• 関連の記事

「トランプ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トランプ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

最高裁の中絶の権利を認めない判断を受け、多数の米IT企業が従業員保護を表明
米連邦最高裁は、妊娠中絶は女性の権利だとした判決を覆す判断を示した。これを受け、GoogleやAppleなど、多数の企業が従業員の中絶のための医療を支援すると表明した。(2022/6/25)

TikTok、米ユーザーデータをOracleのクラウドに移管したと発表 中国からアクセスされたという報道も
中国ByteDance傘下のTikTokは、米国のユーザーデータの保存場所をOracleのクラウドに移管したと発表した。翌日、BuzzFeedがTikTokのユーザーデータは過去に中国からアクセスされていたと報じた。日本など米国以外のユーザーデータの保存場所は従来どおりだ。(2022/6/19)

キューマ役は山下智久! Netflix「今際の国のアリス」シーズン2、新たに6人のキャストの出演が発表
キューマは「チャレンジングな役」だったとのこと。(2022/6/19)

Microsoft「ライセンス規約変更問題」の行方【後編】
「AzureじゃないクラウドだとOfficeが高くなる」ライセンス規約は違法なのか?
Microsoftは同社のライセンス規約により、欧州の独占禁止法違反の疑いで欧州委員会から調査を受けている。一方で米国の独占禁止法に違反しているかどうかの判断は、より難しくなるという。その背景は。(2022/6/13)

『不思議の国のアリス』“狂ったお茶会”のアフタヌーンティーセットがフォトジェニック  ハートの女王風クマちゃんやチェシャ猫のミニケーキに「かわいすぎる!」の声
どれから食べようか迷っちゃう!(2022/6/6)

石川温のスマホ業界新聞:
2024年、スマホのカメラは一眼レフの画質を超える――ハイエンドは1インチクラスが増えるとソニーが断言
スマートフォンの“差別化”が難しくなったと言われる昨今、カメラ機能を差別化要素として見いだす動きが続いている。グループ内で一眼カメラを手がける一方で、スマホ向けのカメラセンサーでも大きなシェアを持つソニーグループだが、カメラセンサーの事業会社の社長が「2024年にはスマホの静止画は一眼レフの画質を超える」と明言した。(2022/6/5)

世界トップクラスの立地:
「ふさわしくない」は的外れ 100円ショップやワークマンの「銀座」進出が歴史的必然なワケ
ダイソーのような100円ショップやワークマンが次々と銀座位に進出している。イメージアップのためと考えている人も多いかもしれない。筆者はビジネス上のメリットが他にもあると指摘する。(2022/5/30)

Broadcom、VMwareを610億ドル(約7.8兆円)で買収
半導体メーカーのBroadcomは、クラウドコンピューティングや仮想化技術を手掛けるVMwareを買収すると発表した。買収総額は約610億ドル(約7.8兆円)。VMwareのCEOは「優れた企業向けソフトウェアプレーヤーの誕生」と語った。(2022/5/27)

XiaomiとLeicaが協業 共同開発のスマホが7月登場
Xiaomiと、ドイツの老舗カメラメーカーであるLeica Cameraは5月23日、モバイルイメージング領域で長期的なパートナーシップを結んだと発表した。両者で共同開発したスマートフォンを7月に発表することも明らかにした。それに際して両者はコメントを発表している。(2022/5/23)

会議で視聴率の話は1回も出ていない――フジ深夜の激ヤバ番組「ここにタイトルを入力」若手Dがテレビというメディアで表現したかったこと
ヤバい番組の源流である原田和実ディレクターは入社3年目。(2022/5/14)

永久凍結「間違い」:
「道徳的に間違っており、とても愚かだ」マスク氏、トランプ氏排除を撤回
電気自動車大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は10日、買収合意した米短文投稿サイト大手ツイッターの運営をめぐり、トランプ前米大統領のアカウントを永久凍結した対応を撤回する考えを表明した。(2022/5/11)

