• 関連の記事

「幕張メッセ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「幕張メッセ」に関する情報が集まったページです。

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマが文化としていつまでも豊かなものでありますように
これを書いている金曜日は、千葉の海風に吹かれて凍える思いをしていました。海風に吹かれながらどこに行ってきたかというと、この週末に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれる「東京オートサロン2022」です。(2022/1/15)

わくわくカスタム&魔改造、きれいなお姉さんたくさん! カスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」開幕
2年ぶり実開催、わくわくなクルマがいっぱいですよぉぉ! 幕張メッセで1月16日まで。(2022/1/14)

「ワンフェス」約2年ぶりにリアル開催 2022年2月に幕張メッセで
「早割」導入やコスプレエリア増強も。(2021/12/13)

3D使い新型車両プレゼン、対コロナ製品も注目 鉄道技術展
11月24日に幕張メッセで開幕した「第7回鉄道技術展 2021」の会場は、多くの鉄道関係者や関連するサービス、工事関係者らでにぎわった。展示会場では車両メーカーが3D映像を使ったプレゼンや新型コロナウイルス対策製品に注目が集まった。(2021/11/25)

LANケーブル不要の「PicoCELA」:
置くだけでWi-Fiエリアを拡張、遠隔支援しやすく
加賀FEI(旧富士通エレクトロニクス)は「第7回 IoT&5Gソリューション展【秋】」(2021年10月27〜29日、幕張メッセ)で、スマートグラスとWi-Fiエリア拡張技術「PicoCELA」を組み合わせた遠隔支援ソリューションを紹介した。(2021/11/9)

省電力ボードにも根強いニーズ:
最新のCOM-HPC対応ボードを展示、コンガテック
Congatecの日本法人であるコンガテック ジャパンは、「第7回 IoT&5Gソリューション展【秋】」(2021年10月27〜29日、幕張メッセ)で、同社が手掛けるさまざまな産業用コンピュータモジュールやシングルボードコンピュータを展示した。(2021/11/2)

「東京オートサロン2022」幕張メッセで開催決定 2022年1月14日から
リアル開催は2年ぶりです。(2021/10/20)

東京ゲームショウ2021:
「ゲーミング家具」に参入したイケアの本気度をオフラインで見てきた
25周年となる2021年もオンラインでの開催となった「東京ゲームショウ2021」だが、千葉県の幕張メッセではメディア向けのオフライン会場も用意された。気になる展示をチェックした。(2021/10/4)

イケア「東京ゲームショウ」に初出展 女性ゲーマーを意識
ゲーム関連の新商品やサービスが一堂に会する展示会「東京ゲームショウ」が千葉市美浜区の幕張メッセで開幕し、スウェーデンの家具大手IKEAグループの日本法人「イケア・ジャパン」がゲーミング用家具やアクセサリを初めて出展した。(2021/10/1)

テレビ朝日の音楽ライブイベント、来場が不安な人にチケット払い戻し 千葉・幕張メッセで23日から開催
テレビ朝日は10日、千葉県の幕張メッセ(千葉市)で23日から開催する音楽ライブイベント「ドリフェス」について、来場が不安な人に向けたチケットの払い戻しを行うと発表した。(2021/9/10)

CEATEC 2021:
CEATECが2年連続でオンラインのみ開催に、緊急事態宣言の延長を受け
JEITA(電子情報技術産業協会)は、2021年10月19〜22日に開催予定の「CEATEC 2021(シーテック 2021)」について、当初予定していた幕張メッセとオンラインを組み合わせたハイブリッドの開催形式を変更し、前回の「CEATEC 2020」と同様にオンラインのみで開催することを決定した。(2021/6/8)

「ニコニコネット超会議2021」総来場者数は前回を超える1796万人に 次回は3年ぶり幕張メッセでの開催目指す
来年こそはリアルで……!(2021/5/2)

モノづくり最前線レポート:
食の安全を守る認証規格、国際連携強化で輸出促進へ
食の安全と安心に関する展示会「食品安全対策展」(2021年3月9〜12日、千葉県・幕張メッセ)が開催された。その中で「食品安全マネジメント認証『JFS規格』の最新情報」をテーマに、食品安全マネジメント協会(JFSM)事務局長の小谷雅紀氏が、食品安全マネジメント認証「JFS規格」のHACCP制度対応など、最新情報を紹介した。(2021/4/13)

旧車・歴史的名車の祭典「オートモビルカウンシル 2021」が開幕
幕張メッセで4月11日まで、旧車好きの人はぜひ〜。(2021/4/9)

