• 関連の記事

「大統領」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大統領」に関する情報が集まったページです。

IoTセキュリティ:
米国大統領令の影響か? 商用ソフトウェアのOSS由来脆弱性が減少傾向に
日本シノプシスは、商用ソフトウェアにおけるOSS(オープンソースソフトウェア)の利用状況を調査した「2022年オープンソース・セキュリティ&リスク分析(Open Source Security and Risk Analysis:OSSRA)レポート」の結果について説明した。(2022/5/20)

日米両政府、半導体生産で協力 共同声明で調整
日米両政府はバイデン米大統領の来日に合わせ、半導体の研究開発や生産で協力を強化し、安定的な確保を図ることで合意する方針を固めた。日米による共同声明に盛り込む方向で調整を進める。(2022/5/16)

永久凍結「間違い」:
「道徳的に間違っており、とても愚かだ」マスク氏、トランプ氏排除を撤回
電気自動車大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は10日、買収合意した米短文投稿サイト大手ツイッターの運営をめぐり、トランプ前米大統領のアカウントを永久凍結した対応を撤回する考えを表明した。(2022/5/11)

バイデン政権の大統領報道官サキ氏が退任 後任は初の黒人女性
バイデン政権の大統領報道官、ジェン・サキ氏が退任する。後任は副報道官のカリーン・ジャンピエール氏。黒人女性として、また同性愛者であることをカミングアウトした人として初の大統領報道官になる。(2022/5/6)

トランプ元大統領、「マスク氏がTwitterを買収しても戻らない」とFox Newsに語る
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏は「すべてのユーザーを認証する」と語った。だが、昨年アカウントを永久凍結されたドナルド・トランプ前米大統領はたとえ凍結を解除されてもTwitterには戻らないと語った。同氏が立ち上げたSNS「Truth」にとどまるとしている。(2022/4/26)

オバマ元米大統領、「SNSは米国の二極化に影響を及ぼした」と語り対策を提示
バラク・オバマ元米大統領はスタンフォード大学のイベントの基調講演で、SNSの問題について語った。SNSが広告収入のために選択したプラットフォームの設計が米国の二極化に影響を及ぼしたと批判した。(2022/4/22)

入社式で:
プーチン氏「人の鏡を持っていない」 楽天グループ三木谷氏が指摘
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は1日に開いた入社式で、ウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン大統領について、「(部下の厳しい直言を受け入れる)『人の鏡』を持っていない」と述べ、ウクライナへの支援を続ける姿勢を示した。(2022/4/2)

キエフはキーウに ゼレンスキー大統領はTwitterで「感謝」
外務省は3月31日、ウクライナの首都の呼び方をこれまでの「キエフ」からウクライナ語に近い「キーウ」に変更すると発表した。ウクライナのゼレンスキー大統領はTwitterで感謝の意を伝えている。(2022/4/1)

九電社長「要請聞いていない」 露産ガス代金のルーブル払い
G7のエネルギー相は、ロシアのプーチン大統領が自国通貨ルーブルで天然ガス代金を支払うよう要求したことを拒否するとした共同声明を発表した。これについて日本のエネルギー関連企業からはまざまな受け止めが聞かれた。(2022/3/30)

九電社長「要請聞いていない」 露産ガス代金のルーブル払い
日米欧の先進7カ国(G7)のエネルギー相は、ロシアのプーチン大統領が自国通貨ルーブルで天然ガス代金を支払うよう要求したことを拒否するとした共同声明を発表した。これについて日本のエネルギー関連企業からは29日、さまざまな受け止めが聞かれた。(2022/3/29)

Huaweiとの関係深いロシア:
ロシアのウクライナ侵攻、“5G冷戦”の引き金に
ロシアのウクライナ侵攻に対し、米国をはじめEU、英国など各国が制裁を実施した。各種禁輸措置に加え、ホワイトハウスはロシアに対して半導体関連の制裁も策定したが、この措置が通信領域において新たな種類の冷戦を引き起こすことになったのではないだろうか。(2022/3/29)

ウクライナ侵攻から1カ月:
ロシアの新興財閥が離反の動き スイス隠し資産公開でプーチン氏“金欠地獄”か
ウクライナ侵攻から1カ月が経過し、ロシア軍の苦戦も伝えられるが、ウラジーミル・プーチン大統領が戦争を止める気配はない。そこで西側諸国が経済制裁の標的とするのがソ連崩壊後に勃興した「オリガルヒ(新興財閥)」と呼ばれる大富豪たちだ。(2022/3/28)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
同時通訳ってやっぱりすごいよ……機械翻訳が進化しても「言語を学ぶ」は廃れない?
ウクライナのゼレンスキー大統領が衆議院で行った演説で同時通訳が話題となっていた。かなりのハイレベルが求められる同時通訳だが、機械翻訳に取って代わるようになるのだろうか。編集者二人の意見。(2022/3/25)

