• 関連の記事

「ワクチン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワクチン」に関する情報が集まったページです。

3回目接種割合も一目瞭然 ワクチンダッシュボード更新 デジタル庁、オープンデータ提供
デジタル庁は、新型コロナワクチン接種状況をまとめたダッシュボードとオープンデータを刷新して公開した。(2022/1/24)

国内Aライセンスを取る方法:
モータースポーツの入口って意外と簡単! 鉄道ライターが「国内Aライセンス」取っちゃいました
富士スピードウェイを快走〜。皆さんもやってみませんか?(2022/1/22)

今回はAndroid版も対象:
「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」に更新 旧姓などを併記したマイナンバーカードに対応
新型コロナワクチン接種証明書をオンラインで取得できるアプリの新バージョンが公開された。課題の1つとして指摘されてきた「旧姓などを併記したマイナンバーカード」への対応を果たした他、軽微な修正が行われている。(2022/1/21)

ワクチン接種証明アプリ、旧姓併記に対応 iOSとAndroid版ともにアップデート
デジタル庁は、「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をアップデートし、旧姓などが併記されたマイナンバーカードでも証明書の発行が可能になるようにした。(2022/1/21)

【新連載】シリコンバレーから見た風景:
コロナ隔離者を監視するアプリ「MySOS」とは何か? コロナ禍での日本帰国と隔離生活
日米を頻繁に往復するビジネスパースンが経験した、コロナ禍の水際対策事情。そこで「MySOS」というアプリを使うというのですが、その実態は……。(2022/1/21)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
初代「Apple Watch」はまだ現役で使える? とあるIT系編集者の主張
Series 7まで到達したApple Watchだが、初代モデルを使い続けている人がいる。(2022/1/20)

「CP+」、3年ぶりパシフィコ横浜で開催も「3年前のショー形態を復活させるわけではない」
カメラ映像機器工業会は、2月に開催する映像機器展示会「CP+2022」をパシフィコ横浜での会場イベントと公式Webサイトを使ったオンラインイベントのハイブリッド形式にすると発表した。(2022/1/20)

動物病院で待つ柴犬、抱っこされてプルプル震え…… けなげな姿に「がんばれ!」「吠えないのえらい」の声
抱きしめたくなる。(2022/1/20)

元電通マン、今ドローンマン:
50代で電通を退職した元コピーライターが、ドローンで起業したワケ
35年にわたって広告畑にいるという元電通社員の森田直樹さん。退職後は、ドローン事業で起業した。「もともとはコピーライター」という経歴から、なぜドローンで起業するに至ったのか。キャリアの変遷について話を聞いた。(2022/1/20)

APIセキュリティへの懸念【第3回】
「危ない『API』」はこうして生まれる
企業やIT製品/サービスがAPIを利用する機会が増えるにつれて、APIを狙う攻撃が活発化している。APIへの攻撃の実態や懸念点と、セキュリティ強化に向けた取り組みを紹介する。(2022/1/19)

「ワクチン・検査パッケージ」一時停止報道でイベント関係者に動揺 ワンフェス実行委員会は「確認中」
政府が「ワクチン・検査パッケージ」の一時停止を検討しているという報道を受け、ワンダーフェスティバル実行委員会は「今後の開催に向け、千葉県の担当課と詳細の確認と検討を行っている」と明らかにした。(2022/1/18)

CXとDXを一挙に実現:
PR:企業と顧客の接点を丸ごとプラットフォーム化 国産ローコードツール「おもてなしSuite」とは
顧客接点がオンラインへと大幅にシフトしている中で、コストを抑えながら効率的にカスタマーサクセスを実現するというのはなかなか難しい。そこで活用したいツールが、UI/UXに精通した企業であるショーケースが新たに提供開始した「おもてなしSuite」だ。同社の担当者に、おもてなしSuiteの豊富な機能や強みについて話を聞いた。(2022/1/24)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第3回】
大手ドラッグストアが実践 「デジタル」と「リアル」の境界線をなくす方法
チャネルをどれだけ多様化させても、それぞれが独立したままでは、顧客に統一感のある体験を提供するのは難しい。マルチチャネルの真価を引き出そうとする、大手ドラッグストアCVS Healthの取り組みを紹介しよう。(2022/1/14)

