• 関連の記事

「発煙・発火」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「発煙・発火」に関する情報が集まったページです。

全米No.1シンガー、機内での発火トラブル「バックパックが爆発した」 緊迫の瞬間とらえた動画に反響
モバイルバッテリーが原因。(2023/11/7)

CEATEC 2023:
シャープのフロー型亜鉛空気電池、エネルギー密度はリチウムイオン電池と同等
シャープは「CEATEC 2023」において開発中のフロー型亜鉛空気電池を披露した。リチウムイオン電池と同程度のエネルギー密度を有するとともに大容量化が容易であり、発火の可能性が極めて低いことなどを特徴としている。(2023/10/17)

アンカー、発火のおそれでバッテリー回収中の機種拡大 ロボット掃除機、ポータブル冷蔵庫など
アンカー・ジャパンは16日、発火の報告が数件あったとして回収を進めていたロボット掃除機などのバッテリーについて、対象範囲が広がったと発表した。(2023/10/16)

Apple、「予想よりも熱くなる」問題に対応した「iOS 17.0.3」を配信 iPhone 15 Proの異常発熱に対処
米Appleが、iPhone 15 Proシリーズで発生する異常な発熱を対処するソフトウェアアップデートの配信を始めた。(2023/10/5)

容量6000mAh以下の電池に対応:
リチウムイオン電池/搭載機器の焼損耐性など評価
OKIエンジニアリング(OEG)は、「リチウムイオン電池および電池搭載機器の発火・焼損耐性、延焼性評価サービス」を2023年9月26日より始めた。(2023/9/28)

材料技術:
リチウムイオン電池の発火や焼損耐性などを評価できる新サービス
OKIエンジニアリングは「リチウムイオン電池および電池搭載機器の発火・焼損耐性、延焼性評価サービス」を開始すると発表した。(2023/9/27)

ロボット掃除機のバッテリーで“発火”の危険性 Ankerが謝罪、回収へ
利用客からの報告で発覚。(2023/8/22)

Ankerのロボット掃除機でバッテリー発火の報告 自主回収へ
アンカー・ジャパンは22日、ロボット掃除機に採用したバッテリーの一部で発火などのトラブルが発生したと発表した。(2023/8/22)

夏に起きやすい“ガジェット事故” モバイルバッテリーや携帯扇風機の発火に注意 NITEが呼び掛け
NITEが、梅雨明け・夏に起きやすい携帯用扇風機やモバイルバッテリーの発火・焼損事故について注意を呼び掛けている。製造・販売元の確かでない製品が増える他、室温が高くなり故障のリスクが高まることから、製品の安全な選び方や使い方を案内している。(2023/7/1)

モバイルバッテリーを車内に放置すると発火の恐れ NITEが注意喚起
製品評価技術基盤機構(NITE)は、モバイルバッテリーを自動車内に放置した際の発火事故へ注意喚起を行っている。リチウムイオンバッテリーを使用している製品は熱の影響で異常な反応が起き、破裂/発火の恐れがある(2023/6/28)

新宿バルト9、夜中に発煙で観客避難 営業再開も、空調設備の不調により一部販売を停止に
消防による安全確認が取れたとして、営業再開しています。(2023/6/25)

パナの衣類除湿乾燥機に発火の恐れ 1〜2万円と引き換え、もしくは無料取り換えに
パナソニックが、2003年以降に発売した衣類除湿乾燥機の一部に発火の恐れがあると発表。製造打ち切りから8年を過ぎた製品は所有者に1〜2万円を支払って引き取り、そうでないものは代替品と無料交換する。(2023/4/20)

「モバイルバッテリー」に寿命が来たらどうなる? 捨てるタイミングと方法をチェック!
スマートフォンやノートPCのバッテリーが足りなくなった時に役立つ「モバイルバッテリー」。しかし、寿命が来たモバイルバッテリーを使い続けると、最悪の場合発火/発煙事故につながってしまうこともある。寿命が来たモバイルバッテリーは、どう処分すればいいのだろうか……?(2023/3/31)

