• 関連の記事

「国土交通省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ドコモ、KDDI、ソフトバンクが「ジャパンドローン 2022」出展 大手3キャリアが注目する理由とは
6月22日から23日まで幕張メッセにて、国内最大級の民間ドローン展示会「ジャパンドローン2022」が開催された。ドローン関連や将来の空飛ぶクルマを目指す多くの企業が出展するなか、ドコモとKDDI、ソフトバンクの大手携帯電話事業者3社も出展。その模様について紹介していこう。(2022/6/28)

産業動向:
2018年比で建設資材と就業者で減少、国交省が建設資材・労働力需要実態調査
国土交通省は、2020年度(令和2年度)に受注された土木工事を対象に、「建設資材・労働力需要実態調査【土木・その他部門】」を実施した。その結果、2018年度(平成30年)度と比較して鋼材以外の建設資材ならびに就業者で減少した。(2022/6/27)

電動化:
「bZ4X」「ソルテラ」がリコール、急旋回や急制動でハブボルトが緩む可能性
トヨタ自動車は2022年6月23日、国土交通省に新型EV「bZ4X」のリコールを届け出た。兄弟車であるスバルの「ソルテラ」もリコール対象となる。(2022/6/24)

トヨタ「bZ4X」とスバル「ソルテラ」、BEV2車種200台リコール タイヤ脱落の恐れ
国土交通省はトヨタ自動車のBEV「bZ4X」とスバルの「ソルテラ」のBEV2車種200台がリコール対象になったと発表した。急旋回などを繰り返すことで、ボルトが緩み、タイヤが脱落するおそれがあるという。(2022/6/23)

こ、これは……! 道路のアイドル「コクドル!」登場 コクドル1号は東京〜大阪の国道1号線
沖縄の国道507号まで続く、のかな。(2022/6/23)

ZEH:
なぜ今「2人暮らし」向けなのか?太陽光パネル無しで“ZEH”の賃貸住宅「NEW RiSE」
大東建託は2022年5月2日、2人世帯のカップルやファミリー層に向けた賃貸住宅「NEW RiSE(ニューライズ)」の販売を開始した。NEW RiSEは、断熱性能や1次エネルギー消費量がともに最高等級となっているため、太陽光パネルを設置せずとも、ZEH Orientedが実現するアパートメント。日本全体で脱炭素化のニーズが高まるなか、近年増加しつつある2人暮らし世帯に合わせて考案された、新時代仕様の集合住宅となっている。(2022/6/23)

「あいうえおーかきくけっこー」 名古屋プレミアム商品券アプリ「金シャチマネー」が誤通知を発信し謝罪
「アプリが乗っ取られたかと思った」などの声も。(2022/6/22)

電子契約:
電子契約プラットフォームが建設工事の請負契約などで活用可能に
日鉄日立システムエンジニアリングの電子契約および電子取引プラットフォーム「DocYou」が、建設工事の請負契約などにおいて活用可能となった。国土交通省より、建設業法上の技術的基準を満たしている旨の回答を得ている。(2022/6/22)

ロボット:
4足歩行ロボとドローンに搭載した3次元計測システムの有効性を確認、大林組
大林組は、東京大学大学院工学系研究科とともに、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで、自律4足歩行ロボットとUAVを用いたトンネル断面3次元計測の実証実験を実施し、複数の断面計測を連続的かつ効率的に行えることを確かめた。今回の実証実験は、国土交通省が推進する「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」の一環で実施した。(2022/6/22)

日本最後の店舗:
アンナミラーズ、閉店報道で客殺到 パイの販売は1日2回に
「アンナミラーズ高輪店」が6月14日に閉店を発表した。閉店発表後、問い合わせが殺到。来客増を受け、パイの販売を1日2回に限定する。(2022/6/21)

ドローンの登録義務化がスタート 100g以上の機体は未登録だと飛行不可に
6月20日からドローンやRC飛行機などの無人航空機の登録義務化と、改正航空法の施行がスタートした。100g以上の重さの機体の場合、所有者情報の登録と許可無しでの飛行は禁止となる。(2022/6/21)

人手不足で安全点検「あっぷあっぷ」 老朽化インフラに危機感 橋の4割は築50年以上に
深刻さを増している交通インフラ老朽化問題への危機感が強まっている。建設後50年以上のインフラは近く、道路橋の4割、トンネルの3割弱に達するとされ、国土交通省は点検や補修に関するルールを強化。(2022/6/20)

