• 関連の記事

「日立システムズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2011年10月1日、日立電子サービスと日立情報システムズが合併して誕生

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
設置するだけで1年間はマンホール水位を監視、日立システムズの「CYDEEN」
日立システムズが提供するCYDEENは、もともと公共工事の事務処理を効率化する目的で開発したソリューション。その後は、ライフサイクルを総合的に支援するソリューションとして成長し、現在は公共/民間の区別なく、現場での作業効率や品質を向上させる基盤として多方面で利用されている。(2024/2/22)

セキュリティソリューション:
脆弱性管理ツールSnykのライセンス販売から導入、運用支援までをワンストップで提供
日立システムズエンジニアリングサービスはSnykとリセラー契約を締結し、Snykの脆弱性管理ツールの販売と導入・運用支援を国内で開始すると発表した。(2024/2/8)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「生成AIの業務利用/検討状況と課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/2/6)

金融機関の脱炭素化、どう進める? 日立システムズが炭素会計プラットフォームの導入を支援
経営における脱炭素化施策の重要性が高まっている。金融機関が投融資先企業の脱炭素化施策を評価するためには、「そもそもどれだけ排出しているのか」を効率的に可視化することが必要だ。「排出量の可視化から脱炭素化施策の支援まで」をうたう日立システムズの支援事例を見てみよう。(2024/2/1)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「生成AIの業務利用/検討状況と課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/1/9)

人工知能ニュース:
生成AIの有効性を手軽に検証できるパッケージを提供 100万円以下で導入可能
日立システムズは、生成AIの有効性を手軽に検証できるパッケージ「おてがる生成AIパック」の提供を開始した。「Microsoft Azure」をシステム基盤とし、社内規定のサマリー化や顧客調査の分析などに活用できる。(2023/12/26)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「社内システムへのリモートアクセス環境整備」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/12/11)

生成AIの検証環境を最短1カ月、100万円以下で構築 日立システムズが提供開始
日立システムズは生成AIの有効性を検証するパッケージ「おてがる生成AIパック」を提供開始した。最短1カ月、100万円以下で検証環境を構築する。(2023/12/7)

脱炭素:
日立グループ関東20拠点が連携しエネルギー利用を最適化、2024年度に実証実験
日立製作所と日立パワーソリューションズは、関東圏に拠点を構える日立グループの研究開発グループやエネルギー事業部門の事業所約20カ所が連携してエネルギー利用の全体最適を図る取り組みについて説明した。(2023/9/12)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「Windows Server 2012/2012R2のEOS対応」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/9/12)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「PCのパッチ更新運用および利用ソフトウェアの脆弱性対策」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/8/21)

クラウドニュースフラッシュ
KDDIがau PAYとau Ponta ポイントプログラムに「OCI」採用 その使い方は?
KDDIが決済サービス「au PAY」のインフラに「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)を採用した事例や、佐倉市の基幹業務システムの「ガバメントクラウド」移行事例など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2023/6/29)

日立システムズ、SOCの業務プロセス可視化に向けCelonis EMSを採用
日立システムズはSOC運用における業務実態の把握とオペレーション標準化を目的に、ビジネスプロセスマイニングを実施するCelonis EMSを採用した。その導入成果は。(2023/5/16)

AI予測モデル構築と運用代行サービスを発表 日立システムズ
日立システムズが「AI活用 データ分析代行サービス」の提供を開始した。データからAI予測モデルを構築する作業を請け負う。(2023/2/28)

AWSを利用中の皆さまへ
「AWSの利用実態」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/2/13)

大容量データのオンプレミス/マルチクラウド連携にも対応:
セゾン情報がクラウド型iPaaS「HULFT Square」をリリース
セゾン情報がクラウド型iPaaS「HULFT Square」をリリースした。基幹系の大容量データのオンプレミス/マルチクラウドの連携にも対応する処理性能と、スモールスタートが可能な価格設定が特徴だ。(2023/2/9)

SAP製品導入実績トップクラスの専門家に学ぶ
中堅・中小企業にこそERPが必要な理由と導入の失敗を避ける方法
組織の経営資源を把握して適切に配分する重要なシステムとして、ERPは中堅・中小企業においても導入が進んでいる。導入時に壁となる「カネ・ヒト・ノウハウ」の課題を解決する方法を専門家が語った。(2023/2/16)

