• 関連の記事

「日本」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本」に関する情報が集まったページです。

2000人強に聞いた:
「ビジネス系YouTuber」の動画を見たことがある人は19.6% どんなジャンルが人気なのか
NEXERが運営する日本トレンドリサーチとfilmentsが「ビジネス系YouTuber」に関する調査を実施した。ビジネス系YouTuberの動画やライブ配信を見たことがある人で、役に立ったと考えている人の割合は73.0%だった。(2022/1/24)

PayPay、ユーザー数4500万人突破 スマホユーザーの半数以上が利用か
PayPayは、同社が運営するQRコード決済サービス「PayPay」のユーザー数が4500万人を突破したと発表した。総務省の統計を用いて算出したところ、日本国内のスマートフォンユーザーの2人に1人以上が利用している計算になるという。(2022/1/24)

回遊性の向上目指す:
「鳥取砂丘」エリアで自動運転の実証実験 東西エリアを結ぶ
日ノ丸自動車、日本交通、WILLERなどが、鳥取砂丘周辺の公道で自動運転の実証実験を実施する。(2022/1/24)

ちょっと不便な場所は:
不動産の資産価値は「利用価値」で決まる マンションなら家賃の何年分か
不動産の資産価値は「利用価値」で決まる日本では、かつて「土地神話」というものがあった。土地というのは必ず値上がりする、というものだ。だから、その時は「高い」と思っても、買っておけば損はしない、という結果になる。(2022/1/24)

日本のスマホ料金は6カ国で最安、4G接続率は99.4% ICT総研の調査から
ICT総研は、1月24日に「2022年1月 スマートフォン料金と通信品質の海外比較に関する調査」の結果を発表した。調査対象6カ国のうちスマホ料金は最も安い水準となり、4G接続率は99.4%でトップとなった。(2022/1/24)

LINE証券、CFDサービス開始で米国株取引可能に
LINE証券は1月24日、CFD取引サービスを開始した。米国株だけでなく日本株、株価指数、原油や金、海外ETFなどに投資できる。(2022/1/24)

“他人の家”の車庫に停める「駐車場シェア」が人気の理由 コロナ禍で思わぬニーズ発掘も
個人宅や商業施設などの使われていない駐車場を貸し借りする「駐車場シェアリング」の人気が高まっている。借り手は事前にスマートフォンのアプリで駐車場を予約することができ、駐車料金が従来型のコインパーキングより割安になることも多い。市場参入が相次ぐ中、日本でのサービス導入の先駆け的存在である「akippa」の会員数は昨年末に250万人を突破した。車で出かけた際に目的地近くに着いてから駐車場の「空」標示を探すといったストレスを解消できるとあって、一層の市場拡大が見込まれている。ここ数年は新型コロナウイルス禍による経済活動や生活の変化も追い風になっているもようで、事業者側も思わぬニーズの発掘に驚きを隠せない様子だ。(2022/1/24)

政府のガソリン価格急騰抑制策、発動が視野に
レギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格が約13年ぶりの高値水準となる170円台に近づき、昨年11月の追加経済対策で政府が用意したガソリンなど燃料の価格急騰を抑える支援策の発動が視野に入ってきた。原油価格の高騰が新型コロナウイルス禍からの回復に向かう日本経済の足を引っ張る事態を防ぐためだが、市場原理に踏み込む異例の措置となる。発動後は、給油所など現場での混乱を最小限にできるかが課題となる。(2022/1/24)

Weekly Memo:
会議リーダーの力量次第? ハイブリッドワークで生産性も安全性も上げるポイント
ニューノーマルの働き方として主流になりそうなハイブリッドワーク。だが実践するには、従業員のストレス増大やセキュリティインシデント発生といった「失敗」を生まないために注意すべきポイントが幾つかありそうだ。日本HPの話を基に考察する。(2022/1/24)

「IT人材養成ブートキャンプ」 プログラミング教育で人生と日本を変える
人材が欲しい企業側だけでなく、入学者にとっては人生の逆転を狙えるチャンス。ITエンジニアとして羽ばたこうと、多様な来歴の男女が集まる。バレエダンサーからの転身組にその実態も聞いた。(2022/1/24)

