• 関連の記事

「地図」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地図」に関する情報が集まったページです。

【クイズ】これは何の地図記号?
あれ……何だっけ……?(2024/4/16)

火曜日に「へえ」な話:
「47都道府県ピンバッジ」が人気 なぜ「群馬県」が断トツに売れたのか
地図を扱うゼンリンが都道府県のカタチをしたピンバッジを販売したところ、想定以上に売れている。47種類を販売して、どの都道府県が最も売れたのか。トップは……。(2024/4/9)

日本地図で「大阪まで1本で行ける都道府県」に着色 → 意外な位置が白いままの事態に 「フォッサマグナ感」の声も
フォッサマグナはたぶん関係ない。(2024/4/4)

日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
鉄道か飛行機1本で行ける道府県だけ塗りつぶしたら……?(2024/4/2)

桜の開花状況も地図上に 「Yahoo!マップ」、全国約1000カ所のお花見スポットを網羅
LINEヤフーは、「Yahoo!マップ」と「Yahoo!検索」でお花見スポットの開花情報などを確認できる機能を提供している。(2024/3/30)

ひっくり返したお好み焼きが日本列島に 奇跡的な失敗が「古代の地図みたい」と笑いを呼ぶ
なんだ神か。(2024/3/30)

日本地図で「東横インがある都道府県」に色を塗ったら…… まさかの1箇所だけ白い地図に「またハブられてる」など嘆く声
高知はいいところだよ!(2024/3/28)

愛猫の「お触りマップ」は……どこでもOK→もっとなでて→コロス!? 人によって過激なお猫様あるあるに猫飼いから共感と応援続々
かわいい顔でも油断ならないぞ。(2024/3/21)

親に「ギリ健全」と言われたスマホの利用時間がすごすぎる LINEの利用は「6秒」、Googleマップは……?
スクリーンタイムの偏りがすごい……。(2024/3/20)

JRの時刻表が豆本になって登場! 時刻表創刊60年記念でカプセルトイ化、廃止路線の地図やダイヤも収録
鉄道好きや豆本好きにはたまらない!(2024/3/20)

北海道内の移動距離を本州と比較したら…… 感覚がバグるマップ画像に「これが北海道」「大きすぎる」
マジか……。(2024/3/17)

この四国、どこか変だぞ……? “別の大陸”に置き換わった地図に「八十八箇所巡り大変そう」と笑い
違和感あまりなくて、すんなり受け入れてしまいそう。(2024/3/16)

「真夜中、Googleマップに誘導されて迷い込んで…」 シチュエーションに合わせて組み合わせた“深夜の山道”がマジで怖い
夜の廃墟は雰囲気がある。(2024/3/13)

これでいつでもドクターペッパーが飲めるぜ! 愛があふれて「日本ドクペ地図」を作った愛好家たち
急に飲みたくなったときに助かる……!(2024/3/10)

GIS:
国交省、「不動産情報ライブラリ」を構築 APIで一部無償公開
国土交通省は地価や周辺施設、防災、都市計画などの不動産情報を地図上に重ね合わせて表示できるWeb版GISシステムの運用を開始する。PCやスマホ、タブレットから不動産に関する複数のデータが閲覧できる。(2024/3/8)

「食べ歩きしたい」「さすが青森」 弘前市の「アップルパイ」情報を網羅したガイドマップが話題、特化型のガイドができたわけは?
酸味やシナモンのきかせ具合が分かるのもうれしい……!(2024/3/2)

Wear OSに複数の新機能 Googleマップの最寄り駅発着時刻表示やバッテリー寿命改善など
Googleは、「Pixel Watch」などのスマートウォッチOS「Wear OS」の新機能を発表した。「Googleマップ」で最寄りの駅から発着する電車の時刻を確認できるようになった。「ハイブリッドインタフェース」により、バッテリー寿命を改善した。(2024/2/27)

iPhone純正の天気アプリ、「これから1時間の雨の強さ」が分かるように 降る場所も地図で表示
米Appleが提供するiPhone/iPad/Apple Watch用天気アプリ「Apple天気」において、「これから1時間の雨の強さの予報や降水量の通知」が日本でも利用可能になった。(2024/2/27)

地方都市から大都市への転出割合をまとめた地図に反響 「関東から札幌が意外と多い」「四国はカラフル」
東京偏重でもなく、地方によって異なる傾向がみられます。(2024/2/9)