イーロン・マスク氏、「Twitterの買収が完了したらトランプ氏の永久凍結を解除する」
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏はインタビューで、トランプ氏のアカウント永久凍結は間違えだったと語った。買収が完了したらトランプ氏のアカウントを復活させるとも。(2022/5/11)

イーロン・マスク氏のTwitter買収で何が変わるのか? 問われる“自由”の意義
イーロン・マスク氏がTwitterを買収することが承認されました。マスク氏はTwitterを買収する理由について、言論の自由が危ういことを挙げています。マスク氏は「法律をはるかに超えた検閲に反対する」とも述べています。(2022/5/2)

イーロン・マスクが唱える「自由なTwitter」の功罪 買収がもたらす“変化”とは
イーロン・マスク氏が、Twitterの全株式を買収し、運営に携わることとなった。マスク氏は、Twitterを誰もが自由に話せるべき場所にしたい、と考えているようだが、この「自由」とはどんな意味を持つだろうか。(2022/4/30)

イーロン・マスク氏によるツイッター買収は終わりの始まりか、あるいは何かの始まりなのか
イーロン・マスク氏によるTwitter買収が世界中で波紋を起こしている。彼が目指す自由な発言の場とはどういうことか。TwitterというSNSの特性から読み解く。(2022/4/28)

「Twitter有料化」がトレンド入り イーロン・マスク氏の買収でTwitter民がつぶやく“期待と不安”
4月25日(現地時間)に、米Tesla CEOで起業家のイーロン・マスク氏がTwitterを買収すると発表して以来、Twitterが今後どうなるのかに注目が集まっている。(2022/4/26)

狂気のマジックショーに視聴者呆然「思ってたのと違った」 フジ「ここにタイトルを入力」がまたやりやがった!【ネタバレあり】
ある意味奇跡の瞬間を目撃した。(2022/4/26)

トランプ元大統領、「マスク氏がTwitterを買収しても戻らない」とFox Newsに語る
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏は「すべてのユーザーを認証する」と語った。だが、昨年アカウントを永久凍結されたドナルド・トランプ前米大統領はたとえ凍結を解除されてもTwitterには戻らないと語った。同氏が立ち上げたSNS「Truth」にとどまるとしている。(2022/4/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
イーロン・マスクのTwitter買収劇、その真実に迫る
イーロン・マスク氏によるツイッター買収劇は、どのようにして始まったのか。マスク氏とツイッター社のこれまでの関係や「敵視」を向けたタイミングなど、ここ数年のツイート内容などから考察する。(2022/4/22)

リアーナとの子が誕生間近のエイサップ・ロッキー、空港で逮捕される
リアーナの故郷バルバドス旅行から一緒に帰ってくるところだったよう。(2022/4/21)

ファイナルファンタジー35周年記念Tシャツがユニクロから登場 歴代ナンバリング16作品をフィーチャー
2点以上購入した人には、先着でオリジナルトランプをプレゼント。(2022/4/19)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
肌で感じた半導体投資の大きさ ―― キオクシア北上工場 取材記
先週の4月6日、岩手県北上市のキオクシア 北上工場を取材してきました。同日行われた、北上工場第2製造棟の起工式と、それに伴う記者会見取材が主な目的でした。(2022/4/15)

海外医療技術トレンド(82):
ソフトウェア部品表「SBOM」に着目、米国FDAの医療機器市販前セキュリティ対策
本連載第80回で、米国食品医薬品局(FDA)の2022会計年度医療機器ガイドライン策定計画を取り上げたが、早速、市販前サイバーセキュリティ要求事項に関する草案が公開された。(2022/4/15)

イーロン・マスク氏、なぜツイッターの筆頭株主に? 過去ツイートから分析
米スペースXとテスラのイーロン・マスクCEOが米ツイッターの取締役就任を辞退した。マスク氏は株式取得の経緯や取締役辞退の理由を明らかにしていないものの、筆頭株主の地位は変わらず、経営や事業展開など今後の同社の意思決定に一定の影響力を行使するものとみられる。マスク氏はなぜ世界的なSNSプラットフォームの筆頭株主になったのか。過去のツイートを紐(ひも)解き、分析する。(2022/4/12)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
世界の秩序が変わり、冷静に判断する時
欧米の支援を受けるウクライナとロシアの衝突が続く中、これまで以上に中国の動向が注目されています。フィデリティ・インターナショナルのCIOが今後想定されるシナリオとグローバル経済の行方を解説します。(2022/4/7)