「スマホの自己修理は絶対にやめて」ドコモやKDDIが注意喚起 発火事故や法令違反につながるおそれ
リチウム電池を傷つけ発火する可能性も。(2023/3/15)

アンカーのモバイルバッテリー「Anker 535 Power Bank」に発火の恐れ 自主回収、返金へ
アンカー・ジャパンは、モバイルバッテリー「Anker 535 Power Bank(PowerCore 20000)」の製品回収と返金を発表。国外で内部短絡に伴う発火が報告され、既にAnkerグループのグローバル全体で製造/販売を停止している。(2023/2/7)

Ankerのモバイルバッテリーに発火の報告、自主回収へ 製造過程に不備
アンカー・ジャパンが、モバイルバッテリー「Anker 535 Power Bank(PowerCore 20000)」の自主回収・返品を始めた。日本国外で発火の報告があったという。(2023/2/7)

毎年100人前後が亡くなる「着衣発火」にNITEが注意喚起 冬場は厚着で着火に気付きにくいことも
「だるだる」や「もふもふ」服は燃えやすいので注意。(2023/1/27)

「電熱ウェア」の異常発熱に注意、国民生活センターが呼び掛け 200度に過熱した例も 「異常感じたら利用やめて」
国民生活センターが、バッテリーなどで電熱線を発熱させて暖を取る防寒着「電熱ウェア」について、利用時は異常な発熱に注意するよう注意を呼び掛けた。同センターには電熱ウェアに起因する衣服の焼損・やけどの相談が複数寄せられているという。(2022/12/3)

青い発煙筒にかみついたハスキー まさかのイタズラに部屋も体も真っ青に染め上がる【ドミニカ共和国】
お風呂に直行ですね。(2022/10/14)

ハイアールの炊飯器に発煙・発火のおそれ、使用中止求める 重大製品事故も5件
ハイアールジャパンセールスは11日、5.5合炊きの炊飯器「JJ-M55D」に発煙・発火の可能性があるとして無償交換を行うと発表した。ユーザーには使用の中止を求めている。(2022/10/11)

今こそ知りたい電池のあれこれ(16):
ショートしてから発火するまで、リチウムイオン電池の中で起きていることは
リチウムイオン電池の発火の引き金となるのは「短絡」です。では、短絡が発生した後に発火へと至る電池の中では具体的に何が起こっているのでしょうか。(2022/9/28)

シャープ、エアコン約1万3000台をリコール 「ごくまれに発煙、発火するおそれ」
シャープはエアコン「Airest」の一部製品をリコールすると公表した。室内機の制御基板に不具合があったため。ごくまれに基板から発煙、発火するおそれがあるという。(2022/9/21)

携帯扇風機についてNITEが注意喚起 爆発や発火のおそれも 3年間で事故47件
NITEは17日、携帯扇風機の購入や取り扱いに関する注意喚起を行った。21年までの3年間で47件の事故が報告されているという。(2022/8/17)

任天堂の「本社開発棟」でぼや、けが人はなし NHK報道
京都市南区にある任天堂の事業所でぼやが発生。「本社開発棟」という建物の一室で発火があったが、けが人はいないという。NHKが報じた。(2022/8/15)

破裂、発火、爆発にご用心 真夏にモバイルバッテリーと上手に付き合う方法
「電車内でリュック内のモバイルバッテリーが発火した」など、ショッキングな映像を見たことがあるだろう。自分が使っているモバイルバッテリーが膨らんでいた、という現象を見ることもある。高温になる場所や気候ではこういった状況に陥る恐れがあるが、そんなモバイルバッテリーとうまく付き合う方法を紹介する。(2022/7/29)

メルカリ、エアコンの出品・購入に注意喚起 「自分で設置・取り外ししないで」 破裂・発火の可能性も
メルカリがエアコンを出品・購入するユーザーに対し、室外機や室内機の設置・取り外しは専門の業者などに依頼するよう呼び掛けた。「一般の人が作業を行った場合、破裂や発火など事故が起こる可能性もある」という。(2022/7/11)

