• 関連の記事

「日本」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本」に関する情報が集まったページです。

電動化:
1年半の実証でバッテリー交換式バイクが好評、二輪車の電動化に手応え
日本自動車工業会 電動二輪車委員会 電動二輪車普及部会は2022年7月4日、2020年秋から1年半にわたって実証実験を実施してきたプロジェクト「eやんOSAKA(ええやんおおさか)」の成果を発表した。(2022/7/6)

「獺祭」など20種類:
「1100円の時間無制限飲み放題」が再び 日本酒原価酒蔵がリピーター獲得を狙う
日本酒原価酒蔵の全店で7月31日までの期間、時間無制限飲み放題を1100円で開催する。(2022/7/5)

×印で進入禁止:
出火場所によって進入禁止になる避難口誘導灯 日本初、竹中工務店などが開発
竹中工務店など3社は、進入禁止を表示する避難口誘導灯を開発したと発表した。誘導灯の先で火災が発生している場合、人が進入しないよう×印を表示。日本初の仕組みという。火災状況に応じた安全な避難口への誘導や、スタッフの誘導業務をサポートする。(2022/7/5)

ZOTAC、第11世代Core+GeForce RTXを搭載したミニデスクトップPC
ゾタック日本は、第11世代Coreプロセッサを標準搭載したミニデスクトップPC「ZBOX E」シリーズの新モデル3製品を発表した。(2022/7/5)

小寺信良のIT大作戦:
Engadgetってなんだったんだ?  Ittousai氏に聞く、これまでと新媒体TechnoEdgeが指し示す先
日本のテックメディアの柱の1つだったEngadget日本版が終了し、後継媒体としてTechnoEdgeが誕生した。Engadgetを日本に持ってきて、今度はTechnoEdgeの編集長に就任したIttousai氏に話を聞いた。(2022/7/5)

新日、スターダムとコラボ:
プロレスラーがレッスンも!? エンタメ企業がスポーツジムを経営する戦略とは
「新日本プロレス」「スターダム」の2つのプロレス団体を運営するブシロードグループがフィットネスクラブ事業に参入した。ブシロードウェルビーの大場隆志社長に話を聞いた。(2022/7/5)

岸田政権「1000円以上を目指す」:
最低賃金930円、引き上げはあるのか? 「貧しい日本」を脱する最後の砦
現在の日本の地域別最低賃金は、全国平均930円だ。米国の半分以下、欧州の約6割という数字だ。岸田政権は「1000円以上を目指す」と声明を出しているものの、実際にいくらに引き上げられるのだろうか?(2022/7/5)

日本漫画家協会、インボイス制度に反対声明 “本名バレ”のリスクなど指摘
日本漫画家協会は、2023年10月から始まる消費税の仕入税額控除の方式「インボイス制度」(適格請求書等保存方式)に反対する声明を発表した。「多くの漫画家に不利益を喚起しかねない懸念事項が払拭されていない」とし、見直しを求めている。(2022/7/4)

ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及
インボイス制度が、創作界に大きな議論を呼んでいます。(2022/7/4)

ブランド米の魅力を発信:
ローソン、日本各地のブランド米を使用したおにぎりを発売 第一弾は北海道産「ふっくりんこ」
ローソンは日本各地のブランド米を使用したおにぎりを発売する。ブランド米の魅力を発信していく。第一弾は北海道産「ふっくりんこ」を使用した2品。(2022/7/4)

大胆でクリエイティブな仕掛けが構築できる:
Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 「ブランドいいね」の提供を開始。(2022/7/4)

スタルクヴィンド:
イケア、サイドテーブル型の空気清浄機発売 スマホ操作も可能に
イケアの日本法人イケア・ジャパンは7月1日、スマート家電の新たなラインアップとして、新型の空気清浄機「STARKVIND(スタルクヴィンド)」を発売した。(2022/7/4)

製造マネジメントニュース:
サステナビリティを顧客拡大のカギに、シュナイダーエレクトリックが国内展開強化
Schneider Electric(シュナイダーエレクトリック)は2022年6月29日、日本市場向けの戦略説明会を開催し、カーボンニュートラル化に向けた動きへの提案を入口とし、新規顧客拡大を進めていく方針を示した。(2022/7/4)

JRE パスポート:
JR東のサブスク、パンやマカロンが毎日もらえる新プラン追加 3カ月で6万回利用と好調
JR東日本のサブスク「JRE パスポート」の累計利用回数が、開始3カ月で6万回を突破した。7月中にパン屋やそば屋、日本茶店など5つの業態・8店舗で使えるサブスクプランを新たに追加する。(2022/7/5)