世界を「数字」で回してみよう(69)番外編:
「それでもコロナワクチンは怖い」という方と一緒に考えたい、11の臨床課題
EE Times Japanでおなじみの「エバタ・シバタコンビ」が戻ってきました。今回は、「健康上の都合からワクチン接種に対する恐怖心がどうしても消えない」という読者、”K”さんのメールに端を発したものです。そこからシバタ医師が読み取った、コロナ後遺症への対応などを含む、11個のクリニカル・クエスチョン(臨床上の課題)をご紹介します。(2022/4/4)

コース料理を自動で口に運ぶマシン ベルトコンベヤー式に食べるYouTuberのハードモード感がすごい
テンポ感もすごい。(2022/4/2)

料金は1泊10万円から:
任天堂の旧本社社屋がホテルに、Plan・Do・Seeが発表 建築家の安藤忠雄氏監修
任天堂の旧本社社屋がホテル「丸福樓」として開業する。プロデュースを手掛けたPlan・Do・Seeが発表した。建築家の安藤忠雄氏が設計・監修を担当したほか、施設の一部は任天堂創業家の山内家がプロデュースしたという。(2022/3/31)

一度泊まれば一生自慢できるぞ! 旧任天堂本社に泊まれるホテル「丸福樓」がついに開業、一足早く内部をレポート
モダンで豪華な空間を堪能できます。(2022/3/31)

Netflix「今際の国のアリス」シーズン2が12月配信へ
クランクアップ直後のキャストコメント映像も公開。(2022/3/30)

「Web2.0」って何だったの? 「Web3」との違いは? ネットに詳しいけんすう氏に聞いてみた
「Web3」という言葉をよく耳にするようになったが、そもそもWeb3の前に提唱された「Web2.0」とは何だったのだろうか。起業家の「けんすう」こと古川健介氏と、元ITmedia NEWS記者の「ゆかたん」こと岡田有花氏に、Web2.0の振り返りと、Web3への展望について語ってもらった。(2022/3/24)

中国、ロシアとの微妙な立場 「フェイクニュース法」受けTikTokのサービス停止
ウクライナに侵攻したロシアの「フェイクニュース法」を受けて、中国系動画投稿アプリ「TikTok」がサービスの一時停止を発表した。ロシアとウクライナの情報戦は「TikTok戦争」とも呼ばれる中、中国の微妙な立場が垣間見える。(2022/3/10)

「NO MORE映画泥棒」がファッションブランドとコラボ おしゃれすぎる私服オフを披露し「イケメン」「かっこいい」と話題
特集ページで公開中の写真と動画が良すぎる……。(2022/2/27)

らくスマ/arrows向け会員サービスが登場 健康寿命の延伸を目指す取り組みも
FCNTが、らくらくスマートフォンやarrows向けの会員サービス「La Member’s(ラ・メンバーズ)」を2月24日から提供する。スマートフォンの基本操作を解説した動画や役立ち情報、毎日の歩数や記事の閲覧などでためられるポイントを提供する。「人生100年時代」を見据え、健康寿命の延伸を目指す取り組みも展開していく。(2022/2/25)

トランプ前米大統領の新SNS「Truth Social」アプリiOS版公開(ほとんどのユーザーがログインできず)
ドナルド・トランプ前米大統領が立ち上げた新SNS「Truth Social」のiOSアプリが米国で公開された。公開数時間で無料アプリランキングのトップになった。だが、ほとんどのユーザーがログインできていないと報じられている。(2022/2/22)

公園でカラスの死骸を発見、死因を調べると…… 野生動物の命を見つめる法獣医学ミステリー『ラストカルテ』が新視点の面白さ
新しい視点の漫画です。(2022/2/17)

