• 関連の記事

「ランサムウェア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ランサムウェア」に関する情報が集まったページです。

Cybersecurity Dive:
コロニアルパイプラインの再来か? AlphVがカナダの石油パイプライン運営企業への攻撃を主張
AlphVは、カナダの石油パイプライン運営企業Trans-Northern Pipelinesにサイバー攻撃を仕掛けたと主張している。このサイバー攻撃によって通信を含む内部システムに影響があったことを確認した。(2024/3/3)

Cybersecurity Dive:
AnyDesk、インシデントへの主張と対処がちぐはぐ 有識者ら“説得力なし”と一喝
リモートアクセスツール「AnyDesk」を運営するAnyDesk SoftwareはセキュリティインシデントによってAnyDeskの本番システムが侵害されたと伝えた。同社の主張と対応の食い違いに研究者らから疑念の声が挙がっている。(2024/3/3)

ITmedia Security Week 2023 冬:
辻氏、piyokango氏、根岸氏はセキュリティレポートをどの“断面”で切り取るのか
2023年11月29日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2023 冬」の「実践・クラウドセキュリティ」ゾーンで、SBテクノロジー 辻伸弘氏、piyokango氏、インターネットイニシアティブ 根岸征史氏が「断面、光を当てて」と題するパネルディスカッションに登壇した。(2024/3/1)

2023年11月の米国ランサムウェア攻撃動向【前編】
なぜ米国で2023年11月に「企業のランサムウェア被害報告」が集中したのか
米国で2023年11月に発生したランサムウェア攻撃では企業を標的とする事例が目立った。その背景には何があり、どのような被害が発生したのか。(2024/3/1)

IT×OTセキュリティはなぜ難しいか:
PR:ITセキュリティ担当者が知るべきOTセキュリティの真実
「つながる」がデジタルビジネスの重要キーワードになってきた。だが、この状況にセキュリティ対策が十分に追い付いていない。IT領域の方法論では対処できない課題はどう解消すべきだろうか。(2024/2/28)

半径300メートルのIT:
ランサムウェアグループの巨人LockBitがテイクダウン 日本が果たした役割とは?
ランサムウェアグループの中でも最大勢力とされる「LockBit」がEuropolらを中心としたチームの手によってテイクダウンされました。今回はこの作戦で日本が果たした役割を紹介します。(2024/2/27)

AI時代の軸「データ」はどう扱うべきか Just Worksなインフラに求められるものは
2024年、企業が抱えるデータの在り方はどう変わるか。市場トレンドの予測から考える、2024年のインフラ像を聞いた。(2024/2/27)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(94):
セキュリティへの関心が低い経営者の考えを180度変える方法
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。セキュリティへの関心が低い経営者に対策の必要性を理解してもらうには、それが経営上のリスクになり得ることをしっかりと認識してもらう必要がある。今回はその説得に役立つレポートを紹介する。(2024/2/26)

DR対策が必要な「5つのシナリオ」【前編】
システム停止の「最悪シナリオ」はランサムウェア攻撃だけじゃない
災害やサイバー攻撃、機器故障を含めて、企業のシステムにはいつ何が起きるかが分からない。システムを守り、ビジネスを継続するためには、どうすればいいのか。シナリオごとに対策をまとめる。(2024/2/26)

Cybersecurity Dive:
FBI長官が警告 「脅威アクターによって米国は混乱とパニックを引き起こす」
サイバーセキュリティの関係者は、中国とつながりのあるハッカーたちが潜在的な軍事行動から注意をそらすために、壊滅的な攻撃の準備をしていると警告した。(2024/2/25)

Cybersecurity Dive:
「完全にやりすぎ」 インシデント開示規則の撤廃を求める企業たち
ジョー・バイデン大統領は、企業に対してサイバーインシデントとガバナンスプロセスの開示を義務付けるSECの権限の剥奪を目的とした共同決議案を拒否する意向を示した。(2024/2/25)

Cybersecurity Dive:
2024年、セキュリティ業界で進むさらなる規制と取り締まり 企業はどう動けばいい?
民間企業や重要インフラストラクチャの提供者は、製品のセキュリティや情報共有、データセキュリティの透明性に関してこれまでにない要求に直面している。(2024/2/24)

地方スーパーにランサム攻撃、復旧は5月の見込み メールシステムも停止、連絡手段は電話・ファクス・郵送のみに
総合スーパー「ゆめタウン」を展開するイズミ(広島県広島市)は、社内システムがランサムウェア攻撃を受けたと発表した。2月22日現在も復旧しきれておらず、配達サービスや各店舗のチラシ配布など一部サービスを休止している。(2024/2/22)

