• 関連の記事

「マルチディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マルチディスプレイ」に関する情報が集まったページです。

ローム BU18xx82-M:
車載マルチディスプレイ向けSerDes IC
ロームは、車載マルチディスプレイ向けのSerDes IC「BU18xx82-M」を発表した。1つのシリアライザーから複数のデシリアライザーに接続できるため、部品点数やシステムコスト、故障リスクの低減に貢献する。(2022/8/5)

周囲の目をはねのけろ!:
超小型PC×モバイルディスプレイ2枚=出先でトリプルディスプレイ! 自宅と同じ作業環境を構築して分かったこと
デュアルディスプレイやトリプルディスプレイは、仕事の効率を高めてくれる。しかし、外に持ち出すのは難しいと思っている人も多いのではないだろうか。そのような場合に、ぜひ検討して欲しい組み合わせがある。(2022/6/22)

モバイルディスプレイの道:
外出先に手軽に持ち運べてPCの作業領域を拡張できる13.3型モバイルディスプレイおすすめ5選
モバイルディスプレイが1台あると、出先や在宅ワークで簡単にデュアルディスプレイ環境を構築できて便利だ。ボディーサイズや重量、価格や付属品など多種多様なモデルがある中で、ボディーサイズ別におすすめのモデルをピックアップする。15型に続き、13.3型モデルを取り上げる。(2022/5/11)

Tech TIPS:
やっとまともに!? Windows 11のマルチディスプレイ機能再整理
プレゼンテーションの際などに外部ディスプレイにPCを接続して、マルチディスプレイ環境を構築することもあるだろう。このような場合、設定方法を理解していないと、接続した外部ディスプレイに画面が表示されなかったり、思った通りの解像度で表示されなかったりする。そこで、Windows 11でマルチディスプレイを設定する方法を解説する。(2022/5/9)

ノートPCはもちろんデスクトップPCとの組み合わせも:
新生活にぴったり! 15.6型のモバイルディスプレイおすすめ5選
モバイルディスプレイが1台あると、出先や在宅ワークで簡単にデュアルディスプレイ環境を構築できて便利だ。サイズや重量、価格や付属品など多種多様なモデルがある中で、サイズ別におすすめのモデルをピックアップする。まずは15型クラスだ。(2022/4/26)

モバイルデバイスでの仮想デスクトップ利用に取り組むSamsung
PCはもういらない? 「Galaxy」のサブディスプレイ化がVMware Horizonで可能に
Samsungは「Galaxy」シリーズと外付けディスプレイの組み合わせで、「VMware Horizon」の仮想デスクトップを利用可能にした。PCなしでのデュアルディスプレイを実現する、この機能の意味とは。(2022/4/6)

「Chrome 100」リリース 新ロゴやユーザーエージェント対策など
GoogleはWEbブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 100」(バージョン100.0.4896.60)をリリースした。対象はWindows、Mac、Linux。ロゴが新しくなり、Webアプリがマルチディスプレイ対応になる。(2022/3/30)

j5create、USB4接続をサポートしたマルチUSBハブ 2022年第1四半期に投入予定
j5createは、最新のUSB4接続をサポートした多機能USBハブ「USB4 デュアルディスプレイ4K マルチハブ」を発表した。(2022/3/7)

ASUS、モバイルRyzenを搭載したミニデスクトップベアボーン 3画面出力もサポート
ASUS JAPANは、モバイル向けRyzen 5000シリーズを標準搭載した小型ベアボーンPCキット2製品を発表した。(2022/2/7)

PR:在宅も出社も効率アップ! モバイルディスプレイを使った「Hybrid デュアルディスプレイ」をお勧めする理由
テレワークとオフィスワークを組み合わせた働き方が普及する中、どこで作業しても高いパフォーマンスを維持したいが、現状はなかなか難しいという悩みを抱える人が増えている。その悩みを解決するには、ノートPCと一緒に「モバイルディスプレイ」を持ち歩く使い方をお勧めしたい。この記事では、特にイチオシのデル・テクノロジーズの14型モバイルディスプレイ「C1422H」の魅力を紹介する。――重要なキーワードは「軽量約590g」「奥行き約9.33cm」「本体のみで自立可能」だ――。(2021/11/12)

ケンコー・トキナー、ノートPCと一体化できるType-C接続対応の13型モバイル液晶ディスプレイ
ケンコー・トキナーは、ノートPCに装着してマルチディスプレイ化を実現できる13型モバイル液晶ディスプレイ「KZ-13MT」を発売した。(2021/10/22)