ゼレンスキー大統領の国会演説、衆議院公式中継あり 会議室の様子を撮影
衆議院議会は3月23日に実施する、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の国会演説を「衆議院インターネット審議中継」で配信する。中継開始時刻は午後5時50分。(2022/3/23)

ゼレンスキー大統領の国会演説が23日18時から YouTubeやニコニコでも視聴できるぞ
外国の元首による国会演説がオンライン形式で行われるのは初めて。(2022/3/23)

バイデン大統領、「ロシアのさらなるサイバー攻撃に備えよ」と企業に呼び掛け
バイデン大統領は、米国に対するロシアのサイバー攻撃が増大する可能性があると再警告した。重要なインフラを運営する企業に対し、改めてセキュリティを強化するよう呼び掛けた。(2022/3/22)

「ウクライナ大統領はスーツを持っていないのか」 ゼレンスキー大統領の米議会演説、服装批判の米経済評論家が炎上
主張を改めない様子に非難殺到。(2022/3/18)

ウクライナ、暗号資産を合法化
ウクライナのゼレンスキー大統領は暗号資産に関するウクライナ法に署名した。これによりウクライナで暗号資産の法的市場の立ち上げが可能になる。ロシアによる侵攻後、同国は3週間で約64億円相当の暗号資産を調達した。(2022/3/17)

負の遺産:
ウォンが暴落 韓国政権交代も経済は“視界ゼロ”
尹氏は10日、当選を受けて、「国民をだまさない正直な政府、国民の前に正直な大統領になる」と決意を述べた。経済については政治主導から「人中心」に転換することを約束し、「持続可能な発展は、成長と福祉が公正に好循環してこそ可能だ」と力説した。聯合ニュース(日本語電子版)が伝えた。(2022/3/13)

米バイデン政権、“デジタルドル”構想を含む暗号資産に関する大統領令
バイデン米大統領は、暗号資産のリスクとメリットの調査を政府に求める大統領令に署名した。デジタルドルに当たる中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究開発やデジタル資産による不正金融リスクの軽減を求める内容だ。(2022/3/10)

米、デジタルドル検討へ 大統領令、中国対抗や制裁回避封じ
【ワシントン=塩原永久】バイデン米大統領は9日、「デジタルドル」の研究を連邦政府に指示する大統領令に署名した。暗号資産(仮想通貨)などの金融デジタル技術で「米国が主導的な役割を握る」として、デジタルドル発行の検討も視野に国家戦略の策定に乗り出す。先行する中国に対抗するほか、ロシアなどへの制裁を回避する手段に、仮想通貨が用いられるのを封じる狙いもある。(2022/3/10)

米、デジタルドル検討へ 大統領令、中国対抗や制裁回避封じ
バイデン米大統領が「デジタルドル」の研究を連邦政府に指示する大統領令に署名した。暗号資産などの金融デジタル技術で「米国が主導的な役割を握る」として、デジタルドル発行の検討も視野に国家戦略の策定に乗り出す。(2022/3/10)

ロシア、「虚偽情報」流布に最高で禁錮15年 米欧メディア、相次ぎ露で活動停止
ロシアのプーチン大統領は、ロシアの軍事行動に関する「虚偽情報」を流布した者に最長で禁錮15年を科す法律を発効させた。米欧の主要メディアは記者の安全を確保するためロシアでの活動を一時停止。他国メディアも追随を強いられる可能性がある。(2022/3/8)

ウクライナ大統領、ロシアと交渉することに合意とTelegramで報告
ウクライナのゼレンスキー大統領はTelegramで、ベラルーシでのロシアとの代表団会談に合意したと発表した。大統領の公式Webサイトは現在アクセス不能だ。代表会談は現地の28日午前中に行われる見込み。(2022/2/28)

楽天・三木谷会長、ウクライナ政府に10億円を寄付すると発表 ウクライナへの軍事侵攻は「民主主義への挑戦」とも
ウクライナ大統領に当てた英語のメッセージも。(2022/2/27)

