• 関連の記事

「セダン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セダン」に関する情報が集まったページです。

安全システム:
BYDのEV2車種がEuroNCAPで5つ星を獲得
BYDのセダンタイプのEV「SEAL」と、コンパクトカータイプのEV「DOLPHIN」が欧州の自動車アセスメントEuroNCAPで最高評価となる5つ星を獲得した。(2023/12/4)

「パーパー」ほしのディスコ、念願の“国産高級セダン”購入 「人生最大の喜び」と大興奮
喜びが伝わってくる。(2023/9/26)

トヨタ、初のSUV「センチュリー」 2500万円から、静粛性と走りを両立するPHV
トヨタ自動車は9月6日、高級車「センチュリー」の新型を世界初公開した。センチュリーならではの静粛性やデザインを受け継いだSUVモデルだ。プラグインハイブリッド車(PHV)として、今年中に発売。現行のセダンも継続して販売する。(2023/9/6)

全損判定を受けた日産のコンパクトセダンを修理→まるで新車のような仕上がりに 台湾の自動車整備“魔術師ハン”の技に大反響
直った後は新車にしか見えない……!(2023/8/21)

「MIRAI」以来2車種目:
トヨタはなぜ新型「クラウン」に燃料電池モデルを投入したのか
トヨタ自動車がセダンタイプの高級車「クラウン」の新型に、水素を燃料とする「燃料電池車」のモデルを投入するとして、注目を集めている。狙いを広報に聞いた。(2023/4/23)

3つの新しい「クラウン」 発売日など明らかに
トヨタ自動車は4月12日、発売済みの「クラウン(クロスオーバー)」に続く、3種類のクラウン「スポーツ」「セダン」「エステート」の情報を明らかにした。特設サイトも開設した。(2023/4/12)

4モデルそろい踏み:
トヨタ、クラウン「スポーツ」「セダン」を今秋発売 「エステート」は24年予定
トヨタ自動車は4月12日、クラウン「スポーツ」「セダン」「エステート」の追加情報として、ボディーサイズやパワートレイン、発売時期を公開した。(2023/4/12)

「時代をリードするコネクテッドカーに」──ソニー・ホンダが『フォートナイト』開発元と取り組むクルマの未来
ソニー・ホンダモビリティが発表したバッテリー式EV(BEV)の新ブランド「AFEELA」。初めて披露されたセダンタイプのプロトタイプの車体にも注目が集まる中、同社は発表会で『フォートナイト』開発元の米エピックゲームズとの提携を発表した。(2023/1/5)

「感じる」がキーワード:
ソニー・ホンダ、新BEVブランド「AFEELA」発表 プロトタイプはセダン、2025年中に発売へ
ソニー・ホンダモビリティがバッテリー式EV(BEV)の新ブランド「AFEELA」を発表。同ブランドのプロトタイプとなる車体も報道陣に初披露した。プロトタイプをベースに車体開発を進め、2025年前半に先行受注を始める方針。(2023/1/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型クラウンはなぜ大胆に変わったのか
新型クラウンの期待が高まっている。国産車のネームバリューとしてはトップグループだろうが、セダンは“オワコン”の扱われている。そうした中で、クラウンはなぜ変わったのか。(2022/10/10)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
セダンはいつから売れなくなったのか? クラウンもSUV化
トヨタの新型「クラウン」が発売になりました。セダンだけでなく、他の車形を作るのでしょうか。その理由は「セダンが売れない」。これに尽きるでしょう。(2022/9/15)

最上級グレード:
SUBARU、フォレスターに「STI Sport」グレードを追加設定 一部改良も実施
SUBARUは8月25日、フォレスターに追加設定する「STI Sport」グレードを発表した。重心の高いSUVに専用チューニングを施し、スポーツセダンのような操縦安定性と乗り心地の良さを両立。また、「STI Sport」以外のグレードの一部改良も実施した。(2022/8/26)

「スポーツ」「セダン」「エステート」は未定:
新型クラウン、第1弾「クロスオーバー」を9月1日から発売
トヨタ自動車は、16代目となる新型クラウンを9月1日に発売する。発売するのは4車種のうち、SUVとセダンを融合した「クロスオーバー」。堤工場(愛知県豊田市)と元町工場(同)で生産開始する。(2022/8/19)

