• 関連の記事

「マーケットプレイス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マーケットプレイス」に関する情報が集まったページです。

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
コロナ保険が感染拡大で“実質破たん”……行政処分の事例から考えたい「ミニ保険不要論」
保険とテクノロジーを掛け合わせた「インシュアテック」を推進するjustInCaseが、6月27日付で業務改善命令を受けることとなった。一部では「ミニ保険不要論」なども噴出している状況だ。では、ミニ保険不要論とはどのようなものか。一般的な保険と合わせて検討していきたい。(2022/7/1)

NFTマケプレ「OpenSea」ユーザーのメルアド流出 メール配信業者の従業員が不正に持ち出し
NFTマーケットプレイス「OpenSea」ユーザーのメールアドレスが流出した。メールマーケティングサービスを提供する米Customer.ioの従業員が、OpenSeaユーザーなどのメールアドレス情報を不正にダウンロードし、外部に送信していた。(2022/6/30)

ネックはどこに?:
「Web3.0はうちじゃ無理なの?」 日本企業の多くが頭を抱えている“超現実的”な理由
「NFT」「ブロックチェーン」「メタバース」といったWeb3.0関連のテーマ。これらは、自社のビジネスモデルに大きな影響を与える可能性があるが、うまく取り組めない日本企業も多い。その理由は?(2022/6/30)

「ゲームのお金が本物だったらいいのに」を実現する「Axie Infinity」 一方で参加には注意も
ゲームで生計を立てることも夢ではない時代が来ている。Web3が生み出した「GameFi」とは私たちの生活をどのように変えるのか。Axie Infinityの特徴と注意点を解説する。(2022/6/28)

Mincraftの無料DLCマップ「ROOTED TOGETHER」公開 マングローブ再生プロジェクトの一環
Minecraftの新しいDLCマップ「ROOTED TOGETHER」が公開され、公式マーケットプレイスから無料でダウンロード可能だ。(2022/6/24)

フランス発ユニコーンのMiraklが日本に進出:
AmazonでもD2CでもないEコマース第3の選択肢「オンラインマーケットプレイス」とは?
フランス発のユニコーン企業Miraklが日本での事業展開をスタートした。既存のマーケットプレイスとの違いは何か、日本法人の社長に聞いた。(2022/6/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“大人様ランチ”に“ラムネ菓子”……「大人向け」リメイクで大成功する企業が増加のワケ
「大人様ランチ」が、5月12日から期間限定で販売されたことで、カツ丼チェーン「かつや」の月次売上高が急成長している「大人様ランチ」では「お子様ランチ」の料理を大人向けにリメイクしたものだ。このように、子供の頃に馴染みが深かった商品を「大人向けリメイク」することで成功を収める企業が近年増加している。(2022/6/24)

Snowflake、新アプリケーション群を発表 トランザクションデータの統合分析や開発者向け機能などをリリース
Snowflakeは、トランザクションデータと分析データを統合活用できる「Unistore」や、ネイティブアプリの開発や収益化が可能になるフレームワーク、Pythonのサポートを中心とした開発者向け機能などをリリースし、データプラットフォームを拡充した。(2022/6/21)

アニメ中心のNFTマケプレ「animap」博報堂系が公開 まずタツノコプロの作品から
Ethereumを活用したNFTマーケットプレイス「animap」を博報堂系の企業が公開。第1弾として、タツノコプロの作品NFT 500点を各3000円で発売した。(2022/6/17)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「にじさんじ」時価総額フジテレビ超え……26歳代表資産は1000億円超、30人以上の従業員も億万長者へ
ANYCOLORを弱冠26歳で上場に導いた創業者である田角陸氏の保有株式価値は1246億円。同社の大株主リストには30人以上の従業員が名を連ねており、最も少ない株数である1万5000株の割り当てでも時価にして1億3500万円の価値がある。したがって、ANYCOLORでは30人以上の従業員が億万長者に変身したことになる。(2022/6/17)

トランザクションと分析のサイロを崩す:
Snowflakeが新展開、トランザクションアプリのサポートとネイティブアプリケーションフレームワークを発表
DWHのSnowflakeが、新機能を通じてトランザクションアプリの開発をサポートすると発表した。また、Snowflakeの機能を活用したデータアプリを迅速に開発できるアプリケーションフレームワークを発表した。(2022/6/15)