建設業の営業課題を解決!:
PR:機能をカスタマイズできる建設業に特化した営業支援ソリューション
ICTの活用によって、建設業でも現場作業の効率化が見え始めた。しかし、顧客とのコミュニケーションによって成り立つ営業職は人材不足や情報共有に対して待ったなしの改革が求められている。(2023/2/8)

マクニカがSAP S/4HANAへの移行を完了 基盤はAzureに
マクニカが基幹業務システムの「SAP S/4HANA」へのマイグレーション(移行)を完了させた。2年がかりの大プロジェクトがスムーズに完了した要因は。(2023/2/3)

抽選でAmazonギフトカードが当たる:
PR:「カーボンニュートラルへの取り組み」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/2/1)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「セキュリティの現状や今後の対策」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/1/25)

中小企業向けソリューション、ITベンダートップ3は? ノークリサーチ調査で判明
中堅・中小企業がIT商材やソリューションの委託先・購入先として選ぶITベンダーはどこか。1300社のユーザー企業を対象にしたノークリサーチの調査から、IT商材やソリューションの販売チャネル動向が明らかになった。(2022/11/4)

日立、ガバメントクラウドへの移行支援サービス提供へ 自治体向け
日立システムズが、日本政府の共通クラウド基盤「ガバメントクラウド」(政府クラウド)へのシステム移行・運用の支援サービスを提供する。2023年度中に開始するという。(2022/11/1)

複数事業者の各種手続きをオンラインで 日立が「汎用デジタル窓口」を販売開始
自治体や民間企業の窓口や有人店舗の集約化が進み、対面サービスの提供が縮小している。一方でオンラインサービスの利用は伸び悩み、誰もが簡単に利用できるサービスが求められている。日立は、遠隔地からオンラインで自治体や民間企業の窓口サービスを利用可能にする「汎用デジタル窓口」の販売を開始する。(2022/10/20)

AWSが発表 これまでの日本への投資とその経済効果
3大クラウドの一つといわれるAWSは、これまでどれだけの投資を日本で行い、どのような効果を得たのか。(2022/10/11)

ランサムウェア対応は「時間」との闘い:
PR:「ゼロトラストでは不十分」 モダンなIT基盤のデータセキュリティはどう考えるべきか
ランサムウェアの恐ろしいところは、対応に失敗すると事業の継続が危ぶまれるリスクがある点だ。焦点は「バックアップを含むデータをどう守るか」と「攻撃の有無や影響範囲を速やかに特定して、迅速に復旧する確実な手だてをどう持つか」にある。(2022/9/30)

業種別アプローチが解決の鍵:
PR:日本企業のDXを阻むこれだけの理由――クラウドのメリットを生かし切り、「内製化」する現実解
多くの企業がDXに取り組むも変革には至っていない例が多い。内製化も注目を集めているがIT人材、DX人材の雇用が難しいという問題もある。どうすればデジタルの力でビジネスを変革できるのか。豊富な支援実績を持つ日立システムズとAWSジャパンに聞いた。(2022/9/5)

2カ月以上の工期短縮に成功した導入事例に学ぶ:
PR:中堅・中小企業のSAP製品導入を阻む“3つの壁” どうクリアすべきか?
全社的なデジタル変革の基盤や海外拠点も含めた経営ガバナンス強化の基盤として、SAP ERPに魅力を感じる経営者は多い。「大企業向け」のイメージが強い同製品は中堅・中小企業にとって高根の花なのだろうか。導入に当たって越えるべき「3つの壁」を紹介する。(2022/9/2)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「Windows Server 2012/2012R2のEOS対応」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/8/22)

EDRとネットワークの連携で実現:
PR:「人手もコストもかけられない」企業でも容易に導入可能なEDRとは
サイバー攻撃が激化し、規模を問わずさまざまな企業が被害を受ける中、どのような対策をすべきか。「もはや予防措置だけでは不十分」という認識からEDRの導入を検討するものの、人材不足や運用負担の大きさを理由に諦めていないだろうか。(2022/6/16)

セキュリティ人材不足の企業が安全を「保ち続ける」には:
PR:100以上のWebサイトの脆弱性と改ざんを可視化し、リスクを手軽に排除する方法
Webサイトはエンドユーザーとの接点として重要な役割を果たす。複数のWebサイトを運用する企業が自社サイトのリスクを発見してセキュリティを継続的に確保する方法とは。(2022/3/22)

PR:クラウドを触らずクラウド化実現 貿易ソフト開発会社の手法は?
(2022/3/14)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「ニューノーマル時代の教育・研修実態と課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/3/15)

