減しながら運用している。(2023/8/31)

製造業DX:
PR:GMやJVCケンウッドが取り組む設計開発の効率化、VDIからデジタルツインへ
コロナ禍を経て、製造業の設計開発業務においてVDIなどを活用したリモートワークが普及しつつある。レノボ・エンタープライズ・ソリューションズとNVIDIAは、このVDIを基点にして設計者のコラボレーションをさらに促進するデジタルツインプラットフォームを提案している。(2023/8/18)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
仮想デスクトップ導入時に解決したい4つの疑問とVDIセキュリティの“落とし穴”
デスクトップ仮想化はテレワーク環境の実現などさまざまなメリットをもたらす。その手法の代表例がVDI(仮想デスクトップインフラ)だ。企業が仮想デスクトップ導入に当たって解決しておきたい疑問と、VDIに潜む意外なリスクを紹介する。(2023/8/7)

幅広い業界で信頼されるDXパートナー:
PR:H3Cのソリューションが実現するデジタルトランスフォーメーション 最新事例も紹介
DXに取り組む中で「複雑化するITシステム」「IT技術者の不足」「データ管理」「ネットワークセキュリティ」などの課題に直面する企業は多い。H3Cはこれらの課題をいかに解決するのだろうか。(2023/8/14)

迫る「Windows 10」のサポート終了
仮想デスクトップでWindows 11を快適に使うために「GPU」が欠かせない理由
「Windows 10」のサポート終了が迫っている。仮想デスクトップのOSも例外ではなくWindows 10から「Windows 11」への移行を検討する必要がある。Windows 11の仮想デスクトップを快適に使うための鍵は「GPU」だ。GPUを活用するポイントとは。(2023/7/28)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(17):
最新Windows Server上でのMicrosoft 365 Appsのサポート状況、サポート期間と構成には要注意
Windows Server 2022はリリースされてから間もなく2年になろうとしていますが、2023年3月以降、ようやくこの最新サーバOS上でのMicrosoft 365 Apps(Officeアプリ)の使用が正式にサポートされるようになりました。ただし、そのサポート期間やサポートされる構成については注意が必要です。(2023/7/25)

「Microsoft Teams」の“これから”を予測する【第3回】
夢の“Teams OS”が「最強で無敵のOS」になるために必要な機能はこれだ
「Microsoft Teams」をはじめとするWeb会議ツールを頻繁に利用する人にとっては、Teamsの利用に特化した“Teams OS”は理想的な選択肢になり得る。“Teams OS”が登場するとすれば、どのような機能が必要なのか。(2023/7/24)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(199):
クラウドベースの開発者向け仮想ワークステーション「Microsoft Dev Box」は、開発者の利便性向上と利用コスト最適化に貢献する?
Microsoftは、クラウドベースの開発者向け仮想ワークステーション「Microsoft Dev Box」の一般提供を開始しました。Microsoft Dev Boxは、Microsoft Intuneで管理されるWindows 365クラウドPCの技術に基づいたサービスです。(2023/7/20)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(198):
1つのライセンスを3ユーザーで共有できる「Windows 365 Frontline」は共用利用PCの新たな選択肢となるか
Microsoftは「Windows 365 Enterprise」のプレビュー機能として提供されてきた新しいライセンスオプション「Windows 365 Frontline」の一般提供を開始しました。(2023/7/14)

どうなる「Windows 11」ライセンス【第1回】
Windows 11に興味はなくても「ライセンス」だけは無視してはいけないのはなぜ?
他のMicrosoft製品と同じく「Windows 11」のライセンスは多岐にわたり、複雑だ。さらに今後、Windows 11のライセンスには大きな変化があるのではないかとの見方がある。どういうことなのか。(2023/7/9)

サーバ&ストレージニュースフラッシュ
関西電力が“3万人超が快適に使えるVDI”の実現を託した「HCI」はこれだ
関西電力グループのHCI採用事例や、クラウドストレージの使用動向調査、データセンター事業者のクラウドストレージ導入事例など、サーバ&ストレージに関する主要なニュースを3本紹介する。(2023/6/30)

VMwareとCitrixの「デスクトップ仮想化製品」を比較する【後編】
VMware HorizonとCitrix Virtual Apps and Desktopsを“仕組み”で比べる
「VMware Horizon」と「Citrix Virtual Apps and Desktops」は、どちらも広く使われているデスクトップ仮想化製品だ。両製品の機能を比較する際に確認するとよいポイントを説明する。(2023/6/27)

セミナー:
PR:設計者に働き方改革を、3D CAD環境のデスクトップ仮想化がもたらす価値
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2023/6/21)

「ESXiArgs」再燃 ESXi防御策は【前編】
VMware「ESXi」狙いの世界的ランサムウェア攻撃が“謎の復活” 専門家が警告
2023年2月に被害を広げたランサムウェア「ESXiArgs」攻撃のリスクは、決してなくなったわけではない。それどころか、ここに来て再び攻撃活動が活発化していると専門家は警鐘を鳴らす。何が起きているのか。(2023/6/21)

VMwareとCitrixの「デスクトップ仮想化製品」を比較する【中編】
VMware HorizonとCitrix Virtual Apps and Desktopsを“コストとリスク”で比較
2大デスクトップ仮想化製品「VMware Horizon」「Citrix Virtual Apps and Desktops」。両製品をどのような観点で比較すればよいのか。ポイントになるのが「コスト」と「ベンダーロックインのリスク」だ。(2023/6/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。