• 関連の記事

「南アフリカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「南アフリカ」に関する情報が集まったページです。

「COP」を通じて考える日本企業の脱炭素戦略(後編):
「COP26」以降の気候変動の潮流――その中で日本企業が強みを生かす方法とは?
気候変動に対する世界的な危機感の高まりから、その開催に大きな注目が集まった「COP26」。では今回の「COP26」、そしてそれ以前から続く世界の気候変動に関する大きな流れについて、日本企業は何に注視し、どのように事業戦略に落とし込んでいけばよいのだろうか。「COP」の概要や他国の取り組みをもとに、そのポイントを解説する。(2022/1/17)

スピン経済の歩き方:
会社のトップが大好きな「戦国武将に学べ」が、パワハラ文化をつくったと感じるワケ
NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がスタートした。SNS上で「おもしろい」と話題になっているが、時代劇の中でも「戦国武将」に目がない人たちがいる。経営者だ。筆者の窪田氏は「武将に学べ系コンテンツ」と「パワハラ」に微妙な関係があると見ていて……。(2022/1/11)

オウム「もっと拍手を!」 激しいヘドバンでお客を迎えるバードパークのオウムから目が離せない
僕の動きすごいでしょ?(2021/12/28)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
世界の英語力ランキング もともと低い日本のランクが下げ止まらない……
低いのは承知。でも、さらに下がり続けているとは一体全体どうしたものでしょうか。(2021/12/27)

「世界一の大富豪」イーロン・マスクって何をした人? 「最強アイマスP」の噂が有名な起業家を漫画で紹介
ただTwitterで大暴れしている人じゃないんです。(2021/12/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
アマゾン、テスラを含む米国のトップIT企業7社「FAATMAN」は1分間にいくら稼ぐのか?
コロナ禍でも特に盛況だった米国の大手IT企業各社。最近はFAATMAN(フェイスブック、アルファベット、アマゾン、テスラ、マイクロソフト、アップル、ネットフリックス)と呼ばれることもあるが、いくら稼いでいるのだろうか。(2021/12/2)

女性の頭から足まで12匹の子ヒヒたちがびっしり! 歩きにくそうな姿に「あいされてる」「お母さんみたい」の声
わっさわっさと。(2021/12/2)

悪影響も:
オミクロン株に企業も警戒 出国停止検討も
南アフリカや欧州などで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対し、海外に進出する企業の間で警戒感が広がっている。(2021/12/1)

米モデルナ社も:
“ワクチン100日作戦”最恐変異株「オミクロン株」に対応 米ファイザー、早ければ来年2月にも供給
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」はどこまで怖いのか。感染力が高くワクチンや抗体薬が効きにくくなる可能性が指摘されており、米ファイザー社は100日以内に対応するワクチンを供給する方針を明らかにした。(2021/11/30)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
オミクロン株に対する国際金融市場の反応
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大に対する警戒感から、11月26日の金融市場では、広くリスクオフ(回避)の動きがみられました。(2021/11/29)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
寝る子は育つ?――リーダーこそストレス回復効果が圧倒的に高い「睡眠」を改善すべきだ
自身の睡眠をよいものにすることに関心があるかと聞くと約9割が「関心がある」と答える。睡眠を通じてメンタルを改善することで、生産性の向上も期待できる。(2021/11/24)

セレッソ大阪・大久保嘉人、今季限りの現役引退を発表 「苦しいことが一番多かったかも」とプロデビューからの20年間を回顧
本人のコメントも併せて発表。(2021/11/19)

「きなこもちにしか見えない」「走る姿にメロメロ」 まんまるなカエルさんがかわいいと国内外から反響
きなこたっぷり。(2021/11/19)

コロナ禍で約8割の企業で「サイバー脅威が増加した」:
クリスマスは「サプライチェーンセキュリティ」にご用心 マカフィーがセキュリティに関する調査レポートを発表
マカフィーは、サイバーセキュリティに関する調査レポート「Cybercrime in a Pandemic World:COVID-19」を発表した。企業がサイバーセキュリティを優先的に強化する必要性が差し迫っているとしている。(2021/11/11)