GoogleマップにもLLM採用のアドバイス機能(まずは米国から)
Googleは、GoogleマップにLLM(大規模言語モデル)採用の対話型検索機能のテストを米国で開始すると発表した。提案にフォローアップの質問をすることで会話しながらアドバイスを受けられる。(2024/2/2)

mineoが通信品質を大幅改善 平日昼間でも動画視聴や地図アプリの利用が快適に
オプテージが1月30日、MVNOサービス「mineo」について、通信品質を改善していることを発表した。MNOとの接続点(POI)の帯域増強を行っている。普段使いの用途では快適に使えるという。(2024/1/30)

今日のリサーチ:
「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN 2023」をアンダーワークスが公開
日本国内で利用可能な1740種のマーケティングテクノロジーを32分類で一覧化。2023年版の特徴は「生成AIテクノロジーの増加」です。(2024/1/25)

「Yahoo!乗換案内」「Yahoo!マップ」、全国路線バス事業者のカバー率が100%に
LINEヤフーの「Yahoo!乗換案内」「Yahoo!マップ」「Yahoo!路線情報」は、全国の路線バス事業者のカバー率100%を達成。934社の路線バスでルート検索と時刻表の表示が可能となった。(2024/1/25)

ナビタイム、「日向ルート」提供開始 日陰マップ、日陰ルートに続き
ナビタイムジャパンは23日、ウォーキングアプリ「ALKOO by NAVITIME」および総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」で「日向ルート」の提供を始めた。(2024/1/24)

カーナビの“パイオニア”がスマホアプリに参入 「COCCHi」はサイバーナビの使い勝手を継承しているか?
「カロッツェリアカーナビゲーションのノウハウを搭載!」と謳われており、カーナビ専用機と同等の機能、使い勝手をスマホで活用できるというアプリです。、スマホ標準の地図アプリと比べて、どのような違いがあるのかという点にスポットを当ててレビューしていきましょう。(2024/1/23)

Google マップで苦手な地下ルート克服 風景に“大きな矢印”重なり、分かりやすくナビ 都営大江戸線が「インドア ライブビュー」導入
都営大江戸線の一部駅でGoogle マップの「インドア ライブビュー」が利用可能に。スマートフォンのアウトカメラで捉えた風景の映像に道順を重ねて表示できる。いわゆるAR(拡張現実)を活用した機能だ。(2024/1/23)

Yahoo!天気、全国各地の花粉飛散情報を提供開始
LINEヤフーの「Yahoo!天気・災害」「Yahoo!天気」は、全国各地の花粉飛散情報を提供する「花粉情報 2024」を公開。花粉の動きを地図上で確認できる「花粉レーダー」などを利用できる。(2024/1/23)

BCP:
能登半島地震を受け、地盤情報を網羅した「地盤安心マップ PRO」を1月末まで無料開放
地盤ネットは、令和6(2024)年能登半島地震の被害状況を踏まえ、今後の防災対策と意識向上を目的に、「地盤安心マップ PRO」のアカウントを期間限定で無料開放した。(2024/1/19)

日本地図で「横浜より人口が少ない県」に色を塗ったら…… その結果に「強い」「都市部の一極集中は深刻」と驚きの声
ほぼ真っ赤。(2024/1/16)

災害対策:
能登半島地震の道路状況をWebで可視化 国交省の「道路復旧見える化マップ」
国土交通省は、能登半島地震の道路復旧状況をWebサイト上に可視化した「道路復旧見える化マップ」を公開した。(2024/1/15)

「イメージする秋葉原」と「地名としての秋葉原」はこんなに違う!? 2枚の比較地図が「知らなかった」「勉強になる」と話題に
どちらも秋葉原です。(2024/1/14)

Android AutoのGoogleマップ、EVのバッテリー走行可能距離表示へ
Googleは、自動車向けアプリ「Android Auto」搭載電気自動車(EV)向け新機能として、目的地を設定すると到達時の推定バッテリー残量、ルート上の推奨充電スポットなどを表示するようになると発表した。(2024/1/10)

Google マップ、日本語の荒らし行為多数も削除…… 「これはひどい!」「迷惑極まりない」など批判の声
Google マップでは「改変、悪ふざけ」は禁止・制限されています。(2024/1/8)

GoogleマップやYouTubeとも連携 GoogleのチャットAI「Bard」拡張機能を活用してみよう
2023年12月に日本語でも使えるようになったGoogle「Bard」の拡張機能。GoogleマップやYouTubeなど、Googleの各サービスと連携します。その実力と使い勝手を調べるため、福岡行きの旅行をプランニングしてみました。(2024/1/8)