NITEが注意喚起:
エアコンの“無謀なDIY”で破裂や発火 在宅勤務などで使用時間増
エアコンの無謀なDIYを行うと、破裂や発火などにつながる恐れがある──製品評価技術基盤機構(NITE)が注意喚起を行っている。暑さが本格的になる7月は、エアコンの事故が増加。在宅勤務や外出自粛などによってエアコン使用時間が急増し、事故に拍車を掛ける恐れもある。(2022/7/1)

NECパーソナルコンピュータ、GIGAスクール向けChromebookリコールは112万8040台
ネジの混入によりバッテリーが破損し、発煙の事案があったとして、ChromebookとWindows端末124万台をリコールしたが、そのうちGIGAスクール向けのChromebookリコールは112万8040台。(2022/4/28)

蓄電・発電機器:
ニチコンが一部の家庭用蓄電システムを無償交換、製造工程の問題で
ニチコンが同社が販売する家庭用蓄電システムについて、一部の期間で製造工程に問題が有り、その間に製造された蓄電池でごく稀に発煙する可能性があるとして無償交換を実施すると発表。2016年9月から2021年6月までに出荷した蓄電システムが対象となる。(2022/4/7)

電動アシスト自転車のバッテリーに発火のおそれ ヤマハ発動機とブリヂストン、無償交換へ
ヤマハ発動機は5日、電動アシスト自転車に採用していたリチウムイオンバッテリーの一部で内部から発火する可能性があり、無償交換を実施すると発表した。ブリヂストンサイクルの製品でも採用していた。(2022/4/6)

非純正バッテリーの事故が多発、NITEが注意喚起 安さの裏に潜む危険
発火する事故が多く報告されている。(2022/4/3)

充電器に迷ったら「純正(公認)品」か「MCPC認証品」を――ドコモ、KDDI、ソフトバンクが発火対策で呼びかけ
スマートフォンの発火事故が相次いだことを受けて、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが一斉に注意を喚起する情報を掲載した。充電器(ACアダプター)選びに迷った場合は、キャリアの純正(公認)品か、MCPC認証を取得したものを使うようにも呼びかけている。【追記】(2022/3/25)

リテルヒューズ Xtreme:
サージ保護性能に優れた小型バリスタシリーズ
リテルヒューズは、小型バリスタシリーズ「Xtreme」の販売を開始する。サージ保護性能に優れており、過酷な条件下での発火や損傷、致命的な故障を防止する。(2022/3/24)

テレワーク普及で配線器具の発火事故が増加 未然に防ぐ5つのポイントは
工業製品の評価などを手掛ける製品評価技術基盤機構(NITE)が、テーブルタップや延長コードなどの配線器具による発火事故が2019年から2年連続で増加していると発表。テレワークの普及が原因にあるとして、注意喚起している。(2022/2/24)

NEWS
NECが「GIGAスクール構想」向け端末を自主点検 回収までに注意すべき点は
発煙の発生により、NECは「Chromebook」を含む「GIGAスクール構想」向けノート型端末を自主点検する。点検対象端末の一覧と、対象端末を利用する際に気を付けるべき点をまとめた。(2022/2/7)

NEC、教育向けノートPCに“ネジ混入”で自主点検 衝撃を与えると発煙の恐れ 対象は124万台
NECパーソナルコンピュータの教育機関向けPC・Chromebookなどの端末内に余分なネジが混入した。端末を落下させるなど強い衝撃を与えるとバッテリーが破損し、発煙・熱損したケースもあるため、自主点検する。(2022/2/4)

NECとNECPCが学習用端末5機種の自主点検を実施 発煙など恐れ コンシューマー向け「LAVIE N11」も対象に
NECパーソナルコンピュータ(NECPC)が製造し、NECが販売している学習用端末において製造過程における不備に起因する発煙/熱損(熱による破損)事象が確認された。これを受けて、両社では製造ラインを共有する学習用端末5機種と、学習用端末をベースに開発されたコンシューマー向けモデルの無料点検を実施することになった。(2022/2/4)