海外セキュリティリーダーからの提言:
「多要素認証が破られた!」とならないために 認証強度を上げる6つのコツ
多要素認証(MFA)は完璧なセキュリティ対策ではないが、ID/パスワードのみの単一要素認証に頼るよりはよほど効果的だ。だが、ただMFAを導入するだけでは不十分だ。バイパス事例などを踏まえて、MFAの強度を上げるコツを紹介する。(2024/2/22)

名古屋港攻撃のランサムウェア集団「LockBit」、主要インフラ無力化 ユーロポールが主導 警察庁も復号ツール開発などで協力
欧州刑事警察機構が、名古屋港への攻撃などで知られるランサムウェア集団「LockBit」のインフラを無効化し、関係者2人を逮捕したと発表した。(2024/2/21)

セキュリティニュースアラート:
23億人のユーザーが影響を受ける可能性 Wi-Fiソフトウェアに2つの脆弱性
Top10VPNはOSSのWi-Fiソフトウェアに新たな2つの脆弱性があると報じた。この脆弱性はエンタープライズと自宅のWi-Fiネットワークに影響を与えるとされている。(2024/2/20)

Cybersecurity Dive:
またファイル転送サービスに脆弱性 GoAnywhereの約800のインスタンスがパッチ未適用
ファイル転送管理ソリューション「GoAnywhere MFT」に脆弱性が見つかり、約800のインスタンスにパッチが未適用であることが判明した。(2024/2/17)

海外医療技術トレンド(104):
カナダが目指す持続可能な生成AIイノベーションの枠組みづくり
本連載第46回でカナダのケベック州のAIハブ都市であるモントリオールを取り上げ、第94回ではカナダ当局の生成AI法規制動向を取り上げた。今回は、カナダにおける生成AIイノベーションを巡るデータセキュリティ、プライバシー、サステナビリティなどのガバナンス動向に焦点を当てる。(2024/2/16)

CODE BLUE 2023レポート:
ランサムウェアは“波及”する――ハッカー医師が語る医療セキュリティの現実
医療業界を狙ったサイバー攻撃が日々報道で話題になる中、二人の“ハッカー医師”が「被害を受けなかった近隣の病院」への影響に着目して調査を実施した。どのような結果が得られたのだろうか。(2024/2/16)

攻撃の被害拡大防止は“スイッチ”で
「攻撃者が嫌がること」でマルウェアを止めるには 被害を拡大させない方法
場所を問わない働き方が定着しつつある。同時に、ランサムウェアをはじめとした攻撃の手口も巧妙化し、組織はこれまでと違うセキュリティ対策を余儀なくされている。どうすればいいのか。(2024/2/16)

マルウェア使用せず正規ソフトウェアの脆弱性を悪用する傾向:
ランサムウェア攻撃は2024年も猛威を振るうとの予測 Symantec
Broadcomは2024年のランサムウェアの脅威予測動向レポートを発表した。ランサムウェアが展開される前に攻撃を阻止するには、攻撃者の戦術、技術、手順を理解することが重要だと警告する。(2024/2/16)

日本市場に対応したバックアップを提供 ヴィームが製品アップデート状況を解説
ヴィームは事業戦略説明会を開催し、データ保護における4つのトレンドを踏まえて、レッドハットとの協業や自社製品アップデートの最新状況を発表した。(2024/2/14)

ITmedia Security Week 2023 冬:
AI、RPA、DBがサイバー攻撃を「デジタル災害」に変化させた今、取り入れたい4つの対抗手段
2023年11月28日、アイティメディアが主催するオンラインセミナー「ITmedia Security Week 2023 冬」の「実践・ゼロトラストセキュリティ」ゾーンにおいて、ニューリジェンセキュリティ CTO 兼 クラウドセキュリティ事業部長 仲上竜太氏が「デジタル災害化するサイバー攻撃に対処するゼロトラストの最新像」と題して講演。仲上氏がもはや“災害”と表現するサイバー脅威の現状を明らかにするとともに、企業や組織がどのようにこの“災害”に対応すればいいのかについて解説した。(2024/2/13)

RPOやRTOへの影響も考慮
「オフラインバックアップ」の基本とは? ランサムウェア対策“徹底”のこつ
「オフラインバックアップ」はランサムウェア対策にも有効な手法だ。これを正しく実施するには、幾つか押さえておくべき点がある。バックアップと復旧の“こつ”を、4つの視点で紹介する。(2024/2/13)