日本モノづくりワールド:
横河電機が進める2つのDX、グローバル最適化やIT変革を推進
日本ものづくりワールド(2021年2月3〜5日、千葉県・幕張メッセ)の特別講演として、横河電機 執行役員(CIO)デジタル戦略本部長 兼 デジタルエンタープライズ事業本部DXプラットフォームセンター長の舩生幸宏氏が「横河電機のグローバルIT戦略〜DX推進に貢献出来るIT部門への変革〜」をテーマに講演した。(2021/3/26)

日本モノづくりワールド:
本田宗一郎氏の思いとデジタル技術を融合へ、ホンダの生産技術
日本ものづくりワールド(2021年2月3〜5日、千葉県・幕張メッセ)の特別講演として、本田技研工業 執行職 生産技術統括部統括部長の神阪知己氏が「Hondaのものづくり〜生産技術への変わらぬ想いと新たな挑戦〜」をテーマに講演を行った。(2021/3/25)

「CEATEC 2021」はリアル・オンラインの両方で開催 現実の会場は幕張メッセ
CEATEC実施協議会が、IT総合展示会「CEATEC 2021」を幕張メッセとオンラインの両方で開催すると発表。2020年のオンライン開催が好評だった一方、現実世界での開催を望む声もあったことから、両方での開催を決めたという。(2021/3/18)

「ニコニコ超会議2021」幕張メッセでの開催を断念 全日オンライン開催へ
新型コロナウイルスの影響により、2021年もネット開催となりました。(2021/1/12)

コロナ対策にも:
非接触でも高精度に指を検知するタッチパネル、JDI
ジャパンディスプレイ(JDI)は「ファインテック ジャパン2020」(2020年12月2〜4日、幕張メッセ)で、非接触でも高精度に指を検知するホバーセンサー技術を活用したタッチパネルなどを展示した。(2020/12/9)

エヌエフ回路設計ブロックが展示:
量子チップ向けの低雑音評価システム
エヌエフ回路設計ブロックは、2020年10月28〜30日に幕張メッセで行われた「第1回 量子コンピューティングEXPO」で、量子コンピュータチップの評価向けに、低雑音を特長とする信号処理ソリューションを展示した。(2020/11/24)

富士通エレクトロニクスが展示:
ドイツ発、視線検知で最適表示する裸眼3Dディスプレイ
富士通エレクトロニクスは、「第6回 IoT&5Gソリューション展 秋」(2020年10月28〜30日、幕張メッセ)において、ドイツ3D Globalが開発した裸眼3Dディスプレイのデモなどを展示した。(2020/11/13)

日本発の新興企業:
FPGAに実装可能なエッジAI用ハードIP、45fpsで推論
エッジデバイス用の推論プロセッサ開発を手掛けるEdgecortix(エッジコーテックス)は、「第1回 AI・人工知能 EXPO【秋】」(2020年10月28〜30日、幕張メッセ)で、同社の技術を実装して行うエッジAI(ここでは推論)のデモを展示した。(2020/11/12)

凸版印刷が日本の量子暗号技術で果たす役割 「ICカードの知見で貢献」
「第1回 量子コンピューティングEXPO【秋】」(幕張メッセ)に出展した凸版印刷。量子技術についての同社の戦略を担当者に聞いた。(2020/11/5)

感染症対策のIoTサービスも:
触覚デバイス&エミュレータで5Gの低遅延体験、KDDI
KDDIは、「第6回 IoT&5Gソリューション展 秋」(2020年10月28〜30日、幕張メッセ)において、エミュレータや触覚デバイスによって5G(第5世代移動通信)の低遅延を体験できるデモや、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策につながるIoTクラウドサービスパッケージなどを紹介した。(2020/11/5)

日本初の量子コンピュータビジネス展示会「量子コンピューティングEXPO」が開幕
リード エグジビジョン ジャパン主催の「第1回 量子コンピューティングEXPO【秋】」(幕張メッセ)が10月28日に開幕した。量子コンピュータビジネス専門の展示会としては日本初という。(2020/10/28)

製造マネジメントニュース:
初のオンライン開催となる「CEATEC 2020」、目標来場者は過去最大級の20万人超
CEATEC実施協議会は2020年10月2日、初のオンライン開催となる「CEATEC 2020 ONLINE」の開催概要を発表した。会期は同年10月20〜23日。例年は幕張メッセで開催していたが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けてオンラインで実施する。来場者数目標は過去最大級の20万人以上。(2020/10/6)

