• 関連の記事

「運用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「運用」に関する情報が集まったページです。

「MAM」の10大機能と7大製品【第2回】
業務スマホを安全にする「MAM」ツールを使いこなすために知っておきたい6機能
「MAM」(モバイルアプリケーション管理)ツールは、IT管理者がモバイルデバイス向けアプリケーションを安全に運用するためのさまざまな機能を持つ。その主な機能を取り上げる。(2022/6/24)

「Apple TV」をビジネスでこそ生かす【後編】
Apple TVを「デジタルサイネージ」で使いたくなる“賢い”理由
あらゆる業種で情報発信するために、キオスク端末やデジタルサイネージの利用が進んでいる。陰でその運用を支える手段となり得るのが「Apple TV」だという。どういうことなのか。(2022/6/24)

渋すぎるだろ! JR貨物の電気機関車「EF66形27号機」運用終了を記念した壁掛け時計の予約販売開始
500個限定!(2022/6/23)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(74):
簡単に取れる「独自ドメイン」、運用まで考えていますか?
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、セキュリティの視点から独自ドメインの運用管理についてフォーカスします。(2022/6/23)

リテール&ロジスティクス:
大阪市で延べ1.6万m2の物流施設が竣工、ロジランド
ロジランドは、大阪府東大阪市で開発を進めていた物流施設「LOGI LAND 東大阪」が2022年6月15日に竣工したことを公表した。LOGI LAND 東大阪は、西松建設が設計監理と施工を担当。加えて、1棟貸し倉庫として、SBS ロジコムへ引き渡しされ、運用が開始されている。(2022/6/23)

多言語、多国籍、多拠点チームの開発環境と働き方:
なぜ開発環境を共有フォルダ→VM→コンテナ、k8sとアップデートしていったのか――八楽における開発、運用改善の取り組みとこれから
AI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」を企画、開発、運用している八楽は、コンテナやKubernetesを活用したクラウドネイティブな開発、運用スタイルを実現している。現在活用しているコンテナやKubernetesにどのようなメリットを感じているのか、多拠点チームで開発生産性を高めるためにどのような取り組みをしているのかを交えて紹介する。(2022/6/23)

無理のないクラウドへの移行、連携を実現
「IBM iを使い続けてもいいのか、使い続けられるのか不安」ならどうする?
IBM iを使う企業は「運用要員の高齢化と人材不足」「IBM iの将来性」「クラウド化の波に乗れていない」という不安を抱えている。こうした不安を解消するには、無理をしてでもシステムを全面的に再構築するしかないのか。(2022/6/23)

クラウド/コンテナ活用でレガシーから脱却
3社の強力タッグが企業のDX/モダナイゼーションを強力に推進、その中身とは?
クラウド/コンテナを活用したIT基盤を用意しようとしても、その前にやるべきことは多い。そうした中、クラウドベンダー2社の提携で、アプリケーション開発・運用基盤が簡単に入手できるようになった。それを利用するメリットとは何か。(2022/6/23)

Japan Drone 2022:
トヨタ自動車がドローンポートを開発、ラストワンマイル物流の情報管理を視野に
トヨタ自動車は、「Japan Drone 2022」のブルーイノベーションの展示ブースにおいて、開発中のドローンポートを披露した。国内でのドローンの目視外飛行に関する法整備が完了する2023年以降をめどに、物流関連の実証実験などで運用を開始したい考えだ。(2022/6/22)

DevOpsをやさしくする「DOaaS」という選択肢【後編】
DOaaSとは? 「DevOpsは難しい」を過去にする秘策
自社でDevOpsに必要なシステムや人材をまかなうことが難しい企業は、DevOpsのITリソース運用を外部に委託する「DOaaS」の利用が選択肢になる。DOaaSによって得られるメリットを解説する。(2022/6/22)

研究開発の最前線:
AGCが内製ツールで挑むマテリアルズインフォマティクス、新組成を8倍速で発見
AGCは2022年6月から本格運用を開始した独自開発マテリアルズインフォマティクス(MI)ツールについて説明。「ARDIS」と「AMIBA」の2つで、2025年をめどに技術本部R&D部門へのシステム導入と、これらMIツールを活用できるMI人材の育成を完了させる計画である。(2022/6/21)

地震大国の日本だからこそ手薄にできないDR対策
「コスト効率が低いバックアップ」に悩む企業にこそ知ってほしい重要なポイント
DR対策におけるデータバックアップの重要性を理解しながらも、企業は「コストの問題からバックアップが手薄になっている」「システムごとにバックアップが取られ、運用管理がサイロ化している」などの状況に陥っている。(2022/6/23)