「IT人材養成ブートキャンプ」 プログラミング教育で人生と日本を変える
IT人材不足で育成が急がれる今「ブートキャンプ」と呼ばれる短期集中型養成所に注目だ。入学者にとっては人生の逆転を狙えるチャンスであり、ITエンジニアとして羽ばたこうと、多様な来歴の男女が集まる。(2022/1/24)

IBMが地域DXセンター設立 働く場所を問わず開発プロジェクトに参画可能に
日本IBMは、「イノベーション開発センター」を協力会社や顧客と共創する「IBM地域DXセンター」に改め、体制や人員を拡充する。(2022/1/24)

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(4):
伸びしろの大きいヘルスケア産業で日本企業はチャンスをつかめるか?
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。同氏が見る世界の製造業の現在とは? 今回は「医療機器産業」に光を当てる。(2022/1/24)

2024年4月就航:
なぜ? ヤマト、JALと貨物専用機 背景に「物流の2024年問題」
ヤマトホールディングス(ヤマトHD)は、2024年4月から同社が独占使用する貨物専用の航空機(フライター)を3機導入すると発表した。運行は日本航空(JAL)傘下で、格安航空会社(LCC)を運営するジェットスター・ジャパンが担当。輸送力強化を目指す。(2022/1/21)

PayPay登録者数が4500万人を突破 スマホユーザーの2人に1人以上が利用
キャッシュレス決済サービス「PayPay」の登録者数が4500万人を突破。同社によれば、日本のスマホユーザーの2人に1人以上が利用している計算となる。(2022/1/21)

インティメート・マージャーが日本で独占販売開始:
InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の日本における独占販売を開始。ソーシャルプラットフォームのためのクリエイティブをオープンWebでも有効活用できるようにする。(2022/1/21)

日本通信、ローカル5G向けSIMを2月7日に出荷開始
日本通信は、基地局を設置運営する企業や大学などに向けたローカル5G向けSIMを2月7日から出荷開始。SIMカード、eSIM、SIMカードの上に貼るタイプのオーバーレイSIMから選択できる。(2022/1/21)

製造マネジメントニュース:
成長分野の新製品開発に向け、高機能材製造会社がセラミック事業を取得
日揮ホールディングスの連結子会社である日本ファインセラミックスは、昭和電工マテリアルズのセラミック事業の譲受に関する契約を締結した。半導体や次世代自動車などでの新製品開発につなげる。(2022/1/21)

20TBに到達! CMR方式の大容量HDD「Seagate IronWolf Pro 20TB」を試す
日本シーゲートのNAS向けHDD「Seagate IronWolf Pro 20TB」は、市販で手に入る現時点で最大容量のNAS向けHDDとして多彩な魅力を備えたモデルだ。その機能と性能をチェックした。(2022/1/21)

財務のテレワーク支援に:
オフィスの銀行振り込み業務、テレワークで自動化 日本CFO協会らが新サービス
日本CFO協会らは、WinActorを活用し、テレワーク環境下でも銀行振り込み業務や請求書処理を自動化できる「らくらく振込」の提供を開始。「テレワーク導入は2割」という経理・財務部門のDX支援策としてサービス展開を見込む。(2022/1/21)

製造業がサービス業となる日:
株式売却も日立との技術連携深める日立建機、DX基盤の構築で国内営業の革新へ
日立建機と日立製作所は、日立建機がグローバルで展開する事業のDXを加速するための「DX基盤」を構築したと発表。その活用の第1弾となるのが、日立建機傘下で国内の建設機械の販売や部品・サービス事業などを担う日立建機日本の販売、サービス、レンタル、中古車の各担当者を対象に運用を始める「営業支援アプリ」である。(2022/1/21)

FAメルマガ 編集後記:
工場DXに必要な“4つのD”、日本企業の課題は後半の2つ
なぜ進まないのかを切り分けて考えていくと見えることがあるかもしれません。(2022/1/21)

デジタル人材20万人育成へ Modisと日本マイクロソフトが協業開始
日本マイクロソフトとModisは、デジタル人材育成に向けた協業を開始する。DX推進を担うデジタル人材を2025年までに20万人育成することを目標とする。(2022/1/21)

3Dプリンタニュース:
日本HPが3Dプリンティング事業の好調さアピール、金属の国内展開は慎重に準備
日本HPは、報道関係者向け事業説明会をオンラインで開催。2021年11月1日に同社 代表取締役 社長執行役員に就任した岡戸伸樹氏が日本市場における事業戦略を説明。3Dプリンティング事業も注力領域の1つに掲げ、国内での活用事例などを紹介し、その優位性をアピールした。(2022/1/21)