グリーンDX:
PR:サステナブルでレジリエントな物流が、コロナ禍を支え社会課題を解決する
コロナ禍とECの普及によって発生した需要の急増と人材不足の板挟みによって厳しい状況にある物流業界。さらに今後は、脱炭素への対応も求められるようになる。富士通のオンラインイベント「Fujitsu ActivateNow 2021」では、サステナブルでレジリエントな物流の実現に向けたデジタル技術を活用した取り組みについて、富士通とDHL、Autofleetの3社が講演を行った。(2022/1/14)

YouTube広告からの商品購入でトラブルに…… 親のネットの使い方にどう向き合うか
コロナ禍でなかなか帰省も難しくなっている今、せっかく帰省したときには実家のIT環境を見直しておきたい。本稿では、母親が遭遇したネット広告のプチトラブルについて紹介する。(2022/1/13)

「YouTubeは偽情報対策を強化すべき」と国際ファクトチェック団体がCEOに公開書簡
YouTubeは偽情報対策を十分に行っておらず、対策を強化すべき──。世界の80以上のファクトチェック団体がYouTubeのCEOにこのような共同公開書簡を送った。特に非英語圏での対策が不十分だとしている。(2022/1/13)

ジャガー横田の夫・木下博勝、3回目のワクチン接種を報告 副反応は「発熱なし、接種部位の軽い痛み程度」
2回目接種後も副反応は軽かった木下さん。(2022/1/12)

2021年9月現在のCOVID-19の影響を考慮:
以前の水準に戻るのは「2023年以降」と予測 IDCが国内IT市場予測をアップデート
IDC Japanは、2021年9月末現在の新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内IT市場予測を発表した。2020年の実績は18兆2518億円。2021年の予測については19兆234億円とした。(2022/1/12)

「総務」から会社を変える:
2022年の総務、社内コミュニケーションのキーワードは「三位一体」と「新技術」なワケ
いまだ最適解が見えない、コロナ禍で再定義を余儀なくされた社内コミュニケーションの在り方。筆者は、これまで分断されていた施策を統合し、「三位一体」の社内コミュニケーション施策を考えながら、新たに登場している技術も採用すべきだと指摘する。(2022/1/12)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
ソーシャルメディアはパンデミックにとって毒か薬か 若者の4割がコロナ関連情報をシェアする姿勢の是非
パンデミック下のソーシャルメディアでは、デマやフェイクニュースなどが拡散し問題となった。その一方で、科学的な最新情報を自身のSNSで発信する専門家や、それらの情報を積極的にシェアする若者など、コロナ対策に利用する人々もいる。コロナ禍における、SNSの功罪を論じる。(2022/1/11)

今活用すべきツールは何か?:
PR:重要性を増す「オフィスの再設計」と「対面コミュニケーション」 専門家に聞くカギ
出社かテレワークか――コロナ禍を巡っては、こうした議論がかまびすしいが、真に目指すべきは、両者の「いいとこどり」であるハイブリッドワークだ。では、このハイブリッドワークを推し進める上で、オフィスは、そしてコミュニケーションはどうあるべきなのか。同領域に詳しい豊田健一氏に話を聞く。(2022/1/11)

石川温のスマホ業界新聞:
台湾は5Gデータ使い放題プランで平均60GBの利用量――日本は5G活用で世界から取り残されてしまうのか
エリクソンが「世界のモバイル事情と最新動向」を説明する記者説明会を開催した。同社の親会社であるEricssonでは日本や韓国の携帯電話のデータ利用量をまとめて「北東アジア」として集計しているが、この地域において日本の平均データ通信量が多いという話を聞くことはあまりない。これでいいのだろうか?(2022/1/8)

アプリは431万ダウンロードを突破:
りそなホールディングス南昌宏社長が語る コロナ禍でも業績好調の理由
りそなホールディングスは2022年3月期の中間決算を発表。銀行本来の業務からの利益である「資金利益」「フィー収益」「その他業務利益」の合計である業務粗利益は、前年同期比58億円増の3231億円で、親会社株式に帰属する中間純利益は同244億円増の808億円だった。同社の南昌宏社長にコロナ禍でも好業績の理由や今後の戦略を聞いた。(2022/1/8)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
コミケでキャッシュレス決済は普及するのか? サークル参加した副編集長に現場の様子を語らせた
丸2年ぶりの開催となったコミックマーケット(今回はC99)。コロナ禍以降では初の開催であり、感染予防対策などでデジタル技術が導入された回でもあった。現場の様子をサークル参加した副編集長が語る。(2022/1/7)

