• 関連の記事

「楽器」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!楽器・演奏→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で楽器・演奏関連の質問をチェック

Innovative Tech:
一度に複数の楽器を個別録音できる次世代マイク 米カーネギーメロン大が開発
米カーネギーメロン大学は、同時に演奏するそれぞれの楽器を一度に個別収録できるマイクシステムを開発した。理論上はオーケストラの演奏でも、各楽器を全て別々に録音できる。(2022/7/1)

自転車のホイールが楽器に! 子ども向け科学キットを使った回転式ミュージック・シーケンサーがおもしろい
なぜかずっと見ていたくなる。(2022/6/27)

「この世はオタクに優しすぎではと思った」 BEYOOOOONDS、初武道館公演成功の裏に楽器店の神対応
“カスタネット”巡る珍事が話題。(2022/4/26)

ヤマハが考案したマウスのデザインがかっこいい! 金管楽器やエンジンモーターがモチーフ
楽器・バイク好きにはたまらないデザイン。(2022/3/8)

スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」がいい響き 鍵盤+弦で奏でる華やかな音色にうっとり
日本では激レア民族楽器。(2022/3/2)

古代サンプラーがアプリになるまで:
「サンプラーの元祖」メロトロンの構造がアナログの極みすぎる そして複雑な楽器の著作権問題について
メロトロンの著作権については2つの派閥がある。(2022/2/24)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第2回):
今日から君もラッパーに! カメラで写した猫も楽器もAIでラップ化 「Giorgio Cam」でテンションUPだ
カメラで写したものをAIで認識して、即興でラップ化するWebアプリケーション「Giorgio Cam」で遊んだ。ペンや楽器、本物の猫などで試してみると、AIの得意/不得意が見えてきた。誤認識されてもラップでテンションは上がるので心配なし!(2022/2/22)

Innovative Tech:
ジャケットなど、ゆるい服の全身の動きを追跡 電子楽器「テルミン」をセンサーに利用
ドイツのDFKIとドイツのTU Kaiserslauternによる研究チームは、ゆったりとした衣服で全身の動きを検出するシステムを開発した。テルミン技術と導電性テキスタイルアンテナを使い、男性用ジャケットに組み込まれたプロトタイプでモーションキャプチャーを行う。(2022/2/14)

ローランド創業50年、その黎明期を振り返る シンセ、エフェクターがアナログからデジタルへ移り変わっていった時代
中学生の頃からローランドに貢ぎ続けてきたという小寺信良さんが、1970年代から80年代の電子楽器の歴史を補完する。(2022/1/30)

シャープが新素材 密閉空間の湿度を狙い通りに
任意の湿度を保てる固形の商品は世界初という。電力を使わずに楽器や電子機器、食品などを最適な湿度で保管することが可能で、今春から企業向けに展開する。(2022/1/19)

シャープが新素材 密閉空間の湿度を狙い通りに
シャープが、密閉空間を任意の湿度に調整し、維持できる新素材を開発した。任意の湿度を保てる固形の商品は世界初という。電力を使わずに楽器や電子機器、食品などを最適な湿度で保管することが可能で、今春から企業向けに展開する。(2022/1/19)

古代サンプラーがアプリになるまで:
ノイズ、不安定さが美点のアナログサンプラー「メロトロン」を“モノマネ”アプリ開発者が手に入れた
アナログのサンプラー、古代のサンプラーなどと表現される「メロトロン」という不思議な魅力を放つ鍵盤楽器メロトロンがiPhoneアプリになるまでの過程をお届けします。(2022/1/5)

104匹の猫たちが「第九」を演奏!? カリカリ音をつなげた壮大な1曲がかわいくて感動する
楽器にも挑戦しています。(2021/12/29)

CAE活用事例:
カシオが電子キーボードの鍵盤構造の変更にCAEを活用、その効果と展望
電子楽器開発で40年以上の歴史を誇るカシオ計算機は、グリッサンド奏法の操作性を維持するために採用してきた旧来の鍵盤構造を見直すべくCAEを活用。新たなヒンジ形状を導き出し、作りやすい鍵盤構造を実現することに成功した。その取り組み内容とCAE活用の展望について担当者に話を聞いた。(2021/12/22)