B&Kプレシジョン 5490Cシリーズ:
4.3インチLCDディスプレイのデジタルマルチメーター
B&Kプレシジョンは、ベンチトップタイプのデジタルマルチメーター「5490C」シリーズを発売した。4.3インチLCDディスプレイを採用し、デュアルディスプレイやバーメーター、トレンドチャートなどの統計を表示できる。(2021/10/14)

ASUS、4画面出力をサポートしたファンレス仕様のGeForce GT 730搭載グラフィックスカード
ASUS JAPANは、ファンレス設計を実現したGeForce GT 730搭載グラフィックスカード「GT730-4H-SL-2GD5」を発売する。(2021/9/30)

エイサー、マルチディスプレイ構成にも向く狭額縁デザインの21.5型/23.8型液晶ディスプレイ
日本エイサーは、スタンダード設計のフルHD対応21.5型/23.8型液晶ディスプレイ「KA222QAbmiix」「K242HYLHbmix」を発売する。(2021/9/15)

2560×1080ピクセル/75Hzの34型ウルトラワイド液晶「34WP550-B」でビデオ会議や日々の作業が快適に
在宅ワークでの生産性向上手段として、デュアルディスプレイの導入が注目を集めている。その効果をさらに高める手段の1つが、ウルトラワイドディスプレイだ。LGの「34WP550-B」を試した。(2021/7/30)

4K? ウルトラワイド?:
テレワークに効く! 大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを勧めるワケ
在宅ワークを中心としたテレワークで、会社にいるときと同じような生産性を維持するのには、環境整備が欠かせない。真っ先にお勧めしたいのがデュアルディスプレイの導入だが、そこに一工夫をかけるとさらに効果を高めることができる。(2021/7/15)

君は3画面を使いこなせるか? OFIYAAのデュアルモバイルディスプレイを買って分かったこと
モバイルディスプレイといえば1画面が当たり前だが、OFIYAAの「Tri Screen」は何とデュアルディスプレイを一度に提供してくれる。ノートPCに取り付ければトリプルディスプレイとなる、ユニークな製品をチェックした。(2021/7/8)

Maxtang、サイネージ用途などに向くCeleron搭載のミニデスクトップ 3画面出力対応
リンクスインターナショナルは、中国Maxtang製となるファンレス動作対応のミニデスクトップPC「VAPL-30」の取り扱いを開始する。(2021/5/31)

TSUKUMO、デイトレードなどにも向く4画面出力対応デスクトップPC
Project Whiteは、マルチディスプレイ構成に向く4出力対応グラフィックスカードを標準搭載したデスクトップPCの販売を開始した。(2021/5/14)

ストレートな大画面が心地よい!:
iiyama初の実売5万台となる34型ウルトラワイド液晶を試して分かったこと
普段はデュアルディスプレイを使っているけど、額縁や設置スペース、ケーブルとの取り回しをもっとスッキリさせたい……。一方でウルトラワイド液晶は気になるけど湾曲が……と悩んでいる人にお勧めしたいのがマウスコンピューターの「ProLite XUB3493WQSU」だ。(2021/4/22)

エプソンダイレクト、ディスプレイ背面設置もできる幅33mmのミニデスクトップ 4画面出力もサポート
エプソンダイレクトは、本体幅33?の省スペース筐体を採用したミニデスクトップPC「Endeavor ST50」を発売する。(2021/4/6)

アペックス、ノートPC装着型のデュアルディスプレイに10.1型×2面モデル
アペックスは、ノートPCのディスプレイ部に装着することで3画面構成を実現できる「Aqualモバイルデュアルディスレイ」の新モデルを発表した。(2021/3/26)

ノートPCに装着して手軽にトリプルディスプレイ環境を構築できるデュアル設計のモバイルディスプレイ
アペックスは、11.6型液晶パネルを2基同時に増設可能なモバイル拡張ディスプレイ「モバイルデュアルディスプレイ」の取り扱いを開始する。(2021/1/21)

シリーズ「私とテレワーク」:
テレワークとディスプレイ、テレワークと電気代を考える
筆者はフリーランスの広報、ライター、そしてカメラマンという「三足のわらじ」を履いている。その経験から、「デュアルディスプレイと節電」をテーマに、テレワークの快適性向上と節電を両立する方法を考えてみた。(2020/12/11)