クロスプラットフォーム開発の動向を解説:
FlutterとReact Native、どちらに勢いがあるのか そしてDartは
調査会社のRedMonkはオープンソースフレームワーク「Flutter」の動向を分析、解説した。Googleが後押しするFlutterが、Metaが率いる「React Native」よりもクロスプラットフォーム開発で好まれているという。これがFlutterのベースとなっている「Dart」言語の伸びにもつながっていると分析した。(2022/6/10)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
VTuber「にじさんじ」が上場、時価総額1600億円に達したワケ
仮想世界で活躍する著名タレントを擁する、バーチャルYouTuber(VTuber)事務所「にじさんじ」を運営する「ANYCOLOR」が6月8日に上場した。初日は制限値幅一杯でも値段がつかず、当初の想定時価総額450億円から、9日時点の時価総額は1600億円にまで達した。(2022/6/10)

マルチクラウドの勘所とは:
PR:KDDI、マイネット、NRIセキュアのエンジニアが語った、マルチクラウドを選択する理由
パブリッククラウドの利用が進展する一方、複数のパブリッククラウドを使い分ける企業も増えてきている。いわゆる「マルチクラウド」を推進する企業では、メリットやデメリット、使い分けをどう考えているのか。マルチクラウドを推進するKDDI、マイネット、NRIセキュアテクノロジーズの担当者に話を聞いた。(2022/6/10)

【新潮流】SaaS×Fintechを理解するための3つのポイント
Fintechの流れがBtoBビジネスでも急速に拡大しつつある。背景にはクラウド型のソフトウェアである「SaaS」の成長が大きい。なぜ、FintechとSaaSは融合が進み、ビジネス拡大の可能性を秘めているのか。(2022/6/10)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「歩いて稼げる」STEPN、崩壊論高まる 大物投資家のSNSが中国封鎖引き金か
現実世界で歩いた分だけお金が稼げる「STEPN」は、世界で200〜300万ユーザーを獲得した注目のブロックチェーンゲームだ。しかし5月末に中国ユーザーの規制が発表されると、ゲーム内のNFTやトークンの価値は数日で暴落。とはいえ中国当局に目をつけられないよう先手を打ち、うまく対処している。(2022/6/9)

メルカリが「転売など営利目的の商品購入の禁止」を利用規約から削除する理由 ネットでは「転売容認か」の声も
メルカリは、フリマサービス「メルカリ」の利用規約を6月30日に改定すると発表したが、その内容を見たユーザーからは「転売を容認するのか」などの声が上がっている。(2022/6/2)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
実は米国では導入済みの”内部留保課税”、ただし実現すれば失業大国にも?
定期的に議論に上る内部留保課税。実は米国では内部留保課税が全企業に適用されている。しかし、そこにはメリットとデメリットが存在している。(2022/6/3)

メルカリが従来あった「転売等の営利を目的とした商品の購入」を禁止する規約をなぜか削除→転売容認かと話題に メルカリに理由を聞いた
メルカリに話を聞きました。(2022/6/2)

Jリーグクラブ初のNFT「金のベガッ太像」発売延期 「契約未完了のため」
ベガルタ仙台が発行するNFT「ファンのしるし『金のベガッ太像』」の発売がギリギリになって延期に。「販売に関連する契約の完了時期が確定していない」ため。(2022/6/1)

美しい……まるで“氷に閉じ込めたバラ” レジンとドライフラワーで作るアートに国内外から感動の声
透明感の高さで、氷のような涼やかさ。(2022/6/1)

6つのオープンソースPaaS製品を比較【後編】
オープンソースPaaS製品「Porter」「Rancher」の違いとは?
オープンソースPaaS製品を利用すれば、ベンダーロックインを避けつつ、クラウドインフラの構築や管理を効率化できる可能性がある。2つのオープンソースPaaS製品「Porter」「Rancher」の特徴を説明する。(2022/6/1)

GMOのNFT取引所、ヨーロッパでもサービス開始 GDPRに対応
GMOアダムが運営するNFTマーケットプレース「Adam byGMO」が、EUの「一般データ保護規則」に対応した。これにより、ヨーロッパでもNFT取引サービス提供を始める。(2022/5/30)

Web3って本当に大丈夫? DeFi、NFT領域で違法行為が増加
ブロックチェーンによる取引情報は改ざんできないため、その技術を応用したサービスのセキュリティは強固なイメージがある。だが、実際には多くの違法行為が起きている。今狙われる領域はどこなのか、暗号資産に関する調査レポートを基に考える。(2022/6/2)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
令和4年は給与の半分以上が税と社会保障に消える? 財務省「潜在的な国民負担率は56.9%へ」
財務省のWebページを見ると、「令和4年度の国民負担率は、46.5%となる見通しです」と記されている。さらに、「国民負担に財政赤字を加えた潜在的な国民負担率は、56.9%となる見通しです」と記載されている。令和は江戸時代よりも重い「六公四民」に近い状態となりつつあるようだ。(2022/5/27)