北斗晶の長男・佐々木健之介、門倉凛とのプロポーズ再現2ショット 今後はカナダと日本の“遠距離”婚に
離れ離れの生活が始まる2人。(2022/7/4)

OSSコミュニティーとの架け橋に:
日本企業にも広がるOSPO、サイバートラストが設立した理由は
サイバートラストが、オープンソースプログラムオフィス(OSPO)を社内に設立したと発表した。電子認証、IoT、Linuxを事業の3本柱とする同社はOSPOについて、これまで自発的に行われてきたOSS活動を、組織として正式に支援する狙いがあるとしている。(2022/7/4)

Weekly Memo:
“日本の”ITサービスベンダーをパートナーに選んで大丈夫?――NEC社長に聞いてみた
日本のITサービスベンダーをパートナーに選んで大丈夫か――DXに取り組み始めた企業から聞こえるこんな声にどう答えるか。NECの森田隆之社長兼CEOに聞いた。(2022/7/4)

製造ITニュース:
複数異機種の倉庫ロボットを連携、SAPが新システムを提供開始
SAPジャパンは2022年6月28日、倉庫ロボット連携ソリューション「SAP Warehouse Robotics」の提供を日本で開始すると発表、ゆくゆくは物流ロボティクスの幅広い連携を目指していきます。(2022/7/4)

OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは(1):
オープンソース活用を社内で推進、導入機運が高まる「OSPO」とは
OSSのサプライチェーン管理が重要になってきている。本連載では、この文脈から「オープンソースプログラムオフィス(OSPO)」「SBOM」の2つのキーワードに迫る。今回は、OSPOとは何かを解説し、次回はOSPOを設置した日本企業の座談会をお届けする。(2022/7/4)

KDDIが携帯電話ネットワークの通信障害を謝罪 完全復旧は7月3日17時30分以降見込み
au/UQ mobile/povo携帯電話において7月2日深夜から続く通信障害について、KDDIが緊急会見を実施し謝罪した。障害の復旧は、西日本エリア(静岡県/長野県/富山県以西)は7月3日11時以降、東日本エリアは同日17時30分以降を見込んでいる。(2022/7/3)

徐々に回復:
au通信障害、解消へ 3日朝に復旧見通し ゆうパックなどに混乱連鎖
KDDIは7月3日、携帯電話サービスの通信障害について、復旧のめどを発表した。西日本は午前7時15分、東日本は午前9時半を目標に復旧活動に取り組んでいるという。(2022/7/3)

桃井かおり、「GLAY」TAKURO夫婦とLAで遭遇 豪華ショットに「スターがスターにバッタリ」「凄すぎる〜!」
LAには日本のスターが集まってる。(2022/7/2)

丸い樽型の形状:
日本初! 風速35メートルのブリザード 東久留米市のスパジャポに「バレルサウナ」が登場
東京都東久留米市の岩盤浴施設「スパジアムジャポン」は7月1日に、岩盤浴エリアに国産木材を活用したバレルサウナを導入した。(2022/7/2)

何が起きているのか:
芳賀・宇都宮のLRTがまた延期、なぜ?
栃木県で宇都宮市と芳賀町が進める次世代型路面電車(LRT)の全線開業が、来年3月の予定から数カ月延期される見通しとなった。市は「工事の遅れが原因」と説明するが、延期は2度目。日本で初めて、既存路線の改良や延伸でなく「ゼロからの新設計画」として注目されるLRTに何が起きているのか。(2022/7/2)

石野純也のMobile Eye:
“裏方”のJENESISがなぜ「aiwa」ブランドのスマホを出すのか 日本市場での勝算は?
JENESISがアイワからライセンスを取得し、aiwaブランドを冠したスマートフォンやタブレットを8月に発売する。JENESISは深センに拠点を持つことを強みに、これまでもさまざまな製品の開発を裏方として支えてきた。スマートフォンやタブレットが成熟期を迎える中、なぜJENESISはaiwaブランドを引っ提げ、表舞台に立とうとしているのか。(2022/7/2)

自動車業界の1週間を振り返る:
「ゼロエミッション車の販売を相当に増加させる」、G7の声明は抽象的な表現に決着
今週も自動車に関してさまざまなニュースがありました。特に印象的だったのは、ドイツで開かれている主要7カ国首脳会議(G7)の声明について、日本がゼロエミッション車の普及目標を削除するよう求めた、というロイターのスクープです。(2022/7/2)