レノボ、天板側にE Inkディスプレイを追加した“デュアルディスプレイ”採用ノートPC「ThinkBook Plus」
レノボ・ジャパンは、13.3型液晶と10.8型E Inkディスプレイを搭載したモバイルノートPC「ThinkBook Plus」を発表した。(2020/9/15)

ASUS、Core i5+GeForce搭載で6画面出力をサポートしたコンパクトデスクトップPC
ASUS JAPANは、最大6画面のマルチディスプレイ出力をサポートするコンパクトデスクトップPC「Mini PC PB60G」を発売する。(2020/9/4)

TSUKUMO、4画面出力を標準サポートしたミニタワーPC計2製品を発売
Project Whiteは、マルチディスプレイの構築に向く4画面出力対応のミニタワー型デスクトップPC計2製品を発表した。(2020/9/3)

ASUS、デュアルディスプレイ搭載のハイエンドゲーミングノート「ROG Zephyrus Duo 15」など9モデルを投入
ASUS JAPANは、デュアルディスプレイ構成を採用したハイエンドゲーミングノートPC「ROG Zephyrus Duo 15」など9モデルの発表を行った。(2020/7/22)

Tech TIPS:
Windows 10の「接続」アプリでデュアルディスプレイを試してみた
自宅でリモートワークをしていると、オフィスと比べてディスプレイが狭いせいで作業効率が落ちていないだろうか? 作業用とは別にノートPCが余っているなら、Windows 10の「接続」アプリを使ってデュアルディスプレイ環境を構築するとよい。画面が広くなり、作業効率が向上するはずだ。「接続」アプリの使い方を解説する。(2020/7/20)

マルチディスプレイ環境で邪魔なベゼルをレンズで隠せる“ベゼルフリーキット” ASUSから
ASUSは、マルチディスプレイ構築時のベゼル部をレンズで隠せる連結アダプター「ROG Bezel Free Kit ABF01」を発売する。(2020/6/12)

古田雄介のアキバPick UP!:
「Kは枯渇中だけど……」――第10世代Core向け強力OCマザー「ROG MAXIMUS XII APEX」が登場!
インテルの第10世代Core iシリーズ向けオーバークロックマザーボードや、4画面出力できるGeForce GT 710搭載カードなど、先週はASUSTeKから多方面の注目パーツが複数登場している。(2020/6/8)

「Windows 10X」の正体【後編】
「Windows 10X」は未来のWindowsか、Surface NeoのOSで終わる“一発屋”か
Windowsの新バージョンである「Windows 10X」は、デュアルディスプレイ搭載デバイス向けのOSだ。その独自機能は、通常のWindowsにも取り込まれるのだろうか。(2020/4/22)

「Windows 10X」の正体【中編】
「Windows 10X」と今までのWindowsの違い デュアル画面向けの特徴は?
デュアルディスプレイ搭載デバイス向けのOSである「Windows 10X」。これまでの「Windows」とどのような違いがあるのだろうか。個別の機能に焦点を当てて考える。(2020/4/15)

「Windows 10X」の正体【前編】
「Windows 10X」とは? デュアル画面向けの新たなWindows
Windowsの新バージョン「Windows 10X」は、「Surface Neo」をはじめとしたデュアルディスプレイを持つデバイスに搭載される。Windows系のOSとしてどのような位置付けになるのだろうか。(2020/4/8)

PR:デュアルディスプレイを導入するならどのサイズ? さらなる生産性アップの処方箋
ノートPCの出荷増が続く中で、画面の広さを求めて外付けの液晶ディスプレイに注目が集まっている。しかし、1台よりも2台以上を使ったマルチディスプレイの活用が、より生産性を高めることにつながるのはご存じだろうか。複数の液晶ディスプレイを生かした、マルチディスプレイ環境のメリットや選択時のポイントをまとめた。(提供:株式会社マウスコンピューター)(2020/3/6)

CES 2019:
23.8型液晶一体型デスクトップ「ThinkCentre M90a AIO」登場 「ThinkVision」と共通デザインを採用
ThinkCentreの液晶一体型に新型が登場。液晶ディスプレイ「ThinkVision」と共通のデザインアイコンを採用し、違和感なくデュアルディスプレイ環境を構築できるという。【更新】(2020/1/4)

PR:ビジネス用途に“ちょうどいい”23.8型と21.5型の液晶ディスプレイをデュアルで使って生産性を高めよう!
業務の効率化や生産性能向上といった働き方改革の中で、注目を集めているのが液晶ディスプレイだ。ノートPCに追加する外付けディスプレイとして、デスクトップPCでは手頃なデュアルディスプレイを実現する存在として欠かせないデバイスだ。そういった用途に最適なモデルを紹介しよう。(2019/11/27)