【サプライズ披露も】希少な名車が幕張メッセに集結 ヘリテージカーの祭典「オートモビルカウンシル 2020」が開幕
幕張メッセで2020年8月2日まで開催。オンラインモールも。【写真20枚】(2020/7/31)

「東京ゲームショウ2020 オンライン」正式に開催が決定 9月23日〜27日までの5日間
幕張メッセでの開催中止は既に発表されていました。(2020/6/25)

製造マネジメントニュース:
2020年の「CEATEC」はオンラインで開催、“ニューノーマル”に対応
CEATEC実施協議会は、2020年10月20〜23日に開催予定の「CEATEC 2020」について、千葉・幕張メッセでの通常開催に替えてオンラインでの開催を決定したと発表した。詳細は6月以降に順次発表する予定。(2020/5/26)

ニューノーマルをテーマに:
「CEATEC 2020」オンライン開催に変更 幕張メッセ開催は中止
ITやデジタル家電の展示会「CEATEC 2020」について、実施協議会は幕張メッセでの通常開催を中止し、オンラインで開催すると発表した。10月に開催し、オンラインならではの企画も展開する。(2020/5/25)

「CEATEC 2020」もオンライン開催へ
今年のCEATECは幕張メッセではなく、オンラインでの開催となる。(2020/5/25)

幕張メッセでの開催は中止:
CEATEC 2020、オンライン開催に変更
CEATEC実施協議会は2020年5月25日、2020年10月20〜23日に開催予定の「CEATEC 2020」について、幕張メッセ(千葉市美浜区)での通常開催を中止し、オンライン開催とすることを決定した、と発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止のためで、「来場者、出展者ならびにCEATECに関わる全ての皆さまの安全を最優先に考慮した結果」としている。詳細は2020年6月以降に順次発表する予定としている。(2020/5/25)

スマートファクトリー:
年間30台から200万台まで、多様さに悩むニコンが進めたデジタルモノづくり革新
モノづくり関連の総合展示会「日本ものづくりワールド2020(2020年2月26〜28日、幕張メッセ)」の特別講演にニコン代表取締役兼社長執行役員兼CEOの馬立稔和氏が登壇。「ニコンのモノづくりへの取り組みと未来への挑戦」をテーマに、同社のモノづくりの考え方および新たな価値を提供する取り組みについて紹介した。(2020/5/14)

東京ゲームショウ、幕張メッセ開催が中止に オンライン開催を検討
(2020/5/8)

「東京ゲームショウ2020」幕張メッセ開催を中止 オンライン開催を検討
主催者が日本最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ2020」の中止を発表した。(2020/5/8)

スマートファクトリー:
コマツが取り組むスマートファクトリー、協力工場にも広げる「つながり」の輪
モノづくり関連の総合展示会「日本ものづくりワールド2020(2020年2月26日〜28日、幕張メッセ)」の特別講演に、コマツ 生産技術開発センタ 所長の山中伸好氏が登壇し、「コマツ流IoTで『見える化』『生産性改善』を実現した取り組み」をテーマに、同社のシステムや導入方法について紹介した。(2020/5/1)

日本ものづくりワールド 2020:
ユーザー体験を高めるデザインの力、ホンダが活用する3D CGやVRとは
日本ものづくりワールド2020(2020年2月26日〜28日、幕張メッセ)の特別講演に本田技術研究所 執行役員 オートモービルセンターデザイン推進担当 デジタルソリューションセンターUX担当の松橋剛氏が登壇。「価値創造におけるホンダのデザイン戦略と、デザイン開発での3D・VR技術活用の取組み」をテーマに、3D CGやVR(仮想現実)技術をフルに活用した研究と開発について、事例を交えて紹介した。(2020/4/22)

ニコニコネット超会議、総来場者数1638万人で閉幕 2021年はリアルとネットで開催
ドワンゴが開催したオンラインイベント「ニコニコネット超会議2020」は、8日間で延べ1638万人を動員した。同社は、2021年4月の「ニコニコ超会議2021」は幕張メッセとオンラインで開催すると発表した。(2020/4/20)

「ニコニコ超会議2021」開催決定 幕張メッセで2日間、ネットで8日間
(2020/4/19)

電子ブックレット(メカ設計):
【総力特集】日本ものづくりワールド 2020
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2020年2月26〜28日の期間、幕張メッセで開催された「日本ものづくりワールド 2020」のイベント・ブースレポートをまとめた「【総力特集】日本ものづくりワールド 2020」をお送りします。(2020/3/30)