JX通信社と日立、AIでインフル流行予報
 JX通信社(東京都千代田区)と日立社会情報サービス(東京都品川区)は1月6日、AIでインフルエンザの予報を行うテストマーケティングを開始したと発表した。日立グループの開発したLumadaソリューション「感染症予報サービス」を活用し、ニュースアプリ「NewsDigest」の利用者に向け実施する。(2022/1/7)

2年ぶり開催の“コミケ”、新型コロナ対策はどうだったか? コミックマーケット99参加レポート
コロナ禍で2年ぶりの開催となってしまったコミックマーケット。数々の感染症対策として、新しい入場方法などが取り入れられている。実際にサークル出展した筆者がその模様をお伝えする。(2022/1/6)

ジョコビッチ、“ワクチン未接種で全豪出場”が特別扱いと大炎上 主催大会でクラスター出し猛批判された過去も
出場選手にはワクチン接種が義務付けられています。(2022/1/5)

MONOist 2022年展望:
半導体や樹脂不足、サプライチェーン混乱への対応に迫られる2022年
ワクチン接種なども含め“Withコロナ”への動きが進んだ2021年。製造業においても復調が期待されたが、そこに水を差したのが半導体不足などを含むサプライチェーン混乱だ。2022年はこれらへの一時的対処が進む一方、今後も断続的に生まれるサプライチェーンの問題を抑制するような根本的な対応強化も進む見込みだ。(2022/1/5)

Twitter、米共和党議員の個人アカウントを永久凍結 新型コロナ誤情報拡散で
Twitterは新型コロナ関連の誤情報を繰り返し投稿したとして米共和党議員の個人アカウントを永久凍結した。同社は新型コロナ関連ツイートで5ストライク制を採っている。凍結されたグリーン下院議員はFacebookとTelegramで「Twitterはアメリカの敵だ」と投稿した。(2022/1/3)

Mobile Weekly Top10:
iOS 15の「拡大鏡」、使ってますか?/「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」登場もiOS版でトラブル(解消済み)
(2021/12/31)

このときを待っていたんだ! 2年ぶりのコミケ開催、約束の地に集結したコスプレイヤーさんを全力レポート
2日間のコスプレ写真をまとめていきます。(2021/12/30)

2021年のデータ分析「3大ニーズ」とは?――Google Cloud調査
Google Cloudは2021年のデータ分析ニーズで顕著だった3つの要素を明らかにした。調査や開発、ビジネスモデルの構築など、幅広い用途を支えたそれらの中身とは。(2021/12/28)

中谷美紀、国際結婚したビオラ奏者の夫と“笑顔の2ショット” 「幸せが伝わってきます」「お二人の愛が溢れてる」
2018年に国際結婚した中谷さん。(2021/12/28)

いまさら聞けない自動車業界用語(19):
2020年以上に大変だった、コロナ禍2年目の自動車業界を振り返る
一難去ってまた一難、2020年以上に苦しくなった1年でした。自動車業界では一体何が起きていたのか。実際の現場視点で、この1年をまとめます。(2021/12/28)

「ハイブリッドワーク」は当たり前になる
オフィス回帰が進んでも「Zoom」がもうかり続ける理由
一部の企業でオフィス回帰が進みつつある中、Zoom Video Communicationsは成長を続けている。同社が分析する「成長の理由」は。(2021/12/28)

NRI調査:
アフターコロナ、約6割が「生活を完全には戻さない」と回答
野村総合研究所は、アフターコロナの行動回帰に関する意識調査を実施。「今後、生活を完全には戻さない」と答えた人が約6割いることが分かった。(2021/12/28)

東南アジアで5万人対象:
塩野義、国産ワクチンの最終治験入り
塩野義製薬は27日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、ベトナムで最終段階の臨床試験(治験)を始めたと発表した。東南アジアなどで約5万人を対象に有効性を確認する。令和4年3月末までの実用化を目指す。(2021/12/27)