DAOとは? Web3に投資する元gumi國光氏に聞いた
注目を集めるWeb3はどう私たちの生活を変えるのか。Web3で生まれる新たな仕組みを理解し、近い未来に備えよう。(2022/5/26)

Retail Dive:
Amazonの新サービス「Buy with Prime」 小売業者への“わな”か、それとも福音か?
Amazonが自社サイト「Amazonマーケットプレイス」以外からの購入時にもプライム特典を利用できるサービスを開始した。「これは小売業者にとって『わな』だ」との指摘がある一方で、小規模な小売業者にとってはメリットがあるとの声も上がる。その理由とは。(2022/5/25)

6つのオープンソースPaaS製品を比較【中編】
オープンソースPaaS製品「Cloud Foundry」「Dokku」「OKD」の違いとは?
オープンソースPaaS製品には代表的な製品が幾つかある。その中から、「Cloud Foundry」「Dokku」「OKD」の機能と特徴を説明する。(2022/5/25)

ネオビジュアル系ロックバンド「Plastic Tree」のライブカットが「Rakuten NFT」で発売 狙いは?
楽天グループは5月31日、ネオビジュアル系ロックバンド「Plastic Tree」のライブカットを使用したNFTを、同社が運営するNFTマーケットプレイスと、販売プラットフォーム「Rakuten NFT」で発売する。(2022/5/23)

変わりつつあるSaaSの買い方・選び方 ユーザーが参考にする情報は? 米レビューサイトのCEOが分析
拡大が続くSaaS市場。一方で、ユーザー企業がSaaSを選ぶときに参考にする情報や、製品を買う場所は変わりつつあるという。ユーザー企業で起こっている変化を、法人向けIT製品のレビュープラットフォームを運営する米G2のゴダール・アベルCEOが分析する。(2022/5/23)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。(2022/5/23)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
6兆円が消えた「LUNA-UST騒動」 危ないステーブルコインの特徴
価格変動リスクが低いとされた、USTとよばれるステーブルコインと、そのトークンであるLUNAの崩壊によって、6兆円もの価値が暗号資産市場から消え去った。結局のところ、「どれくらいその資産が信頼できるか」の度合いが高いほど「利回りは低く」なり、その度合いが低ければ「利回りが高くなる」。(2022/5/20)

メルカリがNFT事業に本気 その目的と「その次」の事業展開を聞いた
フリマアプリを提供する「メルカリ」はブロックチェーン技術の大衆化に取り組んでいる。その鍵を握るのは、メルカリが提唱するWeb2.5というハイブリッドなサービス形態だ。(2022/5/19)

富士通とAWS、金融・小売業界へ本腰 共同でソリューション開発
富士通が、金融・小売業界向けソリューションの提供に向け、米Amazon Web Servicesとの協業を強化する。AWSを活用した新サービスを開発し、富士通の直販か、AWS社のマーケットプレースで販売する。(2022/5/18)

三木谷氏、楽天モバイルを「0円でずっと使われても困る」と本音 赤字から反転へ
楽天グループの三木谷浩史会長が、同社の決算について説明し、2030年に向けての戦略「Vision2030」や楽天モバイルの新サービスについて語った。質疑応答では、同日午前に発表された新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」についての質問が集中した。今期(2022年第1四半期)が赤字のボトムとし、「黒字化していくシナリオが見えてきた」という。(2022/5/14)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“レバナス投資”で被害続出? 背後に投資系インフルエンサーの影も
米国株ブームで増加した投資系インフルエンサーの推奨により、「レバナス」と呼ばれる投資信託がここ半年で半値近くまで大暴落している。(2022/5/13)

Red Hat OpenShift on AWSを活用:
IBMのソフトウェアをAWS上のSaaSとして提供、IBMとAWSが提携
IBMのソフトウェアが、AWS上でサービスとして提供される。IBMがAWSと戦略的な協業の合意をしたと発表した。これらのソフトウェアは「Red Hat OpenShift on AWS」上で稼働する。(2022/5/12)