製造IT導入事例:
ブルボンがSAP S/4HANAと分析ソフトを導入、意思決定の情報収集迅速に
SAPジャパンは、同社の次世代ERP「SAP S/4HANA」と分析ソフト「SAP Analytics Cloud」をブルボンが採用したと発表した。システム刷新により、意思決定に必要な情報提供の迅速化などを目指す。(2022/3/8)

自治体DX:
5万時間削減が見えた 東海村役場BPR実践の成果
日立システムズと東海村は、業務を可視化してDXによる業務量削減効果を測る検証を実施した。業務を内容別に分類して計測した結果、わずか18%の業務が業務量全体の80%を占めることが分かった。(2022/3/1)

PR:DX成功事例から“自社で実現したいDX”を発見! イベント開催
(2022/2/16)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「DX推進に向けた課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/2/15)

製造マネジメントニュース:
日立は6年ぶりの売上高10兆円へ、小島氏がCEOに就任し経営体制も刷新
日立製作所が2021年度第3四半期の連結決算と併せて、2022年度以降の次期中期経営計画に向け、2022年4月1日付で事業体制強化のための組織変更を行うことを発表した。2021年度通期の連結業績は、半導体不足や部材価格高騰、コロナ禍の再拡大などで事業環境は厳しいものの、売上高が前回予想比3%増で10兆円の大台に達するという。(2022/2/3)

工場セキュリティ:
PR:スマート工場化で高まる攻撃リスク、負荷なく安全性を確保し本業に集中する方法
製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みの一環として、スマート工場化が進んでいる。ただ、ネットワーク活用が前提となる中、従来対策が取られてこなかった工場のセキュリティ問題が顕在化している。OT(制御技術)独自の運用環境や、セキュリティ人材がいないことを考えると、超大手企業以外では独自で十分なセキュリティ確保を行うのが難しいのが現実だ。こうした中でどのような対応を進めていくべきなのだろうか。(2022/1/28)

日立システムズが岐阜市にAzure Peering Serviceを導入 ICT活用と働き方改革を支援
日立システムズは、Azure Peering Serviceを利用したMicrosoft 365向けサービスを岐阜市に提供した。(2022/1/26)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「ヘルプデスク・業務アウトソーシング利用状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/1/26)

点検報告書だけでなく施設のカルテも一元管理:
PR:月850時間の工数削減をもたらす、日立システムズが提案する低コストの点検・保守クラウドサービス
2024年に迫る建設業の労働時間規制――。とくに、膨大なデータが年々蓄積されていく維持管理業務が紙の帳票に依存したままでは、作業員の負担は減るどころか増す一方になってしまう。現状では、点検履歴を探すのも一苦労で、帳票への入力ミスも起こりがち。報告書をデジタル化し、クラウドでの管理が可能となれば、作業員が現場から直行直帰できるのはもちろん、関係者間の情報共有も図れるなど、大幅な業務効率化を見込めるはずだ。設備メーカーや修繕会社などで採用が進む、点検業務をデジタル化する日立システムズの「点検サポートサービス」が、保守業務の現場でなぜ支持されているのか、その導入効果を明らかにする。(2021/9/22)

「施設・設備のメンテナンス、定期点検業務」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/9/22)

「クラウド移行」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/9/1)

産業動向:
東海村と日立システムズ、自治体DX実現に向け連携協定
東海村と日立システムズは東海村のデジタルトランスフォーメーション(DX)を共同で推進する連携協定を締結した。東海村庁内における業務の可視化から改善案の検討などのDX共同研究を実施する。(2021/8/23)

セミナー:
PR:【スマート化に取り組む初心者必見!】製造現場インフラ活用によるスマート化の第一歩
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2021/7/30)

PR:「工場のデータ活用およびセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/30)

製造業DX:
PR:これならできる! 製造現場「モノ、ヒト、コト」のデジタル化
製造現場で求められる業務効率化や見える化――「製造業DX」が叫ばれているが、実際の現場では「今ある情報を把握するだけで大変」「何から取り組んでいいか分からない」といった切実な声が聞かれる。まず行うべき“現場のデジタル化”にあたり、何が必要なのか。(2021/7/28)

「VMware vSphereワークロードのクラウド移行」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/6/28)

検査・維持管理:
日立システムズのインフラ劣化状態を見える化するサービス
日立システムズは、社会インフラを含む施設や設備の点検・補修業務の維持管理データを専用のクラウド基盤上でAIにより分析し、対象物の劣化状態を見える化する「CYDEEN劣化要因分析支援サービス」を開発した。(2021/6/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。