品質不正問題:
防舷材不適切検査を30年続けた住友ゴム、南アのタイヤ生産不正は日本人駐在員が主導
住友ゴム工業は2021年7月に判明した品質管理に関わる不適切事案について、特別調査委員会からの調査報告書を受領した上で、今後の対応や関係者の処分などを決定したと発表した。また、品質保証体制を強化するため、同年12月15日付で社長直轄組織となる「品質保証部」を新設することも決めた。(2021/11/10)

スマート工場最前線:
“日本のバウムクーヘンの祖”が取り組むロボットとAIによる新たな作り方
バウムクーヘンを日本に伝えたユーハイム。同社が取り組む新たなロボットとAIを活用したバウムクーヘン製造への取り組みを紹介する。(2021/11/8)

おなかを空かせた母犬と9匹の子犬を保護、最初は怯えていたが…… 保護スタッフへの信頼を見せ始める姿にホッとする
健康になってよかった。(2021/11/6)

目指せ南極走破! ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ」の冒険が11月26日にはじまる
創業120周年を迎えたロイヤルエンフィールドは、モーターサイクルによる南極走破プロジェクト「90° SOUTH Quest for the Pole」を実施すると発表した。(2021/11/4)

Googleマップにリアルタイムの「山火事レイヤー」などの新機能
Googleは「Googleマップ」に新たに「山火事レイヤー」をグローバルに追加する。樹木被覆図の「Tree Canopy Insights」を100以上の都市で提供する。政府などが新たな住所を作成するためのAndroidアプリもリリースした。(2021/9/30)

Facebook、「メタバース」開発に向け55億円を投資 「実現には10〜15年」
米Facebookが、他者と交流できる仮想空間「メタバース」の開発に2年間で約55億円投資すると発表した。メタバースは今後15年以内に実現すると見込む。(2021/9/28)

経営者・岡田武史【後編】:
岡田武史監督に聞くリーダー論 私利私欲でメンバーを外したことは一度もない
日本代表を2回もサッカーワールドカップに導いた希代の名監督・岡田武史。日本代表監督と会社の経営者という2つの立場を経た今気付いた、チーム作りと会社作りの共通点、マネジメントの極意とは――。日本代表監督時代を振り返りながら、“指導者・リーダーとしての岡田”に迫る。(2021/9/24)

経営者・岡田武史【前編】:
岡田武史監督が選んだ経営者という生き方 FC今治を通じて“チーム日本”を引っ張る
あの「岡ちゃん」は今、経営者になっている――。サッカーワールドカップ日本代表の監督を2度務めた岡田武史。なぜ、岡田武史は経営者になったのか。「これからは物質の豊かさではなく心の豊かさを追う時代」だという岡田。本人に話を聞いた。(2021/9/22)

今のガリガリ君、実は2代目:
「歯ぐきが気持ち悪い」 ディスられていたガリガリ君が「国民的キャラ」になれたワケ
「歯ぐきが気持ち悪い」「田舎っぽい」とディスられていたガリガリ君。国民的キャラになれた理由は「話題作り力」にあった。2021年で40周年を迎えるが、誕生からどのようなプロモーションがあっただろうか? 成功事例・失敗事例とともに振り返ってみる。(2021/9/18)

凸版印刷、ID事業でアフリカへ 現地のSIer買収でソリューション共創
凸版印刷の子会社である香港のToppan Gravity Limitedは、南アフリカのFace Technologieを買収した。新興国20カ国以上で展開してきたIDサービスを生かし、アフリカ市場に本格参入する。(2021/9/8)

118カ国分の経験 イモトアヤコ、東京パラ開会式実況ツイートに反響「世界の果てまでって感じ」「ロケ映像が浮かびました!」
そんなに行ってたのか。(2021/8/25)

品質不正問題:
住友ゴムが湾岸壁用防舷材で不適切検査、南アフリカのタイヤ生産でも問題発覚
住友ゴム工業は、加古川工場で生産している港湾岸壁用のゴム防舷材の検査と、南アフリカ子会社で生産している新車装着用タイヤについて、品質管理に関わる不適切事案が判明したと発表した。防舷材、タイヤとも、事案の判明後に安全性についての検証を行い問題のないことを確認しているという。(2021/8/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
「日本企業も攻撃します」 地下サイトにあるハッカーサービスの実態
世界的に、スケールの大きいサイバー攻撃が増えている。コロナのワクチン接種率が高まれば、経済活動の再開が始まるだろう。だが、しかしである。そのタイミングを狙った攻撃も予想されていて……。(2021/7/29)