Hitachi Social Innovation Forum 2021 JAPAN:
デジタルツインは建設業を魅力的な労働の場に変えるか?「3D K-Field」で“未来の建設現場”に挑む鹿島建設
IoTを活用して、建設現場の「ヒト」「資機材」「工事車両」の動きや状態をリアルタイムにデジタルツインで"見える化"する鹿島建設が開発した遠隔管理システム「3D K-Field」。建設現場をリアルタイムにデジタルツインで可視化するだけでなく、既に鹿島建設の赤坂本社や羽田イノベーションシティーで、スマートシティーのプラットフォームに採用され、街運営の多様なユーザビリティ向上に貢献している。(2022/6/15)

ターンバックル不具合:
三菱ふそうトラック・バス 「ふそうエアロスター」2610台のリコール
三菱ふそうトラック・バスは6月14日、ターンバックルに不具合があるとして、「ふそうエアロスター」計2610台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。(2022/6/14)

1号店は1973年:
日本で最後の店舗だった「アンナミラーズ高輪店」が閉店 移転要請を受けて
井村屋(津市)は6月14日、「アンナミラーズ高輪店」(東京都港区)を閉店すると発表した。日本で最後に残っていた店舗だった。(2022/6/14)

アンナミラーズの日本最後の店舗、高輪店が8月31日で閉店
国土交通省から品川駅西口基盤整備事業に伴う移転要請があったとしています。(2022/6/14)

組み込み開発ニュース:
ドローン向けリモートID機器の量産を開始、GNSSによる機体の位置特定が可能
アルプスアルパインは、ドローンの識別情報である登録記号や機体の位置情報などを電波で発信可能な無線送信機「リモートID機器」を開発した。国土交通省が定める仕様に準拠し、搭載したGNSSにより機体の位置を特定できる。(2022/6/14)

最大12分の遅延:
札幌市の路面電車、線路内の路上駐車で遅延被害 運営元「賠償請求の予定ない」もTwitterで物議
札幌市内で運行する路面電車「札幌市電」で、線路内に一般車両が路上駐車していたとして、最大12分の遅延が発生した。運営元の札幌市交通事業振興公社は「路上駐車していた車両の運転手への賠償請求の予定はない」としているが、路面電車停止中の様子を撮影した画像がTwitterで拡散され、物議を醸している。(2022/6/13)

料金は?:
「大阪・関西万博」仕様のナンバープレート、デザインが決まる
2025年日本国際博覧会協会は6月10日、大阪・関西万博の特別仕様ナンバープレートのデザインを発表した。(2022/6/10)

こ、これは……! 大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートのデザインが決定 2022年秋から日本全国で交付
あのキャラがチラリ!(2022/6/10)

3K職場を変える:
清水建設の井上社長「利益率をより重視」 デジタルゼネコンで「豊作貧乏」を打開
コロナ禍の影響により、ゼネコン業界では肝心の利益率が低くなり、「豊作貧乏」の傾向も見えてきた。そうした状況を打開しようとしているのが清水建設の井上和幸社長だ。ポストコロナを見据えながらDXを武器に、利益率をより重視した経営に舵を切ろうとしている。(2022/6/9)

SNIA SSS PTS規格に準拠:
OEG、車載用eMMCの性能評価サービスを開始
OKIエンジニアリング(OEG)は、車載機器などで用いられる不揮発性メモリ「eMMC」の性能評価サービスを始めた。不揮発性メモリの性能規格「SNIA SSS PTS」に準拠した試験をeMMCへ適用するために、独自の試験環境と評価技術を確立した。(2022/6/8)

ドローン:
ドローン空撮画像で植被率の定量評価と緑化の成否を評価する新技術、鹿島建設
鹿島建設は、造成工事などの土木工事で発生する法面緑化工事の品質管理を高度化するために、ドローンによる空撮画像を用いて植被率を定量的に測定し、緑化の成否を評価する技術を開発した。同社は、茨城県北茨城市で施工を進める「磯原太陽光発電北茨城メガソーラー建設工事」における法面緑化工事に適用し、有効性を確認した。新技術の適用により、大規模な法面に対しても定量的に植被率分布を評価できるため、発注者と施工者間の緑化成立に関する認識のずれがなくなり、手戻り工事や緑化不成立に伴う不具合などの大幅な低減が可能となることも分かった。(2022/6/8)

3Dプリント:
金沢工大と鹿島、“カーボンネガティブ”も実現する建設向け3Dプリント技術の確立へ
金沢工業大学と鹿島建設は、環境配慮型コンクリートをマテリアルにした建設用途での3Dプリンティング技術の研究に乗り出した。実現すれば、生産性向上のみならず、CO2排出量よりも吸収するCO2量が多い“カーボンネガティブ”も両立したこれまでにない3Dプリント技術となる。(2022/6/7)