今日のリサーチ:
アフターコロナの行動 「コロナ禍前の生活に戻していきたい」はわずか3割――野村総合研究所調査
アフターコロナの行動回帰に関する意識調査。(2021/12/27)

「CES 2022」取材を断念した理由 「リアルイベントの価値」とは何かを考える
オミクロン株まん延で相次ぐCES 2022への出展中止。取材陣も大きな影響を受けている。取材を断念した西田宗千佳さんに、事情を説明してもらった。(2021/12/27)

医療技術ニュース:
新型コロナ死亡者数の少ない理由、日本人に多い白血球の型が影響
理化学研究所は、季節性コロナウイルスに応答する記憶免疫キラーT細胞が、類似したウイルスにも反応する抗原部位を持つことを発見した。その部位が、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質領域にも、強く交差反応することが分かった。(2021/12/27)

アイルランド国営医療サービスがランサムウェア被害
コロナ禍で医療機関に“ダブルパンチ” なぜ病院は非情な攻撃を受けるのか
アイルランドで公的医療サービスを提供するHSEがランサムウェア攻撃を受け、システム停止の影響が国中に及んだ。サイバー攻撃者がパンデミック中に医療機関を狙う理由は何か。(2021/12/27)

子どもがサンタさんに書いた手紙がステキ プレゼントが「まにあわなかった」ときのお願いがジーンとくる
皆がお互いのことを思いやれる時代になるといいですね。(2021/12/24)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(5):
コロナ収束に期待感、不動産仲介の業況は上向くか?
新型コロナウイルスの感染拡大から約2年が経ちました。国内の感染状況は足元では落ち着き、日常生活が戻りつつあります。そこで今回は、アットホームが行っている「景況感調査」で業況の推移を確認し、不動産店の声なども紹介しながら不動産市場の「今」について解説していきます。(2021/12/24)

中谷美紀、新型コロナワクチン3回目の接種を報告 「微熱に頭痛、あらゆる関節の痛み」で“2日間死んだ”ように
7月に1回目と2回目の接種を終えていた中谷さん。(2021/12/23)

メカ設計 年間ランキング2021:
みんな大好きボルト設計、ガチ解説記事がよく読まれた2021年
2021年に公開したメカ設計フォーラムの全記事を対象とした「人気記事ランキング TOP10」(集計期間:2021年1月1日〜12月20日)をご紹介します。(2021/12/23)

コミケ準備会、政府のワクチン接種確認アプリ使用は「どうしても必要な方のみ」
コミックマーケット準備会は23日、政府の「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」も「コミックマーケット99」入場時の確認に使用できると発表した。ただし「どうしても必要な方のみ」に限定する。(2021/12/22)

Android版ユーザーも知るべき情報あり:
iOS版「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」に更新 海外用証明書の“氏名”にまつわる問題を解消
デジタル庁と厚生労働省が12月20日から運用を開始した「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を巡って、iOS版アプリの生成する海外用接種証明書に問題があることが判明した。12月22日に公開された新バージョンのアプリで問題は解消するが、更新前のアプリで取得した海外用証明書を削除した後、再度証明書を取得することが強く推奨される。(2021/12/22)

日本での生産も:
植物由来ワクチン「来年に7600万回分」 田辺三菱製薬社長
田辺三菱製薬の上野裕明社長が21日、産経新聞のインタビューに応じ、カナダの子会社メディカゴが開発中の植物由来の新型コロナウイルスワクチンについて、「早ければ来年中に最大で年間7600万回分の生産を目指す」との考えを明らかにした。(2021/12/22)

コロナ接種 フランスで偽造アプリ証明が横行 半年で18万件発覚
フランス内務省は、新型コロナウイルスのワクチン接種証明で6月に導入した「健康パス」について、これまでに国内で18万2000件の偽造が発覚したと明らかにした。(2021/12/22)

ふぉーんなハナシ:
新型コロナワクチン接種証明書アプリ、AndroidスマホとiPhoneで変わる「ローマ字氏名」
デジタル庁と厚生労働省が「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」の運用を開始しました。Android版とiOS版の両方で海外用の接種証明書をダウンロードしたのですが、「あれ?」と思うことがあったので皆さんに共有しようと思います。【追記】(2021/12/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。