累計293万台を販売:
レクサス、「ES」を一部改良 メッキグリルの特別仕様車を発売
LEXUSは大型セダン「ES」を一部改良するとともに、特別仕様車「Graceful Escort」を設定した。7月28日、全国のレクサス店で発売している。(2022/7/29)

500台の特別仕様車も:
LEXUS「IS500」日本でも発売 最大481馬力、V型8気筒5.0Lエンジン搭載
LEXUSは、スポーツセダン「IS」にV型8気筒5.0Lエンジンを搭載した「IS500 F SPORT Performance」を、8月25日から国内に導入すると発表した。同日から特別仕様車「F SPORT Performance First Edition」(500台)の抽選販売を受け付ける。通常モデルの販売は、今冬以降を予定している。(2022/7/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
なぜ、そうまでしてクラウンを残したいのか?(3)
それほどの大仕掛けをしてまで、果たしてクラウンを残す意味があるのかと思う人もいるだろう。今回のクロスオーバーを否定的に捉える人の中には、「伝統的なセダン、クラウンらしいクラウンが売れないのなら、潔く打ち切ればいい。クラウンとは思えないクルマに無理矢理クラウンを名乗らせて延命する意味はない」という声も少なからずあった。(2022/7/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日本のクラウンから世界のクラウンに その戦略を解剖する(2)
1955年のデビュー以来67年15世代に渡って、クラウンは日本国内専用モデルであり続けた。しかし国内のセダンマーケットはシュリンクの一途をたどっている。早晩「車種を開発生産していくコスト」を、国内販売だけで回収することは不可能になる。どうしてもクラウンを存続させていこうとすれば、もっと大きな世界のマーケットで売るしか出口がない。(2022/7/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
セダンの再発明に挑むクラウン(1)
クルマの業界ではいま、クラウンの話題で持ちきりである。何でこんなにクラウンが注目されているのかだ。やっぱり一番デカいのは「ついにクラウンがセダンを止める」という点だろう。(2022/7/18)

自動車業界の1週間を振り返る:
「旦那さんのクルマ?」「お父さんから借りたの?」と思われないクラウンへ
さて、今週はトヨタ自動車の「クラウン」がフルモデルチェンジし、新モデルが世界初公開されました。以前から、「セダンではなくSUVになるらしい」「海外でも販売するらしい」と報じられてきましたね。(2022/7/16)

4つのバリエーション:
新型「クラウン」世界初披露、SUVとセダン融合 「まさしく明治維新」と豊田社長
トヨタ自動車は7月15日、新型クラウンを世界初披露した。SUVとセダンを融合した「クロスオーバー」のほか、SUVタイプの「スポーツ」「セダン」、SUVとワゴンを組み合わせたような「エステート」の4車種。4車種を全て統一して「クラウン」と総称する。(2022/7/15)

「セダン? SUV?」 トヨタ、新型「クラウン」の発表を予告 全体像も次第に明らかに
クラウンがSUVに……!?(2022/7/13)

16代目:
トヨタ、新型「クラウン」を世界初披露へ 「セダン? SUV?」と謎のメッセージ
トヨタ自動車は7月15日、新型「クラウン」を世界初披露し、そのイベントの模様を同日13時30分からオンライン配信する。6日に公開した特設サイトでは「セダン? SUV?」「終わりかはじまりか」などのメッセージも表示している。(2022/7/6)

「こんな渋いクルマ乗ってるとは!!」 片瀬那奈、10年乗り続ける愛車「レクサス GS」披露 ちょっと意外な「4ドアセダン愛」見せつける
4ドアセダンって渋〜! 免許取ったのも「アリスト」に乗りたかったからだそうです。(2022/5/20)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜ高級車はFRレイアウトなのか? その独特の乗り味とは
マツダがFRの新しいラージ群プラットフォームを採用したSUV、CX-60を発表した。「時代に逆行している」という意見と共に、登場を歓迎するコメントも少なくなく、セダンに対する期待も溢れている。では、今回のポイントの1つであるFRとはいったい何なのだろうか?(2022/4/12)