Twitterで明らかに:
「ウクライナ政府に10億円寄付する」――楽天Gの三木谷社長がウクライナ情勢に言及するワケ
楽天グループの三木谷浩史社長がロシアの軍事侵攻を受けたウクライナ政府に対し、10億円を寄付したと明らかにした。三木谷社長はウクライナのゼレンスキー大統領に宛てた書簡で「われわれの心はあなたたち(ウクライナ国民)とともにある」とつづっている。(2022/2/27)

ロシア連邦公式サイトがアクセス不能に Anonymousが犯行声明
「gov.ru」や「kremlin.ru」など、一連のロシア連邦政府の関連Webサイトが2月26日ごろからアクセス不能になっている。ハッカー集団Anonymousが犯行声明をツイートした。一方ウクライナ大統領の公式サイトもアクセス不能になっている。(2022/2/27)

ロシアのウクライナ侵攻、ネット上に情報続々 宣戦布告はYouTubeに、火の手の様子はTwitterに、航空機の状況はFlightradar24に
ロシアのプーチン大統領は2月24日(現地時間)、ウクライナ東部住民を保護するための特別な軍事作戦を実施すると表明した。ネット上には、宣戦布告の動画やウクライナで火の手が上がっていること、航空機がウクライナを避けて運航している状況などが次々に投稿されている。(2022/2/24)

トランプ前米大統領の新SNS「Truth Social」アプリiOS版公開(ほとんどのユーザーがログインできず)
ドナルド・トランプ前米大統領が立ち上げた新SNS「Truth Social」のiOSアプリが米国で公開された。公開数時間で無料アプリランキングのトップになった。だが、ほとんどのユーザーがログインできていないと報じられている。(2022/2/22)

2021年、世界中で最もツイートされた絵文字は? Twitterが発表
Twitter Japanが2021年の各種ランキングを発表。最もいいねされたツイートは、ジョー・バイデン氏が米大統領に選出された時に投稿したもので、408.8万いいねを獲得した。(2021/12/10)

バイデン米大統領、1.2兆ドル規模のインフラ投資法案に署名 ネット高速化やEV充電スポット拡充も対象
バイデン大統領は、総額約137兆円のインフラ投資法案に署名した。全米高速ネット網構築に650億ドルを、電気自動車充電スポット拡充に75億ドルを投じる計画を含む。(2021/11/16)

単純な図式化の危険性:
“反ワクチン”600人解雇の波紋 「違い」を「分断」にしないためには
米ユナイテッド航空が、ワクチン接種拒否者600人を解雇する方向だというニュースがあった。また、米国のバイデン大統領は、ワクチン接種に関して「自由や個人の選択といった問題ではない」という趣旨の発言もしている。こうしてワクチン接種が加速する一方で、事情があり接種しない/できない人も出ており、分断の種ともなっている。(2021/10/27)

トランプ前大統領の新SNS、「マストドン」コード無断利用で開始前から存続の危機
ドナルド・トランプ前米大統領が立ち上げた新SNSが「Mastodon」のソースコードを無断で利用しているとしてSoftware Freedom Conservancy(SFC)がライセンスを守るよう警告した。30日以内に従わない場合は「ソフトウェアの権利と許可は自動的かつ永続的に終了する」。(2021/10/23)

トランプ前大統領、新SNS「TRUTH Social」立ち上げを発表 iPhoneアプリ予約受付中
Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeなどから締め出されているトランプ前米大統領が新たなSNSを立ち上げる。「TRUTH Social」は「ビッグテックの専制政治に立ち向かうために」立ち上げたとトランプ氏。App Storeで専用アプリも公開した。(2021/10/21)

ノーモアカニエ! カニエ・ウエスト、“Ye”に正式改名 2024年大統領選で当選すれば、“イェ米大統領”誕生か
名字、ミドルネームはなし。(2021/10/19)

バイデン大統領、30カ国のランサムウェア対策会議開催へ
バイデン米大統領は10月中に30カ国を集めるサイバー犯罪対策会議を開催すると発表した。「NATOの同盟国やG7パートナー」とオンラインで行う。(2021/10/4)

人間とAIの紛争を加速させる?:
「Tesla Bot」に対する米国の反応は
ヒューマノイドロボット(人間型ロボット)の支持率は、人気のない米大統領とほぼ同じくらいだ。(2021/9/24)

バイデン政権、プライバシーの権威ベドヤ教授をFTC委員に指名
バイデン米大統領は、連邦取引員会(FTC)の委員にアルバロ・ベドヤ教授を指名した。ビッグテックに批判的なリナ・カーン委員長はベドヤ氏の「監視とデータセキュリティに関する専門知識は非常に価値がある」と歓迎した。(2021/9/14)