ワークライフバランスが悪化:
働く女性の57%が「2年以内の退職」を検討 
デロイト トーマツ グループは、働く女性を対象に実施した世界調査「Women @ Work: A global outlook」の日本版を発表した。ワークライフバランスの悪化などによって、回答者の57%が「2年以内の退職」を検討していることが分かった。(2021/6/22)

プライバシー侵害のトップ3は中国、ロシア、UAE:
「顔認識技術」は日本や世界でどのように使われているのか
比較サイトComparitech.comは、顔認識技術利用状況を調査した結果を発表した。日本を含む世界99の国と地域を対象とした調査だ。政府機関や学校など用途別に得点を付けた結果、侵害的に広く利用している国のトップ3は中国、ロシア、UAEだった。ただし、これに続いて日本、チリ、インドが同点で並んだ。(2021/6/11)

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編、全世界での興行収入が約517億円に 海外でヒットした要因は?
アニプレックスは5月24日、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の全世界累計来場者が約4135万人、総興行収入が約517億円を記録したと発表した。日本国内の興行収入は約400億円にのぼる。(2021/5/25)

製造マネジメントニュース:
いすゞが2023年度までの中計、ボルボやUDとのシナジーは最終年度に330億円
いすゞ自動車は2021年5月13日、2024年3月期(2023年度)までの中期経営計画を発表した。最終年度に売上高2兆7500億円、営業利益2500億円を目指す。2020年10月に戦略的提携に関する基本契約を正式に締結したボルボグループや買収したUDトラックスとのシナジーは、2024年3月期に330億円、2026年3月期に500億円と見込む。(2021/5/14)

医療機器ニュース:
変異の有無を識別する新型コロナウイルス向けPCR検査試薬を発売
島津製作所は、N501Y変異を持つ新型コロナウイルスを検出するPCR検査試薬「新型コロナウイルス変異検出コアキット」と「N501Yプライマー/プローブセット」を発売した。今後、他の変異株についても対応していく予定だ。(2021/5/13)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(2):
成長しない日本のGDP、停滞の20年で米国は日本の4倍、中国は3倍の規模に
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第2回では、GDP推移から見た日本経済の停滞について解説します。(2021/4/19)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ホンダの「世界初」にこだわる呪縛 自動運転レベル3に見る、日本の立ち位置
以前から予告されていた、レベル3の自動運転機能を搭載したホンダ・レジェンドが、いよいよ3月に発売となった。しかし発売を心待ちにしていた高級車好きにとっては、少々期待外れの内容だったかもしれない。というのもレベル3の自動運転が極めて限定的であり、なおかつ販売も極めて限定的だからだ。(2021/4/12)

ケンタッキーが「他社の宣伝文句を勝手に使いまくるキャンペーン」開催 「翼をさずける」→「手羽をさずける」
自社のキャッチフレーズ「it's finger lickin' good(指までしゃぶりたくなるほどおいしい)」が使えなくなったため。(2021/4/4)

ソーシャルディスタンス対応も:
PR:オフィス改革の救世主 「置くだけ」で次世代会議室が作れる、Zoom Rooms専用機の威力
勤務場所をフレキシブルに選択できるようになっても、「コミュニケーションハブ」としての機能は必要であり、その役割を担っていくのがオフィスなのは間違いない。そこで本記事では、次世代のオフィスに必要な会議室改革にうってつけのZoom Rooms専用機「DTEN D7」と「Neat」を紹介する。(2021/3/31)

工場セキュリティ:
PR:住友ゴムが工場をサイバー攻撃から守るために取り組んだこと
スマート工場化など、工場内でデジタル技術を活用する動きが活発化している。その中で、同時に高まっているのがサイバー攻撃のリスクである。しかし、工場では従来セキュリティは無縁のもので、各工場が対策に苦慮しているのが現状だ。こうした中で、工場セキュリティへの取り組みを開始した住友ゴム工業の取り組みを紹介する。(2021/3/25)

世界を「数字」で回してみよう(67)番外編:
【付録】あの医師がもっと伝えておきたい“9個の補足”
あの“轢断のシバタ”医師が、コロナワクチンについて伝えておきたい7つのこと。本稿は、その付録となります。(2021/3/22)