自動車業界向けAI活用入門(前編):
AI活用が進む自動車業界、その継続的な運用に必要な「MLOps」とは
AIの活用が進む自動車業界だが、その使いこなしという意味では課題も多い。本稿は前後編に分けて、自動車業界が抱えるAI活用の課題を取り上げるとともに、その解決策として「機械学習モデル管理の重要性」(前編)と「コネクテッドデータの活用」(後編)という2つの観点で解説する。(2022/6/21)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(121):
フェイルオーバークラスタインスタンスで使用しているドライブ文字に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、フェイルオーバークラスタインスタンスで使用しているドライブ文字に関する情報の出力について解説します。(2022/6/21)

被告の逃亡防止用GPS端末 本格運用に不安はないか
保釈された被告にGPS搭載端末の装着する制度が導入されることが決まり、逃亡防止への効果が期待されている。一方、端末の性能に加え、逃亡を図られた場合に迅速に身柄確保につながる仕組みをどう構築するのかなど課題は多い。(2022/6/20)

ロボット:
大成建設がロボット統合管制プラットフォームを開発、異なるメーカーのロボットを連携
大成建設は、施設内で稼働するさまざまなロボットの運用や建物設備との連携を一元管理するロボット統合管制プラットフォーム「RoboHUB」を開発した。RoboHUBは、適用することで、異なるメーカーの多様な機能を持つロボットを同時に接触なく稼働させ、設置されている建物設備との連携などが可能。今後は、大成建設が設計・施工を手掛けた病院で、ロボット運用計画や建物設備との連携を踏まえた施設設計を行い、2023年1月に運用を開始する。(2022/6/20)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「ITインフラ/データベースの運用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/6/20)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(120):
テープデバイスの一覧と状態情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、テープデバイスの一覧と状態情報を出力する方法について解説します。(2022/6/20)

「Windows 10」標準ツールで強化するセキュリティ【第4回】
GPO(グループポリシーオブジェクト)とは? 危ないWindowsを生まない仕組み
Microsoftは、企業が安全に「Windows 10」搭載デバイスを運用できるようにするために、さまざまなセキュリティ向上の仕組みを設けている。主な仕組みを整理する。(2022/6/20)

ドラマ本編にAIが広告をさりげなく合成する技術、フジテレビが運用 「ゆくゆくは広告で途切れない動画配信に」
フジテレビは17日、AIを用いてドラマ本編に交通広告やポスターといった形で広告を合成するシステムを本格運用すると発表した。ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」から導入する。(2022/6/17)

「食べログ」独禁法違反、地裁判決は「不当」 カカクコムが即日控訴
カカクコムは、「食べログ」のアルゴリズム運用に独禁法違反があったと認めた東京地裁判決は「不当」だとし、東京高裁に即日控訴した。(2022/6/17)

カーボンニュートラル:
大成建設がCO2評価ツールを開発、建物のライフサイクルで生じるCO2排出量を算出可能
大成建設は、建築物のライフサイクルで生じるCO2の概算値を短時間で容易に算出するツール「T-LCAシミュレーターCO2」を開発した。T-LCAシミュレーターCO2は、建築物のライフサイクル「調達、施工、運用、修繕、解体」で生じるCO2排出量や削減効果を、建築物の初期計画段階からライフサイクルまでの概算値として算出することが可能で、顧客のCO2排出削減目標を意識した建設計画を支援し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献する。(2022/6/16)

これからのデジタルマーケティングを切り開く「運用型クリエイティブ」入門:
なぜ「運用型クリエイティブ」がうまく回らないのか 3つの観点から課題と対処法を考える
運用型クリエイティブにおける「メッセージング」「プランニング」「体制づくり」の3要素について、現状の課題と対処法をお伝えします。(2022/6/15)

EDRとネットワークの連携で実現:
PR:「人手もコストもかけられない」企業でも容易に導入可能なEDRとは
サイバー攻撃が激化し、規模を問わずさまざまな企業が被害を受ける中、どのような対策をすべきか。「もはや予防措置だけでは不十分」という認識からEDRの導入を検討するものの、人材不足や運用負担の大きさを理由に諦めていないだろうか。(2022/6/16)