今日から始めるサイバーレジリエンス実践ステップ:
サイバーレジリエンス徹底ガイド リスクごとに見直すべき評価項目まとめ
最近注目のキーワード「サイバーレジリエンス」。あなたの企業はこれをどのくらい実践できているだろうか。進捗状況を把握する方法とリスクごとに対処すべき評価項目をまとめたので確認してほしい。(2024/2/15)

PR:「ランサムウェアを仕掛けてやる」――その脆弱性、サイバー攻撃者が狙ってる! 漫画で学ぶ対策方法
(2024/2/9)

CODE BLUE 2023レポート:
OTシステムへの攻撃はすぐそこまで来ている マルウェア解析から分かった攻撃者の狙い
サプライチェーン攻撃の激化に伴い、ITシステムだけでなくOTシステムを狙ったサイバー攻撃が本格化する恐れがある。OTを狙ったマルウェアの実態と攻撃者の目的をリサーチャーが語った。(2024/2/8)

「データセキュリティ」は誰の問題か【第4回】
古いままの「バックアップ」は何が駄目なのか? 回復力を高めるには?
クラウドサービスを利用するなどシステム構成が複雑になっている一方で、バックアップと復元の仕組みが従来のままになっていないだろうか。データ保護の対策を見直す場合のポイントとは。(2024/2/16)

そのSaaS本当に安全ですか?:
SaaSのセキュリティ対策ってどうやるの? まずは周辺のリスクを整理しよう
SaaS事業者がサイバー攻撃の被害を受けてサービスを停止したり、ヒューマンエラーなどによって個人情報が漏えいしたりといったセキュリティ事案が発生している。安心、安全なSaaSを見極めてセキュリティ性を適切に評価するポイントを探ります。(2024/2/2)

セキュリティニュースアラート:
日本が攻撃者にとって“魅力的な標的”であるワケ CYFIRMA調査レポート
CYFIRMAはAPAC地域における脅威ランドスケープレポートを公開した。地政学的緊張の高まりに伴いサイバー脅威が増加していることが示されており、日本が攻撃者にとって魅力的な標的であることも分かっている。(2024/2/6)

攻撃の被害を最小化するサイバーレジリエンス 運用が鍵に:
PR:セキュリティ人材不足で脅威に十分対応できない どうすればレジリエンスを高められるのか
サイバー攻撃を完全に防ぐのは難しい。そのため、攻撃の被害が発生しても事業継続を可能にするサイバーレジリエンスが注目を集めている。企業において、セキュリティの知識をもった人材の不足や、インシデント発生時の体制の不十分さなどが大きな課題となる中、サイバーレジリエンスを強化するためにはどうすればよいのだろうか。(2024/2/7)

PR:ランサムウェア被害の事例に学ぶ「予算に応じたセキュリティ対策」 事業継続のポイントは?
(2024/2/6)

セキュリティニュースアラート:
マルチ商法を取り入れた新種のRaaS「Wing」に要注意
ダークWebフォーラム「RAMP」に新しいRaaS「Wing」が登場した。多機能かつ、"マルチ商法"を取り入れた高度なRaaSだという。(2024/2/5)

Cybersecurity Dive:
世界100カ国超の企業に聞いた「今年最大のリスク」ランキングとその背景
企業のビジネスリスクにおいて最大の懸念は何か。損害保険会社が発表した年次企業リスク調査から明らかになった。(2024/2/4)

Cybersecurity Dive:
今、要注意な4つのサイバー攻撃グループとは? 受けた被害と彼らの手口
ランサムウェアの活動は依然として活発だが、Rapid7の研究者によると、攻撃に使用される独自のランサムウェアの数は半分以下に減少している。その理由とは。(2024/2/4)

Cybersecurity Dive:
米国の専門家たちが2024年に注目する「5つのサイバーセキュリティトレンド」
ランサムウェアの脅威はかつてないほど深刻で、予防策は依然として不十分であり、新たなインシデント報告とコンプライアンス規制の波が押し寄せている。専門家たちが2024年に注目する5つのセキュリティトレンドとは。(2024/2/3)

セキュリティニュースアラート:
Sansan、脅威検知の拡大に向けてSIEM「Splunk Enterprise Security」を導入
SansanはSIEMソリューション「Splunk Enterprise Security」を導入した。個人情報や請求書情報へのサイバー攻撃対策と脅威検知の高度化を目指したとしている。(2024/2/2)