6つのオープンソースPaaS製品を比較【前編】
“普通のPaaS”が嫌なら「オープンソースPaaS」製品を使うべき理由
PaaSの課題は「オープンソースPaaS」製品を利用することで解消できる場合がある。オープンソースPaaS製品のメリットと、その一つである「CapRover」を取り上げる。(2022/5/11)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「年収1000万でも苦しい」……貯金100万円未満の「高所得貧乏」が“倍増”している理由
このところ「世帯年収が1000万円を超える高所得者の生活は、優雅なものではなくむしろ苦しい」という価値観が広がりを見せている。年収1000〜1200万円世帯における“高所得貧乏”の増加は顕著で、その伸び率は前年比で倍増している。(2022/5/6)

Dellがストレージポートフォリオを拡充 「Dell Project Alpine」でクラウド連携を強化
Dellがストレージ製品のポートフォリオ強化を進める。クラウドデータサービスとの連携など大胆な施策を基に、目下目指すのは、ハイブリッド、マルチクラウドでのデータ運用基盤としての地位確立だ。(2022/5/6)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
苦境の新電力、“ソシャゲ感覚”で撤退? 1年で14件、倒産過去最多
企業信用調査最大手の帝国データバンクが4月公表した「『新電力会社』倒産動向調査」によれば、2021年度における新電力の倒産は過去最多となる14件となった。倒産までいかなくとも、電力の小売事業から撤退を余儀なくされた事業者も含めると、その数は31社と過去最悪のペースとなる。(2022/5/2)

SaaS導入で従業員の休みが増えた 人不足の地方中小がクラウド活用で変わった話
事業拡大の一方、人不足による業務の属人化と、情報共有の不備に課題を抱えていた中小企業。複数のSaaSを導入し業務改善を図ったところ、従業員の負荷を減らし、休みを増やすこともできたという。成功のカギはSaaSを使わざるを得ない仕組み作りにあった。(2022/4/28)

「小さな体型変化も見逃さない」 ZOZOスーツを使ったフィットネス支援サービス、ZOZOが米国で提供
ZOZOは27日、3D計測用ボディースーツ「ZOZOSUIT 2」を活用して日々のワークアウトを支援する新サービス「ZOZOFIT」を発表した。米国で夏からサービスを提供する。(2022/4/27)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「バイトテロ」ならぬ「上層部テロ」で炎上の吉野家、それでも株価は上がり続けるワケ
吉野家では「バイトテロ」から一歩進んで、「上層部テロ」が脅威となっているようだ。しかし、吉野家は複数の炎上を経ても株価が下落するどころか、むしろ上がっているのだ。(2022/4/22)

Coinbase NFTマーケット、β公開 SNS機能も搭載
Coinbaseが昨年10月に予告したNFTマーケットプレイスのβ版を公開した。コメント機能やアルゴリズムによるお勧めなどのSNS的な機能を盛り込んだものになっている。Mastercardによる支払いにはまだ対応していない。(2022/4/21)

コロナ禍のホリデーショッピングを支えた技術【後編】
Eコマースと実店舗の売り上げを左右する要因とは?
ホリデーシーズンにおけるデジタルチャネルおよび実店舗の売り上げには、さまざまな要因が影響している。何が売り上げを左右するのか。(2022/4/21)

「LINE NFT」 吉本、パトレイバーなど限定NFT動画、約4万点を順次販売
 LINEの暗号資産やブロックチェーン関連事業を展開するLVC(東京都品川区)は、4月13日よりNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」の提供を開始したと発表した。(2022/4/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
円安で「約40年ぶりの物価暴騰」、上がり続ける負担への対処法は
急激に進む円安が未だに止まる気配がない。4月13日のドル円相場は、1ドルあたり126.3円台まで急騰した。この度の円安とインフレが、企業の収益性も蝕みつつある。(2022/4/15)

加山雄三「お嫁においで」デモ音源をNFT化 85歳の誕生日記念、10万円〜
「Rakuten NFT」で、加山雄三さんの名曲「お嫁においで」の1960年代当時のデモ音源を使ったNFTが発売される。(2022/4/12)

決済オペレーションを効率化:
PR:世界47カ国のオンライン決済を支えるStripeが新たな試み 日本市場向け決済サービスとは
世界47カ国でオンライン決済サービスを提供するStripe。Webサイトに7行のコードを埋め込むだけで決済サービスを実装できるシステムを開発し、企業のオンラインビジネスの成長を支えてきた。同社日本法人の共同代表が、日本市場独自に開発した新サービスやクレジットカードの不正利用防止サービス「Stripe Radar」について語った。(2022/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。