日本ものづくりワールド 2020:
取り付けるだけで自走可能、「移動だけ」をモジュール提供するロボットベンチャー
小型移動機器ベンチャーのCuboRexは、「日本ものづくりワールド 2020」(会期:2020年2月26〜28日/場所:幕張メッセ)内の「第24回機械要素技術展(M-Tech)」に出展したエフ・アイ・ティーブースに共同出展し、誰でも簡単に使えるクローラー動力ユニット「CuBase」を紹介した。(2020/3/4)

日本ものづくりワールド 2020:
複数の産業用ネットワークで高精度に駆動、TSNへの対応も
ハーモニック・ドライブ・システムズは「日本ものづくりワールド 2020」(会期:2020年2月26〜28日/場所:幕張メッセ)内の「第24回機械要素技術展(M-Tech)」に出展し、同社の小型機構とさまざまな産業用ネットワークとを組み合わせ、マイクロファクトリーを実現したデモを紹介した。(2020/3/4)

日本ものづくりワールド 2020:
ステレオカメラが自動車から航空機に、滑走路センシングで自動着陸に貢献めざす
リコーは「日本ものづくりワールド 2020」(会期:2020年2月26〜28日/場所:幕張メッセ)内の「第2回 航空・宇宙機器開発展」において、1000m先を検知可能な超望遠4Kステレオカメラを出展した。車載用や産業用ロボットからスタートしたステレオカメラの実績を、他の用途にも展開する。2〜3年は無人固定翼機で実績を積み、5年後以降に有人機での実証実験を目指す。(2020/3/3)

日本ものづくりワールド 2020:
現場の危険はラベルで解決? マックスがQCサークル活動にラベルプリンタを提案
マックスは「日本ものづくりワールド 2020」(会期:2020年2月26〜28日/場所:幕張メッセ)内の「第2回 工場設備・備品展(FacTex)」に出展し、QCサークル活動など改善活動向けラベルプリンタ活用の価値を訴えた。(2020/3/3)

日本ものづくりワールド 2020:
LMガイドの予兆保全サービス、食品産業向けで人気
THKは「日本ものづくりワールド 2020」(会期:2020年2月26〜28日/場所:幕張メッセ)内の「第24回 機械要素技術展(M-Tech)」に出展し、2020年1月から出荷を開始している製造業向けIoTサービス「OMNIedge」をアピールした。(2020/3/2)

日本ものづくりワールド 2020:
工場にも働き方改革を、作業者の環境を守る小規模騒音対策の意義
岐阜プラスチック工業は「日本ものづくりワールド 2020」(会期:2020年2月26〜28日/場所:幕張メッセ)内の「第2回 工場設備・備品展(FacTex)」に出展し、同社の騒音対策パネル「テクセルSAINT」による、小規模騒音対策の意義を訴えた。(2020/3/2)

日本ものづくりワールド 2020:
液状ゴムの3Dプリントが国内本格展開へ、柔軟で複雑な形状を量産可能
ダウ・東レは「日本ものづくりワールド 2020」(会期:2020年2月26〜28日/場所:幕張メッセ)内の「第2回 次世代3Dプリンタ展(AM Japan)」に出展し、ECCOのシューズなどで実績のあるシリコーンゴムを使用した積層造形技術の価値を訴えた。(2020/2/28)

日本ものづくりワールド 2020:
現場の「しまった」を共有、月間2万円で不具合を簡単に管理できるアプリ
アスプロスは「日本ものづくりワールド 2020」(会期:2020年2月26〜28日/場所:幕張メッセ)内の「第31回 設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展し、不具合情報共有アプリ「シマッター」をアピールした。(2020/2/28)

日本ものづくりワールド 2020:
制御盤製作の負担を軽減、オールインワンのシンプルPLCがもたらすもの
自動組み立て装置の設計製作などを行うエフ・アイ・ティは「日本ものづくりワールド 2020」(会期:2020年2月26〜28日/場所:幕張メッセ)内の「第24回 機械要素技術展(M-Tech)」に出展し、小規模装置の制御を簡単に実現する「smartPLC」を紹介した。(2020/2/28)

日本ものづくりワールド 2020:
【最新状況】「出展中止」を表明する企業が相次ぐ「日本ものづくりワールド」
2020年2月26〜28日まで幕張メッセで予定されている「日本ものづくりワールド」の主催者であるリード エグジビション ジャパンは、「予定通り開催」する旨を公式サイトにて発表。これに対して「出展中止」を明らかにする企業が相次いでいる。(2020/2/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。