• 関連の記事

「ヘッドフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヘッドフォン」に関する情報が集まったページです。

ソニー、ノイキャン性能を引き上げた「WH-1000XM5」 独自チップ2基とマイク8個 通話性能も向上
ソニーは、アクティブノイズキャンセリングに対応した新型ワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を発表した。ソニーストアでは4万9500円で販売。5月27日に発売予定だ。(2022/5/13)

ソニー、ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」発表 タップだけでSpotify再生
ソニーはノイズキャンセル(NC)機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を5月27日に発売する。市場想定価格は5万円(税込み)。カラーはブラックとプラチナシルバーの2色を用意する。(2022/5/13)

サダタローのゆるっと4コマ劇場:
ゲーム好きの漫画家がソニーのPS5専用ヘッドフォンからホリのネックスピーカーに乗り換えた話
ゲーム好き漫画家がソニーのワイヤレスヘッドフォン「PULSE 3D」からホリの「ワイヤードネックセット」に乗り換えた理由とは?(2022/5/7)

エイプリルフールネタ……じゃないだと? ダイソンが未来感あふれる「空気清浄ヘッドフォン」を発表
2022年秋から一部地域で販売開始予定です。(2022/3/30)

ダイソン、ノイズキャンセリング+空気清浄機能付きヘッドフォン ウェアラブルデバイスは初
家電メーカーのダイソンは、同社初のウェアラブルデバイスであるノイズキャンセリング機能付き空気清浄ヘッドフォン「Dyson Zone」を発表した。空気中の汚染物質を除去する機能と、アクティブノイズキャンセリング機能を備える。(2022/3/30)

ソニー、半導体不足で家電を値上げ 4月1日から最大31%増 一眼カメラやヘッドフォンなどが対象に
ソニーマーケティングは、4月1日から日本国内向けに販売している一部家電109製品の価格を値上げする。メーカー出荷価格と希望小売価格を最大31%増に改定する。(2022/3/24)

ソニー製品が最大で31%値上げへ カメラ、ヘッドフォンなど109製品が対象 半導体不足の影響が……
実施されるのは4月1日から。(2022/3/24)

JBL、ノイズキャンセリング機能も備えた軽量設計のBluetoothワイヤレスヘッドフォン
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドよりノイズキャンセリング機能搭載の軽量Bluetoothワイヤレスヘッドフォン「JBL TUNE 760NC」を発売する。(2022/3/10)

製造マネジメントニュース:
ソニーとNianticが“音声AR”で協業、ヘッドフォン向けゲーム提供目指す
ソニーは、ARモバイルゲームを開発するNianticと、ヘッドフォン向け音声AR領域で協業する。両社の技術を掛け合わせることで、視覚だけでなく聴覚でもAR感を楽しめる、より没入感の高いゲーム体験の実現を目指す。(2022/2/28)

小型軽量なのにガツンとした重低音を聞かせてくれる新生Shokzの骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」を試す
ワークアウト中やビデオ会議などで、長時間使えるイヤフォンやヘッドフォンはないものだろうか。Shokzの骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」は、新世代のチップも採用することで音質を大幅に改善させているという。早速、実機を使ってみた。(2022/2/21)

新デザインは「宇随天元」 ソニーストア、「鬼滅の刃」コラボ商品を拡充
ソニーマーケティングは直販サイト「ソニーストア」で販売しているアニメ「鬼滅の刃」コラボ商品にヘッドフォンなど2機種を追加すると発表した。「遊郭編」に登場した宇随天元をデザインに加えた。(2022/2/17)

「Xperia Ear Duo」との関係は?:
「オンライン」と「リアル」がリンクする――ソニーが語る“耳をふさがない”ワイヤレスヘッドフォン誕生の背景
ソニーが2月25日、新型のワイヤレスヘッドフォン「LinkBuds(リンクバッズ)」を発売する。その発表会で担当者が語ったことを交えつつ、この製品の特徴を解説する。(2022/2/16)