Innovative Tech:
指を電気で強制的に操るデバイス、米シカゴ大が開発 楽器の演奏指導などに活用
米シカゴ大学の研究チームは、指を電気で刺激し、それぞれ操作できるハプティクスデバイスだ。電気的筋肉刺激と、指の関節に配置される機械的なブレーキが備わった外骨格デバイスで、装着者の指4本(親指を除く)を器用に制御する。(2021/12/3)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
テンキーで超簡単に弾けるギターっぽい楽器「インスタコード」 「僕にも弾けた」系ガジェットへの挑戦は続く
コード弾きをとても簡単にできるようになる、ギターライクな楽器。アプリもある。(2021/9/30)

芸術の秋にどっぷり浸るなら、まずアクセサリーから! minneで見つけた画材や楽器モチーフのかわいいアクセサリー5選
プレゼントにもぴったり。(2021/9/22)

「運命的だ」「奇跡」 瓜二つな楽器の「入れ替わり事件」が発生→Twitterの力で持ち主のもとへ、友情も芽生える
「ベーシストに悪い人はいない」と熱いコメント。(2021/7/13)

手の動きで楽器の音色が変化する“装着型エフェクター” ソニーがクラファン開始
ソニーが、手を動かして楽器の音色を変化させられるウェアラブルデバイス「MOTION SONIC」を発表。開発資金を募るクラウドファンディングも同日に始めた。支援額は2万3900円から。(2021/5/28)

子猫ちゃんが弦楽器に興味津々! 首をかしげておもわず前足を出しちゃう姿がかわいい
気になっちゃうよねえ。(2021/5/25)

イノベーションのレシピ:
電卓や楽器に並ぶ事業に、カシオのデジカメ技術を受け継ぐAIカメラの実力
カシオ計算機は現在、超高速低消費電力AIカメラモジュールの開発に取り組んでいる。同社は2018年にコンシューマー向けデジタルカメラ市場から撤退したが、デジカメで培った技術は大きな財産として残された。その技術資産で開発したものの1つがAIカメラモジュールだ。担当者にAIカメラの技術詳細と市場戦略について話を聞いた。(2021/4/28)

身近な「あるもの」で作ったオルガンが意外とステキな音色 訴えかけてくるような「かすれ感」にうっとり
個性が豊かな創作楽器。(2021/4/18)

Innovative Tech:
YouTubeの楽器レッスン動画を個別指導風にする「Soloist」 トロント大学が開発
ギターソロを習得するのにYouTube動画を参考にしている人は、このシステムの登場を心待ちにするだろう。(2021/2/3)

医療技術ニュース:
楽器の練習で認知機能が向上し、脳活動に変化があることが明らかに
京都大学は、高齢者が新たに楽器の練習に取り組むことで、認知機能が向上し、脳活動に変化が見られることを確認した。健康な高齢者が4カ月間鍵盤ハーモニカのレッスンを受けたところ、言語記憶が向上していることが示唆された。(2021/1/25)

KORG、VR楽器に参入 Oculus Questのヘッドセットだけで操作する統合音楽制作環境「KORG Gadget VR」発表
実在しない電子楽器の3Dモデルがこうなるとは……。(2021/1/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字「哨吶」(カタカナ5文字で読むと?)
ヒント:楽器の名前(2021/1/13)

新連載「iOS音楽アプリプロデューサーがM1 Macを使ってみたら」:
iPhone向けに開発した楽器アプリがM1搭載Macでそのまま動く衝撃
iOSでビンテージ鍵盤楽器を再現するアプリを開発しているプロデューサーによる、開発者目線でのM1 Macへの取り組みを綴っていく連載がスタートします。(2020/11/30)

米最大の楽器小売チェーン「Guitar Center」が経営不振で民事再生手続き申請へ コロナ禍の影響で
(2020/11/19)

Innovative Tech:
混ざった楽器の音を演奏者の動きで分離 米MITなど研究
ミックスされたサウンドから個別の楽器音を抽出するのに、演奏者の動きを用いる手法。(2020/11/17)

「今の歌声合成ソフト市場は30年前のシンセ市場のよう」――AHSが見る業界の現在地
複数の音声合成ソフトを販売するAHSの尾形友秀代表は、現在の歌声合成ソフト市場について「ちょうど30年くらい前の、各社が面白い楽器をたくさん出していたころに重なる」と語った。(2020/11/2)

スウェーデンのシンセメーカーから「ストリートファイターII」と「ロックマン」とのコラボ電子楽器が登場
いろいろと遊べそうです。(2020/10/31)