BIM:
発注者が受注者にBIM要望を正しく伝えるための“ガイドブック”を日建設計が公開
日建設計は、発注者と受注者の間でBIMデータの活用方法を「EIR(発注者情報要件)」によって、的確に共有できるためのガイドブックを公開した。(2022/6/7)

インフラDX:
インフラ分野のDXを実現するアクションプランを策定、国土交通省
国土交通省は、インフラ分野のデジタル・トランスフォーメーションの取り組みを横断的に推進するために、個別施策の目指す姿と工程などをまとめた「インフラ分野のDXアクションプラン」を策定した。インフラ分野のDXアクションプランでは、インフラでDXを実現するために、国土交通省が所管する各分野の施策を洗い出し、インフラ分野のDXを達成する取り組みと実現する「具体的な工程(2025年度まで)」や「利用者目線で使える事項」をまとめた。(2022/6/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
佐賀県の負担金は? ゲーム理論で導き出した「九州新幹線西九州ルート」
「九州新幹線西九州ルート」の新鳥栖〜武雄温泉間の着工の見通しが立たない。理由の1つが「佐賀県の負担金問題」だ。佐賀県は在来線で不満はなく、フル規格の費用負担は見合わない。経済学のゲーム理論によれば、3者が最も合意しやすい負担額は「佐賀県と国の負担減、長崎県の追加負担あり」と試算された。(2022/6/4)

法制度・規制:
三菱商事系が「圧勝」の洋上風力第1ラウンド、今後の入札は評価ルールを変更へ
三菱商事系のコンソーシアムが全ての公募海域の事業者に選定され、大きな注目を集めた洋上風力発電の第1回入札。現在、事業者の選定方法に関する見直しが進行中だ。本稿では現在検討されている新たな選定・評価方法の動向について解説する。(2022/6/3)

ホンダ、「N-BOX」など8車種22万台リコール 燃料ポンプに不具合、エンストの可能性
国土交通省は本田技研工業から「N-BOX」など8車種計22万台のリコールに関する届け出があったと発表した。燃料ポンプ内の樹脂製の羽根(インペラ)に不具合があり、最悪の場合、エンストする可能性があるという。既に68件の不具合が発生している。(2022/6/2)

月刊乗り鉄話題(2022年6月版):
東海道線と東海道本線ってどっちが正解? 山手線の「山手」って何なの? 実は楽しい「鉄道路線のお名前」の謎
知らなくても困らないけど、知ると何だか乗りたくなってくる「鉄道路線名」のお話をどうぞ。40代以上の皆さん、覚えてますか……?「E電」。(2022/6/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「DX=ビジネスモデルの進化」を成し遂げられるリーダーとは?
他社に先んじて新しいビジネスモデルを構築するために、リーダーに求められるマインドセットとは。(2022/6/2)

山岳トンネル工事:
西松建設が自動化セントルの現場実証を完了、覆工班6人を2〜4人に削減可能
西松建設は、福島県の南湖トンネルで、岐阜工業と共同開発した「自動化セントル」を初導入し、施工実証を完了した。自動化セントルは、制御盤でのボタン操作のみで、セントルのセットから覆工コンクリートの打込み、脱型・移動までの基本作業を行え、これまで6人で行っていた一連の作業を2〜4人で実施できることが分かっている。今後、中国地方で施工中のトンネル現場にも導入する予定だ。(2022/5/27)

三菱電機不正拡大 製造業、相次ぐ品質面の不祥事
日本の製造業で品質に関する不祥事が相次いでいる。自社経営に打撃となるだけでなく、日本のものづくりへの信頼を揺るがしかねない。「実質的に問題がなければいい」という姿勢で定められた手続きを怠るケースもみられ、規範意識や倫理観が問われている。(2022/5/26)

カスハラにつながる恐れ:
“消毒液をまいておけ”―「送料無料」が招くドライバー軽視の風潮
近年、ネット通販サイトなどで頻繁に見られる「送料無料」の文字。手頃な印象を消費者に与える一方で、弊害を被る人々がいる。荷物の配送を担うトラックドライバーたちだ。「無料」という言葉が、宅配サービスの価値は低いという印象を与え、トラック輸送に従事する人々の社会的地位を低下させている――。足元では荷物の再配達が増えているといい、運輸業界は「送料無料」表示の見直しを訴えている。(2022/5/26)

線路や駅の安全、忘れ物 AIが見張り JR西、労働力削減
鉄道の保守・点検や観光案内などに人工知能を活用する動きが広がっている。(2022/5/25)