【新連載】シリコンバレーから見た風景:
コロナ隔離者を監視するアプリ「MySOS」とは何か? コロナ禍での日本帰国と隔離生活
日米を頻繁に往復するビジネスパースンが経験した、コロナ禍の水際対策事情。そこで「MySOS」というアプリを使うというのですが、その実態は……。(2022/1/21)

製造IT導入事例:
溶接機メーカー、受注管理の迅速化に向けてクラウドERPとSCMを採用
日本オラクルの「Oracle Cloud ERP」「Oracle Cloud SCM」製品群を、小池酸素工業が採用した。ソリューション導入により、部門間にわたるデータが一元化され、処理が自動化したことで業務効率が向上した。(2022/1/20)

「第2の創業を目指す」 日本HP新社長が語るパーソナルPC市場と日本のゲーミング市場
日本HPが2022年初の事業説明会を開催した。2021年に新社長に就任したばかりの岡戸伸樹氏は何を語ったのか。(2022/1/21)

日本向けの展開は未定:
Windows PC版「Google Play ゲーム」のβテストが香港、韓国、台湾でスタート 「Instant Play」対応ゲームを中心に利用可能
Googleが2021年12月に突然発表した「Windows PC版『Google Play ゲーム』」。そのβテストが、アジアの3地域で始まった。日本での展開は現時点で未定だが、サービスに関する通知を受け取るメールサービスに登録することは可能だ。(2022/1/20)

21年下半期の流行調査、1位は「鬼滅の刃」 1年ぶりに首位奪還
調査は2021年9月度と12月度の2回実施、調査対象は日本全国の15歳〜24歳の男女とした。(2022/1/20)

Armだからできるデザインと機能:
5G標準対応のArm版Windows 10搭載2in1 PC「HP Elite Folio」を使って分かったこと
日本HPの「HP Elite Folio」は、5Gに標準対応しながら20時間以上のバッテリー駆動時間を備えつつ、ヴィーガンレザーのカバーで覆われた異色の1台だ。気になる実機をチェックした。(2022/1/20)

日本限定の“ベアー型”キットカット発売 バレンタインのプチギフトによさそう
チョコのハート部分には3種類のメッセージ入り。(2022/1/20)

自主返納した理由は?:
運転免許を「返納」しようと思う年齢 2位は「76〜80歳」、1位は?
日本トレンドリサーチが「運転免許の返納」に関する調査を実施した。運転免許を返納しようと思う年齢、返納義務化に関する意見などを聞いた。(2022/1/20)

Amazon、プライムビデオの「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」正式タイトル発表
Amazonが製作中のトールキンのファンタジー小説に基づくテレビシリーズのタイトルを発表した。「The Lord of The Rings:The Rings of Power」(日本では「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」)。9月2日にプライムビデオで配信開始だ。(2022/1/20)

セーレン・川田会長の革命【後編】:
「本社にこもっている経営者はダメ」 セーレン・川田達男会長が徹底する「現場主義」
倒産寸前だったセーレンを再建し、日本を代表する総合繊維メーカーに育て上げた川田達男会長。川田氏の成功の要因となったのは、経営トップになってからも現場主義を貫き通したことにほかならない(2022/1/20)

Xiaomi、「Redmi Note 11」シリーズを1月26日に発表
Xiaomiが、2022年1月26日21時(日本時間)に、スマートフォン「Redmi Note 11」シリーズをグローバルで発表する。「超高画質」「超高速」「超快適」を目指した製品のようだ。中国では既に発表されている。(2022/1/19)

PC用オンラインゲーム「TERA」がサービス終了へ 10年の歴史に幕
PCオンラインゲーム事業を手掛けるゲームオンが提供するPC用オンラインゲーム「TERA:The Exiled Realm of Arborea」が、4月20日に終了する。Twitterでは「TERA」が日本のトレンドで1位になるなど、終了を惜しむ声が相次いでいる。(2022/1/19)

2020年度から横ばい:
経団連企業の平均賃金は月39万1408円 役職別では?
日本経済団体連合会(経団連)は、2021年6月度「定期賃金調査結果」を発表。全産業の平均賃金は20年度の39万2717円から横ばいの39万1408円だった。(2022/1/19)