自宅に置ける防音ボックス「おてがる〜む」発売 テレワーク会議の声や楽器の音漏れが気になる人に
防音専門店がプロデュース。(2020/8/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
伝説的ギターの台帳に懸賞金 ギブソンが狙う「ブランド復興」
楽器メーカーの米ギブソンが、伝説的なエレキギター「1959年製レスポール」の販売台帳を見つけた人に懸賞金を支払うと呼びかけている。偽物が出回り、高額で取引されているからだ。一度は破産した同社が、歴史あるブランドを守り、復興させようとする一手だ。(2020/7/23)

PR:ヤマハの自社体験から学ぶ 「withコロナ」時代のテレワーク導入
ピアノを始めとする楽器や音響機器のメーカーとして知られるヤマハ。実は、ネットワーク関連機器やスピーカーフォンでも業界トップクラスの圧倒的な実績を持つ。そんな同社が提案する、ユニークなテレワークソリューションを紹介する。(2020/7/15)

楽器を吹いてもウイルスは飛び散るの? ヤマハの実験で明らかに 特定の演奏法や練習で飛沫が拡散
果たして結果は……?(2020/6/18)

パール楽器、ドラムセットのスタンドを消毒液スタンドにアレンジして販売
ハイハットのペダルを踏むと消毒液が射出するイメージ。(2020/6/1)

洗濯機は楽器だった!? 家電で演奏するユニーク動画、電子音の軽快な旋律が心地いい
ネタ動画のようでいて本格的な演奏技術。(2020/5/26)

Googleロゴが音ゲーに ジンバブエのカルチャーウィークを記念し伝統楽器「ムビラ」を演奏
幕間には少女とムビラの出会いを描くドラマも。(2020/5/21)

ソーシャルディスタンスを確保する腕時計型ウェアラブル イタリアの楽器メーカー開発
(2020/5/20)

「クロノ・トリガー」の名曲をイランとヨーロッパの楽器で弾いてみた動画が幻想的 ハックブレットが奏でる音色が心地良い
素晴らしい。(2020/5/18)

人工知能ニュース:
視線とポーズだけで音を奏でる、独自開発のAI搭載楽器をNECが開発
NECは同社のAI技術を活用した楽器の発表会を東京都内で開催した。視線で演奏する「ANDCHESTRA TRUMPET」と簡単なポーズを取って演奏する「ANDCHESTRA VIOLIN」の2つだ。(2020/4/1)

ごちゃごちゃ配線の救世主「くるっと回る電源タップ」が便利 でかいアダプタが差込口をふさがない
ゲームや楽器、いろんなシーンで活躍しそう。(2020/2/19)

ナイキやディズニーを経てギター最大手のCEOへ プロ経営者が見た音楽市場の“特異性”
ギター大手フェンダーCEOのアンディ・ムーニー氏は、ナイキのCMO、ディズニーコンシューマープロダクツやクイックシルバーで社長、会長を務めた経歴を持ち、ギターコレクターでもあり、バンドマンでもある。フェンダーにとどまらず、エレキギターを中心とした楽器、音楽市場の分析や業界のこれからについて伺った。(2020/2/4)

ハードオフ店長がジャンク楽器を演奏する動画が人気! ボーカル、ギター、ベースが“全部俺”のハイクオリティ演奏
GLAYと共演するのが店長の夢。(2020/1/25)

ヤマハ「理由については触れませんが、不幸な事故が起きてからでは遅いので」 大型楽器ケースに人が入ることを注意喚起
ケースに入ることをネタにする行為には「音楽を奏でる楽器に対する冒涜」という声も。(2020/1/12)

楽器箱に身を潜めて国外脱出を目指す 実在の人物とは一切関係ないゲーム「Ghone is gone」
主人公の名前はカルロs……じゃなくて「ロスカル・ゴン」(2020/1/9)

ソニーのロボット玩具「toio」、今度はゲームAI搭載や楽器演奏 対応タイトルを拡充
ソニー・インタラクティブエンタテインメントの知育玩具ロボットが人気タイトルの拡張パック、今年から来年にかけての新作を発表した。(2019/11/12)

「パクリ商品でーすっ」 人気電子楽器「オタマトーン」の模倣品がAmazonで販売→明和電機社長自ら「ばっちりコピーできてます」とのレビュー投稿
明和電機の社長を取材しました。(2019/10/20)

スマホアプリだけで「丸の内サディスティック」を演奏した動画に大反響 「楽器が買えない」からの20万いいね
無料アプリでここまで演奏できるなんて。(2019/10/8)

1本でボーカルから楽器まで 4種類の収音設定が選べる多機能ダイナミック・マイク「Aston Stealth」が発売
高音質「Class Aマイク・プリアンプ」を内蔵しています。(2019/5/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。