電気自動車:
Cセグ中心にセダンやステーションワゴン、SUVまで、アウディの「PPE」第1弾が登場
アウディは2022年3月17日、ステーションワゴンタイプのEV(電気自動車)「A6 Avant e-tron concept」を発表した。製品化を前提としたコンセプトモデルだ。(2022/3/23)

トヨタ、バッテリーEVに本腰 15車種を一斉披露、2030年までに30車種展開へ
トヨタ自動車は2022年発売予定のBEV「bZ4X」以外に、開発を進めているトヨタ・レクサスブランドのバッテリーEV15車種を披露した。SUVタイプからセダン、スポーツカーなどを複数のモデルを2025年ごろまでに順次投入するとしている。(2021/12/14)

軽自動車にあって高級セダンにない…… 不思議な装備「リアワイパー」って必要?
使っていますか? リアワイパー。(2021/4/6)

30年以上も乗っている:
伊藤かずえさんの愛車「シーマ」が生まれ変わる? 日産がレストア
日産自動車は、女優・伊藤かずえさんが同社のセダン「シーマ」を30年以上も乗り続けていることに対し、彼女のクルマを一時預かって、レストアすることを明らかに。(2021/3/17)

メカメカしいルックスがイイ感じ レクサス「IS350 スポーツセダン」をモチーフにしたオリジナルスニーカーがかっこいい
レクサスのロゴもしっかり配置されています。(2021/3/2)

CES2021:
超大画面ディスプレイは当たり前、メルセデスベンツは日時や場所を学習して操作を先読み
メルセデスベンツは、オンラインで開催中の「CES 2021」(2021年1月11〜14日)において、セダンタイプの電気自動車(EV)「EQS」に採用するコックピットとインフォテインメントシステム「MBUXハイパースクリーン」を発表した。メルセデスベンツとしては最大のヒューマンマシンインタフェース(HMI)となる。(2021/1/14)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
セダンは別に欲しくないけど、「結果的にセダン」という着地はあるかもしれない
それ以前に欲しいクルマを買えるだけの経済力が必要でした。(2020/12/23)

兄弟車や派生車種を整理:
トヨタ、「プリウスα」「プレミオ」など5車種を生産終了
トヨタ自動車は、セダンやワゴンなど5車種の生産を終了すると公式サイトで発表した。12月上旬に「ポルテ」「スペイド」、2021年3月末には「プレミオ」「アリオン」「プリウスα」の生産を終了する。(2020/12/2)

テーマカラーは「銀影ラスター」、どんな色? 写真で見るレクサスの最上位セダン「LS」
最上位セダンの風格と質感へのこだわり、すごい。(2020/11/20)

自動車業界の1週間を振り返る:
クラウンが生産終了!? それでも最先端の技術はセダンから始まる
みなさんこんにちは、金曜日です。1週間、お疲れさまでした。今週も自動車業界ではさまざまなニュースがありました。ゆるゆると振り返ってみたいと思います。(2020/11/13)

20年度内に「レジェンド」搭載:
ホンダ、自動運転「レベル3」搭載車発売へ 指定は世界初
ホンダは、自動運転の「レベル3」に求められる型式指定を国土交通省から取得した。高速道路などで全ての運転操作をシステムが実行する。このシステムを搭載した高級セダン「レジェンド」を2020年度内に発売する計画だ。(2020/11/11)

「こ、怖ぇ顔になったな……」 レクサス、新型FRスポーツセダン「IS」発売 鋭い目つきと「走り」刷新
スピンドルグリルも「ガッ」とデカい。(2020/11/5)

セダンなのにウルトラ速い……!! マセラティ史上最強クラスのモンスターセダン「クアトロポルテ/ギブリ トロフェオ」登場
580馬力のフェラーリ製エンジンを搭載。4ドアセダンなのにアクセルひと踏みウルトラ速いぜというやつです。(2020/8/17)