ニトリと島忠、セラミックファンヒーターを自主回収 電源プラグの過熱で発火の恐れ
ニトリホールディングスは28日、ニトリと島忠の店舗で販売したセラミックファンヒーターの自主回収を発表した。(2022/1/28)

ごみピットの煙、AIで発見 リチウムイオン電池の誤投棄などで相次ぐ火災を防ぐ
「ごみピット」向け発煙を検知AIシステム「Smoke AI」がJFEエンジニアリングから。ごみピットの発煙モデルなど数万件のデータをディープラーニングで学習させた。(2021/12/2)

蓄電・発電機器:
オムロンの住宅用蓄電池に発火の恐れ、対象機種1.5万台をリコール
オムロン ソーシアルソリューションズが、同社が販売した一部の住宅用蓄電システムについて、蓄電池ユニットに発火のおそれがあることからリコール(回収・無償交換)を実施していると発表。対象機種を購入したユーザーへの周知を進めている。(2021/11/24)

庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
次もアメ車に乗ってほしい。(2021/10/24)

工場ニュース:
半導体不足の遠因となった、旭化成の半導体工場火災で起こったこと
旭化成は2021年9月14日、2020年10月に起きた宮崎県延岡市の旭化成エレクトロニクス 半導体製造工場の火災について事故調査報告書をまとめたと発表した。建屋棟の損傷が激しく火災原因の特定には至らなかったが、発火場所の推定と、再発防止策などの調査結果を公開している。(2021/9/27)

Innovative Tech:
小動物の脳活動をワイヤレス計測 1台約8000円の価格破壊 豊技大が開発
脳組織内のニューロン発火活動を計測する装置を安価に製作できるという。小型でワイヤレス。(2021/8/3)

既に鎮火:
ルネサス「N3棟」で電源盤から発煙、生産見通しに影響なし
ルネサス エレクトロニクスは2021年4月21日、3月19日に火災が発生した那珂工場(茨城県ひたちなか市)の「N3棟」1階床下において、4月21日16時30分ごろに、自動搬送台車(RGV)の電源盤から発煙したと発表した。原因は不明で、今後の発表が待たれる。(2021/4/22)

カバンの中で勢いよく発火、発煙 リチウムイオン電池の事故、国民生活センターが再現動画で注意喚起
国民生活センターがリチウムイオン電池や充電器の発煙、発火事故の再現動画を公開した。日常生活に潜む危険な状況をサーモグラフィの画像付きで動画にした。(2021/3/19)

【電化製品が発火した体験談】「アルミホイルを電子レンジでチン」はNGなのかOKなのか問題
一般的にはダメと言われていますが、そういうお料理情報もチラホラ。(2021/4/10)

今こそ知りたい電池のあれこれ(2):
リチウムイオン電池で発熱や発火が起きる要因を整理しよう
小型電子機器やモバイルバッテリーの発火事故、ごみ収集車や集積場の火災、電気自動車からの出火など、リチウムイオン電池の普及に伴い、それに起因する発火・炎上はたびたび問題となっています。発熱、発火、爆発といった事故は用途を問わず大きな問題となりかねない事象です。今回は「リチウムイオン電池の異常発熱問題」について解説していきたいと思います。(2021/3/8)

iPhone XR発火で夫婦が死亡したとして、遺族がアップルジャパンを提訴
当時新機種だったiPhone XRを購入2週間後のことだったという。(2021/2/25)

車載半導体:
EVのリチウムイオン電池が燃えないために、バッテリーマネジメントにもASIL D対応
電気自動車(EV)の火災に関する報道が後を絶たない。駆動用バッテリーであるリチウムイオン電池が異常な発熱から発火に至る要因は、リチウムイオン電池の製造品質以外にも複数存在している。EVの火災やそのリスクに関連したリコールで名前が挙がる自動車メーカーやバッテリーサプライヤーをみて分かるように、技術が未熟で経験の浅い企業だけの問題とは限らない。(2021/2/24)

「炎上体質」な彼女がかわいい 感情が高ぶると発火しちゃうあつあつカップルの漫画
恋愛温度の可視化。(2021/2/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。