エレコム、片耳約4gのワイヤレスイヤフォン発売 4780円
エレコムは、2月1日にエントリーレーベル「FASTMUSIC」からBluetoothワイヤレスステレオヘッドフォンを発売。AACコーデックに対応し、片耳約4gの本体と手のひらサイズの小型充電ケースで手軽に持ち運びできる。(2022/2/2)

Razer、ハローキティとコラボのゲーミングヘッドセットなど発売
ゲーミンググッズを手掛けるRazerがサンリオとのコラボで「ハローキティ」グッズを米国で発売した。耳とリボン付きBluetoothヘッドフォンやチェアなどだ。(2022/1/22)

Innovative Tech:
VRキャラクターに耳を「フー」してもらえるヘッドフォン、東大が開発 風源なしで温冷風を再現
 東京大学 Human & Environment Informatics Labの研究チームは、物理的なファンによる風がないにもかかわらず、風の感覚を耳で得られるヘッドフォン型ウェアラブルデバイスを開発した。(2022/1/5)

iOS端末でヘッドフォンから「Googleアシスタント」呼び出し不可に 12月7日から
12月7日から、iPhone/iPadと接続したイヤフォン/ヘッドフォンから米Googleの音声アシスタント「Googleアシスタント」を呼び出すことができなくなる。(2021/12/7)

発電するヘッドフォンが登場 ソーラーパネルで常時充電、80時間以上動作
エム・エス・シーは26日、ソーラーパネル搭載ワイヤレスヘッドフォン「urbanista LOS ANGELES」を発売した。価格は2万9480円(税込)。(2021/11/26)

ワイヤレスだけど開放型のヘッドフォン、オーテクが発売 「おうち時間に解放感を」
オーディオテクニカは4日、ワイヤレスヘッドフォンでは珍しいオープンエアー構造の「ATH-HL7BT」を発表した。コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたため。(2021/11/4)

耳を覆わないオフイヤーヘッドフォン、ソニーがクラウドファンディングで
ソニーは耳を覆わない「オフイヤーヘッドフォン」のクラウドファンディングを「INDIEGOGO」で実施している。ランニング中も耳が蒸れず、周囲の音が聞こえる。(2021/11/2)

「ゲーミングメガネ」フレームだけ販売、バウヒュッテ 可変フレームでヘッドフォンをしても耳が痛くない
ヘッドフォンと一緒に装着しても耳が痛くならない「ゲーミングメガネ」にフレーム単体モデルが登場。参考価格は2万1000円(税込)。(2021/10/22)

小寺信良のIT大作戦:
テレワーク時代に追い付いたBose「Quiet Comfort 45」 ダミーヘッドで静寂度を測ってみた
しばらく新製品が出ていなかったBoseのノイキャンヘッドフォン。新モデルはテレワーク必須となった今の時代にマッチした製品に変わったようだ。(2021/10/20)

スマホユーザーのアクセサリー所有率は約76% 最も多い製品は?
MMD研究所が「スマートフォンアクセサリーに関する調査」の結果を公開した。モバイルバッテリーやイヤフォン、ヘッドフォンなど多岐にわたり、所持率や購入場所/時期、購入する場合にかけられる金額を聞いている。(2021/10/14)

エレコム、デスク下にヘッドフォンを収納できるクランプ固定式スタンド
エレコムは、デスク下のデッドスペースを有効活用できるヘッドフォンスタンドを発表した。(2021/10/5)

大阪駅・ルクア大阪に“甘いセリフを聴くだけ”のお店「イケボショップ」開店
な、何これー!? ヘッドフォンで「甘いボイス」を堪能できるそうです。10月1日から。(2021/9/8)

Clubhouse、空間オーディオサポートで臨場感アップ まずはiOSで
Clubhouseが空間オーディオをサポートした。まずはiOSアプリを有線ヘッドフォンで利用する場合に対応。Androidアプリでも“間もなく”対応する。(2021/8/30)

B&O初のハイエンドゲーミングヘッドフォン「Beoplay Portal」を試す
Bang & Olufsen(バング&オルフセン)が同社初のゲーミングヘッドフォン「Beoplay Portal」を投入した。サウンドクオリティーや使い勝手はどうなのか、実機で試してみた。(2021/7/28)