楽天モバイル、新プランで0円廃止後も「実質0円」で運用するには?
楽天モバイルの新プランでは、通信量が0GB〜3GBまでは1078円(税込み)になり、0円での維持はできなくなります。楽天市場で頻繁に買い物をするのであれば、楽天モバイルを利用し続けるメリットもあります。では、楽天でどれだけ買い物をすれば、Rakuten UN-LIMIT VIIの1078円の元が取れるのか。(2022/6/14)

製造マネジメント インタビュー:
品質不正にもつながるスキル管理のばらつき、デジタル化による可視化で改革を
多くの製造現場ではスキルマップを作成し、技術者のスキルを見える化、管理、運用する体制を整えている。品質マネジメントの国際規格であるISOの監査などで必要になるためだ。一方で現在、技術者のスキル取得状況を可視化することで、経営戦略の実現や品質不正の防止に役立てようとする動きもあるという。デジタル上でのスキル管理サービスを展開するSkillnote 代表取締役に、国内製造業におけるスキルマネジメントの現状や課題について話を聞いた。(2022/6/14)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(119):
欠落インデックスによる実行プランへの影響に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、欠落インデックスによる実行プランへの影響に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/6/14)

製造業DXに向けたITインフラ革新のヒント - 第4回 IT&OT融合編:
PR:エッジコンピューティングによる脱“Excel”が中堅中小製造業のDXを推進する
国内製造業においてDX推進のスピードで遅れがみられるのが中堅中小の製造業だ。古い設備の運用を継続しているなどデータ収集が難しい上に、せっかく集めたデータを活用しようとしても工場の現場側と情報システム部門の間に横たわる意識の違いによって取り組みが前に進まなくなるなどの課題がある。これらの課題を解決すべく、シュナイダーエレクトリックとデル・テクノロジーズが協業をスタートさせる。(2022/6/13)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(118):
欠落インデックスの列の情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、欠落インデックスの列の情報を出力する方法について解説します。(2022/6/13)

WANを捨てるべきか、生かすべきか【後編】
VPNどころかWANを捨てる時がきた――求められる発想の転換
企業が必要とするネットワークは、テレワークが広がったことで変わった。コストも運用の手間もかかる拠点間のWANは、廃止の対象になる。今後はどうなるのか。(2022/6/10)

ITR甲元氏と考える
「守りのクラウド運用」 複雑化する課題解決の鍵「オブザーバビリティ」とは?
複雑化するクラウド環境。増大する「コスト」「セキュリティリスク」「管理負荷」を解消するために何が必要か。エキスパートと考える。(2022/6/14)

PCもサービスで使う
どこでもオフィスになる時代 「as a Service」で実現する次世代のPC活用
調達や配布、運用、リプレースといったPCライフサイクル管理に関連する業務は、企業のIT部門がDXに専念することを妨げている。PCの管理にかける時間を短縮し、業務の負担を軽減するにはどうすればよいのか。(2022/6/10)

クラウドはもっと「楽」に運用できる
DX推進の鍵 「攻めのクラウド運用」を実現するには?
DX推進において他社との抜本的な差別化を図る上で、“攻め”のクラウド活用は極めて効果的な策だ。しかし、それを実現するのは簡単なことではない。どうすればいいのか。(2022/6/9)

IT運用担当者が着目すべき「トイル」というキーワード:
PR:IT運用管理をめぐる状況は激変、これをチャンスとするには
DXの波により、IT運用管理をめぐる状況は激変している。既存システムの運用はますます効率化が求められ、新たなシステムでは短いリリースサイクルに運用も追随していかなければならない。これらにどう対処するか。「アシスト運用フォーラム」では具体的な解決策が提示された。(2022/6/9)

銀行は本当に3億行のCOBOLコードと縁を切れるのか 脱メインフレームの動向
問題なく稼働するプログラムに触れてはいけない。変えようとしてはならない。メインフレームシステム運用のセオリーは万国共通だったようだ。しかし、銀行のコア機能もいよいよクラウドを意識せざるを得ない時期が来たようだ。米国の銀行業界のトレンドを調査から追う。(2022/6/8)

DevOpsをやさしくする「DOaaS」という選択肢【前編】
「DevOps」は何がうれしいのか? 根付かない理由は?
アプリケーションの開発と運用のプロセスを融合する「DevOps」が広がりつつある。企業はDevOpsのために何をすべきなのか。それによってどのような恩恵を得ることができるのか。(2022/6/8)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「システム構築・運用の自動化」に関するアンケート 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/6/9)