分かっていても徹底できないことはある:
PR:セキュリティ対策コスト削減の鍵は「点検作業の自動化」にある
働き方が多様化する中、エンドポイントを狙う攻撃は後を絶たない。セキュリティツールを導入する以外にもPC設定の見直し、OSアップデートなど対策はあるが、手動では限界がある。課題解決の鍵は「設定の点検自動化」にある。(2024/2/2)

サイバー攻撃からの復旧にかかった時間、「2日以上」が6割超 デル調査
サイバー攻撃を受けた組織は、復旧までにどれだけの時間を要するのか──デル・テクノロジーズが1月31日、こんな調査結果を発表した。(2024/2/1)

サイバーセキュリティ:
「建設業がサイバー犯罪のターゲットになる脅威は増加」 日建連が情報セキュリティ強化呼びかけ
日本建設業連合会は政府の「サイバーセキュリティ月間」(2024年2月1日〜3月18日)に合わせ、会員企業に情報セキュリティ対策の強化を呼びかけた。新たに作業員/社員向けの情報セキュリティ啓発ポスターや、経営者向けの教育/研修用動画を公開し、協力会社への指導も含めた協力を要請した。(2024/2/1)

セキュリティニュースアラート:
IoT接続爆増でサイバーフィジカルシステムは新たなアプローチへ Clarotyが予測
Clarotyは2023年のサイバーセキュリティ業界を振り返るとともに、現状及び2024年の予測を発表した。サイバーフィジカルシステムは新たなアプローチを求められるという。(2024/2/1)

「防御力」に「復元力」を〜なぜなにサイバーレジリエンス:
いざサイバーレジリエンスを実践 これだけはやっておきたい3つの対策
サイバーレジリエンスを詳細に解説してきた本連載。最終回はこれを高める14の手法のうち、これだけはやっておきたい3つの対策を紹介します。(2024/2/1)

半径300メートルのIT:
情報セキュリティ10大脅威に起きた“大きな変化”と“小さな変化” その狙いを考察
IPAは「情報セキュリティ10大脅威 2024」の概要を公開しました。毎年恒例のこの脅威リストですが、今回は見逃せない大きな変化と小さな変化がありました。これにはどのような意図があるのか。筆者が考察します。(2024/1/30)

拝啓、インシデント対応の現場より:
インシデント対応はとにかく“準備がものをいう” 注意すべき2つの観点
インシデント対応現場の知見をお届けする本連載。後編ではインシデントにおける「調査」「復旧」「準備」といった技術的対応の勘所を解説します。(2024/1/30)

なぜ日本は新種のマルウェアに狙われるのか? 330万件の攻撃を分析して分かったこと
BlackBerry Japanは330万件を超えるサイバー攻撃を阻止し、その結果をレポートとしてまとめた。これによると日本はユニークなマルウェアを使った攻撃を頻ぱんに受けていることが分かった。(2024/1/29)

セキュリティニュースアラート:
2024年に流行る犯罪手法は何か? カスペルスキーがダークWebの市場動向から探る
カスペルスキーは2023年のダークWeb市場動向を分析し、2024年の予測を発表した。情報窃取型マルウェアやクリプトドレイナーサービスの需要増加が見込まれる。(2024/1/29)

発生したことがある情報セキュリティ事故 「紛失・置き忘れ」を上回る1位とは
中小企業の会社員の約7割が勤務先の情報セキュリティは十分ではないと感じていることが、テクノル(青森県八戸市)による調査で明らかとなった。具体的にどのような事故が発生しているのか。(2024/1/29)

“止められない”システムを守る:
ランサムウェア時代のバックアップとHAクラスタリング活用法
ミッションクリティカルなシステムの保護には、実績のあるバックアップ製品とHAクラスタ製品を組み合わせ、障害時の迅速な復旧を目指したい。HAクラスタ製品選定時に確認すべきポイントとは。(2024/2/6)

「現場の頑張り」はもう限界:
PR:「生成AI」と「脅威インテリジェンス」はセキュリティの現場をどう変えるのか
サイバー攻撃者はその手法を高度化させており、当然のように生成AIも活用し始めている。そうした中、企業が大切な資産を保護し、事業を守るためには何が必要なのか。 Google Cloud のセキュリティイベントからその答えを探る。(2024/1/25)

Cybersecurity Dive:
「もうセキュリティから逃げられない」 SECの新規則施行で上場企業が頭を悩ませる
SECのサイバーインシデント報告義務規則によって、上場企業はサイバーガバナンスと脅威への対応策を高いレベルで管理しなければならない。(2024/1/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。