オーディオテクニカ、Bluetooth接続に対応した軽量ワイヤレスヘッドフォン
オーディオテクニカは、Bluetooth接続に対応した密閉型デザインのワイヤレスヘッドフォン「ATH-S220BT」を発売する。(2021/6/21)

あらゆる場所を劇場に:
ヘッドフォンで映画鑑賞 「シアターギルド代官山」がオープン
シアターギルドは、ヘッドフォンを使った「サイレントシアター」を開業すると発表した。騒音の関係で開業が難しかった既存テナントなど、街のあらゆる場所を劇場に変えることを可能に。(2021/5/27)

ヘッドフォン使う映画館、代官山に誕生 「映画関係者が活躍できる場に」
映画関連スタートアップのシアターギルド(東京都渋谷区)は、映画音声をヘッドフォンで聞くミニシアター「シアターギルド代官山」を6月1日にオープンする。(2021/5/24)

Apple Musicのロスレスとハイレゾ、AirPodsでは再生できず AirPods ProもAirPods Maxも
AppleのロスレスオーディオはAirPodsなどワイヤレスヘッドフォンには対応しない。(2021/5/18)

Apple MusicのDolby Atmos Musicを聴くにはどのヘッドフォンとハードウェアが必要か
Dolby Atmosの空間オーディオに必要なものたち。意外なところでは安価なBeats Flexも対応。(2021/5/18)

新型コロナの影響でBluetooth市場は鈍化 その中でも成長した分野は?
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、Bluetoothデバイスの年間出荷台数は伸び悩んでいるが、堅調な成長を続けている。特にウェアラブルやスマートホーム分野は非常に好調だという。オーディオ分野ではBluetoothヘッドフォンが成長をけん引している。(2021/4/16)

Bang & Olufsen、Xboxとのダイレクト接続にも対応したワイヤレスゲーミングヘッドフォン
Bang & Olufsenは、同社初となるワイヤレスゲーミングヘッドフォン「Beoplay Portal」の販売を開始する。(2021/4/13)

スマホを挟むだけでOK Bluetooth対応のヘッドフォン付きVRゴーグル、サンワから
サンワサプライは、スマートフォンを挟み込めば手軽にVR映像を楽しめるゴーグルを発売。Bluetooth接続すればボリュームなどの各種操作が可能で、伸縮するゴム素材のヘッドバンドと上下に調整できるヘッドフォンも備える。(2021/4/9)

【これポチ】「周囲の音を遮らない」のが最高! 骨伝導ヘッドフォン「AfterShokz」でリモートワークが超快適になった
耳をふさがないから「周囲の音」も「ヘッドフォンの音」も両方100%聞こえます。(2021/4/6)

【これポチ】耳を圧迫するヘッドセットが苦手な人におすすめ バッファローの激安ピンマイクがWeb会議で大活躍
耳に装着するイヤフォンやヘッドフォンが苦手な人にいいかも。(2021/3/31)

サンコー、5つのUSBハブとワイヤレス充電機能を備えたマルチスタンド発売
サンコーは、3月29日に「ワイヤレス&急速充電×5USBハブ付きマルチスタンド」を発売。ヘッドフォンやケーブル、マスクなどを立てかけられるスタンドに5つのUSBポートと最大10W電力供給が可能なワイヤレス充電機能を搭載する。(2021/3/29)

ドン・キホーテが「ヘッドフォン一体型VRゴーグル」を発売 税別3980円で2月25日から順次発売
ドン・キホーテが、プライベートブランド「情熱価格」のリニューアルを発表。その第1弾商品の1つとして、VRゴーグルとBluetoothヘッドフォンを一体化したものを2月25日から順次発売する。4月には、4Kチューナーレスの4K HDR液晶TVの発売も予定している。(2021/2/24)