仏名優ジャン=ポール・ベルモンド逝去に元仏代表ジダンら追悼 仏では『ルパン三世』『コブラ』に影響と報道も
フランスの“国宝”とマクロン大統領。(2021/9/8)

韓国議会、AppleとGoogleのアプリストア手数料を規制する法案承認
韓国議会は、アプリストア運営企業が開発者に独自決済システムのみ使用するよう強制することを規制する法案を承認した。大統領が署名して法制化されれば、AppleとGoogleは韓国で開発者によるアプリストア外での課金を認めざるを得なくなる。(2021/9/1)

バイデン米大統領、GoogleなどIT大手招集のサイバーセキュリティ会議
バイデン米大統領は、相次ぐランサムウェア攻撃を含むサイバー攻撃に官民で立ち向かうべく、民間企業のCEOを集めた会議を開催した。IT企業ではGoogle、Apple、Amazon、Microsoft、IBMが招かれた。会議後、各社はそれぞれの対策を発表した。(2021/8/26)

バイデン米大統領、「ワクチン接種したら100ドル提供」を州政府に要請
バイデン米大統領は、米国での新型コロナワクチン接種促進のため、新たにワクチンを接種した国民に100ドル提供するよう州政府に求めた。米国民の1億6400万人がワクチン接種を完了している。資格があるにもかかわらず未摂取の国民は約9000万人だ。(2021/7/30)

「サイバー戦争」に現実味:
ホワイトハウスがついに明言「中国のサイバー攻撃を懸念」日本も声明発表
米国はサイバーセキュリティで先端を行く国の一つだが、同時にサイバー攻撃を受ける国の上位にも位置付けられる。2021年に入ってからは特にサプライチェーンや重要な社会インフラへのサイバー攻撃が顕著だ。ここで、ついにホワイトハウスが特定の国を名指しして非難したことが注目を集めている。(2021/7/20)

Facebook、バイデン大統領の「人々を殺している」に反論 「米政府よりワクチン接種に貢献している」
Facebookが、バイデン大統領がFacebookなどのSNSが「人々を殺している」と発言したことについて反論する公式ブログを公開した。「政権がワクチン接種目標を達成できなかったのはFacebookのせいではない」とデータを挙げて主張する。(2021/7/19)

バイデン大統領、FacebookなどのSNSはコロナの誤情報で「人々を殺している」と発言
ジョー・バイデン米大統領が取材陣の「Facebookのようなプラットフォームでの新型コロナの誤情報についてメッセージを」という声に「彼らは人々を殺している」と答えた。ワクチン接種が進まないのは、Facebookなどの誤情報の影響だという意味だ。(2021/7/19)

Twitter、東京五輪のデマ対策は「2020年の米大統領選に近い形」か
Twitter Japanは7月13日、東京オリンピック・パラリンピックのデマ対策で2020年の米大統領選と同じ取り組みを行う可能性があると明かした。(2021/7/13)

バイデン大統領、ロシア拠点のサイバー攻撃についてプーチン大統領に電話で警告
ジョー・バイデン米大統領はロシアのウラジーミル・プーチン大統領に電話し、ロシアに拠点を置くサイバー犯罪集団による公的について話した。自国を守るため「必要な措置を講じる」と警告。プーチン氏は「米露は非政治的な協力を維持すべき」と語った。(2021/7/12)

バイデン大統領、米経済の競争促進に関する大統領令 IT大手規制も
ジョー・バイデン米大統領は、米経済の経済促進に関する大統領令に署名した。IT大手の競合買収や個人データ収集、プラットフォームとしての有利な立場悪用などを規制する命令を含む。トランプ政権下で撤廃のネット中立性規則の復元も命じる。(2021/7/12)

トランプ前大統領、Facebook、Twitter、Google(YouTube)とそのCEOを提訴
ドナルド・トランプ前大統領が、Facebook、Twitter、Google傘下のYouTubeとその各CEOを連邦地裁に提訴した。1月に同氏をプラットフォームから締め出したのは憲法違反だと主張している。また、セクション230は違憲だとも。(2021/7/8)

トランプ氏支持者によるSNS「GETTR」、立ち上げ日に侵入される
トランプ前大統領のシニアアドバイザーが7月4日に立ち上げた新SNS「GETTR」が初日に侵入された。ポンペオ氏など複数の著名人のアカウントのプロフィールが改変された。数分後には修正されたが、侵入者は「簡単だった」と語った。(2021/7/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。