台湾の「セーラームーン」変身スティック型ICカードがかわいすぎる 再現度が高すぎる造形に「日本で発売されたら買う」の声
我要代替月亮懲罰你!(訳:月に代わっておしおきよ!)(2022/1/20)

エイサー、第11世代Core i5を搭載した14型スリムノート「Swift 3/5」新モデルを発売
日本エイサーは、14型フルHD液晶を内蔵したスリムノートPC「Swift 3/5」シリーズの新モデル3機種を発売する。(2022/1/19)

男女2200人に調査:
メタバースの知名度25% NEXER調査
日本トレンドリサーチを運営するNEXERは、仮想空間「メタバース」に関する知名度調査の結果を発表した。その結果、知名度は約25%で、そのうち実際にメタバース関連サービスの利用経験があるのは6割程度と判明した。(2022/1/19)

日刊工業新聞社 、モノづくりの技術や価値を伝える「グッドファクトリーショップ」を開催
日本のモノづくり企業の技術や知恵が詰め込まれた「グッド」な製品を紹介する「グッドファクトリーショップ」が、hotel koe tokyo(東京都渋谷区)で1月21〜22日に開催される。(2022/1/19)

セーレン・川田会長の革命【前編】:
「このままではつぶれる……!」 繊維業界の常識を壊して倒産危機を救ったセーレン・川田会長の革命
明治維新以降、日本の基幹産業だった繊維は、1970年代ごろから衰退の一途をたどった。染色加工が中心だったセーレンもそのあおりを受けて倒産寸前に。この窮地を救ったのが、当時社長に就任したばかりの川田達男氏だった。同氏が起こした「革命」とは。(2022/1/19)

硬い心と、柔らかい頭:
BABYMETALのプロデューサーKOBAMETALに聞く「ビジネスとの向き合い方」
日本のエンタメビジネスの常識を変えたBABYMETAL。プロデュースしたKOBAMETALさんにビジネスとの向き合い方について聞く。(2022/1/19)

NECと日本IBMが老朽インフラ保全ソリューション開発に向けて協業 AIやローカル5Gを活用
NECと日本IBMは、新たなインフラ保全ソリューションの開発に向けた協業を開始する。老朽化するインフラの保全業務における課題解決を図る。(2022/1/19)

第45回日本アカデミー賞優秀賞が発表 優秀アニメーション作品賞は「漁港の肉子ちゃん」「シン・エヴァ」「呪術廻戦 0」「竜とそばかすの姫」「アイの歌声を聴かせて」
「漁港の肉子ちゃん」の渡辺歩監督は喜びを爆発させています。(2022/1/18)

3台の新型フェアレディZにアツい視線 「東京オートサロン2022」日産自動車ブースレポ 限定KICKSやノート・オーテックver.など
日本仕様のZに大きな注目が集まりました。(2022/1/18)

エイサー、RTX 3050/Tiを搭載したスタンダード15.6型ゲーミングノート
日本エイサーは、15.6型フルHD液晶と第11世代Coreプロセッサを採用した15.6型ゲーミングノートPC計2製品を発表した。(2022/1/18)

メタバース市場、日本勢が相次ぎ参戦 高性能VRゴーグル、スタジアム仮想化……
メタバース市場に日本企業が相次いで本格参入している。CES2022では、パナソニックがメタバース事業への参入を発表。日本のものづくりやゲーム産業の知見が生かせる分野として期待が寄せられている。(2022/1/18)

メタバース市場、日本勢が相次ぎ参戦 高性能VRゴーグル、スタジアム仮想化…
インターネット上で現実に近い体験ができる仮想空間「メタバース」の市場に、日本企業が相次いで本格参入している。1月上旬、米ラスベガスで開かれた家電とデジタル技術の見本市「CES2022」では、パナソニックがメタバース事業への参入を発表した。ソニーグループもメタバース上でファンが交流できるサッカースタジアムを再現するサービスを予定するなど、市場開拓へ向けた動きが加速。日本のものづくりやゲーム産業の知見が生かせる分野として期待が寄せられている。(2022/1/18)

メタバース市場、日本勢が相次ぎ参戦 高性能VRゴーグル、スタジアム仮想化…
インターネット上で現実に近い体験ができる仮想空間「メタバース」の市場に、日本企業が相次いで本格参入している。(2022/1/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。