ツイステファンお手製「オーバーブロットしたリドルのドレス」が圧巻の美しさ 細部までこだわりぬいた一着に「ずっと眺めていられる」の声
恐ろしいほどの美しさ。(2022/2/14)

Marketing Dive:
Googleが訪問数でTikTokに抜かれる ポストCookie時代の勝者は?
Cloudflareが発表する2021年のトラフィックランキングでGoogleはTikTokに首位の座を明け渡した。このことは何を意味するのか。(2022/2/4)

債権総額35兆円:
“人類史上最大”のバブルはどうなる? 中国大手不動産の行方 
人類史上、経済の「バブル」というものは何度も膨らんでは弾けている。日本では1980年代後半に起こった平成の大バブルとその崩壊が印象深いはずだ。(2022/1/31)

辻希美「ビックリするくらいダラダラしてしまった」 “ざんげ”のお片付け動画で“ハチャメチャ”なリビング公開
大人だって冬休みがほしい。(2022/1/26)

モバクソ畑でつかまえて:
今のゲーム内容が昭和だと言うなら昭和という時代に謝ってほしい 突如リリースされたスマホゲーム「カイジ 闇の黙示録」の衝撃にざわざわ
思わずTwitterもざわざわ。(2022/1/21)

丸福樓(まるふくろう):
任天堂の旧本社がホテルに 新棟は安藤忠雄氏が設計監修/4月開業
任天堂旧本社社屋が、4月にホテル「丸福樓(まるふくろう)」として生まれ変わる。(2022/1/21)

任天堂旧本社がホテル「丸福樓」として再生し4月に開業 1室料金は7万円前後から約20万円まで
既存の建物に安藤忠雄氏の設計監修による新建築が加わって新生。(2022/1/20)

米議事堂乱入事件の下院調査委員会、Alphabet、Meta(旧Facebook)、Twitter、Redditに召喚状
2021年1月6日の米連邦議会議事堂乱入事件について調査中の米連邦議会下院特別委員会は、Alphabet、Meta、Twitter、Redditに召喚状を送った。昨年夏に事件に関する記録の提出を求めたが、十分な回答がなかったため。(2022/1/14)

ECMAScriptで学ぶ正規表現(1):
「正規表現」とは――すぐに使う方法と「ECMAScript」のバージョン
正規表現の基本と、ECMAScript(JavaScript)における利用方法を紹介する連載。初回は、ECMAScriptのバージョンと正規表現の機能対応、ブラウザでのサポート状況、正規表現を扱う方法(オブジェクト、メソッド)について。(2022/1/14)

解決! OSSコンプライアンス(1):
「OSSはただの無料ソフト」「うちの会社に関係ない」? 企業におけるオープンソースの戦略的活用と法的リスク
「OSSなんて、うちの会社に関係ない」「無料なんだから、使い倒せばいいだけでしょ?」。まだ、こうした考えを持っている企業も多い。だが、ソフトウェアをビジネスの武器にしようとしている企業は、OSSの利用を避けることはできない。利用を適切に管理しないと、思わぬ法的トラブルを引き起こす可能性がある。 この連載ではOSSコンプライアンスに関するお悩みポイントと解決策を具体的に紹介する。(2022/1/13)

トランプで遊びながら全自動でカクテルを作る方法 絶対自分で作った方が早いピタゴラ風装置が楽しい
明らかに普通にカクテルを作った方が早いけど、楽しいのはこっち。(2021/12/31)

このときを待っていたんだ! 2年ぶりのコミケ開催、約束の地に集結したコスプレイヤーさんを全力レポート
2日間のコスプレ写真をまとめていきます。(2021/12/30)

Googleさん:
激動の2021年にGoogleはどう動いたか、振り返ってみた
2021年の終わりに、Google関連の出来事を振り返りました。コロナ禍でもスマートホームやスマートフォンの新製品をたくさん出し、規制当局の対応に追われた1年でした。(2021/12/28)

オリエンタルホテルが「こたつ付き」ぐうたら宿泊プラン みかん&マジックハンド完備で客をこたつから出す気がない
で、でられねぇ……。(2021/12/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。