ヤフー、北陸3県の「災害マップ」に避難所、給水所、トイレなどの情報追加
避難所、給水所、入浴・シャワー、トイレ、支援物資拠点、通行止めの情報を新たに追加。(2024/1/7)

Yahoo!の「災害マップ」に給水所、入浴・シャワー、トイレなどの情報を追加
LINEヤフーが「Yahoo!天気・災害」と「Yahoo!防災速報」で提供している「災害マップ」に、避難所、給水所、入浴・シャワー、トイレ、支援物資拠点、通行止めの情報を追加した。石川県、新潟県、富山県が対象。災害マップは、Yahoo!天気・災害のWebサイトやYahoo!防災速報アプリで利用できる。(2024/1/7)

Google マップ、日本語の荒らし行為相次ぐ 「これはダメでしょ」「想像以上にひどい」と波紋
日本国内で昨今物議を醸した企業名や団体名などが記載されたスポットが多数点在しています。(2024/1/6)

読売新聞が公開する「能登半島地震被災状況マップ」に反響 被災地の写真と地図が連動し「救助に役立ちそう」と話題
記事執筆時点、約80枚の写真が掲載されています。(2024/1/4)

インバウンドに人気の観光地 3位「京都侍忍者ミュージアム」、2位「清水寺」、1位は?
インバウンド観光客から評価が高い観光地はどこか。movがGoogleマップの口コミを基に調査した結果を発表した。(2024/1/3)

データに隠された真実:
「年収1500万円」の人が住んでいるのはどこ? 東京23区だけではありません
年収マップ、今度は「子どものいる核家族」のうち、世帯年収1500万円以上の割合を地図化してみました。(2024/1/3)

携帯の通信障害、新潟県でKDDIと楽天は復旧 「復旧エリアマップ」で確認も
能登半島地震に伴い、4キャリアで通信障害が発生しているが、KDDIと楽天モバイルは、新潟県での障害は復旧した。障害の原因は、地震の影響による停電、伝送路故障など。各社が公開している「復旧エリアマップ」も確認したい。(2024/1/2)

トヨタ、被災地の「通れた道」マップ公開もアクセス集中 「情報を必要としている方のみ開いて」
トヨタ自動車は、1月1日に発生した石川県能登地方を震源とする地震を受け、救援車両などの通行を支援する「通れた道マップ」を公開した。(2024/1/1)

全国の「初日の出」時刻が分かる機能、マピオンが提供 SNSへ投稿も
Web地図サービス「Mapion(マピオン)」を提供するONE COMPATH(東京都港区)は、マピオンPC版で2024年元旦の日の出時刻(初日の出)を表示する機能を提供している。(2023/12/29)

「Yahoo!検索」で全国の停電状況が確認可能に 発生件数に合わせて地図を色分け、ひと目で状況が分かる
送配電会社や都道府県ごとの状況も確認できます。(2023/12/22)

Googleの生成AI「Bard」、日本語でもGmailやYouTube、Googleマップと連携可能に
生成AIチャット「Bard」とGmailやYouTube、Googleマップなどとの連携機能が日本語でも利用可能になった。(2023/12/19)

Google BardがGmail/Googleマップ/YouTubeなど同社提供の各種サービスとの連携に対応
Googleは、同社提供のAIチャットサービス「Google Bard」の新機能発表を行った。(2023/12/19)

ロボット開発ニュース:
ローカル5Gと電波マップによる移動ロボット群の制御技術を開発
東芝と東芝インフラシステムズは、電波マップを用いてロボットの移動経路を制御する技術を開発し、ローカル5Gを活用して移動ロボット群をリアルタイムで制御することに成功した。(2023/12/15)

「豚汁」の呼び方って、とんじる? ぶたじる? 2718件の回答からゼンリンが作成した「豚汁マップ」が興味深い
富山県と三重県はぶたじる派が高い!?(2023/12/15)

Googleマップの「タイムライン」、クラウドではなく端末に保存するように
Googleマップの個人情報管理機能が改善される。行動履歴を表示する「タイムライン」のデータがクラウドではなく端末に保存されるようになる他、ロケーション履歴の設定を簡単に変更できるようになる。(2023/12/13)

空車のタクシーが通りやすい場所を地図に表示 「S.RIDE」アプリに新機能
S.RIDEは7日、空車タクシーが捕まりやすい場所を地図上にアイコン表示する新機能「バーチャルタクシースポット」を発表した。iOS版では、東京23区と武蔵野市、三鷹市で7日から利用できる。(2023/12/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。