6月1日に運用開始:
「お願いしマッチョ」「噛み締めてゆくぅ〜」 千葉銀行、公式Twitterアカウントの“ゆるい”投稿が話題
千葉銀行が6月1日から、公式Twitterアカウントの運用を開始した。厳格なツイートを心掛けるとしているが、投稿内容は“ゆるい”。SNSでちょっとした話題になっている。(2022/6/7)

電気自動車:
ENEOSがNECから受け継いだEV充電事業をスタート、再エネ100%の急速充電も
ENEOSは2022年6月6日、NECから承継したEV(電気自動車)用充電器の運営事業を開始したと発表した。NECから事業譲渡を受けたのは充電器4600基で、主に普通充電器となる。充電器の運用管理システムはNECが引き続き提供することで合意している。ENEOSは充電器の運営と管理業務を担う。(2022/6/7)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(117):
インデックスが欠落している列に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インデックスが欠落している列に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/6/7)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「IT運用上の課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/6/6)

「Windows 10」標準ツールで強化するセキュリティ【第3回】
Windowsの無料セキュリティ「Defender」シリーズ 主要ツールの違いは?
「Windows 10」が標準搭載するセキュリティツール「Defender」シリーズは、安全にWindows 10搭載デバイスを運用する上での助けになる。Defenderシリーズの主要ツールを整理しよう。(2022/6/6)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(116):
インデックスの操作数と前回の実行日時に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インデックスの操作数と前回の実行日時に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/6/6)

Social Media Today:
いつ投稿すると最も話題になる? Instagram、Facebook、Twitter、LinkedInを比べた
各種SNSでアカウントを運用する上で、最も良い反応を得るために投稿時間はいつにすべきなのか。3万人分の利用データから得られた洞察を提供する。(2022/6/3)

「不真面目」DXのすすめ:
クラウドで目から鱗(うろこ)のアプリ開発
あなたの会社ではクラウドを使っていますか。クラウドを採用していても本当の意味では使っていない、例えばクラウド運用を外部企業に委託している企業は「もったいない」と筆者は断言します。その真意は?(2022/6/3)

ICT:
位置プラス「高車管理」のキーレスシステムを開発、竹中工務店
竹中工務店は、東海理化や東海理化クリエイト、レンタルのニッケンとともに、位置プラス「高車管理」のキーレスシステムを開発した。位置プラスの高車管理は、竹中工務店が開発した高所作業車の位置把握や予約などを行う業務アプリで、他社も含めて幅広く利用されている。今回は、高車管理の予約機能と東海理化のデジタルキーを連動することで、高車鍵のスマートフォンアプリでの解錠が可能となり、元請会社・協力会社の鍵管理手間を削減する。なお、大阪市内の建設現場にて実証試験を完了し、現在、キーレスシステムの実用化に向け供給体制を構築しているだけでなく、システムは、国内の建設現場で運用されている22種類の高車に取り付けられる。(2022/6/3)

なぜ?:
よかれと思って導入「勤務間インターバル」が、“大きなお世話”になってしまう理由
なぜ、勤務間インターバルは“大きなお世話”な制度になってしまうのでしょうか。勤務インターバルとは何か、運用方法と合わせて解説します。(2022/6/3)

新たなソリューション導入で、新規事業を生む
「ローカル5G」の普及期がついに到来 Wi-Fiにはできない無線の活用法とは?
企業や自治体が自前の「5G」ネットワークを運用する「ローカル5G」には、「Wi-Fi」にはないメリットがある。企業はローカル5Gをどのように活用しているのか。事例を基に説明する。(2022/6/3)

AI:
AIモデルを用いた地中埋設探査システムを開発、戸田建設
戸田建設は、富士通やきんそくとともに、地中埋設管の破損事故を未然に防ぐための埋設探査で、AIモデルを用いて埋設管を効率的に検出する埋設探査システムのプロトタイプシステムを開発した。さらに、2021年6〜11月にかけて試験運用によりシステムの有効性を確認し、2022年4月より実用化に向けたシステムの構築を開始した。(2022/6/2)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(172):
Azureの新たなサーバレスのコンテナ実行環境、Azure Container Appsの一般提供開始
Microsoft Ignite 2021で発表された「Azure Container Apps」サービスの一般提供が始まりました。これにより、Microsoft Azureにまた1つ、運用環境で利用可能なコンテナ(ただしLinuxコンテナ)対応のサービスが増えました。(2022/6/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。