モーリシャスと南アフリカ共和国、モロッコ、チュニジアが有望:
次の新天地はアフリカか、ソフトウェア開発者の現状をTungaが調査
アフリカ諸国におけるソフトウェア産業とソフトウェア開発者の現状に関する調査結果をTungaが発表した。開発者の人口が多い17カ国について人数やプログラミング言語の順位を挙げた他、ソフトウェアを含むテクノロジー産業がどのような状況にあるのかを調べた。(2021/3/3)

ワンコが鏡の前で、“怖い顔”を練習中……? 百面相するゴールデンレトリバーが面白い
その顔マスターしてどこで使うの?(2021/2/22)

20年12月期:
ブリヂストン、69年ぶり最終赤字 「稼ぐ力の再構築」で、来期は黒字化へ
ブリヂストンの2020年12月期の通期連結業績は、最終損益が233億円の赤字(前期は2401億円の黒字)に転落。最終赤字は69年ぶり。新型コロナウイルスの影響でタイヤ需要が大幅に減った。(2021/2/16)

コロナ禍でのクラウド利用 世界規模で拡大するも日本は最下位――トレンドマイクロ調べ
コロナ禍で世界の企業の約9割でクラウド利用が加速しているものの、「プライバシー/セキュリティ」や「データアクセス」に不安を抱く企業が少なくないことも分かった。一方、日本のクラウド利用率は世界28カ国・地域のうち最低だった。クラウドの有効活用に向けて検討すべき課題や対策とは?(2021/1/21)

Tesla、SpaceXのイーロン・マスク氏、世界一の富豪に Amazonベゾス氏抜く
米Teslaなどを経営するイーロン・マスクCEOが、米Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOを抜いて世界一の富豪の座に就いたと米Bloombergが報じた。(2021/1/8)

人工知能ニュース:
熟練職人の焼成技術を再現、ユーハイムが開発したバウムクーヘン用AIオーブン
ユーハイムは2020年11月30月、同社の熟練職人の技術を学習させた「世界初」のバウムクーヘン専用AIオーブン「THEO(テオ)」を開発したと発表した。AIがバウムクーヘンの最適な焼き上がり具合を判定して、自動的に調理する。開発プロジェクトには遠隔操作ロボット(アバター)ロボティクスを用いた事業展開を行うavatarin(アバターイン)が参画している。(2020/12/1)

無人でバウムクーヘン焼き上げ AIが職人の“ふわふわ”“しっとり”を再現
洋菓子の製造や販売を行うユーハイムが、AIの技術を活用し、バウムクーヘンを焼くオーブン「THEO」(テオ)を開発した。2021年3月の実装を予定する。(2020/11/30)

複雑化するクラウド環境に有効なランサムウェア対策とは?――ベリタス調査
ベリタステクノロジーズの調査によると、DXを推進する企業が利用するクラウドサービスの数は平均12だった。導入数によって増すインフラの複雑さから生じるリスクの削減には包括的なデータ保護ツールが必須だという。(2020/11/26)

Alphabetの次のムーンショットは“農業” 畑ロボットでデータ収集中
Googleの親会社、Alphabetのムーンショット部門が、新プロジェクト「Mineral」を発表した。農作物の複雑さを管理するツール開発に取り組む。ツールの1つは、植物のデータ収集用ロボット「Plant buggy」だ。(2020/10/13)

「プレイステーション 5」の発売日と国内価格が公開に 11月12日発売、3万9980円/4万9980円
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、新型ゲームコンソール機「プレイステーション 5」の発売日を告知した。(2020/9/17)

PS5は4万9980円 11月12日発売 デジタル・エディションは3万9980円
PS4の人気タイトルをPS5でダウンロードして遊べる「PlayStation Plusコレクション」も発表。(2020/9/17)

パーソナルデータは「不正引き出し」できるのか:
「もうひとりの私」を預ける 情報銀行が守るパーソナルデータとは
コロナ禍にビジネスのオンライン対応が急務となるなか、企業にとって個人情報の保護と活用はいっそう重要度を増している。その中で2020年8月、ITmediaエンタープライズ主催のWebセミナー「データガバナンスが切り開く企業の未来」が開催された。基調講演では、NTTデータ金融事業推進部デジタル戦略推進部 部長の花谷昌弘氏が「ビジネス資産としてのパーソナルデータ〜個人情報保護法の改正と新型コロナウィルス対応〜」と題して講演した。(2020/9/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。