「夏のPayPay祭」スタート 最大10万ポイント還元やクーポン配布など、8月31日まで
PayPay、ヤフー、ソフトバンクは、7月1日〜8月31日に大規模キャンペーン「夏のPayPay祭」を開催。全国のPayPay加盟店やオンラインショップを対象に最大10万ポイント還元の「日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ」などを実施する。(2022/7/1)

日本マイクロソフト、本社オフィス改修完了 ウェルビーイング重視で「瞑想ルーム」「トレーニングルーム」新設
日本マイクロソフトが6月末に改修を終えた本社オフィスを公開した。新オフィスには「ウェルビーイング」の考えをオフィスデザインに反映。瞑想スペースなどを新設した。オフィス改修で社員の業務生産性の向上を目指す。(2022/7/1)

「Microsoft Education ICT教育フォーラム」レポート(第1回):
ICTの成果は? 「先生の働き方改革」を推進し「生徒の興味喚起」を引き出した岐阜県教育委員会の取り組みから
日本マイクロソフトが、オンラインイベント「Microsoft Education ICT教育フォーラム」を開催した。この記事では、このフォーラムにおける岐阜県教育委員会の発表についてレポートする。(2022/7/1)

製品動向:
現場の廃棄物運搬のCO2排出量が算定可能な「産廃CO2サービス」をリリース、リバスタ
リバスタは、建設現場で発生する産業廃棄物の運搬に関わるCO2の排出量が算定可能な「産廃CO2サービス」を2022年6月1日にリリースした。産廃CO2サービスで提供するデータは、日本建設業連合会(日建連)が実施している調査票を利用しており、ESG(環境・社会・ガバナンス)経営とSDGs(持続可能な開発目標)の経営指標としても使える。(2022/7/1)

「今という時間がいかに尊いものなのか」 「バズ・ライトイヤー」が伝えたい“今を生きる”メッセージ 監督&プロデューサーインタビュー
日本公開より一足先に公開された米国ではソックスが大人気に。(2022/7/1)

3Dプリンタの実践活用:
PR:軽量化、リードタイム短縮、安定調達にも――3Dプリンタで生産現場はこう変わる
世界に比べて3Dプリンタの本格活用が遅れている日本。その背景には「3Dプリンタ=先行投資」という考えから脱することができない現状がある。3Dプリンタ導入による利益の追求、製造コストやリスクの削減といった具体的な成果、そして治具制作への適用で得られる効果を紹介するとともに、先進的な海外事例から3Dプリンタの実践活用のヒントを学ぶ。(2022/6/28)

米経済誌「フォーブス」が発表:
日本長者番付2022 孫正義氏は3位転落 お金持ち1位は?
フォーブスジャパンは6月1日、「日本長者番付2022」を発表した。その結果、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏が、3兆500億円で保有資産額トップだった。柳井氏がトップになるのは2020年以来2年ぶり。衣料品大手ユニクロの国内・中国市場における売り上げの低迷が、親会社であるファーストリテイリングの株価に影響した。(2022/6/30)

「日本はナウルより暑い…」ナウル共和国政府観光局が嘆き 「ウソだろ」「おかしいよね…」Twitter民が困惑してしまう
皆さん、熱中症には気をつけてください!(2022/6/30)

Snapchatもサブスク版「+」開始 月額3.99ドル
Snapchatを手掛けるSnapは、サブスクリプション版「Snapchat+」を発表した。月額3.99ドルで特別機能やテスト段階の新機能を利用できる。日本ではまだ提供しない。(2022/6/30)

太陽光:
日本最大級70MWの太陽光を「バーチャルPPA」で供給、村田製作所と三菱商事が協業
村田製作所と三菱商事は2022年6月24日、カーボンニュートラル社会の実現に向けた協業の枠組みに合意下と発表した。村田製作所の国内工場における再エネ電力や水素の利活用を三菱商事が支援する他、自律分散型コミュニティの構築事業などにも取り組むという。(2022/6/30)

本社と2年がかりで実現 モトローラが「moto g52j 5G」でおサイフケータイ対応を果たせた背景
モトローラがオープン市場で発売した「moto g52j 5G」は、待望のおサイフケータイに対応した。一般的に、おサイフケータイや防水・防塵に対応すると、そのぶんだけ製造コストは上昇するが、3万9800円という価格を実現した。なぜ、このような価格でmoto g52j 5Gを発売できたのか。また、moto g52j 5Gは日本でのラインアップの中で、どう位置付けられているのか。(2022/6/30)