防災:
医療センターの水害タイムライン防災計画を共同策定、清水建設
清水建設は、人吉医療センターや京都大学防災研究所とともに、医療現場と工学の知見を連携させ、2020年7月に発生した豪雨時に球磨川の氾濫で浸水被害を受けた人吉医療センターの水害タイムライン防災計画を策定した。今後は、センターの全組織で、約150人が参加してタイムライン防災を体験予定だ。(2022/5/24)

モビリティサービス:
空飛ぶクルマの定着は「2030年代前半」、個人所有のニーズも?
矢野経済研究所は2022年5月19日、“空飛ぶクルマ”の市場調査結果を発表した。2050年に市場規模がグローバルで120兆円以上に成長すると見込む。(2022/5/20)

槙野智章、盗難被害訴えたツイートに選手仲間からツッコミ殺到 ファンは「気の毒すぎます」「とんでもない」とぼうぜん
こんなことあるの……。(2022/5/19)

産業動向:
住宅ローンは変動金利型が7割、前年度から6.9ポイント増加
国土交通省が行った令和3年度の民間住宅ローンの供給状況の実態調査によると、個人向け住宅ローン新規貸出額の金利タイプ別割合は、「変動金利型」が前年度より6.9ポイント増の70%と最も多かった。(2022/5/19)

書類電子化に加え押印も不要:
宅建業法が改正 賃貸借契約の完全オンライン化が可能に
宅地建物取引業法の改正法が、5月18日に施行された。賃貸や売買などの不動産取引に必要な重要事項説明書などを電子化できるほか、書類に宅地建物取引士の押印も不要となる。(2022/5/18)

名古屋市が道路標識の点検・管理業務を効率化 古河電工のRPA技術を活用
名古屋市は「道路標識メンテナンスDXプロジェクト」で実施した実証実験で、古河電工が開発中の「みちてんクルーズ」を導入した。道路標識の点検や管理業務を効率化する他、データ蓄積による中長期的な利点も期待できる。(2022/5/17)

産業動向:
下水道のグリーンイノベーションに向けて6技術を新たに採択
国土交通省は、2022年度に着手するB-DASHプロジェクトに2技術、下水道応用研究に4技術を新たに採択した。最初沈澱(ちんでん)池での下水エネルギー回収技術の技術実証事業や、省エネ型深槽曝気技術に関する実証事業などが選ばれている。(2022/5/17)

家計にしわ寄せ:
食品などの値上げ止まらず、消費はどうなる?
生活に身近な商品の値上げラッシュが止まらない。消費者が生活防衛意識を強め、購入や利用を見送ることで、消費全体が冷え込む恐れもある。(2022/5/16)

ICT:
T-iDigital Fieldの施工と安全の管理機能を拡張、大成建設
大成建設は、インフォキューブLAFLAとともに、施工中に取得した膨大なデジタルデータを活用して、効率的に工事関係者間での情報共有を支援するシステム「T-iDigital Field」の機能拡張を行った。今回追加した機能は、建設現場の施工進捗管理および建機と作業員などのリアルタイム位置情報を地図化して現場での安全性を把握・管理する施工支援アプリケーション。(2022/5/16)

DX時代のPLM/BOM導入(6):
PLMでコンプライアンス対応(2):自動車業界のトレーサビリティ強化策
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第6回は自動車業界の法改正や欧米の品質規格と、PLMによる対応、特に変更管理とプロジェクト管理のポイントを解説する。(2022/5/20)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
人命を預かる仕事の重さとは? 新人CAをハッとさせたコックピットの「黒いカバン」
知床遊覧船の痛ましい事故のニュースを聞いたとき、筆者が「真っ先に浮かんだ」というのは、航空会社での勤務時に見ていた、フライトエンジニアが持つ“黒いカバン”だ。それはどのようなものかというと──。(2022/5/13)

プロジェクト:
物流施設「MCUD 川崎I」BELSとCASBEE両方で最高評価を取得
三菱商事都市開発は、物流施設「MCUD川崎I」において、「建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)」で最高位の「5つ星」を、「CASBEE不動産評価認証」で最高位の「Sランク」を取得した。(2022/5/12)

ITワード365:
【ITワード365】Wi-Fi 6E/PPAP/ノーコード/MaaS/Cookie/TSMC/量子インターネット
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/5/12)

カフェや託児所……物流施設、イメージ一新の狙い
物流施設に近年、変化が訪れている。フィットネスジムやレストラン、託児所などを備え、休日にはイベントも開催される。(2022/5/11)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
この空港からあの空港まで行けたらいいのにな
さあ、想像してみましょう。(2022/5/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。