一部改良も実施:
トヨタ、「カムリ」40周年記念の特別仕様車を発売 ブラックの特別設定色も
トヨタ自動車は、主力セダン「カムリ」の発売から40周年の節目を記念して、特別仕様車を発売した。特別設定のブラックのボディーカラーなど、“上質”と“スポーティー”を訴求する装備をそろえた。(2020/8/5)

静粛性を大幅に向上:
レクサス、新型「LS」を初公開 AIで状況判断を助ける高度運転支援技術を採用
トヨタ自動車は、高級車ブランド「レクサス」の主力セダン「LS」の新型モデルを発表した。最新の高度運転支援技術を採用。日本では2020年初冬に発売する。(2020/7/7)

2020年秋ごろ発売:
レクサスの新型「IS」初公開 “走り込み”で大幅改良、運転を滑らかに
トヨタ自動車は6月16日、高級車ブランド「レクサス」のスポーツセダン「IS」の新型車を発表した。日本では2020年秋ごろに発売する。(2020/6/16)

一部改良も実施:
トヨタ「クラウン」65周年特別仕様車を発売 上質感をちりばめた内外装に
トヨタ自動車は、高級セダン「クラウン」の誕生65周年を記念する特別仕様車を発売した。上質感を高めた特別装備を採用。クラウンの一部改良も実施した。(2020/4/28)

え? 生産終了? 27年の歴史に幕、レクサスの高級スポーツセダン「GS」に最後の特別仕様車
2020年8月に生産を終了します。【写真13枚】(2020/4/24)

プラットフォームを刷新:
ホンダ、新型「アコード」発売 10代目、時代に合ったセダンへ
ホンダは2月21日、主力セダン「アコード」をフルモデルチェンジして発売。10代目となる新型モデルでは、今の時代に合ったデザインや機能性を訴求する。(2020/2/20)

「TYPE R」は20年夏に登場:
ホンダ「シビック」改良 セダン、ハッチバックのデザイン変更
ホンダは「シビック セダン」と「シビック ハッチバック」を一部改良し、1月23日に発売する。(2020/1/10)

CES 2020:
ソニー、電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露
ソニーがセダンタイプの電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露した。Bosch、Continental、NVIDIA、Qualcommなどと協力して開発した。(2020/1/7)

そういうクルマじゃねぇから! ロシアの旅行会社、BMWの高級セダンを軍用トラックと合体させる暴挙 森林ツアーで人気に
ロシアらしい、豪快さのあるオフロードカーではあります。(2019/11/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
SUVが売れる理由、セダンが売れない理由
セダンが売れない。一部の新興国を除いてすでに世界的な潮流になっているが、最初にセダンの没落が始まったのは多分日本だ。そしてセダンに代わったミニバンのマーケットを、現在侵食しているのはSUVだ。(2019/10/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
カローラ・セダン/ワゴンが意味するもの
最量販車種の座をプリウスに奪われ、ファミリーカーの本流の座はノア/ボクシーに奪われた。気がつくとカローラは「年寄り向けの地味なクルマ」でしかなくなっていた。さらに世界各国で販売されるカローラは、地域によって求められるキャラクターが異なる。「スポーツ」「高級」「取り回し」の3つを同時にかなえるクルマを目指さなければいけない宿命を持ったカローラ。TNGAでハード的には対応を進めたが、問題は「自分のものにしたい」と思わせるキャラクターが立っているかどうかだ。(2019/9/24)

車載情報機器:
トヨタがSDL対応のディスプレイオーディオを標準装備に、ナビアプリはLINE
トヨタ自動車は2019年9月17日、東京都内で会見を開き、「カローラ」のセダンタイプとワゴンタイプを全面改良して、販売を開始したと発表した。セダンタイプは「カローラ」、ワゴンタイプは「カローラツーリング」に車名が変わる。(2019/9/18)

電気自動車:
BYDとトヨタが中国向けEVを共同開発、2020年代前半に発売
比亜迪(BYD)とトヨタ自動車は2019年7月19日、電気自動車(EV)の共同開発契約を締結したと発表した。2020年代前半にトヨタブランドで中国市場に導入することを目指し、セダンタイプと低床SUVタイプのEVを開発する。その車両に搭載する駆動用バッテリーの開発も進める。(2019/7/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。