「明確に定義している企業」の割合は29カ国中、日本は28番目:
日本は「アタックサーフェスを明確にすること」が苦手 トレンドマイクロがセキュリティの意識調査結果を発表
トレンドマイクロは「法人組織のアタックサーフェス(攻撃対象領域)に関するセキュリティ意識調査」の結果を発表した。それによるとアタックサーフェスを明確に定義している企業は全世界で51.3%、日本は34.6%だった。(2022/6/30)

ネックはどこに?:
「Web3.0はうちじゃ無理なの?」 日本企業の多くが頭を抱えている“超現実的”な理由
「NFT」「ブロックチェーン」「メタバース」といったWeb3.0関連のテーマ。これらは、自社のビジネスモデルに大きな影響を与える可能性があるが、うまく取り組めない日本企業も多い。その理由は?(2022/6/30)

リテール&ロジスティクス:
大阪府八尾市で延べ1.6万m2の物流施設が着工、日本GLP
日本GLPは、大阪府八尾市で計画を進めていた物流施設「GLP八尾II」の起工式を2022年5月6日に開催した。GLP八尾IIは、大阪に本社を構える企業が専用施設として1棟全体を利用する。(2022/6/30)

エイサー、165Hz駆動に対応したVAパネル採用23.8型ゲーミング液晶ディスプレイ
日本エイサーは、高リフレッシュレート表示をサポートした23.8型ゲーミング液晶ディスプレイ「KG241YSbmiipx」を発売する。(2022/6/29)

日本の今のような年金制度がスタートしたのはいつから?【FPさんに聞きました】
ファイナンシャルプランナー(FP)さんにお金に関して聞いてみるクイズ企画。(2022/6/30)

渡米半年の父「懐かしいな〜とかないの?」5歳娘「思い出すねぇ……」 日本の“恋しいもの”を聞かれた子どものワードセンスがじわじわくる
すてきな思い出……だった?(2022/6/29)

組み込み開発ニュース:
セルラーIoTモジュール世界トップシェアのQuectel、満を持して日本市場に進出
中国のQuectel Wireless Solutionsが、本格展開を始める日本国内向けの事業戦略について説明。セルラーIoTモジュールの出荷台数ベースの世界シェアで26.6%とトップに立つ同社だが日本国内での展開が遅れていた。今後は、2021年3月に開設した日本オフィスを中核に、世界全体と同等のシェアを目指して事業展開を拡大していく方針だ。(2022/6/29)

最も自動化が進むのはIT部門ではない“あの部門”――Workatoが業務自動化の動向を調査
Workatoは、自動化の動向に関する年次レポートの2022年度日本語版を発表した。5部門以上で自動化を利用する企業の割合は全体の66%に達し、7部門以上で自動化を推進する企業の数は、2019年比で約3倍に増加した。(2022/6/29)

日本ものづくりワールド 2022:
将来の量子コンピュータ活用も視野に、生産計画の最適化でモノづくりに革新を
Fixstars Amplifyは「日本ものづくりワールド 2022」で、量子コンピュータなどによって組み合わせ最適化問題を解くためのアプリケーション開発サービス「AMPLIFY SDK」を活用した、製造業向けの提案内容などを紹介した。(2022/6/29)

もはや“命綱”:
エアコン故障回避テクニック 専門家に聞いた
関東甲信地方で1951年以降最も早い梅雨明けとなるなど、まだ6月なのに真夏の猛暑が日本列島を襲っている。故障を防ぎつつ涼しく過ごすテクニックを専門家に聞いた。(2022/6/29)

テルえもんの3Dモノづくり相談所【番外編】:
テルえもんが見た「日本ものづくりワールド 2022」現地レポート
“テルえもん”こと、小原照記氏が、東京ビッグサイトで開催された「日本ものづくりワールド 2022」の展示会場をレポート。3Dプリンタや3Dスキャナーなどを中心に、実際に見聞きした中から、テルえもんイチオシの装置やツール、最新技術などを紹介します!(2022/6/29)

世界発信へ英語版も:
酒蔵経営を学べるボードゲーム「蔵咲」開発 日本酒の消費拡大狙う
日本酒専門の飲食店を運営するチドリアシ(東京都新宿区)は、ゲームデザイナーのカナイセイジ氏が監修した日本酒の酒蔵経営ボードゲーム「蔵咲(くらさく)」を製作し、クラウドファンディングサイトで先行販売を開始した。(2022/6/28)

“サッカー日本代表”長谷部誠、内田篤人らが勢揃いの5ショットに反響「すごいメンバー」 お会計は“最年長”川島永嗣
テーブルがサッカーフィールドに見えてきた。(2022/6/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。