サブモニターに情報表示 世界初のデュアルディスプレイ搭載ゲーミングノートPC 日本HPが発売
日本HPが、デュアルディスプレイ搭載のゲーミングノートPC「OMEN X 2S 15」を9月中旬に発売すると発表した。実売予想価格は39万9800円(税別)から。(2019/9/2)

モバイルディスプレイの道:
USB Type-Cケーブル1本で接続可能な軽量14型モバイル液晶「ThinkVision M14」を試す
デスクワークの作業効率化に欠かせないのが、マルチディスプレイ環境だ。従来はオフィスでの利用を前提に、一般的な外付けディスプレイを組み合わせる事例が多かったが、近年はモバイルタイプのサブディスプレイをノートPCと組み合わせ、外出先で使う事例も増えつつある。(2019/8/30)

クリエイター向けPCの新たなスタンダード!?:
ASUSの2画面4KノートPC「ZenBook Pro Duo」に感じた大きな可能性
ASUSTeKがCOMPUTEX TAIPEI 2019で発表した「ZenBook Pro Duo」(UX581)が、いよいよ日本でもリリースされる。キーボードの奥に4K表示のメインディスプレイと同じ幅、同じ横解像度のパネルを配置した本格的デュアルディスプレイノートは、どのような使い方を可能にしてくれるのだろうか。(2019/8/20)

隣のメカ設計事情レポート(10):
2画面ノートPC「ZenBook Pro Duo」を徹底分解して見えたASUS流の品質設計
ASUSのデュアルディスプレイ搭載ノートPC「ZenBook Pro Duo」。今回、ASUSの協力の下、同製品を分解する機会を得た。製品レビューは他媒体にお任せし、本稿では設計上の特徴なポイントを中心にお届けする。(2019/8/20)

サンワ、デュアルディスプレイを2台のPCで利用できるDVI切替器
サンワサプライは、デュアルディスプレイ環境に対応したDVI切替器「SW-KVM2DMDU」を発売した。(2019/8/16)

日本エイサー、5画面同時出力できるコンパクトデスクトップPCを発売
日本エイサーが、法人向けに独立GPUを搭載したコンパクトデスクトップPCを発売。5画面同時出力にも対応する。(2019/8/9)

ノートPCを手軽にデュアルディスプレイ化できる外付け12.5型モバイルディスプレイ
DISCOVERは、Mobile Pixels製のUSB Type-C接続対応外付け12.5型モバイルディスプレイ「DUEX PRO」の販売を開始した。(2019/7/24)

パブリックβは7月配信予定:
使い勝手を強化した「macOS Catalina」2019年秋に登場 iTunesアプリは3分割 iPadでマルチディスプレイも
macOSの新バージョンが2019年秋に登場する。iTunesアプリが3つのアプリに分割される他、iPadをサブディスプレイとして使う機能を始めとする使い勝手を強化する新機能が盛りだくさんだ。(2019/6/4)

PR:日本HPの液晶ディスプレイで“働き方改革”時代の先進ワークスタイルを構築しよう
“働き方改革”が推進されている中で、新しいワークスタイルとして注目を集めているのがマルチディスプレイを使った生産性の向上だ。4Kという高解像度から、持ち運んでの利用まで、ワンランク上のワークスタイルを実現できる日本HPのソリューションを見ていこう。(2019/4/19)

PR:画面が宙に浮いている!? ベゼル幅わずか1.8mmの23.8型ディスプレイ「241E9/11」
超狭額縁ディスプレイを採用したフィリップスの「241E9/11」は、まるで画面が宙に浮いているかのようなディスプレイだ。そのクールなデザインはマルチディスプレイ環境にぴったり。(2018/11/15)

サードウェーブ、最大12画面を同時表示できるデジタルサイネージ向けPC
サードウェーブは、マルチディスプレイ表示に対応するデジタルサイネージ向けデスクトップPC「MD-12」を発売する。(2018/7/24)

ASUS、マルチディスプレイの“つなぎ目”を光の屈折で隠し1つながりに見せるキットを発表
「ダライアス」で遊びたくなる環境。(2018/1/9)

ドスパラ、税別7万9800円から買える4画面出力対応デスクトップPC
サードウェーブデジノスは、同社製BTOデスクトップPCのラインアップに4画面出力対応グラフィックスカード搭載モデル計4製品を追加した。(2017/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。