コナミ「ARESPEAR(アレスピア)」ブランドのヘッドフォンとキーボードを試して分かったこと
BEMANIシリーズで知られるコナミアミューズメントが手がけるゲーミングブランドが「ARESPEAR(アレスピア)」だ。同ブランドにはゲーミングアクセサリーもあるが、その実態はどのようなものなのか。ヘッドフォンとキーボードを試してみよう。(2021/1/28)

実売3000円前後の手軽さ:
JBLの有線ゲーミングイヤフォン「JBL Quantum 50」はゲームに役立つのか試した
ゲーミング向けのヘッドフォンやイヤフォンを精力的に投入しているJBL。今回は低価格なゲーミングイヤフォン「JBL Quantum 50」を実際のゲームで試した。(2021/1/19)

AirPods Maxが示す“高級ワイヤレスヘッドフォン”という可能性
Appleの「AirPods Max」が日本でも12月18日から出荷される。6万1800円(税別)という価格はワイヤレスヘッドフォンとしてはかなり高価だが、その音質は? オーディオビジュアル評論家としても活躍している本田雅一氏がリポート。(2020/12/17)

「iOS 14.3」配信 写真規格「Pro RAW」追加や「AirPods Max」対応他、多数の機能追加
Appleが「iOS 14.3」をリリースした。「iPhone 12 Pro/Pro Max」のカメラの目玉機能「Pro RAW」が利用できるようになる。オーバーイヤー型ヘッドフォン「AirPod Max」にも対応した。セキュリティ関連では11の脆弱性に対処した。(2020/12/15)

Appleがヘッドフォンの極限を目指すとどうなるのか? 「AirPods Max」への期待
Appleが12月8日に発表したオーバーイヤータイプのヘッドフォン「AirPods Max」。同社が目指した“Max”は何なのか。12月15日の発売を前に、林信行氏が考察した。(2020/12/10)

Apple、オーバーイヤーヘッドフォン「AirPods Max」発表 税別6万1800円で12月15日発売
Appleデバイスとの親和性はそのままに、AirPodsを高音質のヘッドフォンに。(2020/12/9)

Appleの「AirPods Max」、6万円超は高すぎた? 発表直後からソニー製品が評価される異様な状況に
米Appleが初のワイヤレスヘッドフォン「AirPods Max」を発表した直後から、「Sony」「WH-1000XM4」がTwitter上でトレンド入りするなど異様な状況に。(2020/12/9)

視界を狭めて音も遮断するウェアラブル端末が一般販売 家族がいる自宅でも集中
視界を遮るパーティションと、ノイズキャンセリング機能付きヘッドフォンを搭載したウェアラブル端末「WEAR SPACE」が一般販売。価格は3万5000円(税別)。(2020/11/20)

キャリアニュース:
リモートワークで一番買って良かったもの、1位は「イヤフォン、ヘッドフォン」
Biz Hitsが「リモートワークのために購入したもの」についてのアンケート調査結果を発表した。購入した人が最も多かったのは「PC周辺機器」で、使った平均金額は「2万9938円」。買って良かったもの1位は「イヤフォン、ヘッドフォン」だった。(2020/11/12)

あつ森に「オーディオテクニカ島」 巨大ヘッドフォンのオブジェ再現
オーディオテクニカは、Nintendo Switch用ソフト「あつまれ どうぶつの森」で「オーディオテクニカ島」を公開した。同社がリアルイベントに展示する巨大なヘッドフォンのオブジェなどを再現した。(2020/11/2)

AirPods Proが対応した「空間オーディオ」とは? iOS 14では音楽体験も変わる
iOS 14ではAirPodsやBeatsなどのヘッドフォンに関する新機能がいくつか追加された。そこで本記事では新機能についてチェックしていこう。(2020/10/25)

路上でも使える:
コロナ禍で売上は1.5倍! 耳をふさがない「骨伝導ヘッドフォン」は何がスゴいのか
新型コロナの感染拡大を受けて、宿泊業や外食産業は大きくダメージを受けているが、そんな中でも前年比で売り上げを伸ばしているアイテムもある。「骨伝導ヘッドフォン」だ。なぜ、この商品が売